海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカークロアチア代表

    1:Egg ★:2018/07/14(土) 19:02:46.46 ID:CAP_USER9.net
    MFペリシッチ、DFロブレン、守護神スバシッチら攻守の主軸が13日の練習を欠席



    ロシア・ワールドカップ(W杯)で悲願の初制覇を目指すクロアチア代表だが、死闘の末に勝ち上がったことで選手たちの疲労が心配されている。試合を2日後に控えるなか、主軸5選手が練習欠席を知られる苦しい状況となっている。

    アルゼンチンを筆頭にナイジェリア、アイスランドと同居する厳しいグループDを首位通過したクロアチアだが、その先で待っていた決勝トーナメントでは1回戦のデンマーク戦からPK戦にまでもつれ込んだ。同国史上初のファイナル進出を果たしたが、準決勝のロシア戦、準決勝イングランド戦も含めて3試合連続で延長120分間を戦い抜いた。

    選手へのダメージも計り知れないものとなっている。イングランド戦では同点ゴールを決めたMFイバン・ペリシッチ(インテル)は、その後に足を痛めながら最後まで出場を続けた。現地時間13日にMRI検査を受けたが、左足の太もも痛で決勝出場に疑問符がついている状況だ。

    他にも、イングランド戦途中でベンチに下がった左サイドバックのDFイバン・ストゥリニッチ(ACミラン)も出場が不安視されている。疲労による予防措置とはいえ、センターバックのDFデヤン・ロブレン(リバプール)、守護神のGKダニエル・スバシッチ(ASモナコ)、右サイドバックのDFシメ・ヴルサリコ(アトレチコ・マドリード)も13日の練習を欠席し、コンディションが気がかりな状態となっている。

    マルカ紙も「クロアチアはW杯決勝の48時間前に5人のスター選手が不在」と報じた。

    120分間の死闘を3試合続け、決勝で対戦するフランスよりも実質1試合分も多くプレーしているクロアチア。満身創痍のなかで挑む初の決勝で、選手たちは最後まで走り切ることができるだろうか。

    7/14(土) 18:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180714-00121807-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:金魚 ★:2018/07/13(金) 18:24:35.28 ID:CAP_USER9.net
    2018-07-13_19h45_56
    現地時間11日にロシアワールドカップ準決勝が行われ、クロアチア代表はイングランド代表と対戦し延長戦の末に2-1の勝利をおさめた。試合後、クロアチアのベドラン・チョルルカがチームメイトと喜びを爆発させる様子を自身のインスタグラムに投稿している。

    イングランド戦、チョルルカは延長後半にマリオ・マンジュキッチとの交代で途中出場を果たしていた。試合後、チョルルカはロッカールームの様子を撮った写真や動画を次々と投稿している。「決勝戦に進んだ。僕らはまだ家に帰らない」、「クロアチア人は眠れない」、「伝説は続く」、「僕の故郷はクロアチア」など、様々なコメントを載せ、喜びを爆発させた。

    チョルルカは犬好きとして知られ、柴犬をペットとして飼っている。ふとももに愛犬のタトゥーを彫ったほどだ。インスタグラムにも多数の写真を投稿している。現地時間15日にはフランス代表と決勝戦を戦うが、果たしてチョルルカは愛犬に良い報告を出来るだろうか。

    サイトに愛犬と一緒に写った画像があります
    https://cyclestyle.net/article/2018/07/11/64915.html
    https://www.footballchannel.jp/2018/07/12/post281177/
    53:名無しさん@恐縮です:2018/07/13(金) 18:54:41.57 ID:ZQ3+WBy80.net
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/07/12(木) 05:37:58.18 ID:CAP_USER9
    7/12(木) 5:37配信
    クロアチアが初の決勝進出! イングランドに逆転勝利…120分間の死闘を制す

    2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝が11日に行われ、イングランド代表とクロアチア代表が対戦した。

    イングランドは準々決勝スウェーデン戦と同じ11名。10番を背負うラヒーム・スターリング、ここまで6得点のハリー・ケインが2トップを形成する。対するクロアチアは準々決勝ロシア戦からスタメンを1名変更。マルセロ・ブロゾヴィッチが中盤に入り、10番のルカ・モドリッチがトップ下を務める。

    試合は開始早々の5分にスコアが動く。ゴール前でデレ・アリが倒されてFKのチャンスを獲得すると、キーラン・トリッピアーが直接決めてイングランドが幸先良く先制した。前半はイングランドの1点リードで折り返す。

    後半に入り68分、右サイドを駆け上がったシメ・ヴルサリコのクロスをイヴァン・ペリシッチが合わせて、クロアチアが同点に追いつく。試合は1-1で90分が終了。延長戦に突入する。

    すると109分、ペリシッチのパスに反応したマリオ・マンジュキッチが左足でシュートを突き刺し、クロアチアが勝ち越しに成功する。

    試合は1-2で終了。クロアチアは史上初の決勝進出を果たした。一方のイングランドは1996年母国開催のW杯以来52年ぶりのファイナルとはならなかった。フランス対クロアチアの決勝は15日(日)24時から、ベルギー対イングランドの3位決定戦は14日(土)23時から行われる。

    【スコア】
    イングランド代表 1-2 クロアチア代表

    【得点者】
    1-0 5分 キーラン・トリッピアー(イングランド)
    1-1 68分 イヴァン・ペリシッチ(クロアチア)
    1-2 109分 マリオ・マンジュキッチ(クロアチア)
    2018-07-12_05h47_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00791722-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/07/08(日) 05:53:39.71 ID:CAP_USER9
    ◇W杯決勝トーナメント準々決勝 クロアチア2―2ロシア(2018年7月7日 ソチ)

    サッカーのワールドカップ(W杯)は6日、決勝トーナメント準々決勝が行われ、FIFAランク20位のクロアチアが同70位で開催国のロシアにPK戦の末に勝利。3位となった98年フランス大会以来となる20年ぶりのベスト4進出を果たした。

    前半31分にジュバからのパスを受けたチェリシェフが、エリア手前からミドルシュート。これがゴール左上に突き刺さり、ロシアが鮮やかに先制点を挙げた。

    しかし同39分にクロアチアが同点に追い付く。エリア内左に侵入したマンジュキッチが中央へマイナスのボールを送ると、ニアサイドにいたクラマリッチが頭で合わせた。

    1―1で試合を折り返すと、後半はクロアチアが押し込む展開が続が、ロシアの守備陣が踏ん張って得点を与えず。同点のまま後半が終了し、両チームにとって2試合連続となる延長戦に突入した。

    試合が動いたのは延長前半11分。モドリッチの右CKを中央でビダがヘッド。予想外の軌道にGKアキンフェーフも反応できず、ボールはゴール右下に吸い込まれた。

    1点を追いかける展開となったロシアは、地元の大声援を背に必死の反撃。すると延長後半10分にジャゴエフのFKを、マリオ・フェルナンデスが会心の同点ヘッド。土壇場で試合を振り出しに戻し、試合の行方はPK戦にゆだねられた。

    両チームにとって2試合連続のPK戦。これを制したのはGKスバシッチが好セーブを見せたクロアチア。試合中に右足を負傷しながらも守護神が魂のセーブを見せ、チームを20年ぶりのベスト4へ導いた。
    2018-07-08_06h02_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000057-spnannex-socc

    続きを読む

    DhhEELEW4AUWL8h

    続きを読む

    125: 豆次郎 ★ 2018/07/02(月) 05:48:58.21 ID:CAP_USER9

    7/2(月) 5:47配信
    クロアチア、PK戦制して8強!デンマークは守護神が“神セーブ”連発も…

    ◇W杯決勝トーナメント1回戦 クロアチア1―1(PK3―2)デンマーク(2018年7月1日 ニジニーノブゴロド)

    1次リーグD組を3戦全勝で突破したクロアチアとC組2位通過のデンマークの一戦は延長戦でも決着が付かず。PK戦の末にクロアチアがベスト8進出を決めた。

    1次リーグ3試合でともに1失点と、堅守を誇った両チーム。慎重な試合運びが予想されたが、前半1分にいきなり試合が動く。DFクヌセンが右サイドからロングスローをゴール前に投げ入れると、混戦の中から最後はDFヨルゲンセンが左足で押し込みデンマークが先制に成功した。

    まさかの失点を喫したクロアチアだが、それからわずか3分後の同4分に同点に追い付く。DFブルサリコのクロスはデンマーク守備陣にクリアされたが、これが味方に直撃。こぼれてきたボールをFWマンジュキッチがボレーで叩き込んだ。

    1―1で試合を折り返すと、その後はしばらくこう着状態。両チームが攻め手を欠き、決定機をつくれないまま延長戦へ突入した。

    延長前半は両チーム無得点で終えると、延長後半9分にクロアチアがPKを獲得。ベスト8進出を決める絶好機だったが、MFモドリッチがまさかの失敗。デンマークは守護神シュマイケルが絶体絶命のピンチを救った。

    試合はPK戦に突入。両チームのGKが共に1人目と4人目を止めるなど“神セーブ”を連発。しかし、デンマークは5人目も失敗し、クロアチアが死闘を制した。
    20180702-00000059-spnannex-000-2-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000059-spnannex-socc


    続きを読む

    DhCPf6kWkAQBGrU

    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/06/28(木) 13:54:52.10 ID:CAP_USER9.net
    「メッシ・ロナウド時代」

    現代サッカー界は、そうくくられる。リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドという2人のプレーは尋常ではない。叩き出した記録も群を抜いている。

    ロシアW杯も、正念場での2人の存在感は変わらない。

    しかし時代は常に変わるし、彼らも”永遠に超人”というわけではないだろう。

    フランスのアントワーヌ・グリーズマン、ブラジルのネイマール、ベルギーのケヴィン・デ・ブライネのような選手も台頭しつつある。また、スペインのマルコ・アセンシオ、ポルトガルのゴンサロ・ゲデス、フランスのキリアン・エムバペ、ブラジルのコウチーニョのようなルーキーもいる。彼らは次世代を担うことになるはずだ。

    ただ、2018年のバロンドールとしてにわかに浮上したMFがいる。

    メッシ、ロナウドは10年間、5回ずつバロンドールを分け合っている。

    しかし、今年はひとりのクロアチア代表選手が受賞しても不思議はない。

    「もし彼がスペイン人か、ドイツ人だったら、きっとバロンドールを受賞していただろう。クロアチアは小国だからね。注目度が違う」

    クロアチア代表のディフェンダーで、リバプールに所属するデヤン・ロヴレンはそう皮肉っている。

    ロヴレンの言う「彼」とは、ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード、32歳)を指す。

    モドリッチはエースとしてクロアチアを牽引する。ロシアW杯でも、第1戦のナイジェリア戦は右CKが先制点の起点になった後、2点目のPKを決めた。そして第2戦、アルゼンチン戦はミドルレンジから目覚ましいゴールを叩き込んだ。連勝を飾って、母国を決勝トーナメント進出へ導いている。

    MFとしての才能は傑出。サッカーインテリジェンスが高く、人とボールを動かし、プレーの渦を作れる。同時に守備のセンスも備え、インターセプトだけでなく、ポジションを守りながら、突破をはばみ、パスコースを切る、という丹念な仕事ができる。また、攻め上がったときにアタッカーとして、決定的な仕事もできる。ラストパスは芸術の域に達しているが、狙撃手のような一撃でゴールも仕留められるのだ。

    「モドリッチはトップ下も、ボランチもできる数少ない選手。いそうでいない」

    ジョゼップ・グアルディオラの師匠として知られるファンマ・リージョは、興味深い見解を示している。

    「攻撃でひらめきのあるプレーができるトップ下の選手は、守備面でどうしても怠惰になったり、連続性がなかったりする。逆に、安定した守備からプレーメイキングするボランチの選手は、前線近くのハイプレッシャーの中で相手の裏をかくような意外性が乏しい。しかし、モドリッチはポジション次第で、正しいプレーに変換できるんだ」

    モドリッチは所属するレアル・マドリードでも、ボランチ、インサイドハーフ、トップ下とポジションを変えながら、質の高いプレーを見せている。

    「モドリッチのプレーメイキングこそ、マドリーの戦術である」

    そう断言するスペインの記者も少なくない。事実、モドリッチ不在のときのマドリーはボールの流れがひどく悪く、しばしばノッキングを起こす。決定機の数も激減。マドリーの欧州3連覇の主役は6年連続得点王のロナウドであるように思われるが、チームの舵取りをしていたのはモドリッチなのだ。

    そう考えると、ロシアW杯の戦い次第では、モドリッチがバロンドールを受賞してもなんら不思議ではない。クロアチアはグループリーグ第3戦、アイスランドを下し、3連勝でベスト16に進んでいる。モドリッチは後半途中でお役御免だった。

    「寡黙な選手で、インタビューで言葉を引き出すのが難しい」

    そう言われるモドリッチは、アンドレス・イニエスタと同じで、ピッチで雄弁に語る選手なのだろう。イニエスタはW杯決勝でゴールを決め、優勝したにもかかわらず、バロンドールにはあと一歩手が届かなかった。その年はメッシがそれ以上のインパクトを残していたからだ。

    クロアチアの英雄、モドリッチはロシアで勇躍し、栄誉を受けられるだろうか。
    2018-06-28_17h15_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180628-00010006-sportiva-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/27(水) 04:52:46.17 ID:CAP_USER9.net
    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグD組 アイスランド―クロアチア(26日・ロストフナドヌー)  クロアチアはアイスランドを2―1で下し、1次リーグ3連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

    D組1位のクロアチアは、C組2位のデンマークと対戦する。 クロアチアがアイスランド下し3連勝、D組1位通過 デンマークと対戦へ 決勝トーナメント  クロアチアは前半、ボール試合率で圧倒したがシュート数ではアイスランドに上回られた。

    そして迎えた後半8分、DFピバリッチからのパスに、後ろから走りこんだMFバデリがグラウンダーのボーレーシュートが決めて先制した。その後、アイスランドに再三ゴールを脅かされ、後半31分にMFジグルドソンにPKを決められて今大会初失点で同点に追いつかれた。

    しかし、後半ロスタイム突入寸前にMFペリシッチが決勝ゴールを決めて勝利した。  

    クロアチアは1次リーグ初戦のナイジェリア戦で2―0で勝利すると、第2戦のアルゼンチン戦では3―0で完勝。そしてこの日も2―1で勝利して、20年ぶりとなる決勝トーナメントへ駒を進めた。  

    W杯初出場のアイスランドは、クロアチアゴールを再三脅かしたが決定機に決めきれなかったのが響き、1次リーグ敗退となった。
    2018-06-27_05h20_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00010003-spht-socc
    続きを読む

    2018-06-22_05h23_11

    1:風吹けば名無し:2018/06/22(金) 14:37:47.54 ID:GgrMsxCJp.net
    自称玄人が持ち上げてるだけ
    所詮はパス上手くて視野が広くてスタミナあって運動量多くてドリブル出来て守備上手くてシュートも撃ててキャプテンシーがあるだけの平凡な選手だろ
    3:風吹けば名無し:2018/06/22(金) 14:38:31.25 ID:y9oBNWmQ0.net
    それもう世界最高のMFだろ
    4:風吹けば名無し:2018/06/22(金) 14:38:36.34 ID:PjOSEuaP0.net
    おっそうだな
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ