海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカードイツ代表

    1:Egg ★:2018/03/29(木) 06:47:00.57 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ代表は27日に行われた国際親善試合でブラジル代表に0-1で敗れた。トニ・クロースは試合後、「僕たちは評価されるほど良くない」と言い切った。

    前回のワールドカップの準決勝では7-1という結果でブラジルを粉砕したドイツだが、この日は37分にFWガブリエウ・ジェズスにゴールを奪われ、ヨアヒム・レーブ監督の無敗記録は「22」でストップ。そんな中、フル出場を果たし、終盤にはキャプテンマークも巻いたクロースは危機感を覚えたようだ。

    ドイツ『ZDF』で、クロースは敗戦を次のように振り返った。

    「チームとしてはネガティブな要素が明らかに目立ってしまった。僕たちは評価されるほど良くない。簡単にかわされ過ぎた。すべてにおいて明らかに少な過ぎた。何度もテクニカルミスや競り合いに負けてボールを奪われた」

    トーマス・ミュラーやメスト・エジルが欠場となった一方で、リロイ・サネやレオン・ゴレツカらが先発出場するなど、数人にアピールチャンスが与えられた。

    「もちろんたくさんの入れ替わりがあったし、難しくなるところもある。でも、みんなそれぞれベストを尽くすことに責任を感じなければいけないね。今日の試合では何人かの選手たちにチャンスが与えられたが、彼らはそれをものにしなかった。僕はみんなにもっと期待していたよ。改善の余地がたくさん残っている」

    「僕たちはロシア・ワールドカップに臨むチームの中で絶対的な優勝候補ではない。そのような評価は以前もナンセンスだったし、今もナンセンス。だが、これでこう考える人たちも増えたかもしれない」

    3/28(水) 21:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000018-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/03/28(水) 06:01:21.18 ID:CAP_USER9.net
    27日に国際親善試合が行われ、ドイツ代表とブラジル代表が対戦した。

    2014 FIFAワールドカップブラジル大会の準決勝でドイツ代表に1-7で敗北したブラジル代表は雪辱を晴らすために奮闘する。

    37分に試合が動く。敵陣右サイドでボールを持ったウィリアンから中央へクロスボールが入ると、相手のマークを外して中央フリーになったガブリエル・ジェズスがヘッドで合わせて先制点を奪った。

    1点を先制して後半に突入すると、73分に再びブラジルがチャンスを作る。ディフェンスラインの裏に抜け出したジェズスが中央で待っていたウィリアンにクロスボールを送るも、ギリギリのところでDFにクリアされ、追加点とはならなかった。

    さらに83分、敵陣ペナルティエリア外でボールを持ったパウリーニョがミドルシュートを放つも、GKの正面に飛んでしまう。

    その後得点が動くことはなく、最後までドイツ代表を攻め立てたブラジル代表がW杯王者相手に完封勝利を収め、4年前の借りを返した。

    【スコア】
    ドイツ 0-1 ブラジル

    【得点者】
    0-1 37分 ガブリエル・ジェズス(ブラジル)
    2018-03-28_08h09_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00734443-soccerk-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/03/27(火) 19:16:04.65 ID:CAP_USER9.net
    27日に行われるドイツ代表対ブラジル代表との親善試合を前に、駐日ドイツ大使館の公式ツイッター(@GermanyinJapan)がひっそりと宣戦布告を仕掛けている。4年前のブラジルW杯では7-1の歴史的大勝を果たしており、リベンジマッチに向けて余裕の表情を見せた。

    ドイツ大使館は同日午後6時すぎ、サッカーボールの絵文字で『7:1』(※7対1の意)と記したツイートを投稿した。リプライ形式となっており、宛先は駐日ブラジル大使館の公式アカウント(@BrasembTokyo)。堂々の“煽り”メッセージだ。

    さらに12種のハッシュタグも添えた。4年前の一戦でブラジルの解説者が大声で連呼して話題となった『#GolDaAlemanha』(※ポルトガル語で「ドイツのゴール」の意)や、両者の対戦を示す『#GERBRA』のほか、『#諦めたらそこで試合終了ですよ』、『#ボールは友達』などと、国内外で人気の国産マンガも意識したものとなっている。

    試合は日本時間28日午前3時45分キックオフ。なお、27日18時半現在、ブラジル大使館からの反応はない。
    2018-03-27_21h03_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-01651994-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/24(土) 11:51:31.47 ID:CAP_USER9.net
    [3.23 国際親善試合 ドイツ1-1スペイン]

    国際親善試合が23日に各地で開催された。エスプリ・アレーナではドイツ代表とスペイン代表が対戦し、1-1で引き分けに終わった。なお、27日にドイツはブラジル代表、スペインはアルゼンチン代表と戦う。

    W杯優勝候補が激突した。前回王者のドイツは、MFメスト・エジルやFWトーマス・ミュラー、MFトニ・クロースらが先発。2010年大会王者のスペインは、GKダビド・デ・ヘアやDFセルヒオ・ラモス、MFダビド・シルバらがスターティングメンバーに名を連ねた。

    ビッグマッチは開始早々に動いた。スペインは前半6分、左サイドのスローインからパスを回し、MFアンドレス・イニエスタがスルーパス。これに反応したFWロドリゴ・モレノが左足で決め、幸先よく先制に成功した。

    連覇を狙うドイツも黙ってはいない。前半35分、左サイドから中央へクロース、MFサミ・ケディラとつないで、ペナルティーアーク手前でパスを受けたミュラーが右足を一閃。ゴール左上に強烈なミドルシュートを突き刺し、試合を振り出しに戻した。

    その後はスコアが動かなかったが、チャンス多く作ったのはドイツだった。後半2分、MFユリアン・ドラクスラーが放ったミドルシュートはゴール右隅を捉えていたが、名手デ・ヘアが左手セーブ。20分には、FKからクロースがふわっとしたボールをゴール前に入れ、DFマッツ・フンメルスが頭で合わせたが、惜しくもクロスバーを叩いた。

    結局、試合は1-1のままタイムアップ。ハイレベルな戦いは引き分けに終わった。
    2018-03-24_13h17_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-01651877-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/17(土) 00:08:00.31 ID:CAP_USER9.net
    2018-03-17_08h19_38
    ドイツサッカー連盟(DFB)は16日、スペイン(24日)とブラジル(27日)との国際親善試合に向けたメンバー26名を発表した。

    ワールドカップ欧州予選は全勝で終えたドイツだが、昨年11月に行われたイングランド戦(0-0)、フランス戦(2-2)は未勝利。それ以来となる今回の強化試合に向けて、ヨアヒム・レーブ監督は合計26名の選手を招集した。

    その中、マルコ・ロイス、マリオ・ゲッツェ、アンドレ・シュールレとボルシア・ドルトムントの選手たちは落選となっている。レーブ監督はロイスについて、「マルコに関しては、慎重に、そして重圧がかからない状況で最高レベルに戻って、安定することが大切」と言及。また今回の選出について次のように説明した。

    「複数ポジションにおいて非常に多くのオプションがある一方、そうでないポジションもある。だから、フレキシブルに起用できる選手たちが必要だ。代表チームへのドアは閉ざされておらず、何人かにおいては視察を続け、今後数週間でアピールすればチャンスはあるはずだ」

    なおドイツ代表招集メンバー26名は以下のとおり。

    GK
    ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
    マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
    ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン)
    DF
    ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
    マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
    ヨナス・ヘクトル(ケルン)
    マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
    ヨシュア・キミヒ(バイエルン・ミュンヘン)
    マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
    アントニオ・リュディガー(チェルシー)
    ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)
    MF/FW
    ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
    エムレ・カン(リヴァプール)
    ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
    マリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)
    レオン・ゴレツカ(シャルケ)
    イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
    サミ・ケディラ(ユヴェントス)
    トニ・クロース(レアル・マドリー)
    トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
    メスト・エジル(アーセナル)
    セバスティアン・ルディ(バイエルン・ミュンヘン)
    リロイ・サネ(マンチェスター・シティ)
    ラース・シュティンドル(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
    サンドロ・ヴァーグナー(バイエルン・ミュンヘン)
    ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)
    (※DFBはMF及びFWをひとつのカテゴリーとして発表)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000030-goal-socc
    続きを読む

    72968a57-s

    1:風吹けば名無し:2018/02/12(月) 19:34:43.04 ID:duG3Tsfz0.net
    未だにマリオ・ゴメスに頼っている模様
    2:風吹けば名無し:2018/02/12(月) 19:35:28.85 ID:0lvuye2AM.net
    ポドルスキ
    3:風吹けば名無し:2018/02/12(月) 19:36:10.32 ID:6iCk1nJG0.net
    シュバインシュタイガー
    続きを読む

    news_214623_1

    1:風吹けば名無し:2017/12/06(水) 04:53:48.99 ID:yhSog9jmd.net
    ん?
    2:風吹けば名無し:2017/12/06(水) 04:54:45.49 ID:yiIGpgnba.net
    ドイツ
    4:風吹けば名無し:2017/12/06(水) 04:55:05.12 ID:A7no6WrFr.net
    ドイツは黄金時代過ぎた感ある
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/01(金) 19:22:57.45 ID:CAP_USER9.net
    現地時間1日(以下現地時間)に開催される2018年W杯組み合わせ抽選会を前に、前回大会王者ドイツ代表MFトーマス・ミュラー(バイエルン)が、「スペインとイングランドとの同居は避けたい」と語った。30日付の独『シュポルト・ビルト』誌(電子版)が伝えている。

    組み合わせ抽選については「ワクワクしてるよ。厳しいグループを避けられるか、どうだろうね」と語ったミュラー。「誰もがスペインとイングランドと同じグループになることは避けたいと思ってるだろう」とコメントした。

    なお、ミュラーは右太ももの故障により戦列から離れていたが、週末のドイツ・ブンデスリーガで復帰の可能性がある。同選手は「調子はいいよ。筋肉も大丈夫だ」とコメント。

    30日の練習を早めに切り上げたものの「火曜と水曜の練習で全力を出し切ったから、今日は少し軽めにしただけ」と、プランどおりであってアクシデントではないと述べている。
    2017-12-01_19h52_46
    12/1(金) 17:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000015-ism-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/06(金) 06:51:02.32 ID:CAP_USER9.net
    ロシアW杯欧州予選の第9節が5日に行われた。グループCのドイツ代表が17大会連続19回目、グループFのイングランド代表が6大会連続15回目のW杯出場を決めている。これでW杯出場国は10か国が決まった。

    ドイツは2位以上を決めている北アイルランド代表のホームに乗り込んで対戦。開始2分のプレーでMFセバスティアン・ルディがゴールを奪うと、同21分にFWサンドロ・ワーグナーが加点。後半41分にはDFジョシュア・キミッヒが得点してダメを押す。終了間際に1点を返されたが、3-1で勝利。予選9連勝で本戦出場を決めた。

    イングランドはロンドンにスロベニア代表を迎えて対戦。スコアレスで終えるかと思われたが、後半アディショナルタイム4分にFWハリー・ケインが得点し、1-0で勝利した。イングランドは7勝2分で勝ち点を23に伸ばし、自力で本戦出場権をゲット。2位にはスロバキア代表との直接対決を1-0で制したスコットランド代表が逆転で浮上している。

    グループEは首位のポーランド代表が敵地でアルメニア代表に6-1で圧勝。FWロベルト・レワンドフスキがハットトリックを決めた。しかし勝ち点3差で追っていた2チームの直接対決となった2位のモンテネグロ代表と3位デンマーク代表の対戦は、デンマークが1-0で勝利。

    デンマークが勝ち点3差をキープして2位に浮上したため、最終節まで1位通過の可能性が残ることになった。最終節でポーランドはホームでモンテネグロ、デンマークはホームでルーマニアと対戦する。

    6日にはグループD、グループG、グループIの第9節が行われる。

    [グループC]
    アゼルバイジャン 1-2 チェコ
    サンマリノ 0-8 ノルウェー
    北アイルランド 1-3 ドイツ

    1.☆ドイツ(27)+35
    2.北アイルランド(19)+12
    3.チェコ(12)+2
    4.ノルウェー(10)0
    5.アゼルバイジャン(10)-5
    6.サンマリノ(0)-44


    [グループE]
    アルメニア 1-6 ポーランド
    モンテネグロ 0-1 デンマーク
    ルーマニア 3-1 カザフスタン

    1.ポーランド(22)+12
    2.デンマーク(19)+12
    3.モンテネグロ(16)+10
    4.ルーマニア(12)+2
    5.アルメニア(6)-16
    6.カザフスタン(2)-20


    [グループF]
    スコットランド 1-0 スロバキア
    マルタ 1-1 リトアニア
    イングランド 1-0 スロベニア

    [グループF]
    1.☆イングランド(23)+14
    2.スコットランド(17)+5
    3.スロバキア(15)+7
    4.スロベニア(14)+5
    5.リトアニア(6)-12
    6.マルタ(1)-19

    ★W杯出場国
    ロシア(開催国) ブラジル イラン 日本 メキシコ
    ベルギー 韓国 サウジアラビア ドイツ イングランド

    10/6(金) 6:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-01644842-gekisaka-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/29(金) 19:30:17.45 ID:CAP_USER9.net
    ドイツサッカー連盟(DFB)は29日、ワールドカップ欧州予選第9節の北アイルランド戦(10月5日)、最終節のアゼルバイジャン戦(同8日)に向けたメンバー23名を発表した。

    これまでの予選8試合を全勝しているドイツは勝ち点24、得失点+33でグループCの首位を独走。レーブ監督は発表では「10勝を収めることを目指し続けていきたい。最後まで決心を持ってプレーし、集中しながら力を発揮すれば、それを達成できることを信じている」と残り2試合も勝利を狙っていることを強調した。

    その目標に向けて同監督は今夏のコンフェデレーションズカップを制覇したメンバーを18名招集。また今回はバイエルン・ミュンヘンのDFジェローム・ボアテング、マンチェスター・シティのMFレロイ・サネらを呼び戻している。

    一方で、主将を務めるバイエルンGKマヌエル・ノイアー、ケルンDFヨナス・ヘクター、ヴォルフスブルクFWマリオ・ゴメスらの招集は負傷のため見送られ、状態が万全ではないアーセナルMFメスト・エジル、ユヴェントスMFサミ・ケディラも選外となっている。なお、前回に続きボルシア・ドルトムントの選手には声がかからなかった。

    ドイツ代表招集メンバー23名は以下のとおり。

    GK
    ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
    マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
    ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン)

    DF
    ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
    マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
    マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
    ヨシュア・キミヒ(バイエルン・ミュンヘン)
    シュコドラン・ムスタフィ(アーセナル)
    マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
    アントニオ・リュディガー(チェルシー)
    ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)

    MF/FW
    ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
    エムレ・カン(リヴァプール)
    ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
    レオン・ゴレツカ(シャルケ)
    トニ・クロース(レアル・マドリー)
    トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
    セバスティアン・ルディ(バイエルン・ミュンヘン)
    レロイ・サネ(マンチェスター・シティ)
    ラース・シュティンドル(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
    サンドロ・ワグナー(ホッフェンハイム)
    ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)
    アミン・ユネス(アヤックス)

    (※DFBはMF及びFWをひとつのカテゴリーとして発表)
    2017-09-29_22h23_19
    9/29(金) 19:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000024-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ