海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ジダン

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/25(木) 12:02:57.71
    4/25(木) 10:59配信
    ジダン監督「私たちは33回優勝した。バルセロナは何回だ?」

    レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、来シーズンのラ・リーガ奪還を宣言し、ここ最近の{{cの天下を終わらせると決意を口にした。スペイン『アス』が報じている。

    9シーズンぶりの無冠に終わろうとしている今季のR・マドリー。ジダン監督は「私に言えるのは、来年は最高の状態でラ・リーガをスタートさせるつもりだということだ。ラ・リーガはとても重要だよ」と述べ、視線はすでに来季を向いている。

    「プレシーズンの段階から、最高のスタートを切れるように準備していく。そうでなければまた状況が難しくなってしまう。来年はラ・リーガの制覇をまず考えたい」。そう語った指揮官は過去リーガ制覇25回のライバルクラブに優越感をのぞかせた。

    「ここ最近バルセロナはうまくやっている。そのことは認めなければならないし、素直に勝算したい。だが歴史的に見れば、マドリーのほうがより多くのタイトルを獲っている」。

    「私たちは33回ラ・リーガで優勝している。バルセロナは何回だ? とはいえ最近はあちらのほうが成績はいいのは確かだ。だからこそ、この状況を私たちは変えなければならない」。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-43466323-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    2019-04-04_20h30_57

    1: 風吹けば名無し 2019/04/04(木) 12:25:04.92
    カリスマがすごいのか指揮がうまいのか

    2: 風吹けば名無し 2019/04/04(木) 12:25:29.72
    ロナウドに守備させてた時点で神やろ

    3: 風吹けば名無し 2019/04/04(木) 12:25:51.13
    個人的にイスコすこやから使ってくれるのは嬉しい

    続きを読む

    2019-03-17_17h24_26
    1: 風吹けば名無し 2019/03/17(日) 09:14:08.03
    やっぱ監督って重要だわ

    2: 風吹けば名無し 2019/03/17(日) 09:14:31.07
    イスコ、ベイル、マルセロとソラーリ政権下で不遇だった選手達が活躍した模様

    8: 風吹けば名無し 2019/03/17(日) 09:16:22.15
    ナバスも正GKに復帰した模様

    14: 風吹けば名無し 2019/03/17(日) 09:19:56.85
    降格圏の相手に2点で勝っただけやろ 
    控え使っても勝てるわ
    続きを読む

    【レアル 2-0 セルタ リーガエスパニョーラ第28節】
     
    現地時間16日にリーガエスパニョーラ第28節の試合が行われ、3位レアル・マドリーはホームに18位セルタを迎えて対戦。

    先日、マドリーを率いていたサンティアゴ・ソラーリ前監督が解任されて、後任にジネディーヌ・ジダン氏が指揮官就任。チャンピオンズリーグ(CL)で史上初の3連覇を成し遂げたジダン監督が再びマドリーを率いることになった。今回のセルタ戦は、ジダン監督にとっての初陣となる。

    試合開始して41分、ゴール前に飛び出したマルコ・アセンシオが相手にユニフォームを掴まれてペナルティーエリア付近で倒れこむ。しかし、主審は笛を吹かず。45分には、縦パスに抜け出したガレス・ベイルが完全に抜け出してゴール前の選手にラストパス。決定的なシーンに思われたが、その直前のシーンで相手と競り合ったベイルがファールを犯していたとしてイエローカードを提示された。

    それでも56分、コーナーキックからのこぼれ球をルカ・モドリッチが押し込んでマドリーに先制点が入った。かに思われたが、シュートコースにいたオフサイドポジションのラファエル・ヴァランがゴールに関与したとVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を通じて主審が判断。ノーゴールの判定に変わる。

    すると62分、カリム・ベンゼマがゴール前に折り返したボールにイスコが押し込み先制点。72分にはマルセロからパスを受けたベイルが右足を振り抜いて追加点を決めた。結局、リードを守り切ったマドリーが2-0の勝利をおさめている。

    【得点者】
    62分 1-0 イスコ(マドリー)
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/16(土) 15:40:13.37
    3/16(土) 12:30配信
    ジダンが明言、イスコとマルセロは良好「明日プレーする」

    レアル・マドリーの新監督ジネディーヌ・ジダンは、前監督サンティアゴ・ソラーリ政権下では不遇を味わっていたイスコ・アラルコンとマルセロの状態を説明し、「彼らはプレーする」と明かした。

    ジダンがマルセロ求め会長に直談判!選手らの運命が変わる

    15日、日本時間17日(日)0:15キックオフのセルタ戦前日記者会見に登場したジダンは、マドリーに復帰し、仲間との再会からの3日間でイスコとマルセロはプレーできる状態であることを強調した。

    「あまりプレーしていない選手もトレーニングで良質なパフォーマンスを示している。ゲームはトレーニングと同じではないが、ここにいる全員が優れたプレーヤーであり、重要なのは準備ができているということだ。そのうちの1人にイスコも入る」とジダンは断言した。

    「イスコをはじめとする全選手を頼りにしている。明日のラインナップはすぐに明かされるだろうが、私は余り大きな問題ではないよ。重要なのは、全てのプレーヤーが試合に関与していることだ」と続けた。

    ジダンにとってこれまでのイスコの言動は全く関係ないようである。
    「我々はフットボールについてのみ考えている。それはイスコも同様だ。彼はプレーすることを望んでおり、その姿勢を見せている。我々はフットボールをプレーし、明日、彼がプレーするのを目にするだろう」と明かした。

    またイスコ同様にソラーリから信頼を失ったマルセロに関しても、フランス人指揮官は良好な状態を強調した。

    「マルセロの状況も確認した。彼とは長い間会っていなかったが、これまでの3日間を見る限り彼の状態は良好だ。マルセロはプレータイムが不足しているが、熱意を持って取り組んでいる。他のチームメイトと同様にマルセロに会えて嬉しいよ。明日の試合が待ちきれないね」と語り会見を締めくくった。

    (文:SPORT)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00010006-sportes-socc
    no title

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し 2019/03/12(火) 16:33:05.60
    史上最高の監督のお帰りや!
    Soccerking_390590

    3: 風吹けば名無し 2019/03/12(火) 16:33:53.44
    補強も確実にやりやすくなった模様

    4: 風吹けば名無し 2019/03/12(火) 16:33:55.46
    クリロナ「wwwwwwwwwwwwww」

    6: 風吹けば名無し 2019/03/12(火) 16:34:46.28
    >>4
    みとけみとけよ~

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/03/12(火) 02:40:28.97
    モウリーニョが本命視されていたが…。

    レアル・マドリーが3月11日(現地時間)、サンティアゴ・ソラーリ監督の解任とジネディーヌ・ジダン監督の就任を発表した。契約期間は2022年6月30日まで。

    2016年1月から2年半に渡ってマドリーの監督を務め、昨シーズン終了後の5月31日に退任したジダンは、わずか9か月での復帰となる。

    今シーズンのマドリーは開幕から調子が上がらず、10月末にジュレン・ロペテギ監督の解任に踏み切った。Bチームを率いていたソラーリに後を託し、一時は持ち直したかに思われたが、ここにきて失速。4連覇が懸かったチャンピオンズ・リーグではラウンド・オブ16でアヤックスに不覚をとり、コパ・デル・レイでも宿敵バルセロナに準決勝で敗れた。

    ラ・リーガでもそのバルサに12ポイント差をつけられており、タイトル獲得は絶望的な状況だ。
     
    求心力を失ったソラーリの下では、主将のセルヒオ・ラモスがフロレンティーノ・ペレス会長と口論、イスコがチームへの帯同を拒否するなどピッチ外でもゴタゴタが続き、後任探しが急ピッチで進行。10年夏から3シーズンに渡りマドリーを率いたジョゼ・モウリーニョが最有力候補と見られていた。

    だが、ペレス会長がこの窮地に再建を託したのは、前人未踏のCL3連覇に導き、選手やファンからの信頼も厚いカリスマ指揮官だった。
    2019-03-12_08h54_39
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190312-00055371-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/12(火) 00:11:18.99
    レアル・マドリーが、現地時間11日中にもジネディーヌ・ジダン氏の監督復帰を発表する見通しとなった。

    コパ・デル・レイ、リーガ・エスパニョーラのクラシコ、さらにはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦アヤックス戦を落とし、今季のタイトル獲得の可能性が潰えたレアル・マドリー。クラブ理事会は現地時間11日にサンティアゴ・ソラーリ監督を解任し、その後任にジダン氏を据えることを発表する模様だ。

    まずスペインのテレビ局『セクスタ』がこれを報じ、次に同国のスポーツ紙『マルカ』がクラブから同様の内容をクラブから確認できたと伝えている。

    レアル・マドリーに選手としても在籍したジダン氏は、2015-16シーズン途中から同クラブのトップチームを率い、チャンピオンズリーグ三連覇という偉業達成に導いた。「レアル・マドリーには違う指導法が必要」「消耗が激しかった」と、昨季限りで同指揮官の座を降りたものの、縁の深いクラブの危機に再び立ち上がることを決意したようだ。

    3/11(月) 23:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010040-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/07(木) 14:57:13.58
    3/7(木) 13:26配信
    ジダン、6月にマドリー監督復帰の可能性

    ジョゼ・モウリーニョがサンティアゴ・ソラーリに代わってレアル・マドリーの監督に復帰するという多くの噂が出てきている。しかし、それらの噂において、復帰という部分は正しいが、戻ってくる人は、ジネディーヌ・ジダンとなるかもしれない。『LA SEXTA』の番組『Jugones』が、マドリーが数時間もしくは、数日中にマドリーの監督を引き受けて欲しいとジダンに打診するかもしれないと報じている。

    『Jugones』によれば、ジダンがマドリー監督復帰の有力候補となっているものの、ジダン本人は、現在の生活を壊す気はなく、監督を引き受けるにしても6月からとなるだろうということである。つまり、もし報道内容が事実だとすれば、ソラーリが今シーズン終了までマドリーの監督を務めることになる。

    会長フロレンティーノ・ペレスは、現在のクラブの危機的状況を終息させるためにも、できるだけ早くジダンを連れて来て、ファンとチームの両方に対策を講じ、来シーズンに向けた準備をしたいと考えている。

    番組の司会者ジョゼップ・ペドレロルは、ジダンの監督復帰の可能性と現在のクラブにおいて気に入らない点を分析している。同氏は、来シーズンを待つことなく、早急な改革が必要だと考えている。

    そして、「マドリーは、崩壊しいている。選手達は、監督ソラーリを信頼しておらず、クラブは、今すぐに何かしらのアクションを起こさなければならない。マドリーは、シーズン終了までこのままでいるわけにはいかない。放置すれば、悲惨な状態がさらに悪化する。監督ソラーリは、多くの選手達との関係が優れない。監督ソラーリが、ガレス・ベイルにチームを救うように頼むのか?イスコ・アラルコン、マルセロ、マルコ・アセンシオ、マリアーノ・ディアス、ブラヒム・ディアスにどのように犠牲を求めるのか?」とペドレロルは、述べている。

    さらに、「監督ソラーリは、3試合連続で全員同じ選手を起用している。唯一、ラモスが出場停止で代わっている。その結果、ルカス・バスケスは怪我し、ヴィニシウス・ジュニオールも怪我している。つまり、監督ソラーリは、すでに終焉を迎えている。あとは、会長ペレスがどんな判断を下すかである。まず、一人目は、ベイルだ。放出だ。ベイルは、ウェールズでゴルフでもすればいい。そして次に、マドリーに本物の監督を迎える必要がある」とも語っている。

    そして最後に、ペドレロルは、「モウリーニョかジダンかという2つの選択肢がマドリーにはある。自分は、両方いいと思う。ジダンは、マドリーの神話的存在であり、彼の復帰は、マドリーにとって素晴らしいニュースになるだろう。ジダンの代替候補としてモウリーニョがいる。もし、マドリーに彼が戻って来れば、複数の選手は、準備を開始するだろう」とも説明している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00010010-sportes-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/02/20(水) 08:23:13.06
    チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督の解任が近づいているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に報じている。

    チェルシーはリーグ戦で15勝5分6敗と現在6位。10日に行われたプレミアリーグ第26節・マンチェスター・C戦で0-6と大敗を喫し、19日のFAカップではマンチェスター・Uに0-2で敗北したことを受け、サッリ監督の解任が噂されている。指揮官の後任候補としてジネディーヌ・ジダン氏とフランク・ランパード氏が挙がっている模様。

    ジダン氏は選手としてかつて在籍していたレアル・マドリードに2016年に指揮官として就任すると、クラブをチャンピオンズリーグ3連覇に導いた。2018年に退任を発表している。ランパード氏は選手時代に2001年から2014年までチェルシーに在籍。チェルシーで公式戦通算648試合に出場して211得点を記録した。現在は監督としてダービー・カウンティを率いている。

    チェルシーは22日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦・セカンドレグでマルメと対戦する。
    2019-02-20_12h06_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00908927-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ