海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカーロシア代表

    1:豆次郎 ★:2018/06/15(金) 01:57:23.41 ID:CAP_USER9.net
    6/15(金) 1:56配信
    開催国ロシアが開幕戦制す!…サウジアラビアに5発快勝で白星スタート

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が14日に行われ、ロシア代表とサウジアラビア代表が対戦した。

    4年に1度のサッカーの祭典が幕を開けた。開催国のロシアはFIFAランキング70位、サウジアラビアは同67位で、出場32カ国中最下位2チームによる開幕戦となった。2大会連続11回目出場のロシアはFWヒョードル・スモロフが、3大会ぶり5回目のサウジアラビアはFWモハメド・アル・サハラウィが先発出場で、両エースがスタートからゴールを狙う。

    大会初ゴールが生まれたのは開始12分。左サイドからアレクサンドル・ゴロヴィンがクロスを送ると、ファーでフリーのユーリ・ガジンスキがヘディングシュートを沈め、ロシアに先制点をもたらした。24分にはアラン・ジャゴエフが負傷交代を強いられたが、代わって入ったデニス・チェリシェフが42分にエリア内左で冷静に相手DFをかわし、シュートをゴール左隅に突き刺して追加点。ロシアが2点リードで折り返した。

    後半に入って71分、ロシアはスモロフに代わって入ったばかりのアルテム・ジュバが、ゴロヴィンからの精確なクロスを頭で合わせ、試合を決める3点目。後半アディショナルタイムには、ジュバの落としを受けたチェリシェフがエリア内右から右足アウトサイドキックで狙うと、シュートは綺麗な弧を描いてゴール右上隅に決まった。さらに、その2分後にはゴロヴィンがエリア手前右のFKを直接決めてダメ押しゴールを沈めた。

    試合は5-0でロシアが勝利。グループA第2戦は、ロシアが19日にエジプト代表と、サウジアラビアは20日にウルグアイ代表と対戦する。

    【スコア】
    ロシア代表 5-0 サウジアラビア代表

    【得点者】
    1-0 12分 ユーリ・ガジンスキ(ロシア)
    2-0 43分 デニス・チェリシェフ(ロシア)
    3-0 71分 アルテム・ジュバ(ロシア)
    4-0 90+1分 デニス・チェリシェフ(ロシア)
    5-0 90+4分 アレクサンドル・ゴロヴィン(ロシア)
    2018-06-15_02h12_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00776588-soccerk-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/24(土) 14:46:07.00 ID:CAP_USER9.net
    国際親善試合が23日に行われ、ロシア代表とブラジル代表が対戦した。

    試合は開始早々からブラジルペースで進むも、5バックで守備を固めるロシアが得点を許さず、前半はスコアレスで終了する。

    後半に入り53分、ついに試合の均衡が破れる。右サイドでボールを持ったウィリアンが正確なクロスを送ると、中で待っていたチアゴ・シウヴァが強烈なヘディングシュートを放つ。このシュートは相手GKイゴール・アキンフェエフに防がれるも、こぼれ球をミランダが押し込み、ブラジルが先制に成功した。

    62分には再びブラジルに決定機が訪れる。ドリブルでペナルティエリア内に進入したパウリーニョが倒され、ブラジルがPKを獲得する。キッカーを務めるフィリペ・コウチーニョがこのPKを落ち着いて決め、ブラジルが追加点を奪った。

    攻撃の手を緩めないブラジルは66分、ウィリアンがドリブル突破から折り返しのボールを上げると、フリーになっていたパウリーニョがヘディングを叩き込む。ブラジルがダメ押し点となる3点目を奪った。

    試合はこのまま0-3でタイムアップ。ブラジルがワールドカップ開催国のロシアから3点を奪い快勝した。

    【スコア】
    ロシア代表 0-3 ブラジル代表

    【得点者】
    0-1 53分 ミランダ(ブラジル)
    0-2 62分 フィリペ・コウチーニョ(ブラジル)
    0-3 66分 パウリーニョ(ブラジル)
    2018-03-24_16h31_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00733195-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/08(日) 03:29:53.62 ID:CAP_USER9.net
    ロシア 4-2 韓国 国際親善試合】

    ロシア代表対韓国代表の国際親善試合が現地時間の7日に行われ、ロシアが4-2で勝利を収めた。

    ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で苦戦を強いられた韓国だが、辛うじて9大会連続の出場権を獲得。本大会に向けた準備を開始するため欧州遠征へと出発し、まずはW杯開催国のロシアとモスクワで対戦した。

    今回の遠征には国内でプレーする選手は招集されず、日本などアジアでプレーする選手も含めたオール海外組でメンバーを構成。Jリーガーではヴィッセル神戸のGKキム・スンギュとFC東京のMFチャン・ヒョンス、ガンバ大阪のFWファン・ウィジョが先発に名を連ねた。

    0-0で迎えた前半終了間際の44分、先制点はホームのロシアに生まれる。右CKから上げられたボールにFWスモロフが頭で合わせ、叩きつけたシュートをゴール左へ送り込んだ。

    1点リードで前半を折り返したロシアは55分にも追加点を奪う。先制点と同じ右CKの形からクロスを上げると、今度はDFキム・ジュヨンの体に当たったボールがゴールに転がり込むことになった。

    さらにその直後の57分、再びロシアが攻撃を繰り出し、エリア手前でのパスに対してキム・ジュヨンが足を出すと、引っかかったボールがゴールマウスへ。キム・スンギュの動きの逆を突いて転がったボールがネットに収まり、不運な連続オウンゴールで点差は3点に広がった。

    83分には一旦はGKが弾いたボールをミランチュクが押し込んでロシアに4点目のゴール。

    韓国はそこからようやく反撃に転じ、87分にクォン・ギョンウォン、アディショナルタイムにチ・ドンウォンが決めて2点を返したが、本大会に向けて課題が多いことを示す敗戦となった。

    【得点者】
    44分 1-0 スモロフ(ロシア)
    55分 2-0 オウンゴール(ロシア)
    57分 3-0 オウンゴール(ロシア)
    83分 4-0 ミランチュク(ロシア)
    87分 4-1 クォン・ギョンウォン(韓国)
    90+3分 4-2 チ・ドンウォン(韓国)

    ESPN
    http://www.espnfc.com/match?gameId=496972

    10/8(日) 1:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171008-00234796-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    453347919_aaa
    1:Reproduction Prohibited ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 19:09:34.28 ID:CAP_USER9.net
    2014年ブラジルW杯 ロシア代表23人全員にドーピング疑惑 FIFA調査と英紙報道
    サッカー2017.6.25 18:48

    英紙デーリー・メール日曜版は25日、サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場したロシア代表23人全員がドーピング違反の疑いで国際サッカー連盟(FIFA)の調査を受けていると報じた。FIFAの広報担当も調査の事実を認めたという。

    ロシアで開催中のコンフェデレーションズ・カップにも、W杯ブラジル大会のメンバーだったGKアキンフェーフ選手らが参加した。同紙はさらに11人のプロサッカー選手に違反の疑いがあるとしている。

    世界反ドーピング機関(WADA)はロシアで国ぐるみのドーピングが行われていたと認定。昨年のリオデジャネイロ五輪では陸上のほぼ全選手など、ロシアの100人を超える選手が出場を禁じられ、リオデジャネイロ・パラリンピックからは全面除外された。(共同)

    http://www.sankei.com/smp/sports/news/170625/spo1706250018-s1.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/15(水) 23:53:55.26 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    ロシア代表 1-2 スロヴァキア代表

    【得点者】
    0-1 32分 ヴラディミール・ヴァイス(スロヴァキア)
    0-2 45分 マレク・ハムシク(スロヴァキア)
    1-2 80分 デニス・グルシャコフ(ロシア)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2555-2555-lv

    超WORLDサッカー!
    http://web.ultra-soccer.jp/match/score?mid=26833&tmid=1

    ユーロ2016・グループリーグ第2節が15日に行われ、グループBでロシア代表とスロヴァキア代表が対戦した。

    初戦でイングランド代表と引き分けたロシア。対して、スロヴァキアはウェールズとの初出場対決を落として黒星スタート。両チームとも、決勝トーナメント進出に向けて、今大会初白星を収めたいところ。ロシアはシャルケDF内田篤人と同僚のDFロマン・ノイシュテッターや、イングランド戦で同点ゴールを挙げた主将のDFヴァシリ・ベレズツキらが先発入り。スロヴァキアは、ナポリMFマレク・ハムシクや、ウェールズ戦で途中出場の1分後に同点ゴールを決めたMFオンドレイ・ドゥダがスタメンに名を連ねた。

    試合が動いたのは32分、スロヴァキアが先制に成功する。ハムシクからのロングボールに反応したヴラディミール・ヴァイスが、最終ラインを抜け出してエリア内左に進入。戻った相手DF2人をキックフェイントでかわし、落ち着いて右足を振り抜いてシュートをゴール右に突き刺した。

    さらに45分、スロヴァキアが追加点を挙げる。左CKでヴァイスからのショートコーナを受けたハムシクが、切り返しでDFをかわしてエリア内左に進入。思い切りよく右足を振り抜くと、強烈なシュートはゴール右上隅のポストを叩いて、左ネットを揺らした。直後に前半が終了し、スロヴァキアの2点リードで折り返す。

    ロシアはハーフタイムにノイシュテッター、アレクサンデル・ゴロヴィンを下げて、デニス・グルシャコフとパヴェル・ママエフを投入し、後半を迎える。ロシアの反撃が実ったのは80分。高い位置でボールを奪うと、オレグ・シャトフがロマン・シロコフとのワンツーでエリア内左を崩してクロス。中央のデニス・グルシャコフが頭で合わせて、ゴール右隅に決めた。

    1点を返したロシアが終盤に猛攻を仕掛けるが、試合はこのままタイムアップ。スロヴァキアが2-1で、同国史上初めてユーロで勝利を収めた。

    次節、ロシアは20日にウェールズ代表と、スロヴァキアは同日にイングランド代表と対戦する。
    2016-06-16_00h13_38
    SOCCER KING 6月15日 23時51分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160615-00456255-soccerk-socc

    ◆関連HP

    UEFA EURO公式
    http://jp.uefa.com/uefaeuro/index.html

    WOWOW
    http://www.wowow.co.jp/sports/euro/

    テレビ朝日
    http://www.tv-asahi.co.jp/euro_soccer/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/15(水) 20:06:47.03 ID:CAP_USER9.net
    フランスで開催されているサッカー欧州選手権2016(UEFA Euro 2016)で暗い影を落としているサポーターの暴力問題。そこでAFPは、特に危険な行動を起こしているロシアの過激サポーター集団「フーリガン」の実態について解説する。

    ――どこから来たのか?

    ロシアのフーリガンは、えりすぐりのメンバーで構成される組織化した集団で、「ファーム」の名で知られている。1990年代初頭のソビエト連邦解体に伴い、英国フーリガンの情報が自由に流れ込むようになったことをきっかけに設立され、集団ごとに階級が存在する。

    ロシアでフーリガンを扱った書籍の執筆や、テレビのドキュメンタリー番組の制作を手掛けるウラジーミル・コズロフ(Vladimir Kozlov)氏は、「1990年代初頭までファームは存在しませんでした。英国のフーリガンがきっかけになったのは間違いありません。彼らを模倣したんです」と語っている。

    ――何者なのか?

    基本的には普通の仕事に就き、家族を持つ人もいるが、ロシアのフーリガンには格闘技の愛好家が多く、イングランドのフーリガンと比べると体の鍛え方が違うという自負を持っている。

    現在フランスに滞在しているフーリガンのデニス(32)は、「イングランドのやつらは飲んでばかりでトレーニングをしないが、俺たちは飲まずにトレーニングする。その俺たちの道がどこかで交われば、彼らに希望なんてあると思うか?」と話し、今大会を「欧州の猛者と拳を交えるチャンス」と称している。

    同じくフーリガンの一人で、モスクワで広報の仕事をしているというウラジーミル(30)は、「ロシアのファンやフーリガンは、20歳から30歳くらいの若者だ。そのほとんどがスポーツマンで、ボクシングや格闘技全般をたしなんでいる」と述べている。

    ――人数は?

    コズロフ氏は「現在も活動中のフーリガンは数百人程度で、多く見積もっても数千人」としており、「ウルトラス」と呼ばれる特に過激なサポーターはそれほど多くないとの見解を示している。

    フランスで暴挙に出るロシア人のすべてが、フーリガンというわけではないらしい。それでもコズロフ氏によれば、それと思しき者たちの姿も確認できたという。

    「よく似たおそろいのTシャツを着て、まるでスポーツに興じているかのようにみえる集団がいました。非常に統制が取れていたという目撃証言もあるため、おそらくその連中がファームのメンバーでしょう」

    次スレにつづく
    2016-06-15_21h48_48
    AFP=時事 6月15日 16時18分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160615-00000031-jij_afp-socc&p=1
    続きを読む

    [6.11 EURO B組第1節 イングランド1-1ロシア マルセイユ]

    EURO2016は11日、グループリーグ第1節を行い、B組のイングランド代表はロシア代表と1-1で引き分けた。MFエリック・ダイアーの直接FKで先制したイングランドだが、後半アディショナルタイムに失点。これでEURO本大会の初戦は通算5分4敗となり、またしても初戦を白星で飾ることはできなかった。

    イングランドは前半7分、MFウェイン・ルーニーが右サイドに展開し、DFカイル・ウォーカーが折り返したボールをMFアダム・ララナが右足で狙うが、GKがセーブ。同12分にはFWハリー・ケインの右CKにDFクリス・スモーリングが頭で合わせるが、GKにキャッチされた。

    試合の主導権を握りながら1点が遠いイングランド。前半36分、ルーニーの右足ミドルもGKイゴール・アキンフェエフに弾かれる。スコアレスで折り返した後半10分には右45度の位置からルーニーが直接FKを狙ったが、クロスバーを越えた。粘り強く耐えるロシアも後半18分、FWフョードル・スモロフがPA手前から右足でミドルシュートを打ったが、わずかにゴール右へ外れた。

    イングランドは後半26分、左サイドをオーバーラップしたDFダニー・ローズがゴール前に折り返し、こぼれ球をルーニーが右足で狙ったが、アキンフェエフが右手1本でセーブ。決定的な場面だったが、またもGKの好守に阻まれた。それでも直後の28分、PA正面やや右寄りの位置でFKを獲得すると、MFエリック・ダイアーが右足を一閃。壁の脇を抜けた弾丸シュートがゴールネットに突き刺さり、ついに均衡を破った。

    1-0とリードを奪い、逃げ切り体勢に入ったイングランドだったが、後半アディショナルタイムにロシアがワンチャンスを生かした。右CKからセカンドボールをつないでゴール前に放り込むと、DFバシリ・ベレズツキのヘディングシュートをゴール前でMFデニス・グルシャコフが左膝で押し込んだ。劇的な同点ゴールで1-1。ロシアが土壇場で勝ち点1を拾い、イングランドは勝利目前で痛恨のドローに終わった。
    news_slider_191604_1
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160612-01628225-gekisaka-socc



    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/11(土) 21:10:53.31 ID:CAP_USER9.net
    ■イングランドはスペインやドイツよりも弱いか

    12日にEURO2016グループB初戦でイングランド代表と対戦するロシア代表は、大胆にも勝利を狙っている。

    初戦から優勝候補の一角に挙げられるイングランドと対戦するのは非常に厳しいように思えるが、ロシア代表FWアルテム・ジューバはイングランドと対戦できることをラッキーと捉えているようだ。

    英『Daily Mirror』によると、ジューバは優勝候補に挙げられるチームの中ではイングランドが最も弱いと考えており、抽選結果を見た際にはドイツやスペインと当たるよりはマシな結果と感じたという。ジューバは初戦でイングランドを倒せば波に乗っていけるとコメントし、大胆にも勝利を狙う姿勢を見せている。

    「僕たちはイングランド戦が楽なものになると言ったわけじゃない。人々は誤解しているよ。ただ、僕たちは優勝候補と同じグループに入ることは分かっていた。もちろん優勝候補との戦いは簡単なものではないけど、僕たちはその中でもイングランドを望んでいたんだ」

    「彼らはとても良いチームだし、タフなゲームになると思う。でも、他の優勝候補が相手だと、僕たちにとってもっと悪いものになったかもしれない。

    イングランドと初戦でやれるのは良いことだよ。彼らは紙面上では優勝候補で、ビッグネームも揃っている。だけど僕たちが勝利を収めれば、それは僕たちにとって大きな勇気となるよ」

    イングランドにとっては聞き捨てならないコメントで、ジャイアントキリングを狙うロシアを倒して優勝候補の一角に挙げられる理由を見せつけたいところだ。
    2016-06-11_22h33_53
    theWORLD(ザ・ワールド) 6月11日 19時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00010017-theworld-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 11:38:06.97 ID:CAP_USER*.net
    国際親善試合が29日に行われ、フランス代表とロシア代表がアムステルダムで対戦した。

     25日の国際親善試合でオランダを破ったフランスは、トッテナムGKウーゴ・ロリスのほか、最終ラインにレアル・マドリードDFラファエル・ヴァランやリヴァプールDFママドゥ・サコ、中盤にユヴェントスMFポール・ポグバ、マルセイユMFラッサナ・ディアッラらが入る。

    前線にはアトレティコ・マドリードFWアントワーヌ・グリエスマンやマンチェスター・UのFWアントニー・マルシャル、ティグレスFWアンドレ・ピエール・ジニャクが並んだ。また、日本代表FW岡崎慎司とレスターでチームメイトのMFエンゴロ・カンテが代表初先発を果たしている。

    開始早々、均衡を破ったのはホームのフランスだった。9分、ジニャクからのパスを受けたグリエスマンがペナルティーエリア手前でポストプレー。後方へ落とすと、走り込んでいたドリブルで縦へ持ち出し、右足シュートでゴールネットを揺らした。

    さらに38分、グリエスマンが左サイドからのFKをニアサイドへ蹴り込むと、ジニャクがダイビングヘッド。
    ゴール右隅へと決まり、フランスが2点リードで前半を終えた。

    後半に入ると、アウェーで2点ビハインドのロシアが反撃。56分、アラン・ジャゴエフが右サイドからFKを蹴り込むと、アレクサンドル・ココリンが打点の高いヘディングシュートを突き刺し、1点差に迫った。

    しかし、フランスも突き放す。64分、ディミトリ・パイェが鮮やかな直接FKを決め、スコアを3-1とした。

    再び2点差となったが、追いすがるロシアは4分後に2点目を記録。左サイド深くへの突破から、最後はユーリ・ジルコフが押し込んだ。スコアは3-2、またも1点差となった。

    点の取り合いとなった一戦に終止符を打ったのは、後半開始時からピッチに立っていたキングスレイ・コマンだった。76分、ペナルティーエリア右奥でパスを受けると、シュートコースを消しに飛び出してきた相手GKに対して鋭い反転を見せ、左足に持ち替える。角度のないところから正確なシュートでゴールネットを揺らし、フランス期待の19歳が代表初ゴールを決めた。

    試合は4-2で終了。フランスが点の取り合いを制し、今回の国際Aマッチウイークを2連勝で終えた。

    【スコア】
    フランス代表 4-2 ロシア代表

    【得点者】
    1-0 9分 エンゴロ・カンテ(フランス代表)
    2-0 38分 アンドレ・ピエール・ジニャク(フランス代表)
    2-1 56分 アレクサンドル・ココリン(ロシア代表)
    3-1 64分 ディミトリ・パイェ(フランス代表)
    3-2 68分 ユーリ・ジルコフ(ロシア代表)
    4-2 76分 キングスレイ・コマン(フランス代表)
    GettyImages-518053110-500x375
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00415851-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459305486/

     
    続きを読む

    1: 〈(`・ω・`)〉Ψ ★@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 07:44:28.27 ID:???*.net
    no title
    発煙筒が後頭部に直撃したGKイゴール・アキンフェエフ【写真:Getty Images】

    【モンテネグロ 67分中止 ロシア EURO2016予選 グループG 第5節】
    EURO2016予選が現地時間27日に欧州各地で開催され、グループGのロシアはアウェイでモンテネグロと対戦した。
     
    4節を終えて共に勝ち点で並び3位と4位の対決となった両国。激しい試合が予想されたが、同試合でサポーターが事件を起こしてしまった。
     
    試合開始から間もなく、興奮したモンテネグロサポーターが発煙筒をピッチ内に投げ入れた。その発煙筒がゴールマウスを守るロシアのGKイゴール・アキンフェエフの後頭部に直撃。アキンフェエフはピッチに倒れ込んでしまった。
     
    アキンフェエフは起き上がることが出来ず、現地メディアの情報によれば、そのまま病院に運ばれたという。
     
    試合開始からわずか17秒の出来事だった。試合はそのまま一時中断。30分以上かかり再開した。
     
    しかし、66分。PKの判定に興奮したサポーターが再び発煙筒に火をつけ危険な状態に。試合は結局中止となっている。フットボールチャンネル
    http://www.footballchannel.jp/2015/03/28/post79555/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1427496268/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ