海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーブラジル代表

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/11(金) 10:57:58.67 ID:CAP_USER9.net
    (11月10日)第11節

    【スコア】
    ブラジル代表 3-0 アルゼンチン代表
    http://www.goal.com/en/match/brazil-vs-argentina/2161475/lineups?ICID=MP_MS_2

    【得点者】
    1-0 24分 フィリペ・コウチーニョ(ブラジル代表)
    2-0 45+1分 ネイマール(ブラジル代表)
    3-0 58分 パウリーニョ(ブラジル代表)

    <ブラジル>
    GKアリソン
    DFミランダ(87分チアゴ・シウヴァ)、、マルキーニョス、マルセロ■、ダニエウ・アウヴェス
    MFフェルナンジーニョ■レナト・アウグスト、パウリーニョ
    FWコウチーニョ(85分ドウグラス・コスタ)、ネイマール、ガブリエウ・ジェズス(82分フィルミーノ)

    <アルゼンチン>
    GKロメロ
    DFサバレタ、オタメンディ■、フネス・モリ■、マス
    MFペレス(46分アグエロ)、マスケラーノ、ディ・マリア(71分コレア)、ビリア■、メッシ、
    FWイグアイン

    ロシアW杯南米予選が10日に行われ、ブラジル代表がホームでアルゼンチン代表を3-0で下した。4連勝で勝ち点を24に伸ばしたブラジルは首位をキープ。対するアルゼンチンは2連敗。4戦勝ちなしで6位と厳しい戦いを強いられている。

    注目の対戦はブラジルの大勝に終わった。ブラジルの先制点は前半25分、左サイドでFWネイマールのパスを受けたMFフィリペ・コウチーニョが中央に切り込み、豪快に右足でゴールネットを揺らす。同アディショナルタイム1分にはFWガブリエル・ジェズスのスルーパスで抜け出したネイマールが追加点を蹴り込み、2点のリードを持って前半を折り返す。

    後半も攻めるブラジルは13分にDFマルセロが左サイドから入れたクロスをファーサイドのMFレナト・アウグストが折り返すと、MFパウリーニョが中央で合わせて加点した。

    一方のアルゼンチンは苦しい戦いになっている。前回の代表戦を負傷で外れていたFWリオネル・メッシがフル出場したが、FWゴンサロ・イグアインやMFアンヘル・ディ・マリアら攻撃陣が沈黙した。アルゼンチンはこれで南米予選4戦勝利なし(3敗1分)。本大会出場枠の4位、大陸連盟間プレーオフに出場する5位も下回る6位のままとなっている。

    ゲキサカ ゲキサカ 11/11(金) 10:41配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-01633188-gekisaka-socc

    ブラジル、“惨劇の地”でアルゼンチンを一蹴! ネイマール弾など3発、5連勝 SOCCERKING 11/11(金) 10:38配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00514075-soccerk-socc

    ブラジルがネイマール弾含む3発でアルゼンチンに完勝 超WORLDサッカー 2016.11.11 10:38 Fri
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=258143

    写真



    順位表
    http://www.fifa.com/worldcup/preliminaries/southamerica/index.html#276453
    続きを読む


    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/22(土) 12:19:01.31 ID:CAP_USER9.net
    ブラジルサッカー連盟は21日、W杯南米予選に向けてブラジル代表メンバー24人を発表した。

    今回のメンバーにはFWネイマール(バルセロナ)やMFコウチーニョ(リバプール)らが順当に招集されたほか、負傷した影響で先月の代表戦を欠場したレアル・マドリーのDFマルセロとMFカゼミーロが復帰を果たした。一方でMFオスカル(チェルシー)が招集外となっている。

    勝ち点21で首位に立つブラジルは、11月10日にホームでアルゼンチン代表、同15日に敵地でペルー代表と対戦する。

    以下、ブラジル代表メンバー24人

    ▽GK
    アリソン(ローマ)
    アレックス・ムラーリャ(フラメンゴ)
    ウェベルトン(A・パラナエンセ)

    ▽DF
    ジウ(山東魯能)
    マルキーニョス(パリSG)
    ミランダ(インテル)
    ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)
    チアゴ・シウバ(パリSG)
    ダニエウ・アウベス(ユベントス)
    ファグネル(コリンチャンス)
    フィリペ・ルイス(A・マドリー)
    マルセロ(R・マドリー)

    ▽MF
    カゼミーロ(R・マドリー)
    フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)
    ジュリアーノ(ゼニト)
    ルーカス・リマ(サントス)
    パウリーニョ(広州恒大)
    コウチーニョ(リバプール)
    レナト・アウグスト(北京国安)
    ウィリアン(チェルシー)

    ▽FW
    ロベルト・フィルミーノ(リバプール)
    ダグラス・コスタ(バイエルン)
    ガブリエル・ジェズス(パルメイラス)
    ネイマール(バルセロナ)
    2016-10-22_13h21_06
    ゲキサカ 10月22日(土)10時10分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-01632484-gekisaka-socc

    >>2以降につづく
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/08(土) 10:14:20.68 ID:CAP_USER9.net
    W杯南米予選は第9節の5試合が6日に行われ、2位ブラジルはボリビアに5―0で大勝。FWネイマール(24=バルセロナ)が代表通算49点目を挙げて、MFジーコ(63)を抜いて歴代4位に浮上し、クラブと合わせてプロ通算300ゴールも記録した。首位ウルグアイはベネズエラに3―0で快勝。またFWリオネル・メッシ(29=バルセロナ)を負傷で欠いたアルゼンチンはペルーと2―2で引き分け、前節3位から5位に後退した。

    ネイマールが大勝を呼んだ。前半11分にドリブル突破から先制ゴール。さらにチーム3点目と4点目をアシストした。ブラジル協会によると09年のプロデビューから通算300得点(年代別代表を含む)。A代表49得点で、24歳の若さで「10番」の大先輩ジーコを抜いた。相手選手の肘打ちで額から流血し後半24分に交代。累積警告で11日のベネズエラ戦は欠場となったが、6月の就任後3連勝のチチ監督は「ネイマール不在でもチームは強い」と自信をのぞかせた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161008-00000037-spnannex-socc
    スポニチアネックス 10月8日(土)7時2分配信
    続きを読む

    2016-06-15_13h39_07

    1:そまのほ ★@\(^o^)/:2016/06/15(水) 10:25:00.60 ID:CAP_USER9.net
    ブラジル代表監督の後任にチチ氏 ドゥンガ解任を受け

    ブラジル・サッカー連盟は14日、ドゥンガ代表監督の解任を発表した。地元メディアによると、後任候補は昨季のブラジル選手権を制したコリンチャンスのチチ監督に絞られている。新監督は8月のリオデジャネイロ五輪でも指揮を執る。

    ドゥンガ氏は自国開催で4位にとどまった一昨年のワールドカップ(W杯)後に就任。昨年の南米選手権は準々決勝止まりで、今年の同選手権では1次リーグ敗退を喫した。

    チチ氏は2012年にコリンチャンスをクラブW杯優勝に導くなど実績は十分で、就任を望む声が高まっている。(共同)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20160615/wor16061509560010-n1.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/13(月) 21:54:11.95 ID:CAP_USER9.net
    コパ・アメリカでブラジルを29年ぶりのグループステージ敗退に追い込んだペルー。試合終盤に決勝点を挙げた渦中のFWが疑惑のゴールについてコメントした。スペイン『マルカ』など複数メディアが報じている。

    後半途中から出場したペルー代表FWラウル・ルイディアスは75分、左サイドからのクロスに合わせてゴールネットを揺らした。しかし、映像を確認するとルイディアスは右腕を振ってボールをゴールに押し込んだのは明らかだった。

    当然目の前で見ていたブラジル代表のGKアリソンをはじめとした多くの選手が主審に抗議し、副審も一度はハンドを取ってゴールを取り消した。それでも審判団が協議した結果、ペルーに得点が認められてブラジルは敗れ去った。

    新たな“神の手”ゴールとも呼ばれる重要な1点を決めたルイディアスは試合後、「非常に高速な動きだった。ボールは僕の太ももに当たった。なぜ論争が起こるのか理解できない」と述べ、自身の反則を否定。

    ゴールが正当なものであったと主張している。

    これまでハンドが誤ってゴールと判定されたことは数多くあったが、王国ブラジルの敗退を決定付けたルイディアスの1点は、サッカーの歴史においてかつてのディエゴ・マラドーナの”神の手”に匹敵する重要なシーンとして語り継がれるだろう。

    フットボールチャンネル 6月13日(月)21時36分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160613-00010036-footballc-socc

    写真



    ◆動画 ブラジルのテレビの実況
    http://globoesporte.globo.com/tempo-real/videos/v/gol-do-peru-apos-polemica-arbitro-confirma-gol-de-ruidiaz-aos-29-do-2o-tempo/5089035/

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/13(月) 11:59:28.86 ID:CAP_USER9.net
    2016-06-13_12h26_51
    ■コパ・アメリカ2016(グループB)第3節

    【グループB順位表】
    (左から消化試合数/勝点/勝敗/得失点差)
    1位 ペルー 3/7/2勝1分/+2
    2位 エクアドル 3/5/1勝2分/+4
    3位 ブラジル 3/4/1勝1分1敗/+5
    4位 ハイチ 3/0/3敗/-11

    【スコア】
    ブラジル代表 0-1 ペルー代表

    【得点者】
    0-1 75分 ラウール・ルイディアス(ペルー代表)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2534-2534-lv

    超WORLDサッカー!
    http://web.ultra-soccer.jp/match/score?mid=26810&tmid=1

    ブラジルが29年ぶりのグループステージ敗退…ペルーの“神の手”ゴールに沈む
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00454983-soccerk-socc


    【スコア】
    エクアドル代表 4-0 ハイチ代表

    【得点者】
    1-0 11分 エネル・バレンシア(エクアドル代表)
    2-0 20分 ハイメ・アジョビ(エクアドル代表)
    3-0 57分 クリスティアン・ノボア(エクアドル代表)
    4-0 78分 アントニオ・バレンシア(エクアドル代表)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2533-2533-lv

    エクアドルが大勝で7大会ぶりの決勝T進出…E・バレンシアが全得点に絡む
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00454959-soccerk-socc

    ◇大会公式
    http://www.ca2016.com

    ◇スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    ◇スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/05(日) 13:06:12.43 ID:CAP_USER9.net
    2016-06-05_13h46_22
    ■ブラジル 0-0 エクアドル

    bein sports
    http://www.beinsports.com/us/livescores/match-center/2015/128/847998

    コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第1戦が4日に行われ、ブラジル代表とエクアドル代表が対戦した。

    3日に開幕を迎えた今大会。グループBはブラジル、エクアドル、ハイチ、ペルーの4カ国が決勝トーナメント進出を争う。2007年大会以来9度目の優勝を狙うブラジルは、4-3-3のシステムを採用。前線にはFWジョナス、MFフィリペ・コウチーニョ、MFウィリアンが入った。初優勝を狙うエクアドルは4-4-2のフォーメーションで、FWエネル・バレンシアとミジェール・ボラーニョスが2トップのコンビを組む。

    開始5分、最初にチャンスを作ったのはエクアドル。エリア手前でボールを受けたボラーニョスがミドルシュートを放ったが、ここは惜しくも枠の右へ外れた。

    一方、ブラジルも直後に決定機を迎える。6分、ウィリアンが右サイドからドリブル突破を仕掛けると、相手DFをかわしてエリア右横からグラウンダーのボールを入れる。これを逆サイドから走りこんだコウチーニョが合わせたが、GKエステバン・ドレールがなんとか防いた。

    37分、エクアドルがカウンターからチャンスを作る。抜けだしたジェフェルソン・モンテーロがファウルを受け、エリア手前左でFKを獲得。キッカーのE・バレンシアが直接狙ったが、GKアリソンがなんとか横っ飛びで防いだ。前半はスコアレスのままハーフタイムを迎えた。

    後半立ち上がりもペースを握るのはブラジル。49分に左サイドでFKを獲得すると、ウィリアンは右のダニエウ・アウヴェスへパス。D・アウヴェスがゴール前に浮き球を入れ、ファーサイドのコウチーニョが頭で折り返すと、最後はジウがヘディングシュートを放ったが、ボールは勢いなくGKにキャッチされてしまった。

    ブラジルは62分にジョナスを下げ、ガブリエウを投入した。

    なかなかチャンスを作れないでいたエクアドルが思わぬ形でチャンスをむかえる。66分、左サイドから攻め込むと、ボラーニョスがゴールライン付近から鋭い折り返しのボールを入れる。これをGKアリソンがキャッチミスし、ボールはゴールに吸い込まれた。エクアドルが先制かと思われたが、副審はボラーニョスがクロスを上げる前にボールがラインを割っていたと判定。エクアドルの得点は認められなかった。

    ブラジルは83分に決定機。左サイドのレナト・アウグストがアーリークロスを入れると、ファーサイドから飛び込んだ途中出場のルーカス・モウラが頭で合わせたが、シュートは枠の左へ外れてしまった。

    結局、両チームともに最後までゴールを割ることができず、0-0のスコアレスドローに終わった。

    9日の第2戦で、ブラジルはハイチ代表とエクアドルはペルー代表と対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00451606-soccerk-socc

    ■コスタリカ 0-0 パラグアイ

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2513-2513-lv

    コスタリカとパラグアイの対戦はスコアレスドロー…ともに決定力欠く
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00451589-soccerk-socc

    ■ハイチ代表 0-1 ペルー代表

    0-1 61分 パオロ・ゲレーロ(ペルー代表)

    超WORLDサッカー!
    http://web.ultra-soccer.jp/match/score?mid=26806&tmid=554

    ペルーがハイチを下し白星発進…エースFWゲレーロが値千金の決勝弾
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00451600-soccerk-socc

    スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/01(金) 21:54:17.82 ID:CAP_USER*.net
    W杯予選3分の1を消化して、出場権獲得圏外の6位

    3月下旬に行われたサッカーW杯南米地区予選の2試合で共に引き分けに終わり、自動出場権はおろか、大陸間プレーオフにも進めない6位に転落したことで、ブラジルサッカー連盟(CBF)内における監督ドゥンガへの信頼は大きく揺らいでいる。
     
    CBF内部の人物によると、ドゥンガは3月29日のパラグアイ戦に仮に敗れていた場合、解任されていた可能性が非常に高かった。14年のW杯後に就任して以来1年8カ月、ドゥンガの地位がこれほどまでに揺らいだことはかつてなかった。

    ドゥンガの戦術に一貫性がないこと、初戦で散々な出来だったダヴィド・ルイスなど、招集メンバーが結果を残せていないことが、CBF首脳をいらだたせている。CBF内でもドゥンガ交代の声が日増しに高まる中ではあるが、早急の監督交代はない模様だ。
    .
    9,10,11月の6試合、失敗は許されず

    今年のブラジル代表は、6月の米国開催コッパ・アメリカ100周年記念大会と、8月のリオ五輪を経て、9、10、11月に2試合ずつのW杯予選が組まれている。
     
    全18試合のW杯予選も既に3分の1を消化。今年の残り6試合で調子が上がらないようだと、いよいよ2018年ロシア行きに黄信号が灯る。ブラジルがW杯出場を逃す事になれば1930年からのW杯の歴史上初の大惨事だ。
    .
    保身に汲々とし、リーダーシップを発揮できないCBF会長

    こんな事態にCBF幹部も現場サイドも一致団結できているかと言えば決してそうではない。

    デル・ネーロCBF会長は昨年来のFIFA汚職捜査の手が自身に回り、逮捕をおそれ、セレソンの国外の試合には同行さえもしていない。監督交代を進言する声も届いていない訳ではないが、ブラジル代表コーディーネーターのジルマール・リナルディに丸投げ状態だ。
     
    監督を代えられるのはジルマールしかいないが、ジルマールとドゥンガは昵懇の仲で、ジルマールがいる以上ドゥンガの解任の可能性は低く、最早「誰がセレソン浮上のためのベストの人選か」という大原則にのっとった人事とは到底言えない。
     
    頼みの大エース、ネイマールも所属クラブFCバルセロナで見せているのと同等のパフォーマンスを見せているとは到底言えず、他のポジションの人選も今のところ大きく身を結んではいない。期待に応えているのは左右の攻撃的中盤のウィリアンとダグラス・コスタのみ。
     
    コッパ・アメリカで連携を深め、23歳以下の出場するリオ五輪で新たな戦力の発掘はなるか、9月に再開するW杯予選はいきなり上位のエクアドルとの敵地戦だ。
    d11afa073e9febc3d7c47944df4432b6-620x330-1459464556
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00010000-nikkey-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459515257/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/26(土) 12:12:11.85 ID:CAP_USER*.net
    ブラジル 2-2 ウルグアイ

    1 - 0  01'  ドウグラス・コスタ
    2 - 0  26'  レナト・アウグスト
    2 - 1  32'   カバーニ
    2 - 2  48'   L・スアレス

    <ブラジル>
    アリソン
    ダニエウ・アウヴェス■、ミランダ、ダヴィ・ルイス■、フィリピ・ルイス、
    ルイス・グスタヴォ、フェルナンジーニョ(68分コウチーニョ)、
    ウィリアン(86分ルーカス・リマ)、レナト・アウグスト、ドウグラス・コスタ(78分R・オリヴェイラ)、
    ネイマール■

    <ウルグアイ>
    ムスレラ
    A・ペレイラ、コアテス、フシレ、ビクトリーノ、
    アレバロ・リオス、C・サンチェス(81分ストゥアニ)、ベシノ、C・ロドリゲス(46分A・ゴンサレス)、
    L・スアレス■、カバーニ

    http://www.foxsports.com/soccer/matchtrax?id=23994

    25日に行われたワールドカップ(W杯)南米予選第5節、ブラジル対ウルグアイの一戦は、2-2の引き分けに終わった。

    長期の出場停止から戻ってきたルイス・スアレスに注目が集まったが、ブラジルがあっという間に試合を動かす。開始1分、右サイドからウィリアンがクロスを上げると、低いボールにドグラス・コスタが左足で飛び込み、いきなり先制に成功した。

    ブラジルは26分に追加点。ネイマールのスルーパスをアルバロ・ペレイラがクリアし損ね、ゴール前でレナト・アウグストがフリーに。北京国安MFは前に出てきたGKを冷静にかわして、無人となったゴールに突き刺した。

    だが、ウルグアイの反撃がここから始まる。

    31分、左サイドからのクロスボールをファーサイドのサンチェスがヘディングで折り返すと、カバーニが左足のボレーで捉えてゴール。1点差とする。

    後半の立ち上がりには、L・スアレスが続いた。A・ペレイラのパスをペナルティーエリア左で受けたバルセロナFWは、そのまま左足でシュート。GKの手を弾いてゴールネットを揺らし、2?2の同点になる。

    ここまで南米予選3勝1敗のウルグアイは、アウェーゲームで無理をせず。勝ち点1で問題なしという姿勢で守備に重きを置いてカウンターを狙う。ここまで2勝1分け1敗のブラジルは勝ち点3を狙いにいくが、あまり深くまで入り込むことはできなかった。

    終盤にウルグアイはL・スアレスが決定機を迎えるも、逆転弾は決まらず。それでも、2点のビハインドから敵地で勝ち点1を持ち帰った。

    GOAL 3月26日(土)11時53分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000004-goal-socc

    ■2018 ロシア・ワールドカップ南米予選 第5節 暫定順位表(勝点/得失点差)

    1位 エクアドル(勝点13/+7)
    2位 ウルグアイ(勝点10/+7)
    3位 パラグアイ(勝点8/+1)
    4位 ブラジル(勝点8/+3)

    5位 アルゼンチン(勝点8/0) プレーオフ

    6位 チリ(勝点7/-1)
    7位 コロンビア(勝点7/-1)
    8位 ペルー(勝点4/-5)
    9位 ボリビア(勝点3/-4)
    10位 ベネズエラ(勝点1/-7)

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458961931/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/09(金) 10:49:41.53 ID:???*.net
    [10.8 南米予選第1節 チリ2-0ブラジル]

     ロシアW杯の南米予選が8日に開幕した。2大会ぶりの予選出場となるブラジル代表は、今夏のコパ・アメリカを制したチリ代表と敵地で対戦。

    しかし、後半27分にセットプレーからFWエドゥアルド・バルガスに先制点を許すと、同45分にもFWアレクシス・サンチェスにダメ押しゴールを決められ、0-2で完敗した。

     王国がまさかの黒星発進となった。エースFWネイマールがコパ・アメリカのコロンビア戦で受けた退場処分により出場停止。

    それでも分厚い選手層を誇るブラジルには勝利の期待がかかっていた。ただ、DFダビド・ルイスが前半36分で負傷交代したブラジルは、最後までリズムを取り戻せず完封負け。南米予選の厳しさを改めて実感させられた。
    news_173768_1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-01188540-gekisaka-socc

    http://m.fifa.com/worldcup/matches/round=276453/match=300336829/index.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444355381/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ