海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サンダーランド

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/23(火) 08:19:46.37 ID:CAP_USER9.net
    サンダーランドは22日、デイビッド・モイーズ監督(54)が辞任したことを公式サイトで発表した。

    昨夏にサンダーランドの指揮官に就任したモイーズ監督は、愛弟子であるMFアドナン・ ヤヌザイやFWヴィクター・アニチェベを獲得しシーズンに臨んだが、開幕から低迷すると立て直しを図れず、最下位(6勝26敗6分け)で10年ぶりのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格となった。

    今回の辞任についてモイーズ監督は、クラブ公式サイトで以下のように語っている。

    「サンダーランドの指揮官としてチャンスを与えてくれたエリス・ショート会長とチームを支えてくれたサポーターに感謝を示したい」

    「選手と後任の監督がチームをプレミアリーグ昇格に導いてくれることを私は祈っている」

    超ワールドサッカー2017年5月23日02時50分
    https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_277475/

    写真
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/30(日) 09:02:15.79 ID:CAP_USER9.net
    サンダーランドのチャンピオンシップ(2部相当)降格が決定した。

    29日、サンダーランドはプレミアリーグ第35節でボーンマスをホームに迎えた。イングランド代表のFWジャーメイン・デフォーを中心に17本のシュートを浴びせたが、最後までゴールネットを揺らせずにいると、後半43分にFWジョシュア・キングの決勝点を許し、0-1で敗れた。

    これによりサンダーランド(勝ち点21)は残り4試合で、残留圏内の17位ハル・シティ(勝ち点34)を上回ることが不可能となり、2006-07シーズン以来、10年ぶりの降格が決定。昨季は降格圏ギリギリの17位でシーズンを終え、巻き返しを図りたいチームはデイビッド・モイーズ監督を招聘したが、今季はここまでわずか5勝(23敗6分)にとどまり、降格を止めることはできなかった。
    news_214991_1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-01639237-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/11(火) 16:01:03.84 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uは、サンダーランドへレンタル移籍中のベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイを完全売却するのではないかと、11日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

    今シーズンはサンダーランドへ1年間のレンタル移籍をしているヤヌザイだが、所属元のマンチェスター・Uとの契約は残り1年となっている。

    サンダーランドで活躍して今夏にマンチェスター・Uに復帰したいところだったが、ここまではリーグ戦で21試合に出場、0得点3アシストとあまり結果を残せていない。この様子を受けて、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は今夏の売却を考え始めたようだ。

    ヤヌザイには、フランスやイタリア、ドイツから関心が持たれているが、マンチェスター・Uのファーストチームでプレーするほどのレベルには達していないと判断されているようだ。

    同選手は2月に22歳となったばかりだが、これまでプレミアリーグでは71試合に出場、5ゴール7アシストを記録。ベルギー代表には2014年7月にデビュー、これまで6試合に出場している。

    SOCCER KING 4/11(火) 11:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00574653-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/04/06(木) 03:00:05.98 ID:CAP_USER9.net
    モイーズ監督「絶望的だ」 最下位サンダーランド6試合勝利なし

    theWORLD(ザ・ワールド) 4/6(木) 0:16配信

    残留圏まで勝ち点8差

    4日、イングランド・プレミアリーグ第31節の試合が行なわれた。 最下位サンダーランドはリーグ戦4連勝中と好調レスターのホームに乗り込んだ。 試合はホームのレスターが2-0で完封し連勝を5に伸ばしている。

    復活したレスターの生贄になったサンダーランドは、残留圏内の17位スウォンジーとの勝ち点8差を埋めることはできなかった。この状況にサンダーランドのモイーズ監督は英『Sky SPORTS』のインタビューに絶望的だとコメントした。

    「今は絶望的な状況だ。ここ2試合のうち1つは勝たないといけなかった。彼ら(選手)に責任はない、やれることを全てやっていた。ただクオリティーと守備的な部分が少し欠けていたね。 サポーターにはとても感謝している」

    プレミアリーグの優勝争いは激しいが、残留争いもとても激しい。リーグ戦ここ6試合勝利のないサンダーランドは、残留のためにはこの流れを断ち切らなければならない。残り8試合負けられない戦いが続く。
    2017-04-06_08h40_18
    http://www.theworldmagazine.jp/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00010003-theworld-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 20:02:38.82 ID:CAP_USER9.net
    22日に行われたプレミアリーグ第22節のウェスト・ブロムウィッチvsサンダーランドの一戦は2-0でホームのウェスト・ブロムウィッチが勝利。

    試合終了後、サンダーランドのデイヴィド・モイーズ監督が「ダレン(フレッチャー)のゴールは素晴らしかったね。危険な場面でゴールを許す形になった」と、マンチェスター・U時代の教え子のゴールを称賛した。

    その一方で「我々はできる限りのことをやっているが、最近は結果に結びついていない。選手を選んでいるのは私だが……」と発言。

    モイーズ監督は「なんとか結果を残して、次の試合では勝ち点3を獲得できるようにしたい」と続け、次節以降での巻き返しを誓っている。

    サンダーランドは第22節終了時点で勝ち点15。同じ日の試合でスウォンジーがリヴァプールを下したため、サンダーランドは最下位に転落していた。
    2017-01-23_08h12_31
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000015-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/01(日) 12:34:29.92 ID:CAP_USER9.net
    彼は“Japanese”にどのような思い入れがあるのだろうか。

    かつてマンチェスター・ユナイテッドで香川真司を指導した現サンダーランド指揮官ディビッド・モイーズが、新たなサムライに目をつけている。

    ドルトムントのチャンスメイカーがモイーズ政権下のユナイテッドで最高にポジティブな日々を過ごしたかは分からないが、このスコットランド人が日本人に特別な感情を抱いている可能性は否めないだろう。

    というのも、イタリアのミランで10番を背負う本田圭佑への関心を再三に渡り報じられてきた同監督率いるサンダーランドが、またしてもヨーロッパを舞台に奮闘するサムライへ熱視線を送っているのだ。

    伊『Corriere dello Sport』はプレミアリーグ18位に低迷する降格濃厚の“モイーズ軍”によるインテル長友佑都獲得の可能性を報じ、契約に動くことになると報じた。

    曰く「本人はインテル残留を望んでいる」とのことだが、長友も本田もクラブからの100%の信頼を確保するには至っていないのが現状だ。

    これまでには中国リーグからの誘いも幾度か報じられたミラノの2人。意外にもプレミアリーグ下位を彷徨うディビッド・モイーズの下でタッグを組むことになるのだろうか。今後の展開に注目が集まりそうだ。
    2017-01-01_13h49_07
    theWORLD(ザ・ワールド) 1/1(日) 12:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00010006-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/29(木) 09:18:40.97 ID:CAP_USER9.net
    ミランの日本代表MF本田圭佑の移籍先候補の1つに、プレミアリーグのサンダーランドが挙がっているようだ。英『トライバル・フットボール』が伝えている。

    同メディアでは、本田が1月にミランを出て行く準備をしており、クラブもそれを容認する意向だと報道。

    本田に対してはMLSのLAギャラクシーとシアトル・サウンダーズ、プレミアのサンダーランドの3つのクラブが強い関心を寄せているという。

    中でもサンダーランドのデイビッド・モイーズ監督は長い間ミランの10番を注視し続けているとし、まだヨーロッパで自分の力を証明しようと望んでいる本田本人と思惑が一致するのではないかと見ているようだ。

    本田は今季からミランを率いるビンチェンツォ・モンテッラ監督の下、リーグ戦の出場が17試合中わずか5試合(計96分)。

    若手が躍動するチームの中で完全に取り残され、ミラン加入後最も厳しいシーズンを過ごしている。

    ゲキサカ 12/29(木) 0:19配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-01635124-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    2016-12-04_02h13_07
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/04(日) 02:06:05.07 ID:CAP_USER9.net
    ◇プレミアリーグ レスター1―2サンダーランド(2016年12月3日)

    レスターの日本代表FW岡崎は敵地でのサンダーランド戦に途中出場し、今季リーグ戦2得点目を挙げた。

    0―2とリードされた後半23分にアルジェリア代表FWスリマニに代わってピッチに立つと、その12分後に左サイドを突破したMFグレイのクロスを相手DFと競り合いながらも左足で合わせネットを揺らした。

    チームに反撃ムードを呼び込んだが試合はそのまま1―2で終了。レスターは最下位相手に不覚をとり、今季はやくも7敗目を喫した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000164-spnannex-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/04(金) 17:06:28.01 ID:CAP_USER9.net
    今季のイングランド・プレミアリーグで、開幕から10試合未勝利とエンジンのかからないサンダーランド。デイヴィッド・モイーズ監督は選手らを地元の自動車工場へ連れて行き、重要なことを学んだようだ。英『デイリー・ミラー』紙(電子版)が現地時間3日に伝えている。

    サンダーランドは現在、10試合を終えて2分8敗の最下位。前週末の試合ではアーセナルにホームで1対4と大敗するなど、なかなかギアが上がらず。今季から指揮をとるモイーズ監督の進退も騒がれている。

    そうした状況のなか、モイーズ監督はチームを連れて地元の『日産』の工場を訪問。7000人の従業員を抱え、協力しあって効果的に作業を進めることに感銘を受けたモイーズ監督は、「このように成功しているものを見るのは、選手にとって重要なことだ」「全ての人がお互いをサポートしている。全員が状況を理解しているね。我々もこのようにできるようトライしていく」と、サッカーでも同様に支えあうことが必要だと語った。

    モイーズ監督はまた、「チームはもっとよくなる。選手たちは、自分がどれだけ恵まれていて、才能があるのかを理解し、それを無駄にせず力の限り戦ってほしい」とチームに奮起を促した。また、自分たちを応援してくれるファンが、どのような場所で働き、どこからやってくるかを知ることが重要だと話し、「我々は上手くいかない時、できる限りのベストを尽くさなければならないんだ」と呼びかけた。

    さらに「チームワークは素晴らしいい。日産の工場は年々大きくなり、より大きな部品や車を作り、生産数も伸びている。ここではチームワークがいかに大切か教えてもらったよ」と、自動車工場から大切なことを学んだとコメントしている。
    2016-11-04_18h46_26
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00000016-ism-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 13:12:54.17 ID:CAP_USER9.net
    本拠地アーセナル戦で一時同点も、後半途中からの7分間でまさかの3失点
     
    デイビッド・モイーズ監督率いるサンダーランドが29日の本拠地アーセナル戦で1-4と大敗し、10試合終了時点で勝ち点2、得失点差マイナス13というプレミアリーグ史上最悪の成績を記録したことが明らかになった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

    アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスに先制点を奪われたサンダーランドだが、FWジャーメイン・デフォーが後半10分にPKを決めて同点。ダグアウトから飛び出して絶叫したモイーズ監督だが、その後に悪夢が待っていた。

    途中出場のアーセナルFWオリビエ・ジルーが後半26分にファーストタッチで勝ち越し点を決めると、5分後にも追加点。そして、33分に再びサンチェスに技ありゴールを許し、わずか7分間でまさかの3失点を喫した。

    モイーズ政権は10試合を終えてここまで2分8敗で勝ち点2。サンダーランドはプレミアリーグ史に不名誉な記録を刻んでしまった。

    同勝ち点だった95-96シーズンのマンCは降格
     
    これまでの開幕10試合時点の最悪の成績は1995-96シーズンのマンチェスター・シティ。同じく2分8敗で得失点差がマイナス12。このシーズン18位で2部に降格している暗黒時代のシティよりも得失点差が1少なく、マイナス13となっている。

    モイーズ監督は、2013年シーズンに日本代表MF香川真司が在籍時のマンチェスター・ユナイテッドを指揮し、ロングボールとクロスを多用する戦術を徹底。相手のサポーターから「ジーニアス(天才)」と揶揄される低調な内容で結果を残せず、1年持たずに解任された。

    それ以降のキャリアもぱっとせず、レアル・ソシエダも成績不振で解任されており、エバートン監督時代の名声は消え失せた。“プレミア史上最悪”の成績で評価は下落の一途を辿るなか、モイーズ監督はチームを立て直し、名誉を挽回できるだろうか。

    Football ZONE web 10/30(日) 10:38配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161030-00010009-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ