海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ジダン

    1: 豆次郎 ★ 2019/08/12(月) 13:46:22.89
    レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、これまで構想外と見られていた選手たちを戦力に含める考えを明かした。

    レアル・マドリーは、今夏の移籍市場でMFエデン・アザールやFWルカ・ヨヴィッチらを獲得するなど大型補強に乗り出しており、反対にMFギャレス・ベイルやMFハメス・ロドリゲスは放出が濃厚とされてきた。

    しかし、両選手ともに未だチームに在籍しており、ハメスはレアル・マドリーのトレーニングに復帰。そして、ベイルは11日の親善試合ローマ戦に途中出場している。

    2-2のスコアでフルタイムを戦ってPK戦の末敗れたローマ戦後、ジダン監督は以下のように両選手についてコメントした。

    「ハメスとベイルはこのチームの選手だ」

    「何でも起こり得るが、彼らはどちらも(チームに)登録されている。私はレアル・マドリーのコーチとして、彼らを頼らなければならない」

    「私は彼らを100%頼りにしている。ハメスは(最近の試合に)呼ばれていないが、これは変わる可能性がある。トランスファーウィンドウが閉まる前であっても、すべてが起こり得るんだ」

    17日にはセルタとのリーガ・エスパニョーラ開幕戦が控えるが、その直前のタイミングでハメスとベイルをチームに含める可能性を強く示唆したジダン監督。とりわけ、ベイルは放出候補であることが以前に公言されていたが、指揮官の心変わりをきっかけに復活を遂げることができるのだろうか。

    https://twitter.com/goaljp_official/status/1160773002872512512?s=21
    https://www.goal.com/jp/
    no title
    続きを読む


    1: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 18:34:39.98
    正直頭突きしたおっさんってイメージしかないんだけど
    そんなレジェンドなの?

    bc32a3a45618a98126ea0f6a0eb7c4dc-1024x386

    2: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 18:35:18.56
    (´・ω・`)

    3: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 18:35:30.47
    凄かったで

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/07/16(火) 10:44:40.16
    7/16(火) 9:46配信
    ジダン監督の長男エンツォ、ポルトガル1部のアヴェスに加入決定

    アヴェスは15日、フランス人MFエンツォ・ジダンをフリーで獲得したことを発表した。契約期間は2021年までの2年契約となっている。

    現在24歳のエンツォ・ジダンは、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督の長男として知られる。2004年にレアル・マドリードの下部組織に入団し、2016年にトップチームでデビューを果たした。

    その後、同選手はアラベスを経てローザンヌ・スポルトに加入。先月、ローザンヌ・スポルト退団が決定したエンツォ・ジダンは、ポルトガル1部のアヴェス加入が決まった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00957822-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/07/11(木) 09:39:05.75 0
    息苦しい

    2: 名無し募集中。。。 2019/07/11(木) 09:39:59.82 0
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/20(月) 03:37:54.06
    5/20(月) 0:49配信
    ジダン、退団既定路線のベイルを最後の最後まで起用せず…「そうだね。そうしなかった。すまなかった」

    19日にリーガ・エスパニョーラ最終節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのベティス戦を0-2で落とした。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、今季限りでの退団が既定路線とされるMFガレス・ベイルを起用しなかった理由を説明している。

    ジダン監督は、すでに戦力外通告を告げたと報じられるベイルを過去2試合のように招集外とせずベンチスタートとしたが、結局起用することないまま試合を終えた。試合後会見に出席したジダン監督は、「ベイルに別れを告げさせなかった」との指摘を受け、まるで開き直るかのように、すぐさま次のように切り返している。

    「そうだね。そうしなかった。すまなかった」

    その言葉により会見場は沈黙に包まれ、少し間を置いてからジダン監督は再び口を開く。そこで強調したのは、ベイルの去就がまだ決定していないことと、交代策が試合展開によって決められることだった。

    「これから何が起こるか分からない。今日は違う選手を戦力とした。試合の状況から違う選手を途中から起用した。私の返答は、彼じゃない選手たちを起用したというものになる」

    「今日、彼を使わなかったのは事実だ。だが未来に何が起こるか分からない。私は今、このときを生きながら決断を下す。好ましくない、都合が良くないと感じた際にも決断する」

    「彼はこのクラブで多くの成功を勝ち取ったが、私たちは過去に生きているわけではない。あるのは今、このときだけであり、私はそこから決断を下すんだよ」

    その一方で、ベイル同様に戦力外通告を言い渡されたとされるGKケイロール・ナバスは先発出場。試合終了後にはファンに感謝の拍手を送り、大喝采を返されている。

    「あれが別れの場面だったか? 知らない。選手たちについて言及する必要はないし、これから何が起こるのかを見てみよう。どうなるのかは分からない。ケイロールは良いプレーを見せ、それに対して人々は満足だった。そういうことだ」

    今季最終戦にも敗れたレアル・マドリーだが、ジダン監督は今季の失敗が糧になることを説いた。

    「もちろん、この試合の結果は私たちが望んでいたことではない。望んだようにできなかったということだ。この結果は正当だよ。結局のところ、私たちは今シーズンの内容について受け止めなくてはならない。今季のことは忘れてはいけないんだ。未来への糧となるものだから。悪いことがあれば、次に良いことがやってくる。その逆も然りだ」

    「問題はフィジカルではない。フットボールはモチベーションの問題で、最後までそれが響いた。とにかく、もう来季について考えなくてはね」

    「監督は私であり、それが変わることはない。もちろん、チームに変化は生じる。それは知的な変化となるはずだ。今はとにかく休み、気分を一新して戻ってきたい」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00010001-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/12(日) 00:38:41.20
    5/11(土) 22:39配信
    ジダン、ベイルへの戦力外通告報道について「話したかもしれないし、話してないかもしれない」

    レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、MFガレス・ベイルに対して戦力外を通告したとの報道について言及している。

    ジダン監督はMFガレス・ベイル、MFマルコス・ジョレンテ、MFダニ・セバジョスと個人面談を行い、来季構想外であることを伝えたと報じられる。11日のリーガ・エスパニョーラ第37節、敵地アノエタでのレアル・ソシエダ戦を前に会見に出席した同指揮官は、ベイルとの個別面談について問われて肯定も否定もしなかった。

    「内密の話は内密のものだ。私はすべての選手たちとそうする必要があるが、話した内容はその場にとどめないといけない。彼と話をしたか? そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。選手たちとは将来以外の話もしている」

    その一方でM・ジョレンテについては、次のようにコメントしている。

    「彼は出場機会を必要としているが、実際、出場するに値する選手だ。アラベス戦では良いパフォーマンスを見せたが、それは継続的にプレーできたからだろう。ここで継続的にプレーできないのは、重要な選手たちがほかにもいるからだ。それが人生の掟であり、私たちにその現実を変えることはできない」

    「私がマルコス・ジョレンテにチャンスを与えなかったと言うことはできない。23選手もいれば、出場機会が少ない選手は常に存在するんだ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00010027-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/07(火) 03:50:15.09
    5/6(月) 23:50配信
    レアル・マドリー、ジダンがベイルら3選手と面談して戦力外を通告…スペイン紙報じる

    レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、来季構想外の選手たちにその旨を伝えた模様だ。スペイン『マルカ』が報じている。


    『マルカ』によれば、ジダン監督はまず3人の選手と個別面談を行い、来季の戦力に数えていないことを伝えた。その3人とはMFマルコス・ジョレンテ、MFダニ・セバジョス、そしてMFガレス・ベイルとのことだ。

    ベイルはチャンピオンズリーグ三連覇などを果たしたジダン監督第一次政権時にも、同指揮官との関係が良好ではないとされてきた。それでもベイル本人には、今季以降もレアル・マドリーに残留する意思があったとされるが、やはりジダン監督に戦力とはみなされなかったようだ。

    なお『マルカ』は、ベイルの代理人に今回の戦力外通告の報道について意見を求めたようだが、代理人は肯定も否定もしなかったという。

    またジダン監督の第一次政権時に出場機会をほぼ得られなかったM・ジョレンテとセバジョスは、2人とも今夏に退団を強いられることを感知していた模様。そのほかDFマルセロもジダンと面談したようだが、『マルカ』はその内容は把握していないとしつつも同選手が来季もレアル・マドリーでプレーするのでは、との見解を述べている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00010036-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/03(金) 07:17:51.13
    先のフランス・カップ決勝でレンヌに敗れ去ったパリ・サンジェルマン。その試合後の表彰式で、ネイマールが罵声を浴びせてきた男性ファンに激高し、パンチをお見舞いする映像がSNSを通じて世界中に拡散した。信じがたい暴挙が物議を醸している。

    もはやパリSGへの忠誠心は求めるべくもなく、クラブ自体もトラブル続きのネイマールを夏に売却する準備を進めているとされる。移籍先の筆頭候補は、兼ねてから噂されているレアル・マドリーだ。フロレンティーノ・ペレス会長の肝煎りで、交渉が一気に進む可能性もある

    だが、マドリー指揮官のジネディーヌ・ジダンは納得していないようだ。そう報じているのがスペイン・メディア『Diario Gol』で、ジダンはペレス会長に直談判し、ネイマール獲得に関して慎重に判断するよう嘆願しているという。

    「ネイマールが夏にPSGを去るのは間違いなく、クラブは買い手を探している。その最大の交渉相手がレアル・マドリーだ。ネイマールはエデン・アザール(チェルシー)と一緒にプレーしたいとの希望を持っており、ペレス会長が彼らふたりの獲得に熱心なのは周知の事実。しかしながら、監督ジダンはネイマールがチームに及ぼす悪影響に懸念を抱いている」

    「バルセロナでもパリでも毎晩のようにナイトクラブに出かけ、ロッカールームでは巨大なエゴで風紀を乱してきた。マドリードでも同様の振る舞いをするのは疑いがなく、ジダンはペレスに『(ネイマール獲得は)悪いアイデアだ。莫大なカネをかけてまで獲る必要があるのか、よく考えてほしい』と、進言しているようだ」

    ネイマール獲得に向けて、パリSGとのトレード交渉要員にガレス・ベイルやカリム・ベンゼマの名が上がるなど、さまざまな情報が交錯している。とはいえ肝心のフランス人指揮官が首を縦に振らないかぎりは、さすがにこのビッグディールも実現しないだろうか。

    いずれにせよネイマールの周辺が、かなり騒がしくなってきたのは確かだ。

    5/3(金) 5:40 サッカーダイジェスト
    2019-05-03_10h02_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190503-00010000-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/25(木) 14:25:43.88
    4/25(木) 14:14配信
    ジダン監督がベイル放出に言及「アザール獲得のために売却するつもりはないが…」

    9シーズンぶりの無冠が濃厚となっているレアル・マドリーは今夏の移籍市場でMFエデン・アザールらの大型補強に動くとみられている。売却が噂されるFWガレス・ベイルについて、ジネディーヌ・ジダン監督が言及した。スペイン『アス』が報じている。

    新選手の獲得資金を捻出するためにベイルらを売却するのか、と聞かれたジダンは「アザール獲得のために売却するつもりはない」としたうえで、「ただしチーム編成の問題がある」と指摘。新戦力の獲得で現チームメンバーに問題が生じる可能性については認めた。

    「選手を獲得する場合、チーム全体で24人か25人になることを受け入れる必要がある。もし選手を獲得すれば、その分だけ誰かが出て行くのは避けられないことだ」

    「だがこれはどのクラブも行なっている普通のことだ。私が見る限り、この手の質問をされるのは私だけのように思える。他のあらゆるクラブや監督が、同じ状況にいるにもかかわらずだ」

    ジダンは今シーズン終了後、積極的に選手獲得に動くことを明言している。1年前に獲得したのはFWビニシウス、GKティボ・クルトゥワ、DFアルバロ・オドリオソラ、MFマリアーノ・ディアスだった。一方でFWクリスティアーノ・ロナウドが流出している。

    来シーズンのレアル加入が噂されているのはアザールだけではない。パリSGのFWキリアン・ムバッペやマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバも浮上。「ここ数年は積極的に多くの選手を獲得してこなかったのは事実だ。だが今年は多くの選手を獲得するだろう」とコメントした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-43466328-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/25(木) 12:02:57.71
    4/25(木) 10:59配信
    ジダン監督「私たちは33回優勝した。バルセロナは何回だ?」

    レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、来シーズンのラ・リーガ奪還を宣言し、ここ最近の{{cの天下を終わらせると決意を口にした。スペイン『アス』が報じている。

    9シーズンぶりの無冠に終わろうとしている今季のR・マドリー。ジダン監督は「私に言えるのは、来年は最高の状態でラ・リーガをスタートさせるつもりだということだ。ラ・リーガはとても重要だよ」と述べ、視線はすでに来季を向いている。

    「プレシーズンの段階から、最高のスタートを切れるように準備していく。そうでなければまた状況が難しくなってしまう。来年はラ・リーガの制覇をまず考えたい」。そう語った指揮官は過去リーガ制覇25回のライバルクラブに優越感をのぞかせた。

    「ここ最近バルセロナはうまくやっている。そのことは認めなければならないし、素直に勝算したい。だが歴史的に見れば、マドリーのほうがより多くのタイトルを獲っている」。

    「私たちは33回ラ・リーガで優勝している。バルセロナは何回だ? とはいえ最近はあちらのほうが成績はいいのは確かだ。だからこそ、この状況を私たちは変えなければならない」。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-43466323-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ