海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:シャルケ

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/19(水) 17:16:34.20 ID:CAP_USER9.net
    内田篤人が16日のダルムシュタット戦でベンチ入りを果たした。リーグ戦でのベンチ入りは実に2015年4月11日のフライブルク戦以来のこととなる。だが残念ながら、ダルムシュタット戦で出場機会は訪れなかった。

    試合後のミックスゾーンで「このベンチ入りは前進なのか?」という質問が投げかけられると、内田はこう答えた。「まあ入らないよりはいいですからね。ちょっとずつこう……いつぶりかも覚えてないけど」

    少し自嘲的な笑みを浮かべながらも、「前進に決まっているじゃないか」というニュアンスで、やんわりと質問をかわした。



    ダルムシュタット戦でリーグ戦では2年ぶりにベンチ入りした内田篤人 3月にハノーファーとの練習試合で90分間出場を果たしてから1カ月弱。今回はベネディクト・ヘヴェデスの負傷やマティア・ナスタシッチの出場停止などがあってのベンチ入りだった。

    とはいえリーグ戦でベンチ入りしたということは、当然、出場の可能性があるということ。消化試合だった12月のヨーロッパリーグ(EL)ザルツブルク戦とは全く意味合いが違う。ようやく戦力として見なされるところまできたというわけだ。

    「よかったよ、一応メンバーに入れたのは。試合ができると監督が思ってくれているということだから」「監督から使える選手だと認識されることがやはり重要?」と、合いの手を入れてみる。

    「そうそう。俺がいくら口で言っても……(プレーで示さないといけない)。監督は練習をちゃんと見てるから、100パーセントできる状態じゃないと使わない」久々のリーグ戦ではあるが、すでに練習には完全復帰している。この日は出場には至らなかったということもあり、特別な感慨はなかったようだ。

    「出たいは出たかったけどね。練習をやってく中で自分がちょっとずつやれるなという部分もあるけれど、長い間休んでいたから、(まだ時間がかかる)という部分もあるし。そこらへんは時間と自分の練習の質と量だから。自分がケガして自分が問題を抱えたのだから、自分で解決していかないと」

    リーグ戦は残り5試合。ELも結果次第でまだ試合が残っている。次なるステップは形式だけでない戦力としての試合出場となる。現実的にそれはいつごろになるのか。試合スケジュールを見ながら内田は目標を定めようとしている。

    ELでは今週、アヤックスとホームで対戦する。アウェーの第1戦は2-0で敗れており、タフなゲームになるのは間違いない。続いて行なわれるリーグ戦の相手はライプツィヒ、さらにレバークーゼン戦と、難敵との試合が続く。

    「大事な試合が続くから、ディフェンスをコロッと変えるのは監督としても(難しい)ね。

    俺は2年 やってないから、(マルクス・ヴァインツィアル監督は)対戦相手としてはやっているけど、俺のことを(シャルケの監督としてはあまり)知らないというのもある。それが今までと違うね。以前は監督が変わってもスタッフは変わらなかったりしたから、離脱していても俺のことを(新監督に)伝えてくれていたりもしたけれど、今季はスタッフがみんな変わっちゃったから、誰も俺のことはあまり知らない。言ってみればまっさらな状態」

    強豪との対戦が終わって「狙うのはその次あたり」と、冗談めかして言う。「レバークーゼンの後はどこだっけ? そうやって考えながらやっていきますよ」

    ラスト3節はアウェーでフライブルク戦、ホームでのハンブルガーSV戦、そしてアウェーでのインゴルシュタット戦と続く。「スタメンは狙っているけど、一緒に練習する時間とか、タイミングがあると思うので、そこを自分で投げ出さずにしっかりやる」

    先発出場してこそ、ディフェンダーとしての本当の復帰であることは本人もわかっている。だがこの日のリーグ戦ベンチ入りは、小さくとも確実な一歩だった。「いちおう前に進んでいると思う。俺はやれると思う。タイミング次第。それが今シーズン、5試合のうちにあるか」

    最後は自分自身に言い聞かせるように言った。

    2017年4月19日 7時45分 Sportiva
    http://news.livedoor.com/article/detail/12954529/
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/03/21(火) 15:23:50.26 ID:CAP_USER9.net
    内田が代表戦ウィークに行われるハノーファーとのチャリティーマッチに出場する。

    日本代表DF内田篤人がリーグ戦中断期間に、実戦復帰へ向けたステップを踏むようだ。ドイツ紙『デア・ヴェステン』が報じている。

    内田は昨年12月、ヨーロッパリーグのレッドブル・ザルツブルク戦で約1年9カ月ぶりに実戦復帰を果たした。しかし、万全の状態まで戻るには至っておらず、’公式戦の出場は未だ7分間に留まっている。

    そんな中、シャルケは国際Aマッチデーの23日にハノーファーとチャリティーマッチで対戦する。内田が出場する見込みであることを、アクセル・シュスターSD(スポーツディレクター)が明かした。

    「内田の膝のケガはもう完全に癒えている。だが、長い間休んだ後に負荷がかかり、筋肉系の問題がいくつか発生した。ハノーファーとの試合には帯同するよ」

    自身の肉体と戦い続けている内田だが、代表戦ウィークのチャリティーマッチを転機とすることはできるだろうか。
    2017-02-27-schalke-atsuto-uchida_rmde325ewwcq1whm988azscd4
    http://m.goal.com/s/jp/news/123

    続きを読む

    2017-02-20_07h53_14
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/20(月) 03:22:40.14 ID:CAP_USER9.net
    第21節 2/19(日)25:30 ラインエネルギー・シュタディオン

    1.FCケルン 1-1 シャルケ04

    得点
    0-1 アレッサンドロ・シェプフ(前半2分)
    1-1 アントニー・モデスト(前半43分)

    (大迫は先発フル出場 内田はベンチ外)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929742

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/30(月) 08:43:34.28 ID:CAP_USER9.net
    昨年12月8日の欧州リーグ戦で右膝のケガから約1年9カ月ぶりに実戦復帰を果たしたシャルケの内田篤人選手が、29日に放送されたテレビ東京系スポーツ番組『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』(毎週月~金曜23:58~24:12、土曜23:00~23:55、日曜22:54~23:30)に出演。復帰劇の裏にお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜の支えがあったことを明かした。

    今回、内田とピースの又吉直樹が対談。2014年6月に右膝膝蓋腱(みぎひざしつがいけん)の手術を受け、1年9カ月のリハビリの末にピッチに戻ってきた内田が、復帰までの苦悩などを打ち明けた。

    リハビリ期間中は多くの人たちに支えてもらったそうで、中でも春菜とは「リハビリで日本にいる間、週5くらいでご飯食べてました」と告白。「ご飯だけ食べて笑かせてくれて帰る」といった感じだったそうで、近藤の明るさと気遣いに勇気づけられたという。

    春菜もVTR出演し、「早く良くなってピッチに立ってほしいっていう気持ちはもちろんあって、でも祈ることしかできないので、だったら一瞬でも(ケガを)忘れられるような楽しいご飯会とか、そういうのをしたいなと思ってみんなでワイワイしてた」と説明。

    「初めて会う人に『膝どうなんですか?』とか聞かれるときに、本人は普通にしゃべるんですけど、なんかこっちがつらいって場面もあったりして、本人はあんま(つらさを)出さないようにしてましたけどね」と振り返り、最後に「ピッチに立つ内田選手を生で私も見たい、生で応援したいので、これからもトップでやり続けてほしいですね」とエールを送った。

    マイナビニュース 2017年1月30日 00時18分
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170130/Cobs_581170.html

    写真
    続きを読む

    [1.27 ブンデスリーガ第18節 シャルケ0-1フランクフルト]

    ブンデスリーガは27日、第18節1日目を行い、MF長谷部誠の所属するフランクフルトは敵地でDF内田篤人所属のシャルケと対戦し、1-0で勝利した。3試合ぶりに3バックのリベロとしてフル出場した長谷部は前半33分に今季初アシストで決勝点を演出。内田はメンバー外だった。

    長谷部がFKで昨年5月7日のドルトムント戦(1-0)以来となるアシストを記録した。前半33分、PA右でFKを獲得すると、長谷部のグラウンダーのキックをFWアレクサンダー・マイヤーがワンタッチで押し込み、先制点。マイヤーは7試合ぶり今季5得点目となった。

    1点ビハインドで前半を折り返したシャルケも反撃に出るが、後半10分、右サイドのスローインからつないでFWギド・ブルクシュタラーがシュートを放つ。その直後にもMFナビル・ベンタレブが左サイドからアーリークロスを入れ、再びギドがワンタッチでゴールを狙ったが、いずれも枠を捉えられなかった。

    対するフランクフルトは後半21分、MFミヤト・ガチノビッチの右FKにマイヤーが合わせるが、枠外。追加点とはならず、後半40分にDFマイケル・ヘクターを投入して守備を固めた。そのまま1-0で逃げ切ったフランクフルトは2試合ぶりの白星で、17年初勝利。暫定ながら順位も6位から3位へ上げている。
    news_slider_208468_1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-01636266-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 15:11:07.19 ID:CAP_USER9.net
    シャルケに所属するDF内田篤人は内転筋により、ブンデスリーガ後期開幕戦である21日のインゴルシュタット戦は欠場する見込みのようだ。
    ドイツ紙『レヴィアシュポルト』が報じた。

    内田は10日、ベルギーのオーステンデとの練習試合に出場し、45分間プレー。決勝アシストも記録し、順調に公式戦復帰への道を歩んでいたが、14日に行われたケムニッツ戦は欠場。内転筋痛のため、と伝えられていた。

    11日に合宿地のスペインからドイツへ戻った後、内田は内転筋に問題を抱えることになったという。そのため、今週いっぱいはランニングメニューのみをすることになるようだ。

    従って、ブンデスリーガ後期開幕戦である21日のインゴルシュタット戦には招集メンバーに含まれないことも決定されたとのこと。23日に予定されているケガの調査次第で内田がまた来週からチーム練習に復帰できるかが決まると伝えられている。

    長期離脱から戦線復帰した内田だけに、チームも本人も慎重に事を運んでいきたいと考えているはずだ。

    GOAL 1/19(木) 8:22配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000032-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 12:48:46.36 ID:CAP_USER9.net
    レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司が再びドイツに帰ってくる可能性が浮上している。

    シャルケは今シーズンも強豪復活とはいかず、不振にあえいでいる。前半戦を終えて11位と低迷し、今冬の移籍市場ではバイエルン・ミュンヘンからDFホルガー・バドシュトゥバー、ニュルンベルクからFWグイド・ブルグスタラーを獲得した。

    すでに冬の補強は完了したと見られているが、ドイツ紙『ビルト』は岡崎がシャルケの救世主となる可能性を示唆している。

    同紙では、シャルケがFWルイス・アドリアーノ(スパルタク・モスクワ加入が決定)、ナポリFWマノロ・ガッビアディーニを長く追っているとしながら、岡崎がチームにとって最適解となると伝えている。シャルケは適応に時間がかからないブンデスリーガをよく知るFWを必要とし、レスターでサブに甘んじる岡崎に目をつけたようだ。

    また、シャルケのSDを務めるクリスティアン・ハイデル氏は昨シーズンまで24年間マインツでゼネラルマネジャーを務め、2013年から2015年まで同クラブでプレーした岡崎の能力を高く評価している。

    フランコ・ディ・サント、クラース・ヤン・フンテラール、ブレール・エンボロなどFW陣が軒並みケガで離脱しているシャルケ。それだけに、ブンデスリーガですぐに活躍できるFWを必要としており、岡崎の獲得に本腰を入れる可能性は十分にあるだろう。

    GOAL 1/17(火) 11:19配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000002-goal-socc

    写真

    フットボールチャンネル 岡崎が内田のチームメートに? 選手をよく知るシャルケSDが獲得に興味か
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00010020-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/11(水) 16:46:34.53 ID:CAP_USER9.net
    818d16dc-c3f9-46f0-a019-f04c3fe5ed6a
    スペインでキャンプを行っているシャルケ。

    10日、練習試合でベルギー1部のKVオーステンデと対戦し、内田篤人がアシストをマークした。

    内田はこの日、後半スタートから出場。

    復帰戦となったELのレッドブル・ザルツブルク戦以来のプレーとなったが、後半の開始直後に勝ち越しゴールを演出している。



    左サイドバック、セアド・コラシナツからのクロスをヘディングで折り返すと、エフゲン・コノプリャンカがアクロバティックなボレー!

    内田のアシストは復帰後もちろん初めてであり、結局このゴールが決勝点となりシャルケが2-1と勝利している。



    公式Twitterアカウントも「おかえり!」とのメッセージ。

    シャルケはこの後ケムニツァーFCと練習試合を行い、インゴルシュタットとのリーグ戦に臨む。内田の本格的な実践復帰は、もうそこまで迫っている。

    http://qoly.jp/2017/01/11/atsuto-uchida-assist-vs-kv-oostende-kwm-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/09(金) 09:34:45.62 ID:CAP_USER9.net
    シャルケのDF内田篤人がザルツブルク戦で約1年9カ月ぶりに実戦復帰を果たした。試合後、インタビューに応じ、心境を語った。

    シャルケは8日、ヨーロッパリーグ・グループステージ第6節でザルツブルクと対戦。試合には0-2で敗れたが、83分から内田が途中出場し、待望の復帰を果たした。

    内田は試合後「展開的に難しかったし、メンバーも入れ替わりましたけど」と話しながら、久々の実戦復帰を振り返った。

    「もう最後の何分かはキーパーが上がったりして壊れた試合になっちゃったけど、それまでは同点を目指していたので、右サイドの人と上手くやりながら攻め上がったりしました。どうしてもみんな疲れていたので後ろに残ることも多くなりましたけどね」

    「(南野拓実のシュートをブロックしたことについて)彼は下を向いていたので、動かずに当てに行っただけですね」

    また、試合前にはキャプテンのベネディクト・ヘヴェデスと談笑するシーンもあった。何を話していたのかという質問に「彼は長く面倒も見てくれるキャプテンだし、ずっと声をかけたりしてくれてました。その時は『ケガなく戻ってきてくれてありがとう』的な感じでしたね」と明かしている。

    最後に今後については「もちろんここからスタートだと思いますし、これからが大変で、自分のサッカー人生を取り戻すために頑張ります」と力強く語った。
    2016-12-09_10h02_25
    GOAL 12/9(金) 7:27配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000034-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ