海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカー韓国代表

    1: Egg ★ 2019/03/27(水) 20:00:01.70
    コロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(モナコ)は26日、ソウルワールドカップ競技場で行われた国際親善試合の韓国戦に途中出場するも、1-2で敗戦。試合終盤に医療用アイスボックスを投げ飛ばす行為に出たことが物議を醸しているが、英紙もコロンビアエースの振る舞いを「怒り狂ったファルカオが医療用ボックスを投げつけて“時間稼ぎ”に抗議」と取り上げている。

    【動画】「怒り狂って“時間稼ぎ”に抗議」 コロンビア代表FWファルカオ、医療用ボックス投げ飛ばし行為の瞬間


    22日に行われた日本戦を1-0で制したコロンビアは、ファルカオ、MFハメス・ロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン)らトップクラスの主力を温存して、敵地ソウルでの韓国戦に臨んだ。しかし、前半17分に相手エースFWソン・フンミン(トットナム)に先制点を奪われて出鼻を挫かれる。後半4分にMFルイス・フェルナンド・ディアス(アトレチコ・ジュニオール)が同点弾を決めるも、同13分に相手FWイ・ジェソン(ホルシュタイン・キール)に決勝弾を奪われて敗れた。  

    そして問題のシーンが起きたのは、コロンビアが1-2と1点を追う後半44分だった。ゴール前でファルカオと交錯したDFホン・チョル(水原三星)がピッチに倒れ込むと、プレーは一時中断され、手当のためにスタッフらが駆け寄った。するとファルカオは試合の早急な再開を訴えるかのようにピッチ内に置かれた医療用アイスボックスをつかみ、ゴールラインの外へ放り投げるという驚きの行動に。それを見た主審は迷わずイエローカードを提示した。

    ファルカオの乱暴なジェスチャーに対し、韓国メディアも「眉をひそめるファルカオの非マナー」「理解できない行動」「マナーでも韓国に完敗した」と断罪していたが、英紙「ザ・サン」は「怒り狂ったファルカオが医療用ボックスを投げつけて“時間稼ぎ”に抗議」と見出しを打って報じ、ファルカオが苛立ちを露わにした原因についても触れている。

    「ホスト国(韓国)は時間を浪費するため、やけくそになっているように見え、試合を終わらせるためにあらゆる手段を引き出していた。しかし、ファルカオは韓国の駆け引きを察知し激怒すると、ただの親善試合にもかかわらず、怒りに任せて医療用ボックスを放り投げた」

    1点差でリードを許している場面だったため、ファルカオには韓国が露骨な時間稼ぎを演じているように映ったようだ。百戦錬磨のストライカーにも、耐え難い瞬間だったのかもしれない。

    3/27(水) 18:40配信 フットボールゾーン
    2019-03-27_20h31_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00179261-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/28(月) 01:33:36.85
    韓国代表は25日のアジアカップ2019・準々決勝で、カタール代表に0-1で敗れ、ベスト8で大会を去った。韓国メディアも「早すぎる敗退」「アブダビの惨事」と伝え、パウロ・ベント監督を批判する論調も出回り始めた。

    しかし、『Goal』韓国版のアレックス・キム記者は、現体制の継続を望んでおり、「彼とともに2022年に向けて進んでいかなければならない」と語った。

    韓国は2004年大会でイランに敗れて以来、15年ぶりに準々決勝で姿を消すことに。早すぎる敗戦を韓国メディアは衝撃をもって伝えた。キム記者も「韓国のファンのほとんどがこの結果にひどく失望している」と話し、“敗北の重み”を改めて口にした。

    敗因についてベント監督は試合後に「チャンスを効率的に生かすことができなかったのが、我々が脱落した原因である」と語っていたが、キム記者は「負傷により戦列を離れた選手が数名いた」ことが、カタールに勝てなかった最大の理由だと話す。

    韓国は、初戦直前の6日にKリーグ2部でMVPと得点王に輝いたナ・サンホをケガで失い、イ・スンウを追加招集。さらに20日にはチームの中心的存在であったキ・ソンヨンが離脱。フィリピンとの初戦で右ハムストリングを痛めたニューカッスル所属のMFは、18日に練習に合流したものの、再び同箇所に違和感を覚えたため、無念の離脱となった。

    そのうえで22日のバーレーンとのラウンド16では延長120分を戦ったことで「チームはフィジカルの問題を抱えていた」と、キム記者は指摘した。

    負傷者続出について同記者は「アジアカップはW杯の翌年にやるべきではない。別の年に予定されるべきだ」と持論を展開。夏場はW杯で充分な休暇が取れないままプレーし続ける欧州組が、疲労が蓄積した状態でそのままアジアカップを戦うことは、高いパフォーマンスを発揮するうえで弊害になることを理由に挙げた。

    「ヨーロッパでプレーする選手が、最高のパフォーマンスを見い出すのに苦労しているように感じる」

    韓国は今大会をもってキ・ソンヨンとク・ジャチョルが代表を引退することを発表。12年のロンドン五輪銅メダル獲得に大きく貢献し、長く欧州でプレーしてきた2人の代表引退。キム記者は「迅速な世代交代」の必要性を説いた。

    世代交代の必要性が高まった韓国だが、現地報道ではパウロ・ベント監督への風当たりが強くなっており、将来については現時点では不透明だ。

    キム記者は「KFA(韓国サッカー協会)からのコメントはまだない」としつつも、「個人的には、彼がチームを形成させるのは長い道のりになる。彼は自分の色を出すために多くの時間が与えられるべきだと思う。彼とともに2022年のカタールW杯に目を向けて進んでいかなければならない」と、続投を支持していた。
    2019-01-28_09h55_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00010006-goal-socc
    1/27(日) 11:40配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/26(土) 16:41:13.47
    韓国代表は25日のアジアカップ2019・準々決勝でカタール代表に0-1で敗れ、ベスト8で大会を去ることになった。自国の早すぎる敗退に、韓国メディアの怒りは収まらないようだ。

    韓国は2004年大会でイランに敗れて以来、15年ぶりに準々決勝で姿を消すことに。韓国メディアは挙って「アブダビの惨事」と伝え、敗れた相手が2017年のロシアW杯アジア最終予選で屈辱を味わったカタールであったことも「痛恨の敗北」と言わしめる所以となった。

    試合後の公式記者会見でベント監督は、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によりファン・ウィジョのゴールが認められなかったことについて「結論だけ申し上げると、それは試合結果に影響を及ぼさなかった」とキッパリ。「チャンスを効率的に生かすことができなかったのが、私たちが脱落した原因である」と、冷静に敗因を述べていた。

    そして「私たちが好きなようにゲームをコントロールしたが、(カタールは)組織力が強い相手だった。かなり対等な試合だったと思うが、相手が我々よりも効率的に試合をした。カタールの勝利を祝うよ」と、素直にカタールの勝利を称えていた。

    これについて韓国の『スポーツソウル』は、「ベント監督は説明もよく、省察もよい。しかし、彼は夜の睡眠時間を削りながら韓国サッカー栄光の再現を期待していたファンたちへのメッセージがなかった。非常に物足りなさが残る」と、ポルトガル出身指揮官を痛烈に批判した。

    「彼は試合の感想において、相手チームのカタールにお祝いのメッセージを送り、惜しかった点を並べて総評をした。そして、審判の判定については、クールな姿を見せていた。敗北について他人のせいにはしない寛大な姿を見せたが、記者会見を通じて敗北の謝罪はしなかった」

    その上で同紙は「今回のアジアカップは韓国サッカー界がこれまで以上に期待をしていた大会だった。専門家たちも韓国を優勝候補に挙げていただけに、8強での脱落は、誰も予想だにしなかった結果だ。このような点を考慮すれば、早期脱落の考えと一緒にファンへのメッセージを伝えることが当然だと思う」と厳しい意見を投じた。

    最後に「ベント監督は、指導者としての経歴が長いだけにインタビュースキルも水準である。しかし、最も重要なときに自分がすべき話をしなかった点は残念な気持ちに残る」と、その薄情さに落胆の色を隠さなかった。

    ロシアW杯でのグループリーグ敗退後、韓国代表再建を託され、強豪ウルグアイを撃破するなど、アジアカップまでの7試合を無敗に導いたベント監督。アジアカップでは結果こそ残せなかったが、韓国に新しい風を吹き込んだ。かつてポルトガル代表を率いるなど経験豊富な知将は、批判にさらされるいま、何を思うか。
    2019-01-26_17h37_38
    1/26(土) 16:20配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00010011-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/26(土) 00:14:04.70
    後半33分に先制点を許し、その2分後のゴールもオフサイド判定でカタールに敗退

    韓国代表は25日、アジアカップ準々決勝でカタールに0-1で敗れ、ベストで姿を消した。母国メディアは「8強敗退の衝撃」「59年ぶりの優勝への挑戦が水の泡」と報じている。FIFAランク53位の韓国は、エースのFWソン・フンミンを今大会初めて右サイドで起用。トップ下にはMFファン・インボムを入れ、同93位のカタールに挑んだ。

    試合は一進一退の攻防が続き、0-0のまま迎えた後半に韓国が徐々に支配率を高めていく。後半27分には、ソン・フンミンがペナルティーエリア内で相手の守備を切り裂くも、左足シュートはGK正面を突いてゴールならず。その3分後には、敵陣ペナルティーエリア手前でMFイ・チョンヨンが倒されてFKを獲得。かつてJリーグのアルビレックス新潟でプレーしたDFキム・ジンスが左足で直接狙うも右ポストを叩いた。

    均衡が崩れたのは後半33分。カタールのMFアブデルアジズ・ハティムがペナルティーエリア後方の約25メートルの位置から左足を一閃。韓国マーカーの股下を抜けた一撃がゴール右隅に突き刺さり、韓国はカタールに先制点を許してしまった。その2分後、韓国はDFイ・ヨンの右サイドからのクロスをガンバ大阪のFWファン・ウィジョが押し込んで同点に追いついたかに思われたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)適用の末にオフサイド判定でノーゴールとなった。

    韓国は終盤にFWイ・スンウも投入して反撃を試みたが、最後までゴールを奪えず。0-1でカタールに敗れ、ベスト8で姿を消した。韓国紙「MKスポーツ」は「韓国、8強敗退の衝撃。59年ぶり優勝の夢挫折」と速報。「59年ぶりの優勝への挑戦が水の泡になった。準々決勝で衝撃的に敗退」と綴り、1960年大会以来のアジア王者への夢が潰えたことのショックを伝えていた。

    1/26(土) 0:09配信 フットボールzone
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190126-00165496-soccermzw-socc

    写真
    no title


    NAVER SPORTS
    https://sports.news.naver.com/kfootball/index.nhn

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/01/25(金) 23:51:29.20
    1/25(金) 23:50配信
    AFCアジアカップUAE2019 準々決勝が25日に行われ、韓国代表とカタール代表が対戦した。

    前半をスコアレスで折り返すと、79分に均衡が破れる。中盤のアブドゥラジズ・ハテムがピッチ中央でボールを持つと、強烈なミドルシュートを突き刺し、カタールが先制に成功する。韓国は失点直後にゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定が下され、同点とはならず。

    試合は0-1で終了。カタールは初のベスト4進出。対する韓国は2大会連続の決勝進出とはならなかった。準決勝は29日(火)、勝利したカタールはオーストラリア代表対UAE代表の勝者と対戦する。

    【スコア】
    韓国代表 0-1 カタール代表

    【得点者】
    0-1 79分 アブドゥラジズ・ハテム(カタール)
    2019-01-26_00h00_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00897429-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/01/23(水) 00:35:52.29
    1/23(水) 0:35配信
    韓国、苦しむも延長制してアジア杯8強入り…途中投入キム・ジンスが値千金ヘッド

    AFCアジアカップUAE2019の決勝トーナメン1回戦が22日に行われ、韓国代表とバーレーン代表が対戦した。

    グループステージを3連勝の首位で通過した韓国は第3戦から合流した主将のソン・フンミンやファン・ウィジョ、チョン・ウヨン、キム・スンギュといった面々が先発する4-2-3-1。UAE、タイに続くグループ3位ながら、勝ち点4を稼いだため、決勝トーナメントへ進んだバーレーンは今大会1ゴールずつを挙げているモハメド・サード・アルロマイヒとジャマル・サシドアブドゥルラフマンが2トップを形成する4-4-2でスタートした。

    立ち上がりからボールを支配したのは韓国。ソン・フンミンが厳しいマークを受ける中、両サイドバックが高い位置をとって、サイド攻撃を中心に組み立てる。バーレーンは奪ってから2トップにボールを預けつつ、ミドルシュートを狙っていく。

    試合が動いたのは前半終了間際の43分、右サイド深い位置をとったイ・ヨンがニアサイドにグラウンダーのクロスを送ると、飛び込んだファン・ウィジョがつぶれ、こぼれ球をファン・ヒチャンが流し込んだ。

    後半に入ってからも立ち上がりは韓国が主導権を握るものの、時間が経過すると徐々にバーレーンが相手陣で展開できるように。すると迎えた77分、左サイドからのミドルシュートが起点となってゴール前が混戦となり、最後はアルロマイヒが蹴り込んで、同点とした。韓国はアディショナルタイム、相手DFの軽率なバックパスを拾ったファン・ウィジョがGKと1対1になる場面を迎えたが、シュートは枠外へ。1-1のまま、延長戦へと突入する。

    延長戦、韓国は再びペースを取り戻すと決定機を創出する。そして延長前半アディショナルタイム、延長戦に入ってから投入された左サイドバックのキム・ジンスがイ・ヨンからの右クロスをダイビングヘッドで突き刺して、勝ち越しに成功。そのまま逃げ切り、2-1で勝利し、準々決勝進出を決めた。

    韓国は25日、カタール代表とイラク代表の勝利したチームとベスト8で対戦する。

    【スコア】
    韓国 2-1 バーレーン

    【得点者】
    43分 1-0 ファン・ヒチャン(韓国)
    77分 1-1 モハメド・サード・アルロマイヒ(バーレーン)
    105+2分 2-1 キム・ジンス(韓国)
    2019-01-23_00h45_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00896343-soccerk-socc

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/08/17(金) 13:10:43.16 ID:CAP_USER9.net
    韓国サッカー協会は17日、韓国代表の新監督にポルトガル人のパウロ・ベント氏が選任することを正式発表した。

    ギム・パンゴン代表監督選任委員長は17日、ソウルで開かれた記者会見で新監督選任を発表。ベント氏が新監督に就任することを発表し、同氏への支持と確信を示した。

    ポルトガル人のベント監督は、2005年から2009年まで、ポルトガル1部リーグのスポルティングを率いてリーグ準優勝を4回、FAカップ優勝2回、スーパーカップ優勝2回などを記録。2010年から2014年まではポルトガル代表指揮官として、ユーロ2012で4強に導いた。その後は、ブラジルのクルゼイロや、ギリシャのオリンピアコス、中国の重慶といったクラブの指揮を歴任した。

    キム委員長は以前、監督選任の方向性について「我々が提示したサッカー哲学に符合する監督を選任する」と述べていた。ベント監督のサッカー哲学が韓国代表の進もうとする方向と合っていると判断するに至ったようだ。

    ベント氏について「実力に疑問の余地はなかった」とし、「(ベント氏には)韓国代表と一緒に2022年のカタール・ワールドカップを準備するための強い意志を感じた。韓国サッカーを一段階発展させることができる確信ができた」とキム委員長はポルトガル人指揮官を選任した理由を述べている。
    2018-08-17_14h10_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00010002-goal-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/29(金) 20:52:48.85 ID:CAP_USER9.net
    帰国会見のセレモニーで赤絨毯に向けて

    グループリーグ最終戦でドイツ相手に歴史的勝利を飾り、世界中のサッカーファンに衝撃を与えた韓国代表。惜しくも決勝トーナメント進出は果たせなかったが、偉業を成し遂げた代表チームをメディアもファンも大いに称えた。
     
    とはいえ、敗北は敗北である。その事実に納得のいかない一部のファンが暴挙に出た。韓国の全国紙『中央日報』や『朝鮮日報』が大々的に報じたのは、代表チームの帰国会見で起きた事件だ。仁川空港の特別会場で、なんと彼らに向けてふたつの生卵が投げつけられたのである。
     
    2段のレッドカーペットに整列したシン・テヨン監督と22名の戦士たち(1名は欠席)。まさにセレモニーが始まろうかというタイミングで、向かって右側から卵が飛んできた。幸いにも誰にも直撃せず、赤絨毯の上で破裂したが、そこにはふたつの巨大なシミが残った。『中央日報』はこう報じている。
     
    「ソン・フンミンはずっとそのシミを眺めていた。マイクを持って『みなさんのサポートと歓迎に感謝します』と語ったが、そのあともそのシミに目を向けていたのだ。エースはなにを感じ取ったのだろうか」
     
    愚行に及んだ3~5名のグループはすぐさま取り押さえられ、強制退去を命じられたという。シン・テヨン監督も「みなさんのおかげで最後に1%の奇跡を起こすことができました」と謝意を述べたが、どこか後味の悪いセレモニーとなってしまった。
    2018-06-29_21h27_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180629-00043193-sdigestw-socc
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/28(木) 00:59:08.21 ID:CAP_USER9
    6/28(木) 0:58配信
    スポーツ報知

    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグF組 韓国2―0ドイツ(27日、カザン)

    ドイツ1次リーグ敗退!韓国に敗れる

    前、後半通じて前回大会王者ドイツが圧倒的に試合を支配。猛攻を見せて20本を越えるシュートを放つが、シュート精度を欠いて得点を奪えず。韓国を相手に2―0で敗退。32チームで1次リーグを戦うようになった98年大会以降、ドイツ史上初の1次リーグ敗退となった。
    2018-06-28_01h12_43

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00010001-spht-socc

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/24(日) 16:41:27.04 ID:CAP_USER9.net
    2018-06-24_18h00_45

    「韓国対メキシコ…雪辱も反撃も希望もなかった」(『イルガン・スポーツ』)

    初戦のスウェーデン戦を0-1で落としたことで、背水の陣の覚悟で挑んだはずのメキシコ戦でも、1-2で敗れてしまった韓国代表。敗北の衝撃度は各メディアのヘッドラインを見てもよくわかる。
     
    「情熱はあったが…韓国、冷静さ不在が呼んだ惨事」(『OSEN』)
    「韓国対メキシコ…雪辱も反撃も希望もなかった」(『イルガン・スポーツ』)
    「意欲も自信も失ったシン・テヨン号、メキシコの相手にもなれなかった」(『アジア経済』)
     
    といった具合だが、敗因として挙げられている要素は多い。
     
    例えば「またPK献上、重要なところでまた足首を掴まれた韓国」(『JOY NEWS24』)、「チャン・ヒョンスの無責任なタックル、韓国は瀬戸際に」(『スポータル・コリア』)など、24分にチャン・ヒョンスがハンドの反則を犯してPKを与えてしまったことが、敗北への引き金となったと報じるメディアは多く、元韓国代表で現在はKBSのサッカー解説者を務めるイ・ヨンピョも次のように指摘している。
     
    「あの場面はスライディングタックルする必要はなかった。タックルをすると身体の中心が崩れるのでクロスを許す確率が高くなる。身体を起こしてコースを抑えるだけで良かった。選手の判断を尊重するが、あの場面でタックルしてはいけなかった」
     
    また、同じくテレビ解説者として試合を見守ったアン・ジョンファンは、解説を担当した中継終盤に、「なぜスウェーデン戦では今日のようにできなかったのか」としている。メキシコ戦で見せた必死さと戦う姿勢をスウェーデン戦でも示していれば、初戦も違った結果となり、メキシコ戦の試合運びも変わっていただろうという見解だ。
     
    ただ、その必死さが効果的ではなかったという見方もある。「躊躇なかったが完成度が落ちたシン・テヨン号の“弱者のサッカー”」としたのは『スポーツ・ソウル』だ。
     
    同紙は「韓国はスウェーデン戦で相手の逆襲を遅らせるファウルが少なく、押されている状況で躊躇なく止めに行くことができていないという指摘があった」とし、「メキシコ戦では強い精神力を求め、序盤から相手を圧迫しながら多くのファウルを記録した。90分で24回の反則だ。だが、決定的な場面ではファウル作戦も通じなかった。韓国が“弱者のサッカー”を駆使したかったのであれば、危機状況を呼び込まないような危機管理をしなければならなかった」と指摘した。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ