海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカー日本代表

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 20:05:56.42 ID:CAP_USER9.net
    今野のゴールが試合を“寝かせた”。

    [ワールドカップアジア最終予選]UAE 0-2 日本/3月23日/UAE・アルアイン

    FIFA公式サイトは、「日本は見事に昨年9月(UAEに1-2で敗北)の仕返しをした。際立っていたのは久保裕也。1ゴール・1アシストで、全得点に絡んでみせた」とサマリーを紹介。ドイツ『キッカー』誌の電子版は大迫勇也の負傷を大々的に取り上げ、「ゲーム終盤にUAEの選手から不当なタックルを膝に受け、途中交代となった。もし長期欠場となれば(所属する)ケルンにとって大きな痛手となるだろう」と報じた。

     
    フランス・メディアも日本代表を賞賛。『レキップ』紙と『フランスフットボール』誌は同じ内容の記事を配信し、「ヴァイッド・ハリルホジッチの男たちは敵地で堂々と振る舞い、リベンジを果たした。ベルギーで活躍する久保裕也が、マルセイユの酒井宏樹からの素晴らしいパスに抜け出して先制点を挙げ、さらに今野泰幸のゴールもアシスト。日本がグループ首位のサウジアラビアに勝点で並んだ一方、UAEは4位に転落。ワールドカップ出場に向けて崖っぷちに立たされた」と伝えている。
     
    アメリカの大手メディア『Fox Sports』は「サムライ・ブルーが完全にゲームを掌握した」と持ち上げ、「UAEは0-1の状況で何度か追いつくチャンスを得たが決め切れなかった。あの時間帯が勝負の分かれ目に。日本はチーム全体で連動した守備が素晴らしく、今野泰幸の2点目でゲームを“寝かせた”」と分析した。
    2017-03-25_08h27_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00023814-sdigestw-socc
    続きを読む


    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/25(土) 06:16:32.64 ID:CAP_USER9.net
    2017-03-25_08h15_22
    週プレNEWS 3/25(土) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00082215-playboyz-socc

    「美しい勝利だった。しっかりゲームをコントロールし、戦術のアドバイスをしっかりとリスペクトしてくれた。2、3回、危険な場面もあったが、日本のほうが高いレベルを見せることができた」

    2018年ワールドカップ・アジア最終予選。後半戦のスタートとなったアウェーでのUAE戦を0-2のスコアで勝利を収めた日本代表のハリルホジッチ監督は、試合後の記者会見で開口一番、満足げにそう語った。

    まさしく、指揮官が思い描いていた通りの会心の勝利。ハリルホジッチ監督がご機嫌なのもうなずける。しかも、「経験のある選手を信頼したゲームだった」と監督が語ったように、この試合ではゴールキーパーに川島永嗣、左サイドバックに長友佑都、ボランチには負傷離脱の長谷部誠に代わって、ハリルホジッチ体制初招集の今野泰幸をスタメンに抜てきした。

    すると、川島が前半にビッグセーブで失点を防ぎ、今野は2点目をマーク。スタメンの選考もバッチリはまった格好だ。

    今回のメンバー招集にあたっては、所属クラブで出場機会が少ないベテラン勢を敢えて選び、メディアからは「日頃のコメントと矛盾している」との指摘もあったが、蓋を開けてみれば、そのベテランたちが予想以上の活躍を見せてくれた。監督にとって、これほど嬉しいことはないだろう。

    その一方で、この試合でベテラン以上に目を引いたのが、この試合のスタメンの中で最年少、23歳の久保裕也だった。4-3-3の右ウイングでプレーした久保は躍動感に満ちあふれ、キックオフ直後から前線でボールを追いかける姿を見ただけでも調子の良さがうかがえた。それは、若い選手が飛躍的な成長を遂げている時期に見られる“キレ”そのものだった。

    所属のヘント(ベルギー)でも、招集前のリーグ戦(対メヘレン)で4人抜きドリブルシュートを決めるなど、目下絶好調。すでに今季5ゴールを記録しており、その勢いはとどまるところを知らない。そのいい流れを持続したまま、自身3キャップ目となったこの試合では前半13分に勝利への突破口となった先制ゴールをゲット。記念すべき代表初ゴールとなった。

    もちろん、このゴールのアシストとなった右サイドバックの酒井宏樹のパスもよかったが、相手DFの裏をとり、角度のないところから一瞬の迷いもなくニアサイドを射抜いたシュートは、実力プラス調子の良さがなければ決まらないゴールといえた。

    「(ゴールシーンは)意外とフリーだったので、冷静に打てました。僕はこの中ではだいぶ若手なので、アグレッシブな部分を見せていきたいと思っていましたし、攻撃的な選手なのでそういう部分を見せられれば試合にも出られると思います」

    試合後にそう語った久保は、後半には今野のゴールをアシストしている。「今野さんが見えたので、感覚で出せた」とは、その場面を振り返った本人のコメントだが、その感覚もまた、好調の証といえる。
    続きを読む

    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 22:30:57.03 ID:CAP_USER9.net
    2017-03-24_23h11_14
    豊福晋 | ライター 3/24(金) 6:05
    https://news.yahoo.co.jp/byline/toyofukushin/20170324-00069058/

    前日本代表監督のハビエル・アギーレは現在、UAEのクラブ、アルワダの監督を務めている。日本、UAEの双方を知る彼にとって、この試合は特別な試合だった。

    かつての指揮官の眼に、2年後の日本代表はどう映ったのかー。

    「日本の快勝だった、そう言っていいだろう。日本にとっては、最終予選突破に向けた大きな一歩だ。個人的には、ピッチに2年前の代表選手たちがたくさんいたし、この地で再び彼らの姿を見るのは感慨深いものがあった」とアギーレ。

    真っ先に挙がった名前は、先発に復帰しゴールマウスを守った川島だ。

    「試合の流れを決定付けた一番のポイントは、あの川島のセーブにあった。エリア内で1対1の状況で打たれたシュートを、彼は見事にセーブした。決まっていてもおかしくないシーンだ。あれで1-1にならなかったことは日本にとって非常に大きかった。

    あそこで追いついていればUAEはさらに勢いに乗って攻めてきただろうし、スタジアムの雰囲気も変わっていたはず。久しぶりの代表戦だったが、決定的な場面でしっかりと仕事をした川島は讃えられるべきだ」

    試合前、アギーレはキャプテンを務めた吉田麻也と連絡をとっている。ピッチに立つ主将の姿は、その目に頼もしく映った。

    「オマルのように、UAEは個人技のある選手も多い。しかし日本にはマヤがいた。プレミアで経験を積み、年々成長している。1対1の局面を冷静に止めていたし、素晴らしいパフォーマンスだった。

    現代表の守備組織を、日本人は誇っていい。よくオーガナイズされているし、CBの前の今野と山口も安定感を与え、両サイドの原口と久保も献身的にサイドの守備に参加する。1点勝負になる予選の試合において、この組織力は日本のストロングポイントだと思う」

    アギーレが試合前に繰り返していたのが、“先制点を取った方が勝利を手にするだろう”ということだ。当然ながら、貴重な先制点を奪った久保への評価も高い。

    「久保はこのチームの中でいいアクセントになっている。1点目はDFの裏へ完璧なタイミングで抜け出し、一瞬でUAEの守備陣を崩した。

    シュートは冷静だったし、ベルギーでの好調を代表でも活かすことができた。アシストの場面も足元でなく、今野が走ってくる逆サイドをしっかりと見ていた。日本の右サイドはうまく機能している」

    その一方で、アギーレ時代に攻撃の中枢にいた本田や岡崎は、今ではベンチに座っている。世代交代ー。そう囁かれる現状に、彼は首を振る。

    「まあ見ていてくれ。本田も岡崎も、これから日本が重要な試合を迎える時、その価値が明らかになるだろう。最終予選の最後の決戦、あるいはワールドカップでのブラジル、スペイン、ドイツら強豪との対戦ー。

    そういった試合では、彼らの能力、積み重ねた経験、大舞台での強さが、間違いなく活きてくる。彼らは終わったわけじゃないんだ。むしろ、これからその重要性が示されるはずだ」

    決定機をしっかりとものにし、守備でも危なげなかった日本。アギーレが感じたのは、日本が成長しているという確信だった。

    「日本をロシアに連れていくこと。それが就任時の夢だった。挑戦は志半ばで終わったが、それも人生。いいこともあれば、理解できない不運が降りかかることだってある。

    重要なのは、その後も日本が順調に成長を続けていること。2年後の日本代表はたくましかった。予選突破の可能性は高いし、これからもさらに進化していくだろう。ロシアで戦う彼らの姿を、ぜひこの目で見たいと思っている」
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 19:55:41.51 ID:CAP_USER9.net
    W杯アジア最終予選UAE戦に2―0で勝利した日本代表が24日、成田空港着の航空機で帰国した。

    到着後、UAE戦で左足の膝から下部分に打撲を負ったFW大迫、左足の小指付近に打撲を負ったMF今野の2人がチームと離れ、千葉県内の病院へ直行。精密検査を受け、25日にも28日の同タイ戦(埼スタ)の出場の可否が判明することになった。

    チームはこの日の夜にさいたま市内での練習を予定していたが、急きょ中止に。
    宿舎内でストレッチなどの軽いトレーニングをするにとどめた。
    2017-03-24_20h40_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000119-spnannex-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 18:27:25.40 ID:CAP_USER9.net
    代表3試合目で初ゴール

    日本代表は現地時間23日、ロシアワールドカップに向けたアジア最終予選第6節でUAE(アラブ首長国連邦)と対戦し、2-0で勝利した。その結果、グループBで2位をキープし本大会出場に近づいた。この試合で先取点を挙げたヘントFW久保裕也は、ベルギーメディアでも話題となっている。

    久保裕也のゴールが生まれのは14分。右サイドのDF酒井宏樹から繰り出されたスルーパスにFW久保裕也が抜け出すと、ゴールエリア脇の角度の少ない位置からGKのニアサイドを打ち抜くシュートを放ち、先制に成功。ベルギー1部リーグ第30節メヘレンで“4人抜き”のスーパーゴールを決め、絶好調のゴールハンターが代表で初ゴールを記録した。

    ベルギー『De Morgen』は、「『スシボンバー』が日本代表でもゴール」と見出しをつけ報道。さらに久保の活躍ぶりについて「久保裕也はヘントで好調を維持しているが、彼は裏への抜け出しから日本代表でもゴールを決めている。ストライカーはワールドカップ予選のUAE戦で先制弾を決めた」と伝えた。かつてドイツで活躍した高原直泰から“スシボンバー”の異名を受け継いだ久保裕也は、この試合で今野泰幸の追加点までもアシストし、代表でも素晴らしい結果を残している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00010022-theworld-socc
    theWORLD(ザ・ワールド) 3/24(金) 17:10配信

    続きを読む

    1:プーアル ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 15:17:09.66 ID:CAP_USER9.net
    現地時間23日にロシアW杯アジア最終予選が行われ、UAE代表は日本代表に0-2で敗れた。現地メディア『ザ・ナショナル』は、日本が上だったことを認めている。

    同メディアのツイッターには「日本は強すぎた」と記されており、マッチレポートでは先制ゴールを決めたFW久保裕也をマン・オブ・ザ・マッチに選出した。

    記事の中では「日本は強すぎた。あまりに頑丈で、経験があった」と記し、確かな力の差がみられたと指摘。

    前後半の日本のゴールでホームのサポーターが静まりかえったのに対し、日本のサポーターは試合を通して応援を続けていたことが対照的だったとも記事は伝えている。



    https://www.footballchannel.jp/2017/03/24/post203565/
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 14:09:51.01 ID:CAP_USER9.net
    日本代表は現地時間23日、ロシアW杯アジア最終予選でUAEと対戦し、2-0で勝利した。

    インサイドハーフで出場した香川真司。同じポジションの今野泰幸がインパクトを残したとはいえ、背番号10もハードワークを続け、バイタルエリアでキレを見せる場面もあった。

    「大事な試合で、本当に勝利以外考えられなかった。守備に関しては規律通りに潰せていた。そこまでビッグチャンスを与えずに戦えた中で先制点が生まれて、効率よく戦えたと思う」

    UAEのオマルを警戒しつつ、攻撃に移った時には「カウンター、あるいはポゼッションでどこまで崩せるかというのがあった」という。そして、「ポゼッションがなかなかできない中で取れた2点は狙い通りだった」と一定の手応えを掴んだ様子だった。

    鋭いカウンターはこの日も何度か見られ、「前の3人で速い攻撃が求められると思う。そこがこのチームの1番の強みになりつつある」と香川は話す。それでも「そういう(ポゼッションで崩す)時間帯も必要なのかなと思う」と続けた。

    自身が相手ゴール前に顔を出す回数は「足りない。シュートであったりアシスト、 シュートに繋がるパスをもっともっと出せる様にしないと」と課題を口にする。ハリルジャパンのスタイルがポゼッションに重きを置いていない中、速攻は大きな武器だ。そこに遅攻を肉付けできれば攻撃の幅も広がる。「攻撃意識をもっと練習や普段から会話していければ1つまた違うものが生まれてくると思う 」と、香川は周囲と意思の疎通を図っていくつもりだ。
    20170324_kagawa_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00010016-footballc-socc
    フットボールチャンネル 3/24(金) 8:00配信
    続きを読む

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 14:18:57.26 ID:CAP_USER9.net
    2017-03-24_14h52_46
    サンケイスポーツ 3/24(金) 14:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000538-sanspo-ent
    タレント、坂上忍(49)が23日、自身がMCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。同日未明に行われたサッカー・ロシアW杯アジア最終予選B組、日本-UAE戦で途中出場したMF本田圭佑(30)の起用に対し疑問を呈した。

    番組では日本が2-0で快勝したUAE戦を振り返ると、坂上は「本田が途中出場したけど、動きとかはどうだったんですか?」と質問。これに雨上がり決死隊の宮迫博之(46)が、「ACミランの方で試合に出てないので、試合勘ってのがないので先発で使いにくい」と説明した。

    坂上は「かみ合っていなかったような気がしたんだよね」と感想をもらすと、土田晃之(44)は「だからって出さないってわけにはいかない選手だと思うんですよね。これからの予選でいざ困った時に必要になる選手」と力説。坂上が「(本田は試合に)出さないと文句言っちゃうの?」と突っ込むと、土屋は「なんでそういう変な目で見るの」と反論した。

    すると坂上は「だって右にいてさ、本田さ、すぐ真ん中の方ダーッと走って行くじゃない。だって久保の代わりに入ったんでしょ?本田が真ん中に行っちゃうからさ、本田がいなくなったその隙間のところを違う人が埋めてあげてさ、周りの人達は大変だろうな」と持論を展開した。

    これにイギリス人とのハーフタレント、ハリー杉山(32)が「坂上さん、いいじゃないですか。本田選手は久しぶりのガチの試合なんで結果を残したいから」と擁護したものの、坂上は「お前はイギリスを応援してりゃいいんだよ」と反論し、笑いを誘った。
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 06:29:40.57 ID:CAP_USER9.net
    “アウェーらしいサッカー”で勝ったね。

    [ワールドカップアジア最終予選6節]日本 2-0 UAE/3月23日/アルアイン
     
    UAE戦は危なげなく勝点3を掴んだけど、何より最初のチャンスで先制点を奪えたのが大きかったね。その後は、しっかり守ってチャンスを窺う“アウェーらしいサッカー”ができていた。さらに後半の立ち上がりには今野が良い攻め上がりから追加点をマーク。効率よくゴールを重ね、アウェーで貴重な勝利を手にした。
     
    UAEは早い時間に失点して、焦りがあったようだ。日本のピンチと言えば、前半に川島がビッグセーブでマブフートのシュートを防いだシーンくらい。最終予選で4ゴールを奪っているUAEのエースFWハリルが欠場したのも、日本にとってはラッキーだったね。UAEは、日本が苦手とするフィジカルに長けたチームではないし、独力で局面を変える選手もいなかった。だから、日本の守備陣は対応しやすかったはずだよ。
     
    先制点を奪ったことで、相手が得意とするカウンターを封じられた点も大きかったね。日本が苦戦するとすれば、先制点を奪えずに前に出たところを、カウンターで突かれるという形だと予想していたから。
     
    トータルで考えれば、日本とUAEには明らかにレベルの差があった。昨年の9月に埼玉スタジアムで対戦した際には、日本はFKとPKで失点して敗れたけど、最終予選の初戦ということで日本の選手に硬さがあったのだろうね。

    今野のパフォーマンスは素晴らしかった。

    それにしても久々の代表戦になった今野は、良い仕事をしたね。ディフェンス面では、真骨頂の球際の強さとボール奪取力を見せていた。加えて貴重な追加点を奪ったのだから、この日のヒーローと言えるよ。
     
    この今野の活躍でハッキリしたのは、今後もクラブでコンスタントに試合に出ている選手を起用するべきだということ。
     
    今野は最後まで足が止まらなかったよね。彼はもともとスタミナがある選手だけど、日々、90分をしっかり戦い、ゲーム体力を養えているからこそ、こういう試合でもハイレベルなパフォーマンスを発揮できるんだ。久保にしたって今年1月に移籍したヘントで、リーグ7試合で5得点と結果を残している。その好調ぶりをUAE戦で証明した。
     
    だからこそ、ミランで出場機会を掴めていない今の本田が、なせ必要なのか僕には理解できないんだ。クラブで試合に絡めていない選手を招集するなんて、世界の常識からはかけ離れている。本田はUAE戦では78分からピッチに立ったけど、目立ったプレーはなかったよね。
     
    あれくらいのパフォーマンスだったらJリーグで結果を残しているフロンターレの小林やマリノスの齋藤らを選出したほうがよっぽど効率的だ。UAE戦、タイ戦に向けた選手発表会見でハリルホジッチ監督は「このチームには本田が必要だ」という趣旨のコメントをしていたけど、本田抜きのチームでも勝利はできたはずだよ。ハリルホジッチ監督としては良い教訓になったんじゃないかな。
     
    何よりこれまでチャンスが少なかった今野、久保が活躍したことで、良い競争原理が働くよ。彼らの活プレーを見て、「俺だって」と、思っている選手は必ずいるはずだ。そして切磋琢磨していくからこそ、チームのレベルアップが望めるんだ。
     
    今までの功績や経験を重視してメンバーを構成しても、相手からしてみれば何も怖くないよ。
    2017-03-24_10h07_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00023780-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 3/24(金) 6:00配信
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ