海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ジーコ

    1: Egg ★ 2018/05/17(木) 17:58:21.84 ID:CAP_USER9
    ブラジルの元スーパースターで、2006年W杯ドイツ大会では監督として日本代表を率いたジーコ氏(65)が夕刊フジの独占インタビューに応じた。

    W杯ロシア大会(6月14日開幕)を控える日本代表・西野朗監督(63)、主軸として活躍が期待される本田圭佑(31)=パチューカ、さらにはJ1神戸入りが取り沙汰されるスペイン代表MFイニエスタ(34)=バルセロナ=へ、次々と直言。同氏は16日にいったん母国ブラジルへ帰国するが、再来日して30日のガーナ戦(日産ス)をナマ観戦し、西野ジャパンをアシストする意向も明かした。(聞き手・久保武司)

    --ジーコさんが日本代表を指揮した2006年W杯ドイツ大会から12年がたった

    ジーコ「えっ、もうそんなにたったのかい? 早かったね~。私はその間に孫が7人もできたよ」

    --日本代表はW杯本戦2カ月前になって西野監督が就任した

    「“ガンバッテ、ニシノサン”と(日本語で)メールを送ったよ。なんといっても彼は(1996年アトランタ五輪で)ブラジルを倒した監督だからね」

    --ジーコさんはW杯ドイツ大会のメンバー発表会見の際、印字されたメンバー表を読み上げるのではなく、逆に真っ白な紙に1人1人、選手名を書き込みながら発表していったのが印象的

    「頭の中で、本大会に連れて行くメンバーはすぐに決まったよ」

    --でも、サプライズがあった。最後の最後で「マキ~(FW巻誠一郎)」と

    実はあそこだけが決まっていなかった。FW久保竜彦(当時横浜FM)をどうしてもW杯に連れて行きたかったが、腰痛でドクターストップがかかってしまって。最後の最後に長谷部(現フランクフルト)を外すときにも迷った。でも、あのときはヒデ(中田英寿氏)を筆頭に、(中村)俊輔、稲本、小野、中田(浩二氏)、福西(崇史)といった、そうそうたるメンバーがいたからね」

    つづく

    夕刊フジ 5/17(木) 16:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000017-ykf-spo

    写真
    20180517-00000017-ykf-000-1-view
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/15(火) 12:27:52.20 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表監督のジーコ氏(65)が日本のサッカー界に提言を行った。14日、都内で開かれたJリーグ25周年記念イベントに出席。

    ワールドカップに向けて「今、飛び抜けて良い国はない。肩を並べて勝負できる資質は、日本にもある。ただ問題はメンタル。メンタルの強さがあれば、いい成績が期待できる」とエールを送った。

    Jリーグ発足時に鹿島でプレーした同氏は「W杯に連続出場するなんて、発足前には考えられないことだった」と振り返った。その上で村井チェアマンに直接、願い出たことがあった。

    「これを継続、進化させるには次の世代がどんどん出てくることが大切。12歳から16歳の世代の強化が必要です。ペレやベッケンバウアー、マラドーナやジダン、イニエスタのように優勝国の中心にはとんでもない選手がいた。

    日本の人口を考えれば、とんでもない逸材が生まれる可能性は高い。18歳ごろには完成されて、世界で戦える選手を」と育成強化を願った。

    日刊スポーツ 5/15(火) 8:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00208882-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    1:fallen leaf ★:2018/05/11(金) 16:01:51.31 ID:CAP_USER9.net
    鹿島OBで元日本代表監督のジーコ氏(65)が11日、古巣のクラブハウスをサプライズ訪問した。

    前日10日夕方に成田空港着の航空機で来日を果たしたジーコ氏。この日は午前の練習が行われている中でクラブハウスを訪れた。練習場に同氏が姿を見せると、選手たちは一様に緊張の表情を見せ、母国の“レジェンド”(伝説)を前に、ブラジル人FWペドロ・ジュニオール(31)は背筋をピンと伸ばし硬直状態だった。

    かつての教え子、主将MF小笠原満男(39)らと握手をかわしたジーコ氏は、「頑張れ。1日1日を無駄にするな。後悔しないように。サッカーはいいときも悪いときもある。常に笑顔でいること。そうすればいいことが巡ってくるから」と激励した。

    同氏は1991年に鹿島の前身の住友金属に入団し、94年までプレー。プロ化するチームに勝利の哲学を植え付け、常勝軍団の礎を築いた。
    2018-05-11_18h47_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000535-sanspo-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/02/18(日) 19:50:26.20 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグキックオフカンファレンス ( 2018年2月15日 )
    2018年2月16日 05:30 スポニチ Sponichi Annex サッカー
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/02/16/kiji/20180215s00002000431000c.html

    (2017年8月15日)日本サッカー殿堂入りの記念レリーフを掲げるジーコ氏 Photo By スポニチ



    村井チェアマンがJリーグの外国人選手のOB会を組織し、ジーコ氏に会長就任を要請する計画を明かした。

    キックオフカンファレンスで「開幕からの25年間でJリーグに来た外国籍選手は1200人を超えた。ジーコにOB会長になってもらい、クラブや選手との交流を深めていく。そのネットワークを今年築きたい」と説明。

    元ブラジル代表のジーコ氏はJリーグ草創期に鹿島で活躍。昨年12月に自身の主催する慈善試合に村井チェアマンを招待するなど、現在も日本との交流を続けている。
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/27(月) 05:48:14.45 ID:CAP_USER9.net
    タレントのフィフィがインターネット番組に出演し、過去に“世界的サッカー選手”から口説かれたことを明かした。

    先月、1990年大会以来28年ぶりにワールドカップ出場を決めたエジプト代表。

    フィフィはそのエジプトで生まれたが2歳の頃に家族と日本へ移住し、現在はサンミュージック所属の芸能人として多方面で活躍している。

    そんな彼女といえば、横浜F・マリノスの元日本代表DF栗原勇蔵の熱狂的なファン(彼女曰く勇蔵ギャル)としてサッカーファンにも知られた存在だ。

    また今回、化粧品などを販売するDHCがスポンサーの「髙山正之『放言BARリークス』」に出演し、日本人なら誰でも知っている「超大物サッカー選手」から過去に口説かれていたことを赤裸々に明かした。

    フィフィによると、その“世界的サッカー選手”とは元ブラジル代表MFジーコだという。

    ジーコは「白いペレ」などと呼ばれたサッカー界のスーパースター。1991年に鹿島アントラーズ(当時は住友金属)へ電撃加入し、Jリーグの創成期をけん引したことで日本では“神様”の愛称も持つ。

    Jリーグブームに沸く約20数年前、当時大学生だったフィフィは“追っかけ女子”の友人に誘われ、鹿島の選手たちが泊まる名古屋のホテルに連れられたという。

    友人がある部屋をノックすると、出てきたのはベテラン風の外国人選手。2人は「中においで」と誘われたが、フィフィは「なんだ、このおっさん。気持ち悪い」と思い、フィルムが勿体ないと記念撮影すら断ったのだそうだ。

    翌日、同級生にそのことを話すと、それが“世界のジーコ”だと知って仰天。父親にも驚かれ、その凄さをようやく理解したらしい。

    ジーコはこの時、既に40歳を超えていた。確かに大学生の彼女にとっては“おっさん”だったかもしれないが…ちなみにフィフィは眉毛が繋がりそうな「濃ゆいアラブ男子」より栗原のような薄めの顔立ちが好みらしく、典型的ラテン人顔なジーコは年齢にかかわらず“枠外”だったのかもしれない。

    なお、フィフィは2014年9月に栗原が結婚を発表した際、入籍を既に1年前に済ませていたことを知って憤慨。サッカー熱がすっかり冷めてしまったのだそうだ(※ちなみにフィフィは既婚者である)。

    せっかく母国エジプトがワールドカップ出場を決めて来年、仕事があるかもしれないのに…。
    2017-11-27_07h56_46
    http://qoly.jp/2017/11/27/a-football-player-who-is-interested-fifi-hys-1
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/21(火) 12:12:05.12 ID:CAP_USER9.net
    <W杯を知る男たち ジーコ論・上>

    W杯で日本代表を指揮した監督たちによる連載「W杯を知る男たち ○○論」の第4弾は、06年ドイツ大会を率いたジーコ氏(64)の登場です。

    現役でもブラジル代表として78、82、86年の3大会に出場し、W杯を最もよく知る人の1人。鹿島時代を含め日本サッカー界に大きな影響を与えてきた。「ジーコ論」として06年当時のこと、今の日本代表に必要なことを2回にわたり語ってもらった。【取材=エリーザ大塚通信員】

    ジーコ氏が率いた日本代表は中田英寿、中村俊輔ら欧州でプレーする選手もいたが、約70%は国内組だった。現代表の主力は海外組。そんな中でジーコ氏は「海外で得られる経験もあるが、最も大事なのは試合に出ること」と指摘する。

    昨冬、欧州チャンピオンズリーグを観戦した時に日本代表スタッフと会った。「彼は欧州にいる選手が試合に出ていないと心配していた」。本田、香川、岡崎、長友らが出番に恵まれなかった時期だ。「彼らは(代表でも)試合のリズムに乗れず、いいゲームができなかった。その証拠に日本は好結果を出せる組にいながら、最終予選で苦戦した」。

    同時に「私もそれで苦労した。中村(セルティック)は出ていたが、中田英(フィオレンティナ、ボルトン)、高原直泰(ハンブルガーSV)は出番が少なく、小野伸二(フェイエノールト)は故障がちだった。素晴らしい選手だったが、明らかにリズムに乗れなかった」と振り返る。

    「この状況が続けば日本サッカーのレベルは落ちるでしょう」と懸念。海外組は代表合流もぎりぎりになる。「理想は選手のクラブと友好関係を持ち、試合に出ていない選手は早く派遣してもらうこと。私はすべてのクラブを訪問し頼みました。こればかりは友好関係を築かないとどうしようもない」。

    リズム、いわゆる試合勘やコンディションの問題のほかに、日本に足りないものとして「精神面の成長」を挙げた。「すごくいい試合運びをしているのに、1つゴールを奪われると取り乱し、2つ目、3つ目と流される。80分間いいゲームをしても精神面をコントロールできず、ピンチになると崩れ、たった10分ですべてを台無しにするリスクをつくってしまう。日本はここが重要だと思う」。

    まさに06年大会初戦のオーストラリア戦。「悪いゲームではなかったし、チャンスもつくったが、最後の7分で3点奪われて負けました」。前半26分に中村のゴールで先制も、後半39、44、45分と立て続けに失点した。「日本はオーストラリア戦とクロアチア戦、ブラジル戦の前半までいいゲームをした。でもW杯ではいい試合運びをゴールに変えなければならない。それを私たちはできなかった」。ブラジル戦では前半34分に先制。前半終了間際、後半8、14、36分に失点して1-4で敗れた。

    「W杯では何があっても、そこにたどり着いた時と同じ勢いで走らねばなりません」

    一方で、最も大事なのは準備だという。「私たちは万全の準備ができたし、そこでは全く問題は起きなかった。たくさんの試合を重ね、W杯にベストの状態で臨んだ」。W杯では日本より格上のチーム、世界のトップ選手が相手だ。「苦戦するのは当たり前。でも今は事前に情報を入手できるから、驚かされることなんてない。

    どんなスクールやクラブ、アフリカ、欧州、どこの国でも映像や写真が手に入る。監督としての私は対戦チームすべてを観察するのが好き。W杯ではさらに必要。事前に準備していても、進化し続けなければいけないのです」。

    それでも誤算はあった。「ただ残念なのはドイツ戦で素晴らしい試合をしたけれど、チームで最高だった2人、加地亮と高原が負傷してしまったこと」。W杯開幕直前、地元開催に盛り上がるドイツとの親善試合は、高原の2得点で2-2と引き分けた。「W杯の1週間前に主力選手2人の故障というのは、本当につらいものでした」。(つづく)

    ◆ジーコ 1953年3月3日、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。本名アルトゥール・アントゥネス・コインブラ。フラメンゴで活躍し、81年トヨタ杯リバプール戦で来日。83~85年はウディネーゼでプレー。ブラジル代表は76年に初選出され、通算72試合52得点。W杯では78年3位、82年2次リーグ敗退、86年8強。91年に鹿島入りし、94年引退。02年W杯後に日本代表監督になり、06年W杯は1分け2敗で1次リーグ敗退。
    2017-11-21_17h01_09
    11/21(火) 11:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00058079-nksports-socc
    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2017/11/12(日) 20:23:57.00 ID:CAP_USER9.net
    ジーコが語る”第二の故郷”日本とは…代表への思いも口に「日本で印象に残っている選手は…」
    11/12(日) 18:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00000017-goal-socc



    日本への思い入れを語ったジーコ氏 (C) Getty Images

    日本代表は10日、国際親善試合でブラジル代表と対戦し、1-3で敗れた。これに際し、両国に縁の深いジーコ氏が日本とブラジルの関係について語ってくれた。

    「ブラジルサッカーは日本で常に賞賛されており、私や多くのブラジル人が関わったことで、ブラジルのような新しいプレースタイルが形作られました。

    ワールドカップまでにはまだ時間があります。全ての試合が常に学びの場となるでしょう」と日本代表の戦いに期待を寄せる。

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選は、初戦で黒星を喫するなど苦しんだ日本。「しかし彼らは立ち直り、大きな困難の中でオーストラリア戦に勝利を収め、ワールドカップ出場を手にしました。

    監督と会った時に、欧州組の何名かはベストなパフォーマンスを発揮できないので使わなかったと言っていました。しかし、その中で彼らは結果を出しました」と日本の6大会連続出場を祝福した。

    ■”第二の故郷”日本への思い

    鹿島アントラーズでの選手時代から日本代表監督を退任するまで、15年間にわたって日本で過ごしたジーコ氏。

    「私は日本で素晴らしい日々を家族と過ごしましたし、いつ帰ってきてもブラジルの家にいるような気持ちになれます」と”第二の故郷”日本への愛着を語る。

    日本の代表監督としてブラジル代表と対戦した際には複雑な思いだったと振り返り、「代表監督退任の前年にブラジルと日本はコンフェデレーションズカップで対戦していますが、自分の国と戦うのはとても難しいことでした。国歌が流れだすと、特にそう感じます。しかし、それも仕事の一部ですし、私に求められていることです。とても素晴らしい経験でした」と胸中を明かした。
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/10/08(日) 16:32:26.55 ID:CAP_USER9.net
    10/7(土) 20:00配信
    ブラジルで“ジーコ限定モデル”のカローラ発売 ハンドルや座席にサインが施される

    ブラジル代表の伝説的名手で元日本代表監督の“神様”ジーコ氏が、公式インスタグラムに1枚の写真を掲載。ブラジルで自身の名前を冠した“限定モデル車”が発売されることを受けて、「このような栄誉あることは想像していなかった」と綴っている。

    ジーコ氏はフラメンゴ、ウディネーゼでのプレーを経て、Jリーグ創設直前の1991年に鹿島アントラーズの前身である住友金属に加入。鹿島に勝者のメンタリティーを植え付け、「常勝軍団」の礎を築いた。2002年からは日本代表監督を務め、06年ドイツ・ワールドカップで指揮。その後はトルコ、ウズベキスタン、ロシア、ギリシャ、カタール、インドのクラブや、イラク代表監督を歴任した。

    7日に更新されたインスタグラムでは、日本の大手自動車メーカーであるトヨタから「Zico Limited Edition」が発売されることを報告。車の前でポーズを取る写真や、自身のサインが施されたハンドルや座席の写真を投稿している。そして「忘れられない日になった。私は人生でこのような栄誉あることは想像もしていなかった。この車の制作に関わったすべての人に心から感謝します」と綴った。

    ブラジルメディア「TORCEDORES」も、「トヨタ、ジーコを称えてカローラのスペシャルバージョンを発売」と特集。記事では、1981年の第2回トヨタカップ(現・FIFAクラブワールドカップ)で南米代表フラメンゴの一員として来日し、欧州代表リバプールを3-0で破り、MVP獲得と同時に副賞でトヨタのセリカを受け取ったことを紹介している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171007-00010020-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/25(月) 12:28:38.02 ID:CAP_USER9.net
    鹿島OB対談の第5回は、クラブワールドカップの決勝や鹿島の歴史に話が及んだ。Jリーグ発足当時から鹿島に所属していた石井氏の目に、神様ジーコはどう映ったのか。また、ジーコスピリットがどうやって植え付けられたのかが明かされる。
     
    ―――◆―――◆―――◆―――
     
    岩政大樹 クラブワールドカップのレアル・マドリー戦でセルヒオ・ラモスが退場にならなかった件で、会見の時に「レフェリーに勇気がなかった」と発言していますね。
     
    石井正忠 あれは素直にレフェリーのジャッジに対して言っただけです。正直、戦っていて差は感じていたので、ひとり退場になろうが、そんなに変わらなかったと思っています。
     
    岩政 言うか言うまいか考えたと思いますが、なぜ言う決断をしたんですか?
     
    石井 選手たちを称える意味も含めて、あそこでは言うべきだと思いました。
     
    岩政 確かに、あれは監督の立場でしか言えないことですよね。モウリーニョもよくやりますけど、感情的にレフェリーを批判しているのではなく、選手たちのことを考えて言っているんだろうなと。
     
    石井 記者会見で発する言葉はいろんな人が聞いているし、当然選手の耳にも入る。その言葉は選ばなければいけません。
     
    岩政 サポーターや選手、チームスタッフの顔も思い浮かべながらしゃべっているんですか?
     
    石井 選手のことは、あまり思い浮かべません。批判は選手に直接言うべきなので、会見で個人への質問があった時に自分の考えを答えるくらいです。質問をごまかしたり、ぼかしたりしないで正直に自分の気持ちを言っていました。
     
    岩政 次に監督をされるのが楽しみですが、優勝を狙うチームでもう一度やりたいのか、それともチャレンジャー的な立場のクラブでやりたいのか。希望はありますか?
     
    石井 クラブの考え方にもよると思います。どちらかといえば、鹿島のように地域の人たちと密接に関って愛されるクラブで仕事がしたいですね。それが自分に合っているのかなと思っています。
     
    岩政 よく分かります。チームの地位よりも地域とつながっているチームですよね。
    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170923-00030020-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/29(火) 11:55:11.13 ID:CAP_USER9.net
    運命のW杯アジア最終予選オーストラリア戦まで、あと2日となった29日、日本サッカーの歴史とその積み重ねを感じさせる、味わい深い動画に出会った。

    デジタル技術の活用推進を掲げチャレンジを続けるJリーグが、先ごろ来日していた元日本代表監督ジーコ氏(64)を起用。「夏休み特別企画 ジーコおじさんのこども電話相談」という独自番組を制作した。ユーチューブの公式チャンネルで公開中だ。

    神様ジーコ氏が子どもたちの相談を聞き、独特の甲高い声で丁寧に、優しく、真剣に答えている。ほほ笑ましいやりとりに見入っていると、いきなり「柳沢敦です」と元日本代表FWがサプライズ登場。驚いた。

    「ゲンキデスカ~」と、ジーコ氏の顔が一気にほころぶ。「こども相談室」。確かにジーコ・チルドレンの柳沢は“こども”だ。妙に納得して見ていると、突然、柳沢の口から予想もしない言葉が飛び出し、もっと驚いた。

    自ら切り出したのは06年W杯ドイツ大会クロアチア戦のシュートミス。一部で「急にボールが来た(QBK)」と言われ、揶揄(やゆ)された、あの場面についてだった。

    番組内のやりとりを、すべてここに書いてしまうのはどうか。詳細は、実際に番組で確認してもらった方がいいだろう。もう1人のサプライズゲスト、巻誠一郎もそうだが、11年たっても一切変わらぬ師弟の絆を強く感じさせられた。そんなやりとりが、詰まっていた。

    「ジーコおじさん」と呼ばれた神様は「もうおじいちゃんなんだけど」と笑っていた。あの時、53歳だった日本代表監督は、64歳の元日本代表監督となった。ジーコ氏からオシム氏、岡田武史氏、ザッケローニ氏、アギーレ氏、ハリルホジッチ監督と、日本代表指揮官もバトンをつないできた。

    日本代表も、W杯はドイツ以降、10年南アフリカ、14年ブラジルとさらに2大会に出場し、オーストラリア戦に勝てば、18年ロシア大会にも出場できる。

    ジーコ氏もプレーしたJリーグは25年目。四半世紀の歴史を重ねてきた。神様の教えを受け育まれた柳沢は、古巣・鹿島のコーチになった。巻はまだ必死に故郷のクラブ、J2熊本でゴールを狙い、戦い続けている。

    積み重ねと、受け継がれ、紡いできた歴史がサッカーの魅力であり強み。日本代表も、Jリーグも、そしてそれを取り巻く人たち、運命の一戦を前に、今はみんなが同じ思いでいるはずだ。

    オーストラリア戦には、日本サッカーの力を結集させて臨んでもらいたい。ハリルホジッチ監督と27人の代表選手にも、強い絆があるはずだ。ほほ笑ましくも印象深い、この番組を見て、そう強く願った。

    【サッカー担当=八反誠】

    8/29(火) 11:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-01879508-nksports-socc

    写真


    動画 ジーコおじさんのこども電話相談【夏休み特別企画】

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ