海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーアルゼンチン代表

    no title

    1:風吹けば名無し:2018/06/16(土) 23:56:43.63 ID:wfMi0zVax.net
    相手からしたらメッシを潰せばええだけやん
    2:風吹けば名無し:2018/06/16(土) 23:57:00.08 ID:qE+PuAHN0.net
    作戦があまりにも無能すぎる
    4:風吹けば名無し:2018/06/16(土) 23:57:07.22 ID:urHASbOB0.net
    ほんこれ
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/17(日) 07:11:42.48 ID:CAP_USER9.net
    攻めに攻めたアルゼンチンだったが…。

    【6月16日・モスクワ|グループD アルゼンチン 1-1 アイスランド】

    ボール支配率78%、総シュート数27本。守勢に回ったアイスランドに対して、攻めに攻めたアルゼンチンだったが、最後までゴール前に表われた巨壁を打ち壊すことはできなかった。

    スタートは良かった。19分に敵ペナルティーエリア内で楔のパスを受け取ったセルヒオ・アグエロが反転しながら強烈なシュートで豪快にネットを揺らした。

    しかし、課題の守備陣がすぐさま粗を出す。23分、右サイドで数本のパスを繋がれて右サイドを崩されると、最後はGKウィリー・カバジェロがボールを掴みきれずにこぼれ球を、アルフレッド・フィンボガソンに押し込まれた。

    そこから一方的に攻め込んだアルゼンチンに一大チャンスが訪れたのは、タイスコアで迎えた64分だった。相手ゴール前でマキシミリアーノ・メサがヘルドゥル・マグヌソンに倒されてPKを得るも、ここでキッカーを務めた大黒柱のリオネル・メッシがまさかの失敗。アイスランドの守護神ハンネス・ハルドールソンに完全にコースを読まれ、弾き出された。
     
    背番号10のPK失敗が仇となり、アルゼンチンはアイスランドとドロー。試合前の下馬評を考えても痛恨の一戦となったことは言うまでもない。

    格下と見られていた相手に躓いたアルゼンチン代表に母国メディアも嘆き節が止まらない。

    アルゼンチン全国紙『Ole』は、「なんてPKだ! メッシはたった11mの距離(PKの距離)でさえ決めることができなかった」と銘打って、千載一遇のチャンスを逃したエースと代表チームを非難した。

    「PKもダメ、速攻での流動的なランニングもない、効果的なライン間のパスもない、左足も、右足もダメ…。最後までメッシには何もなかった。アイスランドが示した戦術的なスキルに苦しんで勝利を逃した。チームもアグエロの偉大な個人技によってゴールをこじ開けたが、リードを長く保てなかった。この日のアルゼンチンは細かいミスを何度も犯した。本当に残念だ!」

    ドロースタートのアルゼンチンは、立ち直ることができるのか。21日に行なわれる次戦の相手は、グループリーグ最大のライバルと目されているクロアチアだ。

    写真


    サッカーダイジェスト6/17(日) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180617-00042263-sdigestw-socc
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/16(土) 23:55:02.97 ID:CAP_USER9
    6/16(土) 23:54配信
    メッシのPKをストップ! 初出場アイスランド、アルゼンチンと価値あるドロー

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が16日に行われ、アルゼンチン代表とアイスランド代表が対戦した。

    1986年大会以来の優勝を目指すアルゼンチンはリオネル・メッシ、アンヘル・ディ・マリアらがスタメン入り。ホルヘ・サンパオリ監督が前日会見で発表した通りの11名となった。初出場のアイスランドはアルフレズ・フィンボガソンが1トップに入る4-5-1の布陣で臨む。

    19分、攻め上がったマルコス・ロホがグラウンダーで早いボールを中に入れると、セルヒオ・アグエロが反転から左足を振り抜く。このシュートがゴール左隅に決まり、アルゼンチンが先制した。対するアイスランドは5分後の24分、右サイドからクロスを入れると、GKウィリー・カバジェロが弾いたボールをアルフレズ・フィンボガソンが押し込んで、すぐさま同点とする。

    後半に入り64分、ホロドゥル・マグヌソンがエリア内でアグエロを倒し、アルゼンチンにPKが与えられる。しかし、メッシのPKはGKハンネス・ソール・ハルドーソンがセーブした。

    試合は1-1で終了。次戦は21日、アルゼンチンはグループD第2戦でクロアチア代表と対戦。価値ある勝ち点1を獲得したアイスランドは翌22日にナイジェリア代表と対戦する。

    【スコア】
    アルゼンチン代表 1-1 アイスランド代表

    【得点者】
    1-0 19分 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)
    1-1 24分 アルフレズ・フィンボガソン(アイスランド)
    GettyImages-976168714-500x333
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00777655-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/22(火) 06:07:33.21 ID:CAP_USER9
    アルゼンチンサッカー協会(AFA)は21日、ロシアW杯に向けたアルゼンチン代表の暫定メンバー23名を発表した。

    AFAは14日に予備登録メンバー35名を発表しており、その中からFWリオネル・メッシ(バルセロナ)やFWパウロ・ディバラ(ユベントス)、4月に膝の手術に踏み切ったFWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)らがメンバー入り。

    その一方で、今季セリエAで29ゴールを挙げて得点王に輝いたFWマウロ・イカルディ(インテル)など12人が外れた。

    ホルヘ・サンパオリ監督率いる前回準優勝のアルゼンチンは南米予選を3位で突破し、12大会連続17回目の出場。本大会ではグループDに所属し、6月16日にアイスランド、21日にクロアチア、26日にナイジェリアと対戦する予定となっている。

    以下、アルゼンチン代表メンバー

    ▽GK
    セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・U)
    ウィリー・カバジェロ(チェルシー)
    フランコ・アルマニ(リバー・プレート)

    ▽DF
    ガブリエル・メルカド(セビージャ)
    クリスティアン・アンサルディ(トリノ)
    ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C)
    フェデリコ・ファシオ(ローマ)
    マルコス・ロホ(マンチェスター・U)
    ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス)
    マルコス・アクーニャ(S・リスボン)

    ▽MF
    ハビエル・マスチェラーノ(河北華夏)
    エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)
    ルーカス・ビリア(ミラン)
    ジョバニ・ロ・セルソ(パリSG)
    エベル・バネガ(セビージャ)
    マヌエル・ランシーニ(ウエスト・ハム)
    マクシミリアーノ・メサ(インデペンディエンテ)
    アンヘル・ディ・マリア(パリSG)
    クリスティアン・パボン(ボカ・ジュニアーズ)

    ▽FW
    リオネル・メッシ(バルセロナ)
    パウロ・ディバラ(ユベントス)
    ゴンサロ・イグアイン(ユベントス)
    セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

    ゲキサカ 5/22(火) 3:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-01654090-gekisaka-socc

    写真
    20180522-01654090-gekisaka-000-view

    続きを読む

    2018-03-28_08h37_15

    1:数の子 ★:2018/03/28(水) 06:30:36.97 ID:CAP_USER9.net
    国際親善試合 スペイン 6-1 アルゼンチン(試合終了)

    スペインはイスコの3得点、ジエゴ・コスタ、チアゴ・アルカンタラ、イアゴ・アスパスの得点で快勝。リオネル・メッシが欠場したアルゼンチンはニコラス・オタメンディの得点のみ。
    http://web.ultra-soccer.jp/match/score?mid=34811&tmid=1
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/24(土) 12:01:33.29 ID:CAP_USER9.net
    [3.23 国際親善試合 アルゼンチン2-0イタリア]

    国際親善試合が23日に各地で開催された。マンチェスター・シティの本拠地エティハド・スタジアムでは、アルゼンチン代表とイタリア代表が対戦し、2-0でアルゼンチンが勝利した。

    2014ブラジルW杯で準優勝のアルゼンチンは、代表復帰のFWゴンサロ・イグアイン、MFアンヘル・ディ・マリオらが先発に名を連ねた一方、FWセルヒオ・アグエロが負傷により欠場。FWリオネル・メッシはベンチスタートとなった。60年ぶりにW杯出場を逃したイタリアは、代表引退を撤回したGKジャンルイジ・ブッフォンが先発起用された。

    試合はアルゼンチンが押し込む展開に。前半17分、ディ・マリアの左CKからDFニコラス・オタメンディがヘディングシュートを放つが、GKブッフォンが好セーブ。44分にもPA左からDFニコラス・タグリアフィコが強烈な左足シュートを放ったが、これもGKブッフォンに阻まれた。

    イタリアは後半3分に決定機。相手のパスミスからボールを奪ったFWチーロ・インモビーレがPA右手前まで運んで横パス。フリーとなっていたFWロレンツォ・インシーニェがトラップから右足を振り抜いたが、惜しくもゴール右に外れてしまった。

    その後も互いにシュートまで持ち込むが、守護神の活躍で均衡した状況が続く。だが、後半30分にスコアが動いた。アルゼンチンはMFジョバニ・ロ・セルソとのワンツーからペナルティーアーク内に侵入したMFエベル・バネガが左足を一閃。GKブッフォンも動けず、先制のゴールネットを揺らした。

    さらにアルゼンチンは後半40分、カウンターからイグアインがボールを運び、PA左手前でパスを受けたMFマヌエル・ランシーニが右足シュートを決め、2-0。アルゼンチンが“カテナチオ”の国イタリアから2ゴールを奪い、完封勝ちをおさめた。なお、アルゼンチンは27日にスペイン代表と対戦。イタリアはイングランド代表と戦う。
    2018-03-24_13h10_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-01651878-gekisaka-socc
    続きを読む

    lgf01a201307021900

    1:名無し募集中。。。:2018/03/02(金) 10:53:42.64 ID:0.net
    2代目マラドーナのがっかり感
    2:名無し募集中。。。:2018/03/02(金) 10:55:26.30 ID:0.net
    メッシ頼り
    3:名無し募集中。。。:2018/03/02(金) 10:55:44.49 ID:0.net
    世界的スーパースターがいるわりにあんまり強くない
    続きを読む

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/12/05(火) 10:51:40.730 ID:JhDwpkfjd.net
    リオネル・メッシ
    セルヒオ・アグエロ
    マウロ・イカルディ
    ディ・マリア
    パウロ・ディバラ

    超絶一流選手しかいなくてワロタ…

    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2017/11/16(木) 17:13:58.77 ID:CAP_USER9.net
    ナイジェリアに敗戦で激怒のマラドーナ氏「俺に監督をやらせろ!」
    17/11/16 12:06
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?230996-230996-fl



    母国の不甲斐なさ?に激怒のマラドーナ氏

    元アルゼンチン代表監督のディエゴ・マラドーナ氏が“再登板”へ意欲をみせた。『ESPN』が伝えている。

    アルゼンチン代表は今月14日に行われた国際親善試合でナイジェリア代表に2-0からの逆転を許し、2-4で敗れた。この結果を受けて、激怒したのがマラドーナ氏だ。

    「誰ならもっと勝てるかって? 結論を下そうじゃないか。俺は怒っている。威厳もへったくれもあったもんじゃない。だが選手たちは悪くない。俺に監督をやらせろ!!!」と綴った。

    歴代監督のなかで、もっとも勝率の良いマラドーナ氏。当時は24試合で18勝6敗として、75%の勝率を誇った。

    なお、2位は29試合で74%の勝率を叩き出したヘラルド・マルティーノ監督。その後ろには41試合で72%の勝率としたアレハンドロ・サベーラ監督。

    ともに68試合で指揮を執り、勝率70%のアルフィオ・バシーレ監督とマルセロ・ビエルサ監督が続いている。
    続きを読む

    1:湛然 ★:2017/11/16(木) 04:58:06.22 ID:CAP_USER9.net
    11/16(木) 4:53 スポーツ報知

    ハリル・ジャパン、来年3月にアルゼンチン戦浮上 12・1抽選会後に本格調整

    ハリル・ジャパンが、世界最高FWメッシとの対戦を経てW杯に出陣する。日本が予定しているW杯前最後の国際Aマッチ期間(来年3月19~27日)の親善試合2試合のうち、1試合の対戦候補にアルゼンチンが浮上した。欧州サッカーの関係者が「ヨーロッパのある国がアルゼンチン側に3月の親善試合を申し込んだところ『日本との対戦で調整しているので』と断られたと聞いています」と語った。

    W杯優勝2回を誇るアルゼンチン代表は南米予選で、敗退圏の6位で迎えた最終節で3位に滑り込むなど苦戦した。だが、同節で神懸かり的なハットトリックを決めて12大会連続17度目のW杯に導いたメッシの力は健在。イグアイン(ユベントス)、アグエロ(マンチェスターC)と強力な攻撃陣をそろえ、日本にとっては14日の親善試合ベルギー戦(0●1)で得た守備への手応えを試すチャンスだ。

    ハリル・ジャパンは10日には、ブラジル代表に1―3と実力差を見せつけられ完敗した。南米勢はW杯で1分け3敗と苦手にしており、個人技に優れるアルゼンチンとのテストマッチは、W杯本番での躍進に向けての“試金石”となる。開催地は未定で12月1日開催のW杯組み合わせ抽選会で対戦国が決まり次第、最終調整に入る見込み。ただ、遠征先が欧州となった場合は、今回実現しなかったハリル監督が国籍を持つフランス代表との対戦も浮上しそうだ。

    来年3月の2連戦は、W杯メンバー入り当落選上の選手にとっては“最終試験”の場。12月の東アジアE―1選手権でのアピールに成功した国内組に、立場が微妙な本田圭佑(パチューカ)、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)らの海外組も加わってのサバイバルになる可能性がある。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    2017-11-16_07h34_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000022-sph-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ