海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ストイコビッチ

    1: Egg ★ 2019/03/20(水) 06:45:21.90
    ──中国での日々はいかがですか?
    「とても満足している。仕事も、環境もいい。広州はとてもモダンな都市だ。気候がよくて、緑や花も多く好感が持てる。中国に対して私と異なる印象を持っている人もいるが、それは実際に来たことがないからだと思う。中国はポジティブに変わっているよ」

    ──サッカーに関しては?
    「私が来たときには、すでにサッカーへの巨額投資が始まっていた。彼らは本気でチームを強くしようとしていて、年々レベルは高まっている」

    ──日本のサッカーは今もフォローしていますか?
    「もちろん。名古屋はここ何年か苦しんでいるようだが、今年は大きなことを成し遂げるかもしれない。名古屋で一緒にプレーしていた、大岩剛監督が鹿島を率いてACLを制したこともすごくうれしかった。それから、川崎は実に興味深いスタイルで、見事にJ1連覇を果たしたね」

    ──日本代表については?
    「アジア杯決勝でカタールに敗れたが、ハンドでPKが与えられるなどアンラッキーだった。カタールがいいサッカーを披露し、驚きを提供したのは事実だ。しかし決勝で日本が敗れたのは、それほど悲観すべきことではない。若い選手の多いチームだったが、可能性を見せた。日本のスタイルは私好みだ。高い技術をベースに、スピード、知性、連係を駆使して相手を崩していく。アジア杯での彼らの出来には賛否両論あるだろう。ただ私は、若い日本にとって、準優勝は胸を張れるものだと思う」

    ──確かに日本代表は、ロシアW杯を終えてから世代交代を迎えています。
    「なかなか簡単にはいかないものだけど、今の日本代表は前向きにそれを進めているように見える。あくまでこれは私の個人的な見解だが、例えば中国では、ほとんどの人が今のことしか考えていない。しかし日本のサッカー界は長期的な展望に立ち、未来を見据えているね」

    ──長年住んだ日本のことは恋しくなりますか?
    「ああ、ものすごく。日本は私の第二の故郷だ。現役時代に美しい時間を過ごし、監督としては名古屋に史上唯一のリーグ優勝をもたらすことができた。すべてが素晴らしい経験だ。日本の文化を知れたのは、自分の人生にとって非常に大きなものとなった」

    ──最も恋しいものは?
    「すべてだね。食事、人々、彼らの行ない、落ち着いた生活......。今は中国で仕事をしているが、私の心の中には、いつも日本が息づいている。その思い出は絶対に忘れることはない。いずれまた、日本に戻りたいよ」

    ──あなたの帰りを待っているファンもたくさんいます。
    「それは、私と日本のファンが常に心を通わせ、互いを理解し、リスペクトしていたからだと思う。現役時代の私は、プロのフットボーラーとして『観戦しているファンに、いかに楽しんでもらおうか』と、いつも考えていたんだ。私がそう思い、実際にプレーすることでサポーターは喜び、心が通じ合う。彼らがどれほどサッカーに情熱を傾けているかも知っているよ」

    ──今でも、ベンチ前からボレーシュートを蹴ろうと思うことはありますか?
    「いや、もうやらないよ。あのときも、とっさに体が動いたんだ。結果的に信じられない"ゴール"を決めてしまったわけだけど(笑)。正直、私はボールを大きく返そうとしただけなんだ。あのシーンの前に、われわれは大きなチャンスを逃していた。選手がクロスボールにボレーを合わせられなくてね。それが私には簡単なシュートに見え、なぜ外したのか理解できなかった。そんなことを考えているところにボールがやって来たから、『ボレーはこうやって打つんだよ』と教えようとしたのかもしれない」

    ──話を日本代表に戻しますが、彼らがさらに成長していくには何が必要でしょうか?
    「どこかのマネをする必要はない。日本人のサッカーを突き詰めていくべきだ。日本には独自のスタイルがあると私は思う。スペイン、ドイツ、ブラジルなど、どこの模倣もしなくていい。日本には優れた環境があり、選手は幼少期からしっかりと指導を受けている。Jリーグも成熟していて、そこから欧州に巣立っていった選手たちは数え切れない。それは長期的な成功であり、今後もアイデンティティを失わずにいてもらいたいね」

    3/20(水) 6:10配信 週プレニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190320-01084460-playboyz-socc&p=1

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 11:48:10.67 ID:CAP_USER*.net
    プレミアの優勝争いを繰り広げるアーセナルだが、ここにきて失速している。プレミアリーグ第29節終了時点で首位レスターと勝ち点差8の3位につけているものの、ここ3試合1分2敗とわずか勝ち点1の上積みしかできていない。

     英『メトロ』によると、ここ数試合、結果がふるわないアーセン・ベンゲル監督は深刻な立場に追い込まれており、8日に行われるFA杯ハル・シティ戦に敗れることがあれば解任もあり得ると報じている。

     またブックメーカー『スカイ・ベット』ではベンゲル監督が解任された場合、後任はクラブOBのデニス・ベルカンプ氏が有力であると伝えた。現在アヤックスのアシスタントコーチを務めるベルカンプ氏が、アーセナルの後任監督になるかというオッズは10倍と紹介されている。

     その他の候補として、ロベルト・マルティネス現エバートン監督、ディエゴ・シメオネ現アトレティコ監督、ロナルド・クーマン現サウサンプトン監督らの名前が挙がる中、現在広州富力を率いるドラガン・ストイコビッチ監督も候補の一人として挙がっている。

    以下がリスト
    10倍 デニス・ベルカンプ
    14倍 ロベルト・マルティネス
    14倍 ディエゴ・シメオネ
    14倍 ロナルド・クーマン
    14倍 キケ・フローレス
    16倍 ティエリ・アンリ
    16倍 マヌエル・ペジェグリーニ
    16倍 ポール・クレメント
    16倍 ドラガン・ストイコビッチ
    16倍 パトリック・ビエラ
    20倍 ブレンダン・ロジャース
    20倍 ジョゼ・モウリーニョ
    2016-03-07_18h11_13
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-01625140-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457318890/

     
    続きを読む


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 20:11:36.40 ID:???*.net
    今月3日、日本サッカー協会は、スペイン1部リーグ時代における八百長疑惑が残るハビエル・アギーレ監督との契約解除を発表。さっそく国内の話題は次期監督候補に移っている。

    様々なアンケート調査でサポータの高い支持を得ているのが、選手として監督として日本で活躍した元名古屋グランパスのドラガン・ストイコビッチ氏だ。8日深夜放送、TBS「S1」ではストイコビッチ氏と中継を繋ぎ、インタビューを行っている。

    「皆さん、こんばんは。ストイコビッチです」と日本語で挨拶したストイコビッチ氏は、まず「ロンドンで家族と過ごしている。プレミアリーグを観たいということでこちらに来ています」と近況を話した。

    アギーレ監督解任のニュースについては「4日、5日くらい前にこのニュースに触れました。代表チームですから監督が代わるということであれば、そして6ヶ月ですよね、彼の場合は。これは大きなニュースですしインパクトも大きい。日本代表としてはチーム全体のために将来を見据えるべき」と切り出した。

    その上でストイコビッチ氏がサポータの高い支持を得ているという点には「噂や臆測も飛び交っていると思います。JFAから正式な要請はありません」と言いながらも、「私は日本のサッカーを尊敬している。私の人生にとって日本のサッカーは大きな意味を持っています。ですので、私に対して日本に戻ってくるように要請があるとすれば、それが代表チームの監督であれば非常に好ましい」と意欲的に語った。

    また、現在の日本代表の問題点を訊かれると「ストライカーが必要なんじゃないですか?そういう攻撃的な選手が。(アジア杯の結果などは)ガッカリしたと言わざるを得ません。特にブラジルW杯の結果に関しては、もっといい結果がでると、もっとできると思っていた。でもあまりいいプレーをできなかった。重要なことは代表チームに新しい風を吹き込むこと。古いスタイルのサッカーを辞める。代表としてのアイデンティティを作っていく」と力説したストイコビッチ氏。代表選手以外で興味のある選手については「川又(堅碁)選手は代表選手になるに相応しい」と話した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9765431/
    2015年2月9日 10時45分
    Sports Watch
     2015-02-09_22h39_35
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1423480296/

     
    続きを読む

    2014111800634
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/12/02(火) 10:24:09.13 ID:???0.net
     日本代表ハビエル・アギーレ監督(56)が2010―11年シーズンのスペイン1部サラゴサを指揮した際の八百長疑惑に絡み起訴される見通しと地元紙に報じられ、大きな波紋を呼んでいる。

    日本サッカー協会は静観の構えを見せているが、仮に有罪判決を受ければ解任は必至。緊急事態の際には、Jリーグで実績十分の名将が代わりに指揮を執ることになりそうだ。腕をぶして待っている後任候補とは――。

     スペイン紙「マルカ」など各メディアは、スペイン検察庁が1日にもアギーレ監督や選手、関係者28人の調査報告書をバレンシア裁判所に提出すると報じた。

    この件に関して、日本サッカー協会の霜田正浩技術委員長(47)は「協会としては情報を集めている段階」と調査中であることを強調。視察のため欧州に滞在中の本人とは電話で連絡を取り「大丈夫だと言っていた」と説明した。

     起訴されれば初公判は2015年1月に行われる見込みで、状況次第ではアジアカップ(オーストラリア)の大会期間中に日本代表を離れる可能性もある。

    さらに有罪となれば、監督資格剥奪や停止が確実となり、去就問題にも発展。日本代表監督からの更迭は免れないところだ。協会側は事態の推移を見守っており、現時点で後任探しには動いていない。

     だが一方で、すでに有事に備えている者たちもいる。

     ある公認資格を持つ選手代理人は「この時期に代表の監督を探すのは難しい。世界で戦える手腕やネットワークを持っていることはもちろん、協会が信頼できる人材でなければならない。

    となると、Jリーグで指揮した大物どころになるのでは。実際、契約交渉を一時中断して情報を収集している人もいる」。

     具体的には、昨季までJ1名古屋を率いたドラガン・ストイコビッチ氏(49)、J1柏を今季限りで退団するネルシーニョ監督(64)、07年から鹿島でリーグ3連覇を果たしたオズワルド・オリベイラ氏(63)らが浮上している。

    いずれも指揮したクラブでJリーグ優勝に導いた実績を持つ指導者。手腕は申し分ない。

     しかも長い間、日本で指導しており、現在の代表メンバーをはじめ、主力の日本人選手の特徴も熟知。「空白の時間」を作らないためには、最適な人材だろう。また国内外の人脈も豊富で、代表監督に求められる情報収集にも不安はない。

    何より本人たちが日本代表監督の座を熱望しており、今回の騒動を受けていつ声がかかっても対応できる態勢を整えているという。

     アギーレ監督が“シロ”であるに越したことはないが、10年南アフリカW杯で日本代表を指揮した岡田武史氏(58)を含め、もしもの時のために控えている名将たちの顔ぶれは豪華そのもの。

    かねて「日本を知っている指導者のほうが代表にはふさわしい」という声があるように、有事となればJリーグ経験者から選任されるのは間違いなさそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141202-00000001-tospoweb-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1417483449/


    続きを読む

    130408_stojkovic_002
    29日深夜放送、TBS「S1」ではアルベルト・ザッケローニ氏の後任となるサッカー日本代表次期監督候補を紹介。番組では、約7時間前に行ったという候補の一人、ドラガン・ストイコビッチ氏へのインタビューを放送した。

    すでに一部の報道では、最有力候補と言われメキシコ代表の監督経験もあるハビエル・アギーレ氏の“内定”を伝えているものの、日本サッカー協会から正式な発表はない。

    滞在するフランス・パリでインタビューを受けたストイコビッチ氏は、オファーについて「正式には貰っていません」と切り出すと「正直に言ってオファーも無ければ、日本サッカー協会の大仁会長や原技術委員長からの接触はまだありません。これは本当のことです」と続けた。

    そして、「もし日本代表監督を務めることができたら大きな喜びを感じますし、とても光栄なことです」と話すストイコビッチ氏だったが、「ただ現時点では新聞やファンが私に日本代表監督になって欲しいと言っているに過ぎません」とも――。

    ま た新監督については「日本サッカー協会がどんなビジョンを持っているのかによるでしょう」などと語りつつ、アギーレ氏については「彼はとてもよい監督だと 思います。私が彼について知っているのは、スペインでの監督経験があるということだけですが、とてもよい監督であることは確か」と語ったストイコビッチ 氏。それでも、番組スタッフから改めて「オファーがあったら?」と訊かれれば、「99%イエス」と答え、日本を“第二の故郷”とまで呼ぶ彼は代表監督に強 い意欲を見せた。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8993524/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ