海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:サンフレッチェ広島

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/27(土) 16:03:07.28 ID:CAP_USER9.net
    ◆清水エスパルス 1-3 横浜Fマリノス[
    IAIスタジアム日本平スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052701/livetxt/#live

    [横]松原健(15分)
    [清]白崎凌兵(50分)
    [横]ウーゴ・ヴィエイラ(52分)
    [横]ウーゴ・ヴィエイラ(90分+4)


    ◆サンフレッチェ広島 0-0 ジュビロ磐田[エディオンスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052702/livetxt/#live

    2017明治安田生命J1リーグ第13節が27日に行われ、清水エスパルスと横浜F・マリノスが対戦した。

    15分、横浜FMはスローインから扇原貴宏がクロスを上げる。ヘディングで一度はクリアされるが、こぼれ球を拾った松原健が切り返しから左足を振り抜く。このシュートがゴールネットに突き刺さり、アウェイの横浜FMが先制する。前半は横浜FMの1点リードで折り返す。

    追いかける清水は後半に入り50分、右サイドから攻撃を仕掛けると鄭大世のパスから最後は白崎凌兵がゴールに流し込み、1-1の同点とする。

    しかし、その2分後の52分、マルティノスのクロスに途中出場のウーゴ・ヴィエイラがダイレクトで合わせ、すぐさま勝ち越す。さらに後半アディショナルタイム、抜け出したウーゴ・ヴィエイラがとどめの一発を決め、試合終了のホイッスル。

    試合は1-3で終了。清水は公式戦2連敗で、公式戦11試合勝ちなしに。対する横浜FMは公式戦2連勝となった。

    次戦は31日、清水は2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第7節でFC東京と、横浜FMはサンフレッチェ広島と、それぞれホームで対戦する。
    2017-05-27_17h29_14
    SOCCER KING 5/27(土) 15:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00593195-soccerk-socc

    俊輔不在の磐田、“もう1人の天才”をトップ下起用も広島とスコアレス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-01640203-gekisaka-socc


    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com

    ◆DAZN for docomo
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/06(土) 21:00:49.56
    ◆サンフレッチェ広島 1-1 ヴィッセル神戸 [Eスタ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/050603/livetxt/#live

    [神]大森晃太郎(32分)
    [広]アンデルソン・ロペス(52分)

    明治安田生命J1リーグ第10節が6日に行われ、エディオンスタジアム広島ではサンフレッチェ広島とヴィッセル神戸が対戦した。試合は1-1で引き分けた。広島はまたしてもホーム初勝利を逃した。また、神戸は連敗を止めたものの、リーグ戦4試合未勝利に終わった。

    ここまで1勝のサンフレッチェ広島。ホームでは未だに勝利がなく、本拠地に集まったサポーターになんとか勝利を届けたい。一方、神戸はスタートダッシュに成功したものの、徐々に調子を落としてリーグ戦3連敗中。上位に留まるためにも、勝ち点3が求められる。なお、両チームは4月26日の2016JリーグYBCルヴァンカップで対戦し、その際は神戸が4-1で勝利していた。

    最初のチャンスは広島。17分、千葉和彦の縦パスを受けた工藤壮人が、やや距離のある位置からロングシュート。しかし、ここは枠を捉えきれない。

    すると神戸が徐々に好機を作る。23分、ウエスクレイが自ら仕掛けてミドルシュート。32分には、ウエスクレイから落としを受けた田中順也が相手DFを引きつけて縦パス。これを受けた大森晃太郎が右足でゴール左下へ蹴り込み、神戸が先制に成功した。神戸はこの得点で勢いに乗ると、前半終了間際の42分には田中が左足で決定的なシュートを放ったが、ここは惜しくもクロスバーの左上に外れ、1-0で前半終了を迎える。

    後半に入ると、開始早々の46分に広島がビッグチャンスを迎える。縦パスをアンデルソン・ロペスがフリック。DFが足を滑らせて処理を誤ると、抜け出した工藤壮人がGKと一対一になる。しかし、シュートまで持ち込めず左の柏好文にパス。柏のシュートはブロックされてしまい、決定機を生かせなかった。

    続く52分、右サイドの青山敏弘が粘ってボールをつなぐと、ミキッチがふわりとしたクロスを入れる。GKキム・スンギュが弾いたが、こぼれ球を柏、柴崎晃誠とつなぎ、最後はアンデルソン・ロペス。一度はシュートをブロックされながらも自ら右足で押し込み、同点に追いついた。

    広島は58分に野上結貴を下げ、ベテランの森﨑和幸を投入。森﨑にとっては今季初出場となった。

    一方、神戸は75分に2枚替え。ウエスクレイとニウトンを下げ、松下佳貴と中坂勇哉を投入する。81分には中坂のパスに抜け出した松下がペナルティエリア内からシュートまで持ち込んだが、ここは枠の右に外れてしまう。

    86分、広島はアンデルソン・ロペスがペナルティエリア手前で倒されてFKを獲得。塩谷司が右足で直接狙ったが、ここは惜しくもサイドネットを揺らし、ゴールにはつながらない。このまま両チームともに勝ち越せず、試合は1-1のドローに終わった。
    2017-05-06_22h21_42
    GOAL 5/6(土) 20:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00000029-goal-socc

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com

    ◆DAZN for docomo
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/16(日) 19:08:29.06 ID:CAP_USER9.net
    ■サンフレッチェ広島 0-1 横浜Fマリノス[エディオンスタジアム]

    [横]中澤佑二(4分)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/041608/livetxt/#live

    横浜F・マリノスはアウェーでサンフレッチェ広島に1-0で競り勝ち、今季2度目の2連勝を飾った。前節のG大阪戦(1-0)で今季初勝利を挙げた広島だが、連勝ならず、今季ホーム初勝利も逃している。

    横浜FMは前半4分、左サイドでFKを獲得すると、MF天野純が左足でゴール前にピンポイントクロス。ファーサイドに飛び込んだDF中澤佑二が右足ボレーで合わせ、先制点を奪った。

    中澤の今季初ゴールで立ち上がりに均衡を破ったが、広島も反撃に出る。前半24分、PA内左の深い位置まで進入したMFフェリペ・シウバのクロスにMFアンデルソン・ロペスが頭で合わせるが、クロスバーの上へ。同38分には左クロスに合わせたMF高橋壮也のヘディングシュートが左ポストを直撃した。

    広島は前半アディショナルタイムにもMF清水航平の左クロスからセカンドボールをMF柴崎晃誠が左足ミドルで狙うが、GKの正面。1点ビハインドで折り返した後半立ち上がりから攻勢を強めるが、後半3分、フェリペ・シウバのドリブル突破から横パスを受けたアンデルソン・ロペスの左足ミドルも枠を捉えられなかった。

    後半11分にはフェリペ・シウバに代えてMF青山敏弘を投入。柴崎がボランチから2シャドーの一角にポジションを上げると、同15分にFW工藤壮人のスルーパスに反応した柴崎が右足を振り抜いたが、これもゴール右に外れた。

    再三の同点機を生かせない広島に対し、横浜FMもなかなか追加点を奪えない。後半22分、スルーパスに抜け出した天野がPA内右から利き足とは反対の右足でシュートを打ったが、左ポストを直撃。跳ね返りに詰めたFWウーゴ・ヴィエイラのシュートも大きくクロスバーを越えた。同24分には右サイドからドリブルで切れ込んだMFマルティノスのシュートがPA内でMF丸谷拓也の手に当たったように見えたが、主審の笛は鳴らなかった。

    勝利を決定づける2点目を取り切れない横浜FMだったが、広島も後半38分、青山の右足ミドルがGK飯倉大樹に阻まれるなど最後まで1点が遠かった。広島は今季4度目の零封負け。早くも5敗目を喫し、順位も新潟に抜かれて17位に後退した。
    2017-04-16_21h05_34
    ゲキサカ 4/16(日) 19:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-01638839-gekisaka-socc

    DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/07(金) 21:00:19.35 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    ガンバ大阪 0-1 サンフレッチェ広島

    【得点者】
    0-1 52分 工藤壮人(広島)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/040701/livetxt/

    2017明治安田生命J1リーグ第6節が7日に行われ、ガンバ大阪とサンフレッチェ広島が対戦した。

    開幕から5試合負けなしのG大阪は、前節からスタメンを2名変更。金正也が負傷のため3バックの右に丹羽大輝、右ウイングバックにはオ・ジェソクが起用された。一方、今季いまだ勝ち星のない広島は主将の青山敏弘が欠場。ボランチの位置には柴崎晃誠が入った。

    互いにスリッピーなピッチ状態に苦しみ、なかなか決定機が作り出せない。G大阪は前半終了間際の44分、遠藤保仁のFKに三浦弦太が頭で合わせたが、枠の上に外れた。前半は両チームスコアレスで折り返す。

    後半に入り52分、フェリペ・シウバのシュートがクロスバーに当たり跳ね返ったボールを工藤壮人が頭で押し込み、アウェイの広島が先手を取る。先制を許したG大阪は堂安律、泉澤仁、赤崎秀平と攻撃のカードを続々と投入。すると81分、泉澤が得意のドリブル突破から右足を振り抜いたが、GK林卓人の好セーブに阻まれた。

    試合は0-1で終了。リーグ戦4連敗中だった広島が敵地で今季初勝利。一方のG大阪は開幕からの無敗記録が5でストップした。

    次節、G大阪は敵地でC大阪との大阪ダービー、広島はホームで横浜F・マリノスと対戦する。
    2017-04-07_22h06_50
    SOCCER KING 4/7(金) 20:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00573382-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/02(木) 17:54:14.89 ID:CAP_USER9.net
    サンフレッチェ広島が、フェネルバフチェ(トルコ)のオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーの獲得に動いているという。トルコメディア『INTERNETSPOR』が2日付で伝えている。

    同メディアの報道によると、すでに両クラブが接触しており、フェネルバフチェ側は移籍金として650万ユーロ(約8億円)を要求しているようだ。

    ファン・ペルシーは、アーセナルやマンチェスター・Uなどのビッグクラブで活躍してきたストライカーだ。2011-12シーズン、2012-13シーズンと連続でプレミアリーグの得点王に輝いたほか、オランダ代表としても通算最多得点記録となる50ゴールをマークしている。

    今冬の移籍市場では元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキのヴィッセル神戸移籍も噂になっているが、果たしてファン・ペルシーのJリーグ参戦は実現するのだろうか。
    2017-02-02_18h25_10

    SOCCER KING 2/2(木) 17:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00548726-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/15(日) 05:59:32.20 ID:CAP_USER9.net
    契約延長をオファーしている元ナイジェリア代表FWウタカとの交渉が、長期化する可能性があることをJ1広島の足立強化部長が明かした。

    昨季は期限付き移籍で加入していた助っ人の保有権は清水が持っており「自分たちは待つしかない」と語った。

    J1で得点王に輝いたFWには、中国や中東のクラブも興味を示しているもよう。交渉の決着がJ1開幕後の3月までずれ込む可能性もあるという。

    スポニチアネックス 1/15(日) 5:53配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000009-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/05(木) 23:57:55.38 ID:CAP_USER9.net
    批判的なツイートに工藤が反論する形で思いを綴る
     
    昨年12月31日にメジャーリーグサッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスからサンフレッチェ広島に完全移籍したFW工藤壮人が、ツイッター上で場外バトルを繰り広げている。

    工藤はプロ1年目の2009年に柏でJデビューを果たし、その後はエース格に成長。13年から北嶋秀朗の背番号9を受け継ぐと、同年5月にA代表デビューも飾った。

    16年にバンクーバーに移籍し、怪我で戦線離脱もあったが17試合2得点を記録している。1年でのJリーグ復帰となった工藤だが、広島移籍を巡って様々な憶測が飛び、居ても立ってもいられなかったようだ。

    5日に工藤は自身のツイッターにひと言、意味深なコメントを残していた。「何も知らないで物事を憶測で決め付けられてもな」

    そして、その数時間後に再びツイートし、その際には「バンクーバーへの移籍も単なる思いつき」という自身への批判的なツイートに反論する形で、次のように綴っていた。

    「思い付きで移籍できるほど甘い世界ではありません」

    コメント欄には、「応援する」「一般人のツイートに噛みつくのも…」「外野の言う事は気にせず」など様々な意見が並んだ。最終的には先方が謝罪しており、場外バトルはひとまずこれで収束しそうだ。

    Football ZONE web 1/5(木) 22:24配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00010029-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/31(土) 09:34:10.72 ID:CAP_USER9.net
    J1広島は31日、米MLSバンクーバーから日本代表経験のあるFW工藤壮人(26)が完全移籍で加入することが決まったと発表した。

    工藤は柏の下部組織から2009年にトップチーム昇格。翌年から主力として活躍し、7年でJ1通算162試合56得点を記録、日本代表としても国際Aマッチ4試合2得点をマークした。今年1月に「環境を変えてチャレンジをしてみたい」とバンクーバーに移籍し、17試合2得点の成績を残した。

    工藤はクラブを通じて「このたび、Vancouver Whitecaps FC から加入することになりました工藤壮人です。ここ数年、毎年優勝争いをしているサンフレッチェの一員になれることをうれしく思っています。広島の勝利のために全力を尽くしますので、応援よろしくお願いします」とコメントしている。
    2016-12-31_10h41_09
    スポニチアネックス 12/31(土) 9:27配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000080-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Marine look ★@\(^o^)/:2016/12/23(金) 00:17:09.28 ID:CAP_USER9.net
    サンフレッチェ広島は22日、(公財)日本アンチ・ドーピング機構よりアンチ・ドーピング規則違反の疑いがあるとして、暫定的資格停止処分を受けていたDF千葉和彦に対し、制裁措置が今月20日付で決定したことを発表した。

    千葉に対する制裁内容は、資格停止を伴わない譴責(懲戒処分のうち最も軽いもの)に決定。これにより、千葉に対する今月21日付暫定的資格停止措置が同20日付で解除されるとともに、千葉は同日以降、公式試合への出場ならびにチーム練習や催事への参加が可能となった。

    クラブは今回の違反に関し、公式サイト上で「当クラブが製造元に成分内容を確認し、ドーピング禁止物質を含まず安全であると判断したサプリメントを服用した結果生じたものであり、当クラブといたしましては、誠に遺憾の極みであるとともに、多くの関係者の皆様にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申しあげます」と謝罪。

    今後は、アンチ・ドーピングに対する社内体制の抜本的見直しとともに、より一層の厳しい管理と指導を行っていくとしている。
    2016-12-23_08h00_42
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-01634829-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/16(金) 06:34:41.39 ID:CAP_USER9.net
    広島が来季の新戦力として横浜MのFW伊藤翔(28)獲りに動いていることが15日、分かった。

    関係者によると、広島が横浜M側へ獲得を打診しているという。来季J2に降格する名古屋入りが決まっている元日本代表FW佐藤寿人(34)に代わるストライカーとして白羽の矢を立てた形だ。

    伊藤は愛知・中京大中京高に在籍した06年にイングランド・プレミアリーグの名門アーセナルに練習参加し、ベンゲル監督から熱烈なラブコールを受けた。

    フル代表未経験のため英国での労働ビザ取得の条件を満たせずアーセナル入りはかなわなかったが、07年に当時フランス2部のグルノーブルに入団。Jリーグを経ず海外クラブに挑戦したことで大きな話題を呼んだ。

    高い身体能力を生かした決定力が武器。清水から横浜Mに移籍した14年には32試合で8ゴールをマークした。攻撃だけでなく前線からの守備も献身的で、チーム内外で高く評価されている。

    今季年間6位に終わった広島はJ1通算161得点のFW佐藤が退団。その穴を埋める存在として期待している。一方の横浜Mも助っ人のFWカイケを構想外としており、攻守で計算できる伊藤の慰留に力を注ぐ構えだ。

    ◆伊藤 翔(いとう・しょう)1988年7月24日、愛知・春日井市生まれ。28歳。4歳でサッカーを始め、中京大中京高から07年に当時フランス2部のグルノーブルに入団。10年に清水入りし、14年に横浜Mへ移籍。J1通算142試合出場27得点。184センチ、76キロ。利き足は右。
    2016-12-16_08h28_09
    スポーツ報知 12/16(金) 6:08配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000068-sph-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ