海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーベルギー代表

    1:豆次郎 ★:2017/11/15(水) 06:39:53.90 ID:CAP_USER9.net
    11/15(水) 6:34配信
    フットボールチャンネル

    11月15日、日本対ベルギーの一戦が行われ0-1で敗戦。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    ルカクにゴールを許す

    ベルギー戦、隙を突かれて敗戦。最大の収穫は長澤【どこよりも早い採点】

    【日本 0-1 ベルギー 国際親善試合】

    川島永嗣 6 好セーブもあったが、1失点を喫した
    吉田麻也 5.5 ルカクを監視しながら最終ラインを統率した
    槙野智章 5.5 高い集中力と気迫で粘り強く対応していた
    酒井宏樹 6 対峙する相手をケアしつつ、好クロスも供給した
    長友佑都 5 原口のフォローを受けながら自身は対峙する相手に専念。パスは味方に合わず
    山口蛍 5.5 不用意な横パスが目立ち、味方を慌てさせた
    長澤和輝 6.5 プレーが常に前選択でチームを加速させた。上々の代表デビュー戦
    井手口陽介 5.5 成功率は高くないが、浅野のスピードをシンプルに使う姿勢は○
    大迫勇也 5.5 前線で体を張り、ファーストディフェンダーとしても貢献
    原口元気 5.5 深い位置まで戻り、左サイドの守備を助けた
    浅野拓磨 5 スピードを活かす場面を作ったが、シュートが遅れる

    森岡亮太 5 守勢に回った後半途中から出場。違いを作ろうと奮闘
    久保裕也 5 アグレッシブにプレーしたが、怖さは出せなかった
    杉本健勇 5 相手のミスからゴールへ進んだが、シュートは決まらず
    乾貴士 5.5 投入直後にフィニッシュに持ち込んだ
    酒井高徳 - 出場時間短く採点不可

    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5 試合への入りは良かった。途中起用の選手に緩慢な守備が見られた

    フットボールチャンネル編集部
    20171115_daihyo_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00241040-footballc-socc
    続きを読む

    2017-11-15_06h53_15

    1:豆次郎 ★:2017/11/15(水) 06:34:51.50 ID:CAP_USER9.net
    2017/11/15(水)
    国際親善試合
    vs ベルギー代表
    ベルギー/ヤン・ブレイデルスタディオン

    【結果】
    日本 0-1 ベルギー

    【得点者】
    72分 0-1 R・ルカク(ベルギー)


    ■日本代表 ベルギー戦先発メンバー
    ▼GK
    1 川島永嗣
    ▼DF
    19 酒井宏樹 → 酒井高徳
    22 吉田麻也
    20 槙野智章
    5 長友佑都
    ▼MF
    16 山口蛍
    2 井手口陽介
    25 長澤和輝 → 森岡亮太
    ▼FW
    18 浅野拓磨 → 久保裕也
    8 原口元気 → 乾貴士
    15 大迫勇也 → 杉本健勇


    https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/score/2017/2017111401_m.html
    続きを読む

    GettyImages-693319120

    1:風吹けば名無し:2017/11/14(火) 14:55:46.92 ID:Bx+AS9i60.net
    マジでどういう理屈であれだけ同じくらいの世代から
    ポンポンスター選手湧いとるんや
    数年前まであそこまで強くなかったやんけ
    2:風吹けば名無し:2017/11/14(火) 14:56:06.21 ID:NvB8yROQa.net
    移民
    3:風吹けば名無し:2017/11/14(火) 14:56:48.07 ID:+QHKu96a0.net
    北京五輪の世代やな
    3決でブラジルに負けたけどもうあの頃から凄かった
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/11/14(火) 07:24:46.26 ID:CAP_USER9.net
    「国際親善試合、ベルギー-日本」(14日、ブリュージュ)

    親善試合・ベルギー戦(14日・ブリュージュ)に臨むサッカー日本代表は12日(日本時間13日未明)、ベルギー入り後の初練習を行った。荒天の影響で約1時間弱で練習は切り上げられたが、紅白戦を行い戦術を確認した。DF吉田麻也(29)=サウサンプトン=は、相手エースFWロメル・ルカク(24)=マンチェスターU=を封じ込めるために“ルカク包囲網”を形成する考えを示した。

    規格外のストライカーを封じて、勝利をつかみ取る。ベルギー戦に向け、横殴りの風雨の中での練習を終えた吉田が、相手エース対策を口にした。ベルギーについて「タレントで言ったらブラジルとひけをとらない。世界トップクラス」。その上でプレミアでも対戦するルカクについて問われると「何度もやっていますけど、強くて速くてうまい」と警戒心を強めた。その上で「1人だけじゃなくて、2人、3人で守らないと」と包囲網形成を誓った。

    マンチェスターUのルカクは身長193センチ、体重94キロという圧倒的なフィジカルと、高い決定力を持つ点取り屋。まだ24歳だが、10日のメキシコ戦でも2得点を挙げ、ベルギー代表史上の歴代最多得点記録(30得点)に並んだ。「1個、2個チャンスがあれば必ずものにしてくると思うので、90分を通してそこをどれだけ抑えられるか」。DF長友も「皆の感覚がどれだけ一つになっているかが大事」と話した。

    格上相手との一戦。守備陣が担う役割は多いが「僕らが彼ら以上にハードワークしないと。南ア(W杯)の前も闘莉王さんとか言ってましたけど(日本は)うまくないんで。もっとがむしゃらに、死にものぐるいでやっていかないといけない」と吉田。魂の守備で勝利につなげる。
    2017-11-14_10h21_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000015-dal-socc
    11/14(火) 6:04配信
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/13(月) 22:07:03.17 ID:CAP_USER9.net
    14日(日本時間15日)にベルギーとの国際親善試合を予定している日本代表は、同代表との過去4回の対戦成績で驚くべきデータを残している。

    現在FIFAランキング5位のベルギー代表は、チェルシー所属のMFエデン・アザールやマンチェスター・シティで絶賛活躍中のMFケビン・デ・ブライネを擁するタレント集団。

    ロシアW杯の欧州予選では、グループHを2位ギリシャと勝ち点9差の首位で終え、楽々とW杯出場を決めている。

    そんなベルギー代表との試合は苦戦が予想される日本代表だが、過去の対戦成績ではポジティブな数字が出ている。

    初の顔合わせとなった1999年は、フィリップ・トルシエ監督率いる日本代表が、アウェイの地で0-0のスコアレスドローを記録。2002年には、両者は日韓W杯のグループリーグで対戦し、2-2の引き分けを演じている。

    3度目の対戦は2009年の5月に行われたキリンチャレンジカップ。岡田武史監督率いる日本代表は、当時FIFAランキングを62位と大きく落としていたベルギー代表に4-0の快勝を収めた。

    そして、最後に両者が対戦したのは2013年の11月。翌年にブラジルW杯本選を控えていた日本代表は欧州へと遠征し、当時FIFAランキング5位のベルギー代表に挑戦を挑んだ。

    点の取り合いとなった試合の中で、日本代表は最終的に3-2で勝利している。

    開催国として臨んだ2000年のEURO大会のグループリーグ敗退を機に協会主導の育成改革に着手したベルギーは、近年その成果が実を結び、欧州でも有数のタレントをそろえるチームとなっている。

    そのベルギーに対し、過去4戦無敗、さらには現在2連中と相性の良さを見せている日本代表だが、果たして今回の親善試合では新たに無敗記録を更新することはできるのだろうか。

    11/13(月) 20:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171113-00240736-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/13(月) 13:23:24.85 ID:CAP_USER9.net
    ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネは、チームの戦術に不満を感じているようだ。

    来夏のロシア・ワールドカップ出場を、ヨーロッパ最速で決めたベルギー。グループHで9勝1分と負け無しで、2位ギリシャに9ポイント差をつけ、43ゴール6失点と圧倒的な成績を収めた。

    しかし、今季所属クラブのマンチェスター・シティで圧巻のパフォーマンスを見せるデ・ブライネは、チームの戦術に満足していないようだ。10日に行われたメキシコとの親善試合(3-3)の後、システムが機能していなかったと明かしている。

    「メキシコの戦術は良かった。5バックは深い位置に押し込められてしまい、僕らは中盤でさまようことになってしまった。僕らには多くのタレントがいる。しかし、機能的なシステムがないと、メキシコのような国には苦しめられてしまう。まだ解決策を見つけられていないのは残念だね」

    もっと攻撃的な戦いをしたいと望む26歳のMFだが、最終的にはロベルト・マルティネス監督の選択した戦術に従うと語っている。

    「チームのシステムはとても守備的だった。だけど、ボールを持ちたい攻撃的な選手が多くいるんだ。メキシコ戦はポゼッション出来ず、選手がシステムに適合できなかったね。強敵相手には何かを変えなければならないことはわかっている」

    「だけど、結局はマルティネスが決める。メキシコ戦のような試合を避けるために、監督は解決策を見つける必要があるよ」

    14日には日本代表との親善試合が控えているベルギー。豪華なタレントを抱えるFIFAランキング5位の強豪国は、どのような戦い方を選択してくるのだろうか。
    2017-11-13_15h03_26
    11/13(月) 12:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000004-goal-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/11/08(水) 17:23:47.17 ID:CAP_USER9.net
    11/8(水) 17:18配信 フットボールチャンネル

    ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、国際親善試合で対戦するメキシコ代表と日本代表は「完璧な相手」だとして試合を歓迎している。ベルギー『rtbf』などが7日付でコメントを伝えた。

    ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた強化を進めるため欧州遠征へ出発した日本代表は、現地時間10日にフランスのリールでブラジル代表と対戦。続いて14日にブルージュでのベルギー戦を予定している。

    10日にメキシコ代表、14日に日本代表と対戦するベルギーにとっても、この2試合はW杯に向けた重要な準備の一環となる。「メキシコと日本はこの時期に対戦するのに完璧な相手だ。大陸もスタイルも異なるからだ。来年にはアフリカのチームと、欧州の別の2チームと対戦したい」とマルティネス監督は今後の展望を述べている。

    マルティネス監督はこの2試合を通して、様々な戦い方や選手たちをテストすることも考えている。「別のシステムを試すことになる。できる限り多くの選手をテストするため、各試合で6人の選手交代を使いたい」と同監督は語った。

    ベルギー代表はFIFAランキングでも5位に位置し、MFエデン・アザールやFWロメル・ルカクなど多くのスター選手を擁する強豪チーム。日本代表はこの強敵相手にどのような試合を見せられるだろうか。
    20171108_martinez_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171108-00239553-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/11/04(土) 08:21:53.88 ID:CAP_USER9.net


    11月10日にメキシコと、14日に日本と親善試合を戦うベルギー代表。金曜日、その招集メンバーが発表された。
     
    はたして“赤い悪魔”にとってこの2連戦はどんな位置づけなのか。ブリュッセルで行なわれた記者会見で、スペイン出身のロベルト・マルティネス監督が抱負を語った。国営放送の『RTBF』が伝えている。
     
    今回招集されるメンバーは現政権下で最大の28名。指揮官は「ワールドカップ予選を戦った主力の何人かが怪我で招集できない。これをポジティブに捉え、多くの選手にチャンスを与えたい」と話し、「それぞれの試合でどんな選手の組み合わせにするかはまだ決めていないが、6つある交代枠はすべて使いたいと考えている」と明かした。

    怪我およびコンディション不良で招集を見送られたのは、ヴァンサン・コンパニ、トビー・アルデルワイレルド、マルアン・フェライニ、クリスティアン・ベンテケといった馴染みの面々。かたやラジャ・ナインゴラン、ロラン・ドゥポワトル、アドナン・ヤヌザイらが復帰し、選手層の薄い最終ラインでは、デドリック・ボヤタやクリスティアン・カバセレらのテスト登用が濃厚だという。
     
     ブラジルやドイツといった強豪国との腕試しではなく、ワールドカップ本番に向けた最初の強化試合の相手に日本とメキシコを選んだ。「このマッチメイクで良かったのか?」と報道陣に問われたマルティネス監督は、「もちろん意義ある2ゲームだ」と答え、こう力説した。
     
    「対戦相手がメキシコと日本となったことに異論はない。どちらも素晴らしいチームだし、ワールドカップ本番を想定すれば、異なる大陸の異なるスタイルを持った国と戦っておかなければならない。我々が目ざすスタイルは変わらないが、相手のスタイルが変わるなかで選手たちがどんなレスポンスをするのか。非常に興味深いし、その点をよく見極めたい」
     
    さらに指揮官は、「(日本戦の会場である)ブルージュで私が代表ゲームを戦うのは初めてだから、とても楽しみだ。きっとエキサイティングな雰囲気になるだろう」と語った。有力ニュースサイト『7sur7』が2試合のチケットの売れ行きを調べたところ、人気に明らかな差があるという。ブリュッセルのキング・ボードワン・スタジアムで行なわれるメキシコ戦が5000枚なのに対して、ブルージュのヤン・ブレイデル・スタジアムで開催される日本戦はすでに2万枚! 地元のクラブ・ブルージュは熱狂的なサポーターに支えられ、4シーズン連続でベルギー・リーグの最大観客動員を誇る。スタジアムの収容人数は2万9000強。日本戦当日はきっと満員札止めになる、というのが、同サイトの見立てだ。
     
    一方、マルティネス監督はメキシコ代表の指揮官ファン・カルロス・オソリオについて、「とても優秀なコーチであり、知的で、さまざまなシステムを使いながらチームを進化させている」と熱く評したが、日本代表監督に対してはいっさいコメントがなかった。う~ん、そのココロは……!?

    11/4(土) 7:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171104-00032037-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/11/03(金) 20:29:21.87 ID:CAP_USER9.net
    e79a8926-29ae-76f0-5ba3-a1aeade7a226

    ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、11月に行われる国際親善試合に向けた招集メンバーを発表した。

    9月の代表ウィークから招集外となっていたラジャ・ナインゴランが復帰し、アドナン・ヤヌザイも久々のメンバー入り。また、トビー・アルデルヴァイレルトやヴァンサン・コンパニはメンバー外となった。

    ベルギーは10日(金)にメキシコと、14日(火)に日本とそれぞれ対戦する。

    GK:

    クーン・カステールス / Koen Casteels
    (ヴォルフスブルク/GER)

    ティボー・クルトワ / Thibaut Nicolas Marc Courtois
    (チェルシー/ENG)

    シモン・ミニョレ / Simon Mignolet
    (リヴァプール/ENG)

    マッツ・セルス / Matz Sels
    (アンデルレヒト)

    DF:

    デドリク・ボヤタ / Anga Dedryck Boyat
    (セルティック/SCO)

    ローラン・シマン / Laurent Ciman
    (モントリオール・インパクト/USA)

    レアンデル・デンドンケル / Leander Dendoncker
    (アンデルレヒト)

    クリスティアン・カバセレ / Christian Kabasele
    (ワトフォード/ENG)

    ジョルダン・ルカク / Jordan Lukaku
    (ラツィオ/ITA)

    トマ・ムニエ / Thomas Meunier
    (PSG/FRA)

    トーマス・ヴェルマーレン / Thomas Vermaelen
    (バルセロナ/ESP)

    ヤン・ヴェルトンゲン / Jan Vertonghen
    (トッテナム・ホットスパー/ENG)

    MF:

    ナセル・シャドリ / Nacer Chadli
    (WBA/ENG)

    ケヴィン・デ・ブライネ / Kevin De Bruyne
    (マンチェスター・シティ/ENG)

    スティーヴン・デフール / Steven Arnold Defour
    (バーンリー/ENG)

    ムサ・デンベレ / Moussa Dembélé
    (トッテナム/ENG)

    アドナン・ヤヌザイ / Adnan Januzaj
    (レアル・ソシエダ/ESP)

    ラジャ・ナインゴラン / Radja Nainggolan
    (ローマ/ITA)

    ユーリ・ティーレマンス / Youri Tielemans
    (ASモナコ/FRA)

    アクセル・ヴィツェル / Axel Thomas Witsel
    (天津権健/CHN)

    FW:

    ミシ・バチュアイ / Michy Batshuayi Tunga
    (チェルシー/ENG)

    ローラン・デポワトル / Laurent Depoitre
    (ハダーズフィールド・タウン/ENG)

    エデン・アザール / Eden Hazard
    (チェルシー/ENG)

    トルガン・アザール /Thorgan Hazard
    (ボルシアMG/GER)

    ロメル・ルカク / Romelu Menama Lukaku
    (マンチェスター・ユナイテッド/ENG)

    ドリース・メルテンス / Dries Mertens
    (ナポリ/ITA)

    ケヴィン・ミララス / Kevin Antonio Jo Mirallas y Castillo
    (エヴァートン/ENG)

    ディヴォック・オリギ / Divock Okoth Origi
    (ヴォルフスブルク/GER)
    2:数の子 ★:2017/11/03(金) 20:29:58.66 ID:CAP_USER9.net
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/25(水) 18:43:15.18 ID:CAP_USER9.net
    11月14日に国際親善試合で日本代表と対戦するベルギー代表は24日、同サッカー協会のツイッター(@BelRedDevils)に、MFエデン・アザール(チェルシー)らが「日本と聞いて何を思い浮かべる」という質問に答えた動画が投稿した。

    今回、質問に答えたのはE・アザール、GKコーエン・カスティールス(ボルフスブルク)、DFローラン・シマン(モントリオール・インパクト)、エデンの弟であるMFトルガン・アザール(ボルシアMG)の4選手。

    彼らはそれぞれ、E・アザールが「着物」、カスティールスが「和牛フィレ肉」、シマンが「川島永嗣」、T・アザールが「ワンピース」と答えた。シマンは、2012年7月から2015年1月までスタンダール・リエージュで川島とチームメイトだった。

    ベルギーは最新FIFAランキングで5位と世界屈指の強豪国。バヒド・ハリルホジッチ監督率いる同44位の日本にとって最高の腕試しとなる。
    news_slider_229242_1
    10/25(水) 16:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-01645505-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ