海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ジャパネットホールディングス

    takata2_1-1

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/22(土) 10:01:10.05 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ2、V・ファーレン長崎の新社長に、通販大手ジャパネットホールディングス(佐世保市)の創業者、高田明氏が就任する見通しであることが21日、関係者への取材で分かった。

    V長崎は25日、長崎市内で開く定時株主総会で、池ノ上俊一社長が辞任し、荒木健治会長ら取締役3人も任期満了に伴い退任。明氏とジャパネット社長の高田旭人氏ら計3人を取締役に選任する議案を提案する。

    関係者によると、既存株式の取得による完全子会社化を表明しているジャパネットは、今月中に全株式の取得にめどが立つ見込み。

    V長崎の経営をめぐっては、2017年1月期決算で約1億2千万円の最終赤字を計上する見通しであることが2月に表面化。累積赤字は3億円超に上り、ジャパネットが経営を引き受ける方向で株主や会社側と調整してきた。

    【編注】高田明氏の高は高の口が目の上と下の横棒なし

    長崎新聞 4/22(土) 9:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00010004-nagasaki-l42
    続きを読む

    1:プーアル ★@\(^o^)/:2017/03/20(月) 22:18:11.05 ID:CAP_USER9.net
    経営が悪化しているサッカーJ2のV・ファーレン長崎は20日、株主への説明会を長崎市で開き、筆頭株主で通信販売大手のジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)が、全株式取得の意向を示した。今週中に書面で回答を受け、取得を始める。4月にも選手らの給料未払いが生じる可能性があったが、回避できる見通し。

    ジャパネットによると全63組のうち、70%以上を保有する31組の株主が参加、おおむね好意的な反応だったという。創業者の高田明氏は「県民のために一肌脱いで頑張る」と語り、J2長崎の荒木健治会長は「県内事業者で経営してもらえる流れを作れて良かった」と述べた。


    https://this.kiji.is/216512160674824196?c=39546741839462401
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ