海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカー日本代表

    1:影のたけし軍団ρ ★:2017/12/17(日) 10:40:50.57 ID:CAP_USER9.net
    指揮官は試合終了直後にも、思わず耳を疑うような言葉を残している。「相手が日本より強いことは、試合前からわかっていた。韓国のほうが格上であり、勝利に値する」

    格上を相手にしたときこそ、真骨頂を発揮する指揮官ではなかったのか。緻密な分析で相手を丸裸にし、ストロングポイントを消し去る戦略を練り上げる。来年のロシア大会出場を決めた8月のオーストラリア代表戦のような戦い方は、最後まで顔をのぞかせることはなかった。

    ロシアの地で対戦するコロンビア、セネガル、ポーランドはいずれも日本より格上だ。

    FIFAランキング上では日本よりも下位の韓国に完敗し、この期に及んで「この大会を戦ったチームはA代表ではなかった」と言い訳を展開するようでは、指揮官の存在意義も問われかねない。
    20171217-00000001-wordleafs-05148f6b3ea20952619eb2bf7a415753c
    https://thepage.jp/detail/20171217-00000001-wordleafs

    ハリル監督、完敗認めつつ「W杯はまた別物」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000105-dal-socc
    「この大会を戦った日本代表はA代表ではなかったかもしれないが、これがB代表なのか、CなのかDなのかは分からない。ただ、現代表ではベストなメンバーを選んだ。中村憲剛(川崎)も呼べたが、彼をのぞけばベストメンバーだった。たくさんのケガ人もいて、ホームで相手に支配されたのがなぜなのか、分析しないといけない」と反省が必要だとした。
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/17(日) 13:07:11.88 ID:CAP_USER9.net
    日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会で韓国代表と対戦し、1-4と屈辱的な敗戦を喫した。同日、ドイツでリーグ戦を戦ったボルシア・ドルトムントのMF香川真司が、代表について語っている

    結果はチェックしたが「映像は見ていない」という香川。1-4という結果については「海外組がいたらっていう問題でもない気がする。国内組にも良い選手が多いので、それを海外組だけで、という問題でもないですし」と語り、メンバーがそろっているかどうかの問題ではないとの見解を示した。

    さらに香川は「チームとしての課題が出ているんじゃないかな」と指摘。「この試合に限らず、ヨーロッパ遠征もそうだし。代表として、選手としてじゃなく、チームとして、選手を代えればいいって話じゃないので。サッカーという意味でもっと構築していかないと。選手うんぬんじゃないかと」と語っている。

    そのうえで、「危機感しかない。このままじゃ厳しい戦いになるのは間違いないので。はい、やるだけだと思います」と改めて気を引き締めた。

    (取材:本田千尋【ドルトムント】、文・構成:編集部)
    20171217_kagawa2_getty-560x373
    12/17(日) 9:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171217-00247314-footballc-socc
    続きを読む

    1:影のたけし軍団ρ ★:2017/12/17(日) 10:17:18.03 ID:CAP_USER9.net
    【日本 1-4 韓国 E-1選手権】

    日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会で韓国代表と対戦し、1-4と逆転負けを喫した。

    試合開始早々にPKから先制しながら、直後から全体のラインが下がって韓国に押し込まれた。失点を重ねて惨敗した。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「あまり多くのことは言えませんが」と前置きし、こう語った。

    「韓国の方が日本を大きく上回っていたと思う。非常に高いレベルでした。我々は1点目を取った後、プレーが止まってしまった。その後は韓国に全ての面で支配されましたので、特にコメントできることはありません」

    屈辱的な敗北に直面した。「パワー、瞬発力、テクニック、ゲームコントロール、その全ての面で日本を大きく上回っていたので、韓国を讃えるしかない」と、相手の力を認めるしかなかった。
    IMG_8927-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2017/12/16/post247205/
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/17(日) 06:41:37.19 ID:CAP_USER9.net
    「本大会では勝てません」と早々とギブアップ宣言してしまったみたいなもの。
    [E-1選手権]日本 1-4 韓国/12月16日/味の素スタジアム

    歴史的な完敗だったね。選手たちのパフォーマンス、それから、監督の采配にしても、評価するところがまったく見当たらなかった。代表戦で、こんな試合を見たのは過去にあったかと思うくらい酷かったよ。

    なにより気になったのは、試合終了後のインタビューでハリルホジッチ監督が発した言葉だ。「韓国が日本より強いことは試合前から分かっていた」と言ったのには驚いたね。これはつまり、今大会で頂点に立つ自信が端からなかったということなのかな。

    もしそうなら大問題だよ。東アジアで頂点に立つ自信がなかったら、来年のワールドカップで好成績を望むなんてできるわけがない。ワールドカップで戦う国は韓国より強いんだから、「本大会では勝てません」と早々とギブアップ宣言してしまったみたいなものだ。

    そういうことを言うんだったら、もう解任するしかないんじゃないかな。相手のチームのほうが強いだなんて普通、代表監督が言うことではないからね。チームの士気を上げなくてはいけない立場の監督がこんな発言をしてしまったら、選手たちも付いてこなくなる。ナショナルチームを率いる権利はないと思われても仕方がないよ。

    そもそも、この大会で勝つ気があったのかな。来年のワールドカップに出場しない北朝鮮と中国には勝ったとはいえ、内容は酷かった。この韓国戦などは、前半からチームとして機能していなかったにもかかわらず、最初の交代カードを切ったのが66分では遅すぎる。

    もちろん、選手たちの不甲斐なさにも厳しい目を向けるべきだけど、ゲームの流れが良くなかったのは明らかだったのに、なぜそれをしばらく放っておいたのか首をかしげたくなる。是が非でも結果を求めていたなら、前半のうちから選手を代えるとか、もっと必死になって指揮を執るべきなんじゃないかな。

    ■W杯に向けたサバイバルで、一番早く見切られるべきはハリル監督。
     
    とにかく、今大会におけるハリル監督の采配からは、勝利への気迫が感じられなかった。本来なら、北朝鮮と中国には誰が見ても力の差を示すような内容で勝って、韓国との一戦でも収穫のある内容で勝っていなければいけない大会だった。でも、蓋を開けてみたら真逆のシナリオになってしまったんだから、危機感を持って戦っていたのか聞いてみたいくらいだ。

    もしかしたら協会を甘く見ているのかもね。この大会で優勝できなくても、どうせ自分を切るわけがないと。実際、田嶋会長は不甲斐ない戦いを見せた選手たちに責任の矛先を向けていたけど、「じゃあ、監督はどうなの?」って思う。

    協会のスタンスを考えると、どうせまた「ハリル監督を信頼している」と言ってワールドカップでの指揮を任せるんだろうね。ただ、欧州遠征でブラジル、ベルギーに敗れて、E-1選手権では優勝さえできなかったんだ。このままワールドカップまで続投させたら、4年前と同じくグループリーグで敗退して帰国することになるよ。

    仮にそうなったら、協会はどう責任を取るつもりなのかな。もしワールドカップで結果を残したいなら、宿敵の韓国に歴史的な大敗を喫したこのタイミングで、指揮官を代えるのはひとつの手だろうけど……。
    個人的には、ワールドカップに向けたサバイバルで、一番早く見切られるべきはハリル監督だと思うけどね。

    >>2につづく
    33857_ext_04_0
    12/17(日) 6:30配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171217-00033857-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/12/17(日) 07:20:20.37 ID:CAP_USER9.net
    12/17(日) 2:49配信
    本田圭佑、日韓戦惨敗に苦言「言い訳できない」。メディアへ提言も「逆にみなさんどう思う?」

    【アル・ジャジーラ 1-4 パチューカ クラブW杯3位決定戦】
    現地時間16日にクラブW杯3位決定戦が行われ、本田圭佑が所属するメキシコのパチューカは開催国のアル・ジャジーラに4-1で勝利した。本田は出場しなかった。

    奇しくも同日、日本ではE-1選手権が行われており、日本代表と韓国代表が対戦。ホームで1-4と屈辱的な敗戦を喫してしまった。

    その試合についての質問が飛ぶと本田は、「4失点は今の日本のサッカー界を象徴している」と第一声。

    「これまで日本代表でプレーしてきた選手がほとんどいなくて海外組もいない。それは韓国も一緒。何の言い訳もできる状況ではない。かといって謙虚に相手が強かったというのも……あんまり話させないでください。無茶苦茶なこと言いそう(笑)」と苦言を呈しながらもこれ以上の深い言及は避けた。

    時間軸で言えば日本対韓国が終了した約2時間後に本田のパチューカが試合を開始。ハイライト映像ならば見られた可能性はあるが、フルタイム観戦は不可能。加えて本田は自身も認めているように代表の「当落線上」。今の代表選手へのリスペクトを欠かぬよう配慮したのだろう。

    本田は「逆に僕はメディアのみなさんにどう思っているのか聞きたいですけどね。僕がどう思っているかは散々話しているからいいでしょ(笑)。真剣に何か書いてほしいなというのは僕の思いですけどね」と報道陣へ提言。

    「真剣に」というには自身の去就について意図せぬ形での情報が流布することへの牽制だろう。欧州への移籍報道が出たが、この日本田はそれを真っ向から否定した。

    また、この発言の真意は、試合の良し悪しについて選手に答えを求めるのではなくメディアが責任持って論評すべきという意図だろう。

    本田は笑みを浮かべならも表情からは「なぜ自分に日韓戦のことを…」という若干の困惑も感じられた。「どう思っているのか聞きたい」という言葉が胸に突き刺さる。

    (取材・文:植田路生【アブダビ】)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171217-00247271-footballc-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/16(土) 21:44:53.84 ID:CAP_USER9.net
    引き分け以上でE-1選手権で優勝が決まる日本代表だったが、韓国代表に1-4と逆転負けを喫した。

    日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「韓国が強いことは分かっていた。韓国とのレベルに差があったし、韓国が勝利に値した」と完敗を認めた。

    2大会ぶりの優勝を狙ったE-1選手権は2位という結果に。ハリルホジッチ監督は「この大会は結果を残すことだけを望んでいた。

    今日は小林悠が決めたあとにプレーを止めてしまった。なぜかは分からない。相手がその状況を上手く利用していたし、韓国の方が格上だった」と振り返った。

    12/16(土) 21:23配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00685384-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/16(土) 21:40:20.77 ID:CAP_USER9.net
    東アジアE-1選手権最終日(16日、日本1-4韓国、味スタ)日本は韓国に完敗。通算2勝1敗の2位に終わり、2013年以来2大会ぶりの優勝を逃した。日本はFW小林悠(30)=川崎=が開始直後に先制点を決めたが前半だけで3失点するなどし、タイトルを奪回できなかった。

    テレビ解説を務めた元日本代表MFのラモス瑠偉氏(60)は、守備が崩壊した日本に「久しぶりに魂のない試合でしたね」と吐き捨てた。「ピッチの中でキャプテンがいなかった。自分たちで改善しないといけない。そういう時間があったのにできなかったのは残念でたまらない。1-4はない。寂しすぎる」と失望を隠せなかった。

    元日本代表のJ1札幌MFの小野伸二(38)は、「意思疎通が全然できていなかった。もったいない試合だった。相手の方が勝ちたい気持ちが上回っていた」と奮起を促していた。
    2017-12-16_21h56_24
    12/16(土) 21:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000575-sanspo-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/12/16(土) 21:18:00.63 ID:CAP_USER9.net
    12/16(土) 21:10配信
    フットボールチャンネル

    12月16日、日本対韓国の一戦が行われ1-4で敗北ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    韓国戦、屈辱の4失点で逆転負け【どこよりも早い採点】
    【日本 1-4 韓国 E-1選手権】

    中村航輔 5.5 好セーブを見せるも4失点を喫した。彼の責任にするのは酷
    車屋紳太郎 4 自陣での不用意なミスで与えたファウルが失点に繋がる
    昌子源 4.5 高さではノーチャンス。ボールよりターゲットマンに密着したかった
    三浦弦太 5 ラインを上げようと積極的に周囲を動かした
    植田直通 4.5 マークの受け渡しが上手くいかず、対人の強さという自身の持ち味も埋没
    今野泰幸 4.5 自身の周りを使われ、対応に追われる。セカンドボールも拾えず
    井手口陽介 4.5 失点シーンはクロッサーにアプローチすべきだった
    倉田秋 4.5 高いエリアでアグレッシブにプレーも、周囲との効果的な絡みは少なかった
    土居聖真 5 後半は独力で局面を打開しようと奮闘するも、流れを引き戻すことはできず
    伊東純也 5 PKを獲得するなど序盤は怖さを見せた。以降は守備に追われて前で力出せず
    小林悠 4.5 PKで先制点もその後は孤立。守備のスタートポジションを下げても良かった

    三竿健斗 5 劣勢の状況で代表デビュー。積極的にボールに関わろうとした
    川又堅碁 5 サポートがない中、最前線で闘志は見せた
    阿部浩之 5 精度の高いクロスを川又に合わせた

    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 4 試合の入りは素晴らしかったが、ペースを掌握できず逆転許す

    フットボールチャンネル編集部
    20171216_japan_tnk-1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171216-00247124-footballc-socc
    続きを読む

    2017-12-16_21h23_00

    1:豆次郎 ★:2017/12/16(土) 21:09:59.39 ID:CAP_USER9.net
    東アジアE-1サッカー選手権
    東京/味の素スタジアム
    日本(55位)vs韓国(59位)

    日本代表 1-4 韓国代表

    [得点者]
    小林 悠 (前半3分)
    キム シヌク (前半13分)
    チョン ウヨン (前半23分)
    キム シヌク (前半35分)
    ヨム ギフン (後半24分)

    前半3分【日本】GOOOOOAL!!
    PKを獲得すると、キッカーは小林。右足を振り抜くと、低く抑えられた鋭いシュートがGKの手を越えてネットの左隅に突き刺さる。

    前半13分【韓国】GOOOOOAL!!
    左サイドからキムジンスが左足でクロスを入れる。昌子を振り切ったゴール前のキムシヌクが高い打点で合わせ、ネットにたたき込む。

    前半23分【韓国】GOOOOOAL!!
    ペナルティエリア手前の右でFKを獲得すると、キッカーはJリーグでもプレー経験のあるチョンウヨン。右足で縦回転の掛かった強烈なシュートを放つと、ぶれたボールはそのままネットに突き刺さり、逆転に成功。

    前半35分【韓国】GOOOOOAL!!
    イジェソンが中盤から強引に持ち上がると、ペナルティエリア手前の中央から左前のスペースへパスを出す。完全にフリーとなっていたキムシヌクが受け、GKと1対1の状態で左足を振り抜く。シュートはゴールマウスに吸い込まれ、日本を突き放す。

    後半24分【韓国】GOOOOOAL!!
    ペナルティエリア右脇でFKを獲得すると、キッカーはヨムギフン。左足でニアサイドを狙った強いシュートを放つと、ボールは相手に当たってネットを揺らす。

    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/live/2017121602
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/12/16(土) 18:18:11.02 ID:CAP_USER9.net
    12/16(土) 18:17配信
    日韓戦スタメン発表!!中国戦から3人変更

    EAFF E-1選手権の男子は16日、味の素スタジアムで最終戦を行い、日本代表は第2試合で韓国代表と対戦する。午後7時15分のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、12日の中国戦(2-1)から先発3人を変更した。

    中国戦で左太腿裏を肉離れし、代表チームを離脱したMF大島僚太に代わってMF井手口陽介が9日の北朝鮮戦(1-0)以来、2試合ぶりに先発。さらにGK東口順昭、DF山本脩斗に代わってGK中村航輔、DF車屋紳太郎が同じく2試合ぶりのスタメンとなった。

    それ以外は中国戦と同じメンバーで、4バックは右からDF植田直通、DF三浦弦太、DF昌子源、車屋と並ぶ見通し。中盤は井手口、MF今野泰幸、FW倉田秋で、前線は右にFW伊東純也、左にMF土居聖真、中央にFW小林悠が入る。キャプテンの昌子のほか、今野、倉田、小林の4人が3試合連続で先発する。

    日本はここまで2連勝で首位。韓国は1勝1分の勝ち点4で2位につけており、日本は引き分け以上で2大会ぶり2度目の優勝が決まるが、負けた場合は韓国が逆転優勝となる。最新のFIFAランキングでは日本の55位に対し、韓国は59位。過去の対戦成績は日本の13勝23分38敗で、直近では15年8月に中国で開催された東アジア杯で対戦し、1-1で引き分けている。


    [日本代表]
    先発
    GK 12 中村航輔
    DF 3 昌子源(Cap)
    DF 5 車屋紳太郎
    DF 6 三浦弦太
    DF 22 植田直通
    MF 2 井手口陽介
    MF 13 土居聖真
    MF 17 今野泰幸
    FW 7 倉田秋
    FW 11 小林悠
    FW 14 伊東純也
    控え
    GK 1 東口順昭
    GK 23 権田修一
    DF 4 谷口彰悟
    DF 19 初瀬亮
    DF 20 室屋成
    DF 21 山本脩斗
    MF 8 高萩洋次郎
    MF 16 三竿健斗
    FW 9 川又堅碁
    FW 15 金崎夢生
    FW 18 阿部浩之
    監督
    バヒド・ハリルホジッチ
    2017-12-16_18h33_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-01647780-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ