海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーポルトガル代表

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/20(水) 22:55:00.27 ID:CAP_USER9
    6/20(水) 22:53配信
    C・ロナウドの2試合連続ゴールで勝利!グループリーグ突破を決める

    2018 FIFAワールドカップ ロシア グループB、ポルトガル対モロッコが日本時間20日21:00にキックオフを迎えクリスティアーノ・ロナウドがヘディングで決め、

    C・ロナウドが頭で1発!ポルトガル優勢で前半折り返す【ポルトガル対モロッコ】

    スペイン代表に引分けたポルトガル代表はこのモロッコ戦大量得点で勝利し、グループリーグ首位通過を決めたいところ。対するモロッコ代表はイラン代表に負けているため後がない。

    両者力を余すことなく挑むこの一戦。
    前半4分、早速クリスティアーノ・ロナウドが試合を動かす。右サイドのコーナーキックを得たポルトガル代表はショートコーナーを選択。ジョアン・モウティーニョが中に上げたクロスにロナウドが頭で突き刺し、試合開始早々リードを奪った。(1-0)

    対するモロッコも前半9分、バイタルエリアでボールを回し右に展開。右からのクロスにブスファが頭で合わせるもゴール左に外れる。直後に得たCKからキャプテン、メフディ・ベナティアが頭で合わせるがこれはポルトガル代表GKルイ・パトリシオが好セーブをみせた。

    ポルトガル代表が前半30分、バイタルエリア中央のいい位置でFKを獲得。キッカーはロナウド。このシュートはモロッコの壁に当たりゴールとはならなかった。
    続いて前半37分、ロナウドがゲデスにスルーパス。ゲデスはこのボールを右足でシュートに持ち込むも、エル・カジュイが片手でセーブを見せた。

    前半1-0で折り返した後半5分、ロナウドが決定的なチャンスを迎える。ゲデスがPA内で放ったシュートはミスキックとなり、PA内で転がったボールに反応したのはロナウドだった。ロナウドはダイレクトでシュートを放つがこれは大きくゴールを外れた。

    後半10分、次はモロッコ代表がチャンスを迎える。右サイドのFKに10番ベルハンダが頭で合わせたボールはゴールの枠を捉える。しかしこのシュートをパトリシオが右手一本でスーパーセーブで防いだ。

    後半21分、モロッコ代表が絶好の位置でFKを獲得。キッカーはジイェフが務める。左足から放たれたシュートはゴールの上に外れた。

    後半44分、モロッコ代表に同点のチャンス。モロッコ選手がPA内にドリブルで侵入。左足で振り抜いたシュートはペペが体に当て防いだ。モロッコの猛攻は止まらない。ロスタイムに入ってからPA内で2本のシュートを放つもゴールならず。

    この試合ポルトガル代表に何度かハンド疑惑があったが審判はスルーし続け、ロナウドの演技に騙されFKを与えるなど、審判のジャッジに疑惑が存在した。
    この勝利でポルトガル代表はグループリーグの突破を決め、モロッコの代表の敗退が決定した。

    (文:SPORT)
    thumb_20907_news_main
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00010021-sportes-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/16(土) 04:53:51.18 ID:CAP_USER9.net
    6/16(土) 4:51配信
    スポーツ報知
    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグB組 ポルトガル3―3スペイン(15日、ソチ)

    1次リーグ屈指の好カードは、ポルトガルFWクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックなどで引き分けとなった。スペインは06年のドイツ大会以来の初戦白星はならなかった。

    試合は史上4人目となる4大会連続ゴールで幕を開けた。ポルトガルがスペインにほとんどボールを触らせないまま迎えた前半3分。C・ロナウドがドリブルで仕掛けると、ペナルティーエリア内でRマドリードのチームメートDFナチョと接触してPKを獲得。同4分。C・ロナウドは助走を取って、強く蹴り込んでGKの逆をついて先制ゴールを奪った。このゴールは史上4人目となる4大会連続ゴールの快挙だった。

    1点を追うスペインが前半24分に追いついた。自陣中央付近のMFブスケスが敵陣左奥へのロングフィード。ポルトガルDFぺぺとの競り合いに勝ったFWディエゴコスタがボールを奪うと、ペナルティーエリア正面までボールを運んだ。ディエゴコスタは相手DF2人を右、左そして右と切り返して振り切って、右足でゴール左下隅に同点弾を決めた。

    ところが前半終了間際に、再び度肝を抜くゴールが生まれた。前半44分。自陣のDFペペがペナルティーエリア正面付近へ放り込んだ。FWゲデスが落として横パスでC・ロナウドにつなぐと、エースが軌道の低い無回転シュート。ボールはスペインGKデヘアが弾いて、そのままゴールに吸い込まれ、再びポルトガルがリードを奪った。

    後半は2度目の世界王者を目指す“無敵艦隊”が強さを見せつけた。後半9分、大会後からJ1神戸でプレーするMFイニエスタがドリブルで仕掛け、ゴール正面25メートル付近でFKを獲得した。シルバがペナルティーエリア内右奥に放り込むと、MFブスケツが折り返してFWディエゴコスタが同点ゴールを決めた。

    勢いに乗るスペインは同13分、ペナルティーエリア内左で仕掛け、相手DFに当たってエリア外にこぼれた。後ろからDFナチョが低い弾道のシュートを放つと、左ポストに当たって今度は右ポストに当たりゴールネットを揺らした。ナチョは前半開始早々に先制点となるPKを与えており、汚名返上の逆転ゴールとなった。

    しかし、試合はそのままでは終わらなかった。後半43分。C・ロナウドがゴール正面20メートルで得たFK。壁の右外を巻いて、ボールはゴール右上隅に吸い込まれて土壇場で同点となった。

    試合はそのまま終了し引き分けたが、随所に見どころあふれた好ゲームだった。
    2018-06-16_05h01_37

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00010001-spht-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/12(火) 00:16:26.08 ID:CAP_USER9.net
    10日に行われたユーロ2016決勝で、フランス代表は延長戦の末にポルトガル代表に0-1と敗戦。自国開催大会で16年ぶりの優勝を果たすことはできなかった。

    元フランス代表DFのフランク・ルブーフ氏が試合後、決勝について大手メディア『ESPN』でコメント。ポルトガル代表の戦いぶりに苦言を呈した。

    ユーロ2000優勝メンバーのルブーフ氏。“後輩たち”は当時以来のユーロ制覇を目指して決勝に臨んだが、延長戦の末に0-1と敗れた。相手の2倍となる18本ものシュートを放ったものの、ポルトガル代表のゴールを割ることはできなかった。

    ルブーフ氏は「ポルトガル、優勝おめでとう。ただ以前にも言ったように、これはアンチ・フットボールだと思う。何もフットボールにもたらさなかった」と、戦いぶりに苦言を呈した。

    「ポルトガルにはもっと良いプレーをすることができる、才能のある選手がいた。将来、フットボールに何かもたらしてくれることを期待している。みんな、この決勝のことはすぐに忘れてしまうだろう。この決勝から学ぶことは何もなかった。残念なことだけど、このありきたりのサッカーを真似しようというチームは出てこないだろうね」

    ポルトガル代表は決勝トーナメント全4試合で1失点と、堅守をベースに頂点に立った。粘り強い戦いが際立ったが、ルブーフ氏は「ありきたりのサッカー」と表現し、同国代表を批判している。
    2016-07-12_09h37_15
    SOCCER KING 7月11日 16時42分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160711-00467071-soccerk-socc
    続きを読む

    1:名無し募集中。。。@黄金伝説 ★@\(^o^)/:2016/07/11(月) 06:37:47.66 ID:CAP_USER9.net
    [7.10 EURO決勝 ポルトガル1-0(延長)フランス サンドニ]

    EURO2016は10日、フランス・パリ郊外のサンドニで決勝を行い、ポルトガル代表が延長戦の末、ホスト国のフランス代表を1-0で下し、初優勝を飾った。

    ポルトガルはFWクリスティアーノ・ロナウドが前半25分に負傷交代するアクシデント。それでも90分間を0-0で耐え抜くと、延長後半4分に途中出場のFWエデルが決勝点を決めた。
    news_slider_193738_1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160711-01629135-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/10(日) 16:50:30.79 ID:CAP_USER9.net
    EURO2016は10日にフランス代表とポルトガル代表が決勝戦を行う。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトがこの試合に先駆けて予想先発メンバーを発表している。

    1984年以来のホスト国優勝と、2000年大会以来の優勝を狙うフランスは、4-2-3-1の布陣で臨むことが予想され、全試合出場中のGKウーゴ・ロリスがゴールを守り、最終ラインは右からDFバカリ・サニャ、DFローラン・コシールニー、DFサムエル・ユムティティ、DFパトリス・エブラが並ぶ。

    中盤の底にはMFエンゴロ・カンテの可能性があるとしながらも、UEFA公式サイトはMFポール・ポグバとMFブレズ・マトゥイディが入る模様。2列目には得点王を目指すFWアントワーヌ・グリエーズマンとMFムサ・シッソコ、MFディミトリ・パイェが並び、1トップにはFWオリビエ・ジルが入ると予想され、準決勝のドイツ戦からメンバーの変更はないとこのことだ。

    また、2004年大会以来の決勝で初優勝を目指すポルトガルは、準決勝のウェールズ戦から2人を入れ替える見込み。4-4-2の布陣で守護神はGKルイ・パトリシオ、最終ラインは右からDFセドリック・ソアレス、DFジョゼ・フォンテ、太ももに痛みを抱え、出場が危ぶまれているDFペペ、DFラファエル・ゲレイロが入る。

    ボランチには出場停止明けのMFウィリアム・カルバーリョ、右にMFレナト・サンチェス、左にMFジョアン・マリオ、トップ下にMFアドリエン・シルバが並ぶ。トップはFWクリスティアーノ・ロナウドとFWナニの元マンチェスター・ユナイテッドコンビが組む。

    試合は日本時間11日の午後4時キックオフ。今夜ついにヨーロッパの王者が決まる。

    以下、UEFA公式サイトの予想スタメン

    [フランス代表]
    GK 1 ウーゴ・ロリス
    DF 3 パトリス・エブラ
    DF 19 バカリ・サニャ
    DF 21 ローラン・コシールニー
    DF 22 サムエル・ユムティティ
    MF 8 ディミトリ・パイェ
    MF 14 ブレズ・マトゥイディ
    MF 15 ポール・ポグバ
    MF 18 ムサ・シッソコ
    FW 7 アントワーヌ・グリエーズマン
    FW 9 オリビエ・ジル

    [ポルトガル代表]
    GK 1 ルイ・パトリシオ
    DF 3 ペペ
    DF 4 ジョゼ・フォンテ
    DF 5 ラファエル・ゲレイロ
    DF 21 セドリック・ソアレス
    MF 10 ジョアン・マリオ
    MF 14 ウィリアム・カルバーリョ
    MF 16 レナト・サンチェス
    MF 23 アドリエン・シルバ
    FW 7 クリスティアーノ・ロナウド
    FW 17 ナニ
    news_193679_1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160710-01629117-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/10(日) 08:58:19.05 ID:CAP_USER9.net
    先日、年齢詐称疑惑が浮上したポルトガル代表の新星レナト・サンチェスだが、どうやら登録通り18歳であることが証明されたようだ。9日、スペイン紙『マルカ』などが報じている。

    サンチェスの母国ポルトガルメディアの『ディアリオ・デ・ノティシアス』が、彼が生まれたアマドーラ・シントラ病院に、サンチェスが1997年8月18日の午後3:25に2.560グラムで誕生したことを証明する記録が存在していることを公表した。

    サンチェスの年齢詐称疑惑については、フランスの名将ギー・ルー氏がメディアにそれを示唆したことで大きな話題を集めていた他、ポルトガルでもスポルティング・リスボンが、ベンフィカに所属していた彼の年齢について疑惑を投げられたこともあった。

    今回の報道でサンチェスが本当に18歳であることがわかり、騒動が解決したと報じられたことで、ポルトガル代表や今季からプレーするバイエルン・ミュンヘンの関係者も一安心といったところだろう。

    しかし、元をたどればこの疑惑も、サンチェスの18歳とは思えないプレーぶりが呼んだものだ。今EUROでもすでに2度のマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど、素晴らしいパフォーマンスを披露している。こうした疑惑が、結果として彼の怪物ぶりを改めて浮き彫りにさせるものとなったようだ

    フットボールチャンネル 7月10日 7時40分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160710-00010001-footballc-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/08(金) 06:41:57.22 ID:CAP_USER9.net
    EUROで大ブレイク中のサンチェスに、ギー・ルー氏が噛みつく
     
    バイエルン・ミュンヘンに3000万ユーロ(約33億円)で移籍したポルトガル代表MFレナト・サンチェスに、年齢詐称疑惑が浮上している。スペイン地元紙「AS」が報じている。

    欧州選手権準々決勝ポーランド戦でゴールを決めるなど、大会を通じて輝きを放っている新星に、エリック・カントナ氏やパリ・サンジェルマン前監督のローラン・ブラン氏ら名手を、オセールで育成したギー・ルー元監督が噛みついた。

    「彼は18歳だと言っているが、彼の過去を洗わないといけないね。彼の生まれた後、生年月日が明らかになったんだ。誕生日が違うんだ。彼は23か24歳だと保証できる」

    かつての欧州屈指の名伯楽の告発に、欧州中に波紋が広がった。この疑惑にポルトガル地元紙「ジョルナル・デ・ノティシア」は調査を行い、選手の誕生日は1997年8月18日となっているが、出生届けはその5年後の2002年まで出されていなかったという。理由は生後5カ月での両親の別居があったという。

    レナト自身は「ポルトガルで育って、ベンフィカに10年間いたのに、どうやったら25歳になれるんだろうね。理屈が通らないよ」と、疑惑を否定しているという。

    Football ZONE web 7月7日(木)21時0分配信
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/36282

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/07(木) 05:53:18.06 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    ポルトガル代表 2-0 ウェールズ代表

    【得点者】
    1-0 50分 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
    2-0 53分 ナニ(ポルトガル)

    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2616-2616-lv


    ユーロ2016準決勝が6日行われ、ポルトガル代表とウェールズ代表が対戦した。

    レアル・マドリードで同僚のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとウェールズ代表FWギャレス・ベイルのエース対決に注目が集まる一戦。FIFAランク8位のポルトガルはここまで90分間で勝てておらず、決勝トーナメントからは延長戦、PK戦と激闘を制してベスト4に駒を進めた。自国開催の2004年大会以来、12年ぶり2度目の決勝進出を目指す。

    対して、初出場で快進撃を見せる同26位ウェールズは、準々決勝で今大会最上位の同2位ベルギーから金星を挙げて初のベスト4入り。さらに勢いをつけて、決勝進出へ2戦連続のジャイアントキリングを狙う。なお、両チームは親善試合で過去3回対戦しており、ポルトガルが2勝1敗で勝ち越している。

    ポルトガルはMFウィリアム・カルヴァーリョが出場停止で、DFペペが太ももの負傷で欠場となり、代わりにMFダニーロ・ペレイラとDFブルーノ・アルヴェスがスタメン入り。その他、エースのC・ロナウドやバレンシア移籍が決まったFWナニらが先発出場となった。

    一方のウェールズもMFアーロン・ラムジーとDFベン・デイヴィスの主力2人が出場停止で欠場。代わりにMFアンディ・キングとDFジェームズ・コリンズが先発出場となった。エースのベイルをはじめ、主将DFアシュリー・ウィリアムズ、無所属のFWハル・ロブソン・カヌらも先発メンバーに名を連ねた。

    試合は、両チームとも慎重な立ち上がりを見せる。ポルトガルは16分、ジョアン・マリオがC・ロナウドとのワンツーでペナルティエリア内右に抜け出し、右足を振り抜くが、シュートは枠の左に外れた。

    その後はベイルを中心に攻勢に出たウェールズが主導権を握る。19分、左CKのサインプレーから、ベイルがゴールから遠ざかる様にニアサイドへ走り込み、左足ダイレクトシュートを放つが、枠を捉えられない。

    21分、右サイドでボールを持ったベイルが、マークについたC・ロナウドを振り切ってグラウンダーのクロス。キングがニアサイドに飛び込むが、わずかに合わなかった。23分にはカウンターからチャンス。ベイルが自陣からドリブルで駆け上がり、右サイドから中央へ切り込んで左足シュート。だがこれは相手GKルイ・パトリシオにキャッチされた。

    一方のポルトガルは44分、左サイドからのクロスに、ゴール前のC・ロナウドが頭で合わせるが、枠を捉えられなかった。前半はスコアレスで折り返す。

    後半に入って50分、ついに試合が動く。左CKを得たポルトガルはジョアン・マリオのパスを受けたラファエル・ゲレイロがクロスを供給。。ファーサイドから中央へ走り込んだC・ロナウドが打点の高いヘディングで合わせてゴール右に突き刺した。今大会3点目のC・ロナウドは、ユーロ通算9ゴール目でミシェル・プラティニ氏の大会歴代最多記録に並んだ。

    先制で勢いに乗ったポルトガルは直後の53分に追加点を挙げる。クリアボールを拾ったC・ロナウドがエリア手前右から右足シュート。それにエリア内中央のナニが反応し、右足でコースを代えてゴールネットを揺らした。

    さらに63分、エリア手前右でFKを獲得したポルトガルは、C・ロナウドが右足で直接狙うが、強烈なシュートはわずかにクロスバー上に外れた。一方のウェールズは、58分にMFジョー・レドリーをFWサム・ヴォークスに、63分にカヌをFWサイモン・チャーチに、66分にコリンズをMFジョナサン・ウィリアムズに代えて、5バックから4バックに変更する。直後の67分、ベイルの右サイドからのクロスに、中央のヴォークスが頭で合わせるが、シュートはクロスバー上に外れた。

    ウェールズは77分、敵陣中央でパスを受けたベイルが、ワントラップから左足を振り抜く。ドライブのかかった強烈なシュートは枠を捉えるが、GKパトリシオにキャッチされた。ポルトガルは78分、ダニーロがエリア内右に抜け出して、フリーで右足シュートを放つが、GKヘネシーの好セーブに阻まれた。80分には、ベイルが再び遠目から左足で狙うと、ブレ球のシュートは枠内に飛ぶが、これもGKパトリシオに弾き出された。

    終盤に猛攻を見せたウェールズだが、反撃は実らずこのままタイムアップ。ポルトガルが2-0で今大会初めて90分間で決着をつけ、12年ぶり2度目の決勝進出を果たした。一方、敗れたウェールズは今大会初の無得点に終わり、ベスト4で力尽きた。
    2016-07-07_06h11_27
    サッカーキング
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00465536-soccerk-socc
    続きを読む

    ユーロ2016準々決勝が6月30日に行われ、ポーランド代表とポルトガル代表が対戦した。

    決勝トーナメント1回戦でスイス代表をPK戦の末に下し、初のベスト8進出を果たしたポーランド。スタメンには今大会ここまでノーゴールが続いているFWロベルト・レヴァンドフスキや、スイス戦で先制ゴールを挙げたMFヤクブ・ブワシュチコフスキらが名を連ねた。対するポルトガルも、決勝トーナメント1回戦のクロアチア代表戦は延長に突入し、激闘の末にベスト8へ駒を進めた。先発には、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドや18歳のMFレナト・サンチェスらが起用された。

    キックオフから2分、早くも試合が動く。ポーランドが左サイド崩し、カミル・グロシツキがグラウンダーのクロスを供給。このボールに、エリア内のレヴァンドフスキが右足で合わせ、ネットを揺らした。

    勢いに乗るポーランドは15分、ピッチ中央でボールを持ったアレク・ミリクがドリブルで持ち運び、左足のミドルシュートを放った。しかしこれは枠の右へ外れる。

    1点を追うポルトガルは28分。敵陣の左サイドでナニがボールを奪取すると、中央のC・ロナウドへ横パス。ボールを受けたC・ロナウドはすぐさま右足でゴールを狙ったが、シュートは枠をとらえることができなかった。

    しかし33分、ポルトガルが同点に追いつく。R・サンチェスがナニとのパス交換でボールをエリア付近まで運ぶと、左足でミドルシュート。ゴール右下へ突き刺した。このまま1-1でハーフタイムを迎える。

    後半が始まって56分、ポルトガルが自陣でボールを奪い、一気にカウンターを仕掛ける。最後はエリア内に走りこんだC・ロナウドがスルーパスを受けてシュートを放つが、ボールはサイドネットへ外れた。

    対するポーランドは68分、左サイドをパスワークで突破すると、アルトゥル・ヤンドジェイチクが上げたクロスにミリクがニアサイドで合わせた。しかしこれはGKルイ・パトリシオがボールをキャッチし、得点を許さない。

    ボールを支配しながらも得点が奪えないポルトガルは、73分にジョアン・モウチーニョを、80分にリカルド・クアレスマを投入し、攻撃の活性化を図る。

    すると85分、ディフェンスライン裏へ抜け出したC・ロナウドへモウチーニョがループパスを供給する。しかしこれをC・ロナウドが痛恨の空振り。ゴールを奪うことはできなかった。結局、90分で決着はつかず、試合は延長戦へ突入する。

    延長前半の103分、ポルトガルはロングボールを前線で胸トラップしたナニが反転し、そのまま左足でミドルシュートを放った。しかしこれはGKウカシュ・ファビアンスキが落ち着いてセーブし、ゴールを死守する。

    延長後半も、両チームともにゴールを目指すが得点は奪えず。試合はPK戦へもつれ込む。

    先攻のポルトガルは5人目までが全員成功する。一方のポーランドは4人目のブワシュチコフスキが失敗。GKパトリシオがストップした。この結果、PK戦を制したポルトガルがベスト4進出を果たした。

    ポルトガルはウェールズ代表とベルギー代表の勝者と6日に対戦する。

    【スコア】
    ポーランド代表 1-1(PK戦:3-5) ポルトガル代表

    【得点者】
    1-0 2分 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド)
    1-1 33分 レナト・サンチェス(ポルトガル)
    2016-07-01_07h33_42
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00463114-soccerk-socc

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ