海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカースペイン代表

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 13:18:28.63 ID:CAP_USER9.net
    2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選において、4勝1分けの無敗でグループGの首位に立っているスペイン代表。24日に行われたイスラエル代表戦に4-1で勝利したことから、W杯欧州予選での24年間無敗が確定したようだ。26日付けのスペイン紙『マルカ』が伝えている。

    同紙によると、スペイン代表がW杯予選で最後に敗れたのは、1993年3月31日のデンマーク戦までさかのぼる。同代表は敵地で開催された一戦で、0-1の敗戦を喫していた。以来、イスラエル代表戦を含めて58試合連続で無敗をキープ。28日に行われるフランス代表との一戦は親善試合であることから、ワールドカップ予選の24年間無敗が決まったという。

    なお、1993年4月以降のW杯欧州予選で、1度も黒星を喫しなかったチームは他に存在しないようだ。オランダ代表とフランス代表、ポルトガル代表は同期間で5敗、イタリア代表は2敗、ドイツ代表は1敗と、強豪国と位置付けられているチームはいずれも敗戦を喫しているという。スペイン代表は、“無敵艦隊”のニックネームに相応しい成績を残していると言えるだろう。

    今回のワールドカップ予選は、年内にすべての日程を消化する。スペイン代表はイタリアとのホームゲームを含む5試合を残しているが、ロシア行きの切符を掴み取るとともに、“四半世紀無敗”という前人未到の記録を達成できるだろうか。
    2017-03-27_14h09_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00567841-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 19:08:44.13 ID:CAP_USER9.net
    スペインはどこを修正すればいいのか

    前回大会王者として臨みながらEURO2016決勝トーナメント1回戦でイタリア代表に敗れてしまったスペイン代表は、2018ロシアワールドカップへ向けて何かを修正しなければならない。それは2014ブラジルワールドカップの惨敗からも分かっていたことだが、果たして何を変えるべきなのか。

    英『Sky Sports』によると、スペイン代表DFジェラール・ピケは代表チームの将来のために何がベストなのか考える必要があると主張し、同じスタイルで戦い続けていることにも疑問を感じているようだ。

    「僕たちはスペイン代表の未来において何がベストなのかを考える必要がある。再びスペインがメジャータイトルを獲得したいと思うなら、レベルを上げないといけないよ。もうスペインはタイトルを勝ち取れるレベルにないし、ベストチームではないんだ」

    「僕たちはここ数年間同じスタイルで戦ってきたけど、それは効果的ではなかった。僕たちはロシアに向けてもっと多くのことを改善する必要があるね」

    スペインといえばポゼッションサッカーというイメージが定着していたが、2014ワールドカップからは思うような結果が出ていない。このスタイルはバルセロナでジョゼップ・グアルディオラが見せていたモデルと同じようなものだが、そのバルサもグアルディオラ退任以降はスタイルを徐々に変えている。

    相手チームがスペインのポゼッションサッカーに慣れてきたのも勝てなくなった理由の1つかもしれないが、スペインはポゼッションスタイルを考え直すべきなのだろうか。
    GettyImages-543399740-compressor
    theWORLD(ザ・ワールド) 6月29日 18時40分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00010027-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/28(火) 14:54:20.16 ID:CAP_USER9.net
    ▽スペイン代表は27日、ユーロ2016のラウンド16でイタリア代表に0-2で敗れ、大会から姿を消すこととなった。スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、悔しさを滲ませた。

    ▽序盤からイタリアに押し込まれる展開の中、好守を連発したGKダビド・デ・ヘアの活躍で踏ん張るも、前後半に1点ずつを奪われ、ベスト16での敗退が決定した。

    試合後、イニエスタは、以下のようにコメントを残した。『UEFA.com』が伝えている。

    「ここぞというところで、イタリアの方が僕らよりも効率的だった。少し受け身になり過ぎて、相手のペースに流されてしまった。痛い目に遭っても仕方がない。後半は、反撃に転じたことで異なる展開になったけど、それでも負けた。そうなることもある」

    2016.06.28 11:00 Tue
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=244230

    写真
    pcimage (4)

    続きを読む

    2016-06-28_03h12_17

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/06/28(火) 02:52:29.20 ID:CAP_USER9.net
    欧州選手権2016 決勝トーナメント1回戦
    現地6月27日18:00 サンドニ

    イタリア 2-0 スペイン

    得点
    前半33分 キエッリーニ
    後半46分 ペッレ

    イタリア
    GK ブッフォン
    DF デ・シッリョ、キエッリーニ、バルツァッリ、
    MF ボヌッチ、フロレンツィ(84分 DFダルミアン)、デ・ロッシ(54分 MFモッタ)、パローロ、ジャッケリーニ
    FW ペッレ、エデル(82分 FWインシーニェ)

    スペイン
    GK デ・ヘア
    DF ピケ、セルヒオ・ラモス、ファンフラン、ジョルディ・アルバ
    MF ブスケッツ、イニエスタ、セスク
    FW シルバ、モラタ(70分 FWルーカス・バスケス)、ノリート(46分 FWアドゥリス)(82分 FWペドロ)

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/euro/euro-10919051.html

    6月30日 21:00 ポーランド vs ポルトガル
    7月1日 21:00 ウェールズ vs ベルギー

    7月2日 21:00 ドイツ vs イタリア
    7月3日 21:00 フランス vs (イングランドorアイスランド)
    続きを読む

    【スペイン 3-0 トルコ EURO2016】

    EURO2016のグループステージ第2戦が現地時間17日に行われ、スペイン代表とトルコ代表が対戦した。

    初戦のチェコ戦を苦しみながらも勝利でスタートしたスペイン。この日も第1節と同じ11人で試合に挑む。すると、ここまで不発だった攻撃陣にゴールが生まれる。34分に左サイドからノリートがクロスを放つと、FWモラタがヘディングで合わせて幸先良く先制に成功する。

    直後の37分にはノリートが追加点を奪う。スルーパスからDFがヘディングでクリアに失敗したところを冷静に詰めて追加点を奪った。そのまま前半は終了し、スペインが2点のリードを奪う。

    後半にはモラタが2点目のゴールを奪う。J・アルバがスルーパスから左サイドを突破すると、折り返しを沈めて3-0とした。

    そのまま試合は3-0で終了。スペインが危なげなくグループステージ突破を決めている。

    【得点者】
    34分 1-0 モラタ(スペイン)
    37分 2-0 ノリート(スペイン)
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/14(火) 23:08:03.86 ID:CAP_USER9.net
    ◆相手の徹底マークに遭うも、値千金アシストで1-0勝利に貢献
     
    スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、三たび“翼くん状態”になった。

    現地時間13日の欧州選手権(EURO)グループリーグ初戦のチェコ戦終盤に殊勲の決勝アシストをマークしたが、7人もの相手に囲まれる写真をスペイン紙「マルカ」が掲載し、過去のイニエスタの写真と大人気サッカー漫画「キャプテン翼」と比較している。

    この日のスペインはチャンスを作るものの、相手GKペトル・チェフが好セーブを連発したため得点を奪えず、スコアレスドローが濃厚かと思われた。しかし後半42分、右サイドでイニエスタが素早く切り返してファーサイドにクロスを送ると、美しい軌道を描いたボールはDFジェラール・ピケの頭を捉えて値千金の一撃をゲットした。

    薄氷の展開で勝ち点3を得たスペインだが、中盤に君臨するイニエスタは冷静にゲームをコントロールしきった。対戦相手のチェコも稀代のプレーメーカーに最大級の警戒を払ったが、同紙のカメラマンはこの一戦で決定的瞬間を収めたという。

    それはイニエスタがペナルティーエリア内に進入した際のこと。ラストパスを許したくないチェコ守備陣はMFトーマス・ロシツキーを含めた計7人でマークし、必死に阻止しようとした。

    同紙はこの状況に「イニエスタ、キャプテン翼を模倣する」とのタイトルを打った。

    キャプテン翼はスペインでも「オリベル&ベンジ」というタイトルで放映されていて、主人公の大空翼は「オリベル・アトム」という名前でプレー。サッカー少年の憧れとなっている。アニメの有名なワンシーンでは、オリベルこと翼が相手チームのマーカー7人に囲まれるものがあり、チェコ戦のイニエスタが置かれたシチュエーションと似たような状況だった。

    ◆前回大会でも同じ構図の写真が撮られ話題に
     
    そんな「キャプ翼」状態を、イニエスタは過去にも経験している。前回のEURO2012では、グループリーグ初戦のイタリア戦でDFジョルジョ・キエッリーニら5人もの相手マーカーに囲い込まれる写真が全世界に発信され、同第3戦のクロアチア戦でもMFルカ・モドリッチら6人に挟み込まれる写真が話題になった。

    つまり4年の時を経て、またしても似た構図の写真が撮影されたことになる。

    決勝点をアシストしたイニエスタは、「僕らはこの戦術で成功してきたんだ」とスペインの生命線「ティキ・タカ」の高速パスワークを誇った。イニエスタ自身も徹底マークを受けながらも、正確無比なスルーパスを通し続けた。

    これまで長年“ゴールデンコンビ”を築いてきたMFシャビ・エルナンデスが代表を引退したため、今大会はイニエスタにかかる負担が大きい。それでも貫録を見せつけたイニエスタの、天才ぶりを証明する一枚となったのは確かだ。

    Soccer Magazine ZONE web 6月14日(火)22時57分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160614-00010019-soccermzw-socc

    写真


    MARCA Iniesta se volvio a disfrazar de Oliver Atom
    http://www.marca.com/futbol/eurocopa/2016/06/13/575ed975e5fdea3d568b460d.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/13(月) 23:51:51.96 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    スペイン代表 1-0 チェコ代表

    【得点者】
    1-0 87分 ジェラール・ピケ(スペイン)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2546-2546-lv
      
    超WORLDサッカー!
    http://web.ultra-soccer.jp/match/score?mid=26844&tmid=1

    ユーロ2016・グループステージ第1節が13日に行われ、グループDでスペイン代表とチェコ代表が対戦した。

    6大会連続10度目のユーロで史上初の3連覇を狙うスペイン。しかし、大会直前の7日に行われたジョージア(グルジア)代表戦では、格下相手にまさかの完封負け。不安を残して大会に臨むが、前人未到の偉業達成に向けて白星スタートを切りたいところ。一方、6大会連続9度目の出場となったチェコも、5日にホームで行われた韓国代表戦で1-2の黒星。大会初戦では格上を撃破し、勢いに乗りたいところ。

    スペインは、初戦のGKにダビド・デ・ヘアを起用。MFダビド・シルバも先発メンバーに入り、代表通算100試合出場を達成した。その他、キャプテンのDFセルヒオ・ラモスやMFアンドレス・イニエスタ、FWアルバロ・モラタ、FWノリートらがスタメン入りしている。対してチェコは、キャプテンのMFトーマス・ロシツキー、GKペトル・チェフをはじめ、FWトマーシュ・ネツィド、ヘルタ・ベルリンで日本代表FW原口元気と同僚のMFウラジミール・ダリダが先発メンバーに名を連ねた。

    試合は、スペインがボールを支配し、。16分、シルバがフアンフランからのスルーパスでペナルティエリア内右に抜け出して、マイナスの折り返し。中央へ走り込んだアルバロ・モラタが合わせるが、シュートはGKチェフにセーブされる。29分には、イニエスタのパスを受けたモラタがエリア内左に進入し、キックフェイントから左足を振り抜く。だが、これもGKチェフがわずかに触れて、シュートは枠の右に外れた。

    スペインは40分、イニエスタのスルーパスでエリア内左に抜け出したジョルディ・アルバが、左足シュート。だがこれもGKチェフが立ちはだかり、こぼれ球もロシツキーらが体を張ってクリアした。直後の41分にも、フアンフランのスルーパスを受けたシルバが、エリア内右で右足を振り抜くが、飛び出したGKチェフのブロックに遭った。

    防戦一方だったチェコは45分、エリア手前右でパスを受けたネツィドが、反転から右足を振り抜くが、GKデ・ヘアにキャッチされた。前半はこのままスコアレスで折り返す。

    後半開始直後の46分、エリア内右に抜け出したモラタが中央へ鋭い折り返し。中央のチェコDFロマン・フブニクが反応して足を出すと、ボールはゴール方向へ向かうが、右ポスト直撃でオウンゴールは免れた。直後の47分には、CKの流れから、ノリート、S・ラモスが立て続けにシュートを放つが、チェコはGKチェフを中心に体を張った守備でピンチを凌いだ。

    一方のチェコは57分、右サイドで得たFKから、中央のフブニクがゴール前に抜け出して、滑り込みながら右足で合わせる。だが、シュートに勢いがなく、GKデ・ヘアにキャッチされた。65分には、右CKのショートコーナーから、ファーサイドのセオドル・ゲブレ・セラシェが頭で折り返すが、中央のセスク・ファブレガスにクリアされ、得点には至らない。

    スペインは70分、シルバがエリア内中央で浮き球スルーパスを供給。J・アルバが抜け出すが、トラップが大きくなり、フブニクにクリアされた。76分には、モラタと代わって入ったアリツ・アドゥリスが、右サイドからのクロスに、オーバーヘッドで合わせるが、シュートは枠の左に外れた。

    均衡が敗れたのは87分。イニエスタが左サイドからピンポイントのクロスを供給。中央のジェラール・ピケが頭で叩き込んで、スペインが先制に成功した。試合はこのままタイムアップを迎え、スペインが1-0の勝利で、3連覇に向けて好スタートを切った。一方のチェコは、チーム一丸で好守を見せていたが、あと一歩のところで勝ち点を失う結果となった。

    次節、スペインは17日にトルコ代表と、チェコは同日にクロアチア代表と対戦する。
    2016-06-14_00h42_49
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00455438-soccerk-socc

    ◆関連HP

    UEFA EURO公式
    http://jp.uefa.com/uefaeuro/index.html

    WOWOW
    http://www.wowow.co.jp/sports/euro/

    テレビ朝日
    http://www.tv-asahi.co.jp/euro_soccer/
    続きを読む

    wwwrr
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/06/08(水) 09:46:22.73 ID:CAP_USER9.net
    AFP=時事 6月8日(水)9時40分配信

    スペイン、EURO前最後の試合で格下ジョージアに敗戦

    FIFAランキング137位のジョージアは、2015年10月に行われた欧州選手権2016(UEFA Euro 2016)予選のジブラルタル戦から半年以上勝利がなかったが、割り切った守備を披露すると、前半39分に手にしたわずか1度の攻撃の機会をトルニケ・オクリアシビリ(Tornike Okriashvili)が得点に結びつけた。

    一方、欧州選手権開幕直前の調整の場で、まさかの敗戦を喫したスペインのビセンテ・デル・ボスケ(Vicente del Bosque)監督は、「敗戦を受け入れ、大会に向けて気を引き締めなくてはならない」と話した。

    「欧州選手権に向けて、この結果がチームを不安にさせるということは一切ない」

    スペインは、快勝したボスニア・ヘルツェゴビナ戦、韓国戦では不在だったレアル・マドリード(Real Madrid)とアトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)の欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2015-16)決勝組もすでに合流しており、この日のメンバーはその2試合よりも豪華だった。

    そして、試合を通してジョージアをほぼ自陣に押し込めたが、決定力を欠いて相手の人数をかけた守備を崩せずにいると、前半の終盤に浴びた1本のカウンターに沈んだ。

    欧州選手権3連覇を目指すスペインは、13日にトゥールーズ(Toulouse)でチェコとの大会初戦を迎える。【翻訳編集】 AFPBB News

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00000003-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/06/02(木) 01:22:08.68 ID:CAP_USER9.net
    国際親善試合
    2016年6月1日15:30
    レッドブル・アレーナ(オーストリア ザルツブルク州)

    スペイン 6-1 韓国

    30分 ダビド・シルバ
    32分 セスク・ファブレガス
    38分 ノリート
    50分 アルバロ・モラタ
    54分 ノリート
    83分 チュ・セジョン
    89分 アルバロ・モラタ
    3255162_herol
    http://www.goal.com/en-gb/match/spain-vs-korea-republic/2210200/lineups?ICID=MP_MS_2
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/19(木) 07:25:27.24 ID:CAP_USER9.net
    大会への切符をつかむ選手がいる一方で涙を呑む選手もいる。

    今週、EURO2016に向けて主要国が続々と代表候補メンバーを発表している。サプライズで初招集となった選手もいれば、まさかの代表落ちでタイトルへの挑戦を諦めなければならないスター選手も現れた。中でもそういった選手が数多く生まれたのがスペイン代表だ。独『Sport Bild』がそんな“代表漏れ”したスペイン人選手たちのベストイレブンを市場価値とともに発表している。

    GK:キコ・カシージャ(600万ユーロ)

    SB:フアン・ベルナト(1800万ユーロ)、エクトル・ベジェリン(1300万ユーロ)

    CB:ハビ・マルティネス(2500万ユーロ)、ラウル・アルビオル(850万ユーロ)

    MF:アンデル・エレーラ(2800万ユーロ)、サンティ・カソルラ(2400万ユーロ)、フアン・マタ(3500万ユーロ)、ヘスス・ナバス(2000万ユーロ)

    FW:ジエゴ・コスタ(4500万ユーロ)、フェルナンド・トーレス(900万ユーロ)

    市場価値は合わせて2億3150万ユーロ(約286億円)のベストイレブンが完成している。スペイン代表はタレントが揃っているため、実績のある選手でも落選するのは致し方ない。しかし、今季結果を残しているトーレスやマタの落選は大きな驚きをもって報じられており、不甲斐ない成績に終われば、ビセンテ・デル・ボスケ監督への批判は集中しそうだ。
    2016-05-19_10h40_15
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00010037-theworld-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ