海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカードイツ代表

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/08/25(金) 22:29:49.63 ID:CAP_USER9.net
    ドイツサッカー連盟(DFB)は25日、2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選2試合に臨むドイツ代表メンバー24名を発表した。

    主力メンバーの多くを招集外としながら、2017 FIFAコンフェデレーションズカップ ロシアを制したドイツ代表。W杯欧州予選2試合に臨む今回のメンバーは、コンフェデ杯制覇メンバーが17名を占める形となった。

    一方、メスト・エジル(アーセナル)やトニ・クロース(レアル・マドリード)、トーマス・ミュラー(バイエルン)といった面々が復帰。負傷明けのGKマヌエル・ノイアー(バイエルン)は今回も選外となっている。

    ドイツ代表は欧州予選6試合を終えて6戦全勝、27得点1失点と圧倒的な強さを誇示。9月1日にチェコ代表とのアウェイゲーム、そして4日にノルウェー代表とのホームゲームを控えている。

    招集メンバー23名は以下の通り。

    ▼GK
    ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
    マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/スペイン)
    ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン/フランス)

    ▼DF
    マティアス・ギンター(ドルトムント)
    ヨナス・ヘクター(ケルン)
    ベンヤミン・ヒンリヒス(レヴァークーゼン)
    ニクラス・ズーレ(バイエルン)
    ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)
    マッツ・フンメルス(バイエルン)
    アントニオ・リュディガー(チェルシー/イングランド)

    ▼MF
    ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
    セルジュ・ニャブリ(ホッフェンハイム)
    レオン・ゴレツカ(シャルケ)
    ラース・シュティンドル(ボルシアMG)
    セバスティアン・ルディ(バイエルン)
    トーマス・ミュラー(バイエルン)
    ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン/フランス)
    トニ・クロース(レアル・マドリード/スペイン)
    サミ・ケディラ(ユヴェントス/イタリア)
    エムレ・ジャン(リヴァプール/イングランド)
    メスト・エジル(アーセナル/イングランド)

    ▼FW
    アミン・ユネス(アヤックス/オランダ)
    マリオ・ゴメス(ヴォルフスブルク)
    ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)
    2017-08-25_22h58_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00633557-soccerk-socc
    続きを読む

    1:ホイミン ★@\(^o^)/:2017/05/17(水) 22:50:02.23 ID:CAP_USER9.net
    ▼GK
    ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
    マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/スペイン)
    ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン/フランス)

    ▼DF
    マティアス・ギンター(ドルトムント)
    ヨナス・ヘクター(ケルン)
    ベンヤミン・ヒンリヒス(レヴァークーゼン)
    ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)
    シュコドラン・ムスタフィ(アーセナル)
    マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)※初選出
    アントニオ・リュディガー(ローマ/イタリア)
    ニクラス・ズーレ(ホッフェンハイム)

    ▼MF&FW
    ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
    エムレ・ジャン(リヴァプール/イングランド)
    ケレム・デミルバイ(ホッフェンハイム)※初選出
    ディエゴ・デンメ(ライプツィヒ)※初選出
    ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン/フランス)
    レオン・ゴレツカ(シャルケ)
    セバスティアン・ルディ(ホッフェンハイム)
    リロイ・ザネ(マンチェスター・C/イングランド)
    ラース・シュティンドル(ボルシアMG)※初選出
    サンドロ・ヴァーグナー(ホッフェンハイム)※初選出
    ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)
    アミン・ユネス(アヤックス/オランダ)※初選出
    GettyImages-626102914
    https://news.nifty.com/article/sports/soccer/12192-588766/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/14(月) 11:26:53.48 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ代表のFWトーマス・ミュラーは、8-0の大勝を収めたサンマリノ戦のような試合は、開催する意味が乏しいとして苦言を呈している。12日付の『キッカー』などドイツ複数メディアが同選手のコメントを伝えた。

    ロシアW杯に向けた欧州予選を戦っているドイツ代表は、現地時間11日に行われたアウェイゲームでサンマリノと対戦。代表デビュー戦となったFWセルジュ・ニャブリのハットトリックなどで大勝を飾る結果に終わった。

    だがミュラーは、過密日程の中で明らかに力の差のある相手との試合を行わなければならないことに不満を感じている様子。サンマリノにとって「世界王者と戦う試合が彼らのハイライトになることは理解できる」としながらも、「選手としては、こういう試合に対処するのはとても難しい。プロサッカーとは何の関係もない試合だ」と語った。

    ピッチコンディションや相手のラフプレーにより、「必要のないリスクに晒される可能性もある」と負傷の懸念も口にするミュラー。だが「何年も言い続けていることだが、おそらく変わることはないだろう」と諦める様子も見せている。

    サンマリノ代表はこれまでW杯7大会の欧州予選を戦い、通算成績は60試合で2分け58敗。親善試合を含めても、2004年にリヒテンシュタインに勝った1試合がチーム史上唯一の白星となっている。不均衡な対戦を避け日程を緩和するため予備予選を導入すべきだという議論が起こることもあるが、実現には至っていない。
    20161113_muller_getty
    フットボールチャンネル 11/14(月) 9:46
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161114-00010012-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/08(金) 22:13:55.45 ID:CAP_USER9.net
    元ドイツ代表GKオリバー・カーン氏はEURO敗退の責任は攻撃陣にあると考えているようだ。

    7日、フランスに敗れ、EURO敗退が決定したドイツ。この試合についてカーン氏は独『ZDF』で「チャンスは多くあったのに、生かしきれなかった。フランスはグリーズマンが二度のチャンスを得点に結びつけた」と話し、攻撃陣の差が今回の結果につながったとしている。

    また、ドイツ代表の問題についても「スローガンは貫通力だった。ミロスラフ・クローゼが代表引退をしてから、トップに偽9番や想像力のある選手を使うことを我々は議論してきた。問題はそこだ。なぜ我々は試合を決定づけるような選手を使うことをやめてしまったんだ?」とここ数年のメンバー選考を批判した。

    同氏はやはり典型的なストライカーであるマリオ・ゴメスがフランス戦に欠場したことが痛かったと多くのサポーターと同様に考えているようだ。

    「彼は典型的なストライカーというだけでなく、空中戦でも効果を発揮できる。今大会、彼はクオリティを発揮していた」

    カーン氏の言う通り、マリオ・ゴメスの他に戦力として計算できるFWを招集していればと悔やまれる大会となった。ミスからの失点で敗れたドイツではあるが、レーヴ監督もその責任の一端を背負うべきなのは間違いない。
    2016-07-09_10h48_39
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00010039-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/08(金) 18:12:30.06 ID:CAP_USER9.net
    現地時間7日に行なわれたEURO2016準決勝でフランスに0対2と敗れ、欧州制覇の目標に届かなかったドイツ。

    かつて同代表として活躍したミヒャエル・バラック氏は、「フランスが勝って当然だった」と述べ、チームを批判した。独放送局『Sport1』のウェブサイトが伝えている。

    開催国フランスと対戦したドイツは、前半にいくつか好機を得るも決定力に欠け、前半ロスタイムにバスティアン・シュヴァインシュタイガーのハンドでPKを献上。これをアントワン・グリーズマンに決められると、その後同点にできないまま72分にもグリーズマンにネットを揺らされ、完敗した。

    米放送局『ESPN』で解説を務めるバラック氏は「フランスが勝って当然の試合だった。彼らのパフォーマンスは素晴らしかった。辛抱強く待ち、ドイツを前がかりにさせた。

    グリーズマン、(ポール・)ポグバ、(ディミトリ・)パイェというファンタスティックな選手たちによって、その戦術が功を奏した。実に素晴らしかった」と手放しでフランスを称えた。

    シュヴァインシュタイガーがハンドを取られたシーンについて、バラック氏は「100%ハンド」「自分が守備に入るのが遅かったから、手で何とかしようとしたんだ。そうでもしないとボールに届かないから」とコメント。

    ドイツはボールポゼッションで65%と相手を上回っていたが、これについては「全員が攻撃に上がった最後の10分か5分を除いて、まともなチャンスを1つも生み出せていなかった」と批判的な言葉を残した。

    バラック氏は今大会中、ドイツ代表に対して何度か厳しいコメントを発しており、「このチームには個性も特徴もない」「美しいサッカーをしてゴールを決めようとするところが弱点」と述べていた。

    ISM 7月8日(金)17時18分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000020-ism-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/08(金) 05:55:23.88 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    ドイツ代表 0-2 フランス代表

    【得点者】
    0-1 45+2分 アントワーヌ・グリエスマン(PK)(フランス)
    0-2 72分 アントワーヌ・グリエスマン(フランス)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2617-2617-lv

    ユーロ2016準決勝が7日に行われ、ドイツ代表とフランス代表が対戦した。

    世界王者のドイツと開催国のフランスが決勝進出を懸けて激突。ドイツは準々決勝でPK戦の末にイタリアとの激闘を制し、ベスト4進出を果たした。2大会ぶりの決勝進出に向けて、過去のワールドカップとユーロで計7回達成している得意の“開催国撃破”を狙う。

    対してフランスはベスト8で、快進撃を続けていた初出場のアイスランドから5ゴールを奪い快勝。準決勝の相手ドイツには、1958年スウェーデンW杯以来、主要大会の決勝トーナメントで一度も勝利できていないが、自国優勝に向けて勢いづく今試合で不名誉な記録をストップさせたいところ。

    ドイツは、DFマッツ・フンメルス(出場停止)、MFサミ・ケディラ(そけい部負傷)、FWマリオ・ゴメス(太ももを負傷)が欠場。代わりにDFベネディクト・ヘーヴェデスがセンターバックに入り、主将MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーと初出場のMFエムレ・ジャンが先発メンバー入り。一方のフランスは、DFアディル・ラミとMFエンゴロ・カンテの出場停止が明けたものの、準々決勝アイスランド戦のスタメンからメンバー変更なし。MFムサ・シソコと代表2試合目のDFサミュエル・ウムティティがそのままスタメンに入った。

    試合はフランスが先にチャンスを迎える。7分、ブレーズ・マテュイディのパスを受けたアントワーヌ・グリエスマンがペナルティエリア内中央へ進入。相手DFをかわして右足シュートを放つが、GKマヌエル・ノイアーの好セーブに阻まれた。

    立ち上がりこそフランスが攻勢を見せたが、徐々にペースはドイツに。14分、左サイドからの折り返しを受けたジャンが、エリア内中央で左足シュート放つと、ゴール左隅を捉えるが、GKウーゴ・ロリスに弾き出された。26分には、シュヴァインシュタイガーがエリア手前左でセカンドボールを拾い、右足を振り抜く。コントロールされたシュートは枠を捉えるが、GKロリスの好セーブに阻まれた。

    このまま前半終了かと思われたアディショナルに均衡が破れる。フランスは右CKの流れで、シュヴァインシュタイガーのハンドによりPKを獲得。キッカーを務めたグリエスマンが、GKノイアーの逆を突いてゴール左隅に沈めた。グリエスマンの今大会5点目でフランスが1点リードを奪い、前半を折り返す。

    後半に入って61分、追い付きたいドイツだが、アクシデント発生。守備の要であるDFジェローム・ボアテングが右足を負傷し、代わりにDFシュコドラン・ムスタフィが投入された。67分にはジャンを下げて、マリオ・ゲッツェをピッチに送り出す。

    フランスは71分、MFディミトリ・パイェを下げてカンテを投入。直後の72分、フランスが勝利を手繰り寄せる追加点を奪う。相手エリア内でボールを奪ったポグバが左サイドで相手DFをかわしてクロスを入れるが、これはGKノイアーに弾き返される。だが、こぼれ球に反応した中央のグリエスマンがダイレクトシュートを放つと、ノイアーの股を抜いてゴールに吸い込まれた。

    2失点を喫したドイツは74分、ジョシュア・キミッヒが右サイドから中央へ切り込んで左足シュートを放つが、これは惜しくも左ポストをかすめた。76分には敵陣中央のFKから、ユリアン・ドラクスラーが右足で直接狙うが、強烈なシュートはわずかに枠の右に外れた。

    終盤はドイツが猛攻を見せるが、反撃は実らずこのままタイムアップ。フランスが2-0の快勝を収め、4大会ぶりの決勝進出を果たした。自国優勝に王手をかけたフランスは10日に行われる決勝でポルトガル代表と対戦する。
    2016-07-08_06h08_26
    サッカーキング
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00465997-soccerk-socc

    UEFA EURO日本語公式
    http://jp.uefa.com/uefaeuro/

    WOWOW EURO
    http://www.wowow.co.jp/sports/euro/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/05(火) 19:12:46.19 ID:CAP_USER9.net
    世界的にも大きく注目されたEURO2016の準々決勝、ドイツ対イタリア戦。

    サン=ドニで行われた試合には様々な著名人が訪れただけでなく、選手の恋人や奥さんの姿もあったのだが、なかでも抜群の存在感を見せていたのがこの女性だ!
    0586f115-0e92-4366-9d32-7eb03bd40bc9


    こちらは、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの恋人であるレナ・スティッフェルさん。

    ドラクスラーとは同じ小学校に通っていた幼なじみであるようで、年齢も同じか一つ下であるという。か、かわいい…。
    c66c8639-ed2c-47d0-af66-30db4b36842a

    職業などの情報はあまり見当たらないが、かなり謙虚なタイプであるそうだ。
    2c77a7ba-15a4-489e-b648-0b2446e8e68e

    大きなイヤリングもよく似合う!
    bbd82974-23ec-4df8-b1f8-5b71f79d0f98
    ad0bc18d-79c9-402e-a333-618a8448d1c9

    着ているユニフォームはもちろんドラクスラーのもの。

    http://qoly.jp/2016/07/05/who-is-lena-stiffel?part=2
    続きを読む

    [7.2 EURO準々決勝 ドイツ1-1(PK-6-5)イタリア ボルドー]

    EURO2016の準々決勝が行われ、ドイツ代表が1-1から突入したPK戦の末に6-5で制し、イタリア代表を下した。7日に行われる準決勝は、3日に行うフランス対アイスランドの勝者と対戦する。

    ドイツは3月の親善試合で4-1で大勝した際にも採用していた3バックシステムに変更。イタリア対策の布陣で大一番に臨んだ。対するイタリアはMFダニエレ・デ・ロッシの負傷、MFチアゴ・モッタの出場停止があり、中盤の底にはMFマルコ・パローロを起用した。

    試合が始まると、まずはドイツにアクシデントが襲った。前半16分にMFサミ・ケディラが負傷交代を要求。自らの足でピッチを出たが、MFバスティアン・シュバインシュタイガーとの交代を余儀なくされた。

    ただ高いボール保持率でゲームを支配するドイツは、前半26分、シュバインシュタイガーがヘディングでゴールネットを揺らす。競り合いの中でファウルがあったと判定されてノーゴールとなったが、試合を優位に進めた。

    イタリアも守りを固めながらチャンスを伺う。前半42分には左サイドからの攻撃で流れたボールをMFステファノ・ストゥラーロがミドルシュートで狙うが、ボールが枠内に飛ぶことはなかった。

    スコアレスで折り返した後半もドイツがボールを保持し、イタリアが守る展開。試合の流れは変わらない。ただ後半11分にストゥラーロ、同12分にDFマッティア・デ・シリオ(今大会2枚目で準決勝出場停止)、同14分にパローロがイエローカードを受けるなど、ドイツが徐々にプレッシャーをかけていく。

    すると後半20分、試合が動く。GKマヌエル・ノイアーからのロングボールからチャンスを迎えると、FWマリオ・ゴメスが左サイドでキープ。追い越してエリア内に侵入したDFヨナス・ヘクターにパスが出ると、クロスボールを入れる。DFに当たって弱まるが、走り込んだMFメスト・エジルが左足で押し込み、ついに均衡を破った。

    直後にドイツはマリオ・ゴメスがチャンスを迎える。浮き球パスで抜け出し、GKジャンルイジ・ブッフォンと1対1の状況を作るが、ヒールキックはブッフォンのビッグセーブに遭い、追加点を決めることは出来なかった。

    すると今度はイタリアにチャンスがやってくる。右サイドから上がったクロスの競り合いの中でDFイェロメ・ボアテングのハンドを誘発。PKを獲得すると、DFレオナルド・ボヌッチがノイアーにコースを読まれながらも右隅に蹴り込み、試合を振り出しに戻した。ドイツは今大会初失点。試合は90分決着はつかず、延長戦に突入した。

    ドイツは延長に入る前の後半45分にDFマッツ・フンメルスが今大会2枚目のイエローカード。延長前半1分にはFWグラツィアーノ・ペッレも大会2枚目のイエローカードを受けるなど、互いに次戦を気にしない、この試合にかける思いをぶつけ合う。

    張り詰めた空気の中、時間は刻々と過ぎていく。イタリアは延長後半3分にFWロレンツォ・インシーニェを投入。個で仕掛けられる選手を入れて、一発を狙いに行く。しかし同8分にインシーニェがエリア内から打ったシュートもノイアーの正面に飛ぶ。試合は120分でも決着がつかず、PK戦に突入した。

    世界最高峰のGKを擁する両チームによるPK合戦。先攻のイタリア、後攻のドイツともに1人目を成功させたが、2人目のFWシモーネ・ザザは枠を外し、ミュラーのシュートはブッフォンがストップ。3人目はイタリアが成功したのに対し、ドイツはエジルのシュートがポストを直撃。しかしイタリア4人目のペッレも枠外に外して失敗。4人目で振り出しに戻る。

    イタリア5人目はボヌッチ。しかしノイアーに止められ万事休す。ただドイツも5人目のシュバインシュタイガーが枠上に大きく外してしまい、PK戦はサドンデスに入った。

    6人目、7人目、8人目は互いに成功。イタリア9人目のダルミアンのシュートはノイアーがストップ。対するドイツはDFヨナス・ヘクターが決めて、死闘を制した。

    試合前日会見でドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が「この試合の勝者は、当たり前だが大会王者になる可能性がある」と評した“事実上の決勝戦”はドイツに軍配が上がった。
    news_slider_193138_1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-01628896-gekisaka-socc

     
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/27(月) 04:43:28.47 ID:CAP_USER9.net
    【ドイツ 3-0 スロバキア EURO2016】

    EURO2016の決勝トーナメント1回戦が現地時間26日に行われ、ドイツとスロバキアが激突した。

    この試合のドイツは序盤からエンジン全開。8分、セットプレーのこぼれ球に反応したJ・ボアテングがゴール正面のペナルティエリア端からミドルシュートを突き刺し先制する。

    さらに13分にもドイツ。M・ゴメスがシュクルテルに倒されてPKを獲得する。キッカーのエジルが蹴ったボールはGKコザーチクにセーブされてしまったが、大差のゲームになる雰囲気が漂い始める。

    すると43分、左サイドを個人技で突破したドラクスラーの折り返しをM・ゴメスが押し込んでドイツが欲しかった追加点を奪う。

    2点リードを手にしてもドイツは容赦ない。63分、ミュラーの蹴ったコーナーキックをフンメルスが中央で競り、こぼれ球をドラクスラーがボレーシュートで押し込んで3点目。この一発で勝負を決めた。

    終盤は次の準々決勝に向けて交代枠を使い、ヘーヴェデスやシュバインシュタイガー、ポドルスキといったベンチメンバーにもプレー機会を与えながら悠々とフィニッシュしたドイツ。
    完勝で強豪と当たるベスト8の戦いに向け弾みをつけた。

    【得点者】
    8分 1-0 J・ボアテング(ドイツ)
    43分 2-0 M・ゴメス(ドイツ)
    63分 3-0 ドラクスラー(ドイツ)
    20160626_german_getty-560x373

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160627-00010000-footballc-socc
    フットボールチャンネル 6月27日(月)2時55分配信
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ