海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカー日本代表

    1:Egg ★:2017/12/08(金) 06:05:23.27 ID:CAP_USER9.net
    日本代表から外れている本田圭佑(31=パチューカ)ら“ビッグ3”が来年の日本代表公式カレンダーの表紙からも外れていることが7日、分かった。

    本田に加え香川真司(28=ドルトムント)岡崎慎司(31=レスター)が“メンバー外”

    代表の顔であり続けた3人が、W杯イヤーのカレンダーから姿を消した。

    写真


    12/8(金) 5:01配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00071929-nksports-socc
    続きを読む

    2017-12-07_15h37_54

    1:Egg ★:2017/12/07(木) 19:12:09.47 ID:CAP_USER9.net
    東アジアサッカー連盟会長を務める日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)が、8日に開幕するE―1選手権(旧東アジア杯)の賞金を北朝鮮に支払わないことを明言した。

    7日に都内で行われた東アジア連盟設立15周年記念シンポジウムで取材に対応。北朝鮮が核開発やミサイル発射により国連の安全保障理事会から制裁を受けていることを考慮し

    「東アジア連盟として、今の国際情勢、国連決議などを踏まえて北朝鮮に賞金を支払わないことを決めています。(北朝鮮協会に)そう伝えています」と語った。

    日本開催のEー1選手権には男女ともに日本、韓国、中国、北朝鮮が出場。賞金は男子優勝の25万ドル(約2800万円)が最高額で男女の全順位に設定されている。

    一方で、田嶋会長は東アジア情勢が緊迫する中で予定通りに大会が開催される意義を強調。「世界各国が驚いている。

    アジアはパレスチナの問題、サウジアラビア、カタール、イランの問題などで大会が開かれなかったり、

    中立地で試合をしたりする中、こういう大きな問題を抱える北朝鮮が男女ともに日本に来て試合をすることには本当に意義がある。

    日本が東京五輪を前にして、政治とスポーツが離れていることを世界に示す良い機会だと思う。改めて入国を許可してくれた政府に感謝したい」と語った。

    12/7(木) 19:08配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000146-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/07(木) 14:53:33.32 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会は7日、8日に開幕するE-1東アジア選手権の参加4カ国による監督会見を開催した。日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は、6日に脳しんとうの疑いで練習を途中退場したMF清武弘嗣(28)=C大阪=の10日間の安静と、代わってMF土居聖真(25)=鹿島=の招集を発表した。

    指揮官は「たくさんの混乱がある。いろいろな困難さがありながらも彼らに勝たなければならない」と話した。

    関係者によると、土居はすでに宿舎に入り、7日の練習から合流する予定となっている。
    2017-12-07_15h37_54

    12/7(木) 14:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000549-sanspo-socc
    続きを読む

    GettyImages-872890430

    1:Egg ★:2017/12/07(木) 07:45:55.71 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会は6日、FW杉本健勇(25)=C大阪=が東アジアE―1選手権の日本代表メンバーから離脱すると発表した。11月15日のベルギー戦で骨折した左脇腹に加え、左足首にも痛みがあり、試合出場は不可能と判断された。

    関係者によると、左足首は遊離軟骨の可能性があり、帰阪して検査を受ける予定。除去手術を受けることになれば23日の天皇杯準決勝・神戸戦(ヤンマー)の出場は絶望的で、スペイン1部ヘタフェなどとの移籍交渉も難航が予想される。杉本は日本協会を通じ、「しっかりけがを治して、またここに戻ってこられるよう、チームで頑張ります」とコメントした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000241-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/07(木) 00:04:46.61 ID:CAP_USER9.net
    「日本やるじゃない」というイメージを植え付けたい
     
    なんとも厳しい抽選結果になった。日本がロシア・ワールドカップのグループリーグ初戦で戦うのはコロンビア。

    ここまでワールドカップ本選で南米勢に4戦全敗中の日本(10年大会のパラグアイ戦のPK負けも含む)にとってはできれば避けたかった強敵だ。

    2戦目で当たるセネガル、3戦目で顔を合わせるポーランドも厄介な相手で、決勝トーナメントへの道は極めて険しい。

    ドイツ、ブラジルといったサッカー大国と同居しなかったのはグループリーグ突破を目指すうえで確かにラッキーだったかもしれないが、それでも日本はポット4の弱小国。
    どのグループに入っても困難が待ち受けているわけで、「組分けに恵まれた」などとは決して言えない。
     
    実際、単純な戦力比較では勝てるイメージが湧かない。同居した3か国には例えばレバンドフスキ―(ポーランド)、マネ(セネガル)、ハメス・ロドリゲス(コロンビア)というように、ワールドクラスのアタッカーがごろごろいる。今の日本に彼らを抑え込めるだけの守備力があるとは到底言えないし、3戦全敗も十分にありえるだろう。
     
    ポーランド、コロンビア、セネガルからすれば、日本は勝点3が計算できる相手となる。絶対に負けるわけにはいかないというプレッシャーがあるわけだが、もしかすると、ここに日本の勝機があるかもしれない。つまり、「3強1弱」のパワーバランスを日本が崩せれば決勝トーナメント進出への希望が膨らむというわけである。
     
    具体的にはコロンビアとの初戦で負けは絶対に許されない。ここでコロンビアに勝点3を与えれば、いわゆる順当な結果である。それでは意味がないのだ。初戦で勝点を奪い、コロンビアを焦らせ、他の2か国にも「日本やるじゃない」というイメージを植え付けることが大事なのだ。
     
    あとはポーランドの“サポート”も不可欠だろう。日本がポット1のポーランドと戦うのはグループリーグの最終戦である。そのポーランドにセネガル、コロンビアを叩いてもらい、余裕のスタンスで日本戦を迎えてもらうことができれば、彼らは決勝トーナメントに向けてメンバーを落としてくるはず。そうなれば、日本にとっては朗報である。
     
    グループリーグ突破への現実的なシナリオは、コロンビアに引き分け、セネガルにどうにか勝って、ポーランドから勝点1を奪うというものだろうか。戦力的に見るとセネガルに勝つというのも簡単なミッションではないが、初戦で勢いに乗れれば決して不可能ではない。
     
    思い出してほしい、2010年の日本代表を。大会前はチームとして機能せず、南アフリカの地で惨敗するだろうと思われていたサムライブルーが、初戦でカメルーンを破ると、見違えるほど逞しくなった。

    結局ベスト16でパラグアイに敗れたものの、グループリーグ第2戦で後に決勝まで進むオランダとやり合った戦いぶり(結果は0-1で日本の負け)は弱小国のそれではなかった。

    >>2以降につづく
    2017-12-07_08h17_05
    12/3(日) 12:43配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171203-00033218-sdigestw-socc&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/07(木) 07:20:53.03 ID:CAP_USER9.net
    サッカー・日本代表合宿(6日、東京都内)東アジアE-1選手権に向けた合宿3日目。今合宿で初めて非公開として約2時間、ゲーム形式などで戦術を確認した。

    9日に東京・味の素スタジアムで行われる初戦で北朝鮮と当たる。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は練習前にピッチに選手を集め、寒空の下で約17分もミーティング。身ぶり手ぶりを交えて熱弁を振るった。

    ハリルホジッチ監督が練習冒頭の円陣で声を荒らげた。合宿初日の4日に体脂肪率を測ったところ、義務づけている12%以下をオーバーした選手が数名いたという。

    GK東口は「W杯で戦うなら落とそうと。時間をかけてもいいからと話していた」と説明。監督就任当初から口酸っぱく言い続けているだけに、怒りが爆発したようだ。

    12/7(木) 7:00配信 サンケイスポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000026-sanspo-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/06(水) 21:06:40.52 ID:CAP_USER9.net
    EAFF E-1選手権に出場する日本代表の10番を背負うことになったMF大島僚太(川崎F)は「どの番号でも同じように責任を持ってやらないといけないけど、(10番は)責任ある番号だと思うので、しっかり頑張りたい」と淡々とした口ぶりながらも、その重みを自覚しているようだった。

    6日の練習後に報道陣の取材に対応した24歳は背番号に関して「さっき聞いたので」と口を開くと、日本代表の10番のイメージについては「すごい選手が付けている印象がある。アディダスの選手じゃなくていいのかな」とジョークをまじえて報道陣を笑わせた。

    10番といえばMF中村俊輔(磐田)という大島。「(自分が)サッカーを始めたときもそうだし、今でも10番のイメージで(俊輔の名前が)出てくる」と明かした。

    昨年10月以来の代表復帰。昨年9月1日のW杯アジア最終予選初戦となったUAE戦(1-2)で先発デビューを飾りながら2失点に絡み、試合後にはハリルホジッチ監督からも「もう少し期待していたが……」と厳しい言葉が出た。代表戦出場はそのUAE戦から遠ざかっており、個人としても汚名返上を期す大会となる。

    国内組で臨む今大会には川崎Fから5選手が選出された。「チームメイトも多いし、普段対戦している国内組の選手がほとんど。特徴は早くつかみやすい。求められていることは前回来たときと大きく変わらないし、求められていることをしっかり出せれば」と意気込んだ。

    中盤の選手には、縦への速い展開から裏を狙ったパスも求められる。「そこはしっかり(クラブとは)意識を変えてやらないといけない。(パスの通る)確率が低くても、五分五分でなくても、そこは決断力を持ってやりたい」。代表の戦術に合わせるべく、「(FW陣は)それぞれ特徴があるけど、全員、背後への動きを求められている。背後へのランニングを僕らが逃さないようにしたい」と、攻撃のイメージを口にした。

    ハリルホジッチ監督は11月29日のメンバー発表会見で「このチームに一つ弱点があるとすればコミュニケーションの部分かもしれない」「ゲームではあまり選手たちの声が聞こえてこない」と指摘。今合宿でも練習中から選手にもっと声を出すことを求めている。

    特に大島に対しては過去にも「前回の合宿では2つの単語を話してくれたが、今回は4単語くらい話してほしい」と冗談交じりに注文を付けるなど、コミュニケーションの部分で物足りなさを示していた。とはいえ、大島本人は「試合においてコミュニケーションは必要。(コミュニケーションを)取っているつもりなので」と意に介さない。

    「大声を出すとかではなく、試合においてどういう戦いをするかの意思統一はチームとして必要なので(コミュニケーションを)取らないといけない。プライベートの話をする必要はないと思っているし、サッカーの話をしている」。マイペースを貫く“10番”は、コミュニケーション不足との指摘を否定。あくまでピッチ上のプレーで自身の存在価値を証明するつもりだ。

    12/6(水) 20:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-01647252-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    s-worldcup-title

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/12/06(水) 09:14:28.373 ID:7K1glpXi0.net
    グループH:ポーランド セネガル コロンビア 日本
    2:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/12/06(水) 09:18:34.192 ID:aa3Bfglc0.net
    ないとは言わない ワンチャンってほど厳しくもないぐらい
    4:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/12/06(水) 09:22:04.238 ID:qJ8iH1zfa.net
    微妙な国ばかりで分かりづらいな
    8:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/12/06(水) 09:29:25.710 ID:6tCF21070.net
    >>4
    ポーランドとコロンビアは間違いなく強豪国だしセネガルも強いぞ
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/12/05(火) 22:34:18.28 ID:CAP_USER9.net
    2017年12月5日 18時17分
    サッカーダイジェストWeb
    70e04_1429_2a929c90_4ceef367
    磐田が誇る鉄壁の守りを最後尾から支えるカミンスキー。そんな守護神が日本代表を分析した。 (C) SOCCER DIGEST

    現地時間12月1日、モスクワにある世界遺産のクレムリン宮殿で行なわれた組み合わせ抽選の結果、日本代表は来夏のロシア・ワールドカップで、コロンビア、セネガル、ポーランドと同じグループHに入った。

    この結果を受け、日本がグループ最終節で対戦するポーランドで注目を浴びているのが、ジュビロ磐田に所属するクシシュトフ・カミンスキーだ。

    ユースカテゴリーでは同国代表にも選出され、2015年から磐田でプレーするポーランド人GKは、母国メディア『Onet Sport』の取材で、日本で今回の抽選結果がいかに報道されているかを語っている。

    来日2年目を迎えた今シーズンも、磐田の不動の守護神として33試合に出場し、J1最少失点(30)を達成する立役者となったカミンスキー。彼は今回のグループ抽選をどう見ているのか? 自身の見解を次のように示した。

    「このグループはフィジカル的な部分で日本にとって難しいと言える。ポーランド、セネガル、コロンビアには個の力の強さがあり、そういったライバルと当たることを好まない日本は大きな課題と向き合うことになるだろう」

    しかしカミンスキーは、「誰もこの結果にうつむいていない」と話し、「日本を侮らない方がいい」と警鐘を鳴らしている。

    「日本人は、自分たちが勝点を得るために標的にされやすいことを理解している。だからこそ、どのチームにとっても日本は非常に厄介な相手になる。試合は互角の展開になるはずだ」

    磐田のチームメイトと抽選結果について話したというカミンスキーは、日本人がポーランドに対してどう分析しているかについてもコメントしている。

    「おそらく大半の日本人が、『レバンドフスキとその他大勢』という捉え方をしている。もちろん、シュチェスニーやクリホビアクの名前を知っている人もいるが、ポーランドの強みがレバンドフスキだけと言う人が多いのは確かだ」

    最後に日本でのプレーについて問われた磐田の守護神は、「ポーランドよりも優しく扱われるね。これは文化的な部分が大きいのだろうけど」とし、さらに今後の去就についても明かしている。

    「正直、シーズン中は契約ついては全く意識していなかった。まだ契約があるし、僕自身、満足している。とはいえ、今後に何が起こるかは分からない。もし、他クラブからオファーがあれば、代理人と話すことになるだろう。でも、今は十分な報酬を受けているし、不満はないんだ」

    来シーズン以降も、磐田でのプレーを明言したカミンスキー。来日3年目を迎えようとしている鉄壁の守護神の存在は、ハリルジャパンにとっても脅威となるか!?

    http://news.livedoor.com/article/detail/13986770/
    続きを読む

    kagawa_honda

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/12/04(月) 17:17:40.549 ID:UYME0wl50.net
    香川も言ってたけど強豪のブラジル&ベルギーを相手に実戦で試せる絶好の機会だったのにもったいなかったよな
    5:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2017/12/04(月) 17:20:18.464 ID:fxqwdgDt0.net
    ヘント久保とケルン大迫で実践行くかね
    7:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/12/04(月) 17:22:35.897 ID:UYME0wl50.net
        大迫

     原口 香川 本田

      山口 長谷部

    長友 槙野 吉田 宏樹

        川島



    なんだかんだこんなスタメンになるよ
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ