海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーカンボジア代表

    1: Egg ★ 2019/06/12(水) 09:05:51.21
    <W杯アジア1次予選:パキスタン1-2カンボジア>◇11日◇第2戦◇ドーハ

    本田圭佑(32)が自身4度目となるワールドカップ(W杯)に向け、アジア1次予選を突破した。

    実質的な監督としてカンボジア(FIFAランキング173位)を率い、22年W杯カタール大会に向け、アジア1次予選、パキスタン(同200位)との第2戦に2-1で逆転勝ちし、2-0で勝った6日のホームでの第1戦と合わせ、2戦合計4-1で2次予選進出を決めた。

    カンボジアは前回、ロシア大会のアジア予選に続き、2大会連続で2次予選へと勝ち上がった。

    これにより、今後行われる2次予選の組み分け抽選次第では、本田カンボジアは9月からの2次予選で、森保監督が率い、久保建英が招集されるかもしれない日本と、ガチンコ勝負する可能性が出てきた。2次予選はホームアンドアウェーのため、本田カンボジア-久保建英という、夢の“直接対決”が日本で実現するかもしれない。

    実際に、前回ロシア大会のアジア2次予選で日本とカンボジアは同組で、本田は選手として日の丸を背負いカンボジア相手にゴールも決めているが、4年が経過し、まったく逆の立場で日本の最大の敵となるかもしれない。

    すでに森保監督は10日に、対戦の可能性について聞かれると「(当たれば)日本代表の勝利のために戦いたい。当たった時には目を合わせない。本田の方が目力がありそうなので」とジョーク交じりで、話していたが、1年前のW杯をコーチと選手としてともに戦った2人が、監督同士で真剣勝負することになるかもしれない。

    今なお「W杯優勝」を目標として掲げ続ける本田のW杯への挑戦は、日本代表の選手として予選から戦った10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会、18年ロシア大会に続き4度目。過去3度は予選から戦い、本大会に出場している。本大会では3大会連続で得点&アシストを決めているが、今回はプレーできない立場で臨む初の予選。勝負強さは健在で、暑いアウェー扱いのドーハでしっかり勝った。

    6/12(水) 4:35配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-06111264-nksports-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/11(火) 05:37:09.34 ID:CAP_USER9.net
    メルボルンVのMF本田圭佑(32)が事実上の監督を務めるカンボジア代表が10日、ホームのプノンペンでマレーシア代表と対戦し、1―3で逆転負けを喫した。ショートパス、ハイプレスが奏功して幸先よく先制したが、パワーダウンした後半に一挙3失点。初陣からいきなり宿敵を撃破することはできなかった。試合後の会見にでは「結果が出なかったので僕に責任があるし、何かやれたことがあった。確実に敗因には理由がある。今晩はそれを考えることに時間を割くと思います」と振り返った。

    試合前には急な雷雨の影響でキックオフが30分、遅れるハプニング。FIFAアンセムが流れる入場の際には、両腕に時計をつけてサングラスという奇抜なスタイルで約3万人の観衆の度肝を抜いた。試合中はピッチ脇に立ち、静かにタクトを振るった。逆転負けを喫したが、最後までハイラインの攻めの姿勢を貫き、観客からは大きな拍手がわき起こっていた。

    選手として20年東京五輪出場を目指しながら挑戦する代表監督。二足のわらじを履く本田は「(指揮を執り)まだ何が難しいのか分かっていない状況かもしれない。そのギリギリのところをもっと追求しないと。トップ・オブ・ザ・トップを追求しないといけない。今日の敗戦は忘れることはない」と自らを厳しく見つめていた。

    9/11(火) 1:22配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000139-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/10(月) 23:06:13.93 ID:CAP_USER9.net
    【カンボジア 1-3 マレーシア 国際親善試合】

    現地時間10日、カンボジア・プノンペンにあるナショナル・スタジアムにおいて、カンボジア代表対マレーシア代表の親善試合が行われ、1-3でホームのカンボジアは敗れた。

    このほどカンボジア代表のGM(ゼネラルマネージャー)に就任し、実質的な監督となった本田圭佑にとっては初采配の試合。キックオフ直後からピッチサイドに立ち、積極的に指示を出していた。クリアされたボールを華麗にトラップし、観客をわかせる場面もあった。

    試合はカンボジアが優勢に進める。本田が監督就任直後に語っていたようにハイプレスでマレーシアを苦しめ、多くのチャンスを作る。すると、18分、左サイドを突破して上げられたクロスをDFソエイ・ビサルが左足で豪快にボレー。これがゴールネットに突き刺さり、カンボジアが先制。その後もカンボジアが押し込む展開が続きリードして前半を終える。

    後半もカンボジア優位に試合は進む。ところが62分、マレーシアが右からふわりとしたクロスを上げるとゴール前で混戦となり、DFシャロール・モド・サッドが蹴り込んで同点となった。その直後、本田は2人の攻撃的な選手を投入、勝利へのこだわりを見せる。

    だが73分、マレーシアはDFモハマド・シャザン・アンディク・モド・イサクがヘディングを叩き込み逆転。カンボジアは終盤までボールを多く保持するも、ゴールは奪えず。その後も駄目押しゴールを許し、1-3でカンボジアは敗れた。

    この日のプノンペン市内はキックオフの約2時間前から豪雨となり、試合開始が30分遅れるハプニング。本田は交代で6人の選手を送り出し、最後まで攻撃的な姿勢を貫いたが、監督デビュー戦は悔しい逆転負けとなった。

    【得点者】
    18分 1-0 ビサル(カンボジア)
    62分 1-1 サッド(マレーシア)
    73分 1-2 イサク(マレーシア)
    92分 1-3 ファジィ(マレーシア)

    (取材・文:植田路生【プノンペン】)

    9/10(月) 23:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180910-00288870-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2015/11/18(水) 00:24:33.21 ID:???*.net
    スポーツ報知 11月18日 0時13分配信

    ◆ロシアW杯アジア2次予選兼アジア杯予選 カンボジア2―0日本
    (17日、カンボジア・ナショナル五輪スタジアム)

     FIFAランク50位でE組首位の日本代表はアウェーで、同183位で同組最下位のカンボジアに2―0で勝利。勝ち点を16とし、E組首位を守った。日本はW杯予選で史上初の6試合連続完封で、今年最後の代表戦を終えた。また、試合前にはパリ同時多発テロの犠牲者へ黙とうがささげられた。

     バヒド・ハリルホジッチ監督(63)は試合後、「試合に満足はしていない」と、勝つには買ったものの理想とはほど遠い試合内容に厳しい表情。「何人かの選手にはかなり怒っている」と名指しこそしなかったものの、怒りをあらわにした。

     勝ち点0で最下位のカンボジア相手に大量得点を予告していたが、終わってみればわずか2得点に終わり「ゴールを仕留めるというところは、まだ良いレベルになっていない」と、一向に改善されない決定力不足を嘆いていた。
    2015-11-18_02h29_50
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151118-00000000-sph-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447773873/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/17(火) 19:52:51.25 ID:???*.net
    12日に2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選のカンボジア代表と対戦する日本代表の先発メンバーが発表された。12日に行われたシンガポール戦から8人を変更。MF香川真司、FW岡崎慎司、MF山口蛍がスタメンに復帰した一方で、FW本田圭佑とMF長谷部誠が外れた。シンガポール戦で先発出場し、代表初ゴールを決めたFW金崎夢生は、右太もも打撲の影響で先発メンバー外。DF酒井宏樹は発熱のためホテルで静養となり、サイドバックはDF長友佑都とDF藤春廣輝が務める。

     試合はプノンペン・オリンピックスタジアムで日本時間21時14分にキックオフ予定。

    ■日本代表メンバー

    ▼GK
    12 西川周作(浦和レッズ)

    ▼DF
    21 藤春廣輝(ガンバ大阪)
    22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    20 槙野智章(浦和レッズ)
    5 長友佑都(インテル/イタリア)

    ▼MF
    3 遠藤航(湘南ベルマーレ)
    10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
    16 山口蛍(セレッソ大阪)

    ▼FW
    8 原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
    11 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
    9 岡崎慎司(レスター/イングランド)
    SHIN66551-500x333
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151117-00370776-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447757571/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/16(月) 08:47:23.94 ID:???*.net
     17日に日本代表を迎え撃つカンボジア代表に、頼りのエースストライカーが戻ってくることになりそうだ。

     彼の名はプラク・モニ・ウドン。

    カンボジアリーグのスヴァイリエンでプレーするストライカーはU─23カンボジア代表のキャプテンを務め、現地法人のトヨタカンボジアが新車のイメージキャラクターとして起用するほどの人気選手でもある。

    9月に行われた日本代表戦は遠征直前に負傷辞退し、埼玉スタジアムのピッチに立つことはできなかったが、今回の代表チームでは主将候補になっているという。

     偶然にもスタジアム付近のホテルに滞在中のカンボジア代表と同宿になり、選手や関係者から話を聞くことができた。

     カンボジア代表のアシスタントコーチによると、「ウドン? 背番号7の選手だね。今回はおそらくプレーできるよ」と話しており、日本戦の出場が濃厚になっている様子。

    15日に食堂で一緒になったウドンも「もうケガは大丈夫。僕たちにとっては大きなチャレンジ。すごく楽しみにしているよ」と笑顔を浮かべていた。

     また、前回対戦でキャプテンマークを巻いた9番のクオン・ラボラヴィー(ボンケット・アンコール)は「ウドンとは以前同じチームで2トップを組んでいたから、コンビネーションは全く問題ない。

    今回も彼と横並びになってポジションチェンジしながらゴールを狙うよ」と相性の良さをアピール。

    さらに「ドルトムントの試合はいつもテレビで見ている。カガワが大好きなんだ」と日本代表の背番号10を日頃からチェックしていることを明らかにした。

     ちなみに“うどん”は香川真司(ドルトムント)の大好物で、日本へ帰国した際に必ず口にしているという。その事実をウドンに聞いてみたところ、残念ながら本人は“うどん”という食べ物を認識していなかったが、

    隣りにいたラボラヴィーが「It's Japanese famous noodle」と教えてあげていた。このあたりも抜群のコンビネーションたるゆえんなのかもしれない? とにもかくにも復帰濃厚のウドン、そしてラボラヴィーとの2トップには要警戒だ。
    2015-11-16_18h01_18
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151116-00370247-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447631243/

     
    続きを読む

    2015-09-03_21h58_44
    [9.3 W杯アジア2次予選 日本3-0カンボジア 埼玉]

    日本代表は3日、W杯アジア2次予選でカンボジア代表と対戦し、3-0で快勝した。前半28分、FW本田圭佑の弾丸ミドルで先制すると、後半5分にもDF吉田麻也のミドルシュートで追加点。

    後半16分にはMF香川真司がハリルジャパン初ゴールとなる3点目を決め、FIFAランキング180位の格下相手にきっちり勝ち点3を手にした。6月16日のシンガポール戦はホームで0-0の引き分けに終わった日本だが、予選2戦目で初勝利。チームは明日4日にイランへ移動し、8日にアフガニスタン代表と対戦する。

    詳しい試合内容はソース元で 
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ