海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サッカー韓国代表

    1:3倍理論 ★:2018/06/29(金) 20:52:48.85 ID:CAP_USER9.net
    帰国会見のセレモニーで赤絨毯に向けて

    グループリーグ最終戦でドイツ相手に歴史的勝利を飾り、世界中のサッカーファンに衝撃を与えた韓国代表。惜しくも決勝トーナメント進出は果たせなかったが、偉業を成し遂げた代表チームをメディアもファンも大いに称えた。
     
    とはいえ、敗北は敗北である。その事実に納得のいかない一部のファンが暴挙に出た。韓国の全国紙『中央日報』や『朝鮮日報』が大々的に報じたのは、代表チームの帰国会見で起きた事件だ。仁川空港の特別会場で、なんと彼らに向けてふたつの生卵が投げつけられたのである。
     
    2段のレッドカーペットに整列したシン・テヨン監督と22名の戦士たち(1名は欠席)。まさにセレモニーが始まろうかというタイミングで、向かって右側から卵が飛んできた。幸いにも誰にも直撃せず、赤絨毯の上で破裂したが、そこにはふたつの巨大なシミが残った。『中央日報』はこう報じている。
     
    「ソン・フンミンはずっとそのシミを眺めていた。マイクを持って『みなさんのサポートと歓迎に感謝します』と語ったが、そのあともそのシミに目を向けていたのだ。エースはなにを感じ取ったのだろうか」
     
    愚行に及んだ3~5名のグループはすぐさま取り押さえられ、強制退去を命じられたという。シン・テヨン監督も「みなさんのおかげで最後に1%の奇跡を起こすことができました」と謝意を述べたが、どこか後味の悪いセレモニーとなってしまった。
    2018-06-29_21h27_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180629-00043193-sdigestw-socc
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/28(木) 00:59:08.21 ID:CAP_USER9
    6/28(木) 0:58配信
    スポーツ報知

    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグF組 韓国2―0ドイツ(27日、カザン)

    ドイツ1次リーグ敗退!韓国に敗れる

    前、後半通じて前回大会王者ドイツが圧倒的に試合を支配。猛攻を見せて20本を越えるシュートを放つが、シュート精度を欠いて得点を奪えず。韓国を相手に2―0で敗退。32チームで1次リーグを戦うようになった98年大会以降、ドイツ史上初の1次リーグ敗退となった。
    2018-06-28_01h12_43

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00010001-spht-socc

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/24(日) 16:41:27.04 ID:CAP_USER9.net
    2018-06-24_18h00_45

    「韓国対メキシコ…雪辱も反撃も希望もなかった」(『イルガン・スポーツ』)

    初戦のスウェーデン戦を0-1で落としたことで、背水の陣の覚悟で挑んだはずのメキシコ戦でも、1-2で敗れてしまった韓国代表。敗北の衝撃度は各メディアのヘッドラインを見てもよくわかる。
     
    「情熱はあったが…韓国、冷静さ不在が呼んだ惨事」(『OSEN』)
    「韓国対メキシコ…雪辱も反撃も希望もなかった」(『イルガン・スポーツ』)
    「意欲も自信も失ったシン・テヨン号、メキシコの相手にもなれなかった」(『アジア経済』)
     
    といった具合だが、敗因として挙げられている要素は多い。
     
    例えば「またPK献上、重要なところでまた足首を掴まれた韓国」(『JOY NEWS24』)、「チャン・ヒョンスの無責任なタックル、韓国は瀬戸際に」(『スポータル・コリア』)など、24分にチャン・ヒョンスがハンドの反則を犯してPKを与えてしまったことが、敗北への引き金となったと報じるメディアは多く、元韓国代表で現在はKBSのサッカー解説者を務めるイ・ヨンピョも次のように指摘している。
     
    「あの場面はスライディングタックルする必要はなかった。タックルをすると身体の中心が崩れるのでクロスを許す確率が高くなる。身体を起こしてコースを抑えるだけで良かった。選手の判断を尊重するが、あの場面でタックルしてはいけなかった」
     
    また、同じくテレビ解説者として試合を見守ったアン・ジョンファンは、解説を担当した中継終盤に、「なぜスウェーデン戦では今日のようにできなかったのか」としている。メキシコ戦で見せた必死さと戦う姿勢をスウェーデン戦でも示していれば、初戦も違った結果となり、メキシコ戦の試合運びも変わっていただろうという見解だ。
     
    ただ、その必死さが効果的ではなかったという見方もある。「躊躇なかったが完成度が落ちたシン・テヨン号の“弱者のサッカー”」としたのは『スポーツ・ソウル』だ。
     
    同紙は「韓国はスウェーデン戦で相手の逆襲を遅らせるファウルが少なく、押されている状況で躊躇なく止めに行くことができていないという指摘があった」とし、「メキシコ戦では強い精神力を求め、序盤から相手を圧迫しながら多くのファウルを記録した。90分で24回の反則だ。だが、決定的な場面ではファウル作戦も通じなかった。韓国が“弱者のサッカー”を駆使したかったのであれば、危機状況を呼び込まないような危機管理をしなければならなかった」と指摘した。
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/24(日) 01:53:42.41 ID:CAP_USER9
    6/24(日) 1:52配信
    メキシコ、韓国撃破で2連勝…エルナンデスが代表最多50点目をマーク!
    2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が22日に行われ、韓国代表とメキシコ代表が対戦した。

    27分、チャン・ヒョンスがエリア内でハンドを犯し、メキシコがPKを獲得。これをカルロス・ベラが決めてメキシコが先制した。対する韓国はソン・フンミンがメキシコゴールに迫るも得点は奪えず。メキシコの1点リードで前半を折り返す。

    後半に入ると、韓国はイ・スンウを投入し得点を狙う。しかし、GKのギジェルモ・オチョアを中心としたメキシコ守備陣を崩せない。すると66分、メキシコは中盤でボールを奪うと、得意のカウンターが発動。パスを受けたハビエル・エルナンデスが追加点をマークし、リードを2点に広げた。なお、このゴールでエルナンデスは同代表の最多得点記録を50点に更新した。

    その後、アディショナルタイムにソン・フンミンが1点を返すも、試合は1-2で終了。メキシコはドイツ戦に続く2連勝で勝ち点を6とし、グループステージ突破へ大きく前進した。一方の韓国は2連敗となった。

    両チームは27日、韓国はドイツ代表と、メキシコはスウェーデン代表と対戦する。

    【スコア】
    韓国代表 1-2 メキシコ代表

    【得点者】
    0-1 27分 カルロス・ベラ(メキシコ)
    0-2 66分 ハビエル・エルナンデス(メキシコ)
    1-2 93分 ソン・フンミン(韓国)
    2018-06-24_02h09_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00782675-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/18(月) 22:52:38.75 ID:CAP_USER9
    6/18(月) 22:50配信
    スポーツ報知

    スウェーデン、VARで獲得したPKで韓国に辛勝
    グランクビストが決めたPKに喜ぶスウェーデンイレブン(ロイター)
    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグF組 スウェーデン1―0韓国(18日、ニジニノブゴロド)

    ロシアW杯1次リーグF組の韓国(FIFAランク57位)―スウェーデン(同24位)は1―0でスウェーデンが完封勝ちした。

    前半はお互いが決定機を生かせず、0―0で折り返したが、均衡を破ったのはスウェーデン。

    後半19分。ペナルティーエリアに侵入したクラーソンが倒され、VARの結果、PK獲得。これをDFグランクビストが冷静に沈め、先制。その後もスウェーデンは安定した試合運びで、韓国に反撃を許さず。欧州予選でイタリアとオランダを敗退に追い込んだ勝負強さを発揮し、貴重な勝ち点3をあげた。

    同組は前回大会王者のドイツがメキシコに0―1で敗れる波乱が起きていたが、この試合はFIFAランク通りの結果となった。
    2018-06-18_23h01_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010003-spht-socc

    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/06/18(月) 13:15:13.67 ID:CAP_USER9.net
    韓国代表のシン・テヨン監督は、ロシアワールドカップで対戦する相手国を混乱させるため、大会直前の親善試合では意図的に選手の背番号を入れ替えていたと明かした。英メディア『BBC』が伝えている。

    韓国は現地時間18日に行われるグループリーグF組第1節の試合でスウェーデンと対戦する。本大会に向けた登録メンバー23人は今月2日に発表されたが、その後7日に行われたボリビア戦での背番号は本大会でのものとは異なっていた。

    ボリビア戦ではたとえば、“韓国のメッシ”ことMFイ・スンウが7番、ヴィッセル神戸のMFチョン・ウヨンが8番などを着用。だが本大会ではそれぞれ10番と15番になっている。非公開で行われた11日のセネガル戦もボリビア戦と同様だったようだ。

    「入れ替えたのは、相手に全てを見せたいとは思わず、混乱させたいと思ったからだ」とシン・テヨン監督。「我々の選手のうち何人かは知られているかもしれない。だが西洋人にとって、アジア人の顔を見分けるのは非常に難しい。だからこうした」と意図を説明している。

    韓国はスウェーデンのほか、ドイツとメキシコが同居した非常に厳しいグループから決勝トーナメント進出を狙う。少しでも突破の確率を上げるため、あらゆる手を尽くしてきたようだ。

    フットボールチャンネル編集部
    GettyImages-937661274
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00275521-footballc-socc
    続きを読む

    2018-03-28_09h06_46

    1:動物園φ ★:2018/03/28(水) 10:09:44.20 ID:CAP_USER9.net
    「韓国は日本より弱いというのが事実だ」

    ポーランド紙ポールスカタイムズは28日未明(韓国時間)、韓国との親善試合で3-2で勝ったことを喜んだが、自惚れてはならないと報じた。W杯出場確定後の親善試合での未勝利を断ち切って勝利した心理的な利点だけを享受すべきと指摘した。

    ポールスカタイムズは「韓国は守備的な試合をした。よってポーランドがボールを進めてプレイしやすかった」と分析した。韓国代表チームの「速度が遅かった」とも評価した。「相手のプレーに対応しやすかった」とし、「逆襲状況でのパスも雑だった」と指摘した。

    韓国に機会もあった。イ・ジェソンとソン・フンミンの右からの機会について「シュートが無気力だった。シュチェスニーがキャッチするのに何の問題もなかった」と脅威的ではなかったとした。後半にスコルプスキが交代出場してから2失点が出てきたとし、後半の大量交換により2点差を追いつかれたものと分析した。結局ジエリンスキが得点して勝利を守ることができたと整理した。

    ポールスカタイムズは「韓国は日本より弱いというのが事実」とし、「選手たちがリーグで見せている競技力が出ていない」として残りの期間ポーランド代表チームは競技力をより引き上げなければならないと指摘した。「この勝利ですべてがうまくいっていると思ってはいけない。ワールドカップ本大会は全く別の舞台」として韓国戦での競技力を参考にしてはいけないとした。

    http://sports.news.nate.com/view/20180328n05115
    続きを読む

    27日、韓国代表はアウェイでポーランド代表と国際親善試合を行った。

    韓国代表は、エースのFWソン・フンミンが前回の北アイルランド戦に続き先発メンバーに。対するポーランドは、ロシアW杯でも対戦する日本代表との可能試合に向けてFWロベルト・レバンドフスキなど主力選手がスタメンに名を連ねた。

    先制したのはポーランド代表だった。32分、ポーランドは左サイドからの素早い攻撃から中へクロス。中央で待っていたレバンドフスキが頭で合わせリードを奪った。

    さらに45分、ポーランドがリードを広げる。右サイドを崩したポーランドは。中央から右サイドへ抜けた選手へスルーパス。ボールを受けたカミル・グロシツキは、冷静にゴール左へボールを蹴り込み追加点を奪った。

    後半、韓国は反撃に出た。48分、左サイドのクロスに前線のイ・ジェンスがニアで合わせるもこれは相手ディフェンスに阻まれてしまった。55分には高い位置で相手からボールを奪うと、最後はソン・フンミンがミドルシュートを放つもボールはゴール上を超えていった。

    その後も3バックで安定したポゼッションを行おうとする相手に対して韓国代表は高い位置でのプレッシングを続けいくらかチャンスを作った。すると85分、韓国はペナルティエリア手前辺りでボールを受けたイ・チャンミンがミドルシュートを決め1点を返した。

    さらに88分、今度は左サイドを崩した韓国はそこからのクロスにファン・ヒチャンが合わせ同点に追いついた。

    しかし、このまま試合が終わると思われた92分、ホームのポーランドが試合を決めた。ペナルティエリア手前から放たれたジエリンスキのシュートはゴール左に吸い込まれ、試合を決定づけるゴールが決まった。

    最終的に試合は3-2でポーランドの勝利で終了。韓国代表は、先日行われた北アイルランド戦に続き欧州遠征で連敗を喫してしまった。
     
    【得点者】

    32分 1-0 ロベルト・レバンドフスキ(ポーランド代表)
    45分 2-0 カミル・グロシツキ(ポーランド代表)
    86分 2-1 イ・チャンミン(韓国代表)
    88分 2-2 ファン・ヒチャン(韓国代表)
    92分 3-2 ピオトル・ジエリンスキ(ポーランド代表)
    20180328lewandwski_getty-560x373

    https://www.footballchannel.jp/2018/03/28/post262891/
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/03/25(日) 01:20:35.77 ID:CAP_USER9.net
    24日、韓国代表がアウェイで北アイルランドとの親善試合を行った。

    W杯で同組のスウェーデン戦を仮想して行われた北アイルランド戦。韓国は、トッテナムのFWソン・フンミンが先発メンバーに名を連ねた。

    前半早々、アウェイの韓国が試合を動かした。7分、ディフェンスラインの裏を取り中央からの浮き球のパスを受けた右サイドのMFクォン・チャンフンは、冷静ボールをゴール左に決めチームに先制点をもたらした。

    しかし、すぐさまホームチームが同点に追いつく。20分、ペナルティエリア付近でフリーキックを得たアイルランドは、直接ゴールを狙わずにトリックプレーを行った。最初にキックモーションに入ったジェイミー・ウォードは、ボールを蹴らずにそのまま壁の右横を抜けパスを受けた。ペナルティエリア内からのグラウンダーのクロスは韓国代表のキム・ミンジェが誤って自らのゴールにクリアしてしまい痛恨のオウンゴールとなった。

    その後、韓国代表はソン・フンミンや10番のイ・ジェソンらが積極的に攻撃を仕掛けたものの北アイルランドの引き気味のシステムを崩すことができず。逆に後方からのロングボールに抜け出したポール・スミスがゴール右隅に鋭いシュートを決め、アイルランドが逆転を果たした。

    最終的に試合は1-2で終了。欧州遠征初戦で敗北を喫した韓国代表は27日(日本時間28日)、日本代表もW杯で対戦するポーランド代表と親善試合を行う。

    【得点者】
    7分 0-1 クォン・チャンフン(韓国代表)
    20分 1-1オウンゴール(北アイルランド代表)
    86分 2-1 ポール・スミス(北アイルランド代表)
    20180325southkoreanorthireland1_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180325-00262354-footballc-socc
    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2017/12/26(火) 12:23:39.51 ID:CAP_USER9.net
    63年ぶりの屈辱 運命のサッカー韓国戦 なぜハリルジャパンは無様に完敗したのか
    2017.12.24 16:00
    http://www.sankei.com/smp/sports/news/171224/spo1712240001-s1.html



    ホームの韓国戦で63年ぶりの屈辱4失点。攻撃がうまくいかずハリルホジッチ監督は頭を抱えた

    サッカー日本代表は、2大会ぶり2度目の優勝を狙った東アジアE-1選手権で準優勝に終わった。衝撃だったのは、優勝がかかった最終戦の韓国戦。日本は力の差を見せつけられ、1-4で大敗した。ホームで因縁のライバルに4失点して敗れるのは、実に63年ぶりの大失態だった。

    「韓国の方が日本を大きく上回っていた」。試合後の会見で、ハリルホジッチ監督が開口一番放ったこの言葉は、投げやりなようで的を射ていた部分もあった。欧州などでプレーする選手を招集できず、国内組が中心だったのは日本、韓国とも同じ条件。ただ、その内容には差があった。

    日本は、11月の欧州遠征で5人を招集した浦和が、並行して行われたクラブワールドカップ(W杯)に出場したため、招集できなかった。山口蛍(27、C大阪)らけが人も続出し、「呼べない選手が10人、11人くらいいた」と指揮官から嘆き節も出ていた。

     そのため、日本はロシアW杯アジア最終予選の最後となった8月の豪州戦と9月のサウジアラビア戦に合わせて招集した23人のうち、今回メンバーにいたのは7人にとどまった。一方で、もともと欧州組が多くない韓国は、今回招集した24人のうち、同様に8月のイラン戦と9月のウズベキスタン戦に合わせて招集したメンバーが14人いた。

    過去の代表出場歴にも差があった。日本は23人中、今野泰幸(34、G大阪)以外の22人が初戦の北朝鮮戦前までに出場10試合以下。未出場選手は10人だった。韓国は出場10試合以下の選手が12人で未出場選手は4人。代表での経験値は、日本が圧倒的に劣っていた。



    ホームでの韓国戦で63年ぶりの4失点惨敗。ベンチのハリルホジッチ監督(左)は手で顔を覆ってしまった
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ