海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーメキシコ代表

    1:3倍理論 ★:2018/06/18(月) 22:07:47.53 ID:CAP_USER9.net
    17日のロシア・ワールドカップ(W杯)のグループF第1節で、前回王者ドイツを1-0で下したメキシコだが、メキシコ国民が同チームを率いるフアン・カルロス・オソリオ監督に感謝、そして謝罪をしている。

    今回のW杯で大金星を挙げたオソリオ監督だが、これまでの道のりは平坦なものではなかった。戦術・策略家として知られるこのコロンビア人指揮官は、対戦相手に応じて起用選手と選手の起用ポジションを柔軟に変えてきたが、多くのメキシコ国民は「自分たちのフットボール」を実践しようとしない同監督に対して、批判を浴びせ続けてきた。

    そうした批判の声は、メキシコのレジェンドからも聞こえてきた。元メキシコ代表FWウーゴ・サンチェス氏は、オソリオ監督のやり方が“オレンジ軍団”と称されたヨハン・クライフ氏のオランダ代表の真似事であるとして「今のメキシコ代表は下痢をする緑のオレンジ」「選手たちの質は信頼するが、監督は信頼しない」と辛辣な言葉を口にしていた。

    そんな悲観論がメキシコ国内であふれ返る状況でも、メキシコサッカー連盟及び選手たちはオソリオ監督を信頼。そしてロシアW杯初戦、コロンビア人監督は「6カ月前から練り上げていた」というプランによって、ドイツ撃破という大金星を挙げた。

    この試合の後、SNS上ではオソリオ監督への手の平返しが起こった。「#PerdonOsorio(ごめんなさいオソリオ)」とのハッシュタグがつくられ、メキシコ国民がオソリオ監督を称賛し始めたのだった。

    「感動をありがとう」

    「メキシコ国民はオソリオに謝罪すべき」

    「オソリオはメキシコ大統領にならないと」

    「ただ勝ったわけではない。オソリオの手腕で勝ったんだ」

    「今日、オソリオは我々メキシコ国民全員を黙らせた」

    嫌われ者から英雄となったオソリオ監督率いるメキシコは、グループF第2節で韓国と対戦する。ちなみにH・サンチェス氏はこのドイツ戦後、「オソリオはドイツ相手に素晴らしいゲームプランを駆使した。メキシコ人が監督を務めていないことには反対だが、オソリオは良い監督だと思うよ」と語っていた。
    2018-06-18_23h33_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010016-goal-socc
    続きを読む

    4: Egg ★ 2018/06/18(月) 20:07:08.26 ID:CAP_USER9

    「日本が目指すスタイルはメキシコ」。サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)F組のメキシコが2018年6月18日未明(日本時間)、連覇を狙うドイツを1-0で撃破したことで、この議論が盛り上がった。

    メキシコの平均身長は日本と同程度だが、8大会連続でW杯ベスト16に進出している。体格で劣る日本にとって、参考にすべき要素があることはかねてから指摘されてきた。ドイツ戦後もこの点に言及する専門家もいる。一方で「真似できるわけない」という声も少なくない。いったいなぜか。

    ■「日本サッカーへのヒントが随所にあると思う」

    メキシコはカウンター一閃で王者を突き刺した。前半35分、自陣深くでボールを奪うと、センターバックのモレノからセンターFWエルナンデスにグラウンダーの高速パス。MFグアルダードを経由し、もう一度受けたエルナンデスが、左サイドを全力疾走していたFWロサノにラストパスを送り、そのまま右足を振りぬいた。メキシコはこの1点を守り抜いた。

    一貫してカウンターを狙っていた。守備時、ボールの奪いどころをDFライン~ボランチの低い位置に設定し、前線ではパスコースを限定。ドイツの選手を自陣に招き入れ、ボールを奪ったら一転、前がかりになったドイツ陣内、特にサイドバックに空いたスペースへ最短距離でパスを送り、フィニッシュまでつなげる。

    スタメン11人の平均身長を比べると、ドイツ185.3センチに対し、メキシコは179.4センチと約6センチの差がある。攻撃の中心を担ったエルナンデスとロサノは175、トップ下のベラは177、右サイドハーフのラジュンは178センチと、前線は特に小柄だ。上記の得点のように長いパスでもむやみにボールを浮かせず、身長差でどうしても負ける空中戦は避ける傾向にあったようだ。

    日本代表も、12日に行った親善試合・パラグアイ戦の先発メンバーの平均身長は177センチと、同様に小柄。体格で劣る日本のサッカーにとって、メキシコをメルクマールにすべきという声は多い。

    元日本代表の前園真聖氏は18日未明、ツイッターに

    「メキシコのサッカーは体格差を感じさせない。前線からの守備、アプローチの速さ、ボールを奪ってからのカウンターの質、足元の技術の高さ、メキシコのサッカーには日本サッカーへのヒントが随所にあると思う」

    と投稿していた。

    ネット掲示板でも「何十年も前から言われてるけど、やっぱり日本はメキシコ型を目指すべきだよ」「日本もカウンターをオプションに持てばいいのに」と、メキシコを参考にしようという声がある。
    news_20180618190558-thumb-645xauto-139399
    https://www.j-cast.com/2018/06/18331643.html?p=all

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/18(月) 08:47:37.44 ID:CAP_USER9.net
    (17日、ドイツ0―1メキシコ サッカー・ワールドカップ)

    電光石火のメキシコの速攻だった。

    前半35分、自陣からボールを奪って始まったメキシコのカウンター。FWエルナンデスが仲間とのパス交換で抜け出すと、ペナルティーエリアの前で、左サイドを駆け上がってきたMFロサノへパス。ロサノは追いすがるドイツMFエジルを切り返してかわし、豪快に右足で蹴り込み、決勝点を奪った。

    後半こそドイツの猛攻に守備一辺倒になったが、メキシコが試合開始からやみくもに守りを固めていたわけではない。ドイツの緩慢なパスに狙いを定め、奪った瞬間にスイッチを押したかのように複数の選手が一気に前線へ走り出した。ドイツのセットプレーの際もセンターラインに3人の攻撃の選手を置き、「隙あらば……」という姿勢を見せ、ドイツにプレッシャーをかけ続けていた。

    前半のシュート数を見ると、ドイツの8本に対し、メキシコは9本。相手にボールを持たれながらも、いかに攻撃の意識が高かったのかがわかる。積み重ねが得点につながった。

    もともと対戦成績はメキシコの1勝5敗5分けと圧倒的に分が悪い。メキシコのオソリオ監督は「6カ月前からプランを立てていた」と明かす。スピードの速い選手を両サイドに配置し、世界でも見ても指折りのスピードを持つロサノらを生かす戦術だった。

    先取点を奪った後には、ドイツが長身FWゴメスらを投入してくることを想定して練習。最終ラインの人数を5人に増やし、逃げ切った。狙いがはまっての快勝に、ロサノは「全員のハードワークの結果。メキシコサッカー史上、最も大きな勝利の一つであることは間違いない」と誇った。(河野正樹)

    ●レーウ監督(独) 「前半、いつものようにプレーができず、がっかりだ。これまで大きな大会の初戦はずっと勝ってきたのでこの状況に慣れていない。次戦スウェーデン戦は勝たなければいけず、プレッシャーがかかるが、しっかり克服したい」

    6/18(月) 6:51配信
    2018-06-18_12h11_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000010-asahi-spo
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/18(月) 01:51:27.22 ID:CAP_USER9
    6/18(月) 1:50配信
    スポーツ報知
    メキシコがドイツ破る大波乱…ドイツの初戦黒星は82年以来

    歓喜のメキシコイレブン(ロイター)
     ◆W杯ロシア大会▽1次リーグF組 ドイツ―メキシコ(17日、モスクワ)

    グループF注目のカードで波乱が起きた。メキシコがFIFAランク1位で連覇を目指すドイツを1―0で下し、下克上に成功した。

    前半35分。自陣でボールを奪ったメキシコが、カウンターへ。FWエルナンデスがFWベラとの素早いパス交換で前を向いた。ドリブルで持ち運ぶと、左サイドを駆け上がってきたFWロサーノへ。22歳の有望株はエリア左で鋭く切り返し、DFを置き去りに。すぐさま右足を振り抜き、ゴール左スミへと突き刺して先制した。

    ドイツは序盤からボールを支配して主導権を握ったが、メキシコの高速カウンターでピンチを招くシーンが目立った。後半15分にMFケディラを替えてFWロイスを投入すると、同34分にDFプラッテンハルトをFWゴメスに変更。攻撃の枚数を増やして攻勢を強めたが、前回大会でブレイクしたメキシコGKオチョアの壁を破れなかった。

    7大会連続1次リーグ突破を目指すメキシコは、後半28分にスペイン・バルセロナなどで活躍した39歳のベテランDFマルケスを投入。これで5大会連続出場を果たしたレジェンドを中心に守り切った。メキシコの過去最高は70、86年大会のベスト8。前回はオランダに敗れてベスト16止まりだったが、優勝候補から勝ち点3を奪う最高の滑り出しとなった。

    ドイツは、W杯では06年母国開催の準決勝(対イタリア)以来、2大会8試合ぶりの黒星。初戦黒星は82年スペイン大会以来の屈辱となった。1934、38年のイタリア、58、62年のブラジルに続き史上3チーム目となる大会2連覇へ、好スタートを切れなかった。
    2018-06-18_02h02_10

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010000-spht-socc

    続きを読む

    2018-06-18_00h53_06
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/19(日) 13:00:15.78 ID:CAP_USER9.net
    コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の準々決勝が18日に行われ、メキシコ代表とチリ代表が対戦した。

    メキシコはウルグアイやベネズエラと同居したグループステージを首位で通過。現在は22試合の無敗記録を誇っており、北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)の国として初めてコパ・アメリカ制覇を目指す。

    一方、前回王者のチリは初戦のアルゼンチン戦で敗れ、第2戦のボリビア戦でも苦戦を強いられたが、最後はパナマに快勝して決勝トーナメント進出を果たした。

    試合は開始からチリが押し気味で進める。16分、マルセロ・ディアスがエリア外からミドルシュートを放つと、GKギジェルモ・オチョアが弾いたところをエドソン・プッチがゴール左に押し込み、チリが先制に成功する。

    さらに前半終了間際の44分、左サイドでジャン・ボセジュールがボールを持つと、エリア左横のアレクシス・サンチェスへパス。A・サンチェスが相手を引きつけ、タイミングをズラしたところでマイナスのパスを送る。これをエドゥアルド・バルガスが押し込み、貴重な2点目を手にした。このままチリが2-0でリードしてハーフタイムを迎える。

    すると後半はチリの攻撃陣が爆発する。49分、チリが前線から激しいプレスを仕掛け、メキシコが最終ラインで危険なパス回しとなる。アルトゥーロ・ビダルがエリア手前左でボールを奪うと、A・サンチェスとのワンツーでエリア内左へ進入。ビダルが深い切り返しから、マイナスのパスを送ると、A・サンチェスが右足でゴール中央へ決め、3点差をつけた。

    さらに52分、中盤のチャルレス・アランギスが前線に入れたボールをメキシコDFがクリアしそこねると、これが最終ラインの裏に抜けてE・バルガスがフリーとなる。E・バルガスがドリブルでエリア内まで持ち込み、GKとの一対一を制して4点目を奪った。

    メキシコは完全に集中力を欠いてしまい、チリが一方的に攻め込む。58分には左サイドのボセジュールが入れたシュート性のボールをGKオチョアが弾き、こぼれ球をE・バルガスが押し込んでハットトリックを達成。72分にはE・バルガスがこの試合4点目を決め、6点差を付けてしまった。

    その後、チリは87分にプッチがこの試合2点目を決め、7-0でチリがメキシコを下した。

    勝ち上がったチリは22日に行われる準決勝でコロンビアと対戦する。

    【スコア】
    メキシコ代表 0-7 チリ代表

    【得点者】
    0-1 16分 エドソン・プッチ(チリ代表)
    0-2 44分 エドゥアルド・バルガス(チリ代表)
    0-3 49分 アレクシス・サンチェス(チリ代表)
    0-4 52分 エドゥアルド・バルガス(チリ代表)
    0-5 58分 エドゥアルド・バルガス(チリ代表)
    0-6 74分 エドゥアルド・バルガス(チリ代表)
    0-7 87分 エドソン・プッチ(チリ代表)
    2016-06-19_14h33_30
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00457875-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/06(月) 11:24:01.37 ID:CAP_USER9.net
    2016-06-06_12h47_57
    【スコア】
    メキシコ代表 3-1 ウルグアイ代表

    【得点者】
    1-0 4分 オウンゴール(アルバロ・ペレイラ)(メキシコ代表)
    1-1 74分 ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ代表)
    2-1 85分 ラファエル・マルケス(メキシコ代表)
    3-1 90+3分 エクトル・エレーラ(メキシコ代表)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2517-2517-lv

    超WORLDサッカー
    http://web.ultra-soccer.jp/live/main?mid=26813&tmid=555

    メキシコが優勝候補ウルグアイを破る…37歳DFマルケスが値千金の決勝弾
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00451877-soccerk-socc

    L・スアレス欠場のウルグアイが黒星発進、両軍に退場者の激戦を制したのはメキシコ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000008-goal-socc

    メキシコ、最速オウンゴール&37歳マルケス弾などでウルグアイ下す/コパ・アメリカ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000012-ism-socc

    互いに退場者…大会史上最速OGで先制のメキシコ、追いつかれるも突き放しウルグアイに3発勝利
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-01628035-gekisaka-socc


    【スコア】
    ジャマイカ代表 0-1 ベネズエラ代表

    【得点者】
    0-1 15分 ホセフ・マルティネス

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2516-2516-lv

    ベネズエラが初戦白星発進…マルティネス弾で10人のジャマイカを下す
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00451843-soccerk-socc

    ★試合巧者ベネズエラが不運のジャマイカを下して白星スタート
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=242227

    スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 11:34:15.73 ID:???*.net
    メキシコサッカー連盟(FMF)は28日、ミゲル・エレーラ代表監督を解任したと発表した。

    メキシコ代表は26日に決勝が行われたCONCACAFゴールド杯(北中米カリブ海選手権)で、ジャマイカ代表を3-1で下して優勝を決めた。 

    しかし事件は歓喜の決勝を終えた翌日に起こった。メキシコメディアによると、帰国の途に就く際のフィラデルフィアの空港で、采配に批判的な質問をした記者に対し、暴行を振るったのだという。

    同監督は「確かに押した。口論になってしまい、彼を押してしまったんだ」と話している。

    エレーラ監督は現役時代もメキシコ代表としてプレーした47歳。引退後はメキシコの複数クラブで監督を歴任。13年10月よりメキシコ代表監督に就いていた。

    就任後、大陸間プレーオフを勝ち抜いてブラジルW杯に出場。決勝トーナメントに導き、そして今夏のゴールド杯では2大会ぶりのタイトル奪回を果たしていた。
    2015-07-29_17h10_24
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00875000-gekisaka-socc

    激情家のメキシコ代表エレーラ監督、空港でキャスター殴る?
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150728-00000013-ism-socc

    決勝動画 メキシコvsジャマイカ
    http://mobile.concacaf.com/video/jamaica-vs-mexico-highlights-3
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438137255/

     
    続きを読む

    2014-06-30_03h10_21
    【スコア】
    オランダ 2-1 メキシコ

    【得点者】
    0-1 48分 ジオバニ・ドス・サントス(メキシコ)
    1-1 88分 ウェズレイ・スナイデル(オランダ)
    2-1 90+4分 クラース・ヤン・フンテラール(PK)(オランダ)

     ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が29日に行われ、オランダ代表とメキシコ代表が対戦した。

     3連勝でグループリーグを首位通過したオランダは、最終節から2選手を変更。出場停止から復帰したロビン・ファン・ペルシーらが先発となった。一方のメキシコは最終節から1選手が変わり、ベテランのカルロス・サルシドがスタメンとなった。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140630/207178.html?view=more
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ