海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サガン鳥栖

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 07:01:17.92 ID:CAP_USER9.net
    近く正式発表へ
     
    サッカー・J1サガン鳥栖が、ベルギー1部のシントトロイデンを退団したFW小野裕二(24)を獲得することが18日、クラブ関係者への取材で明らかになった。

    小野は古巣の横浜F・マリノスで高卒の新人ながら背番号10をつけた逸材で、スピードを武器とする攻撃的な選手。エースのFW豊田の新しい“相棒”として期待が掛かる。

    鳥栖と小野はすでに基本合意に達しており、近く正式に加入が発表される見通し。

    小野は神奈川県出身で横浜の下部組織育ち。2010年に2種登録されてJリーグデビューし、同年はリーグ戦17試合で3ゴールを決めた。翌11年には背番号10を背負って29試合に、12年には33試合に出場した。J1通算成績は79試合9得点。

    13年にベルギー1部のスタンダール・リエージュに移籍。昨シーズンはシントトロイデンに在籍していた。

    佐賀新聞 1/19(木) 6:56配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00010000-saga-socc

    写真

    transfermarkt. PERFORMANCE DATA
    http://www.transfermarkt.com/yuji-ono/profil/spieler/155761
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 05:49:01.08 ID:CAP_USER9.net
    鳥栖が、横浜との争奪戦を制し、ベルギー1部シントトロイデンとの契約が解除となったFW小野裕二(24)を獲得することが17日、濃厚となった。

    複数の関係者が明かした。小野には10~12年にプレーした古巣横浜も補強の切り札として獲得に乗り出したが、条件面などで鳥栖がリード。交渉は最後の詰めの段階に入ったという。

    就任2年目を迎えるフィッカデンティ監督の構想では、小野の役割はセカンドトップ。元日本代表FW豊田、同U―23代表のMF鎌田らと形成する攻撃陣はJ1でもトップクラスの破壊力となりそうだ。

    昨季は組織的な守備が浸透した第2ステージで8位に浮上するなど元々、堅守には定評がある。前線に小野という新たなピースが加われば、上位進出を狙える布陣が整う。

    スポニチアネックス 1/18(水) 5:37配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000004-spnannex-socc

    ■ 横浜が小野裕二に正式オファー「思いは伝えている」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-01766645-nksports-socc

    横浜がベルギーのシントトロイデンとの契約を解除したFW小野裕二(24)に、獲得の正式オファーを出していることが17日、分かった。

    この日、横浜の利重孝夫チーム統括部長が明かした。小野は横浜の下部組織出身で、ユース在籍中の10年にはトップチームに登録されリーグ戦出場も果たした。

    12年にベルギーに渡り、昨季はリーグ戦22試合に出場したが、今季は6試合にとどまっていた。利重部長は「育成時代のスタッフも含め思いは伝えている。ベストを尽くしている」と話した。

    写真



    transfermarkt. PERFORMANCE DATA
    http://www.transfermarkt.com/yuji-ono/profil/spieler/155761
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 06:00:40.49 ID:CAP_USER9.net
    J1横浜と鳥栖がベルギー1部シントトロイデンのFW小野裕二(24)の獲得に乗り出していることが16日、分かった。複数の関係者が明かした。今季の小野は昨年9月に顎を骨折した影響もあり、出場わずか6戦にとどまっていた。シントトロイデンは16日、小野との契約解除を発表。公式サイトは「今後は日本に戻る」としており、し烈な争奪戦の様相を呈してきた。

    小野が10?12年に在籍した横浜はチームの顔だったMF中村俊輔が磐田に移籍し、日本代表MF斎藤学も欧州挑戦が濃厚となっている。激震が続き、新たなシンボル、攻撃面の補強は急務。横浜の下部組織で育ち、トップ昇格した11年からは10番を背負った小野は、補強の切り札になる存在だ。

    一方、鳥栖もセカンドトップは大きな補強ポイント。フィッカデンティ監督の就任2年目となる今季は勝負の年。オフには各ポジションとも補強に積極的で、結果的に失敗に終わったものの破格の年俸1億8000万円を提示し川崎FのFW小林獲得に動いた。そうした資金力を背景に、昨季はシントトロイデンで22戦に出場、4年間のベルギー生活で着実にパワーアップした小野に白羽の矢を立てた。

    古巣の横浜か、積極補強の鳥栖か。16日、新シーズンを始動した横浜の練習に集まったサポーターはわずか50人程度。中村が去り“俊輔ロス”がまん延する中「元10番」の獲得が実現すれば大きな希望となる。一方で関係者によれば、上位進出を狙う鳥栖が攻勢を強めており、優勢との情報もある。真冬に突如勃発した争奪戦は予断を許さない。

    ▼小野 裕二(おの・ゆうじ)1992年(平4)12月22日、神奈川県横須賀市生まれの24歳。横浜F・マリノスジュニアユース追浜から08年、横浜F・マリノスユースを経て10年7月にはトップチーム登録。J1通算79戦9得点、ベルギー1部では通算47戦1得点。U―15から各年代別代表に選出。ポジションはFW、右利き。身長1メートル70、62キロ。

    2017年1月17日 05:45
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/01/17/kiji/20170116s00002000247000c.html

    写真



    transfermarkt. PERFORMANCE DATA
    http://www.transfermarkt.com/yuji-ono/profil/spieler/155761
    続きを読む

    178703
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/17(土) 06:55:22.62 ID:CAP_USER9.net
    J1鳥栖が、フランス1部メスの日本代表GK川島永嗣(33)の獲得に動いていることが16日までに分かった。複数の関係者によれば、FC東京への移籍が決定的な林彰洋(29)の後釜として白羽の矢を立てた。実現すれば、川島は10年6月以来約6年半ぶりのJリーグ復帰となり、プレー機会が増えればハリルジャパンでの活動にもプラスとなる。

    川島が約6年半ぶりにJのピッチに立つ可能性が急浮上した。林の移籍によりGKの補強が急務となっていた鳥栖は、イタリア出身のフィッカデンティ監督のパイプを使って守護神候補を模索。イタリア人GKも視野に入れていた中で、関係者は「フランスで出番に恵まれない川島の名前が挙がっている」と明かした。すでに獲得へ向け動きだしたという。

    昨季限りでダンディーUを退団した川島は、今季も引き続き欧州でのプレーを熱望し、新天地にメスを選択した。ただ、入団時にクラブの公式サイトで「第3GKを務める」と発表されるなど立場は厳しく、現在も出場機会に恵まれない日々が続いている。

    それでも、日本代表のハリルホジッチ監督から技術はもちろん、統率力なども評価されて招集されているように、いまだに日本人トップレベルの守護神として位置づけられている。

    一方の鳥栖は今季、前年にFC東京を過去最高成績へと導いたイタリア人指揮官のフィッカデンティ監督を招へい。第1ステージこそ15位と低迷したが、組織的な守備が浸透した第2ステージは最終的には8位も一時3位に浮上するなど手腕を発揮した。

    勝負の2年目に向け、成立には至らなかったものの川崎FのFW小林獲得に動いたように各ポジションで補強を画策。MFではこの日、名古屋で10番を背負った小川を獲得。GKのポジションには川島がリストアップされた。

    実現すれば、人気、実力を兼ね備える選手とあって他チームにもファンにもインパクトは十分。何より鳥栖にとって大きな戦力アップとなる。語学能力の高い川島はイタリア語も習得済みで、指揮官とは直接コミュニケーションが図れる。

    鳥栖で出場機会が増えれば、来年に残り5試合となったW杯最終予選を控えるハリルジャパンにとっても追い風となりそうだ。

    スポニチアネックス / 2016年12月17日 6時48分
    http://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20161217_0077/
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/11/28(月) 07:00:02.09 ID:CAP_USER9.net
    GKの補強が急務となっている鳥栖が、ユベントスのイタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォン(38)獲得に動いていたことが28日までに複数の関係者の話で分かった。

    鳥栖は、14年シーズンからゴールマウスを守ってきたGK林彰洋(29)の流出が濃厚。後釜の獲得が不可欠となった中、来季も続投が決まっているマッシモ・フィッカデンティ監督(49)が同じイタリア人という縁もあり、かつて世界最強GKと言われたブッフォン獲得に水面下で動いていたという。

    ブッフォンはパルマのユース時代に、楢崎正剛(40=名古屋)、川島永嗣(33=メス)、権田修一(27=ホルン)ら数々の日本代表守護神を指導した経験も持つエルメス・フルゴーニ氏(68=現パルマGKコーチ)に見いだされ、95~96年シーズンに17歳の若さでセリエAデビュー。

    その後も順調に階段を上り、06年W杯ドイツ大会では母国の4度目のW杯優勝に貢献するなど、世界最強GKの呼び声をほしいままにした。今季もユベントスの不動の守護神として活躍しており、セリエA通算出場は実に640試合。イタリア代表のキャップも161を数える、言わずと知れた世界屈指の守護神だ。

    ただ、そんなブッフォンも38歳になり、イタリア地元紙では最近、ユベントスが後継者探しを始めたと報じられるようにもなった。事実、9月1日のフランス戦で史上3人目の若さでイタリア代表にデビューしたACミランのイタリア代表GKジャンルイージ・ドンナルンマ(17)の獲得に動いているとも言われている。そんな経緯も知ってか、鳥栖は日本でも絶大なる人気を誇るブッフォンの獲得にトライしたと見られる。

    関係者によれば、ユベントスからは既に不可欠な戦力として丁重に断られたという。実現すれば大きな話題を呼んだほか、日本サッカーの長年の課題とされるGK育成に関してもこの上ないお手本となっただけに、残念な結果になったと言える。
    2016-11-28_07h42_47
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000006-spnannex-socc
    スポニチアネックス 11/28(月) 6:14配信

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/02(水) 19:09:41.06 ID:CAP_USER9.net
    サガン鳥栖は2日、歌手の倖田來未さんが2017シーズンの同クラブスペシャルサポーター「勝利の女神」に就任すると発表した。

    発表によると、倖田さんは今シーズンの明治安田生命J1リーグ・セカンドステージにチサイン入りビッグフラッグをチームへ贈呈。鳥栖は「贈呈いただいた後、チームの躍進は始まりました」と記している。

    また倖田さんは「93(くみ)シート」で佐賀県内の児童クラブに通っている子どもを試合に招待するなどの活動を行ったという。

    鳥栖は「2017シーズン、倖田來未さんには様々な活動を通じてサガン鳥栖を盛り上げていただきます。詳細は決定次第、随時発表させていただきます」と伝えている。

    倖田さんの公式ツイッターでも「勝利の女神」就任が伝えられ、「チームの勝利の為、様々な取組みをして参ります」と綴られている。
    2016-11-02_20h29_55
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00510732-soccerk-socc
    続きを読む

    GettyImages-498243264-500x371
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 09:03:04.07 ID:CAP_USER9.net
    日本代表の東京DF森重真人(29)が、鳥栖から正式オファーを受けていることが29日、分かった。

    複数の関係者によると、国内では数少ない代表の先発センターバックに、高額な移籍金を用意。

    昨季までの東京を率いた鳥栖のフィッカデンティ監督から「センターバックとは思えない高い技術を持つ選手」と絶賛され、補強のターゲットになった。

    今季直前には中国クラブからオファーを受け、現在も同国の北京国安や広州富力が調査を続けている。試合の視察に訪れるなど、国内外で注目されている。

    日刊スポーツ 10/30(日) 8:01配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-01731185-nksports-socc
    続きを読む

    2015-12-15_05h38_22
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/02(土) 19:54:42.21 ID:CAP_USER*.net
     J1鳥栖の来季監督就任に基本合意しながらも急転、日本行きを断ったドイツの名将フェリックス・マガト氏(62)が1日(日本時間2日)、現地で本紙のインタビューに応じた。土壇場での交渉決裂の理由について、鳥栖フロントが主力選手を放出したことを挙げた。(聞き手・ファフ健二)

     ドイツ1部リーグ優勝3度の名将マガト氏。昨秋に鳥栖からオファーを受けた後、来日までして監督就任に基本合意したが、年末に急転決裂。何があったのか。

     「とても難しい決断だった。私は鳥栖で働きたかった。かつて日本人選手を指導し、ドイツ人のメンタリティーとうまく融合できると分かっていた。初めて鳥栖のクラブ幹部と会った時の印象は良かった。昨季リーグ11位から、今季は広島、G大阪、浦和など上位5強に挑戦できるレベルに上げたかった。だが、主将の藤田の移籍で、私にとって鳥栖で働く意味がなくなった」

     鳥栖が12月29日に主将のMF藤田直之(28)の神戸移籍を発表。他にもMF水沼宏太(25)がF東京移籍秒読みで、マガト氏の来季構想が崩れたという。

     「藤田は主力というだけでなく主将だった。鳥栖は主将を神戸に売った。他選手も鳥栖から他クラブへ移籍するので、一緒に考えた目標が見えなくなった。私は魔法使いではない。チームの骨組みがなければ、大きなチームとは戦えない。私はJリーグのエキスパートではないし、日本のサッカー事情も知らない。現状では、話し合った目標を達成する事は不可能だと判断した。せっかくドイツから日本に行くのに、10位になるためには働きたくない」

     地方クラブの鳥栖が、年俸数億円のマガト氏にオファーした時点で、J関係者の間に衝撃が走った。
    条件面での亀裂はなかったのか。

     「鳥栖は小さいクラブなので、金銭面の話は最初から全然変わらかった。お金の問題ではない。私のサラリーとは全然関係ない話だ」

     鳥栖と決裂したことで依然フリーのマガト氏。2016年はどうすごすのか。

     「今はオファーはないが、今後どこかのクラブからオファーが届けば、話は聞く。私は時々オファーをもらうが、いつも自分にとって興味のある仕事をしたいと思っている。海外でも、その条件に合った仕事があればしたいと思う」

     幻と消えた来季のマガト鳥栖。世界中で知られる名将をめぐって早速、他クラブが動き出すかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160102-00000054-sph-socc
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451732082/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 02:07:10.13 ID:CAP_USER*.net
     明治安田生命J1リーグのサガン鳥栖の監督就任の噂があったフェリックス・マガト氏だが、同クラブのオファーを拒否したようだ。30日、ドイツ『スカイ』が報じている。

     マガト氏はかつて長谷部誠が所属したヴォルフスブルク、バイエルン・ミュンヘンでブンデスリーガを優勝に導いた。来季よりサガン鳥栖の監督就任が決定的とみられていたが、まさかの破談に終わった形だ。

     マガト氏の招聘にはサガン鳥栖にとってはもちろん、欧州トップレベルを経験した指揮官のJリーグ参画は日本サッカー界のレベル向上に期待が集まっていた。この決定は小さくない影響を及ぼしそうだ。
    20151203_magath1_getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151231-00010001-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451495230/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/14(月) 23:43:35.16 ID:CAP
    過去にはバイエルン・ミュンヘンやヴォルフスブルク、シャルケなどを率いてきた名将フェリックス・マガト氏はJリーグサガン鳥栖の監督就任が合意に達したと思われていた。しかし本人いわく最終的に正式な合意があったかどうかは「覚えていない」ようだ。

    独『ビルト』が報じたところによれば、マガト氏は3日間に渡って日本に滞在し、鳥栖と交渉を行った。それは本人も認めているが、合意に関しては次のようにコメントした。

    「私が正式に日本のサガン鳥栖と合意に至ったか? それは思い出せないね。忘れたよ。でも最も重要なのはどんなサッカーを目指すかというプロジェクトに対する情熱を持てるかどうかだ。それが日本でなのか、ドイツでなのか、私にとってはあまり関係ない」

    同氏はサガン鳥栖の監督に就任する可能性を否定することはなかったが、最後まで合意をぼやかした格好となった。

    一部では年俸として3億円を要求したのではと報じられた同氏だが、仮に鳥栖への就任が決まれば日本サッカーを大きく底上げすることにも繋がることだろう。

    ドイツブンデスリーガをも制した名将の最終的な行き先が日本であってくれることを願いたい。
    2015-12-15_05h38_22
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00010035-theworld-socc
    引用元http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/mnewsplus/1450104215/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ