海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:シャルケ

    1057058_imgw750
    1:ゴアマガラ ★@\(^o^)/:2016/08/18(木) 21:50:31.66 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのドイツ1部リーグ、シャルケは18日、所属するDF内田篤人が右膝の治療とリハビリのため日本へ一時帰国することを明らかにした。シュスター・スポーツディレクターによると、復帰の見通しは全く立っていないという。

    内田は昨年6月、長年痛みを抱えていた右膝の手術を受けたが思うように回復していない。
    公式戦の出場は昨年3月が最後。ことし8月にはシャルケの下部組織の練習に参加したが、その後に痛みが悪化した。(共同)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20160818/bun16081821030006-n1.html
    続きを読む

    2016-07-09_14h08_11

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/12(火) 19:18:34.31 ID:CAP_USER9.net
    右膝手術からの復帰を目指すDF内田が8月27日か28日のリーグ開幕戦フランクフルト戦でベンチ入りする可能性が浮上した。

    WAZ(電子版)が11日にハイデルGMの「内田は開幕戦にベンチに入ることも可能だ」とのコメントを紹介。「長い離脱だったが、ワインツィアル新監督の構想にも入っている」との記事を掲載した。内田は6月上旬から古巣・鹿島のグラウンドでボールを使った練習を再開。9日に渡欧してチーム練習に合流している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00000069-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/09(土) 12:53:12.37 ID:CAP_USER9.net
    サッカードイツ1部・シャルケのDF内田篤人(28)が9日、所属クラブに戻るため成田空港からドイツへ出発した。昨年6月に膝蓋腱の手術を受けた右膝のリハビリやトレーニングを古巣のJ1鹿島などで行っていた。試合復帰の時期は明確には設定しなかったが、「このまま終われないなという思いも強いです」と強い決意を口にした。

    最後に公式戦出場をしたのは昨年の3月、欧州チャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦で、約1年4カ月が経過してしまっている。手術自体は成功し、シャルケの全体練習にも一度は復帰したが、再び離脱。今年2月に帰国し、5月からは古巣の鹿島協力のもと、リハビリやトレーニングを続けてきた。

    現時点では、ある程度のダッシュをしたり、ミニゲームに参加したりはできるが、相手選手との接触プレーはまだできていないという。その中で、「少し光が見えてきた」、「ちょっとずつ良くはなっているので、もう少しかなと思います。鹿島はリハビリでお世話になったので、しっかりと復帰したい」と前向きな言葉も残した。

    シャルケでスタッフと相談し、全体練習合流までのスケジュールを決める。8月末にドイツ1部リーグは開幕するが、「チームは(開幕からは)考えてないんじゃないかな。1年半ぐらい(離れている)」「開幕がピークじゃない」と焦らず復帰を目指す。ただ、9月開幕のロシアW杯アジア最終予選については「(招集されて)間に合えば行きます。間に合わなかったら行かないですし」と状況が整えば参加する意向だ。
    2016-07-09_14h08_11
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00000027-dal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/02(木) 18:19:39.73 ID:CAP_USER9.net
    鹿島アントラーズは2日、シャルケに所属するDF内田篤人をクラブで受け入れ、リハビリのサポートをしていることを発表した。鹿島の公式ツイッターが伝えている。

    内田は昨年6月に右ひざ蓋腱炎症の手術を行った後、復帰を目指してトレーニングを続けてきた。今年2月に帰国して国内でのリハビリを行ってきたが、今シーズン中の実戦復帰は叶わず。5月24日から29日まで千葉県内で行われた日本代表欧州組強化合宿には参加し、別メニューで汗を流した。

    今回の発表によると、鹿島は日本サッカー協会(JFA)の要請により、内田を受け入れている。
    代表メディカルチームとの連携のもと、同選手のリハビリをサポートすると伝えられている。

    内田は1988年生まれの28歳。清水東高校を経て2006年に鹿島へ加入した。2007年から2009年までJ1リーグで3連覇を果たしたチームの一員として活躍し、2008年と2009年にはベストイレブンを獲得。2008年1月に日本代表デビューを果たした。2010年7月にシャルケへ移籍し、同クラブでのプレーを続けている。
    2016-06-02_20h02_41
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160602-00450669-soccerk-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 15:34:48.10 ID:CAP_USER9.net
    キリンカップに向けた国内合宿には試合に出場しない選手も呼ばれていた。負傷中の内田篤人もその1人。慣れ親しんだ代表メンバーと共にトレーニングし、英気を養った内田だが、なかなか回復できないことへのもどかしさも感じている。完全復活するために内田は1人、戦っている。

    「みんなと同じグラウンドでやらせてもらうのはありがたい」

    6月のキリンカップ2連戦(3日・ブルガリア戦=豊田、7日=デンマークとボスニア・ヘルツェゴビナのいずれか=吹田)に向け、24日にスタートした日本代表欧州組合宿も29日が最終日。

    前日午後にキャプテン・長谷部誠(フランクフルト)が合流し、総勢15人が揃った状態で最終調整が行われた。真夏の太陽が照りつける中、選手たちは4対4や6対6+GKなど実戦的なメニューを2時間近く消化。キリンカップ本番に向けて臨戦態勢が整ったようだ。

    「ケガ人が出なくてよかった。練習は去年の方がきつかったですね。でも本番はここから。去年もこれをやってシンガポールに勝てなかったし、試合に勝てないと意味がない」と吉田麻也(サウサンプトン)は1年前の2018年ロシアW杯アジア2次予選初戦の失敗を引き合いに出し、改めて気持ちを引き締め直していた。

    この後、代表メンバー12人は初戦の地・豊田へ移動したが、山口蛍(ハノーファー)、武藤嘉紀(マインツ)、内田篤人(シャルケ)のリハビリ3人組は解散となった。

    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任直後の2015年3月のチュニジア(大分)・ウズベキスタン(東京・味の素)2連戦以来の代表活動参加となった内田は「リハビリが長くて繰り返しの環境の中、日本代表のトレーニングに呼んでくれるのはすごいありがたい。1人でやるより、みんながサッカーをやっている同じグラウンドでやらせてもらえるのもすごいありがたいですね」としみじみと語っていた。

    「日常生活の痛みも…」。内田が吐露した早く回復できない現状

    所属のシャルケでも、2014年2月9日のハノーファー戦で右大腿部を負傷し、長期離脱を強いられてから、満足いくプレーができていない。2014年ブラジルW杯は強行出場したものの、14/15シーズンは出たり出なかったりで状態が安定しなかった。

    そして2015年3月10日のチャンピオンズリーグ(CL)レアル・マドリー戦を最後に公式戦を遠ざかり、すでに1年2ヶ月を超える時間が経過している。昨年7月の右ひざ手術後も長いリハビリを続けていたが、今年2月中旬に突如、帰国。今季中の復帰は叶わなかった。それだけの空白期間を強いられるトップ選手はなかなかいない。それゆえに、彼の言葉には切実感が色濃く伺えた。

    内田の右ひざの状態は、現時点でも芳しいものとは言えない。今回、久しぶりにピッチ上に現れた日本ナンバーワン右サイドバックの両足の細さには、多くの報道関係者から驚きの声が挙がった。

    2月中旬にシャルケでトレーニングしていた時はブラジルW杯の頃と変わらないくらい上半身・下半身ともにガッチリしていただけに、「そこまで急激に状態が悪化したのか…」と勘繰る声が出ても不思議ではなかった。

    「今はひざの手術したところが痛いんじゃなくて、その周りなんです。日常生活の痛みもまだしっかり足を踏み込んだりっていうのがないとあります。筋力をつけるのも、刺激が入ってないと難しいかなと。ずっと試合やってきたのが蓄積されて姿勢やひざに負荷が来たんで。

    このケガで苦労してるスポーツ選手はすごく多いんだけど、僕の場合は(患部が)骨化した。そういうケースはなかなかないんです。日本全国のドクターとかトレーナーが『俺に診せろ』と言ってきて、いろんな人の話も聞きました」と彼は最近の状況を包み隠すことなく説明していた。

    この合宿最終日も、代表チームのトレーナーが内田の右ひざと腰をテーピングでグルグル巻きにし、ゆっくりと走った姿を前から動画撮影し、それを何度も本人と確認しながら修正を図る場面が見受けられた。体のバランスが崩れ、右ひざに負担が集中するようになってしまったからこそ、こうした矯正が必要なのだろう。
    20160530_uchida_edit

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160530-00010009-footballc-socc&p=1
    フットボールチャンネル 5月30日(月)10時44分配信
    続きを読む


    1628_1
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/03(火) 11:43:09.69 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ1部シャルケ04のDF内田篤人(28)が2日、来季開幕の復帰に向け、J1鹿島のクラブハウスでリハビリをスタートさせた。

    昨夏に手術を受けた右膝のリハビリと検査で2月に一時帰国。都内でトレーニングを行ってきたが、今後は復帰を見据えて鹿島で練習の強度を上げていく考え。シャルケと鹿島のクラブ間で調整がつき次第、両クラブから正式発表される。

    ランニングなどを行った内田は右膝の状態について「日によって違う。良くなったり、悪くなったり。(復帰まで)時間がかかる(けが)なので」と話した。すっかり色白になった肌を見た古巣の同僚から「まずは日を浴びることから始めろ!」とゲキが飛ぶ中、内田は「だいぶ休んでいたのでオフはいらない。来季のキャンプからやれるようにしたい」と7月中のチーム合流を目標に掲げた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160503-00000036-sph-socc
    続きを読む

    2016-04-11_00h46_29
    ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、またも“ルール・ダービー”で躍動した。10日に行われたブンデスリーガ第29節でドルトムントは、DF内田篤人の所属するシャルケと対戦し、2-2の引き分けに終わった。ドイツ紙『ビルト』が同試合の採点を掲載した。

     フル出場した香川は、49分に芸術的なループシュートを沈めて、ダービー戦通算4ゴール目となる先制点を獲得。ブンデス100試合出場となった前節に続く2試合連発で、今シーズのリーグ戦7点目となった。

     このゴールを「ワールドクラスのループ」、「年間ベストゴールの候補」と絶賛した同紙は、香川にこの試合最高点タイの「2」(最高1点、最低6点)をつけた。その他、DFマッツ・フンメルス、MFマティアス・ギンター、MFヘンリク・ムヒタリアンが「2」で並んでいる。

     また、地元紙『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』は、「後半開始直後は素晴らしかった。エリア内からのループシュートは一見の価値あり」と香川を称賛。だが、2-2で迎えた71分に決定機を外したため、「3-2としなければならなかったが、GKラルフ・フェアマンをかわすことはできなかった」として、採点「3」で評価は伸び悩んだ。


    続きを読む

    1: ◯( ´∀` )◯ ★@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:26:34.62 ID:CAP_USER*.net
    SOCCER KING 4月11日(月)0時20分配信
    2016-04-11_00h46_29
    香川の先制ゴールを喜ぶドルトムントの選手たち [写真]=Bongarts/Getty Images

     ブンデスリーガ第29節が10日に開催され、DF内田篤人が所属するシャルケと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントによる“ルール・ダービー”が行われた。香川は2試合ぶりの先発出場。負傷の内田はベンチ外となった。

     ドルトムントが2位、シャルケが7位という状況で迎えた“ルール・ダービー”。昨年11月に行われた同一カードでは、ドルトムントが3-2でシャルケを破った。チャンピオンズリーグ(CL)出場権を目指すシャルケはホームでライバルにリベンジを果たしたいところ。一方、ドルトムントもバイエルンとの優勝争いを繰り広げており、勝点3確保が求められる。

     7日にヨーロッパリーグ準々決勝でリヴァプールと対戦したドルトムントは、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンやガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンら主力選手を温存。3-4-3のフォーメーションでこの試合に臨み、最前線にコロンビア代表FWアドリアン・ラモス、左FWに香川、右FWにアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチが入った。

     最初に決定機を迎えたのはドルトムント。23分、右サイドからのスローインをA・ラモスが競り合い、こぼれ球を拾ったプリシッチがエリア内右に進入して右足シュート。しかし、ここは枠の左に外してしまい、決定機を逃す格好になってしまった。

     一方のシャルケもチャンスを作る。33分、エリア手前右でピエール・エミール・ホイビュルクからパスを受けたレロイ・ザネが左足を振り抜く。強烈なシュートがドルトムントのゴールを襲ったが、ここはわずかに枠の右に外れてしまった。

     さらに40分、シャルケは中盤でボールを持ったユネス・ベルアンダが右サイドを走るジュニオール・カイサラへスルーパス。エリア手前右からミドルシュートを放ったが、ここはわずかに枠の左へ外れてしまった。このまま0-0でハーフタイムを迎える。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00429716-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ