海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ジョー

    1:Egg ★:2018/01/14(日) 22:21:06.22 ID:CAP_USER9.net
    J1に復帰した名古屋は14日、名古屋市内で新体制を発表し、コリンチャンスから完全移籍した元ブラジル代表FWジョー(30)は日本食が大好物ということを明かした。

    17年のブラジル全国選手権で得点王、MVPに輝き、鳴り物入りで加入した14年ブラジルW杯メンバー。「日本のサッカーは技術が高く、スピードがある。ブラジルとは違うので、早く慣れてチームに貢献できるよう頑張ります」と控えめながら自信をのぞかせた。

    その助っ人が楽しみにしていることがある。「自分が初めてブラジルから出て、ロシアでサッカーをやった時に初めて日本食を食べたら、とてもおいしかった。それから色んなところで日本食を食べてきた。やっと本場で食べられるのはうれしいよ。本場でしか味わえないものを食べたいね」。好物はと問われると、「寿司!」と笑顔で即答した。

    ジョーは05年、コリンチャンスからCSKAモスクワに移籍し、マンチェスターC、エバートン、ガラタサライ、江蘇蘇寧などでプレーした経験を持つ。身長191センチ、96キロ。ブラジル代表として20試合5得点を記録している。

    1/14(日) 20:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000197-sph-socc

    写真


    <J1名古屋>新体制発表会にサポーター700人
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000068-mai-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/12(金) 07:07:03.16 ID:CAP_USER9.net
    今季から名古屋グランパスに加入することが決まった元ブラジル代表FWジョーだが、Jリーグ移籍前には多くのオファーを受け取っていたようだ。

    これまでは中国からの関心をジョー本人が拒否したことなどが伝えられていたが、ブラジル『UOL』によれば、今冬はイタリア・セリエAのナポリやドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントからも獲得の打診を受けていたという。

    仮に欧州復帰が実現していれば、香川真司とチームメイトになっていた可能性もあった。昨年のブラジルリーグ得点王&MVPを引き抜くために、名古屋が用意した1100万ユーロ(約15億円)の移籍金は、財政難に陥っているコリンチャンスにとっても断れないものだったに違いない。

    ここ数年の私生活の乱れやピッチ内での低調ぶりから、30歳を前に“終わった選手”と見なされていたジョー。しかしコリンチャンス復帰後は完全復活を遂げて、いまやブラジル代表復帰の可能性さえ囁かれている。ナポリやドルトムントのような強豪での欧州復帰を断念してまで選んだ日本の地で、自らの決断を後悔しないで済むような大活躍が期待される。

    1/11(木) 23:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180111-00250872-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/01/09(火) 22:07:49.82 ID:CAP_USER9.net
    名古屋新助っ人、11日に日本ジョー陸
    1/9(火) 20:02配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-01649202-gekisaka-socc

    名古屋に新加入するFWジョー(Getty Images)



    名古屋グランパスは9日、新外国人選手の元ブラジル代表FWジョーの来日便を公表した。11日9時20分に中部国際空港に到着するルフトハンザ航空LH736便で来日する。

    同選手は17年はコリンチャンスでプレー。ブラジル全国選手権の得点王、ベストイレブン、最優秀選手賞の個人3冠を獲得した。移籍金を含めた獲得資金の総額は15億円超とも言われている。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/06(土) 15:56:55.14 ID:CAP_USER9.net
    名古屋グランパスに加入することが決まった元ブラジル代表のFWジョーが、所属していたコリンチャンスで退団会見を行った。なぜ日本行きを選んだのか。その理由などを明かしている。ブラジルメディア『グローボエスポルチ』が伝えた。わ

    30歳のジョーは、2017年シーズンの国内リーグで18ゴールを記録。得点王になり、MVPにも選出された。

    会見でコリンチャンスへの感謝を繰り返したジョーは、日本行きを決断した理由を問われ、こう答えている。

    「日本は先進国だ。自分の家族、生まれたばかりの息子のことを考えると、治安や教育といったことは大きかった。それに僕だけじゃなく、コリンチャンスにとっても無視できないオファーだった。両方を喜ばせるものだったね。コリンチャンスを離れるのはつらいけど、サッカーはこういうものだ」

    2017年のうちにブラジル代表のチッチ監督から招集されていたら今回の移籍はなかったのではないかという質問も飛んだ。しかしジョーは「代表は常に目標」と語り、以下のように続けた。

    「チッチは選手がどこにいても見てくれていることを証明している。僕は彼が見ていることを確信して、自分の仕事を続けるだけだ。代表に呼ばれていても、おそらくそれが僕の決断を変えることはなかった」

    事実、チッチ監督は中国の北京国安でプレーするMFレナト・アウグストを招集している。ジョーは日本からでもロシア・ワールドカップに行くことはできると信じているようだ。

    1/6(土) 12:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00250043-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/05(金) 00:15:43.60 ID:CAP_USER9.net
    新シーズンからJ1に復帰する名古屋グランパスは3日、ブラジルの名門コリンチャンスから元同国代表FWジョーの獲得を発表した。2014年のブラジルW杯に出場した経歴を誇り、昨季の国内リーグ得点王とMVPを獲得したほどの選手が日本への移籍を選んだことはどんな意味を持つのだろうか。そしてブラジル国内ではどのように受け止められているのだろうか。(取材・文:チアゴ・ボンテンポ【ブラジル】)

    ●多額の負債抱えるコリンチャンス。地元出身でも売却はやむなし

    日本のサポーターかブラジルのサポーターか、より驚いたのはどちらの方だっただろうか。

    コリンチャンスがブラジル全国選手権1部優勝を成し遂げた1ヶ月後、チームのベストプレーヤーを日本の名古屋グランパスへ売却することが合意に達したというニュースが報じられた。ジョアン・アウベス・デ・アシス・シウバ、通称“ジョー”はブラジルで輝かしいシーズンを過ごし、ブラジル全国選手権1部で34試合で18ゴールを記録。リーグ得点王を獲得するとともに年間MVPに選出された。その男がJリーグでプレーすることになる。

    ブラジルでこのニュースが伝えられると、コリンチャンスのサポーターの間には強い落胆と怒りが広がった。ジョーの姿勢を批判する者もいる。つい先日、彼は「コパ・リベルタドーレスに出場するため残留したい」と話し、関心を示しているという中国のクラブからのオファーに耳を貸すつもりはないと主張していた。

    新シーズンに向けて一気に悲観的になってしまった者もいる。「来年は何のタイトルも狙えない」「もうダメだ、2018年は終わった」といったような声が聞こえてくる。名古屋グランパスのSNSへ批判をぶつけ、ポルトガル語で侮辱的・差別的なメッセージを投稿する者までいた。

    コリンチャンスは経済的に厳しい状況にあり、多額の負債を抱えている。クラブ創設から100年間待ちわびた末に、2014年W杯のために建設されたアレーナ・コリンチャンスという自分たちのスタジアムを持つことができたが、その費用を完済するには長い年月を要する。フリーで加入した選手を売却することで1100万ユーロ(約15億円)を手に入れられるのなら、それがファンの感情をどれほど傷つけようとも、大きな取引であることは間違いない。クラブにとっても選手にとっても、名古屋からのオファーは「断りきれない」とみなされるものだった。

    コリンチャンスのサポーターがジョーを愛していたのは、彼が2017年のチームのエースだったからという理由だけではない。サンパウロで生まれ育った地元っ子であり、コリンチャンスの下部組織でキャリアをスタートさせた選手だ。2003年に16歳3ヶ月29日で初出場し、クラブの最年少プロデビュー記録も保持している。“(コリンチャンスの地元)イタケラの申し子”である。

    つづく

    1/4(木) 10:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000008-reallive-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/03(水) 10:19:28.01 ID:CAP_USER9.net
    名古屋グランパスは1月3日、コリンチャンスから元ブラジル代表FWジョーが完全移籍で加入することを発表した。

    同選手は名古屋のクラブ公式HPで「新たな挑戦の機会を与えていただいた名古屋グランパスの皆さま、サポーターの皆さまに心より感謝申し上げます。名古屋グランパスに加入できたことをとても嬉しく思うと共に、応援し、期待してくださる皆さまのためにもタイトルを獲れるよう一生懸命頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします」とコメント。初挑戦となるJリーグでの活躍へ、意気込みを語っている。

    ジョーは1987年生まれの30歳。2003年にコリンチャンスでプロキャリアをスタートさせると、2005年にCSKAモスクワへ移籍した。2008年にはマンチェスター・Cへ移籍。その後はエヴァ―トンやガラタサライに在籍したほか、ブラジル国内への復帰やアジアでのプレーも経験した。2017年はコリンチャンスに復帰し、ブラジル全国選手権1部で18ゴールを挙げて得点王に。MVPも獲得する活躍を見せた。

    ブラジル代表としても通算20試合出場5得点の成績を残しているジョー。同選手は2013 FIFAコンフェデレーションズカップ ブラジルで日本代表からゴールを挙げ、代表初得点を記録した。翌年の2014 FIFAワールドカップ ブラジルを戦うブラジル代表にも選出され、3試合に出場している。

    移籍金1100万ユーロ(約14億8000万円)ともブラジルメディアによって報じられていた今回の取引。1年での明治安田生命J1リーグ復帰を果たした名古屋に、頼もしい大物ストライカーが加わった。

    1/3(水) 10:03配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00688605-soccerk-socc

    写真



    ジョー選手、移籍加入のお知らせ
    http://nagoya-grampus.jp/news/pressrelease/2018/0103post-895.php

    名古屋、元ブラジル代表の大物FW獲得。今季国内リーグ得点王&MVP
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00248722-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/24(日) 09:13:29.29 ID:CAP_USER9.net
    来季J1に昇格する名古屋が元ブラジル代表FWジョー(30=コリンチャンス)の獲得に乗り出していることが23日、判明した。ブラジル現地紙『グローボ』は22日付でクラブ間合意と報道。

    Jリーグ関係者によると、移籍金1000万ドル(約11億3000万円)、3年総額年俸12億円の破格提示で、移籍金は日本サッカー史上最高金額。「名古屋のジョー」が2018年のJを熱くする。(金額は推定)。

    今夏の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32=神戸)に続く大物スターが、Jの舞台に降り立つ可能性が高まった。1年でJ1に返り咲いた名古屋が元ブラジル代表FWジョーの獲得に動いていることが判明。

    現地紙は「名古屋のオファーを受け入れた。残すはメディカルチェックのみとなっている」と報道。今季ブラジルリーグ得点王でMVPに輝いたストライカー。ブラジル国内では14年以来離れているセレソンへの復帰待望論も巻き起こるなど、まさに旬なプレーヤーだ。

    破格オファーにつながった背景には、親会社でメインスポンサーを務めるトヨタ自動車の総帥・豊田章男代表取締役会長(61)の全面バックアップがある。Jリーグ関係者によると、豊田会長は実力のある外国人選手への投資を惜しまない方針を打ち出し、ジョーの獲得にGOサイン。

    過去のJリーグにおいて移籍金の最高額は17年にセビリア(スペイン)からC大阪に電撃復帰したMF清武の6億円で、それを超える金額を用意した。

    1メートル91の長身にもかかわらず、足元の技術やシュートセンスも兼ね備えた点取り屋。13年のコンフェデ杯では、途中出場で当時のザックジャパン相手に1得点も決めている。翌14年ブラジルW杯にも出場した本物中の本物。「名古屋のジョー」加入が正式に決まれば、2018年のリーグに大きな話題を呼ぶのは間違いない。交渉の進展と正式発表が待ち遠しい。

    ◆ジョー(本名ジョアン・アウヴェス・デ・アシス・シウヴァ) 1987年3月20日、ブラジル・サンパウロ出身の30歳。03年にコリンチャンスでキャリアをスタートさせ、05年にCSKAモスクワ(ロシア)へ移籍。08年からはマンチェスターC(イングランド)でプレーした。ブラジル代表では国際Aマッチ20試合5得点。1メートル91、77キロ。左利き。

    12/24(日) 5:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000004-spnannex-socc

    プロフィール
    https://www.transfermarkt.co.uk/jotm/profil/spieler/34156

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/23(土) 07:32:57.85 ID:CAP_USER9.net
    1年でのJ1復帰を果たした名古屋グランパスエイト。ブラジルの『Globo』が補強の噂を伝えている。

    それによれば、コリンチャンスの元ブラジル代表FWジョーの獲得に近づいているという。

    ジョーことジョアン・アウヴェス・ジ・アシス・シウヴァは、1987年生まれの30歳。

    かつてはマンチェスター・シティにも所属していたことがある長身レフティで、ブラジル代表として2014年のワールドカップにも出場している。

    今年中国からブラジルに復帰すると、得点王になる活躍を見せて、コリンチャンスのリーグ優勝に貢献。

    そのジョーを名古屋は1100万ユーロ(14.7億円)で引き抜くという。今月26日にもメディカルチェックが行われるとも伝えられており、これが事実ならば獲得は濃厚とも言えそうだ。

    写真
    151a9b6e-78ae-99ee-6f46-228689e18553
    2017/12/23 06:35
    http://qoly.jp/2017/12/23/jo-and-nagoya-grampus-iks-1
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ