海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーオランダ代表

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/07(月) 19:52:45.62 ID:CAP_USER9.net
    リヌス・ミケルス、ヨハン・クライフと、現代フットボールの礎を築いた賢者たちの母国、オランダが危機的な状況に陥っている。

    ロシア・W杯欧州予選でグループAに入ったオランイェは、3試合を消化して1勝1敗1分の勝ち点4で3位にとどまり、このままではEURO2016に続いて2大会連続でメジャートーナメントに出場できなくなるかもしれない(W杯欧州予選は各9グループの1位と、2位の上位8チームによるプレーオフの勝者が通過)。気の早い話と思うなかれ。かつて「時計仕掛けのオレンジ」と呼ばれた代表チームは現在、様々な部分の歯車が狂っているのだ。

     最大の要因は人材不足にある。クライフやヨハン・ニースケンスらが活躍した70年代以降、ルート・フリット、フランク・ライカールト、マルコ・ファン・バステン、デニス・ベルカンプ、フランク・デブール、エドガー・ダービッツ、クラレンス・セードルフ、アリエン・ロッベン、ウェズリー・スナイデルなど、どの世代にもワールドクラスのタレントがいたが、現オランダ代表には中心となるべき世代にトップレベルと呼べる選手がいない。

    ロッベン、スナイデル、ロビン・ファン・ペルシら、83‐84年生まれの黄金世代以降、ひとりとして偉大な先達に肩を並べるような才能が育っていないのだ。特に80年代後半生まれは飢饉(ききん)と形容してもいいほどで、直近のフランスとのホームでの欧州予選(0‐1の敗北)にはひとりも先発していない。90年生まれのダリー・ブリント、ジョルジニオ・ワイナルダム、ケビン・ストロートマンが主軸と言えるが、過去に中核を担ってきた面々と比べるとあらゆる面で小粒に見える。

     かつて、アヤックスを代表とするオランダのユースアカデミーは最先端の育成組織だった。技術と知性を重視して原石を磨くその育成法は世界中に影響を与えてきたが、いまでは時代遅れと言われるほど停滞している。英『World Soccer』誌などに寄稿するオランダ人ジャーナリスト、クラース=ヤン・ドロッパート記者によると、「技術を重視しすぎて、モダンフットボールに必要なフィジカル面の強化がおろそかになっている。もはや育成の先進国とはいえない。それから人工芝のピッチが増えすぎて、タフな選手が育たなくなった」という。

    また、95年のボスマン判決の影響も色濃く残る。これによりEU圏内の国籍を持つ選手の移籍自由化が認められると、オランダのクラブに所属していた優秀な選手たちは他国のビッグクラブに根こそぎ引き抜かれていった。そうして弱体化していった国内リーグでは、選手たちの大きな成長も望めなくなった。

     ちなみに、95年はアヤックスがオランダ勢として最後にチャンピオンズリーグを制した年だ。現在のオランダのクラブが欧州の頂点に立てる可能性は限りなくゼロに近い。近年では、有望な若手が国外の有力クラブに成長段階で買われながらも、移籍先のファーストチームで居場所を見つけられずに別のクラブにローンで出され、せっかくの才能が埋もれてしまっているケースも少なくない。

     オランダの協会はこのような事態をずっと見過ごしてきたようだ。過去2回のワールドカップで準優勝と3位という好成績が、根源的な問題を覆い隠したこともある(どちらも本来のオランダとは異なる戦い方でつかんだ結果だった)。その後、EURO 2016で20年ぶりに欧州選手権の本戦出場を逃したことで、さすがに目が覚めたかと思いきや、最近になっても一致団結して問題に取り組む姿勢は見えてこない。

    EURO予選の途中に困難な任務を託されたダニー・ブリント監督は、シニアレベルの指揮官としての指導経験がほとんどなく(05-06にアヤックスを1シーズンのみ)、やはりと言うべきか、チームを立て直すことはできなかった。

     それでも続投を認められたが、アシスタントのルート・ファン・ニステルローイとマルコ・ファン・バステンが去り、その代役となったディック・アドフォカートもわずか3カ月で辞任。繊細そうなブリント監督はそのすべてにショックを受けたようだが、6月に就任したテクニカルディレクターのハンス・ファン・ブロイケレンとも意見が合わないことが多いらしく、協会から十分なサポートを受けているとは言い難い。

     9日にベルギーとホームで親善試合、13日にルクセンブルクと敵地でワールドカップ予選を控えているオランダ代表。これまでブリント監督は世代交代を推し進めてきたが、この2試合に向けてロッベンを1年ぶりに再招集した。負傷が多いベテランは、より重要な13日の試合にしか出場しないようだが、太ももの問題で10月のフランス戦を欠場したスナイデルも復帰し、2枚看板が久々に揃う(ファン・ペルシはブリントの構想に入っていない模様)。
     2016-11-08_07h03_24
    続きを読む

    GettyImages-518037500-500x375
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 11:25:11.60 ID:CAP_USER*.net
    【スコア】
    イングランド 1 - 2 オランダ

    【得点者】
    1 - 0   41' ヴァーディ
    1 - 1   50' ヤンセン(PK)
    1 - 2   77' ナルシン

    <イングランド>
    GKフォースター
    DFウォーカー、ストーンズ、スモーリング(70分ジャギエルカ)、ローズ(58分クライン)、
    MFミルナー(82分アリ)、ララナ(70分ケイン)、ドリンクウォーター(85分ダイアー)、バークリー、
    FWヴァーディ、スタリッジ(58分ウォルコット)

    <オランダ>
    GKズート
    DFフェルトマン、ブルーマ■、ブリント、ウィレムス(82分ファン・アーンホルト)、
    MFワイナルドゥム、バズール(79分ファン・ヒンケル)、アフェライ、
    FWプロメス(37分ナルシン)、ヤンセン(90分クラーシ)、デパイ

    国際親善試合が29日に行われ、イングランド代表とオランダ代表がロンドンで対戦した。

    26日の国際親善試合でドイツを破ったイングランドは、最終ラインにマンチェスター・UのDFクリス・スモーリングやエヴァートンDFジョン・ストーンズらが入り、中盤には日本代表FW岡崎慎司とチームメイトのレスターMFダニー・ドリンクウォーターが代表デビューを果たした。また、前線にはドイツ戦で代表初ゴールを挙げたFWジェイミー・ヴァーディが入った。

    一方、25日の国際親善試合でフランスに敗れたオランダ。アウェーでの一戦では、最終ラインにマンチェスター・UのMFデイリー・ブリントやPSVのDFジェフリー・ブルマらが入り、中盤にはストークMFイブラヒム・アフェレイら、そして前線にはスパルタク・モスクワFWクインシー・プロメスやマンチェスター・UのFWメンフィス・デパイが並んだ。

    前半、攻勢をかけたのはアウェーのオランダだった。16分にはアフェライがペナルティーエリア手前からのミドルシュートで枠を捉え、25分にはペナルティーエリア左手前でこぼれ球を拾ったジョルジニオ・ワイナルドゥムが右足でカーブをかけてゴールを狙ったが、GKフレイザー・フォースターに阻まれた。

    しかし、均衡を破ったのはホームのイングランド。41分、左サイドからのパスをペナルティーエリア手前で受けたアダム・ララーナが右前方へスルーパスを送ると、カイル・ウォーカーがゴールライン際で追いつき、ワンタッチで折り返す。走り込んでいたヴァーディが難なく押し込み、ゴールネットを揺らした。ヴァーディの2試合連続ゴールで、イングランドが1点リードで前半を終えた。

    後半はイングランドが攻勢をかけ、立ち上がりにシュートチャンスを何度も迎えたが、追加点はならず。すると50分、最終ラインでボールを失った流れからオランダに攻め込まれ、ルシアーノ・ナルシンにクロスを上げられる。ブロックを試みたダニー・ローズがペナルティーエリア内でハンドをしたとの判定で、オランダにPKが与えられた。フィンセント・ヤンセンのシュートが決まり、スコアは1-1となった。

    同点に追いつかれたイングランドは61分、ヴァーディが目の覚めるような強烈なミドルシュートを枠に飛ばしたが、GKイエルーン・ズートの好守に阻まれ、2点目は奪えなかった。

    すると78分、オランダが逆転に成功。ペナルティーエリア左側でパスを受けたヤンセンが相手DFを弾き飛ばしてドリブルで突破し、中央へグラウンダーのクロスを供給する。ファーサイドに走り込んでいたナルシンが右足ダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

    試合は2-1で終了。オランダがアウェーで逆転し、イングランドを相手に勝利を収めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00415847-soccerk-socc

    イングランド本当の実力は? 世界王者独下すも、蘭には逆転負け
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000022-ism-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459304711/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 17:24:50.37 ID:CAP_USER*.net
    マンチェスター・ユナイテッドのFWメンフィス・デパイとフェネルバフチェのFWロビン・ファン・ペルシーは10月にオランダ代表のトレーニングの最中に口論となり物議を醸した。オランダ地元紙「Voetbal Primeur」によれば、この衝の際にデパイがトルコリーグでプレーするファン・ペルシーを侮辱する発言で衝突の発端となったことが分かった。

    2人の口論は10月、欧州選手権予選カザフスタン戦(2-1でオランダ勝利)前の練習で起きた。ゲーム形式の練習中にデパイがファン・ペルシーへのパスでなく、DFハイロ・リーデヴァルドへのバックヒールでのパスを選択したことに激怒。

    2014年ブラジル・ワールドカップではオランダ代表の主将を務めたレフティは練習中とはいえ、自身のテクニックに陶酔するようなプレーを選択した後輩に「おまえは自分がビッグ・ボーイ(大物)だと思っているのか?」と厳重に注意した。

    デパイは反省の色もなく、「ビッグ・ボーイはフェネルバフチェでプレーするのか?」と反論。この侮辱発言が火に油を注ぐ形で、さらに激しい口論に発展したという。

    その後、オランダ代表はEURO予選敗退。フェネルバフチェでの出場機会の少なさに不満を持つファン・ペルシー、そしてユナイテッドで精彩を欠いているデパイは共に直近の代表戦ではメンバーに選出されなかった。

    オランダの新旧エースは、未だに暗いトンネルの中をさまよっている。

    Soccer Magazine ZONE web 12月19日(土)15時32分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151219-00010009-soccermzw-socc

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450513490/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/10/14(水) 06:00:24.43 ID:???*.net
    グループAの最終節でチェコ代表と対戦し、2-3で敗れた。この結果、同組3位につけるトルコ代表の結果に関係なく、オランダの4位が確定し予選敗退が決まった。

    オランダは24分に、パベル・カデジャーベクのゴールでチェコに先制を許すと、35分にもヨセフ・シュラルの得点で2点ビハインドとなる。前半終了間際にチェコDFマレク・スヒーの1発退場で、オランダは数的有利となるが、後半66分にロビン・ファン・ペルシーがオウンゴールを献上。3失点を喫して迎えた70分に、クラース・ヤン・フンテラールのゴールで1点を返し、83分にファン・ペルシーの得点で1点差と迫るが、逆転には至らず、2-3で敗れた。

    ユーロ予選でオランダが敗退するのは1984年のフランス大会以来32年ぶり。また、主要大会での予選敗退は2002年の日韓・ワールドカップ予選以来14年ぶりとなる。

    今予選のオランダは第1節のチェコ代表戦で敗れると、第3節のアイスランド代表戦でも敗れて早々に2敗目を喫した。ラトヴィア代表とカザフスタン代表には連勝を飾ったものの、その他の3カ国からは1勝も挙げることなく敗退した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151014-00359440-soccerk-socc
                  SOCCER KING 10月14日(水)5時38分配信
    2015-10-14_08h07_54
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151014-00359440-soccerk-socc.view-000
    チェコ戦でFKを外し頭を抱えるオランダ代表FWファン・ペルシー
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444770024/

     
    続きを読む

    2014-07-13_07h06_47
    【スコア】
    ブラジル 0-3 オランダ

    【得点者】
    0-1 3分 ロビン・ファン・ペルシー(オランダ)
    0-2 17分 ダレイ・ブリント(オランダ)
    0-3 90+1分 ジョージニオ・ワイナルドゥム(オランダ)

     ブラジル・ワールドカップの3位決定戦が12日に行われ、ブラジル代表とオランダ代表が対戦した。

     準決勝でドイツに1-7と大敗を喫したブラジルは、出場停止から復帰のチアゴ・シウヴァの他、マクスウェル、パウリーニョ、ラミレス、ウィリアン、ジョーと計6選手が先発に名を連ねた。PK戦の末、アルゼンチンに敗れた中2日で試合に臨むオランダはナイジェル・デ・ヨングに代わって、ヨルディ・クラーシがスタメンとなると、試合前の練習中にウェズレイ・スナイデルが負傷してジョナサン・デ・グズマンが先発となった。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140713/211339.html?view=more
    続きを読む

    2014-07-11_15h23_38
    ブラジル・ワールドカップ準決勝が9日に行われ、オランダ代表とアルゼンチン代表が対戦。PK戦の末、アルゼンチンがオランダを下し、1990年イタリア大会以来、24年ぶりとなる決勝進出を決めている。

     今大会、ベテランのエースとしてチームを牽引したオランダ代表FWアルイェン・ロッベンは、決勝で勝利するのはドイツであると主張した。大手メディア『ESPN』が、10日に報じている。

     バイエルンでプレーするロッベンは、「ドイツはワールドカップを勝ち取りにいく。アルゼンチンにチャンスはないだろう」とコメント。同クラブのチームメ イト7名を擁するドイツの優勝を予想した。さらに、準決勝での敗戦を振り返り、「PK戦ではコスタリカ戦のときのような力を発揮できなかった。運もなかっ た。悲しいけれど、これもフットボールの一部だ」と語った。

     オランダは、同じく準決勝でドイツに敗れたブラジルと、3位の座を懸けて12日に対戦する。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140711-00210943-soccerk-socc
    続きを読む

    E38395E382A1E383B3E383BBE3838FE383BCE383ABE890BDE88386
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/10(木) 21:27:59.35 ID:???0.net
    勝負のあやとなった1人目
     
    オランダ代表のルイス・ファンハール監督は、
    ブラジルワールドカップ準決勝アルゼンチン戦で敗れたPK戦で1番手のキッカーを2選手が拒否したことを明かした。
    英国営放送「BBC」が報じている。

    オランダ代表監督は、「フラールに落ち着く前に、最初のキッカー役をほかの2選手に頼んだ」という。
    だが、その2人ではなく、オランダの1人目に立ったのはアストンビラDFロン・フラールだった。

    今大会後に、イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドの監督就任が決まっている知将は
    「彼はピッチ上で最高の選手だったので、自信を持っていた」と語ったが、フラールが放ったシュートはアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロに阻まれてしまう。

    逆に、アルゼンチン代表はFWメッシがエースの責任感を胸に成功させ、これが勝負の大勢を決めた。
    ファンハール監督は1番手を断った選手名は言及しなかったが、キッカーの人選が勝負のあやとなったのかもしれない。

    7月10日(木)19時35分配信
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140710-00010003-soccermzw-socc
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1404995279/

    続きを読む

    2014-07-10_11h33_46
    2014年W杯は現地時間9日に、準決勝の試合が行なわれ、オランダはPK戦の末にアルゼンチンに敗れ、決勝進出を逃した。オランダのPKを2本ストップ したアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロはオランダ代表ルイス・ファン・ハール監督の元教え子で、自身がPKの止め方を指導したことが高くついたと振り 返っている。

     オランダとアルゼンチンによる準決勝は、ともに譲らず延長戦を含めた120分をスコアレスで終える。PK戦に突入すると、オランダは1人目のDFロン・ フラールと3人目のMFヴェスレイ・スナイデルのキックが、GKロメロに防がれる。対するオランダGKヤスパー・シレセンは1本も防ぐことができず、オラ ンダはPK戦を2対4で落とし、準決勝での敗退が決定した。

     ファン・ハール監督は2007年から09年にAZ(オランダ)で指揮をとっていた際、ロメロを指導していた。同監督は「PKはいつの時も、運に左右され るところが大きい」と述べた上で「私がロメロにPKの止め方を伝授した。だから心が痛むね」と、かつての教え子に決勝進出を阻まれた心境を吐露した。

     一方、アルゼンチンの決勝進出の立役者となったロメロは「自分の母国とまったく異なる地で僕を助けてくれた監督には、これからもずっと感謝し続けるよ」と、かつての恩師であるファン・ハール監督への感謝の気持ちを述べている。
     http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140710-00000011-ism-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ