海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:クラブW杯

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/31(土) 09:40:46.29 ID:CAP_USER9.net
    鹿島アントラーズは、FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)決勝のレアル・マドリード戦で延長戦にもつれ込む死闘を演じ、一気に世界中にその名を知らしめた。

    アジア勢初のクラブW杯決勝進出とUEFAチャンピオンズリーグ11度優勝を誇る白い巨人との一戦は、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティのプレミアリーグ制覇とともに、「2016年サッカー界10大サプライズ」に選出されている。米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」が特集している。

    「鹿島アントラーズがアジアサッカーの歴史を打ち立てる」というタイトルで、Jリーグ勢の躍進は10大サプライズの大トリで紹介された。

    世界最強クラブを巡る争いは、これまで南米王者と欧州王者の間で頂上決戦を迎えるのが通例で、過去2度アフリカ勢が決勝進出を果たしたのがこれまでの大番狂わせだった。

    特集では「しかし、日本のチーム、鹿島アントラーズは準決勝で今年アトレティコ・ナシオナルに衝撃を与えた。南米王者を3-0で飲み込むと、クラブワールドカップ決勝に進出した初のアジアのチームとなった。そして、鹿島アントラーズは決勝でレアル・マドリードを延長戦へと導いた。欧州、南米以外で世界王者にこれまでで最も近づいた。わずかに及ばなかったが、彼らはそれでも歴史を打ち立てた」と偉業を称えられている。

    他のサプライズにはレスターの優勝や…

    他のサプライズには、レスターの奇跡のプレミア優勝をはじめ、チリ代表がメキシコ代表を7-0で撃破した衝撃のワンサイドゲーム、欧州選手権で小国アイスランドの8強躍進、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの代表引退宣言などが選ばれている。

    また女子サッカーアメリカ代表のリオデジャネイロ五輪での8強敗退、イングランド代表のサム・アラダイス前監督の不祥事発覚による在任67日の光速解任がネガティブな意味で選出もされている。その一方で悲劇のクラブ、シャコペエンセは飛行機墜落事故ではなく、コパ・スダメリカーナ決勝進出への躍進で選出された
    2016-12-31_10h29_13
    Football ZONE web 12/30(金) 20:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161230-00010015-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/25(日) 19:43:08.95 ID:CAP_USER9.net
    【鈴木誠治の我田引用】12月18日に行われたサッカーのクラブW杯決勝で、鹿島が素晴らしい試合を見せた。スター軍団のレアル・マドリードを相手に、後半7分に2-1とリードした。同15分に追いつかれるまでの8分間は、「見てはいけないものを見ているのではないか…」といった感覚の、現実味のない時間だった。

    レアルは今季、欧州チャンピオンズリーグ、クラブW杯を制し、現在37戦無敗中。世界的に知られた名門クラブだ。専門家は、Jリーグ王者を見下していたが、後半7分に鹿島にリードを許すと、「本気」になったと分析した。

    人は狼に噛まれることなら我慢できるが、羊に食いつかれると猛烈に腹が立つ

    ジェイムス・ジョイス氏の小説「ユリシーズ」に出てくる言葉だ。自分の地位や自信を保つためだったり、単なる過信によって、他人を見下すのは、よくあることだろう。しかし、思わぬ抵抗を受けて、自信や過信を打ち砕かれると、想像以上の怒りと混乱を覚える。

    「スター軍団を本気にさせた鹿島は、よく戦ったよね」

    女勝負師のスゥちゃんに話し掛けると、またも答えは意外だった。

    「そのレアルってチームは、最後まで見下していたと思うよ」

    2-2のまま延長にもつれ込んだ試合は、レアルが2得点して4-2で終わった。

    「見下していた相手にリードされてカーッとして、力任せに押さえ込もうとする。こんなはずじゃあと焦って、舞い上がる。そういう人は、それだけの実力しかない。レアルは、本気は出したけど、最後まで相手を見下した。それだけの自信を持てる練習をしてきたんじゃないかしら」

    人が自分について語る作り話は、他人どもが彼について造り出す大がかりな法螺(ほら)に比べたら、恐らく物の数ではないのである

    同じく「ユリシーズ」に出てくるこの言葉は、「自信」というものが、人が自らを装ってつくり出すものだとも読み取れる。そして、周囲がそれをもてはやせば、自信は過信として大きく膨らんでいく。スター軍団ならば、なおさらだ。

    レアル・マドリードのジダン監督は試合後、こう話したという。

    「ご覧のように苦しんだ。ただ、レアルの偉大さは、決して屈服しないことだ」

    鹿島は、強かった。そして、レアルの名を恐れない戦いをした。あの8分間が証明している。だが、それ以上にレアルが強かった。彼らが持っている自信は、自分を大きく見せるためにつくられたものではなく、相手を見下し続けることができるような自信だった気がする。意味もなく人を見下すことは、もちろん、お勧めできない。ただ、勝負に限っては、揺るぎなく、自分の方が強いと信じ続けられれば、それは、大きな力になる。

    ◆鈴木 誠治(すずき・せいじ)浜松市生まれ。クラブW杯の前身、トヨタ杯の1985年の試合で、皇帝プラティニ(ユベントス)の幻のゴールを目の前で見たと、たまに自慢げに話す嫌な50歳。
    2016-12-25_21h43_51
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000080-spnannex-socc
    続きを読む

    2016-12-19-kashima_rwi1f034z8a417r90txrm4g5v (1)
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/22(木) 18:54:45.45 ID:CAP_USER9.net
    12月18日に行われた『サッカークラブW杯・決勝 鹿島アントラーズVSレアル・マドリード』(日本テレビ系)の生中継に、明石家さんま(61)がゲスト出演した。大のサッカー好きとしても知られるさんまは、問題発言でサポーターから叩かれることもしばしば。この日の中継でも、さんまの発言に注目が集まっていたが、サポーターからはさんまを見直す声が上がっている。

    「さんまは去年の暮れに行われた『サッカークラブW杯』の中継で、FCバルセロナが優勝したのを見て“予想通りすぎて退屈”と言い放ち、批判を浴びました。そのため、サッカーファンからは目の敵にされていたんです。

    この日も、さんま自身が大ファンということで、レアルに勝ってほしい気持ちが大きかったのでしょう。“鹿島がレアル・マドリードを倒して優勝したらおかしいやんか”と発言したんですよ。

    それ以外にも鹿島に対しての失言が続き、ファンの怒りを買っていました。しかし最後に、さんまは試合結果に対するうまいコメントを残してまして、それで評価が一変したようなんです」(スポーツ誌ライター)

    そのコメントとは、さんまが試合終了後に発した「MVPはレフェリー」というもの。

    この試合では、すでに1枚イエローカードをもらっているレアルのセルヒオ・ラモス選手(30)が、後半終了間際に鹿島の金崎夢生選手(27)を倒し、ファールとなる場面があった。

    レフェリーは一瞬イエローカードを取り出すような動きを見せたものの、結局ラモスに2枚目のイエローカードを出さずじまい。そのまま試合は継続され、鹿島は敗北。レアルに退場者が出ていれば戦況も変わっただけに、鹿島にとっては大きな痛手になった。

    これには鹿島の石井正忠監督(49)も「(イエローカードを出す)勇気をもう少し持ってほしかった」とこぼしている。さんまの「MVPはレフェリー」発言も判定の不可解さを端的に語ったものであり、サッカーファンからは「これは最高の皮肉だわ。さんまもいいこと言うな」「レアル好きならあの判定も擁護しそうなものだけど、よく言った!」という声が上がっている。

    さんまはその日の放送で「鹿島に僕は謝らなきゃいけないな。まさかこんな展開になるとは夢にも思わなかったわ。見ているほうは面白い」と、失言を撤回する発言もしている。サッカーファンとさんまの間にできた溝も、これで少しは埋まったかもしれない。

    2016年12月22日 17時00分 公開
    http://taishu.jp/detail/26052/
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/21(水) 23:52:48.63 ID:CAP_USER9.net
    杉山茂樹氏が語るクラブW杯決勝 日本サッカー史上、最も惜しかった試合

    2016年12月21日 12時1分

    ざっくり言うと
    鹿島とR・マドリードが対戦したクラブW杯決勝を、杉山茂樹氏が解説しているセルヒオ・ラモスへの判定に、許すような態度を取った石井正忠監督を称賛日本サッカー史上、最も惜しかった試合で、勝たせてやった感があるという

    勝たせてやった感さえ覚える敗戦。鹿島が見せた最良の負け方
    2016年12月21日 12時1分

    最終スコア2-4ながら、90分の戦いでは2対2。ロスタイムに入った93分、遠藤康が、右足で放ったシュートが決まっていれば、鹿島はレアル・マドリーを下し、クラブW杯チャンピオンに輝いていた。
     
    日本サッカー史上、最大の番狂わせは、アトランタ五輪でブラジルを破ったマイアミの奇跡だ。しかし、内容では一方的に劣っていた。シュート数4対28。マグレと言っては当時の選手に申し訳ないが、日本人でさえ狐につままれたような、まさに奇跡という表現が似つかわしい番狂わせだった。
     
    遠藤のシュートが決まり、鹿島がレアル・マドリーに勝っていたら、勝利の必然性は、当時を大きく凌いでいた。日本サッカー史上、最も惜しかった試合。鹿島対マドリー戦はそう言い切ることができる。
     
    最も美しい敗戦と言っても大袈裟ではない。比較したくなる試合は、ドーハの悲劇だ。94年アメリカW杯アジア最終予選。その最終戦でイラクにロスタイムに同点ゴールを叩き込まれ、悲願のW杯本大会出場を逃した一戦だ。しかし、その後のサッカー人気興隆のきっかけになった試合でもある。そうした意味で美しい敗戦と定義したくなるのだ。
     
    もっとも当時、今回の鹿島と似た境遇に置かれていたのは、対戦相手のイラクの方だ。

    主催者であるFIFAにとってイラクは勝って欲しくない側だった。アメリカと政治的に緊迫した敵対関係にあったイラクを、できればアメリカW杯本大会に出場させたくない。FIFAはそうした思惑を、隠そうとしなかった。その冷遇ぶりは主審の判定に端的に表れていた。日本戦では累積警告が解け、本来出場可能である選手まで出場不可とされる、不条理甚だしい仕打ちを受けていた。
     
    日本が1点リードで迎えたロスタイム。イラクはもう1点加えても、本大会出場の可能性がないにもかかわらず、最後まで頑張り、ショートコーナーからオムラムがヘディングで同点ゴールを叩き込んだ。試合後、ピッチを淡々と去って行くイラクの選手たちの姿が、僕の目にはかなり美しく見えた。日本以上に美しい敗者に見えた。

    クラブW杯決勝。遠藤が右足シュートを外す少し前、セルヒオ・ラモスが金崎夢生に過激なタックルを見舞ったとき、バーレーンのシカズエ主審は、カードを出そうとした。セルヒオ・ラモスにとっては退場宣告を意味する二枚目のイエローカードを、だ。
    2016-12-22_08h13_28
    http://news.livedoor.com/article/detail/12445608/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/20(火) 09:08:26.99 ID:CAP_USER9.net
    18日のFIFAクラブ・ワールドカップ決勝レアル・マドリー対鹿島(4-2)で主審を務めたジャニー・シカズ氏(ザンビア)が、レアルDFセルヒオ・ラモスを退場処分としなかった疑惑の判定を振り返っている。

    後半終了間際の問題のシーンでは、すでに1枚イエローカードを提示されていたS・ラモスが、明らかなファウルでFW金崎夢生のカウンターをストップ。シカズ氏は笛を吹いてプレーを止め、胸のポケットに手を入れたが、結局2枚目のイエローカードを出さず試合を続行させた。

    シカズ氏はエジプト『filgoal.com』とのインタビューでこの件について問われ、副審との意思疎通が不十分であったために起こったことと説明している。

    「副審と私のコミュニケーションの問題だ。ファウルと判断した副審は、イヤホンで『カードなし』と言った。しかし私はそれを『カードの提示』だと理解したんだ。ただ彼とのやり取りに不足があっただけなんだよ。ビデオ判定とかそういうものは関係ない。私と副審の間だけで起こったことだ」
    2016-12-20_10h01_07
    GOAL 12/20(火) 8:38配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000029-goal-socc
    続きを読む

    2016-12-19_10h13_06
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/19(月) 12:05:31.58 ID:CAP_USER9.net
    2016年12月18日、サッカーのクラブワールドカップ決勝が日産スタジアムで行われ、開催国枠で出場した鹿島アントラーズが欧州王者のレアル・マドリードに延長戦の末敗れた。中国のメディアやネットユーザーは、鹿島の善戦を称えている。

    試合は9分、モドリッチの強烈なミドルシュートをGK曽ケ端がはじいたところにベンゼマが詰めてレアルが先制。しかし、鹿島は44分に左サイドからのクロスを受けた柴崎が左足でボレーを決め同点に追いつく。さらに後半に入って52分、中央でボールを拾った柴崎が相手DFをかわしてペナルティーエリアの外から放ったミドルシュートが決まり、鹿島が逆転に成功する。

    しかし、レアルも58分にバスケスが倒されて得たPKをクリスティアーノ・ロナウドが決めて2-2の同点に追いつく。その後はレアルのペースで試合が進むが、鹿島も後半終了間際に決定的なシーンをつくるなど譲らず。

    途中、鹿島の金崎がイエローカードを1枚受けているセルヒオ・ラモスに背後からのチャージを受け倒れたシーンでは、主審はいったんイエローカードを出す素振りを見せたものの結局出さないという不可解な判定も見られた。

    試合はそのまま延長戦に入り、98分、104分とC・ロナウドが立て続けにゴールを決め、レアルが4-2と突き放す。鹿島も最後までボールを追ったが、試合はそのまま終了。世紀の番狂わせとはならなかったが、鹿島が世界のトップクラブを相手に大善戦した試合だった。

    この試合は、中国でも大きな注目を集め、スポーツメディアはビッグプレーがあるごとに詳報。

    試合後、網易体育は「アジアの誇り!鹿島が2ゴールでレアル・マドリードの優勝を脅かす」と題する記事で、「延長戦で優勝を逃したが、90分では銀河系軍団から2ゴールを奪った。鹿島は全アジアの誇りである」と伝えている。

    また、別の記事では「金を積むのが王道か?。鹿島が中国スーパーリーグの横っ面をはたく、日本人選手だけでもレアル・マドリードにひるまず」と題し、大金で海外の有名選手を買い漁る自国リーグに疑問を投げ掛けている。

    また、新浪体育は「負けはしたが栄誉!アジアは脇役じゃない!日本人選手だけの鹿島がレアル・マドリードを相手に延長戦に持ち込む」と伝え、捜狐体育は「上海申花(ACLで鹿島と対戦の可能性)は気を付けろ!。鹿島はレアル・マドリードを転覆直前に追い込んだ」などと驚きを持って伝えた。

    中国のネットユーザーからは、鹿島が2-1とリードした時点で「信じられない」「アジアの光」「レアルを負かしてほしい!東アジアサッカーの奇跡を創ってくれ!」「全員が日本人選手、うらやましい」「鹿島はスゴい!アジアの最高レベルを存分に見せてくれている!頑張れ!」など、

    鹿島を応援するコメントが寄せられた。敗れた後にも、「この日本のチーム、本当にスゴいよ」「90分の試合なら、拍手は鹿島に送るしかなかった」「鹿島アントラーズのサッカーは印象的だった。負けても栄誉を手にした」「これが差だ。

    世界とアジアの、そして中国と日本の」「公平に言って鹿島アントラーズは本当に素晴らしかった。90分では世界のビッグクラブと互角に渡り合ったし、ラスト5分はレアルを圧倒していた」など、鹿島を称えるコメントが数多く寄せられている。

    サッカー熱の高い中国では、日本と同様にレアル・マドリードの熱狂的なファンも多いが、そんなファンがフォローする中国版ツイッターのレアル・マドリードニュースのアカウントでも鹿島への賛辞が散見されることからも、鹿島の戦いぶりがいかに中国のサッカーファンの心に響いたかは想像に難くない。(翻訳・編集/北田)

    レコードチャイナ 2016年12月19日 10時50分
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161219/Recordchina_20161219013.html

    網易体育
    http://sports.163.com/

    捜狐体育
    http://sports.sohu.com/

    新浪体育
    http://sports.sina.com.cn/
    続きを読む

    1:Japanese girl ★@\(^o^)/:2016/12/19(月) 09:45:19.89 ID:CAP_USER9.net
    ■「鹿島VSレアル」瞬間最高視聴率36・8%!平均は26・8%

    サッカーの「クラブワールドカップ(W杯)決勝 レアル・マドリード×鹿島」(日曜後7・20)が18日に日本テレビ系で生中継され、平均視聴率は26・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。

    瞬間最高視聴率は午後9時20分で、36・8%だった。

    試合は、鹿島が前半9分に先制を許したものの、MF柴崎岳(24)が2ゴールを決めて逆転に成功。しかし、Rマドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)にハットトリックを決められるなど最後は力尽きた。惜しくも大金星を逃した鹿島だったが、欧州王者を相手に最後まで健闘した。Rマドリードは前進のインターコンチネンタル杯(トヨタ杯)を含めて5度目のクラブ世界一で最多記録を達成。

    鹿島が決勝進出を決めた14日放送の準決勝「Aナシオナル戦」の平均視聴率は11・7%、レアル・マドリードの今大会初戦となった15日の「アメリカ戦」の平均視聴率は13・6%だった。
    2016-12-19_10h13_06
    スポニチアネックス 12/19(月) 9:37配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000082-spnannex-ent
    続きを読む

    1:れいおφ ★@\(^o^)/:2016/12/18(日) 22:46:37.10 ID:CAP_USER9.net
    クラブW杯決勝(18日、Rマドリード4-2鹿島、横浜国)熱戦を見守った日本代表の
    ハリルホジッチ監督は「鹿島を祝福してほしい。かなり抵抗をした」と、欧州王者を追い詰めたJ1クラブをたたえた。

    主審の笛には不可解な点が多かったといい「そうじゃなければ、センセーショナルな結果になっていた。怒りがこみ上げる」と話した。

    代表から遠ざかっている柴崎が2得点し「能力があることは知っている。攻守の運動量を増やせば、かなり伸びる」と評価した。
    2016-12-19_00h20_12
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20161218/jle16121822250011-n1.html
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/18(日) 23:31:46.58 ID:CAP_USER9.net
    FIFAクラブワールドカップ決勝が18日に行われ、レアル・マドリーが鹿島アントラーズを4?2で下した。

    レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は試合後の記者会見で「疲れていると思いますが喜んでいますか?」という問いかけに対し、「そうですね、いつも喜んでいますよ。タイトルはいつも重要ですから。自分たちが苦しめられることは予想していました。簡単な決勝にはならないと思っていました。本当に、相手は走り回って果敢に戦っていました。その闘いに勝って、ここまで勝ってタイトルをとれてうれしい。長旅を経てクラブワールドカップのタイトルを持ち帰るのは嬉しい」とコメント。

    また鹿島に関して、「リーガでプレーできるクオリティの選手はいるか?」という質問に「リーガでプレーできる選手は何人かいるのではないかと思います」と回答。もっとも「私のチームには24人の選手がいるので、もう満杯ですけどね」と、世界ナンバーワンのクラブの敷居は高いと示唆するコメントも残している。
    2016-12-19_00h00_51
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000029-goal-socc
    続きを読む

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2016/12/18(日) 22:27:40.18 ID:CAP_USER9.net
    クラブW杯決勝(18日、Rマドリード4-2鹿島、横浜国)J1覇者の鹿島(開催国枠)は欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)に延長戦の末、2-4で敗戦。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)がハットトリックを決めた。

    日本テレビで放送された中継に生出演したタレント、明石家さんま(61)は「まあ(鹿島が)がんばってくれて、きれいに着地ができたような気持ちでホッとしてます。もし鹿島が2-1で勝っていたら、高速道路でいろいろなことを考えてしまいそうやった」と話した。試合を振り返ると「MVPはレフェリーです」と意味深に語った。

    前半9分にRマドリードのFWベンゼマに先制点を許しながら同44分にMF柴崎岳のゴールで1-1の同点に追いつくと「また鹿島に僕は謝らなきゃいけない。まさかこんな展開になるとは夢にも思わなかった。
    見ている方はおもしろい」とJ1覇者を絶賛した。

    前半終了時はロナウドに「なんかあったんかな。本当に元気がないんですよね。きょう点を取りにいこうとしているのか、きのうの夜遊びなのか」と専門誌フランス・フットボールの2016年最優秀選手賞「バロンドール」に選出されたスーパースターの不調に驚いていた。
    2016-12-18_23h51_03
    サンケイスポーツ 12/18(日) 22:14配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000580-sanspo-ent
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ