海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカー日本代表

    1:久太郎 ★:2018/07/26(木) 19:21:43.37 ID:CAP_USER9.net
    日本代表の次期監督に、U-21(21歳以下)日本代表の森保一監督(49)の就任が26日、決定した。

    同日、都内で会見を開いた森保新監督は、A代表と東京オリンピック代表監督の兼任について「2つの代表は困難なこと…1人でやるのは不可能なことですが、代表を支える多くの方の力をお借りしてチームを作っていけば不可能が可能に変わり、大きな成果につながると思っています」と抱負を語った。

    森保監督は、この日、日本サッカー協会(JFA)と契約したと明かし「先ほど、A代表の監督に就任させていただいたことはお伝えしましたが兼任監督ということでさせていただきながら日本サッカー界に貢献したい」と語った

    そしてやらなければいけないこととして

    <1>1つは代表の勝利のために

    <2>1つは世代交代、年代間の融合を図ること

    <3>日本サッカー界全体の発展につながるように

    と3つを掲げた。そして「多くの先輩からバトンを受け継いできました。今、私がやらなければいけない任務を全うし、次の代表、人にバトンタッチできるよう今を全力で頑張っていきたい」と「世代交代待ったなし」(田嶋幸三会長)の日本サッカー界の、時代をつなぐバトンになると誓った。【村上幸将】
    2018-07-26_21h56_57
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00280962-nksports-socc
    続きを読む

    140:ばーど ★:2018/07/26(木) 15:37:26.30 ID:CAP_USER9.net
     サッカー日本代表の新監督 森保氏に決定

    サッカー日本代表の新しい監督に、東京オリンピックを目指す21歳以下の日本代表の監督を務める森保一氏が就任することが、日本サッカー協会の理事会で決まりました。

    49歳の森保氏は、J1のサンフレッチェ広島でリーグ優勝3回の実績があり、ワールドカップロシア大会では日本代表のコーチとして決勝トーナメント進出を果たして大会前の低評価を覆した西野朗監督を支えました。

    2018年7月26日 15時19分 
    K10011550111_1807261522_1807261525_01_02

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180726/k10011550111000.html?utm_int=all_contents_just-in_001
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/26(木) 05:42:23.76 ID:CAP_USER9.net
    「森保ジャパン」が誕生する。今日26日に都内で行われる日本サッカー協会の理事会で、日本代表の次期監督としてU-21(21歳以下)日本代表の森保一監督(47)が承認される。20年東京五輪監督との兼任で、00年シドニー五輪と02年W杯日韓大会で指揮を執ったトルシエ氏以来の大役を担う。契約期間は2年で、推定年俸は1億5000万円。新体制のサポート役には、7月末で退任する西野朗監督(63)に託すプランも浮上している。

       ◇   ◇   ◇

    ついに「森保ジャパン」が誕生する。16強入りしたW杯ロシア大会の盛り上がりを引き継ぐ形で、4年後のW杯カタール大会への第1歩を踏み出す。

    今日26日は都内でまず、臨時の技術委員会を行い、午後2時から理事会が行われる。その場で、関塚技術委員長が、森保氏を候補者として推挙する流れ。問題なく承認、そして就任発表の流れとなる。

    協会トップの田嶋会長も、森保監督を高く評価している。17日には「日本の中で実績NO・1の監督」と話した。すでに水面下で接触を終え、担当者が下交渉も済ませたようだ。契約は東京五輪も見据えた2年で、年俸1億5000万円(推定)。2年3億という条件で兼任での難しいミッションに挑む。契約は2年で1度見直すが、日本協会は4年後のW杯に向け長期政権を描いている。

    A代表と五輪代表の兼任は、00年シドニー五輪と02年W杯日韓大会で結果を残したトルシエ氏以来となる。長谷部が代表引退を表明、本田も示唆し、A代表は世代交代が課題となっている。同じ指針、基準で一気の強化と底上げをはかることはできるが、活動日程が重なる部分も多く、サポート体制構築は急務。この点でも、日本協会は最適任者起用を模索している。

    大勝負に打って出たロシアで、森保氏その人をコーチに指名し、ともに戦った西野監督を、代表全般を統括するナショナルチームダイレクターに起用したい意向があることが判明。監督の続投要請は固辞されたが、田嶋会長は「(今後も日本協会の中で)いろいろ関わってもらえれば。ずっとそう言っている」と、すでに新たなポストを用意することを明言している。

    ただ、西野監督はW杯の激戦の疲労が残り「今は具体的なもの(=ポスト)をお願いする時期ではなく、もう少し落ち着いた時がいい」と同会長は長期戦を覚悟。時間をかけて口説き落とす算段だ。

    実現すれば、W杯で成功し、世界を驚かせた「西野-森保」タッグの再結成となる。いずれにしても、ロシアの盛り上がり、一定の成功を引き継ぐ形で「森保ジャパン」が船出する。

    ◆森保一(もりやす・はじめ)1968年(昭43)8月23日、長崎市生まれ。長崎日大高から87年に広島の前身マツダ入り。守備的MFとして京都、広島でもプレーし、03年に仙台で現役引退。J1通算293試合15得点、日本代表では国際Aマッチ通算35試合1得点。04年に指導者に転身。広島や新潟のコーチを経て12年から広島の監督を務め、3度のJ1制覇に導いた。17年10月に東京五輪代表監督に就任。今年4月の西野ジャパン発足に伴い、A代表コーチも兼任した。家族は夫人と3男。愛称「ポイチ」。174センチ。

    7/26(木) 4:50配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00280098-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/07/25(水) 04:10:18.94 ID:CAP_USER9.net
    7/25(水) 4:00配信
    スポニチアネックス

    日本サッカー協会が、昨季限りでアーセナルの監督を退任したアーセン・ベンゲル氏(68)とテクニカルディレクター的な立場で契約を結ぶ可能性が浮上した。複数の関係者によると、既に水面下で打診を済ませている。実現すれば、次期日本代表監督に就任することが確実な森保一氏(49)への助言や育成への提言、マッチメークなど、幅広い分野でのサポートが期待される。

    世界的名将が、名古屋を指揮した96年以来、22年ぶりに日本サッカー界に復帰する可能性が出てきた。複数の関係者の話を総合すると、日本協会は既に水面下でベンゲル氏にテクニカルディレクター就任を打診。欧州や中国の複数クラブから監督や強化部門の責任者として獲得に興味を示される中、日本協会入りも選択肢の一つに入っているという。

    田嶋会長は、W杯ロシア大会期間中にモスクワ市内でベンゲル氏と会談。当時は次期日本代表監督が一本化されていない状況で「ベンゲルさんと会いました。監督の話はしていませんが、彼は今はちょっと休みたいという感じでおっしゃってる。ただサッカーのいろいろな話、日本の話をお互い共有させていただきました」と明かしていた。監督業を休養したいとの意向を受け、新たな役職を用意したとみられる。

    最も期待されるのが、22年W杯カタール大会に向けて、世代交代が不可欠な日本代表への助言だ。W杯ロシア大会で16強に導いた西野監督は、今月限りで退任。後任は20年東京五輪代表監督を務める森保氏の就任が確実で、あす26日の理事会で決定する運びだ。ベンゲル氏は22シーズンにわたって監督を務めたアーセナルで、アンリやセスク・ファブレガスらを世界的選手に押し上げた実績があり、若手育成には定評がある。A代表と五輪代表の監督を兼任する森保氏にとって、心強いバックアップになることは間違いない。

    テクニカルディレクターの役職は、各クラブや各国協会によって仕事内容が異なり、総監督的な立場からアドバイザー的なポジションまで幅広い。日本協会側の“オファー”の詳細は明らかになっていないが、ベンゲル氏は欧州に拠点を置いたまま、日本代表の活動期間中に、スケジュールが許す中でチームに同行する可能性が高い。マッチメークや、欧州組の視察など幅広いサポートが期待される。

    【ベンゲル氏の経歴】ベンゲル氏は1949年10月22日、フランス・ストラスブール生まれ。大学で政治経済学を学び、卒業後はプロ選手を経て81年に指導者に転身。87年からモナコの監督に就任した。リベリア代表FWジョージ・ウェア、ドイツ代表FWクリンスマンらを指導。95年からは名古屋の監督としてJリーグで指揮を執り、天皇杯初優勝を果たしている。

    96年10月にアーセナルの監督になると、まだ10代だったフランス代表MFビエラ、スペイン代表セスク・ファブレガスを見いだして世界トップクラスに育て上げる。また、ユベントスでくすぶっていたフランス代表アンリを獲得して、ウイングからセンターフォワードにコンバート。才能を開花させた。03―04シーズンには26勝12分け0敗でシーズン無敗優勝の偉業も達成。22シーズンの長期政権を築いた。
    2018-07-25_11h51_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000001-spnannex-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/07/24(火) 20:19:47.28 ID:CAP_USER9.net
    吉田麻也、新生日本代表でもリーダーの自覚。「どう考えてもまとめていくポジション」
    7/24(火) 15:17配信 フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2018/07/24/post282775/
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180724-00282775-footballc-socc

    東京都内のイベントで次回大会への決意を表明するサッカーW杯日本代表の吉田麻也=24日



    24日に都内で行われた英自動車ブランド『ランドローバー』の新ブランドアンバサダー就任披露発表会に出席した日本代表DF吉田麻也が、次期監督体制についての役割について言及した。

    ロシアワールドカップではベスト16に進出した日本代表は、大会終了後に西野明監督が退任することが明らかになっており、次期監督としてU-21日本代表の森保一監督が就任するのではと噂されている。

    イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに所属する吉田は新生日本代表でもキャプテン候補のひとりとして期待されるが、「監督が決めることなので、監督が決まっていない以上どうもこうもいえない」と前置きしながら、新チームでもリーダーとしての役割を果たす自覚があると語った。

    「僕のポジション、僕のプレーしているキャリアの立場から考えると、どう考えてもチームをまとめてかなければいけないポジションにある。今までも長谷部(誠)選手がキャプテンマークを巻いてましたけれども、僕もリーダーのひとりだと思てプレーしてきましたし、やることは今までと同じ」

    さらに、「まずは新しい監督に認められて、新しい選手たちに認められて、代表にしっかり選ばれて結果を出せるように、来週からチーム(サウサンプトン)に戻りたい」と、新シーズンでのクラブでの活躍を誓った。
    続きを読む

    GettyImages-989892114-2

    1:ラッコ ★ :2018/07/23(月) 09:18:46.40 ID:CAP_USER9.net
    ■サッカーW杯の出場国数が32になった1998年大会から2018年大会までの決勝トーナメント(16強)進出回数ランキング

    *1位 ブラジル 6回(1998年準優勝、2002年優勝、2006年8強、2010年8強、2014年4位、2018年8強)
    *1位 メキシコ 6回(1998年16強、2002年16強、2006年16強、2010年16強、2014年16強、2018年16強)
    *3位 ドイツ 5回(1998年8強、2002年準優勝、2006年3位、2010年3位、2014年優勝)
    *3位 アルゼンチン 5回(1998年8強、2006年8強、2010年8強、2014年準優勝、2018年16強)
    *3位 イングランド 5回(1998年16強、2002年8強、2006年8強、2010年16強、2018年4位)
    *6位 フランス 4回(1998年優勝、2006年準優勝、2014年8強、2018年優勝)
    *6位 オランダ 4回(1998年4位、2006年16強、2010年準優勝、2014年3位)
    *6位 スペイン 4回(2002年8強、2006年16強、2010年優勝、2018年16強)
    *9位 ★日本 3回(2002年16強、2010年16強、2018年16強) ←衝撃の事実!!なんと世界の10位以内にアジアの日本がランクイン!!
    *9位 イタリア 3回(1998年8強、2002年16強、2006年優勝)
    *9位 ベルギー 3回(2002年16強、2014年8強、2018年3位)
    *9位 ウルグアイ 3回(2010年4位、2014年16強、2018年8強)
    *9位 ポルトガル 3回(2006年4位、2010年16強、2018年16強)
    *9位 スウェーデン 3回(2002年16強、2006年16強、2018年8強)
    *9位 デンマーク 3回(1998年8強、2002年16強、2018年16強)
    *9位 アメリカ 3回(2002年8強、2010年16強、2014年16強)
    *9位 パラグアイ 3回(1998年16強、2002年16強、2010年8強)
    *9位 スイス 3回(2006年16強、2014年16強、2018年16強)
    *9位 チリ 3回(1998年16強、2010年16強、2014年16強)

    20位 クロアチア 2回(1998年3位、2018年準優勝)
    20位 韓国 2回(2002年4位、2010年16強)
    20位 コロンビア 2回(2014年8強、2018年16強)
    20位 ガーナ 2回(2006年16強、2010年8強)
    20位 ナイジェリア 2回(1998年16強、2014年16強)

    25位 トルコ 1回(2002年3位)
    25位 ロシア 1回(2018年8強)
    25位 コスタリカ 1回(2014年8強)
    25位 ウクライナ 1回(2006年8強)
    25位 セネガル 1回(2002年8強)
    25位 ギリシャ 1回(2014年16強)
    25位 アルジェリア 1回(2014年16強)
    25位 スロバキア 1回(2010年16強)
    25位 エクアドル 1回(2006年16強)
    25位 オーストラリア 1回(2006年16強)
    25位 アイルランド 1回(2002年16強)
    25位 ユーゴスラビア 1回(1998年16強)
    25位 ルーマニア 1回(1998年16強)
    25位 ノルウェー 1回(1998年16強)
    (※計38ヶ国、延べ96ヶ国)


    ※サッカーW杯1998年大会以降の決勝トーナメント(ベスト16)進出国

    1998 FIFA World Cup France - Matches - FIFA.com
    https://www.fifa.com/worldcup/archive/france1998/matches/index.html#1024
    https://ja.wikipedia.org/wiki/1998_FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97
    フランス(優勝)、ブラジル(準優勝)、クロアチア(3位)、オランダ(4位)、イタリア(8強)、デンマーク(8強)、アルゼンチン(8強)、ドイツ(8強)、
    ノルウェー(16強)、チリ(16強)、パラグアイ(16強)、ナイジェリア(16強)、メキシコ(16強)、ユーゴスラビア(16強)、ルーマニア(16強)、イングランド(16強)

    2002 FIFA World Cup Korea/Japan - Matches - FIFA.com
    https://www.fifa.com/worldcup/archive/koreajapan2002/matches/index.html#43950200
    https://ja.wikipedia.org/wiki/2002_FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97
    ブラジル(優勝)、ドイツ(準優勝)、トルコ(3位)、韓国(4位)、イングランド(8強)、アメリカ(8強)、スペイン(8強)、セネガル(8強)、
    パラグアイ(16強)、デンマーク(16強)、スウェーデン(16強)、アイルランド(16強)、メキシコ(16強)、ベルギー(16強)、★日本(16強)、イタリア(16強)

    (>>2-5あたりに続く)
    続きを読む

    ee95eaa4391273474ffd0d8c6b3e5657_1531948681_1
    1:風吹けば名無し:2018/07/21(土) 19:44:31.44 ID:pKlCp8Dr0.net
    柴崎out山口in
    2:風吹けば名無し:2018/07/21(土) 19:44:52.54 ID:7GSeWjsh0.net
    ルカクの風貌
    3:風吹けば名無し:2018/07/21(土) 19:44:57.52 ID:FC9N3aSY0.net
    それか1点目やろな
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/07/20(金) 22:50:40.92 ID:CAP_USER9.net
    7/20(金) 21:03配信

    日本サッカー協会は20日、技術委員会を東京都内で開き、西野朗監督の後任となる日本代表監督の人選を関塚隆委員長に一任すると決めた。出席した委員や協会関係者によると、2020年東京五輪に出場するU21(21歳以下)日本代表監督の森保一(もりやす・はじめ)氏(49)の兼任を推す声が根強く、26日の協会理事会で正式決定する見込みだ。

    関塚委員長は、日本が2大会ぶりに16強入りしたワールドカップ(W杯)ロシア大会を振り返り「日本の強みを引き出す戦いをした。これをゼロにせず、ベースにし、より高いところに進んでいけるかが(次期監督の人選の)一番のポイント」と指摘した。森保氏は、西野氏が監督に就任した今年4月から日本代表コーチも務めた。

    日本協会は従来、W杯で指揮を執った経験などを日本代表監督の要件としていた。しかし関係者は「日本人でもいい、という声は多い。要件の数字や基準を取っ払った」と明かした。関塚委員長も「レベルの高いところ(での指揮経験)というのは含まれている」と語り、W杯での指揮が必須条件ではないことを示唆した。【福田智沙、大谷津統一】
    2018-07-21_00h20_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000097-mai-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/20(金) 16:19:53.94 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ代表として、1982年スペインW杯から1998年フランスW杯まで、実に5回のW杯に出場。1990年イタリアW杯では優勝を果たしているローター・マテウス。まさにレジェンド中のレジェンドと言っていいだろう。

    だが一方では、歴代のドイツ代表のなかでも、かなり奔放なイメージを持たれている人物でもある。現役引退後は世界各地で監督をしているが、たった数カ月で性格の不一致により(?)、ブラジルのチームを投げ出したこともある。プライベートでも結婚5回と、かなり破天荒だ。
     
    今回のロシアW杯では、カタールに本拠地を置くスポーツチャンネルbeINの解説者として多くの試合を観戦していた。そんなマテウスを直撃した。

    マテウスは開口一番、こう叫んだ。

    「俺は日本を恨んでいるんだ!」

    どういうことだろう。

    「俺は日本の試合を3試合、解説した。大会前は、はっきり言って、日本なんて1試合も勝てないんじゃないかと思っていた。ところが初戦のコロンビア戦を見て、俺の考えはコロっと変わってしまった。あの試合の日本は落ち着いていて、相手が誰であろうと何の心配もしていない感じで、ただ自分たちのサッカーをすることに集中していた。プレーのシステムも気に入った。だから俺は試合後にテレビで、日本は大会最大のダークホースになるぞと宣言したんだ」

    セネガルとも互角に戦う日本を見て、マテウスはその確信を深めたという。

    「だからベルギー戦では、俺自身もドキドキしながら試合を見ていた。ここで日本が勝ったら、俺は預言者となれるかもしれない。読みの深い名解説者として、大人気になれるかも、とね」

    だが、日本は2-0とリードしていながら負けてしまった。

    「本当にがっかりだったよ。あの数分間の子供みたいなプレーがなかったら、日本はもっと先まで行けたかもしれない。でも、良くも悪くも日本のサッカーは子供のサッカーみたいに純粋だった」

    日本以外のチームについてもマテウスは話してくれた。まずは祖国ドイツをバッサリ。

    「あんなプレーを見せるくらいなら、ドイツはドイツから出るべきではなかったね。ただ世界に恥をさらしただけだった。やる気も見られなかった。最悪だ」

    また、何かと取りざたされるネイマールについてもひと言。

    つづく

    7/20(金) 15:50配信
    2018-07-20_18h05_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180720-00010005-sportiva-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/07/20(金) 11:11:49.12 ID:CAP_USER9.net
    7/20(金) 11:01配信
    ベンゲルが日本代表新監督の“第一候補”と英紙報道、長期政権も視野に招聘か
    2018-07-20_12h01_15
    アーセン・ベンゲル監督が誕生?(Getty Images)
    U-21日本代表の森保一監督が最有力候補と言われる中、英『デイリー・メール』が日本代表新監督にアーセン・ベンゲル氏(68)が就任する可能性があると報じた。

    かつて名古屋グランパスを率いたベンゲル氏は、1996年からアーセナルを指揮。2017-18シーズンを最後に退任したが、今後も監督業の続投を示唆していることから、新天地に注目が集まっている。

    同紙によると、日本サッカー協会(JFA)はベンゲル氏を日本代表新監督のトップターゲットに挙げ、長期政権を視野に招へいに動いているようだ。しかし、ベンゲル氏は代表ではなくクラブを率いることを希望しているとのこと。だが、ヨーロッパでそれを叶える機会は限られており、日本に対する愛着から代表監督就任に動く可能性があるという。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-01656364-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ