海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ジュビロ磐田

    20161230-01758553-nksports-000-view
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 19:19:49.45 ID:CAP_USER9.net
    来季J1で上位進出を目指す磐田に横浜MのMF中村俊輔の加入が29日、有力となった。名波監督がラブコールを送り、直接交渉に乗り出していた。かつて日の丸の10番を背負った2人が、監督と選手で共演する。
     
    名波監督と中村はレフティー(左利き)同士。現役時代に共にプレーした経験があり、創造性豊かなプレーは共通する。磐田は今季、試合運びの稚拙さで勝ち点を落とした試合が多く、中村には中盤で試合をコントロールする役割が求められる。指揮官の期待は大きく、チームの象徴とも言える背番号10を託す意向だ。
     
    中村は今季、左膝や両足首のけがの影響でリーグ戦は19試合の出場にとどまった。来季は39歳となり、体力面の衰えが懸念されるが、名波監督は「サッカー選手に年齢は関係ない。パフォーマンスが良ければ何歳でも使う」と話す。今季横浜Mでフル出場した14試合の中村の平均走行距離は12キロを超え、いずれもチーム最長。直接FKのJ1歴代最多得点も更新するなど体力、技術の両面で衰えは感じさせなかった。
     
    得点力向上以外の影響も期待できる。国内外のクラブでプレーし、日本代表でも長く活躍した経験が、若いチームの手本になる。クラブ幹部は「プロとしての立ち振る舞いや態度など選手が選手を見て育つ面もある。中長期的に見てもクラブとしてプラス」と話す。

    http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/jubilo/topics/315217.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 06:41:28.41 ID:CAP_USER9.net
    ◇天皇杯準決勝 横浜0―2鹿島(2016年12月29日 ヤンマー)

    王国復活を目指す磐田が横浜の元日本代表MF中村俊輔(38)を完全移籍で獲得することが29日、決定的となった。複数の関係者によれば2年契約で大筋合意、移籍金を含めたクラブ間交渉も既に詰めの段階を迎えているという。欧州への移籍期間を除き、計13年間、横浜の顔を務めてきた天才レフティーの国内移籍は初。近日中にも正式発表される見通しだ。

    間もなく「磐田の中村」が誕生する。今季の磐田は13位と低迷。14年7月以降は背番号10の不在も続いていた。復権の切り札として狙いを定めたのが横浜が誇る天才レフティーのMF中村だ。先月19日に電撃オファーが表面化。関係者によれば、2年契約の完全移籍で大筋合意。移籍金を含めたクラブ間交渉も詰めの段階に突入した。

    今季の中村は左膝や両足首の負傷の影響もあり19試合の出場で4得点。「ケガが長引いたのは事実。フルで戦えなかったのはクラブ、サポーターに申し訳なかった」。それでも卓越したゲームメーク能力、一撃必殺の左足は健在。FKだけで公式戦3得点を記録した。今月24日の天皇杯準々決勝G大阪戦で3カ月ぶりに実戦復帰すると、この日の鹿島戦でも後半18分から途中出場。主将マークを巻き、宝刀の左足で精度の高いプレーを連発した。

    試合後、来季去就については「クラブと代理人が話している。進んでいると思う」と話した。敗戦の瞬間、悔しそうにピッチを見つめ、号泣しながらしゃがみ込む斎藤の手を取り引き起こした。4分のロスタイムを含め出場31分間の鹿島戦が、トリコロールでの「最後の試合」となった。

    移籍の背景には中村のクラブに対する不信感と失望がある。編成面に強い影響力を持つシティーグループが強引な世代交代にかじを切り、功労者に対する来季年俸の大減ダウン提示、求心力の低下しているモンバエルツ監督の続投、長年、クラブに尽力してきた複数スタッフ陣との契約満了などが相次いだ。横浜で育った中村には耐え難い現実の連続だった。

    中村も38歳。横浜への愛着は強いが、残りの選手生活を純粋にサッカーだけに集中したい思いは強かった。横浜での今季年俸は推定1億円。条件面を下げてでもサッカーに集中できる環境を求めていた。磐田の名波監督とは00年アジア杯で優勝に貢献した盟友。同じ左利き、サッカー観も共通した部分が多く、新天地にふさわしい環境がある。中村にとっては初の国内移籍。希代のレフティーは来季、サックスブルーに袖を通す。
    2016-12-30_08h17_05
    スポニチアネックス 12/30(金) 4:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000178-spnannex-socc

    横浜中村俊輔、磐田へ移籍決定的 背番10を用意
    日刊スポーツ 12/30(金) 4:59配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-01758553-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/13(水) 21:30:43.00 ID:CAP_USER9.net
    英紙『ミラー』は13日、ジュビロ磐田に所属する元イングランド代表FWジェイに中国からオファーが届いていると報じた。

    同紙によればJリーグで成功を収め復活した34歳のジェイに対し、中国のクラブが大金を提示して揺さぶりをかけているという。具体的なクラブ名は明かされていない。

    また磐田加入前にタイのムアントン・ユナイテッドでプレーしていたこともあってアジアでの経験が豊富なジェイには、UAEやオーストラリアからも関心が寄せられているようだ。

    今季は負傷と不調によって精彩を欠いた時期もあったジェイだがJ1 2ndステージ第1節で復帰を果たすと、9日に行われた2ndステージ第2節大宮アルディージャ戦で13試合ぶりのゴールを挙げて今季7得点目を記録していた。しかし13日の2ndステージ第3節ヴァンフォーレ甲府戦はベンチ外となり欠場している。
    20160713_jay_getty
    フットボールチャンネル 7月13日 21時2分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160713-00010031-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/20(月) 22:54:43.53 ID:CAP_USER9.net
    オランダ・エールディヴィジのヘーレンフェーン移籍が濃厚となったジュビロ磐田MF小林祐希が20日、自身の出身地である東京都東村山市役所を訪れ、渡部尚市長を表敬訪問。幼少期から育った思い出深い土地で自らの原点を振り返り、注目を集める自身の未来像について言及した。

    「10何年も過ごした街。久しぶりに帰ってくることができてうれしい。“家”に帰ってきたような感覚」と東村山市を訪れた感想を口にした小林。今月上旬のキリンカップサッカー2016で日本代表デビューを飾った際も含め、兼ねてから古巣の東京ヴェルディへの感謝を口にしてきたが、今回も幼い頃から慣れ親しんだ場所で自分にとって大事なことを再確認したようだ。

    「東村山は家族みんなで暮らして、楽しさや苦しさなど、いろいろな思い出が詰まった街。幼稚園で始めたサッカーに、いつの間にか没頭していた。当時は本当にサッカー中心の生活だったし、自分はサッカーをするために生まれてきたんだと思う。先のことを考えてプレーするとうまくいかないのは今も昔も同じ。目の前のことに没頭して集中することで(物ごとは)うまく運ぶという考え方は、大人になってもそれは変わらないです。子供の頃からそれを続けてきたからこそ今があるので、これからもその気持ちを大事にしていきたい」

    表敬訪問後に自らの取り組み方について回顧した小林は、東村山市の子供たちに「周りに何を言われても、自分が好きなことを精いっぱい諦めずに続けてほしい。東村山から僕に続く選手が出てくるのを期待しています」とメッセージを送り、渡部市長には「僕がサッカースクールをやるときには東村山市に協力してもらえたら」と依頼していた。

    そして話題を集めている自身の去就にも話が広がった。

    「今は何も話せないですが」と前置きしながら、「海外移籍を注目されているという記事が出るのはうれしい。成功か失敗かを問わず、一度は海外へ行かなければと思っています」と海外挑戦への思いの丈を口にした。

    さらに自身の未来については「異国の地で2年後にビッグクラブ、メガクラブへ行くイメージはあります。それが今、一番の目標。あまり言うと“ビッグマウス”と言われますが、それが最低ラインの目標だと強気で言っておきます」という“小林節”も飛び出した。

    にわかに現実味を帯びてきた小林の海外移籍。ヨーロッパのトップクラスでプレーする選手に対しても「肩を並べてプレーしなければいけない。参考にする選手はいるけれど、目標ではない。ペレやマラドーナには憧れるけど、海外の現役選手には憧れない」と意識の高さも見せている。

    まだ日本代表デビューを果たしたばかりだが、中盤にひしめく海外組のライバルにも、ヨーロッパの第一線でプレーする海外の選手たちにも引けを取るつもりはない。以前から常々話してきたように、世界の舞台で活躍することが彼の目標でもある。そのために目の前にあるハードルを一歩一歩クリアしていく。それが大きな結果を得るための成長の道であることを信じている。

    思い出の東村山市で「2018年のワールドカップで『アイツがいて良かった』と言われるように頑張ります」と話した小林祐希。その目は世界で戦う自分自身の姿をしっかりと見据えている。
    2016-06-21_07h02_37
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00458694-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ