海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ゲッツェ

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 16:42:55.05 ID:CAP_USER9.net
    バイエルンで構想外となり、今季からドルトムント(以上ドイツ)に復帰するも輝きを取り戻していないMFマリオ・ゲッツェについて、元ドルトムント指揮官で現在リヴァプール(イングランド)を率いるユルゲン・クロップ監督が獲得に動いているとの噂が浮上した。現地時間18日の英タブロイド紙『デイリー・ミラー』(電子版)が伝えている。

    それによると、クロップ監督はゲッツェとともに仕事をすることを望んでおり、今季終了後の移籍について、話し合いに入っているという。リヴァプールは今季開幕前もゲッツェの獲得に手を挙げていたが、同選手の選択はチャンピオンズリーグ(以下CL)のないシーズンを迎えるリヴァプールではなく、CL出場権のあるドルトムントだった。

    『ミラー』紙によれば、ドルトムントはゲッツェ購入に支払った移籍金2000万ポンド(約28億円)と同額を求めているという。

    なお、同日付の『リヴァプール・エコー』紙(電子版)はクロップ監督が「我々は選手や代理人も含め、様々な人々と話し合いをしている」と語ったと報じた。同監督は「だた、ほとんどまだ何も決まっていない。今はまだそういう段階ではない」と述べているが「最終的には非常に素晴らしい顔ぶれになると思うよ。今も素晴らしいメンバーがいるが、あと数人、優れた選手を加えればさらに良くなる」ともコメント。積極的に補強に動いていることを示唆している。
    2017-02-19_17h15_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000017-ism-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/17(金) 18:31:48.25 ID:CAP_USER9.net
    わずか1年で早くも新天地求める?

    一体彼はどの場所でなら幸福を感じられるのだろうか。ドルトムントで決して幸せな日々を過ごしていないドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが、世界最強クラブに逆オファーを持ちかけていたようだ。

    8歳の頃から在籍するドルトムントとの復縁は、早くもバッドエンドを迎えてしまうかもしれない。昨夏に3年間を過ごしたバイエルン・ミュンヘンを離れ、“最も居心地の良いはず”のクラブへ復帰したゲッツェだが、今季のブンデスリーガにおける先発出場はわずかに9だ。かつて世界最高の若手選手ともてはやされた同選手にとって、この数字は心地良いものではないだろう。

    スペイン『Don Balon』によれば、この悩める24歳が導き出した答えこそ「バルセロナへの逆オファー」だという。曰く、ゲッツェの代理人は今夏のマーケットにおける電撃移籍をカタルーニャの名門に持ちかけたものの、現時点でバルサ側は“無視”しており、この一大プロジェクトは奏功しない可能性が高いと言えるだろう。

    昨夏にはドルトムントの他にユヴェントスやリヴァプールといったビッグクラブがゲッツェ獲得を画策しているとされたが、現在の彼にはもはやニーズは無いのだろうか。今後の動向に注目したい。

    theWORLD(ザ・ワールド) 2/17(金) 17:40配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010019-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/08(水) 18:46:36.30 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督は、マリオ・ゲッツェのことばかりメディアに取り上げられる状況に苛立っているようだ。『OMNISPORT』が伝えた。

    ゲッツェは後半戦に入ってからスタメンは一度もなく、出場時間も20分程度に限られている。この状況にメディアはこぞってゲッツェがトゥヘルの構想に含まれていないと報道。現在はトレーニングも休んでいるゲッツェについて、トゥヘルがやや苛立ちながら、説明している。

    「彼は筋肉系の問題があって、それを理由に休みを求めた。だから明日も休むことになるだろう。ただし、ゴンサロ・カストロがトレーニングに復帰して、ゲッツェの代わりのオプションが見つかった」

    「この話題に興味があることは分かっているし、RBライプツィヒ戦の直後にも彼に関する質問を受けた。彼について多く話すことが得策だとは私は思わない。彼を助けることにならないからだ。私にとってはゲッツェよりもアンドレ・シュールレをベンチに置くことの方が難しい決断だった。彼はこないだの試合で得点を決めているからね。それでもベンチに座らなければならなかった。私と一般のファンがこの選手起用の問題について見ている視点がどれだけ違うか、これで明らかになっただろう」

    また、直近の試合で出番がなかった選手たちにも触れ「香川(真司)も代表選手だが、出場しなかった。シュールレもワールドカップの優勝メンバーだ。アンドレは完全に忘れられ、みなゲッツェのことばかり気にかける。重要なのはハードワークで、おしゃべりじゃない」と語っている。

    中盤に多くのタレントを抱えるドルトムントでは、毎試合誰が先発するのか予想がつかない状況となっている。誰がメンバーに入り、外れるにしろメディアは騒ぎ立てることになるだろう。
    2017-02-08-dortmund-kagawa-goetze_1l9ij6gq2mayd1ja4sygm50l92
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00000025-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/27(金) 20:21:34.44 ID:CAP_USER9.net
    ブレーメン戦は出場機会なく

    21日にブレーメンと対戦したドルトムントは、2-1で勝利して良い形で後半戦をスタートさせた。しかし、話題になっているのは得点を決めたアンドレ・シュールレやウカシュ・ピシュチェクではなく、この試合で90分間ベンチを温め続けたMFマリオ・ゲッツェだ。ゲッツェは昨夏ドルトムントに復帰したものの、ここまではリーグ戦1得点と満足のいく成績を残せていない。


    この状況に独『WAZ』は、ゲッツェを起用する場所はあるのかと疑問を投げかけている。

    サイドではエースのマルコ・ロイス、若手のクリスティアン・プリシッチにウスマン・デンベレ、エムレ・モルまでいる。今回のブレーメン戦でもロイス、プリシッチ、デンベレが出場しており、同メディアはサイドでゲッツェがポジションを掴むのは限りなく難しいと見ている。

    では、インサイドハーフではどうだろうか。同メディアはここでも、日本代表MF香川真司がいると主張。負傷離脱しているラファエル・ゲレイロを含め、インサイドハーフの層も厚い。

    残るアイディアとしてはドイツ代表やバイエルンが時折使用したようにゲッツェを偽9番として中央で起用する手もあるが、最前線ではピエール・エメリク・オバメヤンが構えており、オバメヤンがいない場合でもアンドレ・シュールレがいる。ゲッツェをこの位置で起用する理由はないだろう。

    こう見ていくと、ゲッツェを使える場所がなかなか見当たらない。インサイドハーフでのパフォーマンスは満足のいくレベルとは言えず、よりゴールに近いエリアで起用したくともポジションはすでに埋まっている。

    同メディアはワールドカップ制覇まで成し遂げた男はどこで先発するのか?と伝えているが、今のところベンチとしか答えられないかもしれない。
    2017-01-27_21h18_19
    theWORLD(ザ・ワールド) 1/27(金) 17:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00010014-theworld-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 14:45:40.60 ID:CAP_USER9.net
    今シーズンから古巣ドルトムントに復帰したものの、ここまで出場機会に恵まれていないドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに関する特集記事を、23日付けのドイツ紙『ビルト』が掲載した。

    ゲッツェは今シーズンのリーグ戦10試合に出場しているが、90分間のフル出場はわずか4試合。得点も1ゴールのみと周囲の期待に沿うような活躍を見せているとは言えない。21日のブンデスリーガ第17節ブレーメン戦でも控えに回り、結局最後まで出番がなかった。

    こうしたゲッツェの現状について元ドイツ代表DFクリストフ・メッツェルダー氏は、「ゲッツェの良さを出せるポジションが今のドルトムントのフォーメーションの中にない」とコメントし、現在ドルトムントが採用している「4-3-3」の布陣がゲッツェの出場機会の減少につながっていると指摘した。

    ゲッツェの本職はトップ下だが、「4-3-3」ではトップ下のポジションが存在しない。バイエルン時代にはサイドハーフとして起用されることもあったため、3トップのウイングでプレーすることも選択肢の一つだ。しかしドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は、両ウイングにはスピードがあってドリブル突破で局面を打開できるタイプの選手を置く傾向があり、これは周囲とのコンビネーションプレーを得意とするゲッツェの特徴と一致しない。

    また、状況に応じてアンカー役の選手と同じ位置まで下がって守備のバランスを取ることが求められるインサイドハーフでのポジション争いもゲッツェにとっては分が悪い。

    「マリオにとって信じられないぐらい悪い状況だ。ポテンシャルからすると彼はドイツ人選手の中で5本の指に入る存在だけど、今はその力をコンスタントに発揮していない」と元ドイツ代表MFシュテファン・エッフェンベルク氏がドイツメディア『SKY』の番組内で語ったように、シーズンも半ばに差し掛かっているが、ゲッツェの現状は依然として厳しいままだ。
    2017-01-24_15h59_27
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00545144-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/11(日) 17:36:47.32 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムント攻撃陣が沈黙

    昨季以上にポジション争いが激しくなっている中、ドルトムントMF香川真司は足首を負傷して10日のRBライプツィヒ戦を欠場した。代わりに、この日は香川とポジションを争うと予想される10番マリオ・ゲッツェが先発出場。香川がいない中でゲッツェの働きぶりは気になるところだった。

    しかしドルトムント攻撃陣は無得点と沈黙し、まさかの0-1で敗戦。バイエルンに食らいついていきたいはずが格下に足元をすくわれてしまった。

    この一戦に独『Sport Bild』は、ドルトムントのパスミスがあまりに多すぎると指摘。攻撃面において香川が持つポジティブなアイディアが欠けていたと伝えており、パスで攻撃にスイッチを入れる香川不在が無得点に繋がったとの見方を示している。

    この試合についてゲッツェは、「勝ち点3を得ようとしたが、できなかった。相手に10本もシュートを許してしまったし、こちらは8本打って枠内に飛んだのは1本だけ。これでは不十分だよ」と攻撃が上手く噛み合わなかったことを嘆いている。

    ライプツィヒとはチームが異なるものの、香川も出場した前節マインツ戦はポゼッション74%、シュートも17本放っている。これと比較してもライプツィヒ戦の出来はよくなかったが、やはりドルトムントには香川が必要か。
    2016-09-11_18h49_03
    theWORLD(ザ・ワールド) 9月11日 17時10分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00010024-theworld-socc
    続きを読む


    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/08/03(水) 15:14:43.62 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版 ゲッツェ加入の影響を受けるのは香川?

    先日アンドレ・シュールレとともに、ドルトムントへの移籍が発表されたマリオ・ゲッツェだが、トゥヘル監督は両選手が重要な役割を担うことを明言した上で「ゲッツェのストロングポイントは中央で発揮される」と語ったと、フォーカス紙が掲載した。

    昨季ドルトムントのトップ下では香川真司が主力を担っており、特に終盤9試合では5得点をマークするなど得点力を発揮。

    さらに今オフで見せる香川のパフォーマンスを同紙も評価しているのだが、それでも「トップ下はまさにトゥヘル監督がゲッツェのために思い描いているポジションであり、まず香川はゲッツェの後塵を配する可能性が高いだろう」との見方を示している。

    なおシュールレについては、トゥヘル監督はミキタリアンの後釜として考えているとのことで、「ミキタリアンのような選手はそういないが、シュールレは数少ないその中の一人だ」とのコメントも併せて伝えた。
    800-1461680075
    http://kicker.town/dortmund/2016/08/30202.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/02(火) 12:28:11.61 ID:CAP_USER9.net
    ■4-2-3-1システムでロイス、デンベレと二列目構成

    ドルトムントの日本代表MF香川真司は大型補強を展開したチームで最も熾烈な2列目のポジション争いを勝ち抜くことができるだろうか。ブンデスリーガ公式サイト英語版では来季に向けた現時点での予想スタメンを紹介。香川はドイツ代表の主力コンビが加入する試練となるが、昨季に引き続き、トップ下でレギュラーを掴むと予想されている。

    今季のシステムは4-2-3-1になるという。昨季主に起用されたスターティングも比較として紹介されている上で、主力の大量流出と8選手の大型補強によって、4選手が入れ替わると分析されている。

    その中で日本代表MF香川真司はトップ下に入ると予想された。チーム得点王のガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、左サイドのMFドイツ代表MFマルコ・ロイスと共に今季も攻撃の牽引者として期待が懸かる。

    昨シーズン序盤から中盤戦までは左インサイドハーフ、後半はトップ下を主戦場とした。年末に一時レギュラー落ちの苦境を味わったが、最終的には9得点7アシストを記録。プレシーズンマッチでもここまで切れのある動きでコンディションの良さをアピールしていた。

    アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの抜けた右サイドは、プレシーズンマッチで自慢の突破力をアピールしたU-21フランス代表FWウスマン・デンベレの名が記された。

    ■合流直後のゲッツェ、シュールレはベンチスタートか
     
    2列目のポジションには3年ぶりの復帰を果たしたドイツ代表MFマリオ・ゲッツェや同代表FWアンドレ・シュールレも加入した最激戦区のポジションだが、香川は背番号10を手にしたゲッツェとマインツ時代にトーマス・トゥヘル監督が指導し、獲得を直接電話で説得した愛弟子シュールレをポジション争いで凌駕すると公式サイトではレポートしている。

    記事では「プリシッチの才能は否定できない。香川、ロイスは合わせて21得点10アシストを記録した。彼らに加えてデンベレ、(トルコ代表MFエムレ・)モル、ゲッツェ、シュールレという戦力が揃っていることで、トゥヘルが3つのポジションを7人のタレントから絞らなければいけないということを意味している」と2列目の充実ぶりをこう紹介している。2年目を迎えるトゥヘル監督は嬉しい悲鳴をあげている。

    その他、マンチェスター・シティへ移籍した司令塔MFイルカイ・ギュンドアンの代わりに、バイエルン・ミュンヘンから獲得した元U-21ドイツ代表MFセバスティアン・ローデ、バイエルンへの出戻り移籍を果たした前主将DFマッツ・フンメルスの抜けた穴にはバルセロナ下部組織のスペイン代表DFマルク・バルトラが入りそうだ。

    また、ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーの定位置だった左サイドバックには、ポルトガル代表として欧州選手権(EURO)を制したDFラファエル・ゲレイロがポジションを奪取しそうだ。

    大型補強に成功したドルトムントは絶対王者バイエルンの牙城を脅かすことができるだろうか。ブンデスリーガ公式による予想スタメンは以下の通り。

    GK
    ビュルキ
    DF
    ギンター
    バルトラ
    ソクラティス
    ゲレイロ
    MF
    ローデ
    バイグル
    デンベレ
    香川
    ロイス
    FW
    オーバメヤン

    2016.08.02 (Tue)
    http://www.football-zone.net/archives/37888

    写真

    ブンデス公式
    http://www.bundesliga.com/jp/
    続きを読む

    864:名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ :2016/08/01(月) 17:46:08.28 ID:KaUn+Gku0.net
    ゲッツェとシュールレ




    865:名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ :2016/08/01(月) 18:03:52.81 ID:KaUn+Gku0.net
    BVB公式にもきたよ




    Cow3sQ1WcAE4oEl
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/07/26(火) 06:07:35.02 ID:CAP_USER9.net
    ボルシア・ドルトムントが今夏の移籍市場で、新たな選手獲得に動くことはないようだ。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOがドイツ『ビルト』で、「選手が多すぎる」と語った。

    ドルトムントは今夏にDFマッツ・フンメルス、MFイルカイ・ギュンドアン、ヘンリク・ムヒタリャンと主力3人を失ったが、その一方でMFマリオ・ゲッツェ、FWアンドレ・シュールレら8人を獲得。現在、トップチームには31人が所属している状況だ。

    ヴァツケCEOは『ビルト』で、さらなる補強については「おそらくないだろう」とコメント。「現時点において、どちらかと言えば選手が多すぎる」と語り、これからは選手の放出に専念する模様だ。

    放出候補に挙げられているのは、DFパク・チュホ、ヤニク・バンドフスキ、MFヤクブ・ブワシュチコフスキ、モリッツ・ライトナーなど。またDFネヴェン・スボティッチのミドルスブラ移籍は、先日にろっ骨の問題が発覚したために破談となった。手術を受けた同選手が年内に復帰することは厳しいとみられ、今夏に退団する可能性は消滅している。

    ヴァツケCEOはまた、レヴァークーゼンDFエメル・トプラク獲得に動いたことにも言及。最終的に獲得しなかった理由は、レヴァークーゼンとの交渉が合意に至らなかったためであるという。

    「トプラクに関しての交渉は行われた。レヴァークーゼン側にも考えがあり、それは我々とは異なるものだった。当然、彼らの希望に応じることだってできたが、それはドルトムントのやり方ではない。今回は取引が成立しなかったということだ」

    トプラクとレヴァークーゼンの契約には、2017年夏に行使可能な契約解除条項が盛り込まれているとされる。その条項においては、1200万ユーロ程度の移籍金を支払うクラブがあれば、同選手は移籍可能となる模様だ。
    bayern-munc
    http://www.goal.com/jp/news/123/1/2016/07/25/25926222/1
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ