海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:シャルケ

    CYK4Y0qUoAAJqJb
    CYOZcweUoAAlPcH
    CYOZdLxVAAECk58
    CYOZeqzUQAETxsX
    続きを読む


    CXAc8PdUQAA3K9D
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 02:48:32.24 ID:CAP_USER*.net
     シャルケのDF内田篤人(27)が24日深夜、不幸エピソードを披露するフジテレビ「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2015」に生出演。空き巣被害に遭っていたことを明かした。

     内田は同局の「すぽると!」に生出演し、そのまま「明石家サンタ」のスタジオにも登場。不幸なエピソードとして「試合頑張って、(家に)帰ったら空き巣に入られていました」と告白。「100万ちょっと」と被害額も明かすと、司会の明石家さんま(60)は「うそやろ!」と驚き即座に合格の鐘を鳴らした。

     内田が賞品として引き当てたのは「エクササイズ機器」。比較的高額な賞品だが不満げな表情を浮かべ、「毎日(右膝の)リハビリで乗っている」とぼやいた。

     その後もう1ネタ披露。空き巣被害の数日後引っ越ししたところ「近所の子供に『シンジカガワ』と言われました」。また合格を勝ち取ったが、当てた商品は5月6日出発の豪華客船の旅。シーズン真っ最中で利用できないとあって、エクササイズ機器とともに返上した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-00000155-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450979312/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 17:13:39.62 ID:CAP_USER*.net
    「自分が居座んなきゃダメだと思う半面、誰もいないのかよ、という気も…」
    2016年に復帰予定の内田篤人選手が、ドイツのゲルゼンキルヘンでサッカーダイジェストのインタビューに答えてくれた。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表を、彼はどう見ているのか。

    ―――◆―――◆―――

    ──日本代表について訊かせてください。まずは、ハリルジャパンの印象を。

    「報道ではもっと点が取れるのではと批判されているけど、自分は勝てばいい、と思っている。なんで選手がそれを言わないんだろうと不思議です。インタビューで『もう2、3点取れましたよね?』と訊かれても、『勝点3以上に大事なものはない、俺は1‐0が一番好きだ』って返せばいいのに、誰も言わない。自分がその場にいたら絶対にそうコメントしていた。勝負は甘くないんです。1‐0で勝てばオーケー」

    ──予選は内容よりも結果だと?

    「チーム内では『もっとゲームをコントロールできた。もっと点も取れた』という話をしているんだから、監督や選手との間で問題を詰めていけばいい。批判を真に受けて、チームがぶれないようにしてほしい」

    ──現代表は、視聴率低迷や人気低下も叫ばれています。

    「個人的にそういう声は気にしないタイプだし、視聴率がどうのなんて、ドイツでは聞いたことがない。なにを言われようが、チームがぶれる必要はない。実際にやっている現場の人間が、単純に勝てばいいと思えばいい。勝つだけ、です。内容は、表では1‐0でいい。内部では監督を中心に詰めるけど、基本的には勝てばいいんです」

    ──ハリルホジッチ監督の印象は?

    「自分の考えを貫く感じ。意見は聞くけど、一度決めたらこう、という強い意志がある。手術の相談をした時も『自分の膝なんだから、チームがどうこうではなく、お前が正しいと思った判断をしろ』と言ってくれましたからね」

    ──代表戦を外から見ていて、右サイドバックのプレーは気になりますか?

    「もちろん自分のいたポジションなので、またあそこに戻りたい。でも、左サイドは今のところ長友さんで固定されているのに、右がコロコロと変わっているのは気になります。長友さんがやったり、(酒井)宏樹や(酒井)高徳がやったりで、監督はあまりしっくりきてないのかなと。

     宏樹や高徳はブンデスでやれているし、普通にできれば問題はないと思う。でも、実際はふたりとも定着していない。自分が8か月以上も代表から離れているのに、それでは……。助かってますけどね、ある意味。とはいえ、自分が居座んなきゃダメだと思う半面、誰もいないのかよ、という気もします」

    ──「若手、もっと頑張れよ」と?

    「自分が代表にいる間はいいです。ゆっくりやってもらいたい(笑)」

    >>2以降に続く
    2015-12-23_17h56_18
    SOCCER DIGEST Web 12月23日(水)7時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151223-00010001-sdigestw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450858419/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 14:00:24.23 ID:CAP_USER*.net
    サッカー・ドイツ1部シャルケのDF内田篤人(27)が23日、都内で写真展「ATSUTO UCHIDA PHOTO GALLERY supported by HUBLOT」に出席し、トークショーを行った。自身がシャルケに加入した際に監督だったフェリックス・マガト氏がJ1鳥栖と交渉中であることについて、「来るのであればがっつりやってほしい」とらつ腕を振るうことを期待した。

     マガト氏はドイツの名門バイエルン・ミュンヘンや、ヴォルフスブルクをリーグ優勝に導いた実績の持ち主。ハードな体力トレーニングを選手に課すことで知られ、「鬼軍曹」と表現されることもある。めったに弱音を吐かない内田ですら「怖すぎた」と振り返るほどの人物だ。

     トークショー後、取材に応じ、「マガトさんに関しては、決まってないけど、もし来るのであればがっつりやってもらいたい」と持ち前のハードな練習を期待。直接関係がない立場上、「あまり言えないけど…」としながらも、「絶対誰か出てくるはず。いい選手が」とマガト氏の育成能力に太鼓判を押した。
    2015-12-23_15h35_40
    デイリースポーツ 12月23日(水)13時49分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00000061-dal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450846824/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 21:10:55.57 ID:CAP_USER*.net
    ノイシュテッターが日本旅行を振り返る

    今年の6月に観光目的で日本を訪れたシャルケDFロマン・ノイシュテッターが、旅行中に起きた内田篤人との数々のエピソードを話している。

    独紙『11FREUNDE』による、サッカー以外のテーマで話をする企画に参加したノイシュテッター。トークのテーマが旅行になると、6月に行った日本での話に。日本にいる期間は内田が“ガイド役”を務めてくれたことを明かし、新婚・内田夫妻のエピソードを暴露した。

    「彼はインタビューだとあまり自分からは話そうとしないけど、二人きりで出かけるとすごくたくさんドイツ語でしゃべるんだ」

    「それで彼の奥さんは、隣でウッシーのジェスチャーを真似するんだ。この二人はほんとにおもしろい」

    さらにノイシュテッターは内田の日本での完璧な“仕事ぶり”についても話している。

    「ホテルに到着すると、ウッシーは僕のためにビールを2本冷やしておいてくれていて、冷蔵庫の横にはガイドブックとメッセージを書いたメモが置いてあったよ」

    「僕の部屋に迎えに来てくれたときにも、ホテルに何も問題はないかとウッシーが聞いてきたんだ。『さもなくば……』と殴り込みに行く準備をするふりをしながらね」

    怪我で長期離脱している内田だが、ウィンターブレイクに行うフロリダ遠征への帯同を監督が明言しており、いよいよ復帰が近づいている。日本ではガイド役を完璧に務めた内田だが、今度はピッチでの完璧な仕事に期待したい。さもなくばシャルケの上位進出はないだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00010021-theworld-socc.view-000
    1abea2d63cf525da51f4435335511904
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00010021-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449144655/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/27(金) 04:07:59.52 ID:CAP_USER*.net
    6月に右膝を手術し、完全復活を目指すシャルケのDF内田篤人(27)が26日、同クラブの公式ツイッターでメッセージを公開した。

     ツイッターチャット形式で本人が直接ファンからの質問に答えていき、復帰次期については明言しなかったものの、今年1番心に残っているのは「手術の麻酔に勝てなかったこと」と告白。

    壮絶な痛みに心が折れてしまったようだが、リハビリの原動力は「お金」とつぶやくなど相変わらずの“内田語録”を披露。既に心身ともに回復している様子をうかがわせた。

     今一番気になるサッカー選手にはレアル・マドリードのMFイスコを挙げ、今までで一番ボールが取れなかったのは鹿島時代にチームメートだったMF遠藤康だと明かした。また、J1昇格が決まった磐田のことも祝福した。

     内田は50問ほど答えると、「リバビリに行ってきます」と退室。順調に行けば、ウインターブレーク(12月20日から来年1月22日まで)前には全体練習にも合流できる見通しとなっている。
    2015-11-27_06h36_08
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151126-00000152-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448564879/

     
    続きを読む


    897: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/09(月) 02:31:01.61 ID:HFe5rzK40.net
     
    なんちゅーいい笑顔wwww
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446999906/

     
    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/11/09(月) 01:25:06.57 ID:???*.net
    [11.8 ブンデスリーガ第12節 ドルトムント3-2シャルケ]

     ブンデスリーガは8日、第12節を行った。日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、ホームでDF内田篤人の所属するシャルケと「ルールダービー」を戦い、3-2で勝利した。ドルトムントはリーグ4連勝。公式戦の連勝も7に伸びた。フル出場した香川は1ゴールを決める活躍で勝利に貢献した。

     香川が日本代表合流前の一戦で弾みの付く活躍を見せた。前半30分、右サイドから崩したドルトムントは、DFマティアス・ギンターが中央にクロスボールを上げる。これに走り込んだのが香川。DFと競り合いながらも頭に当てて、先制点を奪った。香川のリーグ戦の得点は、9月20日のレバークーゼン戦以来、7試合ぶりとなる今季3点目。公式戦のゴールは7点目となった。

     しかしシャルケも意地を見せる。前半33分、ドルトムントのパスミスを見逃さなかったDFジュニオール・カイサラが中盤でカット。裏に走ったMFリロイ・サネ目がけてパスを出す。そしてサネの折り返しをFWクラース・ヤン・フンテラールが押し込み、すぐさまスコアをタイに戻した。

     ただやはりドルトムントは強い。前半43分、MFヘンリク・ムヒタリアンが左サイドから蹴ったCKをギンターが打点の高いヘッドで合わせて勝ち越し。後半に入ってもすぐの2分、FWゴンサロ・カストロのアシストからFWピエール・エメリク・オーバメヤンが加点。オーバメヤンは2試合ぶりとなるゴールで今季14点目とし、前日ゴールを決めたFWロベルト・レワンドフスキに並んだ。

     シャルケは後半26分、カウンターからの右クロスをゴール前で受けたフンテラールが、GKをチップキックで外す技ありゴールで決めてこの日2点目を決めて、1点差に迫る。しかし同点に迫ることは出来ず、ダービーマッチに敗戦。リーグ戦は3試合勝ちなし、公式戦も含めると、6戦未勝利となってしまった。なお、内田は右ひざのリハビリ中のため、ベンチ入りしていない。
    news_175948_1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151109-01321715-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446999906/

     
    続きを読む

    CTNdqQEUEAQSuRN



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ