海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サンフレッチェ広島

    1:Egg ★:2018/05/13(日) 08:49:29.55 ID:CAP_USER9.net
    明治安田生命J1リーグ第14節の試合が12日に行われ、ベガルタ仙台とサンフレッチェ広島が対戦。アウェイの広島が3-1の勝利を収めた。

    今季絶好調で首位を独走する広島だが、この試合では12分に奥埜博亮に先制点を奪われてしまう。だが41分にパトリックのゴールで同点に追いつくと、後半にも柏好文とパトリックがゴールを加えて逆転勝利を飾った。パトリックはこれで今季10得点となり、二桁一番乗りを達成するとともに得点ランク首位に浮上した。

    広島はこれでリーグ戦4連勝。開幕から9試合を無敗で突き進んだあと、第10節のFCの東京戦で初黒星を喫したが、再び勢いを取り戻している。

    Jリーグ「史上最速」ペースの記録更新も続けている。開幕から14試合での勝ち点37という数字は、前節に続いて現行の勝ち点制度(延長戦廃止以降)での最多記録を更新した。過去には浦和レッズが2004年と2016年の2ndステージで勝ち点34を獲得したのが最多だった。

    特に驚異的なのは、14試合でわずか6失点という守備の堅さだ。今節は4試合ぶりの失点を喫したとはいえ、14試合のうち実に10試合を完封。2016年1stステージの浦和に並び、14試合時点での最少失点タイ記録となっている。

    フットボールチャンネル 5/12(土) 19:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180512-00269085-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    2018-05-12_18h19_03
    着々と首位固め!! 広島がパトリック2発&柏カットイン弾で仙台に逆転勝ち、4連勝を達成! https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180512-00040241-sdigestw-socc


    1:久太郎 ★:2018/05/12(土) 17:57:57.60 ID:CAP_USER9.net
    仙台 1-3 広島
    [得点者]
    12' 奥埜 博亮(仙台)
    41' パトリック(広島)
    71' 柏 好文 (広島)
    89' パトリック(広島)

    スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
    入場者数:15,115人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/051206/live/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/05/06(日) 18:55:36.36 ID:CAP_USER9.net
    広島 2-0 神戸
    [得点者]
    44' 青山 敏弘 (広島)PK
    90+3' パトリック(広島)

    スタジアム:エディオンスタジアム広島
    入場者数:11,100人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/050603/livetxt/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    24:久太郎 ★:2018/05/06(日) 19:00:46.34 ID:CAP_USER9.net
    >>1
    佐々木が佐々木に倒されPK獲得…青山が決めて首位広島3連勝! 神戸は2年前のJ1得点王投入もパトリック弾浴びて力尽きる

    [5.6 J1第13節 広島2-0神戸 Eスタ]

    首位サンフレッチェ広島がホームで9位ヴィッセル神戸に2-0で勝利した。前半44分にMF青山敏弘がPKで先制点を挙げ、後半アディショナルタイム3分にFWパトリックが追加点をマーク。3連勝を飾り、2位FC東京との勝ち点差8をキープした。

    強い雨が降る中で行われた一戦。互いにシュートの少ない静かな展開が続いたが、ホームの広島が次第に攻撃のリズムをつかんでいく。前半33分、MF柏好文の右クロスからFW渡大生が右足でボレーを放つも、DFに当たって枠外へ。同38分にはDF佐々木翔が左サイドから折り返し、ニアの渡が頭で軌道をわずかにそらす。だが、これもゴール右へ外れた。

    なおも攻撃の手を緩めない広島。前半42分、左サイドに開いてボールを受けた柏が内側から追い越してきた佐々木にパスを送ると、PA内左で神戸の18歳ルーキーFW佐々木大樹に後ろから倒され、PKを獲得する。同44分、キッカーを務めた青山が右足で豪快にゴール右上へ蹴り込み、先制してハーフタイムを迎えた。

    雨脚が強まった後半も広島が主導権を掌握。後半13分、MF柴崎晃誠の落としから、PA手前中央の青山が右足でカーブをかけたミドルシュートを放つ。しかし、左ポストに当たってゴールならず。同28分には柴崎との交代で入ったMF吉野恭平がPA手前左から右足で強烈なシュート。だが、クロスバーのわずか上を通過し、追加点は奪えなかった。

    神戸は前半からボール支配率こそ上回るが、効果的な攻撃には結び付かない。後半34分には最後のカードを切り、高卒ルーキーMF郷家友太との交代で前節・FC東京戦(0-0)で復帰したFWレアンドロを投入。2016年のJ1得点王の攻撃力に賭けたが、GK林卓人のビッグセーブにも遭い、ゴールを奪えず。逆に同アディショナルタイム3分にカウンターからFWティーラシンのパスを受けたパトリックに3戦連発となる今季8得点目を許し、0-2で完敗。2試合ぶりに黒星を喫し、4戦勝ちなし(2分2敗)となった。
    2018-05-06_19h17_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-01653483-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/26(木) 15:23:58.71 ID:CAP_USER9.net
    昨年J2・2位から昇格し、今シーズンからJ1に戦いの場を移しているV・ファーレン長崎。現在チームは11位と初めてのJ1で奮闘しているが、そんな中チームの未来に関する明るい話題が飛び込んできた。

    24日、V・ファーレンのホームタウンである長崎市は、長崎駅から北側にある工業跡地の再開発に関し、チームの親会社である「ジャパネットホールディングスグループ」を優先交渉権者に決定したと発表。これにより、近い将来この土地にチームの新スタジアムが建設されることが濃厚になったと複数メディアが報じている。

    発表が掲載されている長崎市の公式サイトによると、今回の土地は現在三菱重工業が所有している「幸町工業跡地」で、既に三菱・ジャパネットの両社は基本協定書の締結を行っているという。

    また、発表コメントの最後には「長崎市及び県内全体の活性化に資するプロジェクトとなるよう、取り組んでまいりたいと考えています」との記述もあり、新スタジアム建設に対する地元政財界の前向きな姿勢が伺える。

    昨シーズンの開幕前後には経営問題に見舞われていたチームが、ピッチ内外で見せる驚きの変貌ぶり。今回の一件を受けて、ネット上では「ますます応援したくなった」「これは面白いことになりそう」「できたら絶対遠征しよう」と、V・ファーレンをはじめとした各チームのサポーターから喜びの声が挙がっている。

    ただ、同じくJ1を戦っているサンフレッチェ広島のサポーターからは「うちにも欲しいなあ」「追い抜かされちゃったね」「長崎が本当に羨ましい…」といった羨望の声が。2003年から検討が始まったサンフレッチェの新スタジアム建設構想が、15年経った現在でも着地点を見出せていないという現状がこうした声の背景にあるようだ。

    お互いに“平和都市”という共通点を持っている広島と長崎。ただ、“新スタジアム建設”という観点から見ると、両都市の明暗は分かれてしまっているのかもしれない。

    4/26(木) 6:46配信 リアルライブ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000001-reallive-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/17(火) 06:21:19.58 ID:CAP_USER9.net
    大ピンチになりかねない状況を、逆転の発想でチャンスに変えた。というよりも当面は理想を捨て去り、半ば開き直ったアプローチでチーム作りを進める選択が鮮やかに奏功した。8試合を終えた段階で7勝1分けと、J1の18チームのなかで唯一、無敗をキープ。2位のベガルタ仙台に勝ち点7差をつけ、独走状態に入りつつあるサンフレッチェ広島の強さの秘密を探っていくと、城福浩新監督(57)が始動前に下した英断に行き着く。

    就任前の段階ですでに決まっていた新チームのスケジュールを見たとき、少なからず驚いたと城福監督はいまでも苦笑いする。全体練習のスタートは1月22日。J1のなかでは最も遅い始動で、2月24日の開幕戦まで1ヶ月ちょっとしかない。加えて、全日程が発表されたリーグ戦では、第2節でアジア王者の浦和レッズと敵地で激突。第3節以降は鹿島アントラーズ(2位)、ジュビロ磐田(6位)、川崎フロンターレ(優勝)、柏レイソル(4位)、横浜F・マリノス(5位)と昨シーズンの上位勢との対戦が続く。

    第2節から4連敗を喫するなど、スタートでのつまずきが最後まで響いた昨シーズンは、15位でかろうじてJ1残留を果たした。苦戦が続いた7月には、J1制覇へ3度導いた森保一監督(現U-21日本代表監督)が不振の責任を取る形で辞任している。昨シーズンの二の舞を避けるためにも、序盤戦でしぶとく勝ち点を積み重ねる必要があった。理想と目の前の現実を重ね合わせた末に、城福監督は腹をくくった。

    「まずは守備を構築しないと、リーグ戦を戦い抜けないと思いました。対戦カードがはっきりしているなかで、ここ(序盤戦)で守備が危うければ、おそらく黒星が先行する状況で戦っていかなければならない。もちろん攻撃も追い求めていきますけど、
    開幕に間に合わせたのは守備ということです」

    初めてFC東京を率いた2008年から、理想として掲げてきたスタイルがある。人とボールが絶え間なく動き、試合を支配し続けることで見ている人の心をも動かすサッカーを、キャッチーな造語『ムービング・フットボール』とともに標榜してきた。

    ただ、完成させるには相当の時間を要することもわかっている。広島指揮官への就任会見でも「やりたいと思って数週間後にできるほど、ハードルは低くありません」と明言。FC東京では監督を2度解任され、J1昇格及び残留に導いたヴァンフォーレ甲府でも具現化できなかった。

    これまでの苦い経験から、現実にもしっかり目を向ける必要性を痛感してきた。だからこそ組織的な守備網の構築を急いだ。8試合でわずか2失点、ひとつはPK、対戦相手を零封すること実に6度という群を抜く堅守に、指揮官は「決して守備的に戦っているわけではない」と力を込める。

    「ドン引きして守ることだけが、守備の練習ではありません。いかにして前からボールを奪えるか。守備をしているけれども、自分たちがイニシアチブを握っているような場面を作り出せるのか、ということも含めて練習してきました」

    基本陣形を「4‐4‐2」として、2トップには前線からの献身的なプレスを求めた。両サイドハーフに対しても然り。ボランチの一角にはJ1でも屈指の運動量の多さを誇りながら、昨シーズンは14試合の出場にとどまった、甲府時代の愛弟子でもある稲垣祥を抜擢した。

    開幕以降も練習メニューに走り込みを入れるなど、リーグ戦と同時進行でスタミナ増強にも徹底して取り組んできた。城福監督も「運動量が多ければいい、というわけではない」としながらも、たくましさを増してきた選手たちに手応えを感じている。

    つづく

    4/17(火) 5:00配信 THE PAGES
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000001-wordleafs-socc
    続きを読む

    2018-03-31_18h33_17

    1:久太郎 ★:2018/03/31(土) 17:57:16.56 ID:CAP_USER9.net
    川崎 0-1 広島
    [得点者]
    85' パトリック(広島)


    スタジアム:等々力陸上競技場
    入場者数:24,018人

    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/033105/live/#livetxt


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    1:shake it off ★:2018/03/15(木) 20:55:57.59 ID:CAP_USER9.net
    14日にエディオンスタジアム広島で行われたルヴァン杯第2節のサンフレッチェ広島対名古屋グランパスの入場者数が7777人だった。

    ラッキーセブン。2016年5月8日のJ3第6節の盛岡対鹿児島(いわスタ)の一戦で、入場者数777人を記録したことはあったが、ぞろ目で7が4つ揃うのはJリーグ主要大会では初の出来事。スタジアムで入場者数が発表になると、驚きの声が上がった。

    広島のアンバサダーを務める森崎浩司氏も試合後にSNSを更新。現役時代、広島の背番号7として活躍した同氏は、インスタグラム(@koji.morisaki77)に写真と共に「今日の入場者数やば」「俺の日だったのかな」と投稿した。

    試合は広島が2-1で勝利。今季の公式戦5戦5勝と記録を伸ばした。なお広島は77分に失点している。
    news_239766_1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-01651511-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/12(月) 12:24:18.23 ID:CAP_USER9.net
    明治安田生命J1リーグ第3節が10日に行われ、サンフレッチェ広島は鹿島アントラーズを1-0で下した。古巣復帰以降、川辺駿は出色の働きを見せ続けている。この日も常勝軍団を相手に効果的なプレーを何度も披露し、3連勝達成に大きく貢献した。15日には欧州遠征に臨む日本代表メンバーが発表されるが、川辺は今、J1で最も勢いのある選手の一人ではないだろうか。

    日本代表候補を多数擁する相手にクオリティを発揮

    着ているユニフォームも、出場したポジションも異なる。だが、放つ存在感は“あの時”と変わらなかった。

    2017年12月2日、ジュビロ磐田と鹿島アントラーズが対戦したリーグ最終節のピッチに彼は立っていた。読みの鋭さと激しさを掛け合わせたボール奪取を見せたかと思えば、果敢な攻撃参加からフィニッシュに持ち込んだ。 後半終盤にベンチへ退くまで、彼は縦横無尽に走り続けた。最後はエネルギータンクが枯渇し、交代直前には珍しく足がつっていた。

    この10日後、川辺駿のサンフレッチェ広島への復帰が発表された。鹿島戦は、3年に渡る磐田での期限付き移籍生活のラストゲームであり、最後だからこそ持てる力を全て出し切ろうとしたように映った。だが今考えれば、あのパフォーマンスも彼にとっては普通のことだったのかもしれない。

    2018年3月10日、明治安田生命J1リーグ第3節・鹿島戦。広島のユニフォームに袖を通した川辺は、日本代表候補を多数擁する常勝軍団を相手に高いクオリティを発揮している。

    「自分で仕掛けられるかなと思ったので行こうと。間合いもあったし、相手のカバーもいなかったので。それが結果的にゴールに繋がって良かった」

    試合が動いたのは、0-0で迎えた51分のことだった。きっかけを作ったのは、右サイドで勝負に出た川辺だ。キックフェイントを入れると縦に加速し、山本脩斗を抜きにかかる。日本代表サイドバックに粘られていい態勢でクロスを上げることはできなかったが、相手のパスをカットした和田拓也が右足を振り抜きネットを揺らした。

    これが決勝点となり、広島は開幕3連勝を達成した。22歳のMFは喜びを浮かべながら、反省の弁も口にしている。

    つづく

    3/12(月) 10:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180312-00010000-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/04(日) 18:00:58.83 ID:CAP_USER9.net
    明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、浦和レッズとサンフレッチェ広島が対戦した。

    浦和は主将の柏木陽介がメンバー外となり、中盤に阿部勇樹を起用。広島は前節負傷した千葉和彦に代わって、最終ラインに野上結貴が入った。

    前半終了間際の43分、右サイドから攻撃を仕掛けると遠藤航のクロスを青木拓矢が頭で合わせ、ホームの浦和が先制した。前半は浦和の1点リードで折り返す。

    後半に入り66分、素早いリスタートから川辺駿がグラウンダーのクロスを送る。GK西川周作にブロックされたが、こぼれ球を拾った途中出場の柴崎晃誠が左足でシュートを決め、広島が同点に追いつく。

    続く79分にはパトリックの落としを受けた川辺がドリブルで切り込みシュート。相手DFにブロックされるも、走り込んだ稲垣祥が詰めて広島が逆転に成功する。

    試合は1-2で終了。広島が逆転勝利で勝ち点3を獲得し、開幕2連勝を飾った。

    次戦は7日、JリーグYBCルヴァンカップで浦和は名古屋グランパスと、広島はガンバ大阪と対戦する。

    【スコア】
    浦和レッズ 1-2 サンフレッチェ広島

    【得点者】
    1-0 43分 青木拓矢(浦和)
    1-1 66分 柴崎晃誠(広島)
    1-2 79分 稲垣祥(広島)

    3/4(日) 17:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00723624-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/24(土) 15:57:29.23 ID:CAP_USER9.net
    2018-02-24_16h11_57

    ◆広島 1-0 札幌 [Eスタ]
    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2018022401

    [広]ティーラシン(28分)


    ◆FC東京 1-1 浦和 [味スタ]
    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2018022402

    [F]東慶悟(48分)
    [浦]槙野智章(50分)


    ・Jリーグ公式
    https://www.jleague.jp/sp/standings/

    ・DAZN
    https://www.dazn.com

    ・エルゴラ
    http://blogola.jp/c/egnews
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ