海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ジエゴ・コスタ

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 23:06:29.03 ID:CAP_USER9.net
    「フランスは僕がプレーしたことのないところだし、悪くないね」

    ただのリップサービスなのか、それとも――。
    チェルシーに所属するスペイン代表FWのジエゴ・コスタが、フランス・メディアでリーグ・アン移籍の可能性に扉を開けた。
     
    イングランドでの生活への適応問題もあり、昨夏に古巣アトレティコ・マドリーへの復帰に動いたとされるD・コスタは、今冬のマーケットでも中国リーグへの移籍が騒がれた。今シーズンのプレミアリーグで17ゴールを挙げているチェルシーのチーム得点王だが、去就に関する噂は絶えない。
     
    そのD・コスタは現地時間3月28日のフランス戦(国際親善試合)を前に、同国の『テレフット』のインタビューに応じた。この中で酒井宏樹が所属するマルセイユについて、「彼らに素晴らしいプロジェクトがあり、成長中なのは本当だね」と称賛。同クラブは昨年10月にアメリカン人実業家のフランク・マッコートが新オーナーに就任し、今冬にはフランス代表MFでOBのディミトリ・パイエを2500万ポンド(約35億円)で獲得するなど、名門復活に向けて意気込んでいる。
     
    さらに、D・コスタは「僕はチェルシーでとても満足している。でも、サッカーではどんなことも起こりうるんだ。もしも変えなければいけないのなら、フランスは僕がプレーしたことのないところだし、悪くないね」と、リーグ・アンでのプレーに前向きな姿勢を見せた。
     
    「パリ・サンジェルマンがヨーロッパでリスペクトされているチームなのは、みんなが知っていることだ。モナコにも素晴らしいプロジェクトがあり、見事な選手たちがいる」
     
    今シーズンはアントニオ・コンテ新監督の下で再生し、自身2度目となるプレミアリーグ制覇に向かっているD・コスタ。スペインとイングランドでゴールを量産してきたストライカーが、今夏にフランスの「3強」に新たな活躍の場を求めるのか注目される。
     
    なお、スペイン代表は26日、D・コスタが足首の負傷で同日の練習を切り上げたと発表。検査の結果で問題は見つからなかったとのことで、チームに残って代表のメディカルスタッフによる治療を受けるが、フランス戦への出場が危ぶまれている。
    2017-03-28_08h35_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170327-00023913-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/14(土) 13:21:54.42 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタが、14日に行われるプレミアリーグ第21節、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとの一戦に欠場することがわかった。13日、イギリスメディア『スカイスポーツ』など複数のメディアが報じている。

    同メディアによると、D・コスタは直近の3日間、練習を回避している模様。アントニオ・コンテ監督と口論があったと見られ、レスター戦を欠場することが決定したようだ。

    中国クラブから年俸3000万ポンド(約41億8000万円)を超えるオファーが来ているとされるD・コスタ。同メディアは、D・コスタが巨額オファーに心が揺れており、コンテ監督との口論に発展したと伝えている。また、イタリアメディア『Sky』によると、同監督は「中国へ行ってしまえ!」と発言したようだ。なお、チームは同選手を売却する意思はないとも報じられている。

    D・コスタは今シーズン、リーグ戦19試合14ゴールと好調を維持。首位を走るチェルシーの得点源となっていたが、指揮官との揉め事がチームに悪影響を与えてしまうことになるのだろうか。
    2017-01-14_13h57_37
    SOCCER KING 1/14(土) 8:34配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00541378-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/07(土) 18:21:32.85 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、中国からの関心が伝えられたスペイン代表FWジエゴ・コスタについて、売却しない意向を示唆した。イギリス紙『デイリーメール』が6日付で伝えている。

    チェルシーは今冬の移籍市場でブラジル代表MFオスカルが上海上港へ、ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルが天津泰達へ、それぞれ移籍した。“爆買い”の猛威にまさにさらされている同クラブだが、さらに天津権健がD・コスタの獲得に向けて8000万ポンド(約115億円)もの移籍金を用意していると報じられていた。

    これを受けて、コンテ監督は会見で「私はミケルの移籍によって中国との取引が終了することを願っている。中国からのオファーがオスカルとミケルで終わることを願っているし、今のチームのメンバーが残ることがとても重要だ」とコメント。これ以上の選手の流出は避けたい意向を示している。

    「私は非常に良く機能しているチームを率いている。こういう選手たちと一緒に仕事をすることを嬉しく思っているよ」と、同監督は選手たちへの信頼を口にした。今シーズン、リーグ制覇に向けて好調を維持するチェルシーだが、果たしてエースの流出を阻止することはできるだろうか。
    2017-01-07_23h30_40
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00538395-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/01(日) 21:31:58.71 ID:CAP_USER9.net
    中国の天津権健が、チェルシーFWジエゴ・コスタの獲得を狙っているという。スペイン『マルカ』が報じた。

    昨年に中国スーパーリーグ昇格を決めた、ファビオ・カンナバーロ監督が指揮を執る天津権健。同クラブは昇格の立役者となったFWルイス・ファビアーノの後釜として、その同胞であるD・コスタの獲得を目指し続けているという。

    『マルカ』によれば、天津権健は1カ月程前に移籍金6000万ユーロ(約73億円)のD・コスタ獲得オファーをチェルシーに提示し、断りを入れられた模様。しかしながら、まだ獲得をあきらめてはおらず、現在は9000万ユーロ(約110億円)のオファーを用意しているとのことだ。

    果たしてチェルシーは、天津権健の新たなオファーに耳を傾けるのだろうか。
    2017-01-01_22h55_58
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000014-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/21(土) 18:19:56.15 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーが、ナポリに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの獲得に向けて交渉の場を設けたようだ。イギリスメディア『Squawka』が20日付で伝えている。

    来シーズンからチェルシーの指揮を取ることが決まっているアントニオ・コンテ監督(現イタリア代表指揮官)が望む補強の1人目は、ナポリのエースストライカーかもしれない。同監督は、今シーズンのセリエAで36ゴールを挙げてリーグ記録を樹立したイグアインの獲得を強く望み、チェルシー首脳陣も大金を投じる構えがある模様だ。

    チェルシーは先週、ナポリとイグアインの移籍金交渉の場を設けたと報じられている。チェルシー側はイグアインを移籍金4500万ポンド(約71億9000万円)で獲得したい意向だが、ナポリ側は移籍金6500万ポンド(約103億8000万円)を要求しているという。

    しかし、チェルシーのオーナーを務めるロマン・アブラモヴィッチ氏はイグアイン獲得のための資金投入には金額制限を設けないとしており、ナポリが提示する額を言い値で払う準備がある模様。イグアインのチェルシー移籍が実現する場合、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(現パリ・サンジェルマン/レアル・マドリードからマンチェスター・Uへの移籍時)の移籍金5970万ポンド(約95億4000万円)を超えて、プレミアリーグ史上最高額の移籍金となる見込みだ。

    また、チェルシーはエヴァートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクや、ユヴェントスに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタにも関心を抱いているようだ。今シーズンは期待外れのパフォーマンスに終わったスペイン代表FWジエゴ・コスタは、アトレティコ・マドリードに移籍金4000万ポンド(約63億9000万円)で売却する予定だという。
    2016-05-21_19h30_15
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160521-00444970-soccerk-socc
    続きを読む

    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 10:50:16.07 ID:CAP_USER*.net
    悪役側にいるサッカー界のスター10名

    世の中には実力があってもサッカーファンから嫌われる選手も存在する。傲慢な選手や、シミュレーションばかりするダイバーと呼ばれる選手、暴力的で毎試合のように相手を挑発している選手も嫌われる対象となり、彼らは活躍しても悪役として見られている。スペイン『ムンドデポルティーボ』はサッカー界の嫌われ者ベスト10と題し、とにかく嫌われている選手をリストアップした。

    10位:マテュー・ヴァルブエナ(リヨン)

    ジブリル・シセ、カリム・ベンゼマが関わったと言われたヴァルブエナのセックステープ騒動は 、ヴァルブエナの印象を大きく変えることとなった。被害者側ではあるものの、ベンゼマを批判した言動などは自身のイメージを落とすことにも繋がった。

    9位:アリエン・ロッベン(バイエルン)

    世界を代表するダイバーであるロッベンは、とにかく相手サポーターから嫌がられる存在だ。昨年のワールドカップでもメキシコ代表を敗退に追い込む見事なダイブでPKを獲得するなど、その演技力は複数の審判の目を欺いてきた。

    8位:セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)

    ブスケッツが嫌な選手ということは誰もが知っている。特にチャンピオンズリーグのインテル戦でチアゴ・モッタを退場に追い込んだ演技は議論を呼び、サッカー界でもト ップクラスの演技力を誇る。

    7位:エミール・スバヒッチ(ハンブルガーSV)

    嫌われるどころか、スバヒッチは今年4月に警備員に暴行を働いて傷害の容疑をかけられている。その暴力性は相手選手を潰しかねないと危険視され、レヴァークーゼンも暴行事件が原因で契約を解除している。

    6位:ブランドン(バスティア)

    暴力的な選手として有名なブランドンは、パリ・サンジェルマン戦で大暴れしてきた。チアゴ・モッタには飛び膝蹴りのようなものをかまし、当時所属していたヨアン・キャバイェには振り向きざまに肘を顔面に入れている。さらにモッタに対してはロッカールームへの通路で待ち伏せし、頭突きを喰らわしてもいる。

    5位:ナイジェル・デ・ヨング(ミラン)

    デ・ヨングといえば2010ワールドカップ決勝でシャビ・アロンソの胸に蹴りを入れた場面が有名だ。タックルも含めてとにかく暴力的と評判で、嫌われる対象となっている。

    4位:サミル・ナスリ(マンチェスター・シティ)

    ナスリはとにかくフランス国内での評判が悪い。現代表監督のディディエ・デシャンを批判し、現地のジャーナリストにも暴言を吐くなどピッチ外で非常に凶暴だ。柔らかいタッチに定評がある選手だが、性格は全くソフトではない。

    3位:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

    メッシが正義とするならロナウドは悪といった見方がある。ダイバーであることも有名で、PKをもらいにいく姿勢は誰よりも貪欲だ。
    ボールを持つだけでブーイングが起きることも珍しくなく、ハンサムで大金持ちでエゴの強い彼が鼻につくという人も多いのだろう。

    2位:ズラタン・イブラヒモビッチ(PSG)

    好き嫌いが非常にはっきりする選手ではないか。傲慢を絵に描いたような人物で、グアルディオラを含むバルセロナの選手を痛烈に批判したことも有名だ。その王様ぶりに嫌気がさしているファンも多い。

    1位:ジエゴ・コスタ(チェルシー)

    挑発行為を繰り返して相手を退場に追い込もうとし、常に相手DFに対して暴力的なコスタは世界のサッカーファンから嫌がられる存在だ。特にその被害を受けているプレミアリーグでの評判は最悪だ。コスタが挑発行為をするたびに試合がストップすることを嫌がるファンも多いはずだ。

    1位は現代サッカー界でも指折りの暴れん坊であるコスタが選ばれた。ダイバーも許しがたいが、球技において暴力的な振る舞いはやめていただきたいと考えている者も多いはずだ。その点でコスタはあまりに目立ちすぎており、ロナウドやイブラヒモビッチと違って可愛げが感じられないのも嫌われる理由なのだろう。
    2015-12-31_11h24_41
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00010023-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451526616/
     
    続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2015/11/14(土) 22:40:25.00 ID:???*.net
    チェルシー所属のスペイン代表FWジエゴ・コスタに「臭い」と挑発されたストークの元イングランド代表DFライアン・ショウクロスが11日、化粧品ブランド『ダヴ(Dove)』から1年分の消臭スプレーを贈呈された。イギリスメディア『BBC』などが報じた。

    ストークは、7日に行われたプレミアリーグ第12節で、チェルシーに1-0で勝利。同試合でD・コスタから挑発を受けたストークで主将を務めるショウクロスは、11日に行われた『BBCラジオ・ストーク』のイベントに参加した際、サプライズでダヴから1年分の消臭スプレーを贈呈された。

    約150人のファンが参加した同イベントでショウクロスはD・コスタとのやり取りについて聞かれると次のように答えた。

    「僕がチャンピオンシップ(2部リーグ)でプレーしていた時はもっと汚いことをやるタフな選手たちがいた。 コスタが試合ではなく僕への挑発に集中力を逸らしたところで、僕は勝負に勝った。 彼は素晴らしい選手だから、彼が僕に気を逸らし、彼を封じられたことをうれしく思ったよ」

    チェルシー戦の後、各メディアがコスタの行動を批判的に報じると、ショウクロスの妻ケイスさんがツイッターで「早速今夜、消臭スプレーを付けさせたわ」とショウクロスの写真付きで嘲笑。すると、同ツイートは10日までに6500件のリツイートを記録した。
    2015-11-14_23h15_07
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151114-00370031-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447508425/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 01:03:28.88 ID:???*.net
    出場停止を落選理由に挙げたが…
     
    EURO2016予選を控えるスペイン代表から落選したチェルシーFWディエゴ・コスタが、ビセンテ・デルボスケ監督から9月19日のアーセナル戦での相手DFに対する挑発を「見苦しい」と批判された。英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

    ルクセンブルク戦とウクライナ戦を戦うスペイン代表のメンバーに、不動の1トップの名前はなかった。
    スペインの国籍を取得したブラジル出身ストライカーついて、ビセンテ・デルボスケ監督はこう語った。

    「彼が行ったことは見苦しい。だからこそ、彼は罰を受けている。もちろん、私も彼のやったことは 嫌いだ」

    スペイン代表を率いる名将が話題にしたのは、9月19日のアーセナル戦でのコスタの振る舞い。主審の陰で相手DFコシエルニーの顔をたたき、DFガブリエルを挑発。

    見事に退場へと追い込んだ。この試合でアーセナルは2人の退場者を出し、チェルシーは2-0で勝利を収めた。コスタは警告止まりでこの試合を乗り切ったが、試合後にイングランドサッカー協会から3試合出場停止処分を言い渡されている。

    コスタは、スペイン代表で9試合1得点と鳴りを潜めている。そうした不調が続くだけに妥当な選択とも言える。だが、マン・マネジメント力に優れる指揮官は「彼は初戦を出場停止でプレーできないので、呼ばなかった」と、フォローも忘れなかった。

    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/16869

    ディエゴ・コスタ
    no title


    スペイン代表メンバーは以下のとおり。10日にルクセンブルク、13日にウクライナと対戦する。

    GK

    カシージャス(ポルト) デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド) S・リコ(セビージャ)

    DF

    フアンフラン(アトレティコ・マドリ―) カルバハル(レアル・マドリ―)

    ピケ(バルセロナ) S・ラモス(レアル・マドリー) バルトラ(バルセロナ) イニゴ(レアル・ソシエダ)

    アルバ(バルセロナ) アスピリクエタ(チェルシー)

    MF

    ブスケッツ(バルセロナ) ブルーノ(ビジャレアル) セスク(チェルシー)

    イスコ(レアル・マドリー) カソルラ(アーセナル) チアゴ(バイエルン・ミュンヘン) マタ(マンチェスター・ユナイテッド)

    FW

    モラタ(ユヴェントス) ノリート(セルタ)  

    シルバ(マンチェスター・シティ) ペドロ(チェルシー) アルカセル(バレンシア)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000034-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443801808/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 21:13:17.71 ID:???*.net
    スペイン『マルカ』は、チェルシーFWジエゴ・コスタが古巣アトレティコ・マドリー復帰を望んでいることを報じた。

    D・コスタは昨夏の市場で、移籍金3800万ユーロでアトレティコからチェルシーに移籍。負傷の影響もありながら26試合で20得点を記録するなど、プレミアリーグでも存在感を発揮している。

    だが『マルカ』によれば、D・コスタはチェルシーでの日々に満足していない様子という。

    スペイン代表FWはDFフィリペ・ルイス、MFセスク・ファブレガスらチームメート、またジョゼ・モウリーニョ監督とも良好な関係を構築しているものの、気候、言語、食べ物などロンドンの街に馴染めていない模様。そのためアトレティコ首脳陣とコンタクトを取り、古巣復帰の願望を述べたとのことだ。

    D・コスタはチェルシーでアトレティコ時代の2倍となる年俸700万ユーロを受け取っているが、古巣復帰のために同額を減らす覚悟もある様子。

    またアトレティコのディエゴ・シメオネ監督もすぐにD・コスタと話をして、復帰を歓迎する旨を伝えたとされる。

    しかしながら『マルカ』は、チェルシーのオーナーであるロマン・アブラモビッチ氏、モウリーニョ監督がD・コスタの退団を許すことはないだろうとの見解も記載。

    アトレティコがD・コスタ再獲得に動いたとしても、チェルシーとのクラブ間交渉が大きな壁となりそうだ。
    2015-06-02_00h06_55
    GOAL 6月1日(月)20時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150601-00000031-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1433160797/

     
    続きを読む

    2014-07-16_11h14_34
     イングランド・プレミアリーグ、チェルシーは15日、スペイン代表FWジエゴ・コスタ(25)を同国リーガ・エスパニョーラのアトレチコ・マドリードか ら5年契約で獲得したと発表した。英BBC放送によると、移籍金は約3200万ポンド(約55億7千万円)。来週からチームに合流する。

     ジエゴ・コスタはチェルシーの公式サイトを通じて、「素晴らしい監督やチームメートともに、イングランドでスタートできることにすごく興奮している。育 ててくれたアトレティコの全員に感謝したい。素晴らしい日々だった。これからは新しい冒険が始まる。チェルシーで多くのトロフィーを勝ち取りたい」と抱負 を語った。

     ブラジル出身のジエゴ・コスタは、07年1月にAマドリードに加入。セルタなどへの期限付き移籍後、09年夏にバリャドリードへ移籍した。しかし、翌年 夏にはAマドリードが買い戻し条項を行使したため、古巣に復帰。昨季はリーグ戦27得点を記録し、18季ぶりのリーグ優勝に貢献し、欧州チャンピオンズ リーグでも9試合で8得点を挙げて、決勝へ導いた。

     スペイン国籍を取得していた同選手は、13年10月スペイン代表を選択。14年W杯ブラジル大会でスペイン代表メンバーに選出されるが、2試合でスタメン出場を果たすも無得点に終わり、同国代表も1次リーグ敗退を喫した。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140716-00000079-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ