海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ジェフユナイテッド千葉

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/26(月) 22:01:48.58 ID:CAP_USER9.net
    ジェフユナイテッド千葉は26日、2017シーズンよりトップチームのコーチに江尻篤彦U-18監督が就任すると発表した。江尻氏はクラブを通じて、「トップは来年は勝負の年。今の自分の持てる力を全て捧げる気持ちで、新監督のサポートに徹する所存です。シーズン最後にサポーターの皆様と笑える日が来るのを目標に、頑張って参ります」とコメントしている。

    また同日、U-18監督に須永純U-18コーチが就任することを発表している。
    2016-12-27_00h01_51
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-01635003-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/17(木) 07:39:42.54 ID:CAP_USER9.net
    ジェフユナイテッド千葉は2010年から7年間をJ2で過ごしています。今年も昇格できないので8年目もJ2です。降格した当初、こんなに長くJ2にいることになるとは誰も思っていなかったでしょう。

    J2は当然J1より低レベルです。なので、J1から降格したチームは、J2なら勝てると考えてしまいがちなのですが、自分たちがJ1のレベルにないから降格したという事実を忘れています

    自分たちがどれだけ弱くなっているか、その分析を間違えないこと。これがまず大事です。しかし、これが非常に難しい。

    降格したクラブを病気の患者だとします。医者は患者を診察して処方箋を出します。患者は1日で治してほしいと思っていても、医者が診れば1年かかる病気かもしれません。で、それを1日で治そうとした場合、どうなるでしょうか。

    降格1年目に指揮を執っていたのは江尻篤彦監督でした。昇格はもちろん、その後もJ1で通用するチームを作ろうとしました。パスワークとプレッシングで相手を圧倒するスタイルを目指しています。パスワークはJ1でも通用するレベルだったと思います。ところがプレッシングのほうが空回りでした。攻撃しているわりには点をとれずカウンターでやられるため、アウェーでなかなか勝てなかった。最終的には4位、少し背伸びしすぎたのでしょう。ただ、処方箋はそう悪いものではありませんでした。1年で昇格できると考えたのが甘かっただけです。問題はその後です。

    その後はプレースタイルも監督もほぼ1年ごとに変わります。その年に昇格することだけを考えたからです。開幕前、クラブは毎年「昇格」をサポーターに約束しましたが、7回連続で果たせていません。処方箋が間違っているので病状はかえって悪化したのです。

    なぜ間違え続けたのか。答えは簡単で、社長がプロでないからです。

    Jリーグの社長の多くはスポンサー企業から派遣されています。ジェフ千葉の場合、近年はJR東日本の社員が社長を務めてきました。彼らにサッカークラブを経営した経験はありません。サッカーに関心があったかどうかさえ定かでない。サッカー界の人脈もありません。つまり、サッカークラブ経営者としての資質を欠いた人が社長を務めているわけです。おそらく多くのクラブも似たような状況でしょう。

    企業の経営者、管理者としてはプロかもしれませんが、サッカーとその現場を知らなければ、金銭と職員の管理以外にはとくに何も出来ません。クラブの将来像も描けなければ、そのためのロードマップも作れない。優秀なGMがいれば上手くいきます。編成やビジョンについてはGMの意見を聞けばいい。しかし、もしGMに恵まれなければ当然上手くいきませんし、代わりの人材を探すにも人脈がない。そもそもサッカーを知らないので、誰の意見が正しいのか判断できないでしょう。

    クラブがいったん迷走を始めたとき、現場(選手と監督)の前輪駆動で軌道修正することも不可能ではありませんが、迷走に迷走を重ねる可能性のほうが大きい。

    専門的な医学の知識があるから医者は患者に回復の方法を明示できる。ところが、Jリーグでは専門的な知識をほとんど持たない人物が処方箋を出すわけですから、たいがい治るものも治りません。降格したということは、それなりに問題があるわけです。まず、それを直視することが重要です。社長が大した根拠もなしに「絶対に1年で昇格」などと言い出したら要注意。患者が1日で治りたいと言うので1年かかる治療を1日で大丈夫だと言う医者はいませんよね。

    ただ、矛盾したことを言いますが、上がるなら1年目です。それ以後は、まず処方箋を間違えるのでどんどん悪化する可能性が高いからです。問題を抱えていても、降格当初はまだ基礎体力があるので昇格するには最大のチャンスです。まあ、その後は知りませんけど。

    文=西部謙司(サッカー記者)
    2016-11-17_10h10_36
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00000004-goal-socc
    続きを読む


    maxresdefault (2)

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 12:04:01.79 ID:???*.net
    ここのところ、Jリーグのファン・サポーターの間で、女優・モデルとして活躍する桐谷美玲さんの株が上がっている。

    きっかけは自身のブログで、6月14日に千葉のフクダ電子アリーナ(略称フクアリ)で行われたJ2リーグ・ジェフ千葉―アビスパ福岡戦の観戦を報告したこと。それがサッカーの話題を集めるサイトで紹介され拡散したのだ。

    ● 桐谷美玲さんの 「ガチ」なサポーターぶり

    千葉県出身の桐谷さんは以前から家族ぐるみで地元のジェフ千葉を応援していたようだ。だから、ジェフ戦を観戦に行くことは不思議ではないのだが、ブログの画像や記述が見る者を驚かせた。本人が撮ったと思われる画像はジェフ・サポーター席の真ん中から見たスタジアムの光景。友人とともにジェフのレプリカユニフォームを着て応援する桐谷さんの画像も添えられている。

    桐谷さんは今をときめく女優・モデルである。アメリカの映画サイト『TC Candler』が発表する「世界で最も美しい顔」の2014年ランキングで日本人最高の8位にもなった。いわばセレブだ。忙しくて「プライベートはそっとしておいて」と思うのが当然だし、もしサッカーが大好きで観戦したくなったら、一般のファンとは接触しないで済む特別席で観るのが普通だろう。だが、桐谷さんはジェフサポーターのど真ん中で黄色のユニフォームを着て愛するクラブを熱烈応援しているのだ。

    ブログの記述にも年季が入ったジェフファンであることを窺わせるものがある。結びの「結果は2-2。う~ん、、おしいなあ。今年こそ!!  頑張ってください!!  Fight!! 」だ。

    ジェフ千葉は2009年にJ1からJ2に降格した。翌10年は4位、11年は6位で昇格ならず。12年から14年までは3年連続で昇格プレーオフに進出したが、あと一歩のところで敗れて昇格を逃している。そんなこともあって今年は自動昇格の2位以上を目指しているが、現在は5位と微妙な位置にいる。「今年こそ!!  頑張ってください!! 」のコメントには、そんなジェフの苦難の道のりと、それを見て味わった自身の悔しさが表れている。筋金入りのジェフファンであることがわかるのである。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150630-00074071-diamond-soci
    ダイヤモンド・オンライン 6月30日(火)11時0分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150630-00074071-diamond-soci.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435633441/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ