海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーコスタリカ代表

    1:豆次郎 ★:2018/06/28(木) 04:54:32.52 ID:CAP_USER9.net
    6/28(木) 4:53配信
    スイス、無敗で2大会連続決勝Tへ…コスタリカは今大会初ゴール/W杯グループE第3節

    ロシア・ワールドカップグループE最終節が27日に行われ、スイスとコスタリカが対戦した。

    前節セルビアから劇的な逆転勝利を収めたスイスは引き分け以上でグループリーグ突破。ブラジルの結果次第では首位通過の可能性もあるだけに、ステファン・リヒトシュタイナー、グラニト・ジャカ、ジェルダン・シャチリといった主力を休ませることなく起用してきた。

    対するコスタリカは2連敗ですでに敗退が決定済み。しかし、今大会初ゴールを記録するためにもプライドを持ってこの一戦に臨む。

    開始早々、チャンスを作り出したのはコスタリカ。カウンターからボールを相手陣内に運ぶと、クロスからダニエル・コリンドレスがフリーでヘディングシュートを放つ。しかし、ヤン・ゾマーが好セーブを見せて凌ぐ。直後にもゾマーを脅かすが、続けざまにファインセーブを披露し、ゴールを死守。

    さらに、コリンドレスが左サイドから切り込んで強烈なミドルシュートを放つ。しかし、バーに嫌われ、またもゴールへとは結びつかず。

    その後もなかなか噛み合わないスイスは防戦一方で、決定的なシュートを許し続ける。

    しかし、スコアを動かしたのはスイスだった。31分、リヒトシュタイナーのクロスをブレール・エンボロが頭で落とすと、ブレリム・ジェマイリが思い切り蹴り込んで、先制点を奪う。

    後半に入り、コスタリカはなおも大会初ゴールを目指し、懸命に前へと出る。すると、その願いがついにかなう。

    56分、コーナーキックからケンダル・ワストンが頭で合わせ、同点とする。ワストンは失点に絡んでいたが、自らの“頭”で取り返してみせた。

    スイスはその後、ゆったりと攻めつつ、時計の針を進めることに注力。ヨシプ・ドルミッチのヘディングシュートが枠に当たるシーンも作り出す。

    このままゆったりドローで終わるかと思われたが、88分に再びスイスがワンチャンスを生かす。右サイドのクロスからドルミッチが右足で冷静に流しこみ、再び1点リードを奪う。

    しかし、試合はこのままでは終わらない。ジョエル・キャンベルが左サイドから仕掛けると、ファウルを誘ってコスタリカがPKを獲得。これをブライアン・ルイスがバーに当てるも、跳ね返りがゾマーに当たり、ゴールへと吸い込まれる。

    そのまま試合は2-2で終了。スイスが2位で決勝トーナメント進出を決めた。

    ■試合結果
    スイス 2-2 コスタリカ
    ■得点者
    スイス:ジェマイリ(31分)、ドルミッチ(88分)
    コスタリカ:ワストン(56分)、OG(90分)
    2018-06-28_05h07_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00010004-goal-socc
    続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/06/22(金) 22:56:15.29 ID:CAP_USER9
    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグE組 ブラジル2―0コスタリカ(22日、サンクトペテルブルク)

    ロシアW杯1次リーグE組のブラジル―コスタリカは2―0で、ブラジルが今大会初勝利をあげた。優勝候補のブラジルは、序盤から5バックで守りを固めたコスタリカに手こずり、前半は無得点で折り返した。
     
    4大会ぶり優勝を狙うブラジルは、右足の状態を不安視されながら強行出場したFWネイマール、MFコウチーニョ、FWガブリエウジェズスらが徐々に圧力を強める。
     
    後半12分にはネイマールが左クロスに合わせるが、相手GKの好セーブに阻まれる。同27分には、再びネイマールが中盤からドリブル突破から右足でコントロールシュート。惜しくも枠を外れ、顔をユニホームで隠して悔しがった。同33分には、ネイマールはペナルティーエリア内でファウルをもらい、PKを獲得したように見えたが、VAR判定の結果、ノーファウルに。
     
    0―0のまま、不穏なムードが立ちこめたが、サッカー王国の執念が実った。後半ロスタイム1分。左クロスのこぼれ球に、コウチーニョが走り込み、2戦連続ゴール。21本目のシュートでついにゴールネットを揺らし、待望の勝ち点3をゲットした。
    2018-06-22_23h12_39
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00010004-spht-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/17(日) 22:55:50.44 ID:CAP_USER9.net
    6/17(日) 22:54配信
    スポーツ報知
    セルビアがコスタリカを撃破…コラロフがGKナバスの鉄壁こじ開けた

    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグE組 コスタリカ―セルビア(17日、サマラ)

    2大会ぶり出場のセルビアが前回8強のコスタリカを1―0で下して白星発進を飾った。前回大会で5試合2失点のコスタリカGKナバスの鉄壁の守りをこじ開けて奪った1点を守りきった。

    前半はコスタリカが5バックの堅守からのカウンターでゴールを狙い、セルビアは右サイドからの攻めに活路を見いだそうとしたが、ともに決め手を欠いて得点は生まれず。0―0で折り返した。

    前半から再三、ナバスに阻まれてきたゴールをセルビアがこじ開けたのは後半11分だ。ペナルティエリアの右前で獲得したFK。DFコラロフが左足を振り抜くと、ナバスの指先をかすめるようにゴール右上にシュートが収まった。キャプテンの値千金の一撃で主導権を握った。

    コスタリカは後半15分にMFボラニョス、21分にFWキャンベル、さらに28分にはMFコリンドレスを投入。早々と3人の交代枠を使い切る積極策で同点ゴールを狙ったが、スタメン平均身長188センチのセルビアの高さに最後まで得点を奪えず。

    後半ロスタイムにはコスタリカベンチ前でピッチから出たボールを巡り乱闘のように入り乱れすシーンも。

    前回大会では1次リーグでウルグアイ、イタリアとW杯優勝経験国を連破し、2勝3分け(決勝トーナメント1回戦、準々決勝はPK戦)と無敗だったコスタリカの不敗神話はロシアでは通じなかった。
    2018-06-17_23h09_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00010003-spht-socc
    続きを読む

    2014-07-06_07h58_18
    【スコア】
    オランダ 0-0(PK4-3) コスタリカ

    ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント準々決勝が5日に行われ、オランダ代表とコスタリカ代表が対戦した。

     2大会連続のベスト4を目指すオランダは決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦からヨエル・フェルトマンと負傷のナイジェル・デ・ヨングが外れ、ブルーノ・マルティンス・インディとメンフィス・デパイが先発。初のベスト8となったコスタリカはギリシャ戦から累積警告のオスカル・ドゥアルテに代わり、ジョニー・アコスタがスタメンとなった。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140706/209251.html?view=more
    続きを読む

    2014-06-30_08h09_44
    【スコア】
    コスタリカ 1-1(PK 5-3) ギリシャ

    【得点者】
    1-0 52分 ブライアン・ルイス(コスタリカ)
    1-1 90+1分 ソクラティス・パパスタソプーロス(ギリシャ)

     ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が29日に行われ、コスタリカ代表とギリシャ代表が対戦した。

    “死の組”と呼ばれたグループDでまさかの首位通過を果たしたコスタリカ。1990年大会以来のベスト16では、グループ最終節のイングランド戦から2選 手が変更となった。一方、日本と同組のグループCを2位で突破し、初の決勝トーナメント進出となったギリシャは、コートジボワール戦から1選手の変更と なった。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140630/207191.html?view=more
    続きを読む

    2014-06-21_03h05_17
    【スコア】
    イタリア 0-1 コスタリカ

    【得点者】
    0-1 44分 ブライアン・ルイス(コスタリカ)

    ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が20日に行われ、グループDではイタリア代表とコスタリカ代表が対戦した。

     初戦で白星を挙げた両チームの対戦。イタリアはジャンルイジ・ブッフォンとアンドレア・バルツァッリが復帰。初戦に途中出場したチアゴ・モッタとともに先発に名を連ねた。一方のコスタリカは、ウルグアイ戦からスタメンを変えずに試合に臨む。
     
    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140621/203028.html?view=more
    続きを読む

    2014-06-15_06h04_48
    【スコア】
    ウルグアイ 1-3 コスタリカ

    【得点者】
    1-0 24分 カバーニ(PK)(ウルグアイ)
    1-1 54分 キャンベル(コスタリカ)
    1-2 57分 ドゥアルテ(コスタリカ)
    1-3 84分 ウレーニャ(コスタリカ)

     ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループDではウルグアイ代表とコスタリカ代表が対戦した。

     優勝経験国3カ国が入り、“死の組”とも称されるグループD。前回大会で4位のウルグアイはセレッソ大阪所属のFWディエゴ・フォルランやエディンソ ン・カバーニらがスタメンとなり、5月にひざを手術したルイス・スアレスはベンチスタートとなった。一方のコスタリカは大会直前の親善試合で日本と対戦し た際にも出場したブライアン・ルイスやジョエル・キャンベルが先発に名を連ねた。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で 
    http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20140615/200703.html?view=more
    続きを読む

    tumblr_n6ksb8OUSm1sku3jmo5_500
    0-1の劣勢でも本田圭佑は冷静だった。60分、カウンターから香川真司のクロスを受ける と、胸トラップからの流れるような動きで正確なクロスを送り、遠藤保仁の同点弾をアシストした。しかし試合後のミックスゾーンでは、記者の呼びかけに一切 答えることなく、無言のまま通路を抜けて行った。

     一昨日のスポーツ紙の1面で、昨年末に出術したのど元の傷痕を大きく掲載されたせいか もしれない。そんな本田をチームメイトも気遣った。岡崎慎司が「体が重いとか、怠いとかいうより、(本田は)チームの信頼がある。もっともっとキレとプ レースピードを上げて欲しい。絶対と言うことはないけど信頼している。ボールを預ければ必ず返って来る。皆もプレースピードのアップは要求している」と、 本田が本調子ではないことを認めながらも、チームメイトが厳しい要求を出していることを明らかにした。

     去年9月のガーナ戦以来のゴール を決めた遠藤も、「まぁ、残りの期間でトップコンディションになると思う。もちろん(チームも)サポートしないといけないし、信頼もしている。今日も要所 要所で良いプレーがあったので、これからコンディションを上げて行くと思う」と本田の復調を期待し、それを信じて疑わないことを彼なりの淡々とした口調で 話していた。

    続きは↓のリンク先で
    http://news.livedoor.com/article/detail/8897890/
    続きを読む

    tumblr_n6kptpKupx1r7jzw9o1_500
    ◇国際親善試合 日本代表3―1コスタリカ代表(2014年6月2日 米国・タンパ)

     ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に向け、米国フロリダ州で合宿中の日本代表(FIFAランク47位は2日(日本時間3日)、コスタリカ代表(同34位)と国際親善試合を行い、3―1で逆転勝ちした。

     MF香川は前半から大迫へクロスを送り、自らも積極的にシュートも放つなど好機を演出。後半15分には本田にパスを送って同点弾に絡み、同35分にはカ ウンターからドリブルで突破すると、柿谷とのワンツーから相手ディフェンスラインを崩し、難しい体勢から右足で勝ち越しゴールを決めて勝利に貢献した。

     試合後、香川は「逆転で勝ちきって、失点も最小限に抑えられて良かった」と手応えの表情で振り返りながらも、「前半で1点ほしかった。先制される前に取 らないと本番は厳しい戦いになる」と反省の言葉も口にした。先月27日のキプロス戦では総走行距離が9キロと運動量が落ち込み、コンディションが心配され たが「すごくいい状態。これで(W杯)初戦を迎えられるようにキープしてやっていきたい」と明るい表情で語った。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140603-00000089-spnannex-socc
    続きを読む

    2014-06-03_12h08_54
    [6.2 国際親善試合 日本3-1コスタリカ タンパ]

     米フロリダ合宿中の日本代表は現地時間2日(日本時間3日)、タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムでコスタリカ代表と対戦し、3-1で逆転勝ち した。前半31分に先制を許したが、後半15分、後半開始から出場のMF遠藤保仁が同点ゴールを決めると、後半35分にFW香川真司が勝ち越しゴールを 奪った。後半アディショナルタイムには途中出場のFW柿谷曜一朗がダメ押しゴール。3-1で快勝した日本は6日にも同地でザンビア代表と対戦し、翌7日に W杯が開催されるブラジルへ出発する。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140603-00135992-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ