海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカー日本代表

    1:Egg ★:2018/08/17(金) 09:05:08.77 ID:CAP_USER9.net
    森保一兼任監督(49)率いる日本代表が、10月16日にワールドカップ(W杯)ロシア大会8強のウルグアイと対戦することが16日、分かった。会場は埼玉スタジアム。14年9月以来、約4年ぶりの対戦がこの日までに内定したことを日本協会の関係者が明かした。近日中に発表される。

    同じ16日、FIFAがW杯後に初めて更新したランキングで5位(日本は55位)の強豪。W杯は優勝したフランスに準々決勝で敗れたものの、2枚看板のFWカバニは3得点、スアレスは2得点。ポルトガル戦で2人が見せた、ピッチの両サイドを使ったW杯史上最長“87メートルパス交換”によるカバニのヘディング弾は記憶に新しいところだ。来日が実現すれば世界的2トップと日本の聖地で戦える。

    初陣の9月7日チリ戦(札幌ド)に続いて2カ月連続の南米勢対決。4年後のW杯8強への試金石となる。

    8/17(金) 8:01配信 日刊スポーツ
    2018-08-17_11h31_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00301958-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/17(金) 06:17:46.73 ID:CAP_USER9.net
    ロシアW杯の1次リーグを突破した日本代表。急ごしらえの指揮官・西野監督は男を上げた格好だが、西野ジャパンは継続されることなく、日本サッカー協会(JFA)は既定路線だった「オールジャパン体制」として森保・五輪監督の代表監督兼任を発表した。この<日本化>に不安要素はないか? ブンデスリーガ1部クラブ元コーチの鈴木良平氏、サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏、ワールドサッカーグラフィック元編集長の中山淳氏の3人の論客が、森保ジャパン誕生の経緯と問題点をズバリ斬る!

    ■中山「選手は欧州で懸命にスキルを磨いているのに」

    鈴木「W杯史上初の1次リーグ敗退に終わったドイツだが、W杯期間中にレーウ監督の留任を発表し、全面的バックアップを表明した。ドイツ復活のために指揮官は誰が適任なのか、じっくりと検証して結論を導いた」

    六川「翻って日本の場合は、まずは<日本人監督を据える>という既定路線があった。代表監督を選ぶのに国籍ありきではなく、誰が日本代表を強くできるのか、何よりも<個々の名前>で選ぶのが筋ではないか」

    中山「日本代表選手の多くが欧州に渡って言葉を覚え、コミュニケーションを図り、懸命にスキルを磨きながら世界と戦っている。なのに次期監督を国際経験のない日本人の中から選ぼうとし、実際に森保監督がA代表を兼任することになりました。日本人監督の“正当性を補完する”ためにオールジャパン、日本人らしいサッカー、ジャパニーズウエーといった言葉が使われ始めました」

    ■六川「森保バックアップ体制がまったく見えない」

    鈴木「森孝慈・元日本代表監督は1979年にドイツに向かい、名門ケルンの名将バイスバイラーの薫陶を受けた。日本代表を託するにふさわしい若手指導者を日本サッカー協会や日本体育協会(現日本スポーツ協会)が、積極的に欧州に送り出して国際経験を積ませようとしたのです。そういうやり方が、今後は必要となる」

    六川「そもそもJFAの技術委員会は、機能していると言えるのか? 森保監督は現在、東京五輪世代のU―21を率いて14日スタートのアジア大会を戦うためにインドネシアに滞在中。決勝まで進むと帰国は9月に入ってから。9月7日からはA代表監督としてキリンチャレンジ杯を戦う。森保監督を補佐するコーチの適任者は誰なのか、欧州組や国内組の代表候補をスカウティングするのは誰なのか、どんなバックアップ体制がとられているのか、まったく見えてこない。ロシアW杯の決勝T進出という<熱気に浮かされる>格好で何も進んでいない」

    中山「森保監督自身も不安でしょう。国際経験に乏しく、何も分からないのにアジア大会に臨み、A代表の監督として初采配となるキリンチャレンジ杯を戦い、そして来年1月にはアジアカップが控えているわけですから」

    ■鈴木「独のようなチームマネジャーが必要」

    鈴木「ドイツ代表にチームマネジャーという役職があり、元代表FWだったビアホフが務めている。彼がメディア対応などを担当し、レーウ監督の負担を大きく軽減している。代表候補選びにしても、かなりの人数のスカウティング担当者が全国を回り、詳細なリポートを作成している。日本サッカーのかじ取り役を森保監督に決めたJFAは、ビアホフのようなチームマネジャーを探し出し、強力にバックアップしていくべきだろう」

    六川「ザッケローニ、アギーレ、ハリルホジッチ監督は、JFA技術委員会の委員長だった霜田J2山口監督が連れてきたが、そういう役回りを西野前委員長、関塚現委員長がこなせるのか、と聞かれると、返答に窮してしまう。森保監督のバックアップ体制が、なかなか決まらないことは、大きな不安材料と言っていい」

    2018.08.17
    2018-08-17_08h23_08
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/235504
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/08/14(火) 00:37:32.46 ID:CAP_USER9.net
    森保監督、本田カンボジアと対戦する可能性も歓迎
    2018年8月14日0時27分 スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20180814-OHT1T50012.html

    A代表とU―21日本代表を兼任する森保一監督(49)が13日、MF本田圭佑(32)がカンボジア代表の実質的な監督に就任したことを歓迎した。「すごいですね。もう何でもできますね。対戦することもあるかなと思いました」と話し、対戦するイメージを膨らませた。

    ロシアW杯ではコーチとして本田と接し、サッカーに対する考え方などに触れた。「W杯で一緒に戦いましたけど、サッカーのイマジネーションを持っているなと。カンボジアのサッカーが大きく変わるんじゃないですか。カンボジアのレベル、アジアのレベルが上がると思います」とアジアの底上げに期待した。

    この日は14日のアジア大会初戦のネパール戦に向けて、ジャカルタ近郊で練習を行った。主将に札幌MF三好康児(21)を指名した指揮官だが「選手たちには全員がリーダーのつもりで、責任感を持ってやって欲しいと伝えました。そうならないと、強いチームにはならない」と話し、各選手の意識の向上を求めた。

    2018-08-14_08h16_14
    現地入り後の初練習で選手に指示を出す森保監督(左から3人目=カメラ・相川 和寛)

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/11(土) 05:56:25.75 ID:CAP_USER9.net
    8/11(土) 5:02配信

    サッカー日本代表が、年内に行う親善試合の相手に、FIFAランク14位、南米の強豪ウルグアイが浮上していることが10日、分かった。森保一監督(49)率いる新生日本は、9月7日の初陣チリ戦(札幌ド)など年内に国内で6試合が組まれており、うち3試合は対戦相手が未定。世界最強2トップと称されるFWスアレス(31)=バルセロナ=、カバニ(31)=パリSG=を擁するウルグアイ戦が実現すれば、来年1月開幕のアジア杯(UAE)に向け最高の腕試しとなる。

    森保監督率いる新生日本にとっては願ってもない相手だ。南米サッカー関係者が「ウルグアイと日本が対戦する可能性がある」と明かした。同国は、ロシアW杯準々決勝で優勝国フランスに0―2で敗れたが、決勝トーナメント1回戦ではC・ロナウド擁するポルトガルを2―1で破るなど堅守速攻をベースに8強入りした。

    特にW杯で2得点のスアレス、3得点のカバニの2トップは世界最強との呼び声が高い。スアレスは、ボールを持たない時の動きが巧みで、死角を突いてゴールを狙い、こぼれ球への反応も鋭い世界屈指の点取り屋。両足、頭とシュート精度も高く、代表通算52得点は同国1位で、過去にプレミア、スペインで得点王にも輝いた。試合中の相手へのかみつき行為など問題行動でも有名だ。

    カバニは高い決定力だけではなく、豊富な運動量も武器で前線からの守備でもチームに貢献する。フランスに敗れたW杯準々決勝では、カバニの負傷欠場の影響は大きかった。

    日本はロシアW杯開幕時の平均年齢が28・3歳と出場6大会で最年長で、22年のカタールW杯に向けて世代交代がテーマとなっている。20年東京五輪世代のU―21日本代表も兼任する森保監督は、A代表監督として初陣のチリ戦から多くの若手を試す可能性が高い。現在、ウルグアイとは別の日程でエクアドル戦も浮上している。強さ、ずる賢さを併せ持つ南米勢との対戦は、2大会ぶりの優勝を狙う1月のアジア杯に向けて貴重な強化試合となる。
    2018-08-11_08h34_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000281-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/04(土) 14:41:51.79 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場した日本代表DF槙野智章(31)が4日放送のニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に出演。世界中で物議を醸した1次リーグ最終戦・ポーランド戦のボール回しについて舞台裏を明かした。

    日本はポーランド戦に引き分け以上なら自力突破できたが、先制点を許して0―1のまま試合が進行。リードされている状況ながら、他会場でコロンビアがセネガルに勝つという“他力勝負”に出てラスト10分間ボール回しに終始し、2位突破を果たした。

    後半途中から投入された主将・長谷部からの指示は「“イエローカードをもらうな”だった」。フェアプレーポイントを意識しての戦術だったが「ピッチ上の僕らは、イエローをもらわなかったら上(決勝トーナメント)に行けるの?っていうのが本音だった」と振り返った。

    自身はベンチから一番近い位置でプレーをしていたことから「監督、このままでいいんですね?パス回しだけでいいんですね?」と2度確認。その際の西野氏は「テンパってまして、“うわぁぁぁ~”って言葉だけだったのでびっくりしたんですよ」と明かしてスタジオを沸かせた。

    槙野によると、西野氏はこのやりとりを覚えていないとのことだったが、和田は「その時は、人生を懸けた男たちの責任を背負っていたわけだからね」と話した。

    他力本願のボール回しは世界中で物議を醸し、実際、試合終了後の会場はブーイングの嵐だったという。それでも選手同士で「でも、どれだけの人が人生を懸けて戦ったことがあるのか。国を背負って戦ったことがあるのか」との声が上がっていたことも伝え「上に進むための1つの作戦だった」と力強く話した。

    8/4(土) 13:19配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000104-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    01e303234ea2779ed4878fa16d36636b

    1:動物園φ ★:2018/08/03(金) 10:46:04.30 ID:CAP_USER.net
    2018年08月03日10時35分
    [? 中央日報日本語版]

    ヴァヒド・ハリルホジッチ前日本代表監督がサッカー韓国代表の監督になることを希望するという意向を初めて表したと、韓国サッカー専門オンラインサイト「スポータルコリア」が3日報じた。

    報道によると、サッカー界のある関係者はスポータルコリア側に「ハリルホジッチ監督が韓国代表監督を希望すると伝え、大韓サッカー協会が定めた代表監督の基準を尋ねた。ハリルホジッチ監督は自らその基準に合うと判断している」と説明した。

    これに先立ち東欧メディアFokusとサラエボタイムズは7月16日(現地時間)、ハリルホジッチ監督の側近の言葉を引用し、「ハリルホジッチ監督が韓国代表監督に近づいた」と報道していた。

    日本サッカー協会はW杯本大会を2カ月後に控えた4月にハリルホジッチ監督を解任した。当時、Aマッチで不振が続き、チームの雰囲気を転換するためだった。ハリルホジッチ監督は協会側の一方的な決定に怒りを表した。

    http://japanese.joins.com/article/721/243721.html?servcode=600§code=610
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/02(木) 13:37:24.05 ID:CAP_USER9.net
    J1ベガルタ仙台の元日本代表MF関口訓充がツイッターを更新。競争の激しいプロの世界において、世代交代を進める風潮は「若いやつのためにもならん」と持論を展開している。

    8月1日は、プロ野球の横浜DeNAベイスターズや読売ジャイアンツで活躍し、今季は独立リーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている村田修一内野手が会見。38歳を迎える今年、プロ野球復帰を目指してきたなかで獲得意思を示す球団がなく、NPBで今季中の新規契約が可能な期間が7月31日に終了したことについて思いを語った。

    これに反応したのが、プロ15年目のシーズンに臨んでいる仙台の関口だった。今年33歳と迎えるサイドアタッカーは、昨年12月にセレッソ大阪を退団。所属チームがない期間が続き、今年4月に仙台へ6年ぶりに復帰することになった。

    「村田修一選手…マジか…同じ時に契約満了になりこの選手も頑張ってるし俺も頑張ろうと勝手に思って頑張ってきたから…もう一度プロ野球に戻ってもらいたかったな」

    年齢こそ5歳違うが、似た境遇に共感する部分も多かったようだ。そして、ベテランの域に達している関口は、“世代交代”についても持論を展開している。

    「俺の考えだけど世代交代ってなに? プロの世界実力で勝ち取ってなんぼやろ…若いやつのためにもならんと俺は思う…」

    選手と引退は切っても切れない関係にあり、激しい競争のなかで見られる選手の入れ替わりはある意味で必然だ。それでも、実力で競い合ってこそのプロであり、必要以上に世代交代を進める風潮は若手にも良い影響をもたらさないとの見解を示していた。

    8/2(木) 11:10配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180802-00125896-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/07/31(火) 07:16:44.16 ID:CAP_USER9.net
    フランス対クロアチア。7月16日に行われたロシアW杯決勝戦後、ロシア国内の高級ホテルに、サッカー界を代表する2人のレジェンドの姿があった。

    元フランス代表のダヴィド・トレゼゲ(40)は、’98年にW杯で優勝、’02年にはセリエAの得点王にも輝いた。元ブラジル代表のロベルト・カルロス(45)は、「悪魔の左足」という異名で恐れられ、14年にわたりカナリア軍団の左サイドに君臨した伝説の選手だ。

    「日本代表の評価を聞きたい」という本誌の直撃に2人は快く応じてくれた。

    トレゼゲ ベルギー戦での敗北は、日本に強豪国との試合経験と勝つための戦術がなかったからだね。もしあれがフランスやドイツなら2ー0からひっくり返されることはなかった。

    ロベカル 強豪国では当たり前に行われている適切な時間配分や、勝つための最適なプレーが日本代表は出来ていなかった。ベスト8進出は今回の敗戦をどう活かすかにかかっているが、日本では今、次の監督を日本人にするか、外国人にするかで大モメらしいね。

    トレゼゲ オレは外国人にすべきだと思っている。言っちゃ悪いが、日本人で強豪国との戦い方を知っている監督はいないだろう。

    ロベカル 確かに。まだまだ日本は発展途上のチームだからな。それと、強くなるためには、監督だけじゃなくメディアや国民の目も必要だ。

    トレゼゲ メディアが選手たちを甘やかしてしまうのか、勝ちきれなかったと受け止めるか、この差は大きい。

    ロベカル ベルギー戦に負けてさぞかし日本人は悲しんでいると思ったけど、「よくやった」という雰囲気なんだって。それじゃあ強くはならない。

    トレゼゲ まあ、とはいえ、日本の未来は明るいよ。今回、ワールドクラスと呼べる選手が何人もいた。

    ロベカル 長友佑都(31)や香川真司(29)といった名の知れた選手だけでなく、柴崎岳(26)、酒井宏樹(28)といった中堅も世界レベルで充分やれることを証明してみせた。特に柴崎の長短使い分けたパス回しで試合を支配していく様は圧巻だった。このまま成長していけば、柴崎は欧州トップクラスのビッグクラブからも声がかかるかもしれない。

    トレゼゲ あとは、独力でゴールをこじ開けられる選手が出てくれば、ベスト8は現実的な目標になる。次回、’22年のカタールW杯では、オレたちは母国の次に日本を応援することにするよ。

    レジェンドたちも太鼓判を押した日本代表の可能性。森保一氏が「東京五輪代表」と兼任のA代表監督に就任し、サムライブルーは新たな歴史を作り続けるに違いない。
    2018-07-31_08h00_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180731-00010001-friday-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/31(火) 06:58:12.55 ID:CAP_USER9.net
    日本代表の森保一監督(49)は、2020年東京五輪を目指すU―21日本代表との兼任の重責に挑む。両カテゴリーを兼務するのは00年シドニー五輪と02年日韓W杯で指揮したフランス人のフィリップ・トルシエ氏(63)以来。経験者であるトルシエ氏は、当時と現在では日本サッカーの置かれた状況が違うと分析し“二兎”を追う道は厳しいと指摘した。

    なぜ私はA代表と五輪代表の監督を兼任したのか。1998年に日本代表監督に就任するにあたり、W杯まで段階を踏んでチームを作り上げていくべきだと考えた。日本のポテンシャルを把握し、2002年は24~26歳の選手が中心になると導き出した。つまり4年後のチームを構築するために、少なくともU―20代表から見ていかねばならないというのが私の結論だった。

    同時に選手たちを同じ哲学の下で育てたかった。ひとつのマネジメント、共通のコミュニケーション、同じ組織の下で育てるために、スタッフは3つのカテゴリー(U―20、五輪、A代表)の中で流動的に仕事をした。作りたかったのは“ラボラトリー”(研究所)と呼ぶ組織だ。同じ意識を持ち、同じ考えでプレーできる選手をそこで形作っていく。

    大きなアドバンテージだったのは、選手のほぼ全員が国内組であったことで、それこそが成功の鍵だった。選手招集のために強制力のあるFIFAの国際Aマッチデーを利用する必要がなく、全てはJリーグと協会との間の調整だけで済んだ。リーグの試合後、日曜夜に選手を集め、水曜朝まで練習するミニ合宿をあらゆるカテゴリーで頻繁に行った。

    99年の世界ユース選手権(ナイジェリア・現U―20W杯)を経験した選手から7~8人が五輪代表に昇格した。シドニー五輪の後には十数人をA代表に組み入れた。00年10月のアジア杯を終えた時点では、35~40人のグループができあがっていた。そこから02年に向けて、私はベストチームを編成することができた。

    今の状況はまったく異なる。当時と同じことをするのは不可能だし、同じプロセスを踏もうとするのは間違いだと私は思う。まず、2年後に迫った東京五輪に膨大なエネルギーと集中力を注ぎ込まねばならない。その間は準備期間も含め、監督は五輪代表にかかりきりにならざるを得ない。しかし、A代表のアジア杯も半年後に迫っており、こちらも全力を挙げて準備しなければならない。

    問題は、両チームの間に何の共通性もないことだ。選手の重なりもない。現状、五輪代表からアジア杯の代表に入る選手は0人。逆にA代表から五輪代表にも一人も入らない。例え選んでも、所属する欧州のクラブがイエスとは言わないからだ。

    仕事も同じではない。今のA代表は、選手の大半が欧州組だ。試合の3日前にならないと代表に合流できない。監督はA代表と五輪代表のそれぞれに全力を傾けて専念すべきで、この(兼任)プロジェクトを展開するのはちょっと時期尚早だ。

    アドバイスを与えられるとすれば、西野監督がA代表監督に留まるよう、もう一度説得するべきだということだ。アジア杯を五輪代表で臨むのならば、一人の監督に全てを任せる一貫性は得られる。しかし勝つためのベストの選択とは言えず、日本は容認できないだろう。また世代交代も五輪の後に自然に行うべきで、無理やりチームを変えるべきではない。

    外国人監督でないならば、アジア杯に向けて西野監督が留任する事が大事だった。彼はW杯で何かを作り出した。だが、彼の仕事はまだ終わっていない。西野監督がA代表で森保監督が五輪代表。二人でコラボしながらやっていく方が、森保監督一人に2チーム預けるよりずっと大きな効果が期待できる。

    日本は今、大きな波に乗っている。それを壊してはならないと私は思う。(元日本代表監督)

    ◆トルシエ氏の兼任 98年9月、A代表と五輪代表の兼任監督に就任。99年の世界ユース選手権(現U―20W杯)ではFW高原直泰、MF小野伸二、稲本潤一、遠藤保仁らを擁して準優勝した。00年シドニー五輪ではMF中田英寿、DF宮本恒靖、高原、稲本、小野(予選のみ)らを選び、68年メキシコ市五輪以来32年ぶりに決勝トーナメント(T)に進出して8強。02年日韓W杯では、育成年代から指導してきた選手を中心にして、日本史上初の決勝T進出を果たし16強に入った。

    7/31(火) 6:10配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000032-sph-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/31(火) 05:29:56.82 ID:CAP_USER9.net
    今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーに2-3と敗れた日本だが、試合後にロッカールームを綺麗に片付けて世界中から称賛を浴びた。日本代表チームが発端となり、“美ロッカー”ブームが世界中のチームで起きつつあるようだ。

    ロシアW杯のベルギー戦後、ベスト16敗退が決まった日本はスタジアムを後にしたが、まるで使う前のように掃除されたロッカールームが脚光を浴びた。FIFAスタッフのプリシラ・ジャンセンズ氏が自身のツイッターに日本代表のロッカールームの写真を投稿。ロシア語で「ありがとう」と書かれたメッセージカードもあったと記し、「なんという、全てのチームへの模範でしょうか」と綴って話題となった。

    そうした日本代表チームの行動は世界中に感銘を与え、広がりを見せているようだ。チリ2部CDコブレロアが29日のバルネチュア戦(1-0)にロッカー室を整理整頓。スペイン「AS」のチリ版は「コブレロアが日本の伝統に加わった」と報じ、「日本がロシアで始めた儀式はすでに慣習となり始めている」と記している。さらに同紙はチリ1部CDウアチパトや同デポルテス・テムコらにも“美ロッカー運動”が広がっていると伝えた。「明らかに良い慣習であり、クラブがこうした行動をするのは注目に値する」と称賛している。

    元日本代表MF中田が在籍したフィオレンティーナが「おもてなし」に感謝

    その一方、欧州でも美ロッカーブームが広がる可能性がありそうだ。かつて元日本代表MF中田英寿が在籍したイタリア1部の名門フィオレンティーナが28日に公式ツイッターに1枚の写真を投稿。プレシーズンマッチのデュイスブルク戦後にロッカールームを掃除して去った様子を公開している。

    フィオレンティーナは「おもてなしをありがとう」と記した手紙を残していたようで、衛星放送「スカイ・スポーツ」イタリア語版は「日本スタイルがお手本」と言及。さらに「それは、日本がロシアW杯で敗退後に見せた行動を思い起こさせる」と続けている。

    日本代表チームの行動をきっかけに、美ロッカー運動は世界中へと着実に浸透しつつある模様。「日本スタイル」と絶賛された慣習は、サッカー界の新たな常識となり、さらにはスポーツ界全体へと広まっていく可能性もありそうだ。

    7/30(月) 20:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180730-00125382-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ