海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ギュンドアン

    C7Ia77eXQAA10fG
    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/18(土) 12:09:12.21 ID:CAP_USER9.net
    現地時間17日、マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが自身のSNSを更新。『Facebook』と『Instagram』の両メディアで、ドルトムント時代の同僚香川真司との2ショット写真を公開している。

    ギュンドアンは「僕らは素晴らしい時間を一緒に過ごした。これからももっといい思い出が作れると思う!最高でハッピーな誕生日になることを願っているよ。おめでとうシンジ!」と、3月17日の香川28歳の誕生日に合わせてメッセージを発している。

    ギュンドアンはドルトムントに加入した11-12シーズンに香川と同僚に。香川はその後2シーズンにわたってマンチェスター・ユナイテッドでプレーした後、2014年夏にドルトムントに復帰。ギュンドアンがマンチェスター・Cに移籍する2016年夏まで一緒にプレーした。

    昨年12月のワトフォード戦で右ひざを負傷し長期離脱中のギュンドアン。ドルトムント時代から香川とは仲良しで知られていたが、プレミアリーグ移籍後も盟友の誕生日を祝福するなど、2人の友情は変わらないようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00010000-goal-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2016/12/27(火) 23:29:31.33 ID:CAP_USER9.net
    18日に行われたプレミアリーグ第17節のマンチェスター・C戦の開始前、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスが交わした会話の内容が話題になっているようだ。25日付のイギリス紙『サン』が報じている。

    マンチェスター・Cの選手たちは、14日に行われたプレミアリーグ第16節のワトフォード戦でじん帯を負傷したドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンにエールを贈るため、入場の際に同選手のユニフォームを着用した。すると、ピッチに向かう通路で整列していたマンチェスター・Cのチリ代表GKクラウディオ・ブラボのところへサンチェスがやって来て、以下のようなやり取りを交わしたという。

    ・サンチェス「何かあったの?これ、誰?」
    ・ブラボ「彼はひざを怪我してしまったんだ」
    ・サンチェス「8番って誰なの?」
    ・ブラボ「ギュンドアンだよ」
    ・サンチェス「ユースの選手?」
    ・ブラボ「違うよ。彼はドイツ代表でもプレーしている選手だよ」
    ・サンチェス「はは、俺は何も知らないんだなあ」

    なんと、サンチェスはギュンドアンのことを全く知らなかった模様。ギュンドアンは今夏の移籍市場でドルトムントからマンチェスター・Cに加入したばかりとはいえ、サンチェスの無知ぶりに地元ファンは驚きを隠せなかったようだ。

    ちなみに、2014年11月27日のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージでアーセナルとドルトムントが対戦した際、両者はともに先発フル出場を果たしており、同じピッチ上で顔を合わせている。

    (記事/Footmedia)

    2016-12-28_00h44_37
    ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161227/sck/00m/050/016000c#csidxb6f78e59afda473ab798be87a66719a
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/09(金) 21:56:43.52 ID:CAP_USER9.net
    米メディアはギュンドアンの穴埋まってないと問題視

    チャンピオンズリーグではレアル・マドリードとも互角に戦う実力を持ちながら、国内リーグでは勝ち点の取りこぼしも目立つドルトムント。順位は6位となっており、首位ライプツィヒに勝ち点差9をつけられている現状は褒められたものではない。

    今夏にアンドレ・シュールレやラファエル・ゲレイロ、マリオ・ゲッツェらを加えて陣容はパワーアップしたはずだが、いったいどこに問題があるのか。

    米『ESPN』は、中盤の構成を問題視している。今夏の補強でドルトムントの中盤はかなり豪華になり、日本代表MF香川真司もその影響を受けて出場機会は減っている。ただし、全てが完璧に噛み合っているとも言い切れない。

    ゴンサロ・カストロやゲレイロのインサイドハーフ起用は縦へのスピードをプラスすることにはなったが、ややリズムが単調になってしまうところがある。同メディアが問題視しているのは、今夏マンチェスター・シティに移籍したイルカイ・ギュンドアンのような8番の役割をこなす選手だ。

    現在のドルトムントはビルドアップの部分でアンカーのユリアン・ヴァイグルに多くの部分を頼っており、若いドイツ人MFには負担がかかっている。

    しかも今夏には攻撃面でも貢献できるDFマッツ・フンメルスまでバイエルンに移籍してしまい、組み立ての部分では明らかに問題がある。

    同メディアはヴァイグルの負担を軽減できるような選手をインサイドハーフに配置すべきと考えているようだが、その役割を最も上手くこなせる1人に香川真司が挙げられるのではないか。

    セバスティアン・ローデ、ヌリ・シャヒンなど他にもタレントは揃うが、彼らも出場機会は多くない。ゲッツェはまだベストな状態になったとは言い切れず、今一つ説得力に欠ける。カストロやゲレイロとは違うタイプとなれば、シャヒンや香川あたりは面白いチョイスになってくる。

    また、縦に急ぎすぎるスタイルは守備でも穴を作ってしまいやすい。ドルトムントは最近4試合で8失点しており、決して守備が安定しているわけではない。攻守のバランスを取るという意味でも、ギュンドアンのようにゲームをコントロールできる選手が欲しいところ。

    香川はその問題を解決できる候補者の1人のはずだが、今後チャンスは巡ってくるか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12/9(金) 20:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00010023-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/09/22(木) 20:33:44.18 ID:CAP_USER9.net
    この夏にボルシア・ドルトムントからマンチェスター・シティに移籍したドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンは、新天地で好スタートを切っている。その折、ドイツ『シュポルト・ビルト』で退団した古巣クラブとの関係や復帰する可能性について話している。

    ギュンドアンは先日、シティ移籍を決断するにあたって、ドルトムントで4年間指導を受け、去年の秋からリヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督からアドバイスをもらったことを明かした。だが、ドルトムントを離れる決断は以前に下していた様子。元クラブとは現在も良い関係にあると強調した。

    「移籍が決まってから電話で(トーマス・トゥヘル監督と)けっこう話したし、ミヒャエル・ツォルク(スポーツディレクター)やアキ・ヴァツケ(ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO)とも連絡をとり合っている。みんなを試合観戦のためにマンチェスターに招待したんだ。そうやって彼ら3人にもう一度感謝を告げたいからね。すべてが誠実に、フェアに行われ、素晴らしかった」

    「ファンが全員同じように考えることはないだろうが、僕は常にオープンに、率直に振る舞い、何も後悔することはないと思っている。(退団の決断が)僕のパフォーマンスに影響したとも思わないよ。トーマス・トゥヘルの下では、また以前とは異なるスタイルのサッカーができることを示せたんだ。もちろん、全員にとってすべてを正しくすることはできないが、お互い根に持つようなことは一切ないと思う」

    一方、この先ドルトムントに復帰する可能性を問われると、ギュンドアンはこのように答えた。

    「1~2年後にそうなった場合は、あまりうれしくないね。おそらく僕が失敗したか、それとも成長しなかったことを意味するからね。29~30歳になってからだと、(ドルトムントが)僕のことを望むのか分からない。完全に除外することはないが、今はほかの大きな目標を目指しているんだ」
    2016-09-23_07h36_56
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000014-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/09/15(木) 15:55:23.31 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節が14日に行われ、マンチェンスター・CはボルシアMGに4-0で勝利した。試合後、ジョゼップ・グアルディオラ監督は好パフォーマンスを披露した2選手に賛辞を送った。クラブ公式サイトが伝えている。
     
    豪雨の影響で1日延期となったこの試合、マンチェスター・CはホームにボルシアMGを迎え、大量4ゴールを奪って快勝した。ケガからの復帰を果たし、新天地デビューを飾ったドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンについて、グアルディオラ監督は「今日彼と話して、準備は出来ていると言ってくれたんだ。彼のクオリティはチームの大きな助けになるよ。彼を買ってくれたフロントに感謝する」と絶賛した。
     
    また、同試合でハットトリックを達成し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロについても「彼のボックス内での得点感覚は生まれつきのもので、それを教えることはできない。これからもたくさんゴールを決めていくだろう」と称えた。

    マンチェスター・Cは次節、28日にアウェーでセルティックと対戦する。
    2016-09-15_21h07_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00493441-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/02(木) 17:32:36.71 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Cは2日、ドルトムントに所属するドイツ人MFイルカイ・ギュンドアンを完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は4年間。

    移籍加入にあたってギュンドアンは、マンチェスター・Cの公式HPを通じて「マンチェスター・Cとの契約が決まって感激しているよ。(マンチェスター・Cが)自分に興味を持っていると知った時、心はすでにマンチェスターに来ていたんだ。あらゆることがスムーズに進んだよ」と喜びを語り、以下のように続けた。

    「ドルトムントで過ごした時間が大好きだった。クラブやサポーターの皆にお礼を言いたいね。5年間を楽しく過ごすことができたよ。プレーするうえでの自分の基盤を作ってくれたクラブだ」

    そしてギュンドアンは、「新しいチャレンジが待っている。シティととも新たな偉業を達成したいんだ。(ジョゼップ)グアルディオラ監督のような人物とともに仕事をするチャンスをすごく楽しみにしているよ。このクラブにとって、この夏最初の補強選手になれて光栄に思っている」と話し、「自分の(キャリアにおける)最良の時期が今後もずっと続くよ。チーム一丸となって、偉業を達成できると思っている。僕のキャリアの新しい一章が始まるんだ。その時を待ちきれないよ」と、活躍を誓った。

    ギュンドアンは1990年生まれの25歳。2008年にボーフムでプロキャリアをスタートし、2009年にはニュルンベルクへ移籍した。2011年からはドルトムントでプレー。今シーズンはブンデスリーガで25試合出場1ゴールを記録した。ドルトムントでは在籍5シーズンで通算157試合出場で、ドイツ代表としては通算16試合出中4ゴールを挙げている。
    2016-06-02_18h18_02
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160602-00450644-soccerk-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★@\(^o^)/:2016/05/23(月) 13:36:01.70 ID:CAP_USER9.net
    日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンがマンチェスター・Cへの移籍で合意に至ったという。22日、ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

    来シーズンからジョゼップ・グアルディオラ現バイエルン監督が指揮を執るマンチェスター・Cは、以前からギュンドアンの獲得を狙っており、4月にも合意に至ったと報じられていた。しかし5月に入って同選手がひざを負傷したため、交渉にも影響が出ると見られていた。

    同誌によるとギュンドアンの復帰は10月中旬となる模様で、新シーズンの序盤戦はプレーすることができないという。それでも、グアルディオラ監督はこれまで通り同選手の獲得を望み、移籍金2500万ユーロ(約31億円)にボーナスが加算されるという条件で合意に至ったと報じられている。

    現在25歳のギュンドアンは2011年からドルトムントでプレー。今シーズンはブンデスリーガ25試合に出場した。
    2016-05-23_14h25_21
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00445779-soccerk-socc
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00000038-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/21(土) 15:38:55.48 ID:CAP_USER9.net
    キャプテンは移籍するが

    ドルトムントは来季に向けて、主力選手を慰留させることができるかもしれない。

    例年にも増して、今夏は多くの主力選手に移籍の噂が立っているドルトムント。すでにキャプテンのマッツ・フンメルスはバイエルンへの移籍が決定しており、ヘンリク・ムヒタリヤン、イルカイ・ギュンドアンにもプレミアリーグ移籍の噂が絶えない。

    しかし、クラブのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは両選手の残留に関して楽観的な見方をしているようだ。独『Sport Bild』が伝えた。

    同CEOは「我々が一気に3人を失うことはない」と話し、ギュンドアンについては「彼の契約は2017年まで残っており、今は契約延長について話し合っている最中だ。彼が長くドルトムントに残ってくれることを期待している」としている。

    また、ムヒタリヤンについても「私は楽観的だよ。我々には選手たちの給与に1億ユーロ以上を使うというプランがある。今季彼らはよくやってくれたからね」と条件をアップし、残留に努めるようだ。

    来季はチャンピオンズリーグの舞台で戦うドルトムントだけに、主力流出を最小限に抑え、再び欧州にドルトムント旋風を巻き起こすことを期待したい。
    2016-05-21_17h27_05
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160521-00010009-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/16(月) 22:27:52.61 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が15日、自身のインスタグラム(@sk23.10)で、ファンからの質問に答えた。

    香川は同日にブログ(http://lineblog.me/kagawa/)を更新し、インスタグラムで質問企画を実施すると発表。「突然ですが、チームの練習がオフになったので、日頃コメントしてくださる方たちに向けて返信コメントをしてみたいと思っています!」と説明した。

    インスタグラムで企画開始を告げる投稿をすると、ファンから質問が殺到。1万件を超すコメントが寄せられ、香川はファンからの質問に少しずつ答えていった。

    「好きな料理は何ですか?」との問いに「イタリア料理です!」と答え、「マンガを読みますか?」との質問には「ワンピースはドイツの家にもあります!」と回答。そして「一番仲の良いチームメイトはだれですか?」との問いには、「イルカイかな!」と普段から仲良しで知られるドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンの名前を挙げた。

    うどん好きが高じてインスタントカップ麺『どん兵衛』とパートナー契約も結んでいる香川は、「どん兵衛は10分待つと美味しいみたいです!!やりましたか?」とファンから聞かれると、「もちろん!」とさすがの回答。「普段ゲーム以外の息抜きは何ですか?」とオフの時間について問われると、「コーヒーをゆっくり飲みながら本を読むことです!」と明かした。

    また、「昨日(15日)はなにしてましたか?」と問われると、「練習に行って、その後宮市の試合を見ていました!」とコメント。15日のブンデスリーガ2部最終節で2ゴール1アシストを決めたザンクトパウリFW宮市亮の雄姿を見ていたという。

    そして、「これからの子供たちに夢のあるサッカーの楽しさを伝え、感じさせてあげてください!」との熱いコメントには、香川も「子供たちに夢を与えられるような選手であり続けたいと思っています」と自身の思いを綴った。

    2016-05-17_09h41_05
    SOCCER KING 5月16日 22時17分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160516-00443654-soccerk-socc
    続きを読む

    2016-05-10_19h53_01
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/10(火) 19:17:29.33 ID:CAP_USER9.net
    来季もドルトムントか

    ドルトムントに所属するMFイルカイ・ギュンドアンの今夏移籍の可能性が低くなっている。

    今年2月、クラブからの契約延長オファーを拒否し、今夏での移籍は確実とみられていたギュンドアン。また、マンチェスター・シティから具体的なオファーが届いているとも報じられており、来季からはペップ率いるチームの司令塔となることが期待されていた。

    しかし先日、膝を負傷したことで今季残りのシーズンとEURO2016を欠場することになり、状況は180度変わってしまったようだ。

    独『Ruhr Nachrichten』によれば、同選手の復帰には5か月ほどかかる模様。もしこの報道が事実ならば、マンチェスター・シティがギュンドアンを獲得したとしても、キャンプでともに練習をできないどころかリーグ開幕にも間に合わない。

    また、この膝の負傷の原因がチーム練習の前にやっていたバスケットボールというのだから不運というほかないだろう。

    一度はドルトムントを離れる意思を示したギュンドアンだが、この負傷によって再びドルトムントでプレイする覚悟を決めなければならないのかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160510-00010025-theworld-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ