海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サガン鳥栖

    1:Egg ★:2018/10/18(木) 22:08:47.26 ID:CAP_USER9.net
    サッカー・J1の鳥栖は18日、マッシモ・フィッカデンティ監督(50)と契約解除に合意したと発表した。9日から指揮していた鳥栖U18(18歳以下)監督の金明輝(キム・ミョンヒ)氏(37)が後任に就任した。

    佐賀県鳥栖市内で18日行われたサポーターミーティングで公表された。フィッカデンティ氏も出席して「鳥栖は絶対、来年もJ1にいる力を持っている」とサポーターに語りかけ、J1残留を願った。

    鳥栖は今季、7勝9分け13敗で17位に低迷。フィッカデンティ氏を監督から更迭する方針を決め、処遇を「協議中」としていた。【佐野優】

    10/18(木) 21:31配信
    2018-10-19_08h42_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000096-mai-socc

    J1鳥栖で18日、サポーターミーティングが行われ、解任協議が続いていたマッシモ・フィッカデンティ前監督(50)とクラブ側がこの日、契約解除で合意したことが発表され、本人の希望でファンの前に姿を現した。

    大きな拍手で迎えられた前指揮官は「残念ながらチームを去るが、3年間、キャリアの中で素晴らしい時間だった」と感謝。協議の中でもう一度監督に戻るという話も出たというが「自分が離れるほうがチームにとっていい成績につながると思った」と退任への決断を話し「鳥栖は絶対に残留できる」とエールを送った。別のポジションでの登用も検討されたが、フィッカデンティ前監督はクラブから完全に去ることが決まったという。

    前監督の解任を受け、金明輝コーチ(37)の監督就任が発表された。

    ≪竹原社長 トーレスに関し残留の重大さを強調≫竹原稔社長は、去就が注目されるFWフェルナンド・トーレスに関して「彼を売る営業はしていない」と話した。「世界中が見ている中で彼のキャリアに傷を作ってはいけない。スペインから預かっている宝。先日もスペイン大使から、トーレスをよろしくと言われた」と残留の重大さを強調した。また、大口スポンサー・サイゲームスの今季限りでの撤退については「ないと言われればないだろうし、向こうに聞いてもらえれば」と否定しなかった。

    10/18(木) 21:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000166-spnannex-socc
    続きを読む

    231:U-名無しさん :2018/10/11(木) 15:16:38.93 ID:yGQXnjtr0.net
    笑ったらケツでも叩かれるのかよw

    J1鳥栖「笑ってはいけないサッカー」終了 新体制でムード一変、逆転残留へ
    2018-10-11_19h40_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00010012-nishispo-socc
    242:U-名無しさん :2018/10/11(木) 15:23:54.61 ID:ZBT5Ou+wd.net
    >>231
    >マッシモ体制では8月9日から練習の非公開が続いていたが、金明輝コーチは「一緒に残留させたいというサポーターの思いも乗せたかった。頑張れという声もチームの活力になる」と公開を決断。サポーター約50人が見学に訪れた。

    ウオーミングアップから選手やスタッフが笑顔をのぞかせる一幕もあり「練習中に笑ってはいけない」という空気があったという前体制の練習とは一変。原川力(25)は「前向きにというか、明るくみんなで練習できている」と雰囲気の変化を実感した。

    >金明輝コーチはハードワークをして厳しく守る戦いを継続する一方で、「点を取らないと勝てない。攻撃に関わる人数やフィニッシュの精度を上げる練習をする」と説明。

    10日の紅白戦ではボランチに積極的な攻撃参加を促した。明るく前向きに残り5戦を戦い、最後にチームもサポーターも心の底から笑う。
     
    ま、まず勝ってから笑おうか
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/10/08(月) 13:09:55.76 ID:CAP_USER9.net
    サッカー・J1サガン鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督(50)が解任されることが8日、関係者への取材で分かった。後任にはサガン鳥栖U-18監督でトップチームのコーチを兼任する金明輝(キン・ミョンヒ)氏(37)が昇格する。

    チームは6日の第29節・湘南ベルマーレ戦を終え、J2自動降格圏の17位と低迷。関係者によると、海外や国内の監督候補を模索する中、チームをいま一つにするためには内部昇格が最善と判断したという。

    フィッカデンティ監督は守備をベースとした戦術を徹底し、就任1年目の2016年は11位。2年目は若手や新戦力を積極起用して8位だった。ただ、今季はJ1昇格後クラブワーストとなる7連敗を喫するなど前半戦から苦しい戦いが続いた。

    夏場にフェルナンド・トーレス、金崎夢生の両FWを補強したが、得点力不足を解消できず、降格圏を抜け出せずにいる。

    金氏は兵庫県出身。
    ジェフユナイテッド市原などでプレーし、2011年にJ2サガン鳥栖で引退。その後、サガン鳥栖U-15でコーチを務め、現在はU-18の指揮を執っている。9日の練習から指導し、20日のベガルタ仙台戦で初采配する。

    佐賀新聞
    img_29df1bd05d435797bab1fb5ca8f3c1f7572615
    https://www.saga-s.co.jp/articles/-/286285
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 01:39:57.39 ID:CAP_USER9.net
    [J1リーグ28節]札幌 2-1 鳥栖/9月29日/札幌ド
     
    微妙な判定だった。
     
    1-1で迎えた90+4分、鳥栖のゴール前に侵入しようとする都倉賢を、後方から高橋祐治が倒してしまう。明らかなファウルではあった。問題はその場所。ペナルティエリアの中か外か。主審のジャッジは“PK”だった。
     
    鳥栖の小野裕二は、判定そのものに対してよりも、そこまで攻め込ませてしまったチームとしての戦いをまず反省する。ただ、件のシーンを映像で見返すと、「足がかかっているのは外だった」と無念さを滲ませた。
     
    今さら審判のジャッジを批判するつもりはまったくない。小野は納得できる正しいジャッジを求めているだけだ。それが勝敗に影響するような重要なシーンであれば、なおさらだ。
     
    「試合を左右するところで、海外でもやっていますけど、ビデオ判定は必要なのかなと思います。ああいう時間帯で、あれ(PK)で勝敗が決まってしまうから。そういう(ビデオ判定)対象になると思う」
     
    札幌戦で小野は試合を振り出しに戻す貴重な同点弾を挙げている。ゴールが決まると、すぐにボールを拾ってセンターサークルに戻る姿からは、勝点3への強い欲求が感じられた。
     
    だが、終了間際のPKを決められて1-2の敗戦。試合後の小野の表情は終始、悔しさに満ちていた。「遠くまで応援しに来てくれたサポーターの人たちに申し訳なかった」と語る一方で、「次はホームでしっかりと勝って、良い試合を見せられるように頑張りたい」と前を向いた。

    9/29(土) 20:23 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00047948-sdigestw-socc

    写真



    動画

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/29(土) 05:55:22.44 ID:CAP_USER9.net
    ゲーム事業を展開する「Cygames(サイゲームス)」(東京・渋谷区)がJ1鳥栖とのスポンサー契約を今季で満了し、来季以降は結ばない方針であることが28日、分かった。

    同社は渡辺耕一社長が佐賀・伊万里市出身だった縁もあり、15年7月から鳥栖とスポンサー契約を締結。スポンサーとしては異例となる年間5億円以上の大型契約で毎年更新してきた。この資金を使い、近年は多くの有力選手を獲得。今夏には鹿島から元日本代表FW金崎夢生(29)、元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)が加入するなどチーム強化に影響を与えてきた。

    契約を更新しなかった背景には、同社の親会社にあたるIT大手「サイバーエージェント」(東京・渋谷区)がJ2町田を買収することがある。Jリーグの規約では1つのオーナーが複数のJクラブの経営に大きな影響を持つことを禁止している。サイゲームスと鳥栖はスポンサー契約で株式も保有していないことから、Jリーグの規約には抵触しないとみられるが、グループを挙げて町田を支援するために撤退を決断したもようだ。

    ただ鳥栖にとっては大打撃だ。年5億円超の有力スポンサーを見つけることは難しく減収は決定的。フェルナンドトーレスや金崎が流出する可能性もある。同社が鳥栖市に6億8600万円を寄付し、本拠地のベアスタを改修することが決まっているが、これが最後の置き土産となりそうだ。

    ◆Cygames サイバーエージェントの100%出資子会社として2011年5月に設立。東京・渋谷を拠点に「神撃のバハムート」や「グランブルーファンタジー」などの人気モバイルゲームを配信。17年7月にはイタリアの名門ユベントスとスポンサー契約を締結。従業員数は1951人(18年3月)

    2018年9月29日5時0分 スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180928-OHT1T50274.html

    写真
    2018-09-29_06h15_52
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/23(日) 07:01:21.73 ID:CAP_USER9.net
    柏戦の後半途中に交代、不満を露わにするトーレスの様子をスペイン紙が画像付きで紹介

    サガン鳥栖は22日のJ1第27節柏レイソル戦で1-1の引き分けに終わったが、先発出場した鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが後半途中に交代を告げられ、腹を立てている様子にスペイン紙「マルカ」が注目。「明らかに怒っていた」と画像付きで報じている。

    【画像】「明らかに怒っていた」 スペイン紙も“不満顔”に驚嘆! 鳥栖の元スペイン代表FWトーレス、途中交代で監督に立腹の瞬間



    前節終了時点で勝ち点29で並んでいた15位鳥栖と16位柏の一戦は、残留争いのライバルを直接叩く重要な一戦となるなか、先制したのはホームの柏だった。前半40分、華麗なパスワークで鳥栖のペナルティーエリア内に進入すると、最後はFW瀬川祐輔が流し込んだ。劣勢の鳥栖だったが、後半7分に右CKからFW金崎夢生が頭で合わせ、1-1の同点に追いついた。

    その後は一進一退の攻防が続くなか、鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督は、後半15分にFW小野裕二に代えてDF安在和樹を投入。さらに後半28分、FWトーレスに代えてFW豊田陽平を送り込んだ。ピッチから退く際、トーレスはフィッカデンティ監督と手をタッチし合ったが、直後に両手を使って不満げなジェスチャーを見せ、指揮官に言葉を投げつけている。

    この場面にスペイン紙「マルカ」が反応。公式ツイッターで該当シーンの画像を紹介すると、「降格を避けるための重要な一戦で、神の子(トーレスの愛称)は後半28分にフィールドを去り、明らかに怒っていた」と報じた。記事では交代が妥当とでも言うかのように、「トーレスはリーグ戦11試合でたった1ゴール」と決定力の課題を指摘している。

    1-1と接戦のなかで交代を命じられたトーレスは不満を露わにし、文句を言いたげな表情でベンチに腰をかけた。最終的に試合は1-1で痛み分けに終わったが、淡々とプレーし続けることが多いトーレスの珍しいシーンに母国紙も驚いたようだ。

    9/23(日) 6:50 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180923-00137104-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/21(金) 21:57:01.29 ID:CAP_USER9.net
    J1リーグ サガン鳥栖に所属している元スペイン代表のフェルナンド・トーレスが日本の総合スポーツメーカー『ミズノ』とミズノブランドアンバサダー契約を締結した。

    9月22日に行われる柏レイソル戦からミズノ製サッカーシューズ「MORELIA NEO 2(モレリアネオツー)」を着用するとミズノはオフィシャルで報告し、またトーレス本人もこの契約についてコメントを残している。

    ■フェルナンド・トーレスのコメント
    「この度、歴史ある日本のスポーツブランド『ミズノ』と、ブランドアンバサダー契約の締結をさせていただき、とても光栄に思っています。プレーしていても全くストレスを感じない履き心地の良さがとても気に入っています。ミズノのシ ューズと共に、クラブで良い結果を残せるように努めていきたいと思います」

    9/21(金) 16:39配信スポルト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00010008-sportes-socc

    写真



    イニエスタはアシックスと契約か?すでに新しいブーツでプレー
    アンドレス・イニエスタは、19年間のキャリアでずっとナイキのブーツでプレーしてきた。これまで様々なパーソナライズモデルも販売されており、その多くが成功を収めている。

    そんなイニエスタが、9月からは異なるブーツで試合やトレーニングに参加している。メーカーロゴが記されていない“ブラックアウト“だが、モデルはアシックスのX-Flyだろう。アシックスはヴィッセル神戸のオフィシャルサプライヤーだ。

    日本のブランドといえば、先日はフェルナンド・トーレスがミズノと契約を結んだばかりである。ルイス・スアレスもプーマと契約したが、偉大な選手は常に偉大なブーツにリンクされるということだ。

    9/21(金) 18:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00010001-mdjp-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/16(日) 05:57:31.35 ID:CAP_USER9.net
    「普段からフェルナンド・トーレスと練習で対峙している」



    J1リーグ26節]鳥栖 1-0 広島/9月15日/ベアスタ
     
    「はっきり言って、うちのフェルナンド・トーレスのほうが良い選手なので」
     
    広島のパトリックを抑えられた要因について、鳥栖の守護神・権田修一はこう言った。たしかに、ホームに首位チームを迎え、1-0で完封勝利を飾ることができたが、その言葉の真意とはなんだろうか。
     
    「普段から高橋祐治やジョアン(・オマリ)はフェルナンド・トーレスと練習で対峙している。彼を止めるのに比べたら、そんなに(パトリックとのマッチアップは)たいした問題じゃない。パトリック選手はJリーグで点を取っているかもしれないですけど、ちょっとジョアンが何回かひっくり返っちゃったくらいで、あとはあんまりピンチにならなかったのは、そういうところもあるのかなと思います」
     
    権田の言う通り、広島戦の目立ったピンチは後半、左サイドでJ・オマリがパトリックと入れ替わったシーンくらいだろう。同じエリアで似たようにもう一度突破を許したが、どちらも守護神のセーブもあってゴールを割らせなかった。

    そのふたつの場面を除けば、高橋祐もJ・オマリもパトリックに対してエアバトルで互角の戦いを演じていた。また前者に関してはカバーリングも冴えており、クリーンシートの立役者だったと言える。彼らの守備力についても、権田は“トーレス効果”だと説明した。
     
    「トーレスのようなレベルの高い選手がサガン鳥栖に入ってくれるのは良い効果がある。普段の練習で金崎夢生もそうですけど、彼らのようなレベルの高い2トップと常に練習で対峙できる。空中戦で言えば豊田(陽平)選手と競り合うことができる。そういうところは日本でトップクラスの3人だと思うので、そういう選手たちと対峙できて成長できている部分もあると思う」
     
    F・トーレスに加えて金崎や豊田も加入した後半戦は、広島(〇1-0)、川崎(△0-0)、FC東京(△0-0)と上位3チームにすべて無失点。これも、今夏に加入した強力攻撃陣の効果なのかもしれない。
     
    首位の広島に大金星を挙げ、15位に順位を上げた。残留争いは続くが、それだけ鳥栖の守備陣に絶大な影響を与えているのだから、今度は強力アタッカー陣のゴールラッシュに期待したい。

    9/16(日) 5:30 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180916-00047317-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/09/05(水) 22:19:20.03 ID:CAP_USER9.net
    今夏、サガン鳥栖へと移籍した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス。

    Jでの初ゴールも生まれいよいよ本領を発揮してくれそうだ。その彼の足元にある変化が起きていた。

    その足元を見てみると、Mizunoのスパイクを履いていたのだ!
    2018-09-05_23h11_20
    これは、「Morelia Neo II」というモデル。近年はadidasのスパイクを着用してきたトーレスだが、来日をきっかけにも足元も日本仕様になるのだろうか。

    トーレスがMizunoのスパイクを履いたというニュースは、海外のギア系有名サイトでもしっかり伝えられていたぞ。

    『Soccerbible』

    「フェルナンド・トーレスのadidas選手としての日々は終わりそうだ。

    彼はこの数週間でスリーストライプから徐々に“着替えている”のだ。

    元リヴァプールのストライカーはPredator 18を履いていたが、最近になって古いモデルであるX 15.1に回帰していた。

    先週末、彼はロゴを消した『Mizuno Morelia Neo』を着用して完全にadidasから離れた」

    選手がスパイクを試し履きする際に、真っ黒なブラックアウトのものを着用することがある。

    トーレスもそれと同じようにロゴを含めて同色にしていることから、まだ“お試し”段階だろうという見方がされているようだ。

    https://qoly.jp/2018/09/05/fernando-torres-mizuno-boots-iks-1
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ