海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ジェビロ磐田

    1:きのこ記者φ ★ :2017/11/16(木) 16:11:36.64 ID:CAP_USER9.net
    いつの間にか“神対応”という言葉をよく耳にするようになった。元SMAPの香取慎吾(40)は、MCを務めていたテレビ朝日系「SmaSTATION!!」の最終回(9月23日)まで3週連続で、生放送前にテレビ局前に集まったファンに姿を見せ、手を振るなど大サービス。

    8月には歌手、松山千春(61)が出発の遅れた全日空機の機内で「大空と大地の中で」を歌い、観客のいらだちを抑えたことなどが記憶に新しい。

    先日、記者もちょっとした“神対応”を目にすることができた。今月6日に神奈川・横浜市の保土ケ谷公園サッカー場で行われたサッカーJ1磐田対J2横浜FCの練習試合後の磐田・名波浩監督(44)の行動だ。

    この日、話題になっていたのは、磐田のMF中村俊輔(39)と横浜FCのFW三浦知良(50)。2012年1月の松田直樹メモリアルゲーム以来の対戦で、500人のファンを魅了した。

    2人に負けない存在感を放っていたのが名波監督。磐田は公式ホームページでファンサービスを行わない旨を事前に発表していたが、試合後に駐車場までの道のりにファンが行列を作ると、一人一人のサインや記念撮影に応じる“神対応”。

    チームスタッフが「まもなくバスが出ます!」と大声で選手らを催促すると、名波監督は「俺はバスに乗らないから大丈夫だよ」とファンを安心させ、最後の一人まで丁寧に接していた。

    かつて磐田の黄金時代を築き、日本代表としてもW杯などで活躍したレフティーは監督となった今も絶大な人気を誇る。

    試合前にサポーターが監督のチャント(応援歌)を歌うのは異例だ。その人気の理由が、この日の“神対応”で見えた気がした。

    芸能界でも何かと話題になる“神対応”。それを過度に期待してはいけないのだろうが、取材先で新たな“神対応”に出会えるのをひそかに楽しみにしている。(レッツー)
    2017-11-16_21h16_11
    http://www.sanspo.com/geino/news/20171116/geo17111611250018-n1.html
    続きを読む

    1:パーカー ★:2017/11/09(木) 13:25:58.88 ID:CAP_USER9.net
    2017年にJ1横浜F・マリノスからJ1ジュビロ磐田に移籍した元日本代表MF中村俊輔は、新天地で10番を背負い卓越したスキルを見せるなど、39歳となった今も健在ぶりを誇示している。欧州リーグで8シーズンを過ごした天才レフティーの目には、「日本人選手に足りないもの」が映っているという。自身の経験談を交えながら持論を展開した。

    中村は2002年8月に横浜FMからイタリア1部レッジーナへ移籍し、初年度から10番を背負ってプレー。2005年8月にスコットランド1部セルティックに活躍の場を移すと、6つのタイトルに加え、年間最優秀選手賞(2006-2007)も獲得。その後、2009年夏にスペイン1部エスパニョールに移籍し、2010年2月に古巣の横浜FMへ復帰を果たした。

    イタリア、スコットランド、スペインを渡り歩いた中村は、日本凱旋から今季で8シーズン目を迎えている。海外リーグもよく知る中村は、日本との違いについて口を開いた。

    「レッジーナでは3連敗して外出すると、『何負けてるんだよ!』って普通にファンから小突かれますからね」

    笑いながら冗談交じりに3シーズン在籍したレッジーナ時代を振り返った中村は、当時を回想しつつ、さらにイタリアでのエピソードについて次のように明かす。

    時に批判も「点を決めればヒーロー」の世界

    「スーパーマーケットでもサポーターに詰め寄られたこともあったし、車のタイヤを一個取られた選手もいました。確か4連敗した後だったかな。怒ったサポーターが練習中のグラウンドに乱入して、『お前ら、やる気あるのか!』って抗議するぐらいですからね」

    カルチョ(サッカー)の国と呼ばれるイタリアのセリエAは、かつて“世界最強リーグ”とも称され、サッカー界の中心にあった。サッカー文化が根付いた環境のなか、中村はレッジーナの10番として、時には批判を浴びながら観客を魅了するプレーで着実に評価を高め、自らの地位を確立してきた過去がある。

    「ただその代わり、点を決めればヒーロー。サッカーを大きく扱う新聞が4、5紙あって、サッカー選手のステータスも高い。ヨーロッパだとサッカー選手の存在価値は全般的に高いですからね。そういう意味で、周囲からのプレッシャーが日本と海外では全く違いました」

    事実、中村は華麗なプレーと卓越したテクニック、そして武器であるFKで目の肥えたイタリア人を魅了し、現地で「東洋のバッジョ」と呼ばれた。今年10月14日のJ1リーグ第29節、敵地清水エスパルス戦(3-0)で中村が右コーナーキックから直接ゴールを決めた際には、現地メディアが伝えるなど、今でも「NAKAMURA」の衝撃は色褪せていない。

    全文はURL先でどうぞ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171109-00010006-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/29(日) 17:05:06.97 ID:CAP_USER9.net
    ■ジュビロ磐田 2-1 横浜Fマリノス [エコパスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102905/live/#live

    [磐]川又堅碁(40分)
    [横]伊藤翔(30分)
    [磐]川又堅碁(65分)


    6位ジュビロ磐田と3位横浜F・マリノスの“第3ラウンド”は2-1で磐田が逆転勝ち。6試合負けなし(3勝3分)とした。一方の横浜FMは4試合ぶりの黒星を喫した。

    今季は4月8日のリーグ戦(2-1)、今月25日の天皇杯(1-0)と2度対戦しており、いずれも横浜FMが勝利している。3度目のこの試合に向けて、天皇杯からスタメンを6人入れ替え、3連敗は避けたい磐田は、古巣対決となるMF中村俊輔に今季初のゲームキャプテンを託した。

    横浜FMは前半3分、PA右でパスを受けたMF天野純が絶妙なクロスを上げ、FW伊藤翔が決定的なヘディングシュートも決めきれず。磐田は25分、ゴール正面の絶好の位置でFKを獲得。中村が左足で直接狙ったがシュートは曲がり切らず、ゴール左に外れた。

    両クラブのレフティーが魅せた中、試合が動いたのは前半28分だった。MF遠藤渓太がDF森下俊に倒されてPKを獲得。キッカーの伊藤がゴール左に蹴り込んだシュートはGKカミンスキーに止められたが、こぼれ球を伊藤自ら押し込み、横浜FMが先制に成功した。

    だが、磐田が前半のうちに追いつく。40分、右サイドからDF櫻内渚が上げたクロスをペナルティーアーク内でFW川又堅碁が足もとにおさめ、強引な反転から左足を振り抜く。これが相手DFに当たってコースがかわり、ゴール右隅に吸い込まれ、試合を振り出しに戻した。

    後半の立ち上がりから磐田が攻勢に出ると、4分にボール奪取からMF川辺駿がドリブルシュート。6分には、PA右手前で獲得したFKから中村が壁の下を抜くシュートを放ったが、惜しくも右ポストに嫌われた。

    前へ前へという姿勢が実ったのは後半20分だ。磐田はバックパスに川又がプレッシャーをかけ、GK飯倉大樹のコントロールミスを誘発。これを見逃さなかったMFアダイウトンがボールを奪ってPA左から中央へ送り、川又が無人のゴールに流し込み、2-1と逆転した。

    なおも攻め込む磐田は後半22分、左サイドでFKを獲得。キッカーの中村が中央にクロスを入れるかと思われたが、壁の左を通して直接ニアを狙う。意表を突いたシュートとなったが、惜しくも左ポストを叩き、中村は古巣から得点を奪うことができなかった。

    雨がさらに激しくなり、ピッチの至るところでボールが止まってしまう状況に。この中でもまずは同点を目指す横浜FMは、後半33分にFW富樫敬真とMFイッペイ・シノヅカを投入。37分にはDF栗原勇蔵を入れたが、劣悪なピッチの状況に思うように攻め込むことができず、守備の時間が続いた。

    終盤はパス、ドリブルも難しい状況で“サッカー”とはならず、そのままタイムアップ。大雨の一戦を2-1で磐田が制した。

    10/29(日) 17:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-01645656-gekisaka-socc

    写真



    順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    7:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/09/17(日) 18:00:55.39 ID:RC3pyw2e0.net
    ゲキサカ @gekisaka
    俊輔が鮮やかFKで先制点演出も…
    磐田は“ミラクル浦和”に追いつかれ勝ち点1分け合う
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?226313-226313-fl … #gekisaka #jleague

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 17:58:58.82 ID:CAP_USER9.net
    ■ジュビロ磐田 1-1 浦和レッズ [エコパスタジアム] 入場者数23,783
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091701/live/livetxt/#live

    [磐]ムサエフ(21分)
    [浦]興梠慎三(79分)


    2017明治安田生命J1リーグ第26節が17日に行われ、ジュビロ磐田と浦和レッズが対戦した。

    先制したのはホームの磐田だった。21分、右サイドでFKを得ると、中村俊輔がゴールへ向かうクロスを供給。高橋祥平のヘディングはGK西川周作に阻まれたが、こぼれ球をムサエフが頭で押し込んだ。

    後半は1点を追いかける浦和がサイドからのクロスを中心に攻め込んだが、なかなか決定的なチャンスを作り出すことができない。

    それでも79分、敵陣でルーズボールを拾った青木拓矢がディフェンスラインの裏に浮き球のパスを送ると、抜け出した興梠慎三がヘディングで流し込み、浦和が同点に追いついた。

    その後は互いにゴールを目指して一進一退の攻防となったが決着はつかず、1-1の引き分けに終わった。

    次節、磐田は23日に大宮アルディージャと、浦和は同日にサガン鳥栖と、それぞれホームで対戦する。

    9/17(日) 17:56配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00643643-soccerk-socc

    写真



    ▲順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ▲DAZN
    https://www.dazn.com

    ▲DAZN for docomo.
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/14(木) 17:53:46.65 ID:CAP_USER9.net
    ジュビロ磐田は14日、元日本代表MF中村俊輔(39)の第5子となる男の子が今月10日に誕生していたことを発表した。中村は2004年に一般女性と入籍。

    クラブ公式サイトを通じ、「この度、第5子となる男の子が無事に誕生しました。新たな家族が増え、より一層チームに貢献できるよう、プレーしたいと思います」とコメントしている。
    2017-09-14_18h59_50
    9/14(木) 17:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-01644068-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/09(土) 14:59:10.52 ID:CAP_USER9.net
    ■北海道コンサドーレ札幌 2-1 ジュビロ磐田 [札幌ドーム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/090901/livetxt/#live

    [磐]川又堅碁(28分)
    [札]都倉賢(40分)
    [札]ヘイス(85分)


    2017明治安田生命J1リーグ第25節が9日に行われ、北海道コンサドーレ札幌とジュビロ磐田が対戦した。

    札幌は負傷していた横山知伸が6試合ぶりに復帰。古巣対決となるジェイはベンチスタートとなった。磐田は中村俊輔が2試合ぶりのスタメンとなった。

    26分、アダイウトンが得意のドリブルでエリア内に侵入すると、札幌DF横山がファール。磐田がPKを獲得すると、川又堅碁が落ち着いて決めて先制に成功する。川又は3試合連続ゴールとなった。対する札幌は40分、右サイドを突破した早坂良太がクロスを送ると、都倉賢が押し込んで同点とする。前半は1-1で折り返す。

    後半に入り65分、札幌は得点を挙げた都倉に代えてジェイを送り出す。すると84分、チャナティップの縦パスを途中出場の小野伸二がワンタッチで左サイドに展開。石川直樹のクロスにヘイスが合わせて、札幌が逆転する。

    試合は2-1で終了。札幌は2連勝。対する磐田は5試合ぶりの黒星となった。

    次節、札幌はアウェイでヴィッセル神戸と、磐田はホームで浦和レッズと対戦する。

    9/9(土) 14:57配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00639958-soccerk-socc

    写真



    ■順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ■エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ■DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ■DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/26(土) 21:01:32.06 ID:CAP_USER9.net
    ■ジュビロ磐田 2 - 1ヴィッセル神戸 [ヤマハ] 
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/082607/live/#live 

    [神]ルーカス・ポドルスキ(48分) 
    [磐]川又堅碁(51分) 
    [磐]松浦拓弥(79分) 


    ■神戸DF渡部博文が“神の手クリア”…磐田猛抗議も判定変わらず 
    [8.26 J1第24節 磐田-神戸 ヤマハ]  

    ジュビロ磐田対ヴィッセル神戸の一戦で、磐田が判定に猛抗議する場面があった。

    前半24分、神戸DF渡部博文のコントロールミスを拾ったMFアダイウトンが左に流れながら、右足のオーバーヘッド気味のシュートを蹴り込む。

    ボールは前に出たGKキム・スンギュを越えてゴール方向に向かったが、懸命に戻った渡部博にライン上でかき出された。飯田淳平主審は磐田のCKを指示した。  

    しかしここで磐田の選手たちが猛抗議。渡部博のハンドを主張したのだ。“神の手クリア”のように見えたが、飯田主審は判定を変えることはない。名波浩監督も大声でハンドを主張していたが、判定が覆ることはなかった。

    8/26(土) 20:03配信 ゲキサカ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170826-01643370-gekisaka-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/19(土) 20:37:05.29 ID:CAP_USER9.net
    ■鹿島アントラーズ 2-0 清水エスパルス [県立カシマサッカースタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081906/live/#live

    [鹿]レアンドロ(17分)
    [鹿]金崎夢生(87分)

    ■ジュビロ磐田 1-1セレッソ大阪 [ヤマハスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081907/live/live/#live

    [C]杉本健勇(37分)
    [磐]川又堅碁(86分)


    J1リーグ23節の鹿島対清水が8月19日、県立カシマサッカースタジアムで行なわれ、2-0で鹿島が勝利した。
     
    最初にゲームを動かしたのは、ホームの鹿島。17分、小笠原の縦パスを起点に、金崎→レアンドロとダイレクトでつないで中央からこじ開け、最後はレアンドロが正確なシュートでネットを揺らした。
     
    その後も鹿島がペースを掴み、「アグレッシブに自分たちがボールを握る」(大岩監督)展開のなか、効果的な3人目の動き出しで清水を攻め立てた。
     
    鹿島の1点リードで迎えた後半、ビハインドの清水は懸命に反撃を試みるも、フィニッシュワークに迫力を欠いて、鹿島ゴールをこじ開けられない。新加入の清水がさっそく新天地デビューを飾り、流れを引き寄せようと奮闘したが奏功しなかった。
     
    追加点が欲しい鹿島は前半と同様、シンプルな仕掛けを繰り出す。思うように2点目を奪えなかったが、終了間際、金崎が右足でねじ込んで2-0。試合はそのままタイムアップとなり、連敗を阻止した鹿島が首位の座を堅持した。

    8/19(土) サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170819-00028979-sdigestw-socc

    C大阪のプラン狂わせた魔法の左足…“10人”磐田が俊輔&川又のホットラインでドローに持ち込む
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-01643138-gekisaka-socc

    写真





    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j2

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ