海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ケンペス


    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/05(月) 16:55:32.48 ID:CAP_USER9.net
    コロンビアで発生した飛行機事故で犠牲になった一人、FWケンペス。

    かつてはセレッソ大阪とジェフ千葉でプレーした“元J戦士”で、2013年にはJ2で得点王にも輝いた。

    その妻であるヴェネッサさんが、自身のInstagramにこんな写真を投稿していた。
    2016-12-05_17h20_19
    https://www.instagram.com/p/BNmzgdDjUC0/

    ヴェネッセさんがアップしたのは、セレッソ大阪のユニフォームを着た背中の写真。

    これは、ケンペスが在籍していた2012年シーズンのユニフォームだ(背番号9もケンペスのもの)。

    どうやらヴェネッサさんはセレッソ大阪のJ1昇格を知ったようで、Instagramで祝福してくれたようだ。その証拠に、キャプションには"Omedetou Cerezo Osaka J1"というメッセージがある。

    最愛の人を亡くすという困難な状況にありながらも、こうやって日本に向けてメッセージを送ってくれるというのは大変嬉しいものだ。



    この日の昇格プレーオフ決勝では金鳥スタジアムに献花台が設けられ、試合前には黙祷の時間も。さらにはケンペスに向けたメッセージが書かれたユニフォームがベンチに掲げられるなど、追悼する動きも多く見られた。

    そうした行為に対する感謝の意味が込められていたのかもしれない。

    http://qoly.jp/2016/12/05/vanessa-kempes-instagram-20161205-kwm-1
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/11/30(水) 13:32:40.81 ID:CAP_USER9.net
    2016-11-30_14h42_58
    ケンペスら元J4選手と監督死亡と地元メディア
    日刊スポーツ 11/30(水) 12:41配信

    シャペコエンセの一行が乗ったチャーター機の墜落現場(ロイター)

    ブラジル1部シャペコエンセの選手ら81人を乗せ、ボリビアからコロンビアのメデジンに向かっていた飛行機が28日夜(日本時間29日)コロンビアの山中で墜落した事故で、ブラジルの大手メディア・グローボは29日夜(日本時間30日)死亡が確認された搭乗者のリストを更新した。

    事故機には、13年に22得点でJ2得点王になった元千葉、C大阪のFWケンペス(34)、05年に柏、07年から10年までAマドリードに所属したクレーベル(35)、10年に京都に所属したDFチエゴ(30)、川崎Fに昨年在籍したMFアルトゥール・マイア(24)が乗っていたが、グローボは4選手が死亡したと発表した。また09年に神戸を率いたカイオ・ジュニオール監督(51)も死亡した。

    またグローボは、奇跡的に生存した搭乗者のうち、頭部に重傷を負ったDFネトの、頭蓋内にできた血腫を除去する手術が成功したと報じた。GKフォルマンは手術を受け、右足のひざから下を切断したという。DFアラン・ラスケルは左足を骨折したほか、脊椎骨折の重傷を負ったが、手術を行い、状態は安定しているという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-01745348-nksports-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/11/30(水) 13:33:19.55 ID:CAP_USER9.net
    シャペコエンセは12月1日にコロンビアのメデジンで行われる南米のカップ戦コパ・スダメリカーナ(南米杯)決勝のナシオナル・メデジン(コロンビア)戦に出場する予定だった。カイオ・ジュニオール監督の息子マテウス・サロリさんは、パスポートを忘れてしまい、飛行機に乗ることができず、チームに帯同しなかったことで今回の事故を免れた。マテウスさんは、ブラジルのテレビ局RPCの取材に応じ、チームがサンパウロのグアリーリョス空港を出発する前に、父らスタッフとミーティングを行ったことを明かした。

    「空港で、別れる最後の瞬間まで、チームのいろいろなことについて話し合った。(事故が起こってしまった後、結果論として)今、言うのは簡単だと思われるかもしれないが、父と話していて、いつもとは違う何かを感じていました」

    マテウスさんは「父は亡くなったとしても(シャペコエンセの監督を務め)幸せだったと思う」と、涙ながらに語った。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ