海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:コンサドーレ札幌

    1:首しめ坂 ★:2018/04/16(月) 12:06:41.99 ID:CAP_USER9.net
    今、コンサドーレ札幌がマジで強い。急速に進む「ミシャ改革」の真相
    4/16(月) 11:41配信
    webスポルティーバ

    アウェーの柏レイソル戦も劇的な逆転勝ちを決めたコンサドーレ札幌



    北海道コンサドーレ札幌が強い。

    3勝2敗2分けの勝ち星先行で迎えたJ1第8節、札幌は柏レイソルとのアウェーゲームに2-1で勝利。勝ち点を14に伸ばし、順位でも4位に浮上した。残留争いの末に11位で終えた昨季から一転、快調に勝ち点を積み重ねている。

    柏戦の試合序盤は、かなりの劣勢だった。しかも、柏に押し込まれる展開のなかで、9分にあっさりと先制を許した。残留争いをしていた昨季なら、試合はこのままズルズルと敗戦に向かって進んでいったかもしれない。

    ところが、札幌は失点から間もない13分に追いつくと、徐々に試合の流れを引き寄せ、後半は完全に試合のペースを握った。そして87分、FW都倉賢が決勝ゴールを頭で叩き込んで試合を決めた。劇的な勝利は、しかし、ただドラマティックなだけではない、非常に強い勝ち方だった。

    札幌は、今季からミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任。まだ8試合を終えたばかりではあるが、キャプテンのMF兵藤慎剛は「3連勝できて成長したところを見せられた。ミシャ(ペトロヴィッチ監督)さんのサッカーが徐々にチームに浸透し、昨年とは違う札幌を見せられている」と自信を見せる。

    これまでにサンフレッチェ広島と浦和レッズで独自の攻撃スタイルを確立してきた名将は、もちろん札幌でも、その手腕を発揮している。成果は数字にもはっきりと表れており、ここまでの8試合で総得点12は、セレッソ大阪など3チームと並び、J1最多タイである。

    ペトロヴィッチ監督が率いる浦和でもプレーしていたMF駒井善成は、「レッズと比べたら、今はこのサッカーをやってまだ3カ月くらい。まだまだこれから」と言いつつも、「みんながやるべきこと、例えばこう動けば、ここが空くということが、だいぶ浸透してきたのは感じる」と手ごたえを口にする。

    とはいえ、ペトロヴィッチ監督は必ずしも浦和時代とまったく同じようにチーム作りを進めているわけではない。それを示すように、饒舌な指揮官は柏戦後、こんな話をしている。

    「今季の札幌の戦い方として、前からプレッシャーにいって、相手陣内で(プレスを)ハメ込むようにしたい。それができれば、相手はゴールから遠いところでボールを持つことになる」

    ペトロヴィッチ監督が広島や浦和を率いた当時を振り返っても、守備のことだけに特化した話をするのは珍しい。攻撃は最大の防御と考えるペトロヴィッチ監督は、主体的にボールを保持し続けることを前提に戦術を組み立ててきたからだ。

    チームが変われば、選手も変わる。当たり前のこととはいえ、かつて率いたチームとまったく同じことをやるのは、無理があるということなのだろう。よくも悪くもこだわりが強かったスタイルに固執するだけではない、柔軟な対応がうかがえる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180416-00010003-sportiva-socc
    続きを読む

    2018-04-07_16h22_16
    1:久太郎 ★:2018/04/07(土) 15:56:46.07 ID:CAP_USER9.net
    札幌 3-0 名古屋
    [得点者]
    26' 進藤 亮佑 (札幌)
    69' 都倉 賢  (札幌)
    73' オウンゴール(札幌)

    スタジアム:札幌ドーム
    入場者数:17,390人

    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/040701/live/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    1:首しめ坂 ★:2018/04/02(月) 10:09:26.57 ID:CAP_USER9.net
    【札幌】チャナティップ「納豆パワー」皆勤宣言
    4/2(月) 7:03配信
    スポーツ報知

    防寒のため耳を覆ってランニングするMFチャナティップ(左)



    J1北海道コンサドーレ札幌MFチャナティップ(24)が、「納豆パワー」で連戦を乗り切る。1日、茨城から帰札したチームは、札幌・宮の沢で調整した。0―0で引き分けた31日鹿島戦で腰を強打し、後半45分に退いたチャナティップは「少し痛みはあるが大丈夫」と元気にランニングし、不安を一掃。「みんなハードワークできていたし、内容には満足している」と鹿島で得た手応えを強調した。

    鹿島戦から、週2試合を消化する15連戦が始まった。ハードな日程になるが、チャナティップは「納豆を食べているから問題ない」と胸を張った。1月の沖縄キャンプで周囲から勧められ、今では「一日3回食べる」と言うほど、気に入っている。「栄養のある納豆をご飯と一緒に食べて、規則正しい生活をすれば連戦も心配ない。出られる限り、ずっと出続けるよ」。チャナティップはそう笑顔で皆勤を宣言した。(砂田 秀人)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000233-sph-socc
    続きを読む

    1:赤黒梟 ★:2018/03/31(土) 19:08:27.84 ID:CAP_USER9.net
    <明治安田生命J1:鹿島0-0札幌>◇第5節◇31日◇カシマ

    北海道コンサドーレ札幌ミハイロ・ペトロビッチ監督(60)が“疑惑の判定”について言及した。試合後の会見で報道陣からの質問を受け付け終えると「私から自分で質問してもいいでしょうか」と切り出した。

    後半17分、ペナルティーエリア右から送られたMF駒井のパスをMF三好がシュート。ボールがペナルティーエリア内に飛び込んだ鹿島アントラーズDF昌子の手に当たったと審判に三好が抗議したが、判定は覆らずイエローカードを受けた。同監督は「日本に来て13シーズン目。こういうゲームの中でなかなかこういう質問が来ないのはわかっているが…三好のシュートは相手の手に当たっていた」と断言。さらに「試合後、レフェリーとあいさつした時に『あれはハンド、誤審だった』と認めた」と明かした。「人間はミスをする。これまでレフェリーのミスはないものとする風潮があったが、日本でやってきて、認めてくれたのは初めて」と喜んだ。

    報道陣に対して「今日の試合を見ていない人がどういう風に引き分けたのか、記事を見て知る権利がある。日本のサッカーのためにも報道が必要じゃないか」と呼び掛けていた。

    札幌ペトロビッチ監督「初めて」審判が誤審認める
    2018-03-31_19h23_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00165975-nksports-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/03/02(金) 21:06:46.74 ID:CAP_USER9.net
    C大阪vs札幌は壮絶な撃ち合い、3-3のドロー決着! 柿谷1G1A、チャナティップが来日初ゴール
    3/2(金) 20:58配信 SOCCER DIGEST Web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180302-00036395-sdigestw-socc

    開幕戦のゴールに続き、1ゴール・1アシストと結果を残した柿谷。写真:川本学



    ◆柿谷が芸術アシスト&2戦連続弾!

    J1リーグは3月2日、2節の3試合を開催。キンチョウスタジアムではセレッソ大阪対北海道コンサドーレ札幌の一戦が行なわれ、3-3の引き分けに終わった。

    試合は白熱の打ち合いとなった。
    前半は一進一退の展開から、C大阪が均衡を破る。27分に高木俊幸のクロスから杉本健勇が右足でゴールネットを揺らし先制。さらに43分には柿谷の絶妙なヒールパスから高木が移籍後初ゴール。C大阪が2点のリードを奪って前半を終えた。

    しかし、後半は一転して札幌が攻勢に。
    62分にチャナティップに来日初ゴールが生まれると、7分後の69分には駒井善成のクロスから深井一希が頭で合わせネットを揺らす。札幌が同点に追いつく。

    C大阪は3分後、カウンターから柿谷がゴールを奪い、すぐさま勝ち越しに成功するが、札幌も79分、セットプレーから再び進藤亮佑がヘディングでネットを揺らし再度同点に追いつく。

    試合は結局3-3の引き分けに終わっている。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/24(土) 15:57:29.23 ID:CAP_USER9.net
    2018-02-24_16h11_57

    ◆広島 1-0 札幌 [Eスタ]
    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2018022401

    [広]ティーラシン(28分)


    ◆FC東京 1-1 浦和 [味スタ]
    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2018022402

    [F]東慶悟(48分)
    [浦]槙野智章(50分)


    ・Jリーグ公式
    https://www.jleague.jp/sp/standings/

    ・DAZN
    https://www.dazn.com

    ・エルゴラ
    http://blogola.jp/c/egnews
    続きを読む

    1:赤黒梟 ★:2018/02/11(日) 17:35:33.94 ID:CAP_USER9.net
    【決勝】
    バンクーバー ホワイトキャップFC 0-1 北海道コンサドーレ札幌


    会場 ハワイ Aloha stadium

    【出場クラブ】
    コロンバス クルー SC MLS
    バンクーバー ホワイトキャップFC MLS
    北海道コンサドーレ札幌 Jリーグ
    いわきFC 福島県社会人1部リーグ
    2018-02-11_18h15_43
    https://twitter.com/PacificRimCup/status/962588648150507520
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2017/12/30(土) 18:35:11.43 ID:CAP_USER9.net
    2017-12-30_21h16_10
    タイの英雄は、わずか半年という期間ながらJリーグでもその非凡さを証明してみせた。今年7月に北海道コンサドーレ札幌に加入した「タイのメッシ」ことチャナティップ・ソングラシン。シーズン途中でのチーム合流ながら、すぐにチームに溶け込み第19節から全試合に出場。ゴールこそ生まれなかったものの、札幌の中盤でなくてはならない存在となった。

    現在24歳というタイの期待の星は、初めての海外移籍で何を感じたのだろうか。「憧れだった」というJリーグでプレーをしてみての印象、タイと日本のサッカー文化の違い、そして残りの契約期間での決意をシーズン終了後の帰国当日に聞いた。(取材日:2017年12月9日)

    チームの役に立つことができた

    ――シーズンの途中で加入し、そこから主力として活躍しましたが、まずは今シーズンを振り返ってどのようなシーズンになったと感じますか?

    はじめて日本に来たのは1月の移籍発表会見のときでしたが、7月にあらためて札幌に来てみるとチームは15位前後だったと思います。まず当面の目標はJ1残留でした。

    最初は試合に出られるのか出られないのかも分からない状態で日本に来ましたが、一生懸命努力をして、監督に信頼していただいて試合に出られるようになったことはよかったと思います。

    少しはチームの役に立つことができたのかなと、自分でも誇りに思っています。でも今後はもっと、自分のためにも強くならなければいけません。

    ――Jリーグに移籍してきた当初は、どのような思いで移籍してきたのでしょうか?

    Jリーグでプレーしたいとずっと思っていました。それが実現できて、自分でもとてもうれしい出来事でした。代表戦やAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも日本とよく戦っていましたが、日本のチームはいつもシステムがしっかりしていて、好印象を持っていました。

    実際にプレーしてみると、タイとは完全に違う環境ですし、フォーメーションやシステムも全く違いましたが、少しずつ日本のサッカーになじんでいけるように頑張っているところです。

    ――タイから日本まで応援に来てくれるファンの方も多いと聞きましたが。

    そうですね。日本でプレーをしていても、タイでたくさんの方が応援してくれているというのはとても感じます。SNSでもそうですし、家族とは毎日やり取りをしているので、話を聞いたりもします。

    ――今季Jリーグでプレーしてみて感じた課題はありますか?

    私自身、もっと自信を持たなければいけません。特にゴールへの執着心や、シュートの部分です。今季はまだ気を使ってしまう部分があり、自分でシュートを打っていいのか迷うシーンもありました。来シーズンはもう少し自信を持って、積極的にプレーできればいいかなと思います。

    ――逆に手応えを感じた面は?

    相手の守備が自分のマークに集まってくるようになったので、周りの選手のスペースが空き、プレーしやすい状況を作り出すことができていると最近は感じます。

    タイはプロ意識が欠けている

    ――実際にJリーグでプレーしてみて、印象の変化はありましたか?

    予想はしていましたが、プレースタイルは試行錯誤しました。たとえば、タイでは完全にアタッキングMFでしたが、日本に来てからはディフェンスもしっかりやらなければいけませんでした。自分が予想していたよりも、守備を求められたので、その部分は新しいチャレンジになりました。

    ――タイリーグとJリーグで一番違いを感じる部分はどこでしたか?

    まず、タイにはプロ意識というもの欠けていると感じています。個々の選手のストイックさが少ないですし、全体的にすごくゆるいというか、時間もルーズです。

    またプレー面でも、日本では守備を必ず全員で徹底してやらなければいけないですが、タイはバラバラでやったりやらなかったりです。日本の方が守備におけるプレッシャーは厳しいと思います。

    ――札幌でプロ意識を感じたシーンは?

    たとえば札幌では練習の1時間前にはみんな集まってきますが、タイでは遅れて集合することが多いです。また、日本は自分の体調を自分で管理していますし、チームメート同志でサポートし合ってノウハウを共有したりもしています。

    ――1番印象に残った対戦相手はいますか?

    やはりJ1リーグを優勝した川崎フロンターレですね。ボールをしっかりつないで、攻撃に特徴があるチームです。対戦していて本当にうまいなと感じました。もともと知っていてあこがれている中村憲剛選手や、小林悠選手、さらにはエウシーニョ選手などタレントもそろっている印象です。
    続きを読む

    1:北村ゆきひろ ★ :2017/11/30(木) 22:35:17.26 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌は、浦和レッズの前の監督ミハイロ・ペトロヴィッチ氏を来シーズン新しい監督として迎えることになりました。

    今シーズンJ1に昇格したコンサドーレは四方田修平監督のもとで、現在12位とJ1残留を決めましたが、上位進出を目指すためには今シーズンで契約が切れる四方田監督に代わる、新たな監督が必要として後任を探していました。

    その結果、関係者によりますとコンサドーレはペトロヴィッチ氏のこれまでの実績や育成に熱心な姿勢などを評価し、来シーズンから監督を務めることで
    1年契約で基本合意したということです。
    2017-11-30_23h17_29
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171130/k10011242031000.html
    続きを読む

    1:赤黒梟 ★:2017/11/04(土) 15:25:57.64 ID:CAP_USER9.net
    J1札幌FWジェイ(35)が、4日に札幌・宮の沢で行われた練習中に倒れ、救急車で市内の病院へ搬送された。診断結果は4日の午後2時半時点で明らかになっていないが、既に意識は回復している。

    倒れた直後は呼吸も弱く、口元がけいれんしている状態だった。練習見学に訪れていた緊急救命士の男性と看護師の女性やチームスタッフが応急処置にあたり、心臓マッサージなどを施すと意識が回復。

    呼びかけにも答えられるようになり、到着した救急車のストレッチャーにも自ら乗り込もうとした。

    同2時50分現在、病院で精密検査を受けているが、クラブによれば意識はしっかりしている。今後については診断結果を見て判断されることになる。

    【ジェイ・ボスロイド選手】
    イングランド・イズリントン出身で元イングランド代表のサッカー選手。
    現在はJ1北海道コンサドーレ札幌に所属。ポジションはフォワード。
    2015年-2016年の2年間はジュビロ磐田に所属し34得点を記録している。
    2017-11-04_15h52_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00000096-sph-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ