海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:クリスティアーノ・ロナウド

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/17(木) 09:32:58.28
    遠目からのシュートが増加。

    今シーズンからイタリアを舞台に選んだクリスチアーノ・ロナウドは、シーズン前半戦を終えて15得点を挙げている。セリエAで14得点、チャンピオンズ・リーグで1得点だ。

    レアル・マドリーに所属していた昨シーズンは、前半戦で16ゴールを奪っていた。年齢を重ねる中で、新たなリーグに移籍したにもかかわらず、変わらぬ得点力を発揮しているのはさすがの一言だろう。

    ただ、イタリア紙『Corriere dello Sport』は1月16日、データ分析会社「StatsBomb」の数字を参照したところ、昨シーズンと今シーズンのC・ロナウドのプレーに大きな違いがあると報じている。

    その違いとは、遠い位置からのシュートの数だ。20メートル以上の距離からのシュート本数が、昨シーズンの23本から一気に50本に増えているという。出場試合数が違うとはいえ(昨シーズンは開幕から4試合出場停止)、1試合平均でも1.53本から2.63本と大幅増。そもそも昨季は1シーズンを通じて40本だった。
     
    1試合平均のシュート本数は、今シーズンの方がわずかながら少ない。つまり、移籍したことでの気負いや責任感などから、がむしゃらに遠目からシュートを放ち、本数が増えたというわけではないようだ。

    『Corriere dello Sport』紙が注目したのは、ペナルティーエリア内での1試合平均のボールタッチ数が、昨シーズンの21.54回から16.46回に減っている点。同紙は、マドリーがリードしても攻撃により多くの人数をかけて攻め立てるのに対し、ユベントスは先制すると試合をコントロールしようとするからではないかと分析している。

    1試合平均のドリブル数が1.17回から1.65回に増えているのも、C・ロナウドがボールを受ける位置が、スペースのあるエリアから離れ、中盤に近い位置になっていることを示唆していると指摘。平均ボールロストが2.30回から3.29回に増えているのも、それを裏付けていると伝えている。

    もちろん、チームのスタイルの違いも影響しているだろう。その意味では、相手陣内でボールを奪ってから5秒以内にシュートした回数が、マドリーの6.05本に対してユーベが4.4本というのも興味深い。

    『Corriere dello Sport』紙は、ジネディーヌ・ジダンが率いていたマドリーは、ユーベよりも長時間にわたって、うまくプレスをかけて攻めているとの見解を示した。

    いずれにしても、9シーズンもの間スペインでプレーしていたにもかかわらず、戦術的に要求の異なる新天地での戦いに素早く適応し、以前のようにネットを揺らしているという事実が、C・ロナウドの偉大さを表わしていると言えるだろう。
    2019-01-17_10h03_40
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00052907-sdigestw-socc
    1/17(木) 6:30配信

    続きを読む

    mig

    1: 47の素敵な 2019/01/14(月) 15:37:33.48

    そりゃマラドーナ一択だよね

    4: 47の素敵な 2019/01/14(月) 15:50:29.04
    総合的にはクリロナかな
    でもメッシが20歳前半の頃のキレキレな時に毎試合2、3人当たり前に抜いてた時が史上最高

    6: 47の素敵な 2019/01/14(月) 15:52:12.27
    こないだユベントスの試合見たらサイドアタッカーのクリロナがいつのまにかインザーギみたいなワントップになってた

    9: 47の素敵な 2019/01/14(月) 15:54:24.79
    ピーク対決ならメッシ
    平均点ならくりろな

    続きを読む

    G20150311009958430_view

    1: 風吹けば名無し 2019/01/07(月) 06:28:10.08
    16-17 38試合106得点
    17-18 38試合 94得点
    クリロナ移籍
    18-19 18試合 26得点 (53得点ペース)

    3: 風吹けば名無し 2019/01/07(月) 06:29:22.20
    しゃーない
    クリロナという史上最高の選手が抜けたんや

    5: 風吹けば名無し 2019/01/07(月) 06:29:49.17
    主力が30過ぎたおっさん軍団だからしゃーない

    6: 風吹けば名無し 2019/01/07(月) 06:31:06.79
    1人抜けて得点半分はやばすぎでしょ

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/06(日) 23:00:04.56 _USER9
    ポルトガルのマデイラ諸島にある都市フンシャルの観光のメッカと言えば、クリスティアーノ・ロナウドの故郷ということもあって「クリスティアーノ・ロナウド・ミュージアム(CR7ミュージアム)」が有名である。

    その屋外にはクリスティアーノの銅製の全身像が設置されている。ホテル「ペスターナCR7フンシャル」が併設されていることもあり、多くの観光客が銅像と一緒に記念写真を撮るようだ。

    この銅像は2014年に建てられたもので実際のクリスティアーノよりも大きく、高さはゆうに2メートルを超えているように見える。銅は時間の経過とともに変色するが、このクリスティアーノの銅像も4年ほど経って全体的に褐色がかっている。

    しかしこの銅像には、まるで磨いたように銅本来の輝きを放つ部位が2か所ほどあった。両手と、もう一か所は股間である。両手においては多くの観光客やファンが銅像と手を握って写真を撮ることが多いためだと思われるが、股間の輝きに関しては多くの女性ファンによるものだと『The Sun』が伝えている。

    どうやら、この銅像の股間を触りながら写真撮影をする女性が後を絶たないということだ。確かにこの銅像の全体写真を見ると、見事なまでに両手と股間が他の部分と色が違う。ここを訪れた観光客のジョーン・ロジャーズさん(John Rodgers)も、すぐに銅像に両手以外に他の部位が色が違うことに気付いた。そしてこのように話している。

    「私はこの写真をすぐ家族に見せたいと思いました。それで写真を投稿したWhatsAppのグループに家族を招待して写真を見てもらったとたん、みんな大笑いしだしたのです。さすがに銅像の股の部分に気付かずにはいられなかったみたいです。」

    「それだけではなく、私は帰りの周遊船を待っている間に多くの観光客が“それ”を触りたがっているということに気付きました。“それ”は彼ら全員を笑顔にするようです。僕が見かけた若いブロンドの女性なんか、しばらく手を放そうとしませんでしたよ。」

    ちなみにこの銅像がお披露目された当時、「銅像の股間部に少し膨らみがあるのでは?」と地元では話題になっていた。それからというもの休日には多くの人が銅像の股間を触りながら、ポーズをとって写真を撮るスポットとなってしまったという。これには当のクリスティアーノ・ロナウドも苦笑いするしかないだろう。

    https://news.nifty.com/article/entame/12239/12239-160047/
    2019年01月06日 20時40分 TechInsight

    no title

    no title

    no title

    続きを読む

    no title

    1: 風吹けば名無し 2019/01/03(木) 04:21:17.34
    こいつ割とバケモンじゃね?

    2: 風吹けば名無し 2019/01/03(木) 04:22:04.60
    シュートパターン豊富すぎるだろ

    3: 風吹けば名無し 2019/01/03(木) 04:22:06.80
    なぜ今まで気付かなかったんだい?

    6: 風吹けば名無し 2019/01/03(木) 04:23:22.53
    >>3
    彼のプレイはとても上手だよ

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2019/01/02(水) 20:14:50.68 _USER9
    ユベントスはロナウドの加入によって、チーム全体が底上げされたようだ。

    2日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトによると、スポーツ部門責任者のファビオ・プラティチ氏は「チームの全員が責任感を持つようになった。若い選手がロナウドを見て、彼のようにする。世界一の歴史的な選手が、練習時間の1時間前に来て練習終了後1時間さらに自主練習をする姿を見て、誰が彼より先に帰る? チームの選手のレベルが20~30%上がった。欧州CLは難しい大会だが、ユベントスはすでに強いチームだったし、ロナウドが来てさらに強くなった」とその効果を話したという。


    またアレグリ監督も「彼の素晴らしいプロ精神は我々を成長させてくれた。毎日を大切にし、100%集中している。私は彼にゴールを頼む。誰よりもそれをよく知り、信じられないような自然なゴールをする」と称賛している。
    2019-01-02_23h27_45

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00434707-nksports-socc

    続きを読む

    thumb_10784_news_main

    1: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 13:20:45.29
    次は誰の時代になるんやろか

    2: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 13:21:03.14
    エムバペ?

    3: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 13:21:36.10
    ネイマールとムバッペやな

    8: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 13:25:38.95
    >>3
    メッシロナウドが完全に衰える頃にはネイマールたぶん30やで
    そんな選手の時代にはならんのとちゃうかな

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/01(火) 22:40:56.22 _USER9
    ユヴェントスのストライカー、クリスティアーノ・ロナウドはポルトガル紙『Record』のインタビューを受けた際、個人の賞に執着していない事やW杯後、代表での活動を一時的に休止した事などについて言及した。

    クリスティアーノ・ロナウドは個人の賞や記録に捉われた事は一度もないと主張した。「僕は個人賞に執着していない。最も重要なのは常にチームを助ける事だ。その他の事はそれから自然にやってくる」

    とはいえ、クリスティアーノ・ロナウドは自身が主役と感じる事が好きである事は認めた。「何かを勝ち取った時、幸せである事を隠すつもりはないが、それが達成できなかったからといって世界の終わりではない」

    バロンドールを5度受賞しているクリスティアーノはそのようにコメントした。(2008,2013,2014,2016,2017)また、クリスティアーノ・ロナウドはポルトガル代表での活動についてこのように打ち明けた。

    「ロシアW杯後、代表を一時的に離れたのは最良の決断だった」そして、代表チームの活動から数試合離れるのは監督のフェルナンド・サントスと合意した上での決断だった事も明かした。

    また“ラ・ヴェキア・シニョーラ”の7番は彼の才能を開花させたクラブ、スポルティングCPへの復帰について「サッカー界は決して何が起こるか分からない」と話し、扉を閉める事はなかった。

    そして、最後に母国のサッカーファンに希望のメッセージを送った。「国外には素晴らしいポルトガル人選手達が(プレーして)いる。僕はポルトガルサッカー界の将来が安泰だと確信しているよ」
    2019-01-01_23h39_12
    1/1(火) 21:27配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00010014-sportes-socc

    続きを読む

    cfeb8593dcb2dd2bb4212cc5b24520bf_1537112182_1

    1: 風吹けば名無し 2018/12/31(月) 17:39:21.00
    化物ですわ

    2: 風吹けば名無し 2018/12/31(月) 17:39:40.98
    サラーも復調しとるしすげーわ

    4: 風吹けば名無し 2018/12/31(月) 17:39:54.14
    ベイルがんばれ!

    5: 風吹けば名無し 2018/12/31(月) 17:40:03.46
    所詮ごっつぁんしか決めてないからね
    メッシと違ってお膳立てされてなんぼ

    197: 風吹けば名無し 2018/12/31(月) 17:58:33.10
    >>5
    おはルミ子

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ