海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーウズベキスタン代表


    2015-03-31_21h52_27
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 21:18:54.09 ID:???*.net
    柴崎の長距離弾に岡崎2戦連発 宇佐美&川又初ゴールで5発大勝/日本代表速報
    ISM 3月31日(火)21時15分配信

    日本が岡崎の2戦連発弾などで5対1で大勝した。(Getty Images)

     日本代表は31日、国際親善試合のウズベキスタン戦に臨み、5対1で勝利した。

     2対0と勝利した27日のチュニジア戦から、スタメン11人を総入れ替えしてこの試合に臨んだ日本は、立ち上がりの6分に先制。乾のCKがGKに弾かれると、こぼれ球を青山が豪快にボレーで叩き込んで代表初ゴールをマークした。

     1点リードで前半を折り返すと、後半立ち上がりの54分、途中出場の太田の左サイドからのクロスに、岡崎が頭で合わせて追加点。岡崎はこれでハリルホジッチ体制2試合連続ゴールとなった。

     ハリルホジッチ監督はその後、宇佐美、柴崎、大迫を立て続けに投入。宣言通りに、今合宿に呼んだすべてのフィールドプレーヤーを、2試合を通じて起用した。すると迎えた80分、相手CKのピンチを凌ぐと、柴崎がGKの位置を冷静に見極め、ハーフウェイライン付近からロングシュートを決めて、3点目をマークする。

     その後、82分に1点を返されるも、1分後に途中出場の宇佐美が自ら仕掛けて代表初ゴールを記録。すると終了間際にはCKから川又も代表初ゴールを奪い、5対で大勝。新体制発足後2連勝を飾った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150331-00000026-ism-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1427804334/

     
    続きを読む

    2015-03-31_18h33_25
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 17:38:03.32 ID:???*.net
    明日のウズベキスタン戦(19時25分キックオフ/味の素スタジアム)を前に、
    日本代表のハリルホジッチ監督が味の素スタジアムで記者会見を行なった。

    「(チュニジア戦とは)まったく違う先発になる。リスクがあり過ぎるかもしれないが、合宿に参加したほとんどの選手を使おうと思っている」と語っており、
    2-0で勝利したチュニジア戦の先発から大幅にメンバーを入れ替えて臨むことを示唆した。

    チュニジア戦に出場したのは以下の選手たち(括弧内は交代出場)。

    GK権田

    DF藤春、槙野、吉田、酒井宏(内田)

    MF長谷部、山口(今野)、清武(香川)

    FW武藤(宇佐美)、川又(岡崎)、永井(本田)

    今回の合宿に呼ばれていて、出場していないのは以下の選手たちだ。

    GK川島、東口、西川

    DF水本、森重、太田、酒井高、昌子

    MF青山、柴崎

    FW乾、大迫


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00010001-theworld-socc
    theWORLD(ザ・ワールド) 3月30日(月)17時33分配信
    2015-03-30_19h57_15
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00010001-theworld-socc.view-000
    ハリルホジッチ監督はチュニジア戦から大幅に先発を入れ替えることを示唆した。
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1427704683/

     
    続きを読む

    2015-01-10_16h42_50
     AFCアジアカップのグループB、ウズベキスタン対北朝鮮の試合が10日行われ、豪雨の中1-0でウズベキスタンが勝利を収めた。

     北朝鮮はJリーグから選出されたリャン・ヨンギ(仙台)とリ・ヨンジ(徳島→長崎)の2人がスタメン出場を果たした。

     開始からボールを支配して試合を優位に進めるウズベキスタンだが、北朝鮮の体を張った守備にゴール前で自由にさせてもらえず、先制するには至らない。

     前半40分過ぎからは突然の豪雨がスタジアムに降り注ぎ、そのまま後半へ。

     後半に入るとますます雨はひどくなり、しだいにピッチは田んぼのようになっていく。

     すると62分、ジェパロフが左サイドから上げた鋭いクロスにセルゲエフが頭で合わせてウズベキスタンがついに先制に成功する。

     それまでミスの多かったエースのジェパロフは、さすがというべき絶妙なタイミングと精度のボールでゴールを演出した。

     その後北朝鮮は流れを変えることができず、ウズベキスタンが勝ち点3を手にした。

     この後北朝鮮は14日にサウジアラビアと、ウズベキスタンは同日に中国と対戦する。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ