海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:クリスティアーノ・ロナウド

    1: 久太郎 ★ 2019/05/19(日) 18:00:51.47
    ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)が、2018-19シーズンのセリエA年間最優秀選手賞(MVP)に選出された。リーグ公式サイトが伝えている。

    今季レアル・マドリーから加入したC・ロナウドは、適応に時間が掛かるとみられていたが、第4節サッスオーロ戦で移籍後初ゴールを決めると、あと2試合を残してリーグ戦30試合で21ゴール8アシストを記録。ユベントスのリーグ8連覇に貢献するとともに、自身にとってはイングランド、スペインに次ぐ欧州3大リーグ制覇という史上初の快挙を成し遂げた。

    そのほか、年間最優秀若手選手賞にローマのMFニコロ・ザニオーロ(19)が選出され、ポジション別の最優秀選手として、GKサミール・ハンダノビッチ(インテル)とDFカリドゥ・クリバリ(ナポリ)、MFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ(ラツィオ)、FWファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)が選ばれた。

    ▼年間最優秀選手賞(MVP)
    クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)

    ▼年間最優秀若手選手賞
    ニコロ・ザニオーロ(ローマ)

    ▼年間最優秀GK
    サミール・ハンダノビッチ(インテル)

    ▼年間最優秀DF
    カリドゥ・クリバリ(ナポリ)

    ▼年間最優秀MF
    セルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ(ラツィオ)

    ▼年間最優秀FW
    ファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)
    2019-05-20_00h51_39
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-43467178-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/14(火) 08:07:38.56
    “エゴイズム”とは自分自身への過大評価である。サッカー界でこの言葉を最も体現しているのはクリスティアーノ・ロナウドだろう。

    12日のローマ対ユヴェントス戦でロナウドはまたしてもそのエゴを発揮した。試合中にロナウドがローマのASアレッサンドロ・フロレンツィに対して「君は背が低すぎてお話にならない」と侮辱したのだ。ロナウドは以前から尊大な態度を取るが、長年にわたる経験にもかかわらずこの欠点を直すことができないようだ。

    しかし口が過ぎると失敗を招きかねない。この暴言が災いとなり、フロレンツィが試合79分に復讐のゴールを決め、ロスタイムにはエディン・ジェコが追加点を挙げ、2-0でユヴェントスを下した。

    ピッチでロナウドの暴言に制裁を加えたフロレンツィは、試合終了後のインタビューで「ロナウドはバロンドール受賞したから何でもしていいと思っている。しかし僕も同様にピッチではバカなことを沢山している。しかしそれはピッチ上のことに過ぎない。ファン達の抱擁がとても嬉しかった、僕はそれに見合うことをしたと思う。僕は朝から晩まで努力をしているからだ」と語った。

    またフロレンツィはASローマの現在の状況について「ヨーロッパリーグか、チャンピオンズか、それともどれもダメか、先にならないとわからない。残念なことに僕たちの思い描くようなシーズンではなかった。いろいろな理由があり、いろいろなことが起きた。少し運が悪かったし、小さな欠点があり、それは皆のせいだった」と反省の言葉を述べた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00010000-sportes-socc
    5/14(火) 8:01配信

     
    no title
    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/05/13(月) 17:03:59.33
    ローマがユーベ下す、ロナウドが相手MFの身長をからかうもしっぺ返しに 60分にローマのFWエディン・ジェコ(Edin Dzeko)がピッチに倒れて治療が必要になった際、フロレンツィとロナウドは衝突した。

    ロナウドは手を使ってジェスチャーを見せながら、「おまえは身長が低すぎて話せない」と言っているのが聞き取られた。
    2019-05-14_00h41_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000017-jij_afp-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/13(月) 07:42:15.78
    2019-05-13_09h44_29
    初参戦のセリエAでも違いを見せつけたC・ロナウド。(C)Getty Images
    ユベントスでもゴールとアシストを量産する。

    昨夏にレアル・マドリーからユベントスに移籍したクリスチアーノ・ロナウドは、初参戦のセリエAでも期待に違わぬクオリティーを見せつけている。
     
    開幕3試合こそ不発に終わったが、4節のサッスオーロ戦で初ゴールを決め、以降は順調に結果を積み上げる。35節終了時点での21ゴールはファビオ・クアリアレッラ(サンプドリア/25点)とドゥバン・サパタ(アタランタ/22点)に次ぐ得点ランク3位、11アシストはアレハンドロ・ゴメス(アタランタ)と並ぶリーグトップだ。
     
    ラ・リーガよりも守備戦術が緻密で、しかも段違いにハードなセリエAで、34歳ながらこれだけの成績を残しているのは流石だろう。ユベントスのセリエA8連覇に決定的な貢献を果たしている。
     
    今シーズンも残り3試合となりセリエA公式YouTubeは、そんなC・ロナウドのセリエA1年目をまとめたハイライト動画を配信。物語はマドリー時代の昨シーズンのCL準々決勝ファーストレグで、ユベントス相手に決めたバイシクルシュートにユベントス・ファンが落胆する様子からスタート。その3か月後にトリノに降り立って世界中に衝撃を与え、セリエAでゴールやアシストを重ねていくという内容だ。
     
    エモーショナルな音楽も特長的なこのハイライト動画には、多くのサッカーファンが反応。コメントの書き込みが殺到した。
     
    「真の史上最強」
    「マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、そしてユベントスで魔法を見せた。なんて選手だ」
    「現代のフェノーメノ(怪物)」
    「王であり神」
    「いきなりユベントスで伝説を作った」
    「まさにゴールマシーン」
    「メッシはバルサ専用だが、ロナウドは違う」
    「GKの存在を無力化するプレーヤー」
    「守備が半端ないセリエAでもこれだけ凄いとは。メッシにできるか?」
    「来年こそはビッグイヤーを」
    「これは3000回観たい動画だな」
    「メッシよりも上」
     
     C・ロナウドがセリエAにもたらしたインパクトの大きさを物語る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190510-00058341-sdigestw-socc
    5/10(金) 17:04配信

    https://www.youtube.com/watch?v=AEv02iQa-lI


    Cristiano Ronaldo: his first year as a Bianconero | Serie A Extra | Serie A

    https://www.youtube.com/watch?v=dc_Gn1oCyQM


    Roma 2-0 Juventus | Roma Break Through Defending Champion Juve's Resistance | Serie A

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
    得点ランキング

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
    順位表

    続きを読む

    5c849a8ac55be102b550e4fc00902401_1544517971_1

    1: Egg ★ 2019/05/06(月) 23:53:31.30
    中国代表監督のマルチェロ・リッピが2日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、古巣のユヴェントスについて、見解を示した。

    1996年に古巣ユヴェントスでチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験したリッピは、今シーズンのユーヴェの敗因を分析した。

    「何が足りなかったか?ほんの少しの幸運が足りなかったのだろう。ユヴェントスは直近の5年間において、決勝に2度進出し、より力のある強豪に敗れた。今年はクリスティアーノ・ロナウドを獲得したが、決定的な試合を戦う相手が優れた若手中心のチームだった。アヤックスに強い選手は6~7人いるが、皆、最高レベルというわけではない。だがタイミングよく追い風をつかみ、チーム全体に浸透するサッカー哲学で戦っていた」

    「ユーヴェは守備陣のC・ロナウドである(ジョルジョ)キエッリーニを始めとしてケガ人が多かった。それにコンディションが整っていない選手もいたので、不運も少しあった。CL決勝トーナメントにおいては、優れた選手が全員揃い、ベストコンディションになければ負けてしまう」

    続いてリッピは、世界最高峰の2選手であるリオネル・メッシとC・ロナウドについて自身の見解を示した。

    「メッシとC・ロナウドの比較?背景に偉大なチームがなければ、いくら偉大な選手であっても決定的になれないことが改めて窺えた。C・ロナウドはアトレティコ・マドリーとのセカンドレグにおいて決定的な役割を果たしたが、それはユヴェントスが素晴らしいパフォーマンスを見せたからだ。マドリードでのファーストレグでもピッチにC・ロナウドはいたが、ユーヴェは4失点する危険性もあった。バルセロナが最高のパフォーマンスをみせれば、メッシは違いを見せることができる」

    2019年5月5日 22時30分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16415988/

    続きを読む

    5c849a8ac55be102b550e4fc00902401_1544517971_1

    1: 風吹けば名無し 2019/05/05(日) 19:16:49.03
    ブラジルロナウド→ジダン→ロナウジーニョ→メッシ・ロナウド→?

    2: 風吹けば名無し2019/05/05(日) 19:17:06.55
    ネイマールは?

    4: 風吹けば名無し 2019/05/05(日) 19:17:54.12
    >>2
    メッシが衰え切る頃にはネイマールも衰え切ってるやろからダメや

    7: 風吹けば名無し 2019/05/05(日) 19:18:33.54
    中島翔哉

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/04(土) 13:15:48.22
    マルセイユのFWマリオ・バロテッリが、バルセロナのFWリオネル・メッシを絶賛した。その一方で、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドをあおるようなコメントも加えている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが取り上げた。

    チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグのリバプール戦で、メッシは2ゴールを挙げる活躍を見せた。

    このパフォーマンスにはバロテッリも驚いた様子。自身のインスタグラムで「レオ・メッシは怪物だ。ユーベの7番と彼を比較しないでくれ。それがサッカーのためだ」と記し、メッシはC・ロナウドをはるかに上回る存在だと強調している。

    サッカー界の2大スターであるメッシとC・ロナウド。バロテッリは完全に“メッシ派”のようだ。

    5/4(土) 8:15 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190504-00320071-footballc-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    resize
    1: 風吹けば名無し 2019/04/28(日) 11:35:07.25
    すごい

    8: 風吹けば名無し 2019/04/28(日) 11:41:01.50
    全盛期と比べると得点パターン少なすぎて悲しいわ

    10: 風吹けば名無し 2019/04/28(日) 11:41:29.92
    >>8
    (34)やししゃーない

    12: 風吹けば名無し 2019/04/28(日) 11:43:02.16
    タイトルもほぼとったな
    あとはワールドカップだけや

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/28(日) 09:39:58.76
    2019-04-28_09h54_15
    クリスティアーノ・ロナウドがタトゥーを入れない理由(Getty Images)

    スペイン『アス』が、タトゥーを入れていないスポーツ選手としてユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを紹介。その理由を伝えている。

    バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが息子の名前を入れるなど、海外のサッカー選手の多くがファッション感覚でタトゥーを入れている中、C・ロナウドの体には1つもない。

    その理由は『献血ができなくなるから』だという。同紙によると、タトゥーを入れた場合、感染症を引き起こすおそれがあるため、最低でも4か月間は献血ができない。C・ロナウドは過去に年2回の献血を行っていることを明かしており、そのためタトゥーを入れていないようだ。

    同紙はC・ロナウドのほかに、タトゥーが入っていないサッカー選手としてヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタやアルサッドの元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、パリSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペを挙げている。

    ちなみに日本では、日本赤十字社によると「6か月以内にいれずみを入れた方は、肝炎などのウイルス感染の可能性が否定できませんので、献血をご遠慮いただいています」としている。

    4/28(日) 8:14配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-43466402-gekisaka-socc


    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/04/24(水) 18:14:52.91
    イタリア・セリエAのユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが同クラブに、獲得してほしい選手の候補6名をリストアップして提出したようだ。スペイン『アス』などが現地時間の23日に報じた。

    現地時間の20日にセリエA第33節の試合が行われ、ユベントスはフィオレンティーナと対戦し2-1の勝利をおさめた。これにより、ユベントスはセリエAで8連覇を達成。そして、ロナウドはイングランドとスペイン、イタリアの異なる三ヶ国のリーグで優勝を果たした史上初の選手となった。

    同メディアによると、ロナウドは契約満了となる2022年までユベントスに残留することを示唆し、さらに同選手がユベントスに対して、6選手の獲得を進言していると報じられている。

    古巣レアル・マドリーからはフランス代表DFラファエル・ヴァランとスペイン代表MFイスコの二人。その他にはローマDFコスタス・マノラス、リヨンMFタンギ・エンドンベレ、フィオレンティーナFWフェデリコ・キエーザである。そして、ベンフィカに所属する18歳のU-21ポルトガル代表FWジョアン・フェリックスの名前も挙げたようだ。フェリックスは”ネクストロナウド”呼ばれる逸材である。

    果たして、ユベントスはこの6選手の中から選手を獲得することになるのだろうか。
    20190421_cr_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190424-00318903-footballc-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ