海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:シュツットガルト

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 18:37:02.83 ID:CAP_USER9.net
    FW浅野拓磨が来季もシュツットガルトに残留する可能性が高いことが分かった。ドイツ『ビルト』が報じている。

    浅野は昨年7月、広島からアーセナルに完全移籍。しかし、労働許可が下りず、8月にドイツ2部のシュツットガルトに今季終了までの1年契約で期限付き移籍した。加入後は主力の一人としてリーグ戦21試合に出場。2得点にとどまっているものの、FWシモン・テロッデやFWカルロス・マネら前線の選手と息の合った連携を見せている。

    クラブのヤン・シュインデルマイザーSD(スポーツディレクター)は「拓磨は来季もシュツットガルトでプレーする可能性が高い」と、期限付き移籍期間を延長することを示唆。「浅野やマネがレンタルの選手だとは誰も考えていない。彼らは5年プレーしていたかのように溶け込んでいる」と信頼を寄せ、「今月中にアーセナルと連絡を取る予定だ」と話している。

    1年での1部復帰を目指すシュツットガルトは18日に行われた第25節 G・フュルト戦(0-1)で8試合ぶりに敗れると同時に首位から陥落。ウニオン・ベルリンを勝ち点「1」差で追走している。
    2017-03-23_19h31_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-01638062-gekisaka-socc
    続きを読む

    news_210513_1

    1:北村ゆきひろ ★@\(^o^)/:2017/03/04(土) 00:02:37.62 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのドイツ2部リーグで細貝萌と浅野拓磨が所属するシュツットガルトは3日、2014年ワールドカップ(W杯)で優勝したドイツ代表、グロスクロイツとの契約を解除したと発表した。

    クラブの公式ホームページなどによると、2月28日に起きた乱闘に巻き込まれて頭部を負傷し、入院。看過できない行為として、クラブと本人間で契約を解くことで合意した。

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170303/bun17030323490005-n1.html
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/09(木) 20:59:46.42 ID:CAP_USER9.net
    1月末にベルギー1部ヘントに移籍したFW久保裕也と並び、快速FWの浅野拓磨は2016年リオ五輪世代の中で数少ない日本代表定着組となっている。名将ベンゲル監督の目に留まって16年7月、プレミアの強豪アーセナルに引き入れられた。しかし、就労ビザの基準をクリアできず、ドイツ・ブンデスリーガ2部で武者修行することに。「自分は、プレミアの強豪の一員という自信を持ちながら、ドイツ2部で学ぶべき立場でもあります。勘違いすることなく、常に目の前のことに100%ひたむきに頑張らないといけません」と自戒を込めながらも、ヤル気に満ちあふれている22歳の若きストライカーをドイツで直撃した。
    (取材・文/サッカージャナリスト元川悦子)

     ◇  ◇  ◇

    昨年9月に幕を開けた18年ロシアW杯アジア最終予選。初戦(1日)の相手UAEに苦杯をなめた後、敵地バンコクで行われたタイ戦(6日)に先発した浅野は、値千金のダメ押し弾を挙げたことで注目度が一気に高まった。その3日後。9日のハイデンハイム戦で新天地デビューを果たすと20日のブラウンシュバイク戦で初アシストを、そして10月30日のカールスルーエ戦で初ゴールを記録する。その間、ルフカイ監督からヴォルフ監督に指揮官が交代する混乱もあったが、浅野は主にサイドアタッカーとしてコンスタントに起用されて、前半戦はリーガ13試合2得点4アシストとまずまずの数字を残した。

    「最初は相手の寄せの速さ、グラウンドの問題で苦労しました。特に(スリッピーな)ピッチ環境には戸惑いました。切り返しにも気を使い、パスやトラップも難しいものがありました。それでも自分の特長《スピードを生かしたプレー》は、ドイツでも通用するなと感じました。でも、前半戦の2得点という数字には、少しも満足できません。レンタルで来ている自分には(アーセナル復帰という)明確な目標があります。それだけに、シュート一本一本にこだわりを持ってやっていかなければいけないと思います」

    冬のリーグ中断期に浅野は、神妙な面持ちでこう話してくれた。

    中断明けの1月29日のザンクトパウリ戦も左MFで先発フル出場。後半戦も順調な一歩を踏み出したが、1月の移籍期間に左サイドを主戦場とする18歳のクロアチア人FWブレカロが加入。浅野の強力なライバルになると目されている。

    「監督からは『中盤でボールを受けてパスに結び付ける仕事もしてくれ』と言われています。日本では、あまりそこを意識したことがなく、動き出しの部分ばかりを高めてきましたが、ここでは受け手も出し手も両方やらないといけない。チームメートからの信頼も高まっていると思うので、それをより深めていくことが大事だと思います」

    こう話す浅野は、何よりもチームにとって不可欠な戦力になろうと躍起になっている。
    2017-02-09_23h29_57
    続きを読む

    2016-12-01-stuttgart-takuma-asano_1iyzi4zmfe3ga15vfyexlnourv
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/07(火) 06:47:39.57 ID:CAP_USER9.net
    シュツットガルト 2-0 デュッセルドルフ

    得点
    13' Simon Terodde
    19' Julian Green

    http://www.livescore.com/soccer/germany/2-bundesliga/vfb-stuttgart-vs-fortuna-duesseldorf/1-2272740/

    細貝はベンチ入りも出番なし

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/germany/2-bundesliga/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 12:59:36.25 ID:CAP_USER9.net
    日本代表FW浅野拓磨も所属するシュツットガルトは、ブンデスリーガ2部でここまで17試合を戦って3位につけている。首位ブラウンシュバイクとの勝ち点差は2となっており、今のところは良い位置にいると言えるだろう。

    そのシュツットガルトで評価されているのが攻撃力だ。シュツットガルトはここまでハノーファーに次いで多い30得点を記録しており、攻撃力は高い。

    独『Kicker』も最前線のシモン・テロッデ、両翼のカルロス・マネ、そして浅野のトリオを評価しており、攻撃面についてはほとんど文句がないようだ。

    それはデータにも表れている。テロッデはここまでチームトップの11得点を記録しており、彼の得点力が大きなカギを握っている。さらにウイングのマネも4得点4アシスト、浅野も負けじと2得点4アシストを記録している。

    さらに、浅野の持ち味でもあるスピードも効いている。データサイト『Whoscored』によると、浅野はここまで1試合平均のドリブル成功回数が1・5回で、これはマネの2・3回に次ぐチーム2番目の成績だ。その下には1・2回で攻撃的サイドバックのエミリアーノ・インスアがつけており、サイドの攻撃力は凄まじい。

    しかも前線には浅野らトリオに加えてダニエル・ギンチェク、かつてバイエルンにも所属していたアメリカ人FWジュリアン・グリーンも昨年12月に加入しており、『Kicker』はこうした面々にも期待をかけている。

    今後はポジション争いも激しくなっていくはずで、浅野も結果を出していく必要があるだろう。

    同メディアは21失点の守備面は改善すべきポイントがあると伝えているものの、浅野ら攻撃陣が爆発を続ければ1部昇格も見えてくる。今後アーセナルに戻る可能性を残すためにも浅野には結果が求められるが、後半戦もスピードを活かしたプレイでゴールに絡んでほしいところだ。

    2017年01月24日(火) 03時15分配信
    http://www.theworldmagazine.jp/20170124/01world/germany/105985

    写真
    続きを読む


    2016-12-05_00h35_44
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/04(日) 23:29:58.31 ID:CAP_USER9.net
    FCエルツゲビルゲ・アウエ 0-4 シュツットガルト

    13' Timo Baumgartl (assist)Benjamin Pavard
    24' Christian Gentner (assist)Takuma Asano
    67' Carlos Mane (assist)Simon Terodde
    76' Carlos Mane (assist)Simon Terodde

    http://www.livescore.com/soccer/germany/2-bundesliga/erzgebirge-aue-vs-vfb-stuttgart/1-2272711/

    46' Berkay Ozcan → Kevin Grosskreutz
    72' Takuma Asano → Jean Zimmer
    80' Christian Gentner → Hajime Hosogai
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 23:28:33.44 ID:CAP_USER9.net
    2016.10.30 22:58

    シュツットガルト浅野、移籍後初ゴール!クロスの折り返しを左足で合わせる

    シュツットガルトに所属する日本代表FW浅野拓磨が、ブンデスリーガ2部第11節のカールスルーエ戦で加入後初ゴールを挙げた。

    浅野はカールスルーエ戦で左ウィングとして先発。カールスルーエの10番を背負う山田大記もボランチとして先発し、日本人対決が実現している。なお、シュツットガルトに所属するMF細貝萌はケガの影響でベンチ外となった。

    0-0で迎えた前半10分、右サイドからのクロスをファーサイドでカルロス・マネが折り返すと、中で待っていた浅野が左足で合わせ、ゴール右へと流し込んだ。浅野にとってはヨーロッパに渡ってから、初めての得点となった。

    なお、試合は浅野のゴールで先制したシュツットガルトが前半30分経過時点で、1点をリードしている。(Goal.com)
    2016-10-30_23h44_23
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20161030/jle16103022580016-n1.html

    結果
    Karlsruher SC 1-3 VfB Stuttgart
    http://www.livescore.com/soccer/germany/2-bundesliga/karlsruher-sc-vs-vfb-stuttgart/1-2272672/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/09/21(水) 03:54:32.39 ID:CAP_USER9.net
    [9.20 ブンデスリーガ2部第6節 シュツットガルト2-0ブラウンシュバイク]

    ブンデスリーガ2部は20日、第6節を行い、FW浅野拓磨とMF細貝萌の所属するシュツットガルトはホームで首位ブラウンシュバイクと対戦し、2-0で勝利した。2戦連続先発の浅野は1-0の後半19分に移籍後初アシストを記録し、後半23分までプレー。細貝は4-1-4-1のアンカーで2試合連続のフル出場を果たし、2連勝に貢献した。

    シュツットガルトは立ち上がりから主導権を握り、前半18分に先制に成功する。アレクサンドル・マキシムの左CKがファーサイドに流れてきたボールをDFトニ・シュニッチがヘディングで押し込み、1-0。幸先よくリードを奪った。

    前節のカイザースラウテルン戦(0-1)は2トップの一角で先発した浅野だが、この日は2列目の右サイドで先発出場。スピードを生かしたドリブルで積極的に仕掛け、前半28分にはドリブルからミドルシュートを狙ったが、GKにキャッチされた。

    1点リードで折り返した後半19分、カウンターから浅野が快足を飛ばして右サイドを駆け上がる。自陣からドリブルで独走し、相手PA近くまで持ち上がると、マイナスに戻したパスは相手にカットされたが、こぼれ球を自ら拾ってファーサイドへクロス。これを途中出場のMFケビン・グロスクロイツがフリーで受け、切り返しから右足シュートを突き刺した。

    浅野のドイツ移籍後初アシストで2-0とリードを広げたシュツットガルト。浅野は直後の後半23分に交代したが、チームはそのまま完封勝利をおさめ、2連勝で4勝2敗の勝ち点12に伸ばした。開幕5連勝中だった首位ブラウンシュバイクはこれが今季初黒星となった。
    2016-09-21_07h45_12
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-01631425-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/11(水) 09:29:13.00 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ『ビルト』によると、ハノーファーMF清武弘嗣にFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンも興味を抱いているようだ。パル・ダルダイ監督が獲得を望んでいるいという。

    降格が決まったハノーファーと清武の契約には、降格時に行使可能な650万ユーロとみられる契約解除金が設定されている。ハノーファーは清武を慰留し、1年での1部復帰を目指したい意向。だが、クリスティアン・メッケルSD(スポーツディレクター)は次のように認めている。

    「どこかのクラブがその金額を支払えば、我々には何もできない。だが、それ以下の金額なら何も起きないよ」

    今季のブンデスリーガでマン・オブ・ザ・マッチに6回選出されるなど活躍した清武には、ドイツの多くのクラブが関心を寄せている。『ビルト』はシュトゥットガルトやケルンの関心を伝えており、『キッカー』も先日、チャンピオンズリーグに出場するレヴァークーゼンも候補と報じた。

    そんな清武争奪戦に、ヨーロッパリーグ出場権を獲得したヘルタも名乗りをあげたようだ。ダルダイ監督は欧州での戦いに向け、新戦力を必要としており、次のように述べている。

    「新しいシーズンに向け、我々は次のステップを踏まなければいけない。そのためには、スピーディーなゴールを脅かす即戦力の選手が必要となる」

    『ビルト』によれば、ダルダイ監督の理想の補強は清武だという。14日に行われるバイエルン・ミュンヘンとの最終節を終えてから、清武がどのような決断を下すのかが注目される。

    GOAL 5月11日(水)9時24分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160511-00000003-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/24(日) 00:22:39.68 ID:CAP_USER*.net
    香川が先制弾&17歳プリシッチ2戦連発…ドルトムント、3発快勝で14戦無敗

    SOCCER KING 4月24日(日)0時19分配信
    2016-04-24_00h38_48
    香川(中央)の先制ゴールを喜ぶドルトムントの選手たち [写真]=Bongarts/Getty Images

    ブンデスリーガ第31節が23日に行われ、シュトゥットガルトと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川はリーグ戦3試合連続で先発出場となった。

    ブンデスリーガは今節を含めて残り4試合。後半戦に入って10勝3分けと未だ無敗を維持しているドルトムント(勝ち点71)は、首位バイエルン(勝ち点78)と勝ち点差「7」で2位につけてる。今節は敵地に乗り込んで15位シュトゥットガルトとの一戦。逆転優勝への望みを繋ぐため、しっかり勝ち点3を挙げておきたいところ。

    試合は開始21分にドルトムントの先制で動く。左サイドを突破したヘンリク・ムヒタリアンがグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドに走り込んだ香川が、倒れ込みながらも右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。香川はリーグ戦2試合ぶりのゴールで、今シーズン8点目となった。

    優位に試合を進めるドルトムントは前半終了間際にリードを広げる。45分、ムヒタリアンがペナルティエリア手前ゴール正面で右足を振り抜くが、ミドルシュートは相手GKプジェミスワフ・ティトンに弾き返される。だが、こぼれ球に反応したクリスチャン・プリシッチが左足で押し込んで追加点を獲得。17歳のプリシッチはブンデス初ゴールを記録した前節に続き、2試合連続ゴールとなった。前半はドルトムントが2-0として折り返す。

    後半56分、ドルトムントが追加点を挙げる。香川がエリア内左で相手DFを1人かわしてクロスを入れると、中央のアドリアン・ラモスがヘディングシュート。これはGKティトンに阻まれるが、セカンドボールを拾ったムヒタリアンが、左足シュートをゴール左隅に突き刺した。

    3点差をつけられたシュトゥットガルトは62分、ルーカス・ルップとエミリアーノ・インスアを下げて、アレクサンドル・マキシムとゲオルグ・ニーダーマイヤーを投入。ドルトムントも76分、マルコ・ロイスとプリシッチに代えて、マルセル・シュメルツァーともリッツ・ライトナーをピッチに送り出す。

    さらにシュトゥットガルトは80分、フェデリコ・バルバを下げてフィリップ・ハイゼを投入した。ドルトムントも82分に をユリアン・ヴァイグルに代えた。

    試合はこのまま動かず、ドルトムントが3-0で快勝。2連勝で無敗記録を14試合に伸ばした。なお、香川はフル出場。一方のシュトゥットガルトは3連敗で6試合白星から遠ざかる結果となった。

    シュトゥットガルトは次節、5月2日にアウェーでブレーメンと対戦。ドルトムントは4月30日にヴォルフスブルクをホームに迎える。

    【スコア】
    ドルトムント 3-0 シュトゥットガルト

    【得点者】
    1-0 21分 香川真司(ドルトムント)
    2-0 45分 クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)
    3-0 56分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)

    SOCCER KING
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160424-00434385-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461424959/
     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ