海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーアルゼンチン代表

    1: Egg ★ 2019/03/23(土) 07:23:59.07
    フル出場を果たしたメッシだったが、決定的なシーンに絡んだのはL・マルティネスの得点を含めても片手で数える程度。その存在感が希薄だったことは否めなかった。 

    現地時間3月22日、アルゼンチン代表はスペインのマドリードにあるアトレティコ・マドリーの本拠地ワンダ・メトロポリターノで、ベネズエラ代表との一戦に臨み、1-3で敗戦した。

    この試合で大きな注目を集めていたアルゼンチンのエース、リオネル・メッシは先発出場。昨年6月30日に行なわれたロシア・ワールドカップのラウンド・オブ16のフランス戦で敗戦を喫してから代表での活動を休止していた男が、約8か月ぶりにセレステ・イ・ブランコ(アルゼンチン代表の愛称)の10番としては久しぶりのピッチに立った。

    しかし、試合の均衡を破ったのはベネズエラだった。6分、左サイドを攻め上がったロサレスのロングボールを敵ゴール前で受け取ったロンドンが華麗なトラップから右足での豪快シュートを突き刺した。

    早々に出鼻を挫かれたアルゼンチンは、メッシを中心に自陣に引いて守備的に振る舞ったベネズエラを押し込んで主導権を握る。

    だが、ロシア・ワールドカップ後に発足したスカローニ体制で初めてプレーするメッシは、周囲との連携不足の感が否めず……。それでも37分に、右サイドからカットインしてから狙いすましたシュートを放ったが、これも相手GKに阻まれて得点には至らなかった。

    アルゼンチンが閉塞感を打破できずにいると、ベネズエラは44分に左サイドから仕掛けたムリージョが見事なミドルシュートを決めて追加点をゲット。そのまま2点をリードして前半を折り返した。
     
    迎えた後半も攻勢を強めたアルゼンチンは59分についに攻撃を結実させる。敵CKのルーズボールを拾ったメッシがハーフウェーライン付近から左サイドへスルーパス。これを受けたロ・チェルソがゴール前へクロスを供給し、最後は走り込んだL・マルティネスがゴールへねじ込んだ。

    一気に勝ち越したいアルゼンチンだったが、三度、ベネズエラにゴールを奪われてしまう。75分、21歳の若手CBフォイが相手MFマチスを倒して痛恨のPKを献上。これをJ・マルティネスに難なく決められてしまったのだ。

    3失点目を喫した直後にゲームメイクが期待できるペレイラを入れて、攻撃に厚みを持たせたアルゼンチンだったが、プレスバックをして逃げ切り態勢を固めたベネズエラの守備を最後まで打ち破れずに逃げ切られてしまった。

     試合後、攻撃の形を全く作れないまま、成す術なく敗れた母国代表について、アルゼンチンの全国紙『Ole』は、「まったくもってめちゃくちゃだ」と酷評。さらに不発に終わった背番号10についても「ベネズエラがお祭りムードの中、一人嘆いたメッシは自らの帰還を祝えなかった」と期待外れに終わったことを綴った。

    来る6月のコパ・アメリカを前に大きな不安を残す敗戦を喫したアルゼンチン。26日にタンジェで行なわれるモロッコとの親善試合ではメッシの離脱が決まっているが、はたして、いかなる結果を手にできるだろうか。

    3/23(土) 7:03 サッカーダイジェスト
    2019-03-23_08h58_11
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190323-00056045-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/08(金) 12:18:52.06
    バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、再び代表メンバーにその名を連ねた。アルゼンチンサッカー協会は7日、国際親善試合に向けたメンバー31名を発表した。

    アルゼンチン代表は、昨年ロシアで行われたワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、フランスに3-4と惜敗し大会から姿を消した。その後、A代表で主要タイトルを一つも獲れず批判を浴びたメッシは、代表での活動を一時的に休止すると表明していた。そのため今回はW杯以来の代表招集となった。

    招集メンバーには、メッシの他にもMFアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)やFWパウロ・ディバラ(ユヴェントス)が名を連ねた。一方で、FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)やFWゴンサロ・イグアイン(チェルシー)は選外となった。

    なお、アルゼンチン代表は23日にベネズエラ代表と、27日にモロッコ代表と親善試合を行う予定となっている。

    ■アルゼンチン代表招集メンバー
    ▼GK
    アグスティン・マルチェシン(クラブ・アメリカ/メキシコ)
    フアン・ムッソ(ウディネーゼ/イタリア)
    エステバン・アンドラダ(ボカ・ジュニオルス)
    フランコ・アルマーニ(リーベル・プレート)

    ▼DF
    ヘルマン・ペッセージャ(フィオレンティーナ/イタリア)
    ガブリエル・メルカド(セビージャ/スペイン)
    フアン・フォイス(トッテナム/イングランド)
    ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C/イングランド)
    ワルテル・カンネマン(グレミオ/ブラジル)
    ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス/オランダ)
    マルコス・アクーニャ(スポルティング/ポルトガル)
    ゴンサロ・モンティエル(リーベル・プレート)
    レンソ・サラビア(ラシン・クラブ)
    リサンドロ・マルティネス(デフェンサ・イ・フスティシア)

    ▼MF
    レアンドロ・パレデス(パリ・サンジェルマン/フランス)
    グイド・ロドリゲス(クラブ・アメリカ/メキシコ)
    ジオヴァニ・ロ・チェルソ(ベティス/スペイン)
    マヌエル・ランツィーニ(ウェストハム/イングランド)
    ロベルト・ペレイラ(ワトフォード/イングランド)
    アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス)
    マティアス・サラーチョ(ラシン・クラブ)
    イヴァン・マルコーネ(ボカ・ジュニオルス)
    ドミンゴ・ブランコ(デフェンサ・イ・フスティシア)
    ロドリゴ・デ・パウル(ウディネーゼ/アルゼンチン)

    ▼FW
    リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)
    ゴンサロ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド/アメリカ)
    パウロ・ディバラ(ユヴェントス/イタリア)
    アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリード/スペイン)
    ラウタロ・マルティネス(インテル/イタリア)
    ダリオ・ベネデット(ボカ・ジュニオルス)
    マティアス・スアレス(リーベル・プレート)

    3/8(金) 10:49配信 サッカーキング
    2019-03-09_09h41_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00915552-soccerk-socc

    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1: 風吹けば名無し 2019/02/18(月) 23:32:57.94
    マルコスロホ
    ファシオ
    メルカド
    オタメンディと普通に一流だよな
    2: 風吹けば名無し 2019/02/18(月) 23:33:26.30
    せやで
    4: 風吹けば名無し 2019/02/18(月) 23:33:45.86
    オタメンディほんま荒いわ

    5: 風吹けば名無し 2019/02/18(月) 23:34:18.97
    今回は微妙
    昔はサムエルやらサネッティやら有能やった
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/07/05(木) 16:27:19.64 ID:CAP_USER9.net
    2018 FIFAワールドカップ ロシアの決勝トーナメント1回戦でフランス代表に3-4と敗れ、敗退が決まったアルゼンチン代表。ホルヘ・サンパオリ監督は指揮継続へ意欲を見せているが、采配への批判も高まっており、退任の可能性が高いと見られている。

    そして今回の報道によると、サンパオリ監督の後任候補にグアルディオラ氏が浮上しているという。バルセロナ時代にはFWリオネル・メッシとともに数多くのタイトルを獲得していおり、アルゼンチン代表にとってはうってつけの指揮官と言えそうだ。就任が実現した場合、ロシアW杯を最後に代表でのプレーに終止符を打つとも予想されているメッシをとどめることも可能になるかもしれない。

    とはいえ、グアルディオラ監督は今年5月、マンチェスター・Cとの契約を2020-2021シーズンまで延長している。2017-18シーズンはプレミアリーグを制覇。史上最多となる勝ち点「100」、史上最多勝利数(38試合で32勝)、史上最多得点数(106)を記録し、圧倒的な強さを誇示した。さらなるチーム強化とタイトル獲得を見据えているはずで、アルゼンチン代表指揮官就任の可能性は低いだろう。

    なおアルゼンチンサッカー協会は、年俸1200万ユーロ(約15億5000万円)の4年契約を提示することとなるようだ。2030年までの契約を締結しているアルゼンチン代表のスポンサー、テレビ局『Torneos』が財政面で支援することとなる。
    2018-07-05_17h58_05
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00789464-soccerk-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/07/04(水) 23:47:58.32 ID:CAP_USER9.net
    2018年7月4日 17時50分

    アルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏がアルゼンチン代表の次期監督に立候補した。『ESPN』が報じている。

    現役時代、アルゼンチン代表として1982年から4大会連続でW杯に出場。母国を優勝に導いた1986年大会では、準々決勝イングランド代表戦で“神の手”ゴールと“5人抜き”ゴールの伝説を残した。引退後は、指導者の道に進み、2010年大会でアルゼンチンを指揮したが、準々決勝で敗れ、大会後に解任となった。

    ホルヘ・サンパオリ監督のもと、ロシアW杯に臨んだアルゼンチンは、グループリーグで苦戦を強いられ、1分1敗で迎えた最終節ナイジェリア戦を2-0で制し、辛くも決勝トーナメント進出を決めた。しかし、決勝トーナメント1回戦でフランスに3-4で競り負け、ベスト16で姿を消した。

    『デ・ラ・マノ・デル・10』に出演したマラドーナ氏は、アルゼンチンサッカー協会から就任要請が届いたらどうするか問われ、「ああ、無料で私が引き受けるよ。見返りは何も求めない」と即答。「多くの努力があって築かれてきたすべてのものが余りにも簡単に破壊され、嫌な気分にさせられた」と、母国の立て直しに努めたいと語った。

    果たして再びマラドーナ氏がアルゼンチンの指揮を執ることになるのだろうか。
    2b11f_1419_b2de77974c17ed74f7d72075f351d86e
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14962785/
    続きを読む


    368: 豆次郎 ★ 2018/07/01(日) 00:55:30.84 ID:CAP_USER9

    7/1(日) 0:53配信
    19歳ムバッペが圧巻2発! フランス、アルゼンチンとの打ち合い制しベスト8進出

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦が6月30日に行われ、フランス代表とアルゼンチン代表が対戦した。

    グループC首位で2大会連続ベスト16のフランスと、苦しみながらも逆転突破を果たしたグループD2位のアルゼンチンが激突。フランスはキリアン・ムバッペ、オリヴィエ・ジルー、アントワーヌ・グリーズマンの3トップで、ポール・ポグバやエンゴロ・カンテらも先発出場となった。

    対するアルゼンチンはエースのリオネル・メッシ、アンヘル・ディ・マリア、クリスティアン・パボンが3トップを形成し、ゴンサロ・イグアイン、セルヒオ・アグエロ、パウロ・ディバラら豪華メンバーがベンチスタート。GKはグループ3戦目で代表デビューのフランコ・アルマーニが務める。

    開始13分、フランスが先に試合を動かす。自陣でルーズボールを拾ったムバッペが、スピードに乗ったドリブルで一気にエリア内へ突破すると、マルコス・ロホに倒されてPKを獲得。これをグリーズマンが冷静にゴール左に決めて先制点を挙げた。失点したアルゼンチンはなかなか反撃が実らなかったが、41分にエリア手前中央でパスを受けたディ・マリアが相手の隙きを突いて左足を一閃。豪快なシュートを右サイドネットに突き刺し、同点に追いついた。

    さらにアルゼンチンは後半の立ち上がり48分、メッシがエリア内右からシュートを放つと、ゴール前に残っていたガブリエル・メルカドが左足でコースを変えてゴールネットを揺らし、逆転に成功した。しかしリードは長く続かず、フランスも57分に反撃を実らせる。左サイドを駆け上がったリュカ・エルナンデスのクロスから、ファーで待ち構えていたベンジャマン・パヴァールがダイレクトで右足を振り抜き、鮮やかなボレーシュートをゴール左上隅に沈めた。

    試合が再び動いたのは64分、エリア内でこぼれ球を拾ったムバッペがゴール左に切り込み左足シュートを決めて、フランスが再びリード。さらに68分には、素早い攻撃からジルーのラストパスを受けたムバッペがエリア内右からシュートを沈めて追加点。GKウーゴ・ロリスからわずか13タッチでゴールを奪い、大きな2点リードを得た。

    後半アディショナルタイム3分、メッシのクロスから途中出場のセルヒオ・アグエロがヘディングシュートを決め、アルゼンチンが1点差とするが、試合はこのままタイムアップ。フランスが4-3で勝利し、2大会連続のベスト8入り。敗れたアルゼンチンは4大会連続の準々決勝進出を逃した。勝ち進んだフランスは、7月6日にウルグアイ代表とポルトガル代表の勝者と対戦する。

    【スコア】
    フランス代表 4-3 アルゼンチン代表

    【得点者】
    1-0 13分 アントワーヌ・グリーズマン(PK)(フランス)
    1-1 41分 アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)
    1-2 48分 ガブリエル・メルカド(アルゼンチン)
    2-2 57分 ベンジャマン・パヴァール(フランス)
    3-2 64分 キリアン・ムバッペ(フランス)
    4-2 68分 キリアン・ムバッペ(フランス)
    4-3 90+3分 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)
    2018-07-01_01h01_11

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00786983-soccerk-socc

    続きを読む

    Dg8giDQX0AEdHU2


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/27(水) 05:58:40.27 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップは26日にグループDの試合が行われ、ナイジェリアとアルゼンチンが対戦。アルゼンチンが2-1で勝利した。リオネル・メッシは試合後、喜びを爆発させた。

    勝利が絶対条件の中で、ナイジェリアとの最終節を迎えたアルゼンチン。立ち上がりから気持ちを見せると、14分にメッシが先制点を挙げる。その後追いつかれ、このまま終了かと思われたが、87分にマルコス・ロホが決勝点を挙げ、逆転で決勝トーナメント進出を決めた。

    試合後、メッシは喜びを爆発させている。

    「僕らはこの試合の勝利を信じていた。こうやって勝てたのは最高だね。十分に値する喜びだよ」

    「神がともにあることを知っていた。神が僕らを敗退に追い込むことはないということもね。すべてを犠牲にしたここにいるみんな、そしてアルゼンチンにいるすべての人に感謝したい。このシャツはなによりも上なんだ」

    逆転でグループ突破を決めたアルゼンチン。決勝トーナメント1回戦では、グループC首位のフランスと激突する。

    6/27(水) 5:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000048-goal-socc

    写真


    続きを読む

    1:風吹けば名無し:2018/06/27(水) 04:45:54.63 ID:n/8nYhqwd.net
    これはあかん
    2:風吹けば名無し:2018/06/27(水) 04:46:38.41 ID:wnqzdk8q0.net
    一瞬で切り替えられてて草生えたわwwww
    3:風吹けば名無し:2018/06/27(水) 04:46:51.25 ID:snqsU9iGd.net
    これはガチで問題になる
    6:風吹けば名無し:2018/06/27(水) 04:47:24.00 ID:9MLzLZ5q0.net
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/27(水) 04:54:05.91 ID:CAP_USER9
    6/27(水) 4:53配信
    メッシが待望の初ゴール、ロホが決勝弾! アルゼンチンが劇的勝利で決勝T進出!

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が26日に行われ、ナイジェリア代表とアルゼンチン代表が対戦した。


    勝ち点3で2位につけるナイジェリアは勝てばグループステージ突破が決定。引き分けの場合は、同時刻開催のアイスランド代表対クロアチア代表戦の結果次第となる。一方、2戦未勝利で勝ち点1のアルゼンチンは勝利が絶対条件。そのうえでアイスランドが勝ち点を落とす、もしくは勝ち点で並んだ上で得失点差で上回ることができれば、決勝トーナメント進出となる。

    先制したのはアルゼンチン。14分、ロングボールでディフェンスラインの裏に抜け出したリオネル・メッシが絶妙なトラップでペナルティエリア内右に持ち込み、右足のシュートをゴール左に蹴り込んだ。ここまで苦しんできたエースの今大会初ゴールでアルゼンチンが早い時間にリードを得る。

    1点ビハインドのナイジェリアは後半立ち上がりに大きなチャンスを迎える。49分、CKの競り合いの中でレオン・バログンがハビエル・マスチェラーノに倒されると、主審はPKの判定。51分、このPKをヴィクター・モーゼスが冷静にゴール右に流し込み、1-1の同点に追いついた。

    再び1点が必要になったアルゼンチンはなかなか得点を奪うことができずに終盤を迎えたが、87分に猛攻が実る。右サイドから鋭いクロスが上がると、エリア内に走り込んだマルコス・ロホがダイレクトで合わせる。このシュートがゴール右に決まり、アルゼンチンが勝ち越しに成功した。

    試合はこのままタイムアップを迎え、アルゼンチンが2-1で勝利。同時刻の試合でアイスランドがクロアチアに敗れたため、アルゼンチンが2位に浮上し、逆転で決勝トーナメント進出を決めた。

    アルゼンチンは決勝トーナメント1回戦でC組1位のフランス代表と対戦する。

    【スコア】
    ナイジェリア代表 1-2 アルゼンチン代表

    【得点者】
    0-1 14分 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
    1-1 51分 ヴィクター・モーゼス(PK)(ナイジェリア)
    1-2 87分 マルコス・ロホ(アルゼンチン)
    2018-06-27_05h05_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00784805-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ