海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカータイ代表

    1: Egg ★ 2019/09/11(水) 10:11:12.03
    現地時間9月10日、2022年のカタール・ワールドカップに向けたアジア2次予選の第2節で、敵地に乗り込んだタイ代表がインドネシア代表を3-0で撃破した。

    前日本代表指揮官の西野朗氏が率いるタイは、スコアレスで折り返した55分にスパチョク・サラチャットのゴールで先制すると、65分に横浜F・マリノスに所属するティーラトンがPKを決めて追加点をゲット。そして72分にスパチョクがダメ押しゴールを挙げ、趨勢を定めた。

    これで今年7月に発足したばかりの西野体制初勝利を挙げ、グループGの首位に浮上したタイ。現地メディアや識者からは、日本人指揮官の手腕に対して称賛の声が相次いでいる。

    ベトナム・メディアの『The Thao』は、「タイは容赦なくベトナムに牙を剥いた」と伝えたうえで、元タイ代表監督のチャーンビット・ホルシュウィン氏の西野監督に対するコメントを紹介している。

    「この勝利の鍵は選手たちが規律を守ったことにある。アキラ・ニシノから叩き込まれた戦術を徹底的に習得した。監督は日本の選手たちの方がタイよりも個の力で優れていることを理解したうえで、まずは戦術を浸透させた。それが良かった。ニシノの手腕があれば、タイは幸運に恵まれなくとも、自力でグループ突破を決められるはずだ」

    64歳のベテラン監督に対する賛辞はこれだけではない。元タイU-19代表監督のソムチャイ・チュアイブーンチャム氏も、その采配を褒めちぎっている。

    「私は今日のタイ、特にニシノ監督の采配に脱帽した。彼がこの試合で用いた戦術は本当に素晴らしかった。試合のなかでシステムを微調整する力とそれを実行に移させた能力は流石だった。今後、選手と監督の意思疎通がより深まり、戦術と哲学の理解度が浸透していけば、タイは2022年のワールドカップに向けた明るい道が開けてくることだろう」

    ご意見番たちが文字通り脱帽する戦いぶりを披露したタイ。次節は10月15日にホームで難敵UAEと対戦する。西野監督率いる戦象戦士(タイ代表の愛称)から、今後も目が離せない。

    9/11(水) 5:00 サッカーダイジェスト
    2019-09-11_20h20_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00010000-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2019/09/05(木) 08:14:29.42
    前日本代表監督で、タイ代表の新監督に就任した西野朗氏は4日、タイ・タンマサート大学スタジアムにおいて、5日の2022年カタールワールドカップ二次予選・ベトナム戦に向けた公式会見に臨んだ。

    西野監督は冒頭で「タイ代表監督として最初のゲームになる。招聘してきれたことに感謝する。限られた準備期間だったが、全力を尽くしたい」と意気込みを語った。そして、「一人ひとりのポテンシャルは想像以上。若い選手の中にはまだまだ可能性のある選手がたくさんいる」と一定の手応えを感じているようだった。

    ただ、「アジアや世界を見据えた中でまだまだ(試合を)やっていない。経験がない」とタイ代表をとらえている。また、「先輩への気遣いを感じる。同じレベル、同じ代表チームで選考しているし、それはダメ、チャンスがないよ(と言った)。A代表では自分を主張するプレーをしないといけない」と年長者に遠慮する特性は弱点ととらえている。

    タイ代表初陣がいきなりベトナム戦。東南アジアのライバル相手にホームで落とすわけにはいかず万全を期したいところだが、いかんせん準備期間が短い。思わず弱音ともとれる本音を吐露した。

    「タイ代表に限らず世界的に見られることだが、得点力不足を感じる。国内リーグではセンターFWは外国人選手。経験のある選手でさえ横(サイド)に置かれている。今回ストライカーを探すのは大変だった。全員で向かわないといけないが答えは出ていない。全員でアグレッシブに入る必要がある」

    監督に就任してまだ1ヶ月半。対するベトナムは韓国人の朴恒緖(パク・ハンソ)監督が2年間指揮をとっている。チームの成熟度では雲泥の差があり、地元メディアも大方が厳しい戦いになることを予想している。

    ベトナムの主将クエ・ゴック・ハイはタイのストロングポイントに「新しく優秀な監督を招いた」と警戒心をあらわにした。

    「勝負師」と名高い西野監督は、これまでもいくつもの厳しい戦いをものにしてきた。タイ代表の初陣で、その真髄を発揮することができるか。
    20190905_nishino-akira_gett-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2019/09/05/post337062/

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/05(金) 17:25:23.21
    決まってなかったの!? タイ人サッカーファンもがっかり

    7月1日、日本代表の前監督である西野朗氏がタイ代表の監督に就任するというニュースが日本とタイを駆け巡った。特にタイのファンたちは歓喜に沸いた。アジアで最も強く、憧れでもある日本代表の、しかもついこの間のワールドカップ・ロシア大会で16強に導いた監督がタイに来る。タイ国内のプロリーグも盛り上がり、タイもワールドカップ出場を目指そうとしているタイミングだ。夢に一歩近づいたと誰もが思ったに違いない。

    ところが、発表翌日に帰国した西野氏が日刊紙の記者の問いかけに対し、タイ代表就任を否定するという事態になってしまった(参照:“西野朗氏がタイ代表監督就任を否定「現段階でない」”|日刊スポーツ)。いったいなぜこんなことになってしまったのか。タイのサッカー関係者に話を聞いた。

    「信じられない」と思ってた人もいたタイサッカー界

    就任を否定した速報は7月3日の日本時間早朝に公開され、わずか3~4時間後にはタイでも翻訳記事が出て、サッカーファンが大騒ぎになった。タイ・サッカー協会内部でも混乱が生じたために幹部に話を伺うことができなかったが、内部事情を知るタイ人記者はこう語っている。

    「協会が発表する前からすでに西野氏の就任の噂があり、概ね合意していると聞いていました。要するに早い段階で情報が漏れていたんです。ただ、契約書にサインをする前の段階という状態でした。西野氏も訪タイしてタイのリーグの試合を視察され、報道関係者は動向を見守っていたところです」

    そして1日にタイ・サッカー協会がソムヨット会長と西野氏のツーショット写真と共にマスコミへ就任を公式発表してしまう。ところが、この時点においても、実際のところは噂の段階から特に進展がなく、サインはされないまま西野氏が帰国してしまったのだ。西野氏は2日に帰国しているようだが、タイ語のニュースだったことから氏の耳には入らないまま日本に到着され、日刊紙記者の問いに西野氏本人が驚くことになったというわけ。

    前出の記者が続ける。

    「このケースは正直、よくあることなんですよ。だから、多くのタイ・サッカー関係者はどうなっているのかを静観していました。実際に西野氏と協会の記者会見が行われないことには信じられないと思っていた人もいるんです」

    ほかの、タイ人・外国人問わずスポーツ紙の記者やサッカー・ビジネスに関わる人に聞くと、たとえばタイ・サッカー協会が記者会見やイベントを開催すると公式に発表しても、場所と日時が間違っていて、直前に変更されるということは日常茶飯事なのだそうだ。そのため、公式発表であっても裏を取る必要があり、複数の幹部や関係者に確認して初めて真偽がわかるということがよくあるという。

    日本の報道もタイの西野氏就任の速報を見て追随したわけだが、協会の公式発表とあっては誰だって真実だと思うだろう。よほどの人脈がない限り、本当かどうかを確認する先も結局、情報を発したタイ・サッカー協会になってしまう。それがこの騒動の顛末であった。
    2019-07-05_19h37_47

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00196306-hbolz-soci

    >>2以降に続く

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/02(火) 00:04:20.53
    日本代表前監督の西野朗氏(64)がタイ代表監督に就任することが1日、決まった。タイ・サッカー協会が発表した。

    西野氏は訪問中のタイの首都バンコクで同国サッカー協会を訪れ、幹部らと会談、代表監督就任要請について、契約条件などを話し合っていた。

    地元メディアによると、午後の話し合いは約3時間に及んだ。同国協会はこの日のうちの返答を求めたというが、西野氏は返答せず1度は会談の場を後にした。その後、受諾の返答をしたようだ。

    来年の東京五輪出場を目指すU-23(23歳以下)代表監督を兼務するかどうかについても話し合われたようで、兼任監督を務める。

    当初、年俸は5000万円とみられていたが、一部報道によると2年契約で年俸3000万バーツ(約1億1500万円)と好条件を提示されたようだ。

    昨年のロシアW杯決勝トーナメント1回戦、逆転負けしたベルギー戦後、退任しており、この1年間はフリーの立場だった。

    柏、G大阪などを率い、長く現場で指揮官として生き抜いてきた。現場へのこだわり、思いは強く、進境著しいタイで、再びW杯を目指す真剣勝負の場に身を置く。

    タイはW杯出場経験がないが、Jリーグのコンサドーレ札幌で大活躍するMFチャナティップら逸材が多く、近年急成長を遂げ、22年W杯カタール大会出場を目指している。FIFAランキングは、日本の28位に対し、116位。切り札西野監督で、一気の急成長を目指す。

    これで、森保ジャパンも含め、17日に組み合わせ抽選があるW杯アジア2次予選への注目度は一気に増した。カンボジアは、実質的な監督として本田圭佑が率い、タイを西野氏。この3人はちょうど1年前のW杯を西野監督、森保コーチ、MF本田としてともに戦った。

    組み合わせ次第では、森保ジャパンに西野タイ、本田カンボジアと、日本を知り尽くす指揮官が率いるライバルが立ちはだかる可能性もある。

    ◆西野朗(にしの・あきら)1955年(昭30)4月7日、埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。浦和西-早大から日立に入り日本代表でも活躍。90年に現役引退し指導者となる。96年アトランタ五輪では日本代表を率いブラジルを下す「マイアミの奇跡」を起こす。その後は柏、G大阪、神戸、名古屋の監督を歴任。G大阪でリーグ、ナビスコ杯、天皇杯、ACLなど数々のタイトルを獲得。J1通算270勝は史上最多。昨年のW杯ロシア大会直前に、ハリルホジッチ監督の解任を受け、日本協会の技術委員長からA代表監督に緊急登板。見事な手腕で日本を2大会ぶりの決勝トーナメントへと導いた。

    7/1(月) 23:42配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-07010411-nksports-socc

    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/22(金) 11:00:03.42
    Jリーガーコンビで決勝点!タイ、カンナバーロ初陣の中国を撃破

    北海道コンサドーレ札幌に所属するタイ代表MFチャナティップが決勝点を挙げ、母国を決勝進出に導いた。

    21日、タイはチャイナカップ準決勝でファビオ・カンナバーロ体制初陣の中国代表と対戦。チャナティップのほか、DFティーラトン(横浜FM)とMFティティパン(大分)のJリーガー3人が先発に名を連ねた。

    決勝点が生まれたのは前半33分。MFアディサク・クライソーンのスルーパスに抜け出したティティパンがPA右からマイナスへ折り返し、ゴール前に走り込んだチャナティップが右足で流し込んだ。

    米『ESPN』によると、タイはボール保持率40%、中国のシュートを17本(枠内6本)も浴びたが最後まで得点を許さず、1-0で完封勝利。25日に行われる決勝では、22日に行われるウルグアイ対ウズベキスタンの勝者と対戦する。
    2019-03-22_11h38_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-41088461-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/07(月) 13:06:20.20
    アジアカップに参戦しているタイ代表は6日にグループステージ初戦でインドと対戦したが、1-4で大敗。試合後、タイサッカー協会はセルビア人のミロヴァン・ライェヴァツ監督を解任したと発表した。J1北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティプ・ソングラシンらJリーガーも擁するタイに激震が走った。

    【動画】監督電撃解任の引き金となる大敗…アジア杯グループステージ初戦「タイ×インド」(1-4)ハイライト

    国の経済成長により、国内リーグが発展するなど進境著しいタイ。チャナティップや昨季までヴィッセル神戸で活躍したDFティーラトン、前サンフレッチェ広島FWティーラシンら豊富なタレントがインド戦の先発に顔を揃えた。

    前半はティーラトンのセットプレーから、ティーラシンのゴールも生まれて1-1で折り返したが、後半に入るとPKを含む3失点。FIFAランキング118位のタイは同97位のインドに大敗スタートとなった。

    そして、試合後にタイサッカー協会はライェヴァツ監督の電撃解任を発表。昨年2月に2020年まで契約延長を果たしたが、大舞台の初戦でつまずいたことから協会が英断を下した。

    アジアカップの残りの試合はアシスタントコーチのシリサク・ヨディヤタイ氏が暫定的に指揮を執ることになった。

    1/7(月) 12:43フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00159809-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    2017-03-28_23h45_47

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 23:25:31.08 ID:CAP_USER9.net
    W杯アジア最終予選で日本に0-4で完敗したタイのキャティサック監督は試合後、「日本をお祝いします」と晴れやかな表情で口を開いた。

    後半40分に獲得したPKでもゴールを割れなかったが、「選手はいい試合をした。何も不満はない」と強調した。

    B組では勝ち点1の最下位に沈むものの、決して自陣ゴール前を固めるだけでなく日本ゴールを脅かすシーンを何度も作った。「いい経験になった。残りの3試合に生かし、タイを負かしてロシアに行くのは大変と思わせたい」と、今後を見据えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000589-san-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 18:19:19.84 ID:CAP_USER9.net
    大迫の代役は岡崎。

    ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選第7節のタイ戦に挑む日本代表のスタメンが発表された。
     
    メンバーは以下のとおり。
     
    GK
    1 川島永嗣(メス=フランス)
     
    DF
    5 長友佑都(インテル=イタリア)
    6 森重真人(FC東京)
    19 酒井宏樹(マルセイユ=フランス)
    21 酒井高徳(ハンブルク=ドイツ)
    22 吉田麻也(サウサンプトン=イングランド)
     
    MF
    10 香川真司(ドルトムント=ドイツ)
    16 山口 蛍(C大阪)
     
    FW
    8 原口元気(ヘルタ・ベルリン=ドイツ)
    9 岡崎慎司(レスター=イングランド)
    14 久保裕也(ヘント=ベルギー)
    2017-03-28_18h35_39
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170328-00023943-sdigestw-socc
    続きを読む

    GettyImages-599650844

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 19:05:05.35 ID:CAP_USER9.net
    28日にW杯アジア最終予選日本戦に臨むタイ代表が前日の27日、会場の埼玉スタジアム内で公式会見を行った。

    キャティサック監督は「日本はこのグループで最も強いチームの一つ。私たちに失うものは何もない。気持ちと魂を込めて明日の素晴らしい試合を戦いたい」と話した。現在1分け5敗でB組の最下位。「勝ち点1でも素晴らしい結果。日本は勝ち点15を積むとロシア(W杯)に近くなる。明日はできる限りのことをして素晴らしいパフォーマンスをしたい」と日本の連勝阻止を誓った。

    主将のDFティーラトンは累積警告で日本戦に出場できないため、来日せず。同指揮官は「チーム自体に弱いところが出てくることを意味する」とセットプレーのキッカーを欠く事態に危機感を示す一方で、「代わりに若い選手を出す。チームワークでプレスする」と力を込めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000131-spnannex-socc
    続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/11/15(火) 22:58:49.34 ID:CAP_USER9.net
    [11.15 W杯アジア最終予選B組 タイ2-2オーストラリア]

    ロシアW杯最終予選で日本と同じB組を戦うオーストラリア代表は、敵地でタイ代表と対戦し、2-2で引き分けた。2連勝のあと、3戦連続の引き分けとなったオーストラリアは、勝ち点9で3位に後退。ホームでサウジアラビアを下した日本は、サウジアラビアに勝ち点10で並ぶ2位に浮上した。

    オーストラリアとしては冷や汗ものの勝ち点1獲得となった。前半9分にMFミル・ジェディナクのPKで先制したオーストラリアだが、同20分にFWティーラシン・デーンダーに同点弾を浴びる。さらに後半12分にはPKを献上。これもデーンダーに決められ、まさかの逆転を許してしまう。

    しかし後半20分、オーストラリアは再びPKを獲得。これをジェディナクが再び蹴り込み、辛くもドローに持ち込んだ。ただ3戦連続のドローとなったオーストラリアは、日本にかわされて3位に後退した。
    2016-11-15_23h14_57
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-01633373-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ