海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:コンサドーレ札幌

    1:赤黒梟 ★:2018/02/11(日) 17:35:33.94 ID:CAP_USER9.net
    【決勝】
    バンクーバー ホワイトキャップFC 0-1 北海道コンサドーレ札幌


    会場 ハワイ Aloha stadium

    【出場クラブ】
    コロンバス クルー SC MLS
    バンクーバー ホワイトキャップFC MLS
    北海道コンサドーレ札幌 Jリーグ
    いわきFC 福島県社会人1部リーグ
    2018-02-11_18h15_43
    https://twitter.com/PacificRimCup/status/962588648150507520
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2017/12/30(土) 18:35:11.43 ID:CAP_USER9.net
    2017-12-30_21h16_10
    タイの英雄は、わずか半年という期間ながらJリーグでもその非凡さを証明してみせた。今年7月に北海道コンサドーレ札幌に加入した「タイのメッシ」ことチャナティップ・ソングラシン。シーズン途中でのチーム合流ながら、すぐにチームに溶け込み第19節から全試合に出場。ゴールこそ生まれなかったものの、札幌の中盤でなくてはならない存在となった。

    現在24歳というタイの期待の星は、初めての海外移籍で何を感じたのだろうか。「憧れだった」というJリーグでプレーをしてみての印象、タイと日本のサッカー文化の違い、そして残りの契約期間での決意をシーズン終了後の帰国当日に聞いた。(取材日:2017年12月9日)

    チームの役に立つことができた

    ――シーズンの途中で加入し、そこから主力として活躍しましたが、まずは今シーズンを振り返ってどのようなシーズンになったと感じますか?

    はじめて日本に来たのは1月の移籍発表会見のときでしたが、7月にあらためて札幌に来てみるとチームは15位前後だったと思います。まず当面の目標はJ1残留でした。

    最初は試合に出られるのか出られないのかも分からない状態で日本に来ましたが、一生懸命努力をして、監督に信頼していただいて試合に出られるようになったことはよかったと思います。

    少しはチームの役に立つことができたのかなと、自分でも誇りに思っています。でも今後はもっと、自分のためにも強くならなければいけません。

    ――Jリーグに移籍してきた当初は、どのような思いで移籍してきたのでしょうか?

    Jリーグでプレーしたいとずっと思っていました。それが実現できて、自分でもとてもうれしい出来事でした。代表戦やAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも日本とよく戦っていましたが、日本のチームはいつもシステムがしっかりしていて、好印象を持っていました。

    実際にプレーしてみると、タイとは完全に違う環境ですし、フォーメーションやシステムも全く違いましたが、少しずつ日本のサッカーになじんでいけるように頑張っているところです。

    ――タイから日本まで応援に来てくれるファンの方も多いと聞きましたが。

    そうですね。日本でプレーをしていても、タイでたくさんの方が応援してくれているというのはとても感じます。SNSでもそうですし、家族とは毎日やり取りをしているので、話を聞いたりもします。

    ――今季Jリーグでプレーしてみて感じた課題はありますか?

    私自身、もっと自信を持たなければいけません。特にゴールへの執着心や、シュートの部分です。今季はまだ気を使ってしまう部分があり、自分でシュートを打っていいのか迷うシーンもありました。来シーズンはもう少し自信を持って、積極的にプレーできればいいかなと思います。

    ――逆に手応えを感じた面は?

    相手の守備が自分のマークに集まってくるようになったので、周りの選手のスペースが空き、プレーしやすい状況を作り出すことができていると最近は感じます。

    タイはプロ意識が欠けている

    ――実際にJリーグでプレーしてみて、印象の変化はありましたか?

    予想はしていましたが、プレースタイルは試行錯誤しました。たとえば、タイでは完全にアタッキングMFでしたが、日本に来てからはディフェンスもしっかりやらなければいけませんでした。自分が予想していたよりも、守備を求められたので、その部分は新しいチャレンジになりました。

    ――タイリーグとJリーグで一番違いを感じる部分はどこでしたか?

    まず、タイにはプロ意識というもの欠けていると感じています。個々の選手のストイックさが少ないですし、全体的にすごくゆるいというか、時間もルーズです。

    またプレー面でも、日本では守備を必ず全員で徹底してやらなければいけないですが、タイはバラバラでやったりやらなかったりです。日本の方が守備におけるプレッシャーは厳しいと思います。

    ――札幌でプロ意識を感じたシーンは?

    たとえば札幌では練習の1時間前にはみんな集まってきますが、タイでは遅れて集合することが多いです。また、日本は自分の体調を自分で管理していますし、チームメート同志でサポートし合ってノウハウを共有したりもしています。

    ――1番印象に残った対戦相手はいますか?

    やはりJ1リーグを優勝した川崎フロンターレですね。ボールをしっかりつないで、攻撃に特徴があるチームです。対戦していて本当にうまいなと感じました。もともと知っていてあこがれている中村憲剛選手や、小林悠選手、さらにはエウシーニョ選手などタレントもそろっている印象です。
    続きを読む

    1:北村ゆきひろ ★ :2017/11/30(木) 22:35:17.26 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌は、浦和レッズの前の監督ミハイロ・ペトロヴィッチ氏を来シーズン新しい監督として迎えることになりました。

    今シーズンJ1に昇格したコンサドーレは四方田修平監督のもとで、現在12位とJ1残留を決めましたが、上位進出を目指すためには今シーズンで契約が切れる四方田監督に代わる、新たな監督が必要として後任を探していました。

    その結果、関係者によりますとコンサドーレはペトロヴィッチ氏のこれまでの実績や育成に熱心な姿勢などを評価し、来シーズンから監督を務めることで
    1年契約で基本合意したということです。
    2017-11-30_23h17_29
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171130/k10011242031000.html
    続きを読む

    1:赤黒梟 ★:2017/11/04(土) 15:25:57.64 ID:CAP_USER9.net
    J1札幌FWジェイ(35)が、4日に札幌・宮の沢で行われた練習中に倒れ、救急車で市内の病院へ搬送された。診断結果は4日の午後2時半時点で明らかになっていないが、既に意識は回復している。

    倒れた直後は呼吸も弱く、口元がけいれんしている状態だった。練習見学に訪れていた緊急救命士の男性と看護師の女性やチームスタッフが応急処置にあたり、心臓マッサージなどを施すと意識が回復。

    呼びかけにも答えられるようになり、到着した救急車のストレッチャーにも自ら乗り込もうとした。

    同2時50分現在、病院で精密検査を受けているが、クラブによれば意識はしっかりしている。今後については診断結果を見て判断されることになる。

    【ジェイ・ボスロイド選手】
    イングランド・イズリントン出身で元イングランド代表のサッカー選手。
    現在はJ1北海道コンサドーレ札幌に所属。ポジションはフォワード。
    2015年-2016年の2年間はジュビロ磐田に所属し34得点を記録している。
    2017-11-04_15h52_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00000096-sph-socc
    続きを読む

    2017teamplayerstaffmember

    1:赤黒梟 ★:2017/11/01(水) 10:20:48.28 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJリーグ1部(J1)の北海道コンサドーレ札幌の運営会社コンサドーレ(札幌市、野々村芳和社長)が第三者割当増資で最大8億4千万円を資金調達する方針を固めたことが31日、関係者への取材で分かった。今季、チームは16年ぶりのJ1残留を有力にしており、資金をインターネット上でのグッズ販売の充実などデジタル分野の強化に充て、J1定着に必要なチームづくりのための新たな収益源確保を目指す。

    5年ぶりにJ1で戦う札幌は現在、3試合を残してJ1残留圏内の13位。運営会社の売上高も26億~27億円と、J2だった昨年度より7億~8億円増える見込みだが、それでもJ1平均の36億4千万円(2016年度)を約10億円下回り、チーム強化に回せる金額も他クラブより少ない。

    運営会社はJ1定着や将来的な上位進出には、売上高をさらに伸ばす必要があると判断、増資の方針を固めた。

    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/142338?rct=sports
    続きを読む

    426:U-名無しさん :2017/10/30(月) 16:42:48.17 ID:dK63qxpW0.net
    やべっち今頃見たけど
    なんだよ都倉や稲本の充実生活は。ぽこ所属のくせに
    447:U-名無しさん :2017/10/30(月) 16:55:28.62 ID:IB3WFMmdM.net
    >>426
    ぽこ所属は囚人みたいな生活しないとあかんのか?
    430:U-名無しさん :2017/10/30(月) 16:45:58.70 ID:hma50ZiCM.net
    >>426
    札幌は家賃安いからね
    飯もうまいし繁華街もしっかりある
    少しドライブすればすぐ観光地
    そりゃ充実しますわ
    433:U-名無しさん :2017/10/30(月) 16:47:23.83 ID:k6D/A2zf0.net
    >>426
    これね

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/21(土) 17:58:23.72 ID:CAP_USER9.net
    ■FC東京 1-2 北海道コンサドーレ札幌 [味の素スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102116/live/#live

    [札]ジェイ(47分)
    [札]ジェイ(59分)
    [F]チャン・ヒョンス(65分)

    2017明治安田生命J1リーグ第30節が21日に行われ、FC東京と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

    FC東京は大久保嘉人が2試合ぶりに先発復帰。札幌も前節途中出場のチャナティップがスタメンに名を連ねている。

    開始1分、都倉賢がポスト直撃のシュートを放つと、27分には荒野拓馬の強烈なミドルシュート。GK大久保択生が好セーブで防いたが、アウェイの札幌が決定機を作り出す。

    後半に入り47分、福森晃斗のFKを都倉が折り返すと、最後はジェイが右足で決めて札幌が先制する。続く59分には都倉のクロスにジェイが頭で合わせて追加点。対するFC東京は65分、太田宏介のCKをチャン・ヒョンスが頭で押し込み1点差に迫る。

    試合は1-2で終了。FC東京は4試合勝利なし。一方の札幌は今季0勝4分け11敗と苦手としていたアウェイで勝ち点3を掴んだ。

    次節、FC東京は清水エスパルスと、札幌は鹿島アントラーズとそれぞれホームで対戦する。
    2017-10-21_18h44_52
    ゲキサカ 10/21(土) 17:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00658651-soccerk-socc


    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j1

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/21(土) 12:51:21.85 ID:CAP_USER9.net
    タイ代表MFチャナティップ・ソングラシンは、今夏からJ1北海道コンサドーレ札幌に加入。持ち前の高い技術を発揮し、観る者を魅了している。“タイのメッシ”がチームに合流してから4カ月、Jリーグ入りを目指すタイ人選手に向けて、その“心構え”を指南している。タイメディア「SMMスポーツ」が報じた。

    タイが誇るスーパースターのチャナティップは、デビューから第28節のサンフレッチェ広島戦まで10試合連続で先発出場。前評判に違わぬプレーでチームに不可欠な存在となっている。そんな“タイのメッシ”が母国大手の「SMMスポーツ」の取材に応じ、タイリーグとJリーグの違いや日本でプレーする際に必要な心構えについて説いている。

    「チャナティップがJリーグとタイリーグの違いを比較:あなたが日本でプレーするにはどうするべきか?」との見出しが付けられた記事では、タイ人選手にとって未知となるJ1の舞台でポジションをつかんだチャナティップが、「Jリーグはタイよりもより難しい」と話している。その意図は、リーグとクラブの環境の違いにあるようだ。

    「札幌に住んで以降、タイよりもチャレンジは多い。タイではビッグチームでチャンピオンシップを勝ち獲った。でも、ここ(日本)ではスモールチームだ。金銭面で我慢しなければいけないことはあるかもしれないが、その足で価値を上げることはできる」

    「勇気を持って挑むことが重要」

    チャナティップはJリーグに参戦する前に、タイの強豪ムアントン・ユナイテッドでリーグ優勝を果たしているが、札幌は地方都市に籍を置く「プロビンチャ」。タイ時代との“境遇の違い”を少なからず感じているようだ。

    そして「もしタイの選手がここに来るならば…」と、チャナティップはJリーグに挑む際にはメンタル面が重要だと説いた。

    「勇気を持って挑むことだ。心の準備、何よりポジティブに考えること。ここでは誰も助けてくれないから、それぞれで戦わなければならない。友人を見つけること、そして一人でリラックスする方法を見つけることも大切だね」

    記事では、「僕はアジャストになんの問題もない。チームメイトとも話しているし、食事にも行っている」と、Jリーガーとして順調な歩みを見せていることにも触れている。今後チャナティップ、FWシティチョーク・パソ(鹿児島ユナイテッドFC)、MFジャキット(FC東京)に続くタイ人Jリーガーは生まれるだろうか。
    2017-10-21_13h57_44
    10/21(土) 7:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171021-00010000-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/14(土) 15:00:06.31 ID:CAP_USER9.net
    ■北海道コンサドーレ札幌 3-0 柏レイソル [札幌厚別公園競技場]

    [札]宮澤裕樹(15分)
    [札]ジェイ(38分)
    [札]ジェイ(51分)

    明治安田生命J1リーグ第29節が行われ、北海道コンサドーレ札幌と柏レイソルが対戦した。

    ホームの札幌が15分にチャンスを掴む。敵陣左サイドの浅い位置でボールを持った荒野拓馬が、ゴール前に柔らかいクロスを送る。相手DFに競り勝ったジェイが頭で折り返すと、走りこんできた宮澤裕樹が右足で合わせた。

    25分にも札幌にチャンス。攻め込まれていた札幌が前線に蹴り出す。このボールに都倉賢が反応し、一人でペナルティエリア内まで運ぶ。ニアサイドを狙ったシュートはわずかに枠を外れた。

    さらに38分、敵陣右サイド深くのスローインから宮澤が粘り、ゴール前へ高いクロスを上げる。ジャンプしたジェイが強烈なヘディングシュートを放ち、追加点を記録した。柏の攻撃を受け切った札幌が2点のリードを奪い、前半を折り返す。

    後半立ち上がりの51分、札幌に決定機が生まれた。敵陣左サイドでボールを持った石川直樹が、早い段階でゴール前ファーサイドのクロスを上げる。フリーで待っていたジェイが頭で合わせてリードを3点に広げた。

    その後何度も攻め込まれた札幌だったが、試合終了まで集中力を切らさず、柏の攻撃陣を完封し勝ち点3を手に入れた。

    10/14(土) 14:57配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00655421-soccerk-socc

    写真


    ・順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j1

    ・DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ・DAZN for DOCOM
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/23(土) 16:08:52.46 ID:CAP_USER9.net
    ■北海道コンサドーレ札幌 2-2 アルビレックス新潟 [札幌ドーム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/092301/live/#live

    [札]早坂良太(45分+7)
    [札]ヘイス(56分)
    [新]河田篤秀(80分)
    [新]河田篤秀(87分)


    明治安田生命J1リーグが23日に行われ、北海道コンサドーレ札幌とアルビレックス新潟が対戦した。

    札幌はジェイが4試合ぶりに先発へ復帰。新潟は、富山貴光が出場停止のドウグラス・タンキに代わって初スタメンを飾っている。

    26分、札幌にアクシデントが発生した。富山と接触したク・ソンユンがピッチに倒れこむ。一度は起き上がったものの、やはりプレー続行は不可能だった。金山隼樹と途中交代している。加えて、直後に富山もタンカで運ばれ河田篤秀と交代している。両チームとも、前半のうちに交代カードを使ってしまった。

    前半終了間際に札幌がチャンスを掴む。右サイドの敵陣浅い位置でFKを獲得。ペナルティエリア左へのロングパスに対し、競り勝ったジェイが頭を使って中央に折り返すと、スペースに走り込んだ早坂良太が右足で合わせて低い弾道のシュートを放つ。これが決まって先制に成功した。早坂はリーグ戦初ゴールを奪っている。前半は札幌リードで折り返す。

    58分、ホームの札幌が再びチャンスを掴む。走り出したヘイスにボールが送られる。右足でゴール左隅を狙って落ちるシュートを放つと、大谷幸輝の手をかすめて追加点を奪った。

    追いつきたい新潟は79分、ファーサイドで待っていた河田がヘッドでゴールの逆サイドを狙う。ふわりとしたボールがゴールに吸い込まれ、1点を返した。河田は今シーズン初ゴールを記録している。

    87分、ついに新潟が同点に成功した。山崎がヒールを使ってペナルティエリア右に送ると、追い付いた小泉慶が右足で鋭いクロスを送る。滑り込んだ河田がこれに合わせ、この日2点目を決めた。

    試合はこのまま終了。残留を目指す両チームにとって、貴重な勝ち点1となった。

    札幌は次節、30日にアウェイでサンフレッチェ広島と、新潟は同日にヴィッセル神戸とホームでそれぞれ戦う。
    2017-09-23_17h08_01
    9/23(土) 16:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00646277-soccerk-socc

    稲本潤一が約1年3か月ぶりの公式戦復帰! 右膝の大怪我を乗り越え3季ぶりにJ1のピッチへ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170923-00030293-sdigestw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ