海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカードイツ代表

    1:Egg ★:2018/06/18(月) 08:53:02.43 ID:CAP_USER9.net
    「歴史的アップセット」を食らった36年前。
    連覇を目指す王者が、歴史的な黒星スタートを余儀なくされた。

    現地6月17日、大会4日目に満を持して登場した前回大会の覇者ドイツは、グループステージ初戦でメキシコと対戦した。

    互いにアグレッシブな展開のなかで始まった試合は、35分にメキシコが先手を取る。自陣からの速攻で抜け出したイルビン・ロサーノがネットを揺らした。

    電光石火の早業で名手マヌエル・ノイアーの牙城を崩したメキシコは、試合後にファン・カルロス・オソリオ監督が「6か月前から練ってきた」というプランを、その後も堅実に実行。一方のドイツは、相手を押し込みはしたものの、時間の経過とともに焦りが募り、効果的な攻撃をクリエイトできなかった。

    結局、最後までメキシコの守壁を破れなかったドイツは0-1で敗戦。W杯初戦を落とすのは、アルジェリアに足元をすくわれた1982年スペイン大会以来の出来事である。

    当時も、戦前の下馬評はドイツの圧倒的優勢という見方が大半だった。というのも、予選を全勝で通過した当時のチームは、カールハインツ・ルムメニゲら名手が多く揃い、さらに相手が本大会初出場のアルジェリアというだけあって、楽勝ムードが漂っていたのだ。

    しかし、非常に士気が高く、統率の取れた優れた集団であったアルジェリアは、ユップ・デアバル監督が率いる西ドイツ(当時)を徹底的に研究していた。そして、素早いパスワークと豊富な運動量で相手の意表を突き、54分にラバ・マジェールが先制点を奪い、同点とした直後の67分には、ラフダル・ベルミが決勝ゴールを決めた。

    戦前の予想を大きく覆され、「歴史的アップセット」といわれる敗北を喫した直後、デアバル監督は「信じられない……」と語るに止まった。

    批判と嘲笑を浴びた敗北から36年後、ドイツはW杯で負けたことがなかったメキシコを相手に、大会初戦を落とした。ディフェンディングチャンピオンという立場にあっただけに、今度も「番狂わせ」と言っていいだろう。

    サッカーダイジェスト 6/18(月) 5:34
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00042349-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/18(月) 01:51:27.22 ID:CAP_USER9
    6/18(月) 1:50配信
    スポーツ報知
    メキシコがドイツ破る大波乱…ドイツの初戦黒星は82年以来

    歓喜のメキシコイレブン(ロイター)
     ◆W杯ロシア大会▽1次リーグF組 ドイツ―メキシコ(17日、モスクワ)

    グループF注目のカードで波乱が起きた。メキシコがFIFAランク1位で連覇を目指すドイツを1―0で下し、下克上に成功した。

    前半35分。自陣でボールを奪ったメキシコが、カウンターへ。FWエルナンデスがFWベラとの素早いパス交換で前を向いた。ドリブルで持ち運ぶと、左サイドを駆け上がってきたFWロサーノへ。22歳の有望株はエリア左で鋭く切り返し、DFを置き去りに。すぐさま右足を振り抜き、ゴール左スミへと突き刺して先制した。

    ドイツは序盤からボールを支配して主導権を握ったが、メキシコの高速カウンターでピンチを招くシーンが目立った。後半15分にMFケディラを替えてFWロイスを投入すると、同34分にDFプラッテンハルトをFWゴメスに変更。攻撃の枚数を増やして攻勢を強めたが、前回大会でブレイクしたメキシコGKオチョアの壁を破れなかった。

    7大会連続1次リーグ突破を目指すメキシコは、後半28分にスペイン・バルセロナなどで活躍した39歳のベテランDFマルケスを投入。これで5大会連続出場を果たしたレジェンドを中心に守り切った。メキシコの過去最高は70、86年大会のベスト8。前回はオランダに敗れてベスト16止まりだったが、優勝候補から勝ち点3を奪う最高の滑り出しとなった。

    ドイツは、W杯では06年母国開催の準決勝(対イタリア)以来、2大会8試合ぶりの黒星。初戦黒星は82年スペイン大会以来の屈辱となった。1934、38年のイタリア、58、62年のブラジルに続き史上3チーム目となる大会2連覇へ、好スタートを切れなかった。
    2018-06-18_02h02_10

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010000-spht-socc

    続きを読む

    2018-06-18_00h53_06
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/08(金) 17:01:30.42 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で2連覇を目指すドイツ(世界ランキング1位)に不安が広がっている。

    欧州のメディアは6日、司令塔のMFエジルがけがで大会への出場が危ぶまれていることを報じた。ドイツは、2日のオーストリア(同26位)との親善試合で1―2で負けるなど、今年の親善試合3試合で勝利がない。この29歳を欠けば、さらに苦しくなる。

    エジルは背番号10を背負い、攻撃の牽引(けんいん)役。2014年W杯ブラジル大会の優勝メンバーだ。だがオーストリア戦でひざを負傷、この4日間はトレーニングをしていないという。また背中にもけがを抱えている。

    ただでさえ、ドイツの現状は芳しくない。各大陸王者などが参加した昨年のコンフェデ杯も制するなど今大会も優勝候補の一つだが、波に乗れていない。3月はスペインに1―1で引き分け、ブラジルには0―1で敗れた。2日のオーストリア戦は後半に猛攻を受け、逆転負け。レーウ監督は「非常に腹立たしい。簡単にセンタリングを入れられ、シュートを打たせてしまった」と吐き捨てたという。

    ドイツは8日(日本時間9日)、地元でサウジアラビアとのW杯前最後の親善試合を行う。不安視する声を払拭(ふっしょく)できるか。(堤之剛)

    朝日新聞2018年6月8日 9時30分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14833331/

    写真
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/06/04(月) 19:30:34.07 ID:CAP_USER9.net
    前回王者ドイツ、ロシアW杯登録メンバー23名発表!PL最優秀若手サネがまさかの落選
    6/4(月) 18:59配信 GOAL

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00010004-goal-socc

    ロシア・ワールドカップへ臨むドイツ代表 (C)Getty Images



    ドイツ代表が4日、ロシア・ワールドカップへ臨む登録メンバー23名を発表した。

    トーマス・ミュラー、メスト・エジル、トニ・クロースといった前回ワールドカップ優勝を経験した主力選手たちも順当に選出。先日のオーストリア戦で復帰したノイアーもメンバーに選ばれた。

    バイエルン・ミュンヘンのセンターバックコンビであるジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルスはともにシーズン終盤で負傷したものの、ともにメンバー入り。ロシア・ワールドカップ開幕には間に合うと判断されたようだ。

    度重なるケガで前回のブラジル・ワールドカップ、ユーロ2016と欠場を余儀なくされてきたマルコ・ロイスも登録メンバーに名を連ねた。

    一方で、サプライズ招集を果たしたニルス・ペーターゼンや、プレミアリーグの年間若手最優秀選手に輝いたレロイ・サネなどが落選している。

    グループFのドイツはワールドカップ初戦で、6月17日にメキシコと対戦する。

    発表されたメンバーは以下のとおり。

    GK
    マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
    マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
    ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン)

    DF
    ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
    マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
    ヨナス・ヘクター(ケルン)
    マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
    ヨシュア・キミヒ(バイエルン・ミュンヘン)
    マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
    アントニオ・リュディガー(チェルシー)
    ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)

    MF/FW
    ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
    ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
    マリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)
    レオン・ゴレツカ(シャルケ)
    イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
    サミ・ケディラ(ユヴェントス)
    トニ・クロース(レアル・マドリー)
    トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
    メスト・エジル(アーセナル)
    マルコ・ロイス(ドルトムント)
    セバスティアン・ルディ(バイエルン・ミュンヘン)
    ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)

    (※DFBはMF及びFWをひとつのカテゴリーとして発表)
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/05/15(火) 20:35:24.99 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ代表が15日、ロシア・ワールドカップへ臨む予備登録メンバー27名を発表した。

    負傷離脱が長引き、今季はリーグ戦3試合の出場にとどまった主将で守護神のマヌエル・ノイアーはメンバー入り。バイエルン・ミュンヘンでのシーズン最終戦、DFBポカール決勝での実戦復帰を目指す。

    また、トーマス・ミュラー、メスト・エジル、トニ・クロースといった前回ワールドカップ優勝を経験した主力選手たちも順当に選出された。

    バイエルン・ミュンヘンのセンターバックコンビであるジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルスはともにシーズン終盤で負傷したものの、ともにメンバー入り。ロシア・ワールドカップ開幕には間に合うと判断されたようだ。

    度重なるケガで前回のブラジル・ワールドカップ、ユーロ2016と欠場を余儀なくされてきたマルコ・ロイスも予備登録に名を連ねた。

    グループFのドイツはワールドカップ初戦で、6月17日にメキシコと対戦する。

    発表されたメンバーは以下のとおり。

    GK
    マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
    ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
    マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
    ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン)

    DF
    ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
    マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
    ヨナス・ヘクター(ケルン)
    マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
    ヨシュア・キミヒ(バイエルン・ミュンヘン)
    マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
    アントニオ・リュディガー(チェルシー)
    ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)
    ヨナタン・ター(レヴァークーゼン)

    MF/FW
    ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
    ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
    マリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)
    レオン・ゴレツカ(シャルケ)
    イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
    サミ・ケディラ(ユヴェントス)
    トニ・クロース(レアル・マドリー)
    トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
    メスト・エジル(アーセナル)
    ニルス・ペーターゼン(フライブルク)
    マルコ・ロイス(ドルトムント)
    セバスティアン・ルディ(バイエルン・ミュンヘン)
    レロイ・サネ(マンチェスター・シティ)
    ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)
    (※DFBはMF及びFWをひとつのカテゴリーとして発表)
    2018-05-15_21h17_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000027-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/29(木) 06:47:00.57 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ代表は27日に行われた国際親善試合でブラジル代表に0-1で敗れた。トニ・クロースは試合後、「僕たちは評価されるほど良くない」と言い切った。

    前回のワールドカップの準決勝では7-1という結果でブラジルを粉砕したドイツだが、この日は37分にFWガブリエウ・ジェズスにゴールを奪われ、ヨアヒム・レーブ監督の無敗記録は「22」でストップ。そんな中、フル出場を果たし、終盤にはキャプテンマークも巻いたクロースは危機感を覚えたようだ。

    ドイツ『ZDF』で、クロースは敗戦を次のように振り返った。

    「チームとしてはネガティブな要素が明らかに目立ってしまった。僕たちは評価されるほど良くない。簡単にかわされ過ぎた。すべてにおいて明らかに少な過ぎた。何度もテクニカルミスや競り合いに負けてボールを奪われた」

    トーマス・ミュラーやメスト・エジルが欠場となった一方で、リロイ・サネやレオン・ゴレツカらが先発出場するなど、数人にアピールチャンスが与えられた。

    「もちろんたくさんの入れ替わりがあったし、難しくなるところもある。でも、みんなそれぞれベストを尽くすことに責任を感じなければいけないね。今日の試合では何人かの選手たちにチャンスが与えられたが、彼らはそれをものにしなかった。僕はみんなにもっと期待していたよ。改善の余地がたくさん残っている」

    「僕たちはロシア・ワールドカップに臨むチームの中で絶対的な優勝候補ではない。そのような評価は以前もナンセンスだったし、今もナンセンス。だが、これでこう考える人たちも増えたかもしれない」

    3/28(水) 21:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000018-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/03/28(水) 06:01:21.18 ID:CAP_USER9.net
    27日に国際親善試合が行われ、ドイツ代表とブラジル代表が対戦した。

    2014 FIFAワールドカップブラジル大会の準決勝でドイツ代表に1-7で敗北したブラジル代表は雪辱を晴らすために奮闘する。

    37分に試合が動く。敵陣右サイドでボールを持ったウィリアンから中央へクロスボールが入ると、相手のマークを外して中央フリーになったガブリエル・ジェズスがヘッドで合わせて先制点を奪った。

    1点を先制して後半に突入すると、73分に再びブラジルがチャンスを作る。ディフェンスラインの裏に抜け出したジェズスが中央で待っていたウィリアンにクロスボールを送るも、ギリギリのところでDFにクリアされ、追加点とはならなかった。

    さらに83分、敵陣ペナルティエリア外でボールを持ったパウリーニョがミドルシュートを放つも、GKの正面に飛んでしまう。

    その後得点が動くことはなく、最後までドイツ代表を攻め立てたブラジル代表がW杯王者相手に完封勝利を収め、4年前の借りを返した。

    【スコア】
    ドイツ 0-1 ブラジル

    【得点者】
    0-1 37分 ガブリエル・ジェズス(ブラジル)
    2018-03-28_08h09_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00734443-soccerk-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/03/27(火) 19:16:04.65 ID:CAP_USER9.net
    27日に行われるドイツ代表対ブラジル代表との親善試合を前に、駐日ドイツ大使館の公式ツイッター(@GermanyinJapan)がひっそりと宣戦布告を仕掛けている。4年前のブラジルW杯では7-1の歴史的大勝を果たしており、リベンジマッチに向けて余裕の表情を見せた。

    ドイツ大使館は同日午後6時すぎ、サッカーボールの絵文字で『7:1』(※7対1の意)と記したツイートを投稿した。リプライ形式となっており、宛先は駐日ブラジル大使館の公式アカウント(@BrasembTokyo)。堂々の“煽り”メッセージだ。

    さらに12種のハッシュタグも添えた。4年前の一戦でブラジルの解説者が大声で連呼して話題となった『#GolDaAlemanha』(※ポルトガル語で「ドイツのゴール」の意)や、両者の対戦を示す『#GERBRA』のほか、『#諦めたらそこで試合終了ですよ』、『#ボールは友達』などと、国内外で人気の国産マンガも意識したものとなっている。

    試合は日本時間28日午前3時45分キックオフ。なお、27日18時半現在、ブラジル大使館からの反応はない。
    2018-03-27_21h03_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-01651994-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ