海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ジェビロ磐田

    7:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/09/17(日) 18:00:55.39 ID:RC3pyw2e0.net
    ゲキサカ @gekisaka
    俊輔が鮮やかFKで先制点演出も…
    磐田は“ミラクル浦和”に追いつかれ勝ち点1分け合う
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?226313-226313-fl … #gekisaka #jleague

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 17:58:58.82 ID:CAP_USER9.net
    ■ジュビロ磐田 1-1 浦和レッズ [エコパスタジアム] 入場者数23,783
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091701/live/livetxt/#live

    [磐]ムサエフ(21分)
    [浦]興梠慎三(79分)


    2017明治安田生命J1リーグ第26節が17日に行われ、ジュビロ磐田と浦和レッズが対戦した。

    先制したのはホームの磐田だった。21分、右サイドでFKを得ると、中村俊輔がゴールへ向かうクロスを供給。高橋祥平のヘディングはGK西川周作に阻まれたが、こぼれ球をムサエフが頭で押し込んだ。

    後半は1点を追いかける浦和がサイドからのクロスを中心に攻め込んだが、なかなか決定的なチャンスを作り出すことができない。

    それでも79分、敵陣でルーズボールを拾った青木拓矢がディフェンスラインの裏に浮き球のパスを送ると、抜け出した興梠慎三がヘディングで流し込み、浦和が同点に追いついた。

    その後は互いにゴールを目指して一進一退の攻防となったが決着はつかず、1-1の引き分けに終わった。

    次節、磐田は23日に大宮アルディージャと、浦和は同日にサガン鳥栖と、それぞれホームで対戦する。

    9/17(日) 17:56配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00643643-soccerk-socc

    写真



    ▲順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ▲DAZN
    https://www.dazn.com

    ▲DAZN for docomo.
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/14(木) 17:53:46.65 ID:CAP_USER9.net
    ジュビロ磐田は14日、元日本代表MF中村俊輔(39)の第5子となる男の子が今月10日に誕生していたことを発表した。中村は2004年に一般女性と入籍。

    クラブ公式サイトを通じ、「この度、第5子となる男の子が無事に誕生しました。新たな家族が増え、より一層チームに貢献できるよう、プレーしたいと思います」とコメントしている。
    2017-09-14_18h59_50
    9/14(木) 17:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-01644068-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/09(土) 14:59:10.52 ID:CAP_USER9.net
    ■北海道コンサドーレ札幌 2-1 ジュビロ磐田 [札幌ドーム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/090901/livetxt/#live

    [磐]川又堅碁(28分)
    [札]都倉賢(40分)
    [札]ヘイス(85分)


    2017明治安田生命J1リーグ第25節が9日に行われ、北海道コンサドーレ札幌とジュビロ磐田が対戦した。

    札幌は負傷していた横山知伸が6試合ぶりに復帰。古巣対決となるジェイはベンチスタートとなった。磐田は中村俊輔が2試合ぶりのスタメンとなった。

    26分、アダイウトンが得意のドリブルでエリア内に侵入すると、札幌DF横山がファール。磐田がPKを獲得すると、川又堅碁が落ち着いて決めて先制に成功する。川又は3試合連続ゴールとなった。対する札幌は40分、右サイドを突破した早坂良太がクロスを送ると、都倉賢が押し込んで同点とする。前半は1-1で折り返す。

    後半に入り65分、札幌は得点を挙げた都倉に代えてジェイを送り出す。すると84分、チャナティップの縦パスを途中出場の小野伸二がワンタッチで左サイドに展開。石川直樹のクロスにヘイスが合わせて、札幌が逆転する。

    試合は2-1で終了。札幌は2連勝。対する磐田は5試合ぶりの黒星となった。

    次節、札幌はアウェイでヴィッセル神戸と、磐田はホームで浦和レッズと対戦する。

    9/9(土) 14:57配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00639958-soccerk-socc

    写真



    ■順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ■エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ■DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ■DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/26(土) 21:01:32.06 ID:CAP_USER9.net
    ■ジュビロ磐田 2 - 1ヴィッセル神戸 [ヤマハ] 
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/082607/live/#live 

    [神]ルーカス・ポドルスキ(48分) 
    [磐]川又堅碁(51分) 
    [磐]松浦拓弥(79分) 


    ■神戸DF渡部博文が“神の手クリア”…磐田猛抗議も判定変わらず 
    [8.26 J1第24節 磐田-神戸 ヤマハ]  

    ジュビロ磐田対ヴィッセル神戸の一戦で、磐田が判定に猛抗議する場面があった。

    前半24分、神戸DF渡部博文のコントロールミスを拾ったMFアダイウトンが左に流れながら、右足のオーバーヘッド気味のシュートを蹴り込む。

    ボールは前に出たGKキム・スンギュを越えてゴール方向に向かったが、懸命に戻った渡部博にライン上でかき出された。飯田淳平主審は磐田のCKを指示した。  

    しかしここで磐田の選手たちが猛抗議。渡部博のハンドを主張したのだ。“神の手クリア”のように見えたが、飯田主審は判定を変えることはない。名波浩監督も大声でハンドを主張していたが、判定が覆ることはなかった。

    8/26(土) 20:03配信 ゲキサカ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170826-01643370-gekisaka-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/19(土) 20:37:05.29 ID:CAP_USER9.net
    ■鹿島アントラーズ 2-0 清水エスパルス [県立カシマサッカースタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081906/live/#live

    [鹿]レアンドロ(17分)
    [鹿]金崎夢生(87分)

    ■ジュビロ磐田 1-1セレッソ大阪 [ヤマハスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081907/live/live/#live

    [C]杉本健勇(37分)
    [磐]川又堅碁(86分)


    J1リーグ23節の鹿島対清水が8月19日、県立カシマサッカースタジアムで行なわれ、2-0で鹿島が勝利した。
     
    最初にゲームを動かしたのは、ホームの鹿島。17分、小笠原の縦パスを起点に、金崎→レアンドロとダイレクトでつないで中央からこじ開け、最後はレアンドロが正確なシュートでネットを揺らした。
     
    その後も鹿島がペースを掴み、「アグレッシブに自分たちがボールを握る」(大岩監督)展開のなか、効果的な3人目の動き出しで清水を攻め立てた。
     
    鹿島の1点リードで迎えた後半、ビハインドの清水は懸命に反撃を試みるも、フィニッシュワークに迫力を欠いて、鹿島ゴールをこじ開けられない。新加入の清水がさっそく新天地デビューを飾り、流れを引き寄せようと奮闘したが奏功しなかった。
     
    追加点が欲しい鹿島は前半と同様、シンプルな仕掛けを繰り出す。思うように2点目を奪えなかったが、終了間際、金崎が右足でねじ込んで2-0。試合はそのままタイムアップとなり、連敗を阻止した鹿島が首位の座を堅持した。

    8/19(土) サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170819-00028979-sdigestw-socc

    C大阪のプラン狂わせた魔法の左足…“10人”磐田が俊輔&川又のホットラインでドローに持ち込む
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-01643138-gekisaka-socc

    写真





    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j2

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/05(土) 09:54:38.64 ID:CAP_USER9.net
    今季ホーム戦で負けなしだった“川崎劇場”と呼ばれる等々力陸上競技場に、ジュビロサポーターの歓喜の声が響き渡る。

    7月29日、豪雨のなかキックオフされた川崎と磐田の一戦は2-5という大差で磐田が勝利した。両チームともに連勝中の好調同士。しかし、3位の川崎と昨シーズンJ1に返り咲いたばかりの磐田との力の差は誰もが認めるところだった。

    今季のリーグ戦で横浜FMと並んで最少失点の磐田は、先制した試合ではすべて勝利している。

    「川崎相手に先制点を獲れるのか? 先制点を奪われたら……という不安はあった」とディフェンスリーダーの大井健太郎は緊張感を持って試合に入った。試合は、8分に川辺駿が先制点をマークしたが、12分にエドゥアルド・ネットに同点弾を許す立ち上がり。

    「セットプレーでの失点だったので、気持ちを切り替えることができた」と大井が語るように、24分にCKから櫻内渚が勝ち越し弾を決め、1-2で前半を終える。

    この時点では、まだ誰も安心はしていなかった。「とにかく後半立ち上がり15分はゼロで行こうと後半に入りました。そこからポンポンと得点を決めてくれたのは大きかった。川崎はマジ、メチャ巧かったから」と大井が振り返る。

    55分に川辺、59分にアダイウトン、61分には川又堅碁が次々とゴールネットを揺らして5得点。73分にムサエフが2枚目の警告で退場した後に1点を失ったものの、ジャイアントキリングは危なげなく達成された。
    コーチは「間違いなく俊輔効果」と確信。

    この試合、川崎のシュートは22本、磐田は10本しか打っていない。それでも堅守速攻を貫いて鹿島、ガンバ、浦和に続き、強豪クラブを倒した。この日の勝利で13年ぶりに6連勝を飾った磐田は、勝ち点34の6位。3位ガンバとの勝ち点差はわずか1にまで接近している。

    磐田の鈴木秀人コーチは、チームの中心は中村俊輔だと話す。

    「俊輔は人を見てサッカーができる選手。俊輔が気づいたことを周りの選手に伝え、そのすり合わせをたくさんしたことで、結果がついてきた。選手個々もレベルアップしていると感じる。間違いなく俊輔効果」

    数字よりも、他の選手に与えた影響が大きい。

    昨シーズンを13位で終えた磐田は今季、前線で身体を張れる川又、ウズベキスタン代表の守備的MFムサエフ、そして中村俊輔を獲得。しかし12節を終わった時点では、4勝3分5敗の10位でしかなかった。俊輔のゴールもわずか2得点。数字からは“俊輔効果”を見て取ることはできない。

    たとえば勝利した川崎戦でも、前半の俊輔のボールタッチ数は16回だけだ。他の試合でも次々と配球するというよりも、その運動量とポジションで攻守のバランスをうまくとるプレーのほうが強く印象に残っている。

    しかし川崎戦で2ゴールを決めた21歳のボランチ、川辺の成長はまさに“俊輔効果”だった。

    「常に俊さんから直接パスをもらおうとしてます。今日はそれがダメで、俊さん、堅碁くんと渡って、それを先制点にできたのは大きかった」

    広島からレンタル中の川辺が今季も磐田残留を決めたのは、俊輔の加入があったからだ。

    「俊さんに預けて前へ出ていけば、チャンスになるシーンが多い。俊さんは本当にミスをしないし、みんながボールを預ける選手だから、僕もそういう選手になりたい。ボールタッチ数が少なくても、そのなかで高いクオリティを発揮するのが一流だと思うし、堅碁くんもそうですけど、俊さんを見て学ぶことが多い。そういう選手がそばにいるから、自分も今日結果を残すことができたと思います」

    他の選手の弱点をかばいあうジュビロのスタイル。

    ボランチの川辺と俊輔は、同じ右サイドでコンビを組むことが多い。俊輔にボールが収まると川辺が前線へと走り出すのだ。2人の良好な関係は、「僕のネガティブな部分を駿がつぶして、駿が持っていないものを僕が出す」という俊輔の言葉からも伝わってきた。そしてそれが2人だけの関係ではないと俊輔が話す。

    「アダ(アダウイトン)が持っていないものを川又が、川又が持っていないものをアダがという風に、チームメイトのポジティブじゃない部分をカバーして、他の人が色を出しやすい状況を作るというのを、みんながわかってきていると思う。僕も、今日は別に何もやっていない。ボールも触っていないし。それでも勝ちに持っていく術を、個人じゃなくてチームとしてどう見つけていくのかという部分で、今は勉強になっている」
    2017-08-05_11h26_32
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/07/12(水) 17:54:48.82 ID:CAP_USER9.net
    ジュビロ磐田が勢いに乗っています。8日前節のホーム甲府戦を1-0で勝利し、11年ぶりに5連勝を達成しました。0-0の前半14分、MF中村俊輔(39)が相手選手の股を抜く縦パスで攻撃のスイッチを入れ、決勝点となる先制点の起点になりました。今年6月で39歳を迎えた背番号「10」は、この一戦だけでなく1日のアウェー新潟戦、6月25日のホーム東京戦でも絶妙な「タメ」から先制点を演出。現在の好調を支えています。

    先日、ある光景を目にしました。チーム全体練習終了後、いつものように中村俊が居残り練習を開始。FK、シュート練習と炎天下の中、黙々とボールを蹴っていました。

    現在は戦列復帰している中村俊ですが、5月下旬に左太もも裏を肉離れ。まだ、傷は完全に癒えていません。患部の状態を心配する名波浩監督(44)は「中村、早く帰れ!」と、怒り気味に伝えました。中村俊も「はい!」と返事。しかし、一向に帰らない…。名波監督は「いつも返事だけだな」と、冗談交じりに一言。一緒に昼食を約束していたMF松井大輔(36)も待ちきれずに、先に練習場を後にしました。結局、自主練習は1時間以上も続きました。

    今季開幕前の鹿児島キャンプで、本人に自主練習について聞いたことがあります。その時はこう答えました。

    「自分の感覚を確かめられたり、一番うまくなれる時間だと思っている」

    努力とは-。広辞苑には「目標実現のため、心身を労してつとめること」と記されています。中村俊は、新体制発表会見で「期待は十分に分かっているので、後はグラウンドで示すのが1番。ジュビロファンの方々から『あいつを取って間違いなかった』と思われるように、精いっぱいプレーしたい」と語っています。目標を達成するため、高いパフォーマンスを維持する。そのための努力は、これまでに残した実績に関係なく、日々の居残り練習や体のケアなど常に徹底しています。もう、脱帽です。

    発明家エジソンの「天才とは、1%のひらめきと99%の努力」という言葉を借りれば、やはり中村俊は天才だと思う光景でした。
    2017-07-12_18h27_40
    https://www.nikkansports.com/soccer/column/writers/news/1854303.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/18(日) 20:28:07.46 ID:CAP_USER9.net
    ■浦和レッズ 2-4 ジュビロ磐田 [埼玉スタジアム2002]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/061802/livetxt/#live

    [磐]大井健太郎(36分)
    [浦]阿部勇樹(43分)
    [浦]阿部勇樹(56分)
    [磐]アダイウトン(68分)
    [磐]松浦拓弥(74分)
    [磐]松浦拓弥(80分)


    2017明治安田生命J1リーグ第15節が18日に行われ、浦和レッズとジュビロ磐田が対戦した。

    立ち上がりから積極的に試合に入った磐田は8分、高い位置でボールを奪うと、アダイウトンがペナルティエリア左に浮き球のパスを供給。抜け出した松井大輔が左足ボレーで狙ったが、惜しくもゴール左へ外れた。

    浦和は12分、自陣でボールを持った関根貴大がディフェンスラインの裏にロングパスを送ると、これに反応した興梠慎三が左足でシュート。しかし枠を捉えることはできなかった。

    試合が動いたのは36分。敵陣でFKを得た磐田は宮崎智彦がエリア内にクロスを放り込むと、川又堅碁が飛び出したGK西川周作の手前でヘディング。ゴール前に流れたボールを大井健太郎が頭で流し込み、先制点となった。

    だが、浦和もセットプレーから得点を奪う。43分、右CKを柏木陽介がニアサイドに蹴り込むと、阿部勇樹がヘディングで合わせる。これがゴール左隅に決まり、試合は振り出しに戻った。前半はこのまま1-1で折り返す。

    後半に入り56分、浦和は興梠のポストプレーから阿部がエリア内に侵入。左足のシュートを流し込み、逆転ゴールとなった。

    追いかける立場となった磐田は68分、自陣からのクリアボールにアダイウトンが反応すると、飛び出したGK西川のクリアボールを体に当て、そのままエリア内へ侵入。カバーに戻ったDFの位置を見ながら冷静にシュートを沈め、スコアをタイに戻した。

    さらに74分、途中出場の松浦拓弥がアダイウトンとのワンツーでエリア内右へ抜け出し、左足でシュート。ボールはGK西川のニアサイドを破ってネットを揺らし、磐田が再び試合をひっくり返した。

    勢いに乗った磐田は80分、スルーパスを受けた松浦がエリア内左から右足のシュートをゴール右隅に流し込み、リードが2点に広がった。試合はこのままタイムアップを迎え、磐田が4-2で打ち合いを制した。磐田は2連勝、浦和は連敗で3試合白星なしとなった。

    次節、浦和は25日にアウェイでサガン鳥栖と、磐田は同日にホームでFC東京と対戦する。
    2017-06-18_20h44_19
    サッカーキング 6/18(日) 20:25配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00602000-soccerk-socc

    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆エルゴラ紙
    http://sp.soccer.findfriends.jp/?pid=game_info_goal_ranking&game_kind_id=2

    ◆DAZN公式サイト
    http://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)
    http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/27(土) 16:03:07.28 ID:CAP_USER9.net
    ◆清水エスパルス 1-3 横浜Fマリノス[
    IAIスタジアム日本平スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052701/livetxt/#live

    [横]松原健(15分)
    [清]白崎凌兵(50分)
    [横]ウーゴ・ヴィエイラ(52分)
    [横]ウーゴ・ヴィエイラ(90分+4)


    ◆サンフレッチェ広島 0-0 ジュビロ磐田[エディオンスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052702/livetxt/#live

    2017明治安田生命J1リーグ第13節が27日に行われ、清水エスパルスと横浜F・マリノスが対戦した。

    15分、横浜FMはスローインから扇原貴宏がクロスを上げる。ヘディングで一度はクリアされるが、こぼれ球を拾った松原健が切り返しから左足を振り抜く。このシュートがゴールネットに突き刺さり、アウェイの横浜FMが先制する。前半は横浜FMの1点リードで折り返す。

    追いかける清水は後半に入り50分、右サイドから攻撃を仕掛けると鄭大世のパスから最後は白崎凌兵がゴールに流し込み、1-1の同点とする。

    しかし、その2分後の52分、マルティノスのクロスに途中出場のウーゴ・ヴィエイラがダイレクトで合わせ、すぐさま勝ち越す。さらに後半アディショナルタイム、抜け出したウーゴ・ヴィエイラがとどめの一発を決め、試合終了のホイッスル。

    試合は1-3で終了。清水は公式戦2連敗で、公式戦11試合勝ちなしに。対する横浜FMは公式戦2連勝となった。

    次戦は31日、清水は2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第7節でFC東京と、横浜FMはサンフレッチェ広島と、それぞれホームで対戦する。
    2017-05-27_17h29_14
    SOCCER KING 5/27(土) 15:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00593195-soccerk-socc

    俊輔不在の磐田、“もう1人の天才”をトップ下起用も広島とスコアレス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-01640203-gekisaka-socc


    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com

    ◆DAZN for docomo
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ