海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカー日本代表

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/22(土) 22:09:19.38
    サッカー日本代表の森保一監督(51)が22日、J1の川崎ー鳥栖を視察後に報道陣の取材に応じ、スペイン1部リーグのベティス戦で1ゴール1アシストと活躍したマジョルカMF久保建英(18)を「決定機もつくっているし、シュートも打っている。得点は(利き足ではない)右足だった。残留争いをしているチーム事情もあり、(守備から入るなど)難しい面もあると思うが、できる部分は磨き、課題は改善していってほしい」と絶賛しつつ、さらなる成長を促した。

    他の欧州勢については「まずは自分のチームで試合に出てほしい。欧州では(クラブ内での)序列が変わるスピードが速い。うまくいっていない選手も今できるベストを尽くして、日本代表の力になれるよう成長してくれることを願っている」とエールを送った。
    2020-02-23_00h07_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00010053-chuspo-socc
    2/22(土) 19:33配信

    続きを読む

    the-ball-488700_640

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/02/21(金) 18:37:48.11
    日本サッカー協会の田嶋幸三会長は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月の各日本代表の対戦国から状況の問い合わせがあることを明らかにした。

    関係者によると来日や日本代表の受け入れに難色を示す国もあるというが、現時点で予定通り開催の方針で、田嶋会長は「大使館から科学的な情報を得てもらいたい。風評やうわさで判断してほしくない」と要請している。

    3月は日本代表がワールドカップ(W杯)2次予選で26日にミャンマーと国内で、31日に敵地でモンゴルと対戦する。男子の東京五輪世代はともに国内で27日に南アフリカ、30日にコートジボワールと親善試合を行う。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00000117-kyodonews-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/02/20(木) 18:55:02.42
    国際サッカー連盟(FIFA)は20日、2020年最初のFIFAランキングを発表した。FIFAの公式サイトで発表されている。

    前回のFIFAランキング発表(昨年12月19日)から国際Aマッチがなかったことが影響し、順位にほとんど変動はなかった。日本は前回と変わらず28位となり、アジアトップをキープした。

    また、上位陣にもほとんど変動はなく、ベルギーが1位をキープ。ウェールズがワンランク落とし、23位に後退した。韓国も順位に変動はなかったが、前回同じく40位だったパラグアイがワンランク落としたため、韓国は単独で40位となった。

    FIFAランキングのトップ20、およびアジア上位5ヶ国は以下のとおり。

    1. ベルギー
    2. フランス
    3. ブラジル
    4. イングランド
    5. ウルグアイ
    6. クロアチア
    7. ポルトガル
    8. スペイン
    9. アルゼンチン
    10. コロンビア
    11. メキシコ
    12. スイス 
    13. イタリア
    14. オランダ
    15. ドイツ
    16. デンマーク
    17. スウェーデン
    17. チリ
    19. ポーランド
    20. セネガル
    ▽アジア上位5ヶ国
    28. 日本
    33. イラン
    40. 韓国
    42. オーストラリア
    55. カタール

    2/20(木) 18:44配信
    20191218_daihyo_tnk-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200220-00363614-footballc-socc

    続きを読む

    sadness-2667464_640

    1: 風吹けば名無し 2020/02/12(水) 06:15:00.75
    なぜ代表監督を頑なに変えないのか

    2: 風吹けば名無し 2020/02/12(水) 06:15:50.42
    替えた奴も無能だったら責任取らなきゃいけなくなるから

    4: 風吹けば名無し 2020/02/12(水) 06:17:08.80
    >>2
    今の森保続投の方がよっぽど責任問題なんだよなあ...

    続きを読む

    20180
    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/11(火) 18:36:28.420
    なに

    2: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/11(火) 18:37:03.083
    なにが?

    5: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/11(火) 18:37:28.730
    調子乗った

    6: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/11(火) 18:37:37.886
    守備力の差
    とくにキーパー

    続きを読む

    2020-02-08_20h16_54

    1: Egg ★ 2020/02/08(土) 17:52:30.10
    森保ジャパンの行く末は大丈夫だろうか。サッカー日本代表と東京五輪代表の指揮を兼務する森保一監督(51)は、両代表で低迷し進退問題に発展。それでも兼任のままで続投が決まったが、指揮官への批判はくすぶり続け、ファンから厳しい視線が向けられている。

    そんな“火中”の状況で欧州視察へ出発し「A代表と東京五輪チームの選手にできるだけ多く会いたい」とドイツやオランダ、ベルギー、イタリアなど約2週間滞在し精力的に動き回る予定。欧州視察はチーム再建へ重要な任務となるが…具体策は不透明なままだ。

    最も注目される東京五輪の選手招集問題では、難航が予想される欧州クラブとの交渉に直接出馬して熱意を伝える絶好の機会だが「今のところクラブの関係者と会って、今後の招集などに向けて話をすることは私のほうでする予定はない」と消極的。「協会のスタッフがいるので役割分担しながら」と変わらず欧州駐在の藤田俊哉強化部員(48)らに任せるという。

    別の懸念もある。所属のガラタサライ(トルコ)で、外国人枠の関係でメンバー登録から外れたDF長友佑都(33)について「練習はさせてもらえるようなのでフィジカル的な部分はキープしてくれる」と話した上で「これまでも試合に出てなくても招集したケースはある。ケース・バイ・ケースで考えたい」。出場機会が皆無でも招集に支障はないと明言したのだ。

    長友は実績こそ申し分ないが、試合に出ていなければ試合勘に不安が残る。これまでもDF吉田麻也(31=サンプドリア)やMF柴崎岳(27=デポルティボ)ら一部の主力をクラブで出番がなくても招集し、代表をコンディション調整の場とするような選考には疑問の声があった。今回窮地の長友をまたも“優遇”するような方針は、新たな波紋が広がる危険性もある。本紙昨報のA代表壊滅危機に続き、森保ジャパンは迷走が続く。

    2/8(土) 16:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-01730184-tospoweb-socc
    続きを読む

    sadness-2667464_640

    1: 風吹けば名無し 2020/02/06(木) 15:08:17.51
    日本代表スタメンの所属クラブでの最新状況

    GK権田 ベンチ外
    DF長友 登録外
    DF吉田 ベンチ外
    DF冨安 スタメン(唯一の希望)
    DF酒井 ベンチ
    MF遠藤 2部リーグ
    MF柴崎 2部リーグ
    MF堂安 ベンチ
    MF南野 ベンチ
    MF中島 ベンチ
    FW大迫 ベンチ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/02/04(火) 23:53:01.29
    元日本代表監督にして、現在レガネスの指揮を執るハビエル・アギーレ監督が、スペイン『エル・パイス』のインタビューに応じた。

    2014年に日本代表監督に就任したアギーレ氏。しかし、2011年に行われたスペイン1部リーグのレバンテ対レアル・サラゴサで八百長に関与したとして起訴され、翌年日本サッカー協会との契約を解消している。

    その後、UAEのアル・ワフダ、エジプト代表を率い、昨年11月にリーガ・エスパニョーラ1部のレガネス監督に就任。レガネスで指揮を執り始めた直後に八百長裁判の判決が下され、当時のサラゴサの会長アガピト・イグレシアス、役員ハビエル・ポルケラが詐欺罪で有罪判決を受けたが、アギーレ監督含む起訴された残り40人は証拠不十分で無罪となった。

    アギーレ氏は『エル・パイス』のインタビューで、八百長事件について言及。「日本では傷を負うことになった」とし、代表監督を退任した当時のことを振り返っている。

    「裁判で打撃は受けていない。しかし日本では傷を負うことになった。私たちはアジアカップで結果こそついてこなかった(※ベスト8で敗退)が良いプレーを見せ、(日本サッカー協会)会長は自分にチームを任せ続けると言った」

    「だが裁判のことが世に出ると、スポンサーが不安を覚えるなど日本の文化と衝突することになった……。そのために監督の座を降りることで考えが一致したんだ」

    また「疑いをかけられたのは辛かったか?」と問われると、以下のように答えている。

    「それが疑いだけであり、推定無罪を考慮されなかったことには痛みを覚えた。私のキャリアはすでに終わったと言った人たちもいたね。思うに、それは正しいことではない。いずれにしても、疑惑が生じたときには、これまでのキャリアを考えてもらいたいし、法に則らず吊るし上げを行なってはならない。しかし、恨みつらみが何ももたらさないことを私は学んだよ」

    2/4(火) 17:05配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00010018-goal-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/02/04(火) 08:57:50.67
    サッカー日本代表と東京五輪に臨むU23日本代表を兼務する森保一監督に、厳しい目が向けられている。1月にタイで開催されたU23アジア選手権でU23代表は、東京五輪イヤー幕開けの公式大会で1勝もできずに敗退。4度目の開催となったこの大会で、初めて決勝トーナメント進出を逃した。

    ■結果を残せなかったU23アジア選手権。指揮官に課された課題は

    五輪ホスト国として大きな屈辱を味わう形となり、森保監督に対して、兼任体制を問う声や解任論まで浮上。そんな中、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、「今まで通り全く変わらない形でサポートしていく」と明言。全面的に森保体制を支持していく方針を示した。1月29日に開かれた技術委員会でも兼任続投で一致。関塚隆技術委員長は「個々の試合に対して意見はもらった。今まで取り組んできた方向性は説明し、理解頂いた。引き続き(森保監督を)サポートしていく結論」と語った。

    東京五輪アジア最終予選も兼ねたU23アジア選手権。既に五輪出場が決まっている日本にとっても、貴重な真剣勝負の場に身を置ける最後の公式大会でもあった。だが、結果は1分け2敗と惨たんたる結果。第1戦のサウジアラビア戦に続き、第2戦のシリア戦も1-2で敗れ、早々と1次リーグで姿を消すことが決まった。第2戦では先発6人を入れ替えながら、再び試合終了間際に決勝点を喫す同じような敗戦。「最後の時間帯で苦しくなった時にいかにしのぐかは、試合前から言っていたところ。勝負勘というものを若い選手たちは培ってもらえればと思う」。シリア戦後に敗因を問われた森保監督は、こう答えた。

    サウジアラビア戦は、1-1の終盤に自陣で古賀太陽によるミスから失点。3バックの左に入った古賀が、後ろにいた中央の岡崎慎とGK大迫敬介の2人に対し、どっちつかずのパスを送り痛恨のPKを与えた。続くシリア戦では後半42分に、敵陣のゴール前まで攻め込みながらシュートを打ち切れずに鋭いカウンターを食らった。

    確かにどちらも試合終盤の試合運びとしては、甘さがあった。だが、今後世界で戦う、ましてや五輪で金メダルを目標とする若い選手に「勝負勘」を植え付けるには、指揮官から明確なメッセージを送ることが必要ではなかったか。そこに監督としての責任は残る。

    選手へメッセージを送る手段としては、選手交代も有効だが、森保監督はそれが遅い傾向がある。サウジアラビア戦では、後半11分に食野のゴールで追い付いたものの、1人目の交代は同27分の上田綺世。終盤に勝ち越されたこともあるだろうが、2、3人目を送り込んだのはロスタイムに入ってからだった。送り出された相馬勇紀も田川亨介も、この出場時間で仕事をするのはさすがに厳しい。シリア戦も3人を投入したが、1人目の交代は相手よりも遅い後半22分になってから。酷暑が想定される中、中2、3日で行われる五輪本番を戦い抜くには、交代カードの使い方は一つの重要なカギになる。この点も、指揮官に課された宿題と言える。

    森保監督は、五輪世代のチーム立ち上げ時から3-4-2-1を基本システムとしている。ただ、この世代には、久保建英、堂安律、三好康児、安部裕葵、食野亮太郎、旗手怜央ら2列目に豊富なタレントがそろい、A代表と同じ4-2-3-1が有効と考える人も多いだろう。

    実際、11月のU22コロンビア戦では、3バックで臨んだ前半は手詰まったが、4バックに変更した後半に日本は流れをつかみ、チャンスも増えた。堂安は試合後に、「5バックの時は、正直言うとうまくいきそうな雰囲気が自分自身もなくて、どうしようかなと考えていた。後半は、前線の選手が増えて、何かしら起きそうな雰囲気はあった」と率直に振り返っている。五輪世代を送り込んだ昨年12月の東アジアE1選手権。日本は優勝の懸かった韓国戦で、3バックで臨んだものの、韓国にシステムを攻略されて手も足も出せずに優勝を逃した。システム論が全てではないが、3バックでは選手個々の能力を最大限に引き出せていないようにも映った。

    2/4(火) 7:02配信 ビクトリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00010000-victory-socc

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/01(土) 08:02:15.44
    私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第12回オフトジャパンの快進撃とドーハの悲劇~ 柱谷哲二(3)

    1993年10月、アメリカW杯最終予選に向けての日本代表メンバー22名が発表になり、初のW杯出場を目指す日本代表を応援しようと国内の熱が高まっていた。Jリーグが開幕し、日本中がサッカー一色になり、その勢いが日本代表にも伝播したのだ。

    W杯最終予選前に、国内でアジア・アフリカ選手権が開催された。

    この大会前、日本代表のキャプテン・柱谷哲二は、肝機能を低下させるウイルス性の風邪のために8月上旬から1カ月ほど入院生活を送った。コートジボワールとの試合の時は復帰して2週間しか経過しておらず、ぶっつけ本番だったのだ。

    ハンス・オフト監督からは「前半だけ出ろ」と言われたので、そのつもりでプレーした。試合は直前のスペイン合宿で露呈した守備の脆さがなくなり、相手を封じ込めた。前半0-0で終わり、「交代だな」と思い、ロッカーでオフトを探した。

    「チェンジと言われると思ってオフトの顔を見ていると、ぜんぜんこっちを見ないんですよ。目を合わせないまま結局後半もゴーになり、出ることになった。延長までやってカズ(三浦知良)がゴールを決めて勝だったんだけど、ゼロに抑えたことで自分はできる、これならやれるなっていう自信がついた」

    ただ、柱谷の病気は完治したわけではなく、37度2分の微熱がつづき、体の節々に痛みを感じた。アメリカW杯最終予選のカタール・ドーハに入ると、暑さの影響で熱が下がらず、それまで肝臓に負担がかかると飲用しなかった薬を飲み、試合に臨んだ。

    アメリカW杯最終予選のサウジアラビア戦は0-0のドローに終わった。続くイラン戦、日本は1-2で敗れて早くも土壇場に追いやられた。

    「サウジはいちばん力があるチームなので、ドローはまあしょうがないという感じだった。でも、次のイランに負けたのは誤算だった。ロッカーでラモス(瑠偉)が『向こうがユニフォームを泥だらけにして必死に戦っているのに、俺たちは誰のユニフォームが汚れている? これで勝てるわけねぇーだろ』って怒っていた。そのとおりだなって思ったね」
    2020-02-01_22h54_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200201-00885040-sportiva-socc
    2/1(土) 6:00配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ