海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーチリ代表

    1:Egg ★:2017/11/27(月) 23:47:32.24 ID:CAP_USER9.net
    日本代表に南米の強豪チリ代表と親善試合を行う可能性が浮上している。チリ紙『El Mercurio』が報じた。

    同紙によると、チリサッカー連盟(ANFP)は現在、W杯が開催する数週間前の期間を利用して国際親善試合を行うことを計画しており、

    その相手として現在交渉が行われているのが日本代表と韓国代表であるという。

    開催地はヨーロッパのどこかを予定しているとされているが、詳細は明らかになっていない。

    ANFP側は「それら2つの代表チームと親善試合という形で対戦することは一つの選択肢だ。

    我々は現在交渉の段階にあるが、それが他のチームになる可能性もある。まだ決定はしていない」と語っている。

    チリ代表は、2015年と2016年に行われたコパ・アメリカを連覇するなど強豪チームとして知られている。

    ロシアW杯南米予選では混戦極める戦いの中で惜しくも6位で本戦出場は逃してしまったものの、最新のFIFAランキングでは10位に位置しており、その実力は折り紙付きだ。

    もしこの親善試合が実現することになれば、日本代表にとってはW杯に向けていいシミュレーションの機会となるかもしれない。

    日本代表、W杯直前に南米の強豪チリと親善試合の可能性。現地メディア報じる

    11/27(月) 22:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171127-00243392-footballc-socc

    写真

    続きを読む


    【アルゼンチン 0-0(PK戦:4-2) チリ コパ・アメリカ決勝】

    アルゼンチン代表とチリ代表は現地時間26日、コパ・アメリカ決勝戦で対戦した。

    両チームはグループステージで対戦しており、その際はアルゼンチンが2-1で勝利。さらに、このカードは昨年開催された前回大会の決勝と同じ組み合わせでもある。

    アルゼンチンが勝利すれば1993年大会以来23年ぶり、ウルグアイと並んで最多15回目の優勝となる。一方、チリが優勝すれば初優勝を遂げた前回大会に続く連覇達成となる。

    前半はカードが飛び交う大荒れの展開に。前半28分でチリのマルセロ・ディアスが早くも2枚目のイエローカードを受けて退場となり、アルゼンチンは早くも数的優位に立つ。

    しかし、それも長くは続かず。アルゼンチンは43分にマルコス・ロホがアルトゥーロ・ビダルに対するタックルによってレッドカードを提示され、一発退場となる。

    アルゼンチンはリオネル・メッシ、ゴンサロ・イグアインらがゴールに迫り、7本のシュートを放ったのに対してチリは0本と、前半はアルゼンチンが攻勢を強めたがスコアレスのまま後半へと突入する。

    チリは56分にマウリシオ・イスラがボックス外からようやくこの試合最初のシュートを放つ。アルゼンチンはメッシがドリブル突破を試みるが、ファウル覚悟のチリの守備を前にチャンスを作り出せない。

    カウンターで勝機を見出したいチリは79分にエドゥアルド・バルガスがアレクシス・サンチェスからのロングボールを受けてGKと1対1を迎えるが、セルヒオ・ロメロにセーブされてしまう。

    結局90分間でゴールは生まれず、勝負の行方は前回大会と同様にスコアレスで延長戦へともつれ込んだ。

    延長前半は99分に途中出場のエドソン・プッチのクロスからバルガスがヘディングを狙うが、これはS・ロメロが抑える。その直後にはセットプレーからセルヒオ・アグエロもヘディングで際どいシュートを放つが、今度はチリの守護神クラウディオ・ブラーボがファインセーブで危機を救った。

    延長後半に突入すると体力の限界を迎えた両チームともに攻撃の精度を欠いてしまう。120分経過しても両チームにゴールが生まれることはなく、タイトルを懸けた激戦はPK戦に委ねられた。

    PK戦の先攻はチリ。しかし、1人目のビダルのキックはS・ロメロにセーブされてしまう。さらにアルゼンチンも1人目のメッシが大きく枠を外してしまい、リードを得ることができない。

    その後はチリが全員決めたのに対してアルゼンチンは4人目のルーカス・ビリアが失敗して万事休す。

    2大会連続で同じ決勝の顔合わせとなった激戦は、PK戦の末にチリが再びアルゼンチンを下して史上4ヶ国目となる2連覇を達成した。

    バルセロナでは数々のタイトルを獲得し、バロンドールも受賞してきたメッシにとっては勝てば初めてのA代表でのタイトルとなったが、ブラジルW杯や前回大会に続いてまたも無冠に終わってしまった。

    【得点者】
    なし

    【PK戦】
    チリ:×○○○○
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/23(木) 13:25:32.56 ID:CAP_USER9.net
    ◆コロンビア0-2チリ

    【得点者】
    0-1  07分 アランギス
    0-2  11分 フエンサリダ

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2580-2580-lv

    超WORLDサッカー
    http://web.ultra-soccer.jp/match/score?mid=26957

    コパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権100周年記念大会)は現地時間22日(以下現地時間)に準決勝の残り1試合が行なわれ、前回王者チリがコロンビアを2対0で下し、アルゼンチンの待つ決勝へと駒を進めた。

    立ち上がりに主導権を握ったチリは7分、相手のゴール前でのクリアミスを逃さず、アランギスが先制点。さらにその4分後、GKブラボからのロングボールを受けたサンチェスがシュートを打つと、GKが弾いたこぼれ球をフエンサリダが押し込んで追加点を奪う。

    チリの2点リードで前半を終えると、ハーフタイムにアクシデント。雷雨の影響で試合を再開することができず、約2時間半の中断を余儀なくされた。

    追いつきたいコロンビアだが、59分にカルロス・サンチェスが2度目の警告を受けて退場に。終盤にバッカらを投入するも反撃実らず。チリが決勝へのチケットを手にしている。

    アルゼンチンとチリによる決勝は26日。両チームは昨年のコパ・アメリカ2015(南米選手権)ファイナルでも激突しており、このときはPK戦の末にチリが地元での優勝を飾った。また、今大会はグループリーグ初戦で顔を合わせ、アルゼンチンが2対1で勝利している。

    なお、25日には開催国アメリカとコロンビアによる3位決定戦が行なわれる。
    2016-06-23_13h46_35
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00000016-ism-socc

    王者チリがコロンビアを破り決勝進出…雷雨で2時間半中断の熱戦を制す
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00459697-soccerk-socc

    雷雨の影響で約2時間半中断も、前半2発奪ったチリが2連覇王手!
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-01628576-gekisaka-socc

    ◇大会公式
    http://www.ca2016.com
    ◇スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/
    ◇スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/19(日) 13:00:15.78 ID:CAP_USER9.net
    コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の準々決勝が18日に行われ、メキシコ代表とチリ代表が対戦した。

    メキシコはウルグアイやベネズエラと同居したグループステージを首位で通過。現在は22試合の無敗記録を誇っており、北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)の国として初めてコパ・アメリカ制覇を目指す。

    一方、前回王者のチリは初戦のアルゼンチン戦で敗れ、第2戦のボリビア戦でも苦戦を強いられたが、最後はパナマに快勝して決勝トーナメント進出を果たした。

    試合は開始からチリが押し気味で進める。16分、マルセロ・ディアスがエリア外からミドルシュートを放つと、GKギジェルモ・オチョアが弾いたところをエドソン・プッチがゴール左に押し込み、チリが先制に成功する。

    さらに前半終了間際の44分、左サイドでジャン・ボセジュールがボールを持つと、エリア左横のアレクシス・サンチェスへパス。A・サンチェスが相手を引きつけ、タイミングをズラしたところでマイナスのパスを送る。これをエドゥアルド・バルガスが押し込み、貴重な2点目を手にした。このままチリが2-0でリードしてハーフタイムを迎える。

    すると後半はチリの攻撃陣が爆発する。49分、チリが前線から激しいプレスを仕掛け、メキシコが最終ラインで危険なパス回しとなる。アルトゥーロ・ビダルがエリア手前左でボールを奪うと、A・サンチェスとのワンツーでエリア内左へ進入。ビダルが深い切り返しから、マイナスのパスを送ると、A・サンチェスが右足でゴール中央へ決め、3点差をつけた。

    さらに52分、中盤のチャルレス・アランギスが前線に入れたボールをメキシコDFがクリアしそこねると、これが最終ラインの裏に抜けてE・バルガスがフリーとなる。E・バルガスがドリブルでエリア内まで持ち込み、GKとの一対一を制して4点目を奪った。

    メキシコは完全に集中力を欠いてしまい、チリが一方的に攻め込む。58分には左サイドのボセジュールが入れたシュート性のボールをGKオチョアが弾き、こぼれ球をE・バルガスが押し込んでハットトリックを達成。72分にはE・バルガスがこの試合4点目を決め、6点差を付けてしまった。

    その後、チリは87分にプッチがこの試合2点目を決め、7-0でチリがメキシコを下した。

    勝ち上がったチリは22日に行われる準決勝でコロンビアと対戦する。

    【スコア】
    メキシコ代表 0-7 チリ代表

    【得点者】
    0-1 16分 エドソン・プッチ(チリ代表)
    0-2 44分 エドゥアルド・バルガス(チリ代表)
    0-3 49分 アレクシス・サンチェス(チリ代表)
    0-4 52分 エドゥアルド・バルガス(チリ代表)
    0-5 58分 エドゥアルド・バルガス(チリ代表)
    0-6 74分 エドゥアルド・バルガス(チリ代表)
    0-7 87分 エドソン・プッチ(チリ代表)
    2016-06-19_14h33_30
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00457875-soccerk-socc
    続きを読む

    2016-06-07_15h53_40
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/07(火) 13:08:07.05 ID:CAP_USER9.net
    ■アルゼンチン 2-1 チリ

    【得点者】
    1-0 51分 アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)
    2-0 59分 エベル・バネガ(アルゼンチン)
    2-1 90+3分 エリック・プルガル(チリ)

    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2519-2519-lv

    ■パナマ 2-1 ボリビア

    【得点者】
    1-0 11分 ブラス・ペレス(パナマ)
    1-1 54分 フアン・カルロス・アルセ(ボリビア)
    2-1 87分 ブラス・ペレス(パナマ)

    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2518-2518-lv

    コパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権100周年記念大会)は現地時間6日にグループD第1節の2試合が行なわれ、アルゼンチンが前回王者チリを2対1で下し、白星スタートを切った。

    前回大会ファイナルの再戦となった一戦。負傷の影響でメッシをベンチスタートとしたアルゼンチンは51分、高い位置でのボール奪取から、バネガのラストパスを受けたディマリアが左足で決めて先制に成功する。

    アルゼンチンはさらに59分、1点目と同様の形から今度はディマリアが持ち上がり、パスを受けたバネガが追加点。終了間際にセットプレーから1点を返されたものの、そのまま逃げ切り。1年前の決勝でPK戦の末に敗れた相手を初戦で下した。

    この日行なわれたもう1試合では、コパ・アメリカ初出場のパナマがボリビアに2対1と勝利。ペレスが2得点を挙げ、記念すべき初白星を掴んでいる。

    この結果、グループDではアルゼンチンとパナマが勝ち点3を手にし、チリとボリビアが同0となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160607-00000022-ism-socc

    ☆パナマがボリビアに競り勝つ、ペレスが2発の活躍!
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160607-01628058-gekisaka-socc

    ☆パナマが終盤の劇的弾でボリビアに競り勝つ…ブラス・ペレスが2ゴールの活躍
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160607-00452286-soccerk-socc

    ☆B・ペレスの2ゴールでパナマがボリビアに競り勝つ!!
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=242305&page=0

    ☆アルゼンチン、メッシ欠場もディ・マリアが躍動…王者チリ撃破で白星発進
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160607-00452321-soccerk-socc

    ☆バネガ&ディ・マリアが1G1A!前回決勝再現カードはアルゼンチンがチリを下し、雪辱果たす
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160607-01628063-gekisaka-socc

    ◇大会公式
    http://www.ca2016.com

    ◇スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    ◇スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/09(金) 10:49:41.53 ID:???*.net
    [10.8 南米予選第1節 チリ2-0ブラジル]

     ロシアW杯の南米予選が8日に開幕した。2大会ぶりの予選出場となるブラジル代表は、今夏のコパ・アメリカを制したチリ代表と敵地で対戦。

    しかし、後半27分にセットプレーからFWエドゥアルド・バルガスに先制点を許すと、同45分にもFWアレクシス・サンチェスにダメ押しゴールを決められ、0-2で完敗した。

     王国がまさかの黒星発進となった。エースFWネイマールがコパ・アメリカのコロンビア戦で受けた退場処分により出場停止。

    それでも分厚い選手層を誇るブラジルには勝利の期待がかかっていた。ただ、DFダビド・ルイスが前半36分で負傷交代したブラジルは、最後までリズムを取り戻せず完封負け。南米予選の厳しさを改めて実感させられた。
    news_173768_1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-01188540-gekisaka-socc

    http://m.fifa.com/worldcup/matches/round=276453/match=300336829/index.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444355381/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 07:57:57.05 ID:???*.net
    [7.4 コパ・アメリカ決勝 チリ0-0(PK4-2)アルゼンチン]

    コパ・アメリカは4日(日本時間5日)、決勝を行い、開催国のチリがアルゼンチンを下し、初優勝を飾った。0-0のまま延長戦でも決着付かず、PK戦にもつれ込んだ死闘。アルゼンチンは2人が失敗し、地元のチリがPK4-2で競り勝った。チリは3度目の決勝進出で悲願の初優勝となった。

    アルゼンチンは前半20分、左サイド角度のない位置からFWリオネル・メッシの右FKにFWセルヒオ・アグエロが頭で合わせるが、GKクラウディオ・ブラーボがセーブ。チリも同23分、自陣からDFフランシスコ・シルバの1本のロングパスにFWエドゥアルド・バルガスが抜け出し、フィニッシュまで持ち込んだが、シュートはクロスバーを越えた。

    アルゼンチンは前半29分にFWアンヘル・ディ・マリアが負傷交代するアクシデント。長い距離をドリブルで駆け上がった際、右太腿裏を痛めた模様で、FWエゼキエル・ラベッシとの交代を余儀なくされた。

    予期せぬハプニングで攻撃の中心を一人失ったアルゼンチン。攻撃になかなかリズムが生まれず、地元大観衆の後押しを受けるチリの攻勢に耐えながらカウンターをうかがう展開となった。しかし、0-0の拮抗した時間が続く中、互いに最後の決め手を欠く。

    アルゼンチンは後半アディショナルタイム、カウンターからメッシが中央でドリブルで持ち上がり、左サイドのスペースへスルーパス。ラベッシがゴール前に折り返し、逆サイドから途中出場のFWゴンサロ・イグアインが飛び込む決定機をつくったが、シュートは枠を捉え切れず、0-0のまま90分間を終えた。

    試合は延長戦に突入するが、両チームともになかなかゴールネットを揺らすことができない。アルゼンチンは延長前半13分、ラベッシが左足をつってピッチに倒れ込むが、すぐにピッチに戻った。MFハビエル・マスチェラーノも左ふくらはぎを痛めるが、足を引きずりながらプレーを続けるなど、まさに死闘となったファイナル。延長後半でもゴールは生まれず、試合は0-0のままPK戦にもつれ込んだ。

    後攻のアルゼンチンは2人目のイグアインがゴール上に外すと、3人目のMFエベル・バネガもGKブラーボに止められた。チリは4人目のFWアレクシス・サンチェスが決め、PK4-2。激闘の末、チリが地元で初の南米チャンピオンに輝いた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00769964-gekisaka-socc
    ゲキサカ 7月5日(日)7時54分配信
    2015-07-05_08h51_16
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00769964-gekisaka-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1436050677/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 10:44:26.20 ID:???*.net
    【チリ 2-1 ペルー コパ・アメリカ準決勝】

    南米No.1を決めるコパ・アメリカの準決勝が現地29日に行われ、開催国チリとペルーが激突した。

    圧倒的ホームで有利な状況のチリは、準々決勝ウルグアイ戦で相手のカバーニの尻を触って挑発したとして退場処分を受けたハラが2試合出場停止のため不在に。代役としてロハスが今大会初スタメンを飾った。

    対するペルーは絶好調ゲレーロの相方にファルファンが起用され、ベテランのピサーロはベンチスタート。右サイドにはスポルティング・リスボンで田中順也とともにプレーするカリージョが初先発を果たした。

    試合は立ち上がりから荒れ模様となる。両チームとも揉めごとを起こしながら準々決勝を勝ち上がってきたが、今回はペルーのCBサンブラーノが危険なタックルを繰り返し、開始6分でイエローカードを受けた。

    ボールを持つたびにブーイングを浴びながらプレーするペルーは、前線を幅広く動き回るゲレーロを起点に、シンプルな攻撃でチリのゴールを脅かす。ファルファンのヘディングがポストを叩くなど、惜しいチャンスを何度も作った。

    しかし、いい流れに水を差すアクシデントが起こる。20分、チリのMFアランギスの背中にスパイクの裏で蹴りを入れたサンブラーノがレッドカードを提示され、ペルーは70分を残して10人になってしまった。

    数的優位に立ったチリは主導権を奪い返し、28分にはバルディビアがA・サンチェスとの絶妙なコンビネーションからゴールをかすめるシュートを放つなど攻勢を強める。

    すると前半終了間際に最初のゴールが生まれる。42分、左サイドから切れ込んだA・サンチェスが中へクロスを送り、飛び込んだアランギスを通り越してポストを直撃する。そのこぼれ球をE・バルガスが押し込んでチリが待望の先制点を手にした。

    前半を1点リードで終えたチリは、早めにとどめを刺すべく後半開始から2人を入れ替える。ディアスに代えて大ベテランのD・ピサーロ、アルボルノスに代えてメナを投入して勝負に出た。

    しかし、次の1点はまさかの展開で生まれる。ボールを奪っても攻めに人数をかけられないペルーがシンプルな展開で右サイドをアドビンクラに走らせる。そしてクロスを上げると、クリアを試みたメデルがまさかのオウンゴール。残り30分で1人少ないペルーが追いついた。

    ホームで絶対に負けられないチリは、先制ゴールのE・バルガスが悪い流れを一気に清算する。64分、チリが中盤でボールを奪ってショートカウンターを仕掛けると、エリア手前でE・バルガスが右足を一閃。無回転で鋭く落ちる見事なシュートがペルーゴールに突き刺さった。

    このゴールでE・バルガスは大会4得点目となり、得点王争いで単独トップに立った。

    追いつくための1点が欲しいペルーは大黒柱C・ピサーロとヨトゥンと投入して4-3-2のフォーメーションに移行し、リスクを冒してゴールへの意識を強める。その隙を突きたいチリは78分、バルディビアのスルーパスにA・サンチェスが飛び込むも、ボールは枠のわずか外へ。直後にはビダルも強烈なシュートでゴールを狙うが、惜しくも枠の上へと外れた。

    数的不利でも攻めの意識を持ち続けるペルーに対し、チリは巧みな時間の使い方で相手の勢いを削ぎ、アディショナルタイムも失点することなく抑えきった。

    これにより開催国チリの決勝進出が決定。コパ・アメリカ初優勝まであと1勝となっている。決勝は来月4日にアルゼンチン対パラグアイの勝者と行われる。

    【得点者】
    42分 1-0 E・バルガス(チリ)
    60分 1-1 オウンゴール(メデル、チリ)
    64分 2-1 E・バルガス(チリ)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150630-00010006-footballc-socc
    フットボールチャンネル 6月30日(火)10時22分配信
    2015-06-30_11h55_08
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150630-00010006-footballc-socc.view-000
    エドゥアルド・バルガスが勝負を決めた
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435628666/

     
    続きを読む

    CITxgJHW8AA2g6Z
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 10:59:16.88 ID:???*.net
    [6.24 コパ・アメリカ準々決勝 チリ1-0ウルグアイ]

    コパ・アメリカは24日(日本時間25日)、準々決勝の1日目を行った。グループAを首位通過した開催国のチリ代表は、グループBで3位だった前回王者ウルグアイ代表と対戦し、1-0で勝利。ベスト4一番乗りを決めた。勝利したチリは、明日26日に行われるボリビア対ペルーの勝者と30日に準決勝を行う。

    圧倒的なアウェーの中、父親が交通事故により逮捕されたFWエジソン・カバーニが先発出場したウルグアイが積極的な入りを見せたが、開催国チリが前半8分にDFマウリシオ・イスラの浮き球パスをFWエドゥアルド・バルガスが右足ボレーでファーストシュートを放つと流れは一気にチリに傾く。

    前半26分、右サイドからイスラが中央に送ったグラウンダーのパスをMFホルヘ・バルディビアがスルー。ゴール正面で受けたMFチャルレス・アランギスが反転から左足シュートを放つ。同33分には、右サイドのFKの流れから波状攻撃もFWアレクシス・サンチェスのダイビングヘッドは枠を外れ、ウルグアイの堅い守備を崩すことはできず、前半をスコアレスで折り返した。

    後半は一進一退の攻防を繰り広げた。チリは同3分、右から切れ込んだMFアルトゥーロ・ビダルが左足ミドルもGKムスレラがキャッチ。ウルグアイも同8分にFKのこぼれ球をFWディエゴ・ロランが右足で狙うもGKクラウディオ・ブラーボにキャッチされ、お互いにゴールネットを揺らすことができない。

    すると、後半18分に試合が動いた。前半29分にも副審への抗議で警告を受けていたカバーニが、苛立ちからかマークに付いていたDFゴンサロ・ハラに手を出してしまい、この日2枚目の警告を受けて退場。ウルグアイは残りの時間をエース抜きで戦うこととなってしまう。

    レギュレーションにより、今大会は延長戦がなく前後半の90分で勝敗が決まらない場合は即PKとなる。そのため、なんとしても残り時間で得点を挙げたいチリは、後半26分にFWマウリシオ・ピニージャとMFマティアス・フェルナンデスを投入し、攻勢を強めると同36分に待望の先制点を挙げた。

    左サイドでボールを受けたサンチェスがゴール前に放り込む。これはGKムスレラが飛び出してパンチングで弾くもセカンドボールをバルディビアが拾って横パス。イスラがトラップから右足を振り抜き、DFホルヘ・フシレの股下を抜けてゴールに吸い込まれていった。

    終了間際にはウルグアイのフシレが2枚目の警告で退場。9人となった上に判定に納得いかず、主審に猛抗議していたオスカル・タバレス監督までも退席となった。結局、イエローカード8枚、レッドカード2枚が出た荒れた試合はチリが1-0で制し、準決勝進出を決めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150625-00726931-gekisaka-socc
    ゲキサカ 6月25日(木)10時30分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150625-00726931-gekisaka-socc.view-000

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1484750.html
    トーナメント 日程
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435197556/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 10:43:58.86 ID:???*.net
    [2015年3月27日8時20分]

    ゴールを挙げ、喜ぶイランの選手たち(AP)

    <国際親善試合:イラン2-0チリ>◇26日◇オーストリア・セントペルテン

     FIFAランク42位のイランが、同15位のチリを2-0で下した。

     チリは28日のブラジル戦を見据え、MFビダル(ユベントス)、FWサンチェス(アーセナル)をベンチスタート。それでも試合をほぼ支配していたがゴール前での決定力を欠き、逆に前半21分、イランが左CKをファーサイドでMFネクナム(オサスナ)が右足を合わせて先制。さらにイランは後半5分、カウンターからFWグーチャンネジャド(チャールトン)のラストパスをMFアミリ(ナフト・テヘラン)が左足で流し込んで追加点を奪った。

     チリはW杯後8戦してこれが2敗目。
    2015-03-27_11h23_02
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1452516.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1427420638/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ