海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サウサンプトン

    1:Egg ★:2017/12/31(日) 08:38:47.45 ID:CAP_USER9.net
    プレミア第21節 マンチェスター・U 0-0 サウサンプトン

    現地時間30日、イングランド・プレミアリーグ第21節が行われ、吉田麻也の所属するサウサンプトンは敵地オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドと対戦しスコアレスドローに終わった。吉田はキャプテンとしてフル出場を果たし、クリーンシートに貢献している。

    レスター・シティ、バーンリー相手に2試合連続でドローに終わり、首位を独走するマンチェスター・シティとの勝ち点差は「15」にまで開いてしまったユナイテッド。一方のサウサンプトンも7試合白星に見放され、吉田も「危機的状況」と評するほど、長いトンネルから脱することができずにいる。

    ともに浮上のキッカケとしたい両者の一戦は、立ち上がりから球際で激しい攻防を見せたものの、7分に負傷者を出してしまう。ロメル・ルカクがヴェスレイ・フートとの競り合いで頭部を打ち、倒れたまま起き上がれず。約5分間の治療の末、14分に担架に運ばれてピッチを後にし、代わってマーカス・ラッシュフォードが投入される。

    試合再開後はユナイテッドが攻勢に試合を進めるが、サウサンプトンも粘り強い守備で応対。33分には、ジェシー・リンガードがペナルティーエリア内で浮き球をコントロールしたところを戻った吉田がブロック。リンガードは手に当たったとアピールするが、笛は吹かれなかった。

    アディショナルタイムは6分と長めに取られたが、互いに決め手を欠き、膠着した展開のままスコアレスで後半へ。ユナイテッドは投入されたラッシュフォードが気を吐いて前線で起点となるが、左サイドに入ったヘンリフ・ムヒタリャンがクロスの精度を著しく欠き、決定的な場面を作るには至らなかった。

    後半に入ると、前半よりもサウサンプトンがカウンターのチャンスを増やしていく。50分、カウンターからドゥシャン・タディッチが右に展開し、ピエール=エミル・ホイビュアの折り返しをゴール前でシェイン・ロングが合わせるも、GKダヴィド・デ・ヘアが足に当ててゴール上へと外れた。

    攻撃に変化を加えたいユナイテッドは65分、ムヒタリアンを諦めてアントニー・マルシャルを投入。左サイドからの打開が期待された。

    しかし、70分を過ぎたあたりから、サウサンプトンがユナイテッドゴールへと徐々に近づいていく。80分には、前線で存在感を放っていたロングに代えてマノーロ・ガッビアディーニを投入する。

    ユナイテッドも81分、右サイドからのFKがゴール前で混戦となり、最後はポール・ポグバが押し込んでネットを揺らすもオフサイドの判定。触らなくても入ったように見えたが、ボールに関わってしまいオフサイドを取られてしまった。

    サウサンプトンは82分、タディッチに代えてマリオ・レミナ、85分にはソフィアン・ブファルに代えてネイザン・レドモンドを投入し、交代枠を使い切る。このまま勝ち点1を確保するだけでは満足しないという指揮官の意思が感じられた。

    地力で勝るユナイテッドはサイドから執拗にクロスを放り込むが、ゴール前を固めるサウサンプトン守備陣にことごとく跳ね返される。攻撃の変化を加える役もフアン・マタくらいで、ポグバがなかなか高い位置でボールを受けられないためゴールが遠い。

    結局、スコアに動きのないまま試合は終了。ともに勝利が欲しい状況だったが、痛み分けで勝ち点1を得るにとどまった。

    写真



    12/31(日) 4:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000038-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/28(木) 06:44:50.36 ID:CAP_USER9.net
    リヴァプールは、サウサンプトンとビルヒル・ファン・ダイクの移籍で合意したと発表した。

    今夏からリヴァプールが強く獲得を求め、ファン・ダイク自身もアンフィールドでのプレーを望むなど相思相愛とされてきた両者。しかし、サウサンプトンは、リヴァプールが同選手と不正に接触したとリーグに訴え、契約が目前まで迫っていたものの、夏の移籍は破談に終わっていた。

    結局サウサンプトンに残ることとなったファン・ダイクだが、移籍希望を隠さずクラブとの関係が悪化。メンバーを外れことも多く、マンチェスター・シティなどビッグクラブへの移籍が噂され続けていた。

    そして27日、リヴァプールとサウサンプトンはついにファン・ダイクの移籍に合意。オランダ代表DFは来年の1月1日に新天地に活躍の場を移すことが決まった。移籍金はディフェンダーとして史上最高額となる7500万ポンド(約114億円)とされ、4番を着用するようだ。

    ファン・ダイクは自身のインスタグラムで「世界のビッグクラブの1つに加入することが決まって誇りに思うよ。この名高い赤いユニフォームを纏ってピッチに立つことを待ちきれないよ。このクラブが特別なことを成し遂げる手助けができるように全力を尽くしたい」と喜びのコメントを投稿した。

    12/28(木) 5:34配信 Goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000026-goal-socc

    写真

    続きを読む

    2017-12-14_07h20_24

    1:動物園φ ★:2017/12/14(木) 06:37:32.93 ID:CAP_USER9.net
    第17節 12/13(水)28:45
    セント・メリーズ・スタジアム

    サウザンプトン 1-4 レスター・シティ

    0-1 リヤド・マフレズ(前半11分)
    0-2 岡崎慎司(前半32分)
    0-3 アンディ・キング(前半38分)
    1-3 吉田麻也(後半16分)
    1-4 岡崎慎司(後半24分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11042983
    続きを読む

    201704060655190cc

    1:名無し募集中。。。:2017/10/31(火) 09:30:11.15 ID:0.net
    プレミアリーグでやってるのは偉いけど失点に絡むミスも目立つ
    2:名無し募集中。。。:2017/10/31(火) 09:31:58.73 ID:0.net
    DFはミスのほうが目に付くのはしゃーない
    5:名無し募集中。。。:2017/10/31(火) 09:34:02.25 ID:0.net
    たまにテンパる意外は日本歴代ナンバーCB
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/10/27(金) 15:49:41.43 ID:CAP_USER9.net
    10/27(金) 15:40配信

    <プレミア歴代アジア人選手10傑に唯一DFで選出 「多様性はクラブにとってプラス」>

    サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、今季失点数でリーグ5位タイを誇る堅守を牽引している。英メディアでは名門リバプールが獲得に乗り出したとしても「驚きはない」と報じている。

    英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」では、プレミアリーグで活躍したアジア人選手の歴代十傑を選出。マンチェスター・ユナイテッドでプレーしたドルトムントの日本代表MF香川真司、レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司とともに、吉田も名前を連ねた。

    「ヨシダはこのリスト入りした唯一のディフェンダーとなった。プレミアリーグでのこれまでの貢献を強調するものだ」

    DFとしては唯一の10傑入りを果たした吉田。記事では、オランダのVVVフェンロからサウサンプトンに移籍した直後について「不安定」と記されているものの、過去5シーズンで100試合以上に出場しており、「彼の最終ラインにおける多様性はクラブにとってプラス。セットプレーでは立派な武器になっている」と近年の活躍ぶりを高く評価している。

    「リバプールのディフェンスの不安を考えれば、彼の獲得に興味を持ち出したとしても驚きはない」

    リバプールは吉田の同僚であるオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクに獲得オファーを出していた経緯があるが、吉田が名将ユルゲン・クロップの眼鏡に叶うかもしれないほどのパフォーマンスに値すると見ているようだ。
    2017-10-27_18h04_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171027-00010010-soccermzw-socc
    続きを読む

    img_fdd2de5afa08da725f9cae639f8a840b175034

    1:風吹けば名無し:2017/10/24(火) 11:49:38.71 ID:Ula//tTO0.net
    なんでや…
    2:風吹けば名無し:2017/10/24(火) 11:50:32.15 ID:RGpnxPAwM.net
    結婚してるからしゃーない
    3:風吹けば名無し:2017/10/24(火) 11:51:37.43 ID:TC+scJLld.net
    ハゲてるから
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/23(月) 22:38:33.84 ID:CAP_USER9.net
    クリーンシート達成を評価

    現在サウサンプトンではプレミアリーグ屈指のセンターバックと言われるフィルジル・ファン・ダイクがスタメンに戻ってきているが、相棒の日本代表DF吉田麻也もそのファン・ダイクと変わらないほどの評価を得ている。

    サウサンプトンは今節WBAと対戦して1‐0の勝利を収めたが、米『ESPN』は今節のプレミアリーグ・ベストイレブンにセンターバック部門でファン・ダイクではなく吉田を選出している。同メディアは「ブファルのゴールが称賛を集めるが、サウサンプトンの最終ラインがその基盤を作った。

    吉田はサウサンプトンのクリーンシートに貢献し、非常にソリッドだった」と称えている。吉田は昨季から急激に評価を高めており、プレミアリーグでも十分通用するセンターバックであることを証明している。こうしたベストイレブンに選ばれることにもサプライズ感は無くなってきたと言える。

    その他にはバーンリーを3-0で撃破したマンチェスター・シティから2選手、エヴァートンを5-2で粉砕したアーセナルからも複数選手が選ばれている。

    GK:エデルソン・モラレス(マンチェスター・シティ)

    DF:セサル・アスピリクエタ(チェルシー)、吉田麻也(サウサンプトン)、ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ)、ナチョ・モンレアル(アーセナル)

    MF:アーロン・ムーイ(ハダーズフィールド・タウン)、メスト・エジル(アーセナル)、ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)

    FW:アレクシス・サンチェス(アーセナル)、ペドロ・ロドリゲス(チェルシー)、ハリー・ケイン(トッテナム)

    10/23(月) 22:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00010018-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/03(火) 12:19:44.85 ID:CAP_USER9.net
    チームは負けてもベスト11に選ばれる

    サウサンプトンでレギュラーを掴んでいる日本代表DF吉田麻也は、攻撃面でも力を発揮できる選手だ。センターバックながらボールを持つことに苦手意識がなく、サウサンプトンでも攻撃の出発点になる機会が多い。足下の技術が優れていることも吉田の大きな魅力だ。

    その技術の高さを証明したのが30日のストーク・シティ戦だ。吉田はクロスボールが流れてきたところをジャンピングボレーで合わせ、GKの頭上を抜くスーパーゴールを決めている。しっかりとインパクトする技術がなければできないプレイだ。かつてトッテナムなどでプレイし、解説を務めるガース・クルックス氏もこのシュートを絶賛している。

    英『BBC』によると、同氏は吉田を今節のベストイレブンに選んでいる。サウサンプトンはストーク戦を1-2で落としているため、負けたチームのDFをベストイレブンに選ぶのは不自然かもしれない。しかし同氏は吉田のようなボレーシュートを打てるDFは少ないと語り、結果など関係なく吉田をベストイレブンに選びたかったようだ。

    「これを読んでいる者は負けたチームのDFが入っていることを疑問に感じるかもしれないし、そう感じるのは正しいだろう。しかしながら、マヤの同点ゴールは素晴らしかった。あのようなボレーシュートを打てるセンターバックは少ないよ」

    その他のベストイレブンはGKエデルソン・モラレス(マンC)、DFジェームズ・ターコウスキ(バーンリー)、DFナチョ・モンレアル(アーセナル)、DFキーラン・トリッピアー(トッテナム)、DFベン・デイビス(トッテナム)、MFマルアン・フェライニ(マンU)、MFフィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)、MFケビン・デ・ブライネ(マンC)、FWマーカス・ラッシュフォード(マンU)、FWハリー・ケイン(トッテナム)が選ばれている。

    吉田はあくまでセンターバックの選手だが、あのボレーシュートは多くのサッカーファンを興奮させたはずだ。ケインやコウチーニョらプレミアでもトップレベルの選手たちとともにベストイレブンに入るのは当然だろう。

    10/3(火) 11:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00010003-theworld-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/10/01(日) 08:23:21.99 ID:CAP_USER9.net
    ■イングランド代表GKを釘付けにした同点弾!

    DFとは思えないアクロバティックなボレー弾に英国メディアも驚嘆だ。現地時間9月30日のプレミアリーグ7節のストーク対サウサンプトン戦でシーズン初ゴールを決めた吉田麻也に対して、賞賛の声が後を絶たない。
     
    3試合連続で先発出場を果たした吉田は、1点のビハインドを追う75分に存在を示す。左サイドからのクロスにボックス内で味方FWシェイン・ロングが触れ、このルーズボールを吉田が右足ダイレクトボレーで合わせ、豪快に蹴り込んだ。
     
    サウサンプトンは85分に勝ち越しを許して惜しくも敗れたが、吉田のこのボレー弾を現地メディアが称えている。
     
    「ヨシダが飛んだ!」とゴールシーンを振り返る英紙『ガーディアン』が「ネットの上を突き破るような稲妻ボレー」と報じると、『スカイスポーツ』「ブリリアント・フィニッシュだ!」と特大の評価を下した。
     
    吉田に「6.5」の高採点をつけた英紙『デイリーメール』は、「ストーク・サポーターは、CBである吉田がストライカーの本能を見せたとき、最悪だ、と嘆いたことだろう」と、FW顔負けの美技を伝えた。
     
    そして『ミラー』紙は「とてつもないボレーだ。ヨシダはありえない運動能力でファンタスティックな同点弾を決めた。相手GKの(ジャック・)バトランドはノーチャンスだった」と、イングランド代表GKの足をゴールマウスで釘付けにした一撃を褒めちぎった。

    10/1(日) 6:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171001-00030610-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    2017-10-01_01h07_08

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/10/01(日) 00:57:36.16 ID:CAP_USER9.net
    ストーク 2-1 サウサンプトン

    1-0 40' ディウフ
    1-1 75' 吉田麻也
    2-1 85' ピーター・クラウチ

    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/stoke-city-vs-southampton/1-2522810/

    吉田麻也はフル出場

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ