海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーイングランド代表

    1:ほニーテール ★:2018/07/12(木) 17:34:01.21 ID:CAP_USER9.net
    英国が生んだ世界的ロックスターであるミック・ジャガー氏の、ワールドカップ(W杯)における“負の歴史”がまた一つ書き加えられたようだ。現地時間11日にモスクワのルジニキ・スタジアムで行われたロシアW杯準決勝で、母国イングランドがクロアチアに延長戦の末に1-2で敗れた一戦のスタンドに、同氏の姿はあった。

    ロックスターの負の歴史は止まらなかった。AP通信によると、2010年南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦アメリカ対ガーナ戦を、元アメリカ大統領ビル・クリントン氏とともに現地観戦してアメリカが1-2で敗れると、その歴史は始まった。続くイングランド対ドイツの試合を観戦してイングランドが1-4で敗れると、さらに準々決勝のブラジル対オランダで、ブラジルのユニフォームを着た息子と観戦するとブラジルが1-2で敗れた。

    4年が経った前回のブラジル大会でも、その歴史は止まるどころか加速した。まずはグループリーグ第2戦で、ツイッターに「勝者はイングランドだ」と書き込んだウルグアイ戦に、イングランドが1-2で敗れた。

    さらに、ローマで行われたコンサートの際に「イタリアが勝利する」と話すと、グループリーグ第3戦でイタリアがウルグアイに0-1で敗れた。その後、リスボンのコンサートで「ポルトガルがブラジル大会で優勝する」と宣言すると、ポルトガルはグループリーグ敗退の憂き目にあった。

    そして準決勝のブラジル対ドイツの観戦に息子と訪れると、ブラジルはドイツに対して“ミネイロンの惨劇”と呼ばれる1-7の歴史的な大敗を喫した。

    そして今回、観戦に訪れた試合でイングランドはクロアチアに敗れ、1966年大会以来の決勝進出を逃した。ロックスターの言動とスケジュールは、世界中の代表チームにとってW杯を勝ち残る上で重要なファクターとなっているのかもしれない。
    2018-07-13_01h23_33

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180712-00121275-soccermzw-socc
    続きを読む

    2018-07-12_06h58_29

    1:風吹けば名無し:2018/07/12(木) 05:40:23.13 ID:0gSXWW1Kd.net
    BBCで日本を批判されたから以外にあるっけ?
    2:風吹けば名無し:2018/07/12(木) 05:40:49.15 ID:9yC/SXilp.net
    叩かれてるか?
    ネタキャラ扱いされてるだけじゃね
    3:風吹けば名無し:2018/07/12(木) 05:41:09.97 ID:xqwq6+lg0.net
    最初からネタキャラやろ
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/07/12(木) 05:37:58.18 ID:CAP_USER9
    7/12(木) 5:37配信
    クロアチアが初の決勝進出! イングランドに逆転勝利…120分間の死闘を制す

    2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝が11日に行われ、イングランド代表とクロアチア代表が対戦した。

    イングランドは準々決勝スウェーデン戦と同じ11名。10番を背負うラヒーム・スターリング、ここまで6得点のハリー・ケインが2トップを形成する。対するクロアチアは準々決勝ロシア戦からスタメンを1名変更。マルセロ・ブロゾヴィッチが中盤に入り、10番のルカ・モドリッチがトップ下を務める。

    試合は開始早々の5分にスコアが動く。ゴール前でデレ・アリが倒されてFKのチャンスを獲得すると、キーラン・トリッピアーが直接決めてイングランドが幸先良く先制した。前半はイングランドの1点リードで折り返す。

    後半に入り68分、右サイドを駆け上がったシメ・ヴルサリコのクロスをイヴァン・ペリシッチが合わせて、クロアチアが同点に追いつく。試合は1-1で90分が終了。延長戦に突入する。

    すると109分、ペリシッチのパスに反応したマリオ・マンジュキッチが左足でシュートを突き刺し、クロアチアが勝ち越しに成功する。

    試合は1-2で終了。クロアチアは史上初の決勝進出を果たした。一方のイングランドは1996年母国開催のW杯以来52年ぶりのファイナルとはならなかった。フランス対クロアチアの決勝は15日(日)24時から、ベルギー対イングランドの3位決定戦は14日(土)23時から行われる。

    【スコア】
    イングランド代表 1-2 クロアチア代表

    【得点者】
    1-0 5分 キーラン・トリッピアー(イングランド)
    1-1 68分 イヴァン・ペリシッチ(クロアチア)
    1-2 109分 マリオ・マンジュキッチ(クロアチア)
    2018-07-12_05h47_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00791722-soccerk-socc

    続きを読む

    2018-07-08_01h39_04

    1:風吹けば名無し:2018/07/08(日) 00:59:41.22 ID:4nesq+zC0.net
    GKすら安定している模様
    2:風吹けば名無し:2018/07/08(日) 00:59:53.57 ID:9CrvJvFQ0.net
    ヘッド封じや
    3:風吹けば名無し:2018/07/08(日) 01:00:22.04 ID:YAU9dCAG0.net
    ゴールキーパー安定してPK戦勝てるイングランドとか最強やろ
    続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/07/08(日) 00:52:34.92 ID:CAP_USER9
    7/8(日) 0:51配信
    イングランド、7大会ぶりのベスト4! 堅守誇るスウェーデンに完封勝利

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・準々決勝が7日に行われ、スウェーデン代表とイングランド代表が対戦した。

    スウェーデンはミカエル・ルスティグが累積警告のため出場停止。代わってエミル・クラフスが右サイドバックに入る。イングランドは決勝トーナメント1回戦コロンビア戦と同じ11名。通算6ゴールで得点ランキングトップのハリー・ケインと10番のラヒーム・スターリングが2トップを形成する。

    30分、アシュリー・ヤングのCKをハリー・マグワイアが打点の高いヘディングで合わせ、イングランドが先制する。マグワイアはこれが代表初ゴールとなった。前半はイングランドの1点リードで折り返す。

    後半に入り59分、右サイドのキーラン・トリッピアーのリターンパスを受けたジェシー・リンガードがクロス。デレ・アリが頭で決めて追加点を奪う。追いかけるスウェーデンは攻撃的な選手を投入し圧力をかけるも、GKジョーダン・ピックフォードが再三にわたって好セーブを見せた。

    試合は0-2で終了。イングランドは1990年のイタリアW杯以来、7大会ぶりのベスト4となった。イングランドは準決勝で今夜27時から行われるロシア代表対クロアチア代表の勝者と対戦する。

    【スコア】
    スウェーデン代表 0-2 イングランド代表

    【得点者】
    0-1 30分 ハリー・マグワイア(イングランド)
    0-2 59分 デレ・アリ(イングランド)
    2018-07-08_00h55_22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00790585-soccerk-socc

    続きを読む

    2018-07-04_06h04_47

    1: 豆次郎 ★ 2018/07/04(水) 05:54:14.46 ID:CAP_USER9
    7/4(水) 5:53配信
    ◇W杯決勝トーナメント1回戦 イングランド1―1(PK4―3)コロンビア(2018年7月3日 モスクワ)

    W杯決勝トーナメント1回戦の最後の試合は1次リーグH組1位のコロンビアとG組2位のイングランドが対戦。1―1で延長に入ったが決着がつかずPK戦をイングランドが制した。

    前半を0―0で折り返すと、後半12分、イングランドはケーンが倒されて得たPKをケーン自身が決め先制、今大会トップとなる6点目を挙げた。イングランドの堅実な守備でこのまま逃げ切るかと思われたアディショナルタイムにコロンビアがCKからミナのヘディングで追い付き延長戦に入った。

    延長でも得点は入らずPK戦に持ち込まれた。PK戦はイングランドが4―3で制した。

    ◆は7日の準々決勝でスウェーデンと対戦する。

    この日のもう1試合は1次リーグF組1位のスウェーデンが、E組2位のスイスを1―0で下し、3位だった94年米国大会以来の準々決勝進出を決めた。後半21分にフォスベリのゴールで先制、スイスの反撃を封じた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000060-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/29(金) 04:52:09.28 ID:CAP_USER9
    6/29(金) 4:50配信
    日本の次戦相手はベルギー! ヤヌザイ弾でイングランド破り3連勝で首位突破

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が28日に行われ、イングランド代表とベルギー代表が対戦した。


    2連勝ですでに突破を決めている両チームが首位もしくは2位通過をかけて激突。イングランドはスタメンを8名変更し、ジェイミー・ヴァーディやマーカス・ラッシュフォードらに加え、19歳のトレント・アレクサンダー・アーノルドも先発出場した。

    一方のベルギーはティボー・クルトワとデドリック・ボヤタを残して9名を変更。ミシー・バチュアイ、マルアン・フェライニ、アドナン・ヤヌザイらがスタメン入りし、ハムストリングの負傷で離脱していたトーマス・ヴェルマーレンも先発で復帰を果たした。

    試合開始10分、ベルギーは右サイドからのクロスをフェライニが折り返すと、バチュアイが中央の混戦で押し込みかけたが、ライン上でガリー・ケーヒルにかきだされ、惜しくもゴールには結びつかず。その後、決定的なチャンスは生まれず、スコアレスで折り返した。

    試合が動いたのは51分、ペナルティエリア右でパスを受けたヤヌザイが、巧みなステップから左足を一閃。これがゴール左隅に決まり、ヤヌザイのW杯初ゴールでベルギーが先制に成功した。

    イングランドは66分、ラッシュフォードが抜け出してクルトワと1対1になるが、シュートは枠の右に外れた。ベルギーは74分、ヴェルマーレンに代えて、大会直前にそけい部を痛めて離脱していたヴァンサン・コンパニを送り出した。

    試合はこのまま1-0でベルギーが勝利。3連勝で首位突破となり、決勝トーナメント1回戦は7月2日に日本代表と対戦する。敗れたイングランドは2位通過で、7月3日にコロンビア代表と対戦する。

    【スコア】
    イングランド代表 0-1 ベルギー代表

    【得点者】
    0-1 51分 アドナン・ヤヌザイ
    2018-06-29_05h04_34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00785872-soccerk-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/28(木) 17:32:23.51 ID:CAP_USER9.net
    英紙もH組の結果に注目、日本、セネガル、コロンビアの3か国を分析

    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組は28日に運命の最終第3戦、2試合が行われる。日本はポーランドと激突、もう一方ではコロンビアとセネガルが決勝トーナメント(T)進出をかけて対戦する。この試合に注目しているのが英紙。決勝T1回戦でH組の突破国との対戦が決まっているG組のイングランドにとって、最も対戦したい国は日本だと分析している。

    「イングランドは次にどこと戦いたい? 日本、セネガル、コロンビアの特別な内情を明かす」

    こう見出しをつけて、H組の結果の行方に注目しているのは英紙「デイリー・メール」だった。

    「イングランドは2018年ワールドカップで安全に16強へと進出したが、次のラウンドでどこと対峙するかは決まっていない」

    記事ではH組で突破の可能性がある日本、セネガル、コロンビアの3か国について、寸評をつけて5段階で評価している。

    日本は「イングランドに問題を引き起こす材料があるとは思えない」

    〇日本(危険度 1/5)

    「日本はコロンビアとの開幕戦のほぼ全てを10人相手に戦うとてつもない幸運に恵まれた。しかしもしかれらが16強にたどり着いても、イングランドに問題を引き起こす材料があるとは思えない」

    「日本はボールを回せる上手にまとまったチームだが、火力に欠ける。イングランドが最も対戦したい相手だ」

    日本についてはこう評価。イングランドにとっては最も対戦したいチームだとしている。

    〇セネガル(危険度 3/5)

    「スポーツの活力に満ちたフィジカルチーム」

    〇コロンビア(危険度 4/5)

    「イングランドが避けたい相手」

    日本以外の2チームについてはこう寸評をつけており、コロンビア、セネガル、日本の順に警戒しているようだ。

    決勝トーナメントでは、H組の1位はG組の2位と、H組の2位はG組の1位と激突する。G組で共にすでに突破を決めているベルギーと対戦するイングランド。先に試合が終わる、H組の結果を踏まえて、1位突破が良いか、それとも2位での勝ち抜けが良いか――。何らかの思惑が働くかもしれない。

    写真



    アンサー 6/28(木) 13:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180628-00027871-theanswer-socc
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/24(日) 22:54:07.17 ID:CAP_USER9
    6/24(日) 22:53配信
    [6.24 W杯G組第2節 イングランド6-1パナマ ニジニ・ノブゴロド]

    ロシアW杯は24日、グループリーグ第2節6日目を行った。G組のイングランド代表はパナマ代表と対戦し、6-1で勝利。2連勝でベルギー代表とともに決勝トーナメント進出を決めた。

    初戦はチュニジアに苦戦しながらも、FWハリー・ケインの2ゴールにより勝利を手にしたイングランド。スタメンは前節から1人を入れ替え、太腿を負傷したMFデレ・アリに代わってMFルベン・ロフタス・チークを起用した。対するパナマは、初めての大舞台でベルギーと対戦。前半こそ無失点で乗り切ったが、0-3で敗れた。この試合はスタメンを変えず、歴史的1勝を目指した。

    試合は開始早々に動いた。イングランドは前半8分、右CKを獲得すると、DFキーラン・トリッピアーが右足でアウトスイングのボールを蹴り込む。MFジョーダン・ヘンダーソンが相手をニアに引きつけ、中央の空いたスペースに走り込んだDFジョン・ストーンズがヘディングシュートを叩き込み、先制のゴールネットを揺らした。

    今大会全得点がCKから生まれているイングランドは前半20分、PA右へ抜け出したMFジェシー・リンガードがDFフィデル・エスコバルに倒され、PKを獲得する。キッカーはもちろんエース、FWハリー・ケイン。蹴る前に相手のプレッシャーを受けながらも、豪快な右足シュートをゴール左上に突き刺し、2-0とリードを広げた。

    イングランドの勢いが止まらない。前半36分、左サイドから切れ込んだリンガードがMFラヒーム・スターリングのリターンパスをペナルティーアーク手前で受け、右足を一閃。カーブを描いたシュートがゴール右隅に突き刺さり、3-0とする。

    さらにイングランドは前半40分、敵陣中央でFKを獲得すると、トリッピアーのサインプレーからヘンダーソンがダイレクトでゴール前に入れ、ケインが中央へ折り返したボールをスターリングがヘッド。GKハイメ・ペネドが弾いたボールをストーンズが頭で押し込み、リードを広げた。43分には、右CKからケインがMFアニバル・ゴドイに倒され、2度目のPKを獲得。ケイン自らゴール左に沈め、5-0で前半を終えた。

    堅守速攻が売りのパナマは、前半に得意の形を作ることができず、厳しい状況となった。後半は敵陣でパスを回す時間帯もあったが、イングランドの守りを崩すことができない。すると、イングランドは17分にPA右手前からロフタス・チークが左足を振り抜く。これがケインに当たってゴールに吸い込まれ、6-0。エースがラッキーな形でハットトリックを達成した。

    直後にケインはお役御免。リンガードとともにピッチを後にし、代わってFWジェイミー・バーディとDFファビアン・デルフが入った。25分にはトリッピアーを下げ、DFダニー・ローズを投入した。30分には、CKからパナマのDFロマン・トーレスに決定的なシュートを許したが、相手の精度の助けられた。

    だが、パナマは後半33分、左サイドで獲得したFKからMFリカルド・アビラがゴール前に蹴り込むと、DFフェリペ・バロイが滑り込みながら合わせ、1-6。W杯初出場のパナマが歴史的ゴールを叩き込んだ。

    試合はそのまま6-1でイングランドが勝利。勝ち点を『6』に伸ばし、ベルギー(勝ち点6)とともにグループリーグ突破を決めた。なお、28日に行われる第3節でイングランドはベルギーと首位突破をかけて対戦。敗退が決まったパナマは、W杯初勝利を目指してチュニジアと戦う。
    2018-06-24_23h09_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-01655496-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ