海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:シャペコエンセ

    1:朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/:2016/12/12(月) 18:55:29.49 ID:CAP_USER9.net
    2016年12月12日(Mon)12時01分配信
    photo Getty Images
    シャペコエンセのエリオ・ネト【写真:Getty Images】


    シャペコエンセの飛行機事故から生還した選手の一人であるDFエリオ・ネトは、昏睡状態から目を覚ましたものの、事故のことは覚えていないという。11日付のブラジル『グローボエスポルチ』が伝えている。

    ブラジル1部リーグのクラブであるシャペコエンセを乗せた飛行機は、コロンビアで開催が予定されていたコパ・スダメリカーナ決勝1stレグの試合へ向かっていたが、コロンビアのメデジン近郊で墜落。選手19名を含む71名が命を落とす大惨事となった。だが6名が奇跡的に救助されており、31歳のDFネトも一命をとりとめた選手の一人となった。

    メデジンの病院に入院し、昏睡状態に置かれていたネトだが、現在は自発呼吸や会話ができるまでに回復したとのこと。だが墜落事故のことを覚えてはおらず、知らされてもいないようだ。

    ネトは医師に対し、決勝の試合がどうなったかを何度も質問したとのことだ。自分が入院しているのはプレー中の何らかの負傷によるものだと考えている様子で、自分に何が起こったのかも質問しているという。実際には決勝は中止となり、シャペコエンセに優勝のタイトルが贈られることが決定している。

    事故の事実をネトに伝える上では、慎重な対応が取られることになる。「回復に悪影響を及ぼしかねない感情的ショックを避けるため、言わない方が良いと心理学者から勧められている。心理学者からのより詳しい見解を待ちたい」とシャペコエンセのクラブドクターはコメントしている。

    【了】
    http://www.footballchannel.jp/2016/12/12/post189546/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/07(水) 01:03:40.91 ID:CAP_USER9.net
    かつてセレッソ大阪で指揮を執ったレヴィー・クルピ氏が、飛行機墜落事故で多くの犠牲者を出したシャペコエンセ(ブラジル1部)の監督に就任する意向を明かした。同氏はツイッターを更新し、思いを綴っている。

    クルピ氏は「私は昨日の朝に起きて、シャペコエンセでの仕事をボランティアで務める提案をすることに決めた。5月の州選手権が終わるまでの間だ」とツイート。無給で同クラブの指揮を執る意向を明かした。

    クルピ氏は1953年生まれの63歳。1997年と2007年から2011年、そして2012年8月から2013年にかけて3度に渡ってC大阪を率いた。

    サンパウロやパルメイラス、ボタフォゴ、クルゼイロ、フルミネンセなど、ブラジルの国内の数々のクラブを渡り歩いている、経験豊富な指揮官だ。シャペコエンセでの指揮は実現するだろうか。

    SOCCER KING 12/6(火) 23:14配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00524101-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/03(土) 06:56:49.78 ID:CAP_USER9.net
    墜落した飛行機に搭乗しながらも、生存が確認されているシャペコエンセ(ブラジル1部)所属の3名が回復へ向かっている。ブラジルメディア『グローボ』などが2日に伝えた。

    29日、コロンビアのメデジンへ向かっていた航空機の墜落事故で、監督や多くの所属選手、関係者の命を失ったシャペコエンセ。その一方、事故直後に生存が確認され、病院へ搬送されていたGKジャクソン・フォルマンとDFアラン・ラスケル、DFネトの容体は回復傾向にあるようだ。

    同メディアによると、事故の負傷で右足切断手術を行ったフォルマンの治療を担当している病院が経過を報告。一時は右足と同様の処置方法がとられることも報じられていたが、同選手の左足は切断せず、別の方法での治療が進められていることを明かしたという。

    ラスケルは椎骨を負傷しているほか、脚部の一か所を骨折している模様。それでも、障害等は見られず正常な動きが確認されており、回復の見通しは良好であるという。ネトについてはイギリス紙『デイリーミラー』など複数紙が、驚異的な回復を見せていると伝えている。

    また、客室乗務員のシメナ・スアレス氏と技術者のエルウィン・トゥミリ氏はメディアの質問に応えられるほど回復。イギリスメディア『BBC』によると、スアレス氏は機内の電気が消えてから1分もかからずに期待が墜落したことを伝え、トゥミリ氏は「多くの乗客が座席から立ち上がり、叫び始めた。僕はバッグを私の足の間に置き、推奨されるような体勢をとった」と様子を説明した。

    残る一人の生存者は、43歳のジャーナリスト、ラファエル・ヘンゼル氏。『グローボ』などによると同氏は生存者の中で唯一、未だに危険な状態にあるようだ。多くの肋骨骨折が見られ、今後手術を行う方針であるという。今後の回復が待たれる。
    2016-12-03_09h53_51
    SOCCER KING SOCCER KING 12/3(土) 6:47
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00522896-soccerk-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/12/03(土) 06:26:24.78 ID:CAP_USER9.net
    元ブラジル代表FWロナウジーニョ(36)が、コロンビアで起きた飛行機墜落事故で選手19人が亡くなったブラジル1部シャペコエンセでのプレーを申し入れていることが分かった。

    兄で代理人のアシス氏が、地元紙グロボに「コンタクトがあれば積極的に考える。助けになりたい」と語った。シャペコエンセにはブラジル各クラブが選手の無償レンタル移籍を申し出ているほか、元アルゼンチン代表MFフアン・ロマン・リケルメ(38)も現役復帰してプレーする意思を示している。

    FIFAは2日、シャペコエンセの悲劇を受けて全世界で今週末に行われる試合で1分間の黙とうと全選手が喪章をつけるように要望。11日の同1部最終節でシャペコエンセと対戦予定だったアトレチコ・ミネイロは試合を棄権するとブラジル協会に伝えた。一方、ボリビアの航空当局は航空機を運航していたラミア・ボリビア航空の運航免許を停止した。
    2016-12-03_07h33_46
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/12/03/kiji/K20161203013837930.html
    2016年12月3日 05:30
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 11:12:45.61 ID:CAP_USER9.net
    [ラウニオン(コロンビア)/シャペコ(ブラジル) 30日 ロイター] - ブラジル南部を拠点とするサッカーチーム、シャペコエンセの選手らが搭乗していたチャーター機が28日にコロンビア中部メデジン近郊で墜落した事故で、操縦していた機長が最後の言葉で燃料切れを口にしていたことが分かった。

    音声記録によると、ボリビア人の機長はメデジン空港の管制塔通信士に対し、同機の電気系統が全面停止し、燃料切れの状態にあると述べ、緊急着陸を要請していた。

    事故による犠牲者は71人で、生存者は選手3人、ジャーナリスト1人、乗員2人の合計6人。助かった乗員の一人は、コロンビアのラジオ局に対し、万が一の際の手順に厳密に従ったことで命が救われたとし、「乗客の多くは席を離れ、叫び出した。私は荷物を両足の間に入れて胎児のように丸くなる体勢を取った」と語った。

    本拠地のブラジル南部シャペコでは学校が休校に、店舗や事務所も休業となった。遺体が戻るのを待ちたいと、スタジアムの外にテントを組み立てる熱心なファンの姿も。ファンの一人カウア・レジスさんは「勝利の時も、悲劇の時も、何があってもここにいる」と語った。

    シャペコエンセとコパ・スダメリカーナ(南米杯)決勝の第1戦を30日に戦う予定だったコロンビアのアトレチコ・ナシオナルは、「われわれにとってシャペコエンセは永久に2016年南米杯王者」と述べ、同クラブに敬意を表して優勝トロフィーが授与されることを希望した。
    2016-12-01_14h17_00
    ロイター 12/1(木) 10:57配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000030-reut-spo
    続きを読む

    1:THE FURYφ ★@\(^o^)/:2016/11/30(水) 10:35:20.16 ID:CAP_USER9.net
    現地時間28日、ブラジル1部シャペコエンセの選手たちを乗せた飛行機が墜落する事故が起きた。一方で、遠征に帯同しなかったことで助かった選手もいる。32歳のGKマルセロ・ベックは自分の誕生日を祝うため帯同しなかったと、スペインメディア『ムンド』が報じている。

    チームでは第3GKのポジションにいるベックだが、当初は遠征に帯同する予定だった。しかし、同メディアによると、11月28日に誕生日を迎える自分を祝うためクラブに対してブラジルに残りたいとの希望を出していたとのこと。

    これをクラブは受け入れ、ベックは遠征に帯同せず命拾いしたようだ。ベックは昨季途中までポルトガル1部のスポルティングCPに在籍し、田中順也とチームメイトだった。
    beek_getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161130-00010010-footballc-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ