海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカー日本代表

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/21(火) 22:06:22.52 ID:CAP_USER9.net
    2018年ロシアW杯アジア最終予選対UAE戦が行われるのは3月23日。慣例に従えば、そのメンバー発表は3月上旬だ。Jリーグの日程で言えば2節(3月5、6日)が終了したあたりか。

    代表チームが最後に試合を行ったのは、昨年の11月15日。試合が行われるのは4ヶ月ぶりだ。ハリルジャパンにとって、試合間隔がこれだけ空くのは、昨年のこの時期に続き2度目。だが、前回が2次予選の最中だったのに対し、今回は最終予選の最中。しかも次戦は、初戦のホーム戦で苦杯をなめているUAEだ。再度敗れれば4位転落。出場圏外に放り出される、今予選のハイライト。最重要カードと言ってもいい。

    ところが、1ヶ月後に大一番が迫っているというのに、サッカー界が緊張感に包まれている様子はない。プロ野球のWBCの報道に完全に劣っている。少なからず、注目すべき事件が起きているというのに、だ。問題提起の仕方が下手というか、敢えて見過ごそうとしているのか。メディアの事なかれ主義も輪を掛ける。その最たるものは結局、起用される見通しのないミランに居座る決断をした本田だ。

    不思議なのは、本田に低評価を下すモンテッラ監督ではない。評価されていないことを承知しながら、プレイ機会を最優先に求めなかった本田のプロサッカー選手としての姿勢だ。

    注目はハリルホジッチの対応だ。考えられる選択肢は以下の4つ。

    (1)それでもスタメンで先発起用する
    (2)前戦、サウジ戦のように交代出場に止める
    (3)代表には招集するが試合には使わない
    (4)宣言通り、代表には呼ばない

    いずれにしても、これは、11月から引き続いている関心でもあり、移籍市場が閉じられた瞬間(1月末日)、決定的になったいわば事件だ。

    日本代表での背番号は4ながら、実質は10だ。2010年以降、日本代表の顔役として、もっと言えば、日本サッカー界の顔として存在してきた本田。

    ハリルホジッチの選択が(1)でも(4)でも大問題。大問題になることを承知で、ミラン残留を選択した本田の決断も大問題。

    「所属クラブで試合に出場していない選手は使わない」というハリルホジッチの意向に真っ向から背く選択であるにもかかわらず、大きな騒ぎに発展しなかった日本のサッカー界もまた大問題。

    メディアとして、真っ先に飛びつくべき話になるが、ハルホジッチのコメントも、本田のコメントも、いずれも表に出てきていない。

    それに比べれば、テネリフェに移籍したものの、いまだ練習に参加できていない柴崎の方が問題の程度は低い。クラブW杯直後のハリルホジッチのコメントを聞く限り、次は呼ばれそうなムード感じた期待の選手だが、本田に比べれば、今のところ小者。本田のサッカー選手としての不思議な行動はいま、柴崎問題の陰に隠れた状態にある。

    一に本田、二に柴崎と言うわけでもない。所属チームで出場機会に恵まれていない選手は誰か。ハリルホジッチの言葉に従えば、海外勢の中で落選の可能性を秘めている選手は誰かと言えば、香川、長友の名前が浮上する。

    香川の出場機会はブンデスリーガ21節を終了して、交代出場を含めて10試合。合計わずか525分だ。90分の試合を6試合分こなしていない計算になる。ハリルホジッチはそれでも呼ぶだろうが、香川は本田に次ぐ中心選手。背番号は10だ。ハリルジャパンの虚しい現実を象徴する事象と言える。

    つづく
    89ff6_1429_82c43df3_1ac9a444
    2017年2月21日 15時13分 杉山茂樹のBLOG
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12702689/?p=1
    続きを読む

    Cl7XzLiWkAA74Ch-e1466998946677
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/25(水) 06:13:25.38 ID:CAP_USER9.net
    日本代表が19年6月の南米選手権(ブラジル)に招待されていることが24日、分かった。日本サッカー協会関係者が明かした。

    南米サッカー連盟から既に招待状が届いているという。出場すれば99年のパラグアイ大会以来、2度目となる。

    アルゼンチン、ブラジルなどの強豪が南米王者を争う同大会に日本は3大会連続で招待を受けた。

    11年アルゼンチン大会は東日本大震災の影響で、15年チリ大会は同年1月にアジア杯(オーストラリア)があり、日程面から辞退した。

    19年も1月にアジア杯がUAEで開催されるため、A代表の派遣には障害が多い。

    20年東京五輪を目指すU―22代表は予選がないため、南米選手権は格好の強化の場になる。今後、どのカテゴリーの代表を派遣するかなどを議論する。

    スポーツ報知 1/25(水) 6:05配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00000020-sph-socc
    続きを読む

    Cl7XzLiWkAA74Ch-e1466998946677

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 19:36:25.09 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表が2019年にブラジルで開催される南米選手権へ招待国として出場を打診されていることが24日、関係者の話で分かった。

    日本は11年、15年大会にも招待を受けたが、日程や選手招集の調整がつかず参加を断念している。

    南米選手権には北中米カリブ海連盟加盟のメキシコなどが招待国として参戦している。日本は1999年大会にトルシエ監督が率いて出場した。

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1769670.html
    続きを読む

    original-1
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 15:08:37.72 ID:CAP_USER9.net
    エースの“降格”で白羽の矢が立つのは――。

    日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)はロシアW杯アジア最終予選のアウェー・UAE戦(3月23日)に向けて所属クラブでの出場機会を重視する方針だ。すでにACミラン(イタリア)で構想外となっているFW本田圭佑(30)のスタメン落ちは確実な状況だが、エースの代役には意外な選手が浮上している。

    本田はミランのビンチェンツォ・モンテッラ監督(42)の構想から外れ、今季の先発出場はわずか1試合。16日のリーグ戦(対トリノ)でもピッチに立つことはなく、今年に入って公式戦3試合連続で出番なし。本田は退団を視野に入れているものの、移籍金が発生するため1月中の移籍は厳しい見通しだ。

    そんな状況にハリルホジッチ監督は業を煮やしている。この状態が続けば本田のコンディションが上がってこないのは確実。3月のUAE戦は最終予選の行方を左右する一戦だけに、指揮官は「代表に入りたいならプレー回数だと本田にも説明した。

    もう代表はプライベートなものじゃない」と断言。さらに「じゃあ、3月(最終予選)はどうなりますかということだ」と話し、先発で起用しない考えを示唆した。

    ハリルホジッチ監督はすでに代役の選定作業にも着手。その筆頭候補はFW金崎夢生(27)だ。

    昨年12月のクラブW杯では左足首捻挫を抱えながら奮闘し、2得点1アシストをマーク。欧州王者レアル・マドリード(スペイン)との決勝でもスペイン代表DFセルヒオラモス(30)を圧倒し、その実力を世界にアピールした。

    A代表指揮官は、昨年8月に金崎が鹿島の石井正忠監督(49)に造反した行動を問題視して代表から追放したが、すでに石井監督とも和解したことから「監督の夢生に対する評価は今でも高い。その件は問題にしていない」と協会関係者。

    代表チーム内では3月で“謹慎期間”が終わるとの認識で一致しており、ハリルホジッチ監督も「金崎が良ければ私も考える。私はこれから良い選手を選ぶ」と復帰にゴーサインを出している。

    日本代表では主に1トップで起用されてきたが、これまで所属したクラブでは右サイドでも多くプレー。ハリルホジッチ監督はその映像も確認済みで、本田に代わる右FWでも十分なパフォーマンスができると判断。
    今季好調のFW大迫勇也(26=ケルン)やFW原口元気(25=ヘルタ)と併用するプランも検討している。

    エースを押しのけて、代役の“問題児”が結果を残せるか。一方の本田はこのままでは日本代表でもベンチが定位置になりかねないが…。

    東スポWeb 1/19(木) 11:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000005-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/11(水) 01:04:49.50 ID:CAP_USER9.net
    トップ下にこだわる意味はあるか

    近年の日本代表は、ほとんどの試合で1トップを採用してきた。前田遼一、柿谷曜一郎、大迫勇也、岡崎慎司らが務めてきたポジションで、[4-2-3-1]のシステムは日本代表でもお馴染みの形になりつつある。

    しかし、この形にこだわり続ける必要があるだろうか。

    これまでの日本は中盤に実力者が集中し、彼らを最大限活かすために前線を1トップにしてきた。前田、柿谷らにしても攻撃陣の主役というイメージではなく、あくまで本田圭佑や香川真司ら中盤の選手の実力を最大限引き出すのが狙いだった。それこそがアルベルト・ザッケローニ時代から続く日本のスタイルだが、今では状況が変わりつつある。

    昨季はレスター・シティで岡崎がプレミアリーグ制覇を経験したが、レスターはほとんどの試合で2トップを採用している。ジェイミー・バーディと岡崎のコンビはイングランドでも高く評価され、岡崎も攻守に奮闘してチームに大きく貢献してきた。

    今季はポジションが何度か変わっているが、ケルンに所属する大迫もアントニー・モデストと強力な2トップを形成している。さらにユヌス・マリがヴォルフスブルクに移籍したマインツでも、今後はジョン・コルドバと武藤嘉紀の2トップが採用されるとの見方もある。

    他にもシュツットガルトで奮闘している浅野拓磨、アウグスブルクに移籍した宇佐美貴史もガンバ大阪時代にはパトリックと2トップを形成していた。12月にレアル・マドリードを苦しめた鹿島アント ラーズも2トップを採用しており、金崎夢生の頑張りは印象的だった。

    これだけ最前線でプレイできる選手が揃っているのであれば、日本代表が1トップにこだわる必要もないように感じられる。

    しかも現在はセビージャの清武弘嗣、ドルトムントの香川真司とトップ下を務める選手が所属クラブで絶対的な地位を築けていない。最近は清武が日本代表のトップ下を務めてきたが、今の状況が続くのであれば彼らにトップ下のポジションを作る意味はない。大迫、浅野、武藤、岡崎、宇佐美など、2トップにした方が前線のバリエーションは増えるはずだ。

    さらに現在はヘルタ・ベルリンでプレイするサイドハーフの原口元気が好調で、日本代表の左サイドは原口が確保している。2018ワールドカップアジア最終予選でも4試合連続得点を決めるなど、原口を外す案は存在しない。

    日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は宇佐美や浅野をサイドで起用してきたが、彼らをサイドのポジションで争わせるのはもったいないようにも感じられる。右サイドには日本を引っ張ってきた本田圭佑もいて、このあたりの調整は難しい。

    宇佐美もサイドで存在感を発揮しようと守備にも奮闘してきたが、それでも運動量には不安がある。アップダウンの激しいサイドより、ゴールに近い中央のエリアで起用した方が攻撃性を活かしやすいのではないだろうか。

    しかし現状の1トップでは宇佐美を配置するのは難しく、どうしてもサイドで起用することになってしまう。

    昨年のリオデジャネイロ五輪で得点感覚を見せつけた浅野も、中央で起用した方が良いだろう。クロスなどの正確性がそれほど高くないため、サイドでは出来ることが限られてしまう。

    本田、香川ら中盤が主役だった時代とは異なり、今の日本では最前線で勝負できる人材が増えている。彼らを活かすためにも2トップは面白いオプションとな るはずで、戦い方にも幅が生まれるのではないだろうか。
    2017-01-11_10h04_36
    2017年01月10日(火) 17時55分配信
    http://www.theworldmagazine.jp/20170110/02national_team/japan/103750
    続きを読む

    2017-01-02_21h09_49

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/07(土) 11:28:49.09 ID:CAP_USER9.net
    2017年の日本サッカー界で最大の関心事といえば、ロシアW杯をかけた日本代表の戦いだ。アジア最終予選は泣いても笑っても今年で勝負が決する。

    3月23日のアウェー・UAE戦から後半戦がスタートするが、ハリルジャパンを悩ませているのが深刻な得点力不足。バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は現有戦力に満足しておらず、窮地に追い込まれれば“超サプライズ招集”もありそうだ。

    昨年9月から始まった最終予選で、ハリルジャパンは初戦のUAE戦で逆転負け。ホームでまさかの大失態を演じた。

    その後はなんとか勝ち点を積み重ねてW杯出場圏内のB組2位で前半戦を折り返したが、いずれの試合も苦戦続き。原因はいくつかあるなかで、特に深刻なのが得点力不足だ。格下相手にもゴールを稼げず、最終予選の5試合で平均得点は1・6にとどまっている。

    ハリルホジッチ監督はそんなFW陣に不満を抱いており、これまで代表でゴールを積み重ねてきたFW岡崎慎司(30=レスター)を「パフォーマンスが上がっていない」と断罪。

    同予選で4試合連続ゴール中のFW原口元気(25=ヘルタ)やFW大迫勇也(26=ケルン)ら新たなストライカーも台頭してきたが「大迫も一緒だ。(クラブでは)ボランチに下げられているし、(今季リーグ戦で)2点しか取っていない。元気はどうですか。まだ1点も取っていない」と、所属クラブでの不振から信頼を寄せるには至っていない。

    そのため正念場となる後半戦に向けて「いろんな選手にチャンスを与えているが、私が探している選手がまだ見つからない。得点を取れる人を本当に探したい」と本音を吐露。FWの新戦力発掘を最重要課題に挙げた。

    温めているプランが異例の飛び級抜てきだ。「U―20(代表)にも良いFWがいた。世界から要求されるFWをまずつくっていかないといけない」とハリルホジッチ監督。

    現時点では当然代表やクラブで実績のある選手を優先的に招集しているが、これからの最終予選で敗戦を喫することがあれば指揮官解任に発展する崖っ縁に追い込まれる。そうなれば、なりふり構わず“未知の大器”に飛びつく可能性がある。

    “天才少年”FW久保建英(15=FC東京U―18)はさすがに時期尚早だが、高校ナンバーワンFWの岩崎悠人(18=京都橘)やU―20代表のエースFW小川航基(19=磐田)らは視察済みで今後リストアップされそうだ。

    日本の救世主となるヤングスターが現れるか。

    東スポWeb 1/7(土) 11:05配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000000-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 23:40:09.41 ID:CAP_USER9.net
    1ステージ制に戻るJリーグをはじめ、日本が5大会ぶりに出場するU-20W杯(5月・韓国)、2大会ぶりに出場するU-17W杯(10月・インド)と今年もビッグイベントが控えているけど、一番の注目といえば、もちろんロシアW杯アジア最終予選だね。

    昨年9月に開幕した最終予選、日本は初戦のUAE戦を逆転負けで落とすと、その後は綱渡りの戦いを続けた。10月のイラク戦は後半アディショナルタイムのゴールで劇的な勝利。

    続くオーストラリア戦も引いて守ってなんとかドローに持ち込んだものの、前半戦ラストの一戦、グループ首位のサウジアラビア戦を前にして、負ければいよいよW杯出場が難しくなるというところまで追い込まれた。

    でも、そこで選手たちが見せた、気持ちのこもったプレーは素晴らしかったね。また、負ければ解任濃厚という窮地に追い込まれたハリルホジッチ監督も決断を下した。本田、香川、岡崎ら“不動のメンバー”をベンチに置き、彼らよりもコンディションのいい選手をスタメンに起用した。

    どんなに実績や経験があっても、クラブで試合に出ていない選手が代表の試合で活躍できるはずがない。そんな“常識”がようやく共有された。一時はどうなるかとヒヤヒヤしたけど、いい形で最終予選の前半戦を終えられた。

    とはいえ、最終予選はまだ半分が終わっただけ。グループBは勝ち点1差のなかに日本、サウジ、オーストラリア、UAEの4チームがひしめく大混戦。しかも日本は中東勢のUAE、イラク、サウジとのアウェー戦を残している。予断を許さない状況だ。

    特に不気味なのは、最終節のサウジ戦(9月5日)。ここまでもつれると精神的に追い込まれるし、酷暑による体力面の不安もある。だから、次節以降も確実に勝ち点3を積み重ね、最終節を前にしてW杯出場決定となるグループ2位以内を決められればベスト。

    そのためにも重要なのが次節のUAE戦(3月23日)だ。初戦で敗れた相手にきっちりリベンジできれば勢いに乗れる。勝ち点3はノルマだ。でも、逆に負けてしまえば、再び崖っぷちに立たされる。ハリルホジッチ監督が解任されてもなんの不思議はない。

    カギを握るのは、やっぱり選手のコンディション。国内組は2月末にJリーグが開幕しているので問題ない。一方、欧州組は相変わらず試合に出られていない選手が多いし、3月の段階でどうなっているのか予想がつかない。そこはもう選手個々の奮起に期待するしかないね。もちろん、出場機会を求めて冬の移籍市場で新天地に行くのもアリだ。

    そして、ハリルホジッチ監督が前回のサウジ戦同様、コンディションのいい選手を優先して起用できるか。欧州組、国内組関係なく、試合に出場していて勢いのある選手を積極的に起用したいところだ。

    新年早々、縁起の悪いことは考えたくないけど、もしW杯出場を逃したら、日本サッカー界が受けるダメージは計り知れない。

    幸運なことに、日本は1998年のフランス大会からW杯には5大会連続出場を果たしている。でも、その裏返しで、ファンもメディアも日本サッカー協会も長い間、予選敗退という厳しい状況を経験していない。そのままズルズルといってしまいそうで怖いんだ。だからこそ、なんとしても今回も最終予選を突破し、ロシア行きを決めてほしいね。

    (構成/渡辺達也)
    2017-01-07_08h50_57
    週プレNEWS 1/5(木) 10:00配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00077478-playboyz-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 00:52:02.31 ID:CAP_USER9.net
    大接戦のサッカー2018年ワールドカップアジア最終予選。ハリルジャパンは抜け出すのか──。

    B組の日本は前半戦を終えて3勝1敗1分けの勝ち点10で2位。2位以上なら本大会出場権獲得だが、勝ち点9のオーストラリア、UAE(アラブ首長国連邦)と続き、勝ち点1の差に4チームがひしめく。

    最初の正念場は3月23日のUAE戦。16年9月の第1戦、ホームで敗北した因縁の相手だ。今度は敵地での試合になる。日本サッカー界のご意見番、セルジオ越後氏はこう指摘する。「引き分けや負けなら、1997年フランスワールドカップ最終予選のときのように予選途中での監督解任はありえる」

    ハリルホジッチ監督に対するファンやサッカー関係者の目は厳しい。当初、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司に頼ったチーム作りをしていたが、所属クラブでほとんど試合に出場できていないメンバー。実戦の勘が鈍っていたため、チームを引っ張るほどの力はなく、最終予選苦戦の要因の一つになってしまった。

    試合内容もさることながら、膝をついてうなだれるなど監督の動揺がテレビ画面を通じて伝わってしまったのもファンを落胆させた。その後、原口元気や大迫勇也ら新戦力を起用。流れをつかんだように見えたが、サッカージャーナリストの上野直彦氏は明かす。

    「現在、監督と選手のコミュニケーションが、お世辞にもうまくいっているとはいえない状況です」

    この時点の監督交代で、状況は好転するのか。前出のセルジオ氏は語る。「代えることで、選手の気持ちがリセットされます。でも、(監督人事に関わる)西野朗技術委員長にハリル監督を解任できるのか。Jリーグなどの監督を歴任し、ずっと“切られる”側の人間だった。切る決断をしたことがないのです」

    なんとも綱渡りの最終予選だが、ハリルホジッチ監督については、予選を突破しても監督交代の可能性があると上野氏は言う。

    「過去に本大会出場を決めてから監督を交代したケースは海外ではある。選手とのコミュニケーションがこれ以上に悪くなるなら交代は考えられます」

    確かに、10月のイラク戦では勝ち越しゴールを決めた直後、歓喜に沸く選手の輪にハリルホジッチ監督は入れずにいた。選手との関係性がうかがえる一幕だった。上野氏は代わりの候補も挙げる。

    「ガンバ大阪の長谷川健太監督や鹿島アントラーズの石井正忠監督なら、日本代表の課題である守備戦術の構築を指導できます」ハリルホジッチ監督の未来は厳しいようだ。
    2017-01-06_08h32_18
    dot. 1/2(月) 7:00配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161229-00000050-sasahi-socc

    [グループB]
    1.サウジアラビア(10)+4
    2.日本(10)+3
    3.オーストラリア(9)+3
    4.UAE(9)+1
    5.イラク(3)-2
    6.タイ(1)-9

    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?187172-187172-fl
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/05(木) 01:45:10.12 ID:CAP_USER9.net
    2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会出場に向け、今年3月から9月にかけてアジア最終予選の残り5試合に挑むサッカー日本代表。前半戦5試合を終え、B組で3勝1分け1敗の勝ち点10で自動出場圏内の2位につけている。6大会連続6回目の出場を果たせるか。15年3月からチームを率いるバヒド・ハリルホジッチ監督(64)に最終予選の戦いぶりと今後の目標などを聞いた。【構成・大島祥平】

    --前半戦を振り返って。

    ◆簡単ではなかった。正直に言うと9、10月あたりが本当にきつかった。海外組が体の状態が十分でないまま合宿に参加する状況だった。試合数が少なければハイレベルなプレーはできない。先発を取れていない選手には「クラブを替えることも選択肢に加えなさい」と伝えている。代表メンバーを変えないのは、国内組をテストしたが、まだその座を勝ち取るほどの能力がないと見ているから。

    --就任後の成績について。

    ◆(国内組で構成した東アジア杯をのぞき)20試合で15勝3分け2敗。(最終予選初戦で「幻のゴール」があった)アラブ首長国連邦戦は認められない負けだが。1試合平均3得点、0.5失点はかなり高く評価されてもいいと思う。ただ、11失点の半分がFK、PKから。ほぼ全てが無駄なファウルで、改善すべきところだ。

    --チーム作りは。

    ◆統計を紹介すると特徴が見えてくる。平均ボール支配率は57%。2次予選なども含めているし、アウェーでは数値は低くなる。私は保持率ではなく「プレーコントロール」と表現する。はやらせたい言葉なんですが……(笑い)。数値は高いからいいわけじゃない。これは状況にもよる。速い攻撃か、遅攻か。統計上効率的なのは素早い攻撃で、もちろん私はトライしたい。

    --伸ばしたいところは。

    ◆たとえばチームで1試合平均115キロ走っているが、120キロは走りたい。ただ数字を増やせばいいのではなく「質」が大事になる。(時速24キロ以上で走った)スプリント回数は181回だが、これはもっと増やして230~250回はいきたい。我々の長所はパワーではなく、スピードやリズムの変化を使った組織的なプレーだ。

    身体的に100%準備していなければハイレベルにプレーすることはできない。枠内シュート率42%は50%以上にしたい。ボールを失う(ボールロスト)回数は1試合67回だが、ハイレベルな戦いをしたければ50回までは下げてほしい。

    --予選突破に向けて。

    ◆これから本当の戦いが始まる。レベルの拮抗(きっこう)したグループなのでまだまだ困難な状況は続くと思う。チームの雰囲気はいい。少しのメンタルと勇気のところが強くなり始めれば、いいチームになる。ポルトガル語でマリーシア(したたかさ)、フランス語ではマランと言うが、日本の選手にはマランがない。本田(ACミラン)には少しあるけど、たくさんはない。ちょっとずつ変えていきたいですね。

    毎日新聞 1/4(水) 20:12配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000068-mai-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/02(月) 19:13:11.51 ID:CAP_USER9.net
    日本代表の課題に挙げるハリル 「私はこのタイプの選手を探さないといけない」

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が点取り屋の不在を課題に挙げている。「私が求めているのは純粋なストライカー」と明言し、2017年シーズンにストライカー発掘に着手することを宣言している。FIFA公式サイトで語った。

    「現時点で我々は色々なポジションからゴールを決めることができている。センターバックから中盤、フォワードからだ。いいことだが、私が求めているのは純粋なストライカーだ。1試合に1、2回あるかどうか分からないチャンスでゴールを決める選手だ」

    ハリル監督はこう語った。日本代表にはレスターFW岡崎慎司、ケルンFW大迫勇也ら実力者が揃うものの、FW陣に満足できていない様子だ。点取り屋募集中であることを、全世界に発信している。

    「私はこのタイプの選手を探さないといけない。もしくは育成しないといけない。いいチームには1人いる。調子が悪くてもゴールを奪う道筋を立てられる選手だ。流れが悪くてもね。いいストライカーと優秀なGKを育成することは可能で、すごく重要なことだ。強国には重要なポジションにいい選手が揃っている。もしいないのなら結果は期待することはできない。クラブレベルでも同じだ。バイエルン、バルセロナ、レアル・マドリード、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド。どのチームにも存在する。我々には調査を進める必要がある」

    「問題は枠内シュートが42%ということ」

    ハリル監督はこう語った。ストライカーの育成こそが最優先事項と強調している。日本代表の弱点は点取り屋不在だと認識しているようだ。

    「我々は1試合平均で22本のシュートを放っている。これはかなりの数字だ。Jリーグのチャンピオンシップでも、浦和と鹿島がどれだけシュートを打った?(1試合目は合計16本で2試合目は20本)だから、我々は数多くの決定機を作り出している。だが、問題は我々の枠内シュートがわずか42%ということだ。50%以上に上げなければいけない」

    日本代表選手のシュート精度の低さを一刀両断した指揮官は、長年の課題でもある本格ストライカーの育成と得点力アップに着手することになる。
    2017-01-02_21h09_49
    Football ZONE web 1/2(月) 18:40配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170102-00010020-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ