海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サガン鳥栖

    1: Egg ★ 2019/08/24(土) 16:40:41.41
    J1鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(35)が、23日の神戸戦(駅前不動産スタジアム)を最後に18年の現役生活に幕を下ろし

    試合後に引退セレモニーが行われ、スタジアム内で記者会見に臨んだ。一問一答は以下の通り。(4)

    -Jリーグでプレーして得たことは

    人間が持つべきリスペクトの考え方の基準が、この国の人々にあると思っている。そこを本当に学んだ。日本の人たちは自分のプライバシーを守り、一定の距離を置いて接してくれた。家族とともに遊びに行っても、距離を保ってくれた。

    人と人との関係においてのリスペクトだけでなく、場所に対しても。公園や自然が、常に清潔に保たれている。自分の子どもたちも学んだと思うし、これからも大切だと思っていくと思う。今後も日本を訪れていくと思うが、学び続けていきたい。

    -Jリーグのピッチ上で素晴らしいと感じたことは

    選手のクオリティーは非常に高いと思う。何よりも選手のクオリティーが高いのが、今後良くなっていく要素だと思う。そしてスタジアムの雰囲気は素晴らしく、自チームを応援する、そして相手のチームまでも応援するのは本当に素晴らしいと思う。

    -さまざまなチームで高いレベルのサッカーを経験し、世界を相手に戦ってきた。日本のサッカーで学んだこと、良さがあれば

    Jリーグは若いリーグ。30年弱ぐらい。クラブも若い。まだまだ良くなる要素がたくさんあって、良くならないといけない。

    自分の意見として一つ言えることは、サッカーはチームスポーツ。選手個人のクオリティーは高い。チームとしての機能を考えると、時間がかかる。そこを踏まえていかないと、良くなっていかない。何度も言うが、選手のクオリティーは高い。そこは本当に美しい。素晴らしいクオリティーを、チームとして機能させるための仕事をしていくだけだと思う。

    8/24(土) 15:37 西日本新聞
    2019-08-24_23h02_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-00010016-nishispo-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/08/23(金) 22:34:19.56
    2019明治安田生命J1リーグ第24節、サガン鳥栖vsヴィッセル神戸戦の試合後に、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの引退セレモニーが行われた。

    トーレスは「ミナサン、コンバンワ」と日本語で挨拶をすると、「一つずつ気持ちを伝えたい。まずは竹原社長。ここに来るという可能性を広げてくれて、本当に感謝している。1年前、マドリードに足を運んで、僕が日本でプレーするために多くの努力をしてくれた」と竹原稔社長への感謝を述べた。

    そして、「皆さんには、社長をはじめ、このクラブは本当に熱い気持ちを持っているということ、将来に素晴らしい夢があるということを知っておいてほしい」とサポーターへメッセージを送ると、「チームメイトのみんな、ここに来た最初の日から大きく腕を広げて迎え入れてくれて、たくさん助けてくれて本当にありがとう。昨季は降格しそうな中で、プロフェッショナルな姿勢で前向きな態度で続けてくれた。本当に感謝している」とチームメイトへ感謝の言葉を送った。

    続けて、「僕はみんなから本当に多くのことを学んだ。そしてみんなも、僕から少しでも何か学んでくれたら嬉しい。これからもこのクラブと一緒に進んでいけたらと思っている。社長とともにこのクラブが少しでも良くなるように、そしていつの日かチャンピオンになれるように働いていくよ。今度はグラウンドの外からサポートして、みなさんに力を伝えていきたいと思っている」と、今後もクラブと関わっていくことを明言した。

    最後には「日本のみなさん、僕たち家族を迎え入れてくれてありがとう。日本は本当に素晴らしい国で、常に周りへのリスペクトを持つことは人生の一つの指標になる。これからも様々な場所を訪れ、美味しいものを食べたいと思っている。本当に最後の最後まで、すべてのことにありがとう」と改めて感謝の言葉を口にし、「アリガトウゴザイマス」と日本語で締めくくった。
    2019-08-23_23h31_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00971677-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/21(水) 08:51:40.18
    サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、23日のJ1リーグ第24節ヴィッセル神戸戦を最後に現役生活に別れを告げる。引退の瞬間が刻々と近づくなか、「DAZN」公式YouTubeチャンネルでは引退発表会見の裏側に密着した映像を公開。そのなかでスペイン人ストライカーは「好きになった日本は……」と“日本愛”を口にしている。

    【動画】「まず決断を伝えたのは…」「幸せでもある」と激白! 鳥栖の元スペイン代表FWトーレスの“引退会見舞台裏”


    母国アトレチコ・マドリードでトップデビューを飾ったトーレスは「エル・ニーニョ」(神の子)の愛称で高い人気を誇り、リバプール、チェルシー、ACミランと数々のビッグクラブを渡り歩いた。昨夏に鳥栖へ加入したが熾烈な残留争いに巻き込まれて苦戦。シビアな戦いが続くなか、フォア・ザ・チームのプレーに徹してJ1残留に貢献した。

    しかし、今季は度重なる負傷離脱なども重なり現役引退を決断。6月21日の自身のSNSを通じて引退を発表すると、23日には東京都内で引退会見を開き、「古くからの友人である(アンドレス・)イニエスタ選手との直接対決。そこでサッカー人生を終えることができるということでその日に決めました。神戸にはダビド・ビジャ選手もいます。そのなかで自分ができることを全て尽くしてやっていきたい」と語っている。

    「DAZN」公式YouTubeチャンネルでは、引退発表会見の裏側を撮影した映像を公開。そのなかでトーレスは「良いことには必ず始まりと終わりがあって、これは素晴らしい18年間のフィナーレ」と語った一方、「一番苦しかったのは、引退という選択肢が頭に浮かんだ瞬間」と明かしている。

    街並みを見ながら告白 「日本といえば、まさにこの風景を想像していた。けど…」

    多くの人に愛された“神の子”は日本で18年のキャリアにピリオドを打つ。トーレス本人にとっても日本での現役引退は予想外だったという。「移籍する度に『このクラブでキャリアを終える』と思ってやってきたけど、まさか日本に来るとは想像もしていなかった」と率直な思いを口にしている。

    そんなトーレスは引退会見で移動している際、東京の街並みを見ながら「来日前は東京の印象が強くて……」と切り出し、「日本といえば、まさにこの風景を想像していた。高層ビルが並んでいて、テクノロジーやイルミネーション、人通りの多い道路がたくさん」と語る。 ところが「でも……」と続ける。

    「私が好きになった日本は、郊外や神社や日本家屋といった伝統的な日本だと気づいた。日本には期待以上のものがたくさんある」

    日本愛を口にするトーレスは「初日から温かく応援してくれた鳥栖のサポーターに感謝している。残留に貢献したF・マリノス戦のゴール、みんなで泣いたことは忘れられない。最後まで彼らと一緒に楽しみたいね」と鳥栖愛も強調した。

    キャリア最後の試合となる神戸戦で“神の子”はどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

    2019.08.20 フットボールゾーン
    https://www.football-zone.net/archives/211675

    no title

    続きを読む

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad

    1: 久太郎 ★ 2019/06/30(日) 21:28:40.89
    鳥栖 4-2 清水
    [得点者]
    09'原川 力       (鳥栖)
    14'ドウグラス      (清水)
    16'フェルナンド トーレス(鳥栖)
    20'フェルナンド トーレス(鳥栖)
    26'ヘナト アウグスト  (清水)
    65'高橋 秀人      (鳥栖)


    スタジアム:駅前不動産スタジアム
    入場者数:8,698人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/063005/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/23(日) 15:31:00.18
    6月23日、サガン鳥栖に所属する元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレスが、都内で現役引退会見を開いた。

    F・トーレスのキャリアはとても輝かしいものだ。アトレティコ・マドリー、リバプール、チェルシー、ミラン、そして鳥栖と渡り歩いたクラブシーンでは、チャンピオンズ・リーグ1回、ヨーロッパリーグ2回の優勝を経験。スペイン代表でもEURO連覇(2008、12年)と同国史上初のワールドカップ制覇(10年)に大きく貢献した。

    それだけ華々しいスター街道を歩き、11歳で入団したアトレティコではクラブのアイコンとしても崇められた男が、なぜシーズン途中、それも鳥栖がJ1リーグで最下位に沈んでいるタイミングで引退を発表したのか――。疑問を抱かずにはいられなかった。

    だが、その理由は、実にシンプルなものだった。世界の頂点に立った経験を持つがゆえに自身のパフォーマンスへ不満を抱いていたのだ。

    かつて“エル・ニーニョ(神の子)”と呼ばれた天才FWも35歳となり、身体は万全の状態ではなかった。とくに今シーズンは、右太ももを痛めたこともあり、公式戦11試合で0ゴールとチームに貢献できていないことに納得がいっていなかった。

    「常に高い意識を持ち、高いレベルでサッカーをしてきたなかで、自分の求めている(プレー)レベルに達していないのが理由の一つ。シーズンの途中ではあるが、ベストコンディションで最後までやり続けられないならば、サッカー人生を終えたいと思い、引退を決意した」

    コンディション面を理由に挙げたF・トーレスだが、日本で引退するのにはもう一つ訳がある。それは今後も鳥栖で仕事を続けるからだ。

    「選手として引退はするが、クラブを離れるつもりはない。アドバイザーとして残るよ。日本のサッカーを世界に広げていくことに貢献したい」と、セカンドキャリアへの野心を口にし、その具体的なプランを明かした。

    「まずは組織改革に取り組みたいと思っている。特にユース、若手の育成に目を向けたいんだ。鳥栖のユースには素晴らしいプレーヤーがいるから、そういった選手たちをどんどん成長させて、クラブを大きくしたい。そして、ポジティブな人たちと働き、改革をしていきたい。ネクストステップを考えて行動したい。アドバイザーとしての仕事はチームのためにできることを全てしたい」

    会見に同席した鳥栖の竹原稔社長も「まずは世界のサッカーファミリーに(ラストマッチに決まった)8月23日の神戸戦をしっかり見てほしいという思いがある。未来はこれからもフェルナンドとともにある」と明言し、今後も“共闘”していくことを誓った。

    スペイン・サッカー界が生んだカリスマは、この先、日本サッカーにいかなる功績を残すのか――。「改革していきたい」と凛々しくセカンドキャリアを展望した男の力強い言葉には、並々ならぬ闘志が感じられた。

    サッカーダイジェスト6/23(日) 13:45
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190623-00060508-sdigestw-socc

    no title

    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/06/23(日) 11:39:10.91
    サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが23日、東京都内で現役引退会見に出席した。

    2018年にアトレティコ・マドリーから鳥栖入りしたF・トーレスは21日、「エキサイティングな18年間を過ごした後、僕のフットボールキャリアの幕を閉じる時が来た」と現役引退を表明。そして23日、引退会見に出席したF・トーレスは、「私はサッカー選手としての人生を引退します。ラストマッチは8月23日のヴィッセル神戸戦です」と、明治安田生命J1リーグ第24節、ホームでのヴィッセル神戸戦が自身の引退試合になることを明かした。

    また、その理由としては「古くからの友人であるイニエスタとの直接対決を、それを日本でできるということで決めました。神戸には友人でW杯を共に戦ったダビド・ビジャもいます。最後の試合で自分ができることを尽くしながらやりたいと思います」と話した。

    また、引退理由として、F・トーレスは「自分の中でサッカーのパフォーマンスに対するレベルというものがあります。引退を決めた理由は、自分のベストのレベルに到達できていないのではないかという疑問点があったからです。自分がベストのコンディションで最後までやり続ける、そこに到達できなくなるのであれば、自分の今のレベルでサッカー人生を終えたいと思い、引退を決意しました」と語った。

    現在35歳のF・トーレスは、2001年に17歳でアトレティコ・マドリーのトップチームデビュー。2007年夏に移籍したリヴァプールで4シーズンにわたって活躍した後は、チェルシー、ミランと渡り歩き、2015年1月にレンタルでアトレティコに復帰した。2016-17シーズンに完全移籍すると、翌シーズンにはヨーロッパリーグ制覇を経験。2018年からは鳥栖で新たな挑戦をしていた。

    また、F・トーレスはスペイン代表としても長く活躍。2006年のドイツ大会から3大会連続でワールドカップ出場を記録し、2010年の南アフリカ大会では史上初の優勝に貢献。同じく2004年から3大会連続で出場したEUROでも2008年、2012年大会の連覇を経験した。

    GOAL 6/23(日) 10:26
    2019-06-23_15h44_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00010014-goal-socc

    続きを読む

    2ada20e8-5a8e-611c-07b8-37fe3dbf9e1b

    1: 幻の右 ★ 2019/06/21(金) 14:23:24.95
    フェルナンド・トーレス選手 現役引退のお知らせ
    この度、本人のSNSでも報告がありました通り、フェルナンド・トーレス選手が今シーズンをもちまして現役を引退することになりましたのでお知らせいたします。なお、時期などの詳細につきましては後日発表いたします。

    SAGANTOSU
    Official Web Site
    https://www.sagan-tosu.net/news/p/3967/

    本人Twitter
    https://twitter.com/Torres/status/1141934249362124801

    I have something very important to announce. After 18 exciting years, the time has come to put an end to my football career. Next Sunday, the 23rd at 10:00AM, local time in Japan, I will have a press conference in Tokyo to explain all the details.See you there. https://t.co/WrKnvRTUIu

    動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1141933997859020800/pu/vid/960x540/myWHHIMGCD-h9ZL6.mp4


    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/21(金) 06:40:43.50
    元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)が、今夏にも鳥栖を退団する可能性が高いことが20日までに分かった。

    複数の関係者によれば、トーレスは負傷などもあり、なかなか状態が上がらないコンディション面での問題を抱えていた。約1年で日本を去る可能性を、優先順位の高い選択肢に入れているという。

    スペイン代表で10年W杯南アフリカ大会を制すなど輝かしい経歴を持つストライカーは昨年7月に鳥栖に電撃加入。

    同時期に神戸に加入したMFイニエスタらとともにJリーグに新風を吹かせた。加入2シーズン目の今季は、トーレス自身の強い希望もあり、クラブはスペイン人指揮官のカレーラス氏を招へい。

    だが、トーレスはケガにも悩まされて先発はわずか6試合。カレーラス氏は5月に成績不振で解任された。複数の関係者によれば、トーレスは古傷の右膝の状態もあり、引退も視野に入れているようで、8月23日のホームでの神戸戦がラストゲームになる可能性もあるという。
    2019-06-21_07h11_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00000001-spnannex-socc
    6/21(金) 5:00配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/09(日) 06:10:18.76
    先月、サガン鳥栖を退団したスペイン人監督ルイス・カレーラス氏が、同クラブでの日々や、日本のフットボール文化について語っている。

    2018年12月にFWフェルナンド・トーレスらを擁する鳥栖の監督に就任したものの、今季Jリーグ開幕からの成績が1勝1分け8敗と振るわず、先月に退任したカレーラス氏。地元カタルーニャのメディア『espotiu maresme』とのインタビューに応じた同氏は、鳥栖が忍耐強くなかったために、消化不良のまま日本を去ったと、若干の不満を漏らしている。

    「チームを率い続けられなかったことは悲しい。しかし、フットボールでは結果がすべてなんだ。クラブは様々な変化を求めて私を招へいしたが、しかし実際には、深いところでは変化など求めていなかったんだよ。彼らは最下位から脱することができないことに恐怖し、辛抱強くなかった……。昨季は最後の試合で残留を果たしたというのに」

    しかしながら、日本のフットボール文化には感銘を受けたこともあったようだ。

    「短い時間ではあったものの、とても充実し、なおかつ激しい経験だった。日本で、フットボールはお祭りなんだよ。試合前、試合中、試合後とね」

    「プレーする前にも挨拶をして、イベントもある……。すごい大騒ぎだよ。そして試合中、応援やチャントの声が止むことはない。勝っていようが、負けていようがね。さらに試合後には挨拶のためにピッチ中を歩き回り、ファンへの敬意を示す。このすべてが、あそこにある文化なんだ」

    その一方で、日本のフットボールの質が、欧州や南米のものとは大きく異なることも強調した。

    「欧州や南米とは相当に違う。日本では、すべてに説明が必要となるんだよ。彼らはオートマティックに事を進めていく。脚本から逸脱したり、即興的にプレーすることが苦手で、彼らにとってゲームの流れを読むことや、イニシアチブを握ることはかなり難しいんだ」

    「その一方で、彼らはとても規律正しく、懸命に働く。だからフィジカル面で言えば、とても激しく、力強いね」
    2019-06-09_11h26_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00010020-goal-socc
    6/8(土) 21:50配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ