海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ジダン

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/12(木) 20:32:18.22 ID:CAP_USER9.net
    1月7日、スペイン・マドリードでクリスティアーノ・ロナウドのバロンドール受賞セレモニーが行われ、マイケル・オーウェンやルイス・フィーゴらかつてレアルに所属していたスーパースターたちが出席した。その中でもひときわ目を引いたのが、“怪物”と呼ばれた元ブラジル代表のロナウドだ。

    ロナウドは本人だとわからないほど激太り。同席したオーウェンにツイッターで「自分は太っていると思っていた。でもそれもロナウドに会うまでだ」とイジられるほどのデブ化を果たしていたのだ。

    「日本の芸能人でいうと、出川哲朗ぐらいのルックスになっていました。今も体型を維持しているジダンやフィーゴと並ぶと、ロナウドの太りようは異常に見えるほど。2002年日韓ワールドカップ決勝で2ゴールを決めた時の面影は微塵もありません」(スポーツ紙記者)

    ロナウドが現役を退いたのは2011年。引退から5年でここまで太ったことに驚きの声が上がっている。

    「彼はもともと太りやすい体質で現役のころからぽっちゃりだったので、引退したら太るのは目に見えていましたがまさかここまでとは‥‥。激太りしたサッカー選手といえば、アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナが思い出されます

    一説によればマラドーナが太った理由は薬物の摂取によるものだとされていますが、ロナウドは大丈夫なのか心配です。ただの体質ならいいんですが」(前出・スポーツ紙記者)

    プレーで世間を驚かせた怪物が、まさか怪物のような体になって帰ってくるとは‥‥。

    アサ芸プラス / 2017年1月12日 9時58分
    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_73463/

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/12(月) 14:18:34.42 ID:CAP_USER9.net
    カリスマが見せた圧巻のプレイ

    その瞬間、やはりジネディーヌ・ジダンが通常の選手ではないことを世界は再認識させられた。レアル・マドリードのレジェンドがかつて日本の地で見せた“美しすぎる舞”をスペインメディアが回想している。

    圧巻! ジダンがヴェルディ戦で見せた驚愕のマルセイユルーレット動画

    クラブW杯へ出場するレアルは12日早朝、羽田空港に上陸。大会初戦は15日のクラブ・アメリカ戦となっており、現在は決戦に向けての英気を養っている最中だ。

    彼らが過去に日本で様々な喝采を浴びてきた事実を鑑みれば、スペイン紙『MARCA』が日本を“特別な場所”と綴るのも頷ける。

    同紙は白い巨人による日本での輝かしい日々を振り返り、ラウール・ゴンザレスやルイス・フィーゴといったOBの勇姿を収めた写真&動画を掲載。

    その中には2004年の夏に行われた東京ヴェルディとの親善試合も含まれており、同紙はジダンが披露した華麗なマルセイユルーレットからの得点シーンを“ヴェルディ相手に凄すぎて目がくらむ技術”と評している。

    試合はジダンの他にもロナウドやフィーゴらの得点が炸裂し、レアルが4-0の圧勝。銀河系軍団ともてはやされ、世界中から熱視線を浴びていた当時の最強ぶりを物語る一幕だった。

    なお、現在のレアルは件のジダンが監督としてタクトを振るっており、リーガエスパニョーラでは勝ち点37で首位を独走している。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12/12(月) 14:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00010007-theworld-socc

    写真


    動画

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/09(金) 22:12:58.59 ID:CAP_USER9.net
    12月8日に開幕したサッカーFIFAクラブワールドカップ(W杯)。優勝の本命と目される欧州王者レアル・マドリード(スペイン)のジネディーヌ・ジダン監督が、大会を前にタイトル獲得への意気込みを語った。

    今月のレアルは、3日にリーガ・エスパニョーラ第14節でバルセロナと対戦し、7日にはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でボルシア・ドルトムントとも激闘を演じた。10日にリーガ第15節のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦を行ったあと、クラブW杯出場のため日本に旅立つ厳しい日程だ。

    それでもジダン監督は新たなタイトル獲得に意欲を見せる。

    「我々が日本でいくつものタイトルを獲得したのは確かだ。日本のファンはレアル・マドリーをとても愛してくれている。我々にとっても大好きな国だ。そこで新たな歴史の1ページを記し、またひとつ重要なタイトルを獲得したい。まずは土曜日にリーガでの試合がある。その後、日本で過ごす1週間にも全力を尽くして戦うつもりだ」

    ジダン監督は応援してくれるすべて人のためにも、全力で戦ってきたいと決意を語った。

    「そこにいない者たちや、応援してくれるすべての人々のためにも、我々は間違いなくいつも通り全力を尽くす」
    2016-12-09_23h40_34
    サイクルスタイル / 2016年12月9日 20時33分
    http://news.infoseek.co.jp/article/cyclestyle_43884/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/03(土) 13:47:55.61 ID:CAP_USER9.net
    今季初の“クラシコ”であるスペインの強豪レアル・マドリードとバルセロナによる伝統の一戦が3日に迫っているが、両チームの監督と現役時代にチームメートだった元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴ氏が、レアルのジネディーヌ・ジダン監督に現役時代に受けた印象を語っている。米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」が報じている。

    フィーゴ氏は2000年の夏にバルセロナからレアルへ、“禁断の移籍”を果たした。その両チームのカンプ・ノウでの初対戦の際には、CKを蹴ろうとした際に豚の頭が投げ込まれるなど世界中で物議を呼ぶほどの仕打ちを受けたが、その時にチームメートだったのが現在レアルを率いるジダン監督だ。

    ジダン監督は今年の1月に、解任されたラファエル・ベニテスの後釜としてレアル・マドリードの監督に就任。トップカテゴリーでの指揮が未経験という状況のなかで“白い巨人”を率いることになったが、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げいきなり名前を上げた。

    フィーゴ氏は、“監督・ジダン”の成功は予想外だったと語っている。

    「現役時代の彼は内向的だったからね」

    「人生は何が起こるか分からないものだけど、サッカー選手が引退して監督になるというのは比較的よくある道だろう。しかし、それにしてもジズー(ジダンの愛称)が素晴らしい監督になるというのは、全く予想していなかった。現役時代の彼は恥ずかしがり屋で、内向的なところがある性格だったからね。だが、人にはそれぞれ性格があるから、彼は彼なりの方法で成長を続けているんだ」

    フィーゴ氏にとって、内向的なジダン氏が監督として成功を収めるのは想像していなかったことなのだという。しかし、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドなど現役のスターがずらりと並ぶなかで、優れた人心掌握術を見せてチームを成功に導いている。

    果たしてカンプ・ノウで迎える今季最初のクラシコで、ジダン監督はどのような采配を見せるのだろうか。すでに今年4月の対戦で敵地での勝利を奪い取っているジダン監督にとっては、クラシコ2連勝を狙うゲームとなる。
    2016-12-03_16h00_34
    Football ZONE web 12/1(木) 17:57配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161201-00010014-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 08:32:26.51 ID:CAP_USER9.net
    2016-12-01_09h56_39
    2016年12月1日 7時40分

    レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督の息子エンツォが、11月30日に行われたコパ・デル・レイ4回戦セカンドレグでデビューを果たし、さらに初ゴールを記録した。

    ファーストレグで7-1と大勝していたマドリーは、前半だけで3-1とさらにリードを広げる。突破を確実にしたジダン監督は、後半開始から21歳の息子エンツォを投入する。

    父親の期待に息子が応えたのは、63分。左からの折り返しを受けたエンツォは、ペナルティーアーク付近から右足で冷静にシュートを流し込み、見事なデビュー弾とした。

    動画


    Optaによると、エンツォは父ジネディーヌがマドリーでラストゲームに出場してから3852日後のデビュー。そして、ファーストシュートで初ゴールをマークした。

    父がユニフォームを脱いでから10年後の息子の活躍。マドリーの親子鷹には今後も注目だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12355869/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/24(月) 19:53:05.39 ID:CAP_USER9.net
    クロップの影を払拭したトゥヘル監督の手腕を評価 レアルが招聘に興味を示す
     
    現在リーガ・エスパニョーラで首位に立つレアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督だが、水面下では“ポスト・ジダン“探しが始まっているようだ。ドイツのテレビ局「ZDF」によると、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督に興味を示していると伝えている。

    昨季からドルトムントを率いるトゥヘル監督は、様々な布陣を試しながら、日本代表MF香川真司も巻き込まれるほどの激しいチーム内競争によってチームを活性化し、前任者ユルゲン・クロップ(現リバプール監督)の影を払拭した。その手腕を世界最高峰のクラブであるレアルも評価し、ポスト・ジダンとして興味を示しているという。

    それを明かしたのは、ドルトムントの最高経営責任者を務めるハンス・ヨアヒム・ヴァッケ氏だった。ヴァッケ氏は現地時間22日の番組に出演した際、このように話した。

    「私はレアル・マドリードが彼のことを追跡していると考えている。我々はレアルと良好な関係を構築しており、それと同時に彼を狙っている。シーズン後、レアルは彼がファーストチームの監督になるよう模索している」と語った。

    「20年以内にはレアルに行くことができる」
     
    また、現在43歳であるトゥヘル監督の年齢に触れて、「トーマスはとても若い。28、29歳の選手とは違う。例えば、この20年以内にはレアルに行くことができるだろう」と、冗談めかしながらもその手腕を認めている。

    得点源であるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンについて、ヴァッケ氏はレアル移籍を拒否したものの、トゥヘル監督は「マドリードがオーバメヤンを欲しい場合、我々は話し合う機会があるだろう」と売却も視野に入れた発言をしたと、スペイン紙「AS」が報じている。

    レアルが触手を伸ばすなか、ドルトムントは若き指揮官をクラブに引き留めることができるのか。ジダン監督の去就にも関わるだけに、ドイツとスペインを巻き込んでさらなる風雲急を告げるかもしれない。

    Football ZONE web 10月24日(月)19時15分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161024-00010018-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/17(日) 17:46:23.05 ID:CAP_USER9.net
    サッカースペイン1部リーグ、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長とジネディーヌ・ジダン監督が新シーズン始動の初日に意見の食い違いにより口論を演じたことが17日、分かった。

    フランス紙ル・10スポルトが伝えているところでは、プレシーズン初日の16日、選手たちがメディカルチェックを行っているところにペレス会長が訪問。単なる選手への激励ではなく、17日に出発するカナダ遠征にノルウェー代表の若手MFウーデゴールを一軍帯同させるよう指示を出したという。

    同選手をメンバーから外す考えだったジダン監督にとってはプラン変更を余儀なくさせる“職権侵害”。最終的に譲歩する形となったが、ジダン監督は2軍監督時代にも同選手の扱いで苦慮していただけに頭痛の種が大きくなっている。

    昨年1月、争奪戦の末にウーデゴールは当時16歳でレアルに入団した。ただ、選手の扱いについては契約で「週5日一軍で練習」と条件が付けられており、2軍チームの練習にはいないが、試合で起用しなければならない状態となっていた。また10代半ばでトップチーム選手級の給料を得ていることから他の2軍選手たちの反発が強く、チームに馴染むことがなかったという。

    なお同紙によるとレアル・マドリードはウーデゴールをドイツチームにレンタル放出する考えもある様子だ。
    2016-07-17_19h12_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160717-00000062-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/05(木) 21:27:24.36 ID:CAP_USER9.net
    ■崩壊寸前の”白い巨人”を立て直したカリスマ 「すべての選手の尽力に感謝する」
     
    レアル・マドリードは4日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝マンチェスター・シティとの本拠地第2戦で、FWギャレス・ベイルがオウンゴールを誘発し、1-0の勝利を飾った。

    ジネディーヌ・ジダン監督は1月に空中分解寸前のチームの指揮を託され、FWクリスティアーノ・ロナウドが心酔するほど絶妙な手腕を発揮している。

    5月28日に行われる決勝戦はアトレチコ・マドリードとのダービーマッチになるが、前人未到の11度目(ウンデシマ)のCL制覇に向けて、「優勝候補はいない。拮抗したフィフティ・フィフティだ」と指揮官は語っている。

    2年ぶり14度目のファイナルに、”白い巨人”を穏やかなカリスマが導いた。「苦しんだ。苦しむだろうと予想していたが、最終的に決勝に進出できた。すべての選手の尽力に感謝する」

    衛星放送「ビーインスポーツ」のインタビューに登場した指揮官は、安堵の表情を浮かべた。看板3トップ「BBC」の一角を担うFWカリム・ベンゼマを故障で欠く苦しい状況だったが、今季終盤戦に覚醒したスピードスターが勝負を決めた。

    前半20分、ベイルの積極的な姿勢が均衡を破る。DFダニエル・カルバハルのパスからペナルティエリア右45度に入り込むやいなや、効き足ではない右足でダイレクトシュート。これが相手MFフェルナンドの足に当たって角度が変わると、GKハートの頭上を破って1-0と先制した。

    ジダン監督が「クリスティアーノになれる」と、レアルの大エースであるロナウドに並び立てる存在だと期待する教え子は、今季のCLでは無得点だった。この日の一撃も記録上はオウンゴールとなったが、今季序盤に罵声が鳴り響いた本拠地サンチャゴ・ベルナベウはホームチームの先制点に燃え上がり、虎の子の1点を守りきった。

    ■ロナウドも心酔するジダンの手綱さばき
     
    ジダン監督はフランス人指揮官として、2005-06シーズンにアーセナルを率いるアーセン・ベンゲル監督以来となるCL決勝の舞台を踏みしめることになった。

    今年1月にレアルの監督に就任した時、チームは崩壊の危機を迎えていた。宿敵バルセロナが首位を独走する一方、ラファエル・ベニテス前監督はスーパースター揃いのロッカールームをコントロールできず。

    背番号10のハメス・ロドリゲスはパトカーと時速200キロのカーチェイスを繰り広げ、練習場に逃げ込む事件も起きた。選手間の不和の報道も飛び交い、国王杯32強ではクラブの不手際により本来出場停止の選手をピッチに送り出し、失格処分となっていた。

    だが、ジダン監督がやってきてから事態は一変した。地元紙「AS」によると、ロナウドは試合後に「彼はチームで偉大な仕事を見せている。みんな助け合っている。共同作業なんだ。このまま彼が率いてくれることを祈るよ。監督としても人間としても心酔しているんだ」と語ったという。

    ロナウドは先月のビジャレアル戦の終盤にオーバーヘッドを試み、自爆。右太もも裏を痛めた。それまでリーグ戦全試合で先発出場を続けてきた鉄人は強行出場を熱望したが、かつての天才司令塔は許さなかった。公式戦2試合で温存し、この日の大一番にCR7を備えさせた。ベニテス監督との関係悪化が伝えられた世界で最もプライドの高いスーパースターも、ジダン監督には全幅の信頼を寄せていた。

    決勝はアトレチコとのダービーマッチ
     
    5月28日、サン・シーロで行われるファイナルは、闘将ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレチコとのライバル対決となるが、ジダン監督はこう語った。

    「優勝候補はいない。拮抗したフィフティ・フィフティだ」選手、監督としてCLを制覇したことがあるのは、バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督やレアルのカルロ・アンチェロッティ元監督ら、過去に6人しかいない。

    “フランスの英雄”ジダンは、7人目の偉人になれるのだろうか。新人監督は就任わずか5カ月で、いきなり欧州サッカー界の高みに到達しようとしている。

    Soccer Magazine ZONE web 5月5日(木)11時14分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160505-00010005-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 18:01:42.84 ID:CAP_USER*.net
    レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、指揮官に就任してから2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第27節レバンテ戦で10試合を終えた。就任後10試合の成績が、直近の4人の指揮官と比較して最低だということがわかった。4日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

    1月にレアル・マドリードのトップチームを率いているジダン監督。就任後公式戦10試合を戦って7勝2分け1敗で、勝ち点で計算すると「23」となる。これはレアル・マドリードの直近5人の指揮官で最低だということがわかった。

    最も良い成績を収めたのが2010年から指揮官を務めたジョゼ・モウリーニョ氏。8勝2分けと就任後10試合を負けなしで、勝ち点「26」の成績を残した。

    モウリーニョ氏に次ぐのは勝ち点「25」を積み上げたカルロ・アンチェロッティ氏。2013年からチームを率いて、アトレティコ・マドリードに敗戦したものの、就任後10試合で8勝1分け1敗だった。

    また、2009-10シーズンにレアル・マドリードを率いた、現在マンチェスター・Cの監督を務めるマヌエル・ペジェグリーニ氏は就任10戦を8勝2分けで勝ち点「24」。ジダン監督の前任だったラファエル・ベニテス氏は7勝3分けと負けなしで、ペジェグリーニ氏と同じく勝ち点「24」の成績を収めた。

     レアル・マドリードは5日、リーガ・エスパニョーラ第28節でセルタをホームに迎える。
    2016-03-05_18h31_27
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160305-00407953-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457168502/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:57:21.37 ID:CAP_USER*.net
    8d55b789-a7c6-4fcd-8867-82dc969aa984
    予想できないクリエイティブなプレーは見る者を熱くさせる。

    ここでは、「史上最も創造性あるパス、トップ30」と題された動画を紹介。そのタイトルに偽りのない、驚きのパスが満載だ!

    https://www.youtube.com/watch?v=MjUrbu_iJs8



    当サイトでも紹介した驚愕プレーも多いが、ロナウジーニョやゲオルゲ・ハジ、ジダンあたりは一個“上”な気も…。そして、グティのあれはやっぱり別次元!

    http://qoly.jp/2016/02/27/top-30-most-creative-passes
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456502241/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ