海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカー協会

    bfc8cfb40d40d2db348751a3d2ab0a44

    1: Egg ★ 2018/05/17(木) 18:50:45.52 ID:CAP_USER9
    16日放送、毎日放送「戦え!スポーツ内閣」に、元サッカー日本代表でタレントの前園真聖が出演。
    ワールドカップを前に電撃的な監督交代に踏み切った日本サッカー協会に苦言を呈した。

    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督を解任し、西野朗氏に代表を託した日本サッカー協会。かつて西野監督の下で「マイアミの奇跡」を演じた前園は、「選手目線で考えてくれる人なので、選手としてはやりやすい。ただ、自分の考えも持っていて、そこのバランスが取れる監督」と評している。

    実際、1996年のアトランタ五輪でブラジルを倒した「マイアミの奇跡」では、自分たちのサッカーを貫きたい選手たちが意見を言う環境をつくってくれたが、「守備的にならざるを得ない」と判断し、分析映像なども使って選手を説得したという。

    西野監督が兄貴肌であると同時に「怒ったら怖い」と明かした前園は、意見を強く主張した中田英寿氏をメンバーから外すなど、チームに必要なことなら“鬼の采配”も辞さないとコメント。ハリルホジッチ監督との違いについては、自分のやりたいサッカーに選手を当てはめる前任者と違い、西野監督が選手を生かすサッカーを先に考えるとし、少し真逆のタイプと解説した。

    外国人監督と日本人監督はどちらが適任なのか。前園は、1998年W杯予選やイビチャ・オシム氏が急病に倒れたとき、そして今回と、サッカー協会が「大事なときに必ず日本人に頼んでいる」と指摘。「何かあった時に日本人に監督を頼むのだったら、最初から頼めって話」と力説する。

    日本人監督に4年間を託し、そこからまた評価して変えればいいという前園は、これまで様々な外国人監督が「いろいろな要素を日本のサッカーに入れてくれた」とコメント。「そろそろ指針みたいな、日本サッカーはこういうのでやりますよというのを、協会が示したほうがいい」と主張した。

    いまだに何が日本のサッカーか「パッと出てこない」と指摘する前園は、協会が示さない限り「方向性が決まらない」と指摘。「自分たちの信念みたいなのが、あるようでない」と、サッカー協会が行き当たりばったりの対応をしていると一刀両断した。

    舌鋒鋭く協会を批判した前園だが、周囲から驚かれると、「でも協会は協会なりに頑張ってますから…」と最後はしっかりフォローを入れた。

    2018年5月17日 9時55分 Sports Watch
    http://news.livedoor.com/article/detail/14726344/

    続きを読む

    OT6qVzlcP3JkCmB_22711
    14日放送の情報番組「スッキリ!」(日本テレビ系)で、加藤浩次がサッカー・ブラジルワールドカップ(W杯)を振り返り、今後の日本代表のあり方について持論を語った。

    この日の放送では、冒頭よりW杯決勝「ドイツ対アルゼンチン戦」、3位決定戦「ブラジル対オランダ戦」の様子をVTRで紹介。TBSのW杯担当キャスターを務め、現地を訪れていた加藤は開口一番、「帰ってきました」と述べた。

    そ の後、現地ブラジルの様子について加藤は「朝から晩まで、ずーっと(ブラジルが)負けた試合やってますから」「どこが悪かったっていうのを、ブラジル国内 は」などと語り、今大会はネイマール(22)、ハメス・ロドリゲス(23)、ゲッツェ(22)など次世代のスターが現れた大会でもあったと語った。

    そ んな中テリー伊藤が「その中で、日本はどうなんですか」「決勝リーグね、監督みんな自国の監督じゃないですか」と尋ねると、加藤は「自国の監督以外優勝し たことないですからね、W杯は」と解説。今後の日本代表について、「監督変える、選手変えるって話になりがちですけど、根底はサッカー協会ですからね」と 切り出した。

    「U17からその下」「そこの強化をどうするかっていうことを、しっかりと明確に出さないことには、僕はダメだと思います よ」と、4年後に向けて次世代の育成を日本サッカー協会は明確化すべきだと説明。続けて「監督すげ替え、すげ替えじゃあ、ちょっと問題あるな」と、現在の 体制を批判した。

    また「我々も、日本サッカー協会がどうやってんの?ちゃんとやってるの?っていうことを、ちゃんと言っていかないといけない」と、真剣な表情で持論を展開した加藤。最後に「ただ、希望的観測で4年間我々は応援しましょう!」と、サッカーへの思いを熱く語った。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9040642/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ