海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:シュバインシュタイガー

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/13(月) 17:08:46.42 ID:CAP_USER9.net
    空前絶後の“華麗で美しいゴール”とは言えないかもしれない。しかしこの日、バスティアン・シュバインシュタイガーが決めたゴールは、ここ数試合のマンチェスター・ユナイテッドの試合の中で、間違いなく最も暖かく歓迎されたゴールだった。

    FAカップの4回戦、ユナイテッドはウィガンと戦い、4?0で勝利した。そのうちの1点が、シュバイニーのゴールだった。

    この日、シュバインシュタイガーが先発でピッチに立ったのは、昨年1月以来386日ぶり。ジョゼ・モウリーニョ監督の構想から外れ、ケガにも苦しみやっとの思いで手に入れたチャンスであった。そして、彼はそれを確実にモノにしたのだ。

    この“復活劇”までの道のりは長かった。32歳のシュバインシュタイガーにとって2016?17年シーズンのスタートは歯がゆいものだったに違いない。監督によってトップチームからは外された。ファンの間でも「ユナイテッドにシュバインシュタイガーは不要だ」とでもいうような雰囲気が流れていた。彼自身もそれを認めていたのかもしれない。シュバインシュタイガーは「これがヨーロッパでサッカーをする最後かもしれない」と述べていた。

    しかしだからと言って彼は一切の文句を言わなかった。トップチームの練習から降ろされることは一流選手にとっては屈辱であろう。しかしシュバインシュタイガーはユースチームに交じりながら練習に熱心に取り組んだ。さらに一人での練習を余儀なくされても、心の奥にはメラメラと野心をみなぎらせ、黙々とモウリーニョ監督が再び自分を使う日を信じて待っていたのだ。

    その成果が実ったのが、この日のウィガン戦である。ここでシュバインシュタイガーの奮闘がついに示されたのだ。

    この日のユナイテッドは辛抱強くゲームを組み立てていた。まず44分に右サイドから敵陣深くに攻めこんだシュバインシュタイガーのクロスをマルアン・フェライニが頭で合わせて先制した。その後、クリス・スモーリングが2点目を、ヘンリク・ムヒタリアンが3点目を決めて試合を決定づけていた。

    そして81分。ついにその瞬間はやってきた。ウェイン・ルーニーの右からのコーナーキックをアンデル・エレーラがヘッドでつなぐと、それを見事にシュバインシュタイガーがゴールに突き刺したのだ。結果は4?0でユナイテッドの勝利。シュバインシュタイガーはたった1試合で、1ゴールと1アシストという見事な実績を残したのである。

    もちろん、今回結果を残したからといって「シュバイニーが定期的に起用されるようになる」と判断はできないし、楽観視することもできない。モウリーニョはシビアな監督であり、特に大舞台でシュバイニーが起用される可能性は今なお低いと言わざるをえないだろう。

    もっとも、シュバインシュタイガーにとって歓迎すべき状況もある。例えば試合日程がタイトに組まれていることだ。明らかに選手層の厚さが重要になり、出場機会が増える可能性は大いにありえる。プレミアリーグや決勝に進出したEFLカップに加え、FAカップ、そしてヨーロッパリーグでも勝ち残っているのだから。

    彼はかつてドイツをワールドカップ優勝に導き、たくさんの人々に惜しまれながらミュンヘンからユナイテッドにやってきたスターである。そんなスターにとって、ユースチームとの練習を強いられたことや、すっかり忘れ去られたような扱いであったことはどれほど辛かったであろうか。

    ただ、シュバインシュタイガーはきっと自らが復活する日を一番信じていたのかもしれない。少なくとも、この試合で我々は彼がまだスターであり続けていることを目の当たりにした。シュバインシュタイガーの復活劇は、まだ幕を開けたばかりだ。

    文=クリス・ヴォークス/Kris Voakes
    2017-02-13_22h27_53
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000017-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/01(火) 07:46:49.67 ID:CAP_USER9.net
    31日のトップチーム練習にシュバイニーも参加 公式インスタグラムで写真を投稿
     
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が今季、様々なパワハラを繰り広げてきた元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーに対し、練習参加禁止を突如解除したことが明らかになった。地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が報じている。

    ドイツサッカー界の英雄シュバイニーは、昨季ルイス・ファン・ハール前監督の要請でバイエルンから加入。今季モウリーニョ新体制が誕生すると悲惨な扱いを受けている。トップチームでの練習参加が禁止され、個人練習もしくはユース年代チームとの練習を強いられた。トップチームの写真紹介にもその姿はなかったという。

    モウリーニョ監督はシュバインシュタイガーを追い出そうとしたが、ユナイテッド愛を強調するなどベテランは残留を決意。スタンドでチームを応援する姿がこれまで報じられていた。

    フットボール界で物議を醸していたポルトガル人のパワハラ行為だが、ついに緩和されたようだ。

    シュバイニーが31日、カーリントンの練習場でトップチームに交じって練習。ユナイテッドの公式インスタグラムでも、練習場でシュバイニーがウェイン・ルーニーと談笑する写真を投稿している。

    モイーズ体制を下回る成績で悲惨なチーム状況
     
    モウ政権は悲惨な状況にある。FWズラタン・イブラヒモビッチ、MFポール・ポグバ、MFヘンリク・ムヒタリアン、DFエリック・バイリーと巨万の富をつぎ込み、今季開幕前に大型補強を展開したが、まさかのリーグ8位。首位マンチェスター・シティ、アーセナルと勝ち点差8をつけられ、6位エバートン、7位ワトフォードの後塵を拝する不甲斐ない状況に陥っている。

    10節終了時点で勝ち点15に止まっており、これは就任1年足らずで解任された2013年シーズンのデイビッド・モイーズ元監督時代の勝ち点17を下回る成績となっている。

    前節バーンリー戦でモウリーニョ監督は主審の判定に猛抗議し、退席処分を受けた。「スペシャル・ワンス(昔はスペシャル)」とイタリアメディアに揶揄されるモウリーニョ監督は、シュバイニーへの冷酷なパワハラを続けていたが、成績不振から体裁が悪くなったのだろうか。

    Football ZONE web 11/1(火) 7:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161101-00010000-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/05(金) 21:44:41.63 ID:CAP_USER9.net
    ユナイテッドでベテランMFが受けた仕打ちに…

    マンチェスター・ユナイテッドMFバスティアン・シュバインシュタイガーに対するジョゼ・モウリーニョ監督の扱いに、Fifpro(国際プロサッカー選手会)も苦言を呈している。

    今季ユナイテッド指揮官に就任したモウリーニョ監督はシュバインシュタイガーを構想外とみなしている模様だが、同選手に対する対応には批判の声も上がっている。イギリスメディアの報道によれば、1日に32歳の誕生日を迎えたシュバインシュタイガーは、その日にロッカーを片付けてU-23チームの控え室へ移動することを命じられたという。

    3日にウェイン・ルーニー記念試合として行われたエヴァートン戦でも、モウリーニョ監督がシュバインシュタイガーに出場機会を与えることはなかった。Fifproのメンバーであるスロベニア人弁護士のデヤン・ステファノビッチ氏は、イギリス『BBC』でモウリーニョ監督への批判を繰り出した。

    「これは明らかないじめだ。スロベニアで起きたとすれば我々はモウリーニョを起訴し、最も重い刑を求刑していただろう。3年間の投獄だ」

    「明らかにバスティアンを意気消沈させる意図がある。モウリーニョは悪しき前例をつくっている。私ならこの件を法廷に持ち込みたいと思う。我々の場合であれば、刑法は明確だ。いじめやハラスメントがあれば、最高3年間の禁錮刑が規定されている」

    シュバインシュタイガーに対しては、選手協会を通してモウリーニョを訴えるべきではないかとの見解を述べた。

    「シュバインシュタイガーは選手協会に申し出るべきだろう。訴えを起こすべきだ。私もモウリーニョへの罰則を求めたいと思う」

    「トップチームのすべての選手たちは、トップチームの監督・コーチたちとともに、ほかのチームメートたちと同じ場所で、同じ時間に練習すべきだ。あらゆるクラブに適応されるべきであり、FIFAの規定にも記されるべきことだ」
    news_195712_1
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?195712-195712-fl
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/29(金) 17:51:11.23 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスターUのMFバスティアン・シュバインシュタイガー(31)が29日、ドイツ代表から引退すると自身のツイッターで発表した。

    ドイツの名門バイエルン下部組織出身のシュバインシュタイガーは、04年にA代表入り。代表通算120試合24ゴール。14年W杯ブラジル大会では主力として優勝に貢献した。今年の欧州選手権では準決勝でフランスに0-2で敗れ、3位に終わった。主要大会出場38試合は史上最多。

    欧州選手権後の7月12日には、テニス選手のアナ・イバノビッチ(28)と結婚した。
    2016-07-29_19h26_51
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000107-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/29(金) 06:37:32.07 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、MFバスティアン・シュバインシュタイガーをはじめとする9選手に戦力外通知をしたという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

    報道によると、9選手は指揮官から個別に戦力外を言い渡され、トップチームではなくU-21チームと練習。30日に行われるガラタサライとの親善試合にも起用されないとのことだ。

    モウリーニョ監督はシュバインシュタイガーのほか、若手のDFキャメロン・ボースウィック=ジャクソンとMFティモシー・フォス=メンサーにも、新シーズンの構想に入らないと通達。MFアンドレス・ペレイラには、将来的なポジション獲得を競うべく、トップチームで出場できるチームへのレンタル移籍を伝えたという。

    FWジェームズ・ウィルソンはツアー前に指揮官と会い、長期的には構想に入っており、残留してU-21でプレーする可能性はあるが、本人が望むならレンタル移籍が可能と伝えられたそうだ。

    そのほか、MFアドナン・ジャヌザイ、FWウィル・キーン、DFタイラー・ブラケット、DFパディ・マクネアが戦力外になったとみられている。

    シュバインシュタイガーはユナイテッドと2年の契約を残している。
    2016-07-29_08h38_11
    GOAL 7月29日(金)6時31分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000035-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/14(木) 10:08:05.40 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドに所属するドイツ代表主将のMFバスティアン・シュバインシュタイガーと
    恋人でプロテニスプレイヤーのアナ・イバノビッチが今月13日にベネチアで結婚式を行った。英『デイリーメール』など各国メディアが伝えている。

    シュバインシュタイガーは約7年間に渡って美人モデルのサラ・ブランドナーと交際していたが、2014年ブラジルW杯後に破局。直後にセルビア出身のテニス選手で2008年には世界ランキングで1位になったこともあるイバノビッチとの交際をスタートさせたといわれている。今夏に挙式すると複数メディアが報じるなか、ついに結婚式が執り行われた。

    12日には互いの家族ととも婚姻手続きをするため、ベネチア市庁舎へ姿をみせた二人。シュバインシュタイガーは紺色のスーツに身を包み、イバノビッチはエレガントな白いウェディングドレスを着用。右手には白一色のブーケを持っていた。ベネチアの運河へボートで出る際には、メディアへ向かって2人揃って振り向くシーンもあったようだ。

    13日の挙式ではタキシードを着たシュバインシュタイガーがウェディングドレス姿のイバノビッチをエスコート。たくさんのゲストたちに祝福された。

    結婚式のゲストは極秘にされていたが、バイエルンのウリ・ヘーネス元会長や、ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督、同代表チームメイトのトーマス・ミュラーら代表でのチームメイトが呼ばれていたようだ。またウィンブルドンを制したばかりのアンディ・マレーなど、テニス界の著名選手も出席したとみられる。

    右手首を故障していたイバノビッチは6月27日のウィンブルドン1回戦で敗退。その後にEURO2016を終えた恋人や友人、家族ともに、ミュンヘンからプライベートジェットでベネチア入りしていた。

    16/7/14 09:05
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?193947-193947-fl

    写真




    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 16:30:13.57 ID:???*.net
    今季からマンチェスター・ユナイテッドでプレーするドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーだが、“意外な問題”を抱えているようだ。29日、英紙『エクスプレス』が報じている。

    長らくドイツのバイエルン・ミュンヘンでプレーした後、イングランドでのフットボールに挑戦しているシュバインシュタイガー。ユナイテッドのロッカールームについて聞かれると、「私は何が起きているかは絶対に話さないよ」と釘を打った上で、「時々、ルーニーのアクセントが理解できないんだよね」と明かした。

    ルーニーはイングランド北西部のリバプール出身。同地方の方言はアイルランド訛りに強い影響を受けており、通称「Scouse(スカウス)」と呼ばれる。同じくリバプール出身のスティーブン・ジェラードがメジャーリーグサッカー(アメリカ)のロサンゼルス・ギャラクシーに移籍した際に、同僚が「注意深く聞かないといけない」と苦戦していることが話題となった。

    ユナイテッドといえば、かつての指揮官アレックス・ファーガソン氏もスコットランド訛りで有名だ。日本代表MF香川真司が移籍した際も「監督が言っていることは全く分からない」と困惑のコメントを発している。

    一口に英語といっても、様々なアクセントが存在する。今季ここまで途中出場を含めながらも全11試合に出場しているシュバインシュタイガー。順調にプレミアリーグに適応している同選手だが、最後の障壁はエースの“訛り”かもしれない?
    20150930_Rooney_Getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150930-00010020-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443598213/

     
    続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2015/08/07(金) 23:02:36.61 ID:???*.net
    マンチェスター・ユナイテッドは7日、2015-16シーズンの背番号を発表した。

    今夏加入したFWメンフィス・デパイがMFアンヘル・ディ・マリアのパリSG移籍により、希望していた伝統の「7番」をつけることに決まった。

    また、MFバスティアン・シュバインシュタイガーがバイエルンでもつけていた「31番」をつけることとなり、昨季まで背番号31だったMFマルアン・フェライニが「27番」へ変更。DFルーク・ショーが個人的な嗜好により「3番」から「23番」へと変更した。

    以下、2015-16シーズンの背番号

    1 ダビド・デ・ヘア
    4 フィル・ジョーンズ
    5 マルコス・ロホ
    6 ジョニー・エバンス
    7 メンフィス・デパイ
    8 フアン・マタ
    10 ウェイン・ルーニー
    11 アドナン・ヤヌザイ
    12 クリス・スモーリング
    13 アンデルス・リンデゴール
    14 ハビエル・エルナンデス
    16 マイケル・キャリック
    17 ダレイ・ブリント
    18 アシュリー・ヤング
    19 ジェームズ・ウィルソン
    20 セルヒオ・ロメロ
    21 アンデル・エレーラ
    23 ルーク・ショー
    25 アントニオ・バレンシア
    27 マルアン・フェライニ
    28 モルガン・シュネデルラン
    31 バスティアン・シュバインシュタイガー
    33 パディ・マクネア
    35 ジェシー・リンガード
    36 マッテオ・ダルミアン
    42 タイラー・ブラケット
    44 アンドレアス・ペレイラ
    50 サム・ジョンストン
    2015-08-07_23h53_45
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150807-00916525-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438956156/

     
    続きを読む


    image76
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 22:23:48.71 ID:???*.net
    時事通信 7月11日(土)22時21分配信

    【ベルリンAFP時事】サッカーのドイツ1部リーグ、バイエルン・ミュンヘンは11日、ドイツ代表主将のMFバスティアン・シュバインシュタイガー(30)が、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに移籍することで合意したと発表した。3年契約とみられる。

    2002年からバイエルン・ミュンヘン一筋のシュバインシュタイガーは、ドイツ代表でも長年主力を務め、14年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会ではドイツの優勝に貢献した。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150711-00000125-jij-spo
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1436621028/

     
    続きを読む

    2014-07-14_16h22_27
    どちらも可愛い嫁がいるんだよな……


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ