海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:スコラーリ監督

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/25(水) 13:35:46.53 ID:CAP_USER9.net
    中国スーパーリーグの広州恒大を率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、スペイン通信社『EFE』のインタビューに応じ、母国のブラジル代表や同代表のFWネイマール(バルセロナ)など様々な話題について言及した。23日付のブラジル紙『ランセ』が伝えている。

    スコラーリ監督は2002年の日韓ワールドカップでブラジル代表を率いて、チームを最多5度目の世界一に導いた。現在のセレソンの印象について尋ねられると、「現在のブラジル代表は、とても良い試合をしている。チームのアイデンティティもしっかりしているし、今のセレソンは敬意を払われるべきだ」とコメント。昨年6月にチッチ新体制がスタートして以降、6戦全勝と素晴らしい結果を残している現代表を称賛した。

    スコラーリ監督はさらに、エースを務めるネイマールについても言及。「現在はクリスティアーノ・ロナウドとメッシがバロンドールの座を争っているが、2年以内にはネイマールが2人を追い抜くだろう。彼は、私が一緒に仕事をしてきた中で出会った“怪物”の1人だ」とその才能を絶賛し、近い将来バロンドールを獲得できると断言した。

    またスコラーリ監督は、昨年夏にフランスで開催されたユーロ2016を制したポルトガル代表についてもコメント。

    「ポルトガル代表はついに欧州王者になった。私は2004年大会の決勝で敗れて、優勝を逃していたので、今回の優勝は本当に感動した」と語り、2003年から2008年まで指揮官を務めた同代表の優勝を我が事のように喜んだ。

    続けて「非常に好感のもてる人物だし、優勝に値する」と、同国に初のビッグタイトルをもたらしたフェルナンド・サントス監督に賛辞を送った。
    2017-01-25_19h03_03
    SOCCER KING 1/25(水) 13:05配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00545654-soccerk-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 22:38:22.22 ID:CAP_USER*.net
    クラブ・ワールドカップ(W杯)準決勝で、アジア王者の広州恒大はヨーロッパ王者バルセロナに0-3で敗れた。だが、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、あと数年で日本や韓国に近づくと、中国サッカーの進歩を強調した。

    広州は前半から粘り強い守備で対抗し、速攻からチャンスをうかがった。惜しい場面もつくりかけたが決め切るには至らず、39分に先制を許すと、後半早々に2失点目。ルイス・スアレスにPKを決められハットトリックを許し、0-3で敗れた。

    やはり勝利は遠かったが、スコラーリ監督は「選手たちの努力、気持ち、成長、進化について感謝した」と選手に謝意を伝えたという。「バルセロナには、たくさんのチームが負ける。その中で(広州は)進化している。今日も学んだ」と前進し続けていることを強調した。

    その証明のためにも、目指すものがある。20日の決勝の前に行われる、3位決定戦での勝利だ。前回出場した2013年大会では、やはり準決勝で欧州代表のバイエルン・ミュンヘンに0-3で敗れ、3位決定戦では南米代表アトレチコ・ミネイロに2-3で屈した。「目標はまだ1つ残っている。2013年は4位だった。今年は1つ上の3位を目指すことができる」とスコラーリ監督は話した。

    現状では、「世界的なレベルではビッグと呼ばれるチームの何段階か下にいる」と指揮官は話す。だが、「常に学ぶことがある。中国はまだ時間がかかるが、方向性は正しい。日本と韓国はもう少し先を行っているが、あと4-8年でそのレベルに達する」と強気だ。

    そのための新たな一歩が、20日の3位決定戦となる。相手は、開催国代表のサンフレッチェ広島だ。
    2015-12-18_03h57_22
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151217-00000029-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450359502/

     
    続きを読む

    2014-07-11_11h18_40
    ブラジル代表FWネイマールは10日の会見で、代理人のワグネル・リベイロ氏がルイス・フェリペ・スコラーリ監督を批判したことに不快感を表した。

    ブラジルはワールドカップ(W杯)準決勝でドイツ代表に1-7と大敗。スコラーリ監督は大きな批判を浴びている。リベイロ氏は自身の『ツイッター』で、スコラーリ監督を暗に指して、「年寄りでごう慢」と糾弾した。

    だが、ネイマールは10日の会見で、次のように述べている。『ESPN』が伝えた。

    「僕を代表して発言できるのは、僕の父だけだ。ワグネルが言ったことは、彼の責任だよ。僕は彼のことが好きだけど、彼の姿勢は受け入れないし、賛同しない。もしも今日、彼に会ったら、僕は彼のことをののしるだろう」

    スコラーリ監督は9日の会見で進退について明言を避けた。同監督が退任すべきとの声もあるが、ネイマールは次のように述べている。

    「負けたときにすべてを変更しなければいけないわけじゃない。ハードワークをすることによって、修正しなければいけないんだ」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00000002-goal-socc
    続きを読む

    2014-07-09_08h11_23
    ブラジル代表を率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、ブラジル・ワールドカップ準決勝敗退について言及した。『Football ESPANA』が伝えている。

     8日に行われた同大会の準決勝で、ブラジル代表はドイツ代表と対戦し、1-7で敗戦。試合後、自国開催となるワールドカップでの優勝を目指してきたスコ ラーリ監督は「この結果に対して許しを求めたい。このような敗北の中でさえ、サポートをしてくれたファンに感謝を示したいと思っている」と語った。

     また、同監督は「私は壊滅的な結果に対して責任がある」とコメント。さらに、歴史的大敗の原因について「今回の試合のことは、我々のプレーとは無関係だった。コントロールを失い、普通ではないことが起こった」と述べた。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140709-00210200-soccerk-socc
    続きを読む

    2014-07-05_08h39_58
    [7.4 W杯準々決勝 ブラジル2-1コロンビア フォルタレザ]

     史上最多6度目のW杯優勝を目指すブラジル代表は、4日に行われたコロンビア代表との準々決勝に勝利し、ベスト4に駒を進めた。8日にはドイツ代表と準 決勝で対戦するが、この試合にキャプテンのDFチアゴ・シウバは出場停止。さらに、コロンビア戦の終盤に負傷し、担架でピッチから運び出されたFWネイ マールも試合後にフォルタレザ市内の病院に直行し、レントゲン検査を受けた。

     FIFAの公式Twitterによると、試合後の会見でブラジル代表のルイス・フェリペ・スコラーリ監督は「私は、次の試合でネイマールがプレーできるとは思えない」と語っており、深刻な状態であることを示唆している。

     ネイマールは後半43分に、背後からコロンビア代表DFファン・スニガの激しいチャージを受けて倒れ込み、そのまま立ちあがることなく、DFエンリケと交代してベンチに退いていた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140705-00137057-gekisaka-socc
    続きを読む

    2014-07-04_15h16_45
     ブラジル代表を率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、ブラジル・ワールドカップにおける同国の優勝を、FIFA(国際サッカー連盟)が望んでいないと考えているようだ。アメリカメディア『ESPN Deportes』が伝えている。

     スコラーリ監督は、1日、国内の大手新聞社とラジオ局の計6社を呼び寄せ、以下のようにコメントを残している。

    「大会中に、セレソン(ブラジル代表)に対する批判を報道したいという各社の気持ちはわかるが、敗退が決定するまではネガティブな報道は控えてほしい。選手たちを応援する報道で、我々を支えてもらいたい」

     さらに、「おそらく、FIFAは我々の優勝を望んでいないのだろう。確信はないが、そのような声なき声を感じる」とまで吐露。開催国として優勝が義務付けられている重圧に、さすがの名将も心労が蓄積されている模様だ。

     一方で、次戦のコロンビア戦については、「ハメス・ロドリゲスを最も警戒している。しかし、彼を抑えるだけではコロンビアは止められないと思っている」と、強い警戒心を示し、ベスト8突破を見据えている。

     スコラーリ監督率いるブラジルは、ベスト4進出を懸けて、5日にコロンビアと対戦する。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140704-00208762-soccerk-socc
     続きを読む

    2014-06-29_23h27_28
    28日、ブラジル・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でブラジル代表とチリ代表が対戦。1-1で迎えたPK戦を3-2で制したブラジルが準々決勝に駒 を進めた。試合終了後、ブラジル代表指揮官のルイス・フェリペ・スコラーリ監督がネイマールの負傷について明らかにした。イギリスメディア『BBC』が 29日に報じている。

     同試合の後半に、相手選手から強いチャージを受けたネイマールについて、スコラーリ監督は「太ももが腫れ上がっている」と、同選手の状態を明かした上で、「ネイマールがはやく戻れるように全力を尽くす」と話し、次戦のコロンビア戦を見据えている。

     また、同試合を裁いた、イギリス人のハワード・ウェブ主審に対しては、「ネイマールが何度も激しい当たりを受けていたにも関わらず、彼はまったくカードを出さなかった。
    審判はスタープレーヤーを守る義務があるのに、彼はそれをしなかった」と話し、苦言を呈した。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140629-00207149-soccerk-socc
    続きを読む



    2014-06-21_22h48_37
    有名ジャーナリストが飛行機の中で現代表監督にインタビューをし、「我々の主な問題はディフェンスだ」というコメントが大手メディアに飛び交ったら…大きなスクープとなるだろう。

    残念なのは、それが偽物だったということだ。相手は代表監督ではなく、そっくりさんだったのである。ブラジルの有名テレビジャーナリスト、マリオ・セルジオ・コンティ氏に起きたことだ。

     コンティ氏は先日、リオデジャネイロからサンパウロへ向かう飛行機の中で、ブラジル代表のルイス・フェリペ・スコラーリ監督と知り合ったと信じていた。監督に近づき、乗客に席を替わってもらい、ワールドカップ(W杯)2試合目のメキシコ戦で引き分けたばかりの監督に取材をしたのだ。

    コンティ氏は自分がスコラーリ監督だと信じる人物が、「DFのせいだ。それが我々の大きな問題だよ」と述べ、批判を続けるのを聞いた。彼は、それがスコラーリ監督だと信じていた。

     だが実際は、コンティ氏が話していたのは、ブラジルでは有名なスコラーリ監督のそっくりさん、ウラジミール・パロモ氏だったのだ。

    パロモ氏は相手がコンティ氏だと気づき、冗談で自分に取材をしてきたのだと確信していた。だからこそ、選手たちを叩いたのだ。最後に、パロモ氏はコンティ氏に名刺も渡した。だが、コンティ氏はその名刺の方が冗談だと考え、記事に「なんと気持ちの強い男だ。別れる際に自分のそっくりさんの名刺まで渡したのである」と書いたのである。

    こうして、サンパウロとリオの有名紙『A Folha』と『O Globo』は、重要な記事と考えてインタビューを掲載してしまった。そして何者かが疑問に思ったのだ。「ブラジルはフォルタレーザで試合をした。スコラーリ監督はリオとサンパウロを飛ぶ飛行機で何をしていたんだ?」と。

    そして真実が分かり、メディアは撤回せざるを得なくなった。7万部の新聞が発行してすぐに無駄となったのだ。だが、もはや偽のスクープは出回ったしまった。2日後、両紙は謝罪記事を掲載せざるを得なくなったのである。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8962796/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ