海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ザッケローニ

    1:Egg ★:2018/04/15(日) 15:13:01.22 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会(JFA)は9日、日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏との契約解除を発表。これを受けて、2014年ブラジルW杯で日本を率いたアルベルト・ザッケローニ氏が口を開いた。『フットボール・イタリア』が報じている。

    昨年10月からUAE代表監督を務めるザッケローニ氏は、2010年8月に日本代表監督に就任。初采配となったアルゼンチン戦で勝利をおさめると、2011年に行われたアジア杯を制覇。5大会連続となるW杯出場にも導いたが、集大成である本大会では1分2敗と結果を残せずに退任した。

    W杯敗退後、DF長友佑都が「勝たせてあげられなかった。そこが本当に悔しくて悔しくて」と涙ながらにザッケローニ氏への想いを語り、同氏がイタリアに帰る際には、MF長谷部誠やDF内田篤人が空港まで見送りに出向くほど、選手から愛された監督だった。また、ザッケローニ自身も日本代表を指揮したことを「私の人生において最高の経験だった」と、語っていた。

    親日家でもあったザッケローニ氏は、今回のハリル解任には驚きを隠せなかった様子。「私は日本が監督を解任したことに驚かざるを得ない。W杯の2か月前に監督が変わることは普通じゃない。何かが起こったに違いない。日本では決してこのような本能的な決断はしないから。だから、しばらく考えてとの解任だったと思う」とJFAの想いをくみ取った。

    4/15(日) 12:18配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-01652706-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/17(火) 06:11:31.44 ID:CAP_USER9.net
    アラブ首長国連邦(UAE)サッカー協会は16日、UAE代表の指揮官にアルベルト・ザッケローニ氏(64)が就任することを発表した。

    最新FIFAランキング72位のUAEは、2012年からマハディ・アリ・ハッサン氏が指揮し、2015年にはオーストラリアで開催されたアジア杯で日本を戦の末に下し、ベスト4進出を果たした。今回のW杯アジア最終予選の初戦でも埼玉スタジアムで日本を破る大金星を挙げたが、その後は成績が安定せず、今年3月に辞任を発表。5月から元アルゼンチン代表監督のエドガルド・バウサ氏が指揮していたが、W杯出場権を獲得できず先月辞任していた。

    ザッケローニ氏はセリエAでウディネーゼを躍進させ、ミランでスクデットも獲得すると、ラツィオやインテル、ユベントスなどイタリアのビッグクラブを率いていた。2010年8月から2014年6月まで日本代表を指揮し、退任後の昨年1月には中国スーパーリーグの北京国安の監督に就任。しかしわずか4か月で解任され、フリーとなっていた。

    近年、日本はUAEに苦しめられているが、日本を知り尽くした指揮官の就任により今以上に難敵となりそうだ。
    2017-10-17_07h46_28
    10/17(火) 6:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-01645220-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/28(木) 10:02:57.49 ID:CAP_USER9.net
    日本代表を2014年ブラジル大会に導いたアルベルト・ザッケローニ氏(64)は現在、出身地イタリアのチェゼナーティコでレストラン「マレ」などを経営する。

    「私は日本を愛し、1年に2回は戻る。選手とは良い関係を保ち、まだ連絡を取っている」と語る。
    食通で知られる同氏は日本食を絶賛。

    「日本に行く人がよく私に、どこで食べたらいいかと聞くが、質問が間違っている。日本でまずい食事をするのはほとんど不可能。日本の食事のレベルはすごく高く、間違いがない」と言うほどだ
    2017-09-28_12h03_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00013923-nksports-socc
    9/28(木) 8:00配信
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/07/26(水) 18:30:06.13 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表のザッケローニ元監督の通訳を務めた矢野大輔氏(37)が、イタリアの6部に相当するプロモツィオーネ・リーグのラスカリスで監督に就任したことが26日分かった。

    同リーグはイタリア全土のチームが地域別のブロックに分かれて争う。ラスカリスはトリノ市近郊ピアネッツァに本拠を置くクラブで、創立は1954年。

    矢野氏は10代からプロを目指してイタリアでプレー。その後は同国1部(セリエA)のトリノで大黒将志(現J2京都)の通訳を務め、当時トリノ監督だったザッケローニ氏の誘いで日本代表通訳に就いた。(共同)
    2017-07-26_22h52_47
    https://this.kiji.is/262860185000379893?c=92619697908483575
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/19(月) 01:12:11.39 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表監督を務めたアルベルト・ザッケローニ氏が「日本からのオファーに応じたのは金銭的な事情ではなかった。今でも最高に素晴らしい経験をしたと考えている」などと話した。18日付のガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

    それによると、現在は地元のアドリア海添いの街、チェゼナーティコでレストランなどを経営している。「日本のオファーに興味を持った。もちろん、金銭面だけで日本に行ったのではない」と明言した。

    現在64歳で「年金生活者だといわれる年齢。でもまだサッカーへのアイデアや情熱もある。もし魅力的なオファーがあれば、再び現場に戻る」と意欲的だった。

    6/18(日) 18:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000098-dal-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/11(日) 21:42:56.80 ID:CAP_USER9.net
    9a7b3343-036b-4175-860a-9f5884440b10
    『Calciomercato』は「元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏は、ミランの買収は怪しいと話した」と報じた。

    今夏ついに中国系コンソーシアムへの株式売却が決定したミラン。シルヴィオ・ベルルスコーニ氏がクラブを手放し、アジアへ運営権が移ることになった。

    しかし、それからの交渉には様々なトラブルが発生。先日はついに中国政府から資金の移転が認められなかったことから、取り引きが3月3日まで延期されることが正式に発表された。また、新たにオーナーになる人物や投資をしている企業の名前などもまだ明らかになっていない。

    それらについて聞かれたアルベルト・ザッケローニ氏は以下のように話し、現状の中国との交渉はかなり怪しいと不信感を露わにした。

    ミランでスクデットを獲得した経験がある他、今年は中国でも指揮を取ったザッケローニ氏。その経験から、お金がある人物なら知られているはずだと語った。

    アルベルト・ザッケローニ

    「私は今年北京国安を指導してきた。そして、新しい中国人のオーナーが誰なのかを特定しようとしたのだが、誰もそれが何者なのかを知らないのだ。

    これは奇妙な状況だよ。なぜなら、裕福な人々というのは、普通中国でとても良く知られている人間であるはずだからだ。

    まあ、この物語がどのような結末を迎えるのか、様子を見てみよう。

    私はミランがスクデットを獲得できるだけのポテンシャルがあるとは思わない。彼らはチャンピオンズリーグに出場できるだけのものはあるが、ナポリが足踏みしてくれればの話だね。

    ナポリはこのところ幾つかネガティブな結果に終わっている。そしてミランは最高の結果を得てきている。

    すべての選手から最高のものを引き出しており、モンテッラはとてもいい仕事をしている。ミランは彼のスタイルではないかもしれないが、それは別に意味のない話だ。

    私の時のミランはもっと年を取っていたね。ボバン、ビアホフ、レオナルド、コスタクルタはベテランになっていて、セリエAは難しいリーグだった。

    7つのクラブにスクデットの可能性があるようなね。フィオレンティーナにもルイ・コスタやバティストゥータがいたくらいでね」

    http://qoly.jp/2016/12/11/alberto-zaccheroni-said-that-milan-new-owners-was-strange-kgn-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/10(土) 19:04:39.84 ID:CAP_USER9.net
    ウインガーとしての適性ゼロ 「彼はトップ下の選手。足元でボールを受けてから発想する」

    ACミランの日本代表FW本田圭佑は11日の敵地ローマ戦で6試合連続の先発落ちが予想されている。今季先発出場1試合でベンチ要員と化している背番号10について、かつて師弟関係にあったアルベルト・ザッケローニ元日本代表監督は「ケイスケはサイドができない」と辛辣な指摘。ミランと日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督に対して、背番号10のウインガーとしての適性ゼロと持論を展開している。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

    本田はミランで最大の窮地に立たされている。これまで右サイドで出場機会を手にしてきた本田だが、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は同じ左利きで局面打開力、スピード、テクニック、創造性で優れるスソを右ウイングに固定。本田は昨季からリーグ通算1得点3アシストという不発ぶりだが、スソは今季だけで5得点6アシストと大活躍している。

    「スソが本田のポジションを奪ってしまったが?」という質問に、かつての恩師はあっさりと苦境を認めた。

    「そうだ。しかし、ケイスケはサイドができない。長い間、前から言っていることだけどね。彼はトップ下の選手だ。足元でボールを受けてから発想する。1試合で100回ボールタッチする必要がある。彼にはそれが出来る。決して疲れない。だが、ウイングはよくない。スソとニアンはアンタッチャブルで動かせない」

    新天地では「自分の家」でプレーできるか

    ザッケローニ氏は本田にサイドの適正がないと主張している。ミランでも本田のスピード不足と局面打開力の欠如が問題視されているが、歴代のミラン監督は本田を中央で起用するケースが少なかった。

    ザッケローニ氏は日本代表で4-2-3-1を採用し、本田をトップ下で起用したが、ミランでは右サイドを主戦場としている。昨季開幕直後に4-3-1-2システムをテストしたシニシャ・ミハイロビッチ元監督は本田をトップ下で起用するも、奏功せずにシステム変更をしていた。日本代表でもハリルホジッチ監督は右サイドで本田を起用するが、その適正はないとザッケローニ氏は語っている。

    本田自身も「自分の家」とトップ下へのこだわりを見せているが、ミランと現在の日本代表にそのポジションはない。そして、バランサーとして評価された昨季から攻撃で違いを見せるシーンが激減している。来年1月の移籍が報じられている本田だが、新天地ではトップ下でプレーできるだろうか。
    2016-12-10_19h43_54
    Football ZONE web 12/10(土) 18:52配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161210-00010015-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/26(水) 11:23:07.53 ID:CAP_USER9.net
    【西部の4-4-2戦術アナライズ】

    アトレティコの躍進を受けて、復活の感がある4-4-2システム。Jリーグで頻繁に採用される一方で、意外にも日本代表ではそれほど使われてこなかった。だが、ザッケローニ監督時代は3-4-3をオプションとして備えながらも、4-4-2の変形システムである4-2-3-1をベースにチームを作っていった。オシム時代より続く「日本化」の方針にも継続性があったが、致命的な弱点を抱えたままW杯に臨むことになる。(文:西部謙司)

    ■「アジアのバルセロナ」
     
    アジアカップを制して「アジアのバルセロナ」と称賛された日本代表は、「日本化」に成功していた。それは岡田武史監督が途中まで進めていた無理のない日本化の発展形だったといえる。

    アルベルト・ザッケローニ監督はさまざまなアイデアを提示し導入したが、強制的な形をとっていない。すでに日本にあるサッカーを選手たちが望む形で発展させていこうとしていた。

    パスワークを生かしたポゼッション主体の攻撃、相手を押し込んでの高い位置でのプレッシング、その循環で試合を作っていく手法は日本選手の特徴を生かし、弱点を補う点で理にかなったものでもあった。

    2013年にブラジルで開催されたコンフェデレーションズカップは、日本の真価を問う機会だった。ブラジル、イタリア、メキシコと同居したグループは、本大会なら「死のグループ」と呼ばれていただろう。ザッケローニ監督は、就任以来ほぼ固定していたメンバーによるチーム作りの決算として大会を位置づけていた。

    結果は3戦全敗。緒戦のブラジル戦は完敗に近かったが、イタリア、メキシコとの試合には3-4、1-2と1点差。いずれも日本らしいプレーは示せていた。しかし、この大会ではっきりしたのは、このままでは本大会も勝てないだろうということだ。

    ■「日本らしい」スタイル
     
    ボールは運べる、ある程度崩せるし点もとれる。しかし、それ以上に失点してしまう。敵陣の攻守は十分通用した。半面、自陣での攻守は不安定だった。ボールを奪う力が足りず、パスをつなごうとしてミスをして失点していた。

    敵陣での攻守を増やすという戦い方のコンセプトが正しいことははからずも証明されたわけだが、敵陣のみで攻守を完結させられるほど日本は強くない。自陣でのプレーを向上させないかぎり強豪国に勝つのは難しかった。

    コンフェデ杯後、ザッケローニ監督は新戦力の発掘に着手している。前田遼一が外れ、大迫勇也や柿谷曜一朗を1トップにテスト。ボランチに山口蛍、CBの森重真人などが台頭してきた。

    ただ、チーム全体の問題点は解決していない。日本らしいサッカーは、強豪国に対してもある程度は通用することはわかった。しかし、それでは勝てないこともコンフェデ杯で示された。軌道修正を図るのか、それとも日本らしさを極めることで打開するのか。

    日本らしいサッカーには積み上げていける状況がある。選手たちの特徴を発揮できて好みにも合っているので、何が良いプレーで何が良くないかを相互評価しやすい。戦術を監督に押しつけられているわけではないので、自分たちの価値観で改善しやすく、内部の相互評価を繰り返すことで精度を上げていける土壌がある。

    その点では継続、発展させやすく、日本らしいスタイルを確立しやすい。代表選手たちが「自分たちのサッカー」と言っていたのは、まさに自分たちの手で作り上げていく実感があったからだろう。

    ただし、日本らしさだけではワールドカップで結果を出すには足りなかった。

    >>2以降につづく
    201610261_honda_getty
    フットボールチャンネル 10月26日(水)10時20分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161026-00010007-footballc-socc&p=2
    続きを読む

    zakkuhonda
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/13(木) 17:00:40.06 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのロシアW杯アジア最終予選(11日)で日本代表はオーストラリアと1―1の引き分けに終わった。強豪を相手に敵地でどうにか勝ち点1を確保したが、試合内容は相変わらず低調。バヒド・ハリルホジッチ監督(64)とイレブンの溝も深まるばかりで、現状のままではW杯切符の獲得は厳しい。監督交代の機運が高まるなか、有力候補に意外な名前が浮上してきた。

    窮地のハリルホジッチ監督はFW本田圭佑(30=ACミラン)を1トップで起用し、絶好調のMF清武弘嗣(26=セビリア)を先発から外すなど“奇策”に打って出た。

    前半5分にFW原口元気(25=ヘルタ)のゴールで先制こそしたが、付け焼き刃の戦術はいつまでも通用しない。徐々に押し込まれ、後半7分には原口が相手を突き飛ばしてしまい、PKを取られて同点。すると指揮官は守りに入るよう指示してそこから防戦一方に。引き分けには持ち込んだものの、先制点を生かせず勝ち点3を逃した格好だ。

    日本サッカー協会の西野朗技術委員長(61)はハリルホジッチ監督の続投について「そう考えている」とひとまずクビはつながったが、解任危機が去ったわけではない。

    選手の体調を顧みないミーティングの長さや、異常なまでの管理主義、一貫性のない指示などに選手は混乱。DF槙野智章(29=浦和)も「前回褒められたプレーが、次に招集された時には『このプレーは絶対ダメだ』と言われて…。どっちなんだと」と語っている。

    練習ではボールの蹴り方や単調なドリブル練習など小学生レベルの指導を押しつけ、一部の選手から不興を買ったことも。最終予選ではピリピリムードに拍車がかかり「選手に『余計なことは何もしゃべるな』ときつく言っているようだ」(代表の主力選手に近い関係者)と異例の“かん口令”まで敷いた。

    指揮官のめちゃくちゃな迷走に選手たちの不満は爆発寸前。両者の関係は修復不可能な域にまで達し、チームは空中分解の危機に陥っていると言っていい。

    このままではW杯切符の獲得は難しく、監督交代が現実味を帯びてくる。解任ならリオ五輪代表を率いた手倉森誠コーチ(48)の暫定指揮が既定路線。しかし、五輪で惨敗を喫し国際舞台で実績ゼロの指揮官にW杯を託すのは心もとなく、協会内にも反対意見は多い。

    次戦のサウジアラビア戦(11月15日、埼玉)後は最終予選が約4か月空くため、外部招聘の準備期間は少なからずある。そこで急浮上しているのが、2年前のブラジルW杯まで日本を指揮したアルベルト・ザッケローニ元監督(63)だ。

    「いざという時にはザックの選択肢もある。アジアでの戦いを熟知しているし、選手も知っている。緊急登板でも結果を出せるはず」(代表に選手を送り出すJクラブ関係者)

    ザッケローニ氏は1月に中国1部リーグ・北京国安の監督に就任したが、成績不振で5月に解任されており、現在はフリーの身だ。攻撃的なパスサッカーは代表選手の目指す方向性と一致し、ロシアW杯本大会で通用するかは別として、対アジアでは有効。選手の特徴は4年間の指揮で把握しており、短期間でのチーム再建に期待が持てる。本人もオファーがあれば、前向きに検討する準備があるという。

    サウジアラビア戦の結果次第では、ハリル解任→ザックジャパン復活という驚きの展開もありそうだ。

    東スポWeb 10月13日 5時11分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161013-00000000-tospoweb-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ