海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:セビージャ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/03(金) 21:59:41.69 ID:CAP_USER9.net
    日本復帰もネガティブではない

    昨夏にドイツのハノーファーからスペインのセビージャへ移籍した日本代表MF清武弘嗣は、残念ながらポジションを勝ち取ることができず、古巣のセレッソ大阪に復帰することが決まった。

    問題視されたスペイン語でのコミュニケーションや、サミル・ナスリら強力なライバルの出現が清武を苦しめることとなり、結果だけを見ればリーガ・エスパニョーラ挑戦は失敗だった。

    しかしセビージャでの半年間ほどだけで、清武の欧州挑戦全てが失敗に終わったとはならない。清武はニュルンベルク、ハノーファーで確かな評価を受けており、今回独『Kicker』も清武が日本に戻ることを取り上げている。

    同メディアは清武がブンデスリーガで合計17得点31アシストを記録したと過去の実績を紹介しており、「サムライブルーの中でも絶対的な存在」と評価している。

    清武はブンデスリーガで自身のテクニックが通用することを証明し、実際今冬にもヘルタ・ベルリンやマインツなどが清武に興味を示していた。金銭的な問題があったものの、清武が攻撃を操る司令塔として高い評価を受けていたことが分かる。

    清武が27歳であることを考えると、欧州での挑戦はもう終わったと言うこともできる。しかし技術的、メンタル的にも得たものは大きいはずで、清武は欧州に挑戦した日本人選手の中でも成功者のグループに入るはずだ。

    清武の日本復帰を残念に思っているファンもいるだろうが、来年にはロシアワールドカップも控えている。

    出場機会を確保するのが先決であり、セビージャでの結果だけをネガティブに捉える必要はないはずだ。

    theWORLD(ザ・ワールド) 2/3(金) 11:41配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00010011-theworld-socc

    写真

    続きを読む

    2017-01-31_08h49_12
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/03(金) 08:32:40.36 ID:CAP_USER9.net
    スペイン1部セビリアからC大阪に電撃復帰した日本代表MF清武弘嗣(27)が2日、ドイツ経由で東京・羽田空港に帰国した。

    C大阪の玉田社長が改めて清武獲得の経緯を説明した。大阪市内で開かれたサポーターズ会議で「本当は断ろうと思ったが(スポンサーの)ヤンマーさんに相談したら『日本の他のチームでプレーさせるのはやめよう』となった」と明かした。

    会議では募金での改修を計画する本拠地金鳥スタが、18年夏に着工し、20年冬の完成を目指すことも公表された。

    日刊スポーツ 2/3(金) 8:06配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-01773718-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/02(木) 23:03:14.52 ID:CAP_USER9.net
    クラブ公式ツイッターでサポーターが惜別の声を送る

    日本代表MF清武弘嗣はスペイン強豪セビージャから完全移籍でセレッソ大阪に復帰した。

    タレント揃いの中盤で出場機会を手にできなかった清武だが、クラブ公式ツイッターには「ガンソより良かったのに」「多くのクオリティーを持っていた」と放出を嘆く地元サポーターの声が溢れた。

    「清武は日本に移籍」とセビージャは昨夏に加入したばかりの14番の移籍を公式ツイッターで報じた。サポーターはわずか半年でチームを去ることになった清武について惜別の声を送っている。

    「キヨはガンソよりも良かったのに」
    「いまだにこの日本人には才能があると思うけど…」
    「私なら先にガンソを放出する」
    「残念。この選手には格というものがあるのに」
    「椅子の上で歌を歌ってくれたのが昨日のように思えるよ」
    「言葉の面が打撃だったんだろうね」

    清武の才能を評価し、新天地に溶け込むために移籍直後に君が代を絶唱したエピソードを振り返るサポーターもいた。

    チームの強化策としては意見が分かれるチームの強化策としては意見が別れている。「モンチ最高」と出番のない清武に見切りをつけた強化部長の手腕を称える声が存在する一方、「このマネジメントは終わっている」「清武の放出は重大なミス。素晴らしいサッカー選手だった」と放出を嘆く意見も出ている。

    元フランス代表MFサミル・ナスリが加入後、出番を失った清武だが、開幕戦のエスパニョール戦では1得点1アシストと躍動した。

    アンダルシアのサポーターもあまりに早い清武の移籍を惜しんでいた。

    Football ZONE web 2/2(木) 19:08配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170202-00010015-soccermzw-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/01(水) 05:34:18.37 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのスペイン1部リーグ、セビリアに所属する日本代表MF清武弘嗣(27)がJ1C大阪に完全移籍で復帰することが31日、決定的となった。移籍金など条件面で基本合意に達し、セビリアに正式オファーを送付。クラブ関係者は「かなり前向きになってくれた。あとはサインをするだけ」となったことを明かした。

    セビリアで出場機会を失っていた清武を巡っては、JリーグのC大阪、神戸、鳥栖、FC東京に加え、米MLSシアトルなども獲得に興味を示していたが、清武は日本復帰を希望。C大阪は代理人を通じて水面下で接触し、交渉を続けていた。

    だが、16年6月に清武を650万ユーロ(約8億円)でハノーバーから獲得したセビリアは600万ユーロ(約7億3000万円)とされる移籍金を要求。当初C大阪が設定していた上限額とは大きな隔たりがあったものの、16年にFW柿谷やMF山口が復帰した際と同様に、移籍金の減額や数年間の分割払いなどを提示し、粘り強く交渉を行ってきた。

    セビリアは27日にアルゼンチン代表MFモントーヤを獲得し、清武を含め4人となった欧州連合(EU)圏外の外国人枠を一つ空ける必要が生じていた。欧州の移籍期限となる1月31日(日本時間2月1日午前8時)が迫る日本時間31日深夜に事態は急展開を見せ、清武の4年半ぶりとなる古巣復帰が実現することになった。
    2017-02-01_07h39_44
    デイリースポーツ 2/1(水) 5:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000002-dal-socc

    清武 セレッソ決定的!完全移籍で古巣4年半ぶり復帰

    スポニチアネックス 2/1(水) 5:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000145-spnannex-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/31(火) 15:54:26.26 ID:CAP_USER9.net
    日刊スポーツ 1/31(火) 15:46配信

    C大阪の大熊清統括部長(52)が31日、日本代表MF清武弘嗣(27)が在籍するセビリア(スペイン)と、代理人を通じて話し合いを行っていることを認めた。清武本人がJリーグ復帰を強く希望しており、代理人を通じて回答期限を設定した上で、移籍金など獲得条件を記した書類がC大阪、鳥栖、神戸など複数クラブに届いているという。

    大熊統括部長は正式オファーについては「出していないです」と否定しつつも「代理人とメールで情報交換はしている。移籍金で、アグリー(同意)できるものではない」と明かした。

    獲得には600万ユーロ(約7億2000万円)とされる移籍金が必要で、同統括部長は「向こう(セビリア)はレンタル移籍は考えていないと思います」と説明。あくまでも完全移籍が条件で、年俸も2億円以上が必要と見られるため、資金捻出は厳しい状況だ。

    ただし、セビリアは27日にアルゼンチン代表MFモントヤを獲得したことで、清武も含まれる欧州連合(EU)圏外選手3枠の登録を空けたい思惑がある。現地時間31日深夜0時(日本時間2月1日午前8時)の欧州の移籍期限締め切りまでに、登録上の動きが出てくる可能性もある。仮に清武が登録を外れれば、Jリーグの移籍ウインドーは3月末まで空いており、金銭面の折り合いが付けばJリーグ復帰が現実となる。

    それらを踏まえた上でも大熊統括部長は「本人への条件と(セビリア側の)登録枠の問題もある。いろいろな状況はあるが、それでも現状は(獲得が)難しいだろう」と語った。
    2017-01-31_16h30_01
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-01772557-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/30(月) 21:55:03.78 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグのクラブが獲得を狙う清武だが、熱心であるのはC大阪のようだ。

    清武獲得に熱心なのはC大阪か…スペインメディア「堅実なオファーを出したのはC大阪のみ」

    この冬の移籍市場でセビージャ退団の噂があるMF清武弘嗣に対しては、Jリーグの複数のクラブが興味を示している。その中でも、同選手の古巣セレッソ大阪が熱心に獲得を目指しているようだ。スペイン地元紙『エスタディオ・デポルティボ』が報じている。

    この冬の移籍市場で、アルゼンチンのロサリオ・セントラルからMFワルテル・モントーヤを獲得したセビージャ。だが同チームのEU圏外枠はDFマリアーノ、MFガンソ、清武で埋まっているため、モントーヤを加えるには誰か一人を放出しなければならない。そして現在は、複数のクラブが興味を示している清武を放出する
    2017-01-30_22h56_29
    GOAL 1/30(月) 21:38配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00010007-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/29(日) 22:30:17.39 ID:CAP_USER9.net
    日本への復帰の可能性が浮上しているセビージャに所属するMF清武弘嗣に対し、Jリーグの3クラブが獲得に名乗りを上げていることが分かった。

    この冬の移籍市場で、アルゼンチンのロサリオ・セントラルからMFワルテル・モントーヤを獲得したセビージャ。だが同チームのEU圏外枠はDFマリアーノ、MFガンソ、清武で埋まっているため、モントーヤを加えるには誰か一人を放出しなければならない。そして現在は、複数のクラブが興味を示している清武を放出する可能性が高まっている。

    清武の獲得に動いているのは、メジャーリーグサッカー(MLS)のシアトル・サウンダース、ブンデスリーガのマインツ、さらにはJリーグのクラブとなっている。そして『Goal』がセビージャの幹部に対して取材を行ったところ、Jリーグから3クラブが獲得に名乗りを上げていることが分かった。

    同幹部によると、セビージャがオファーを受けたJリーグのクラブは、サガン鳥栖、ヴィッセル神戸、そして清武の古巣であるセレッソ大阪だ。清武獲得を打診した段階のクラブもあれば、すでに交渉を行っているクラブもあるという。

    清武は“個人的な事情”によって、移籍先として日本を希望していると見られている。セビージャは出場機会が少なくとも不満を漏らさずに模範的な姿勢で練習に取り組んできた清武に敬意を払い、もし日本のクラブに移籍する場合には、合意を前提として交渉を進めていく考えのようだ。

    なお、モントーヤは現地時間30日にスペイン入りし、セビージャと正式に契約を結ぶ予定。セビージャは同選手をチームに残すか、それともアルゼンチンに帰すかを決定するため、清武の去就を30日までに確定させる方針という。
    2017-01-29_23h02_37
    GOAL 1/29(日) 22:23配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000021-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/29(日) 11:28:39.82 ID:CAP_USER9.net
    セビージャの清武弘嗣の移籍がEU圏外枠の関係もあり濃厚となってきた。清武獲得にはアメリカ、MLSのシアトル・サンダーズやブンデスリーガのマインツなどが意欲を示したが、本人の移籍希望先は日本だという。

    清武の未来は果たしてどうなるのか。冬の移籍市場が閉まる残る数日の行方から目が離せない。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部、協力:江間慎一郎)

    ■EU圏外枠の関係もあり、高まる放出の可能性
     
    冬の移籍市場が閉まるまであとわずかとなったが、MF清武弘嗣の将来はセビージャにはないのかもしれない。セビージャは27日、アルゼンチンのロサリオ・セントラルからMFワルテル・モントーヤを獲得したことを発表。

    EU圏外枠を使うこのアルゼンチン人選手がこの冬にセビージャに加わるか、それともロサリオ・セントラルにレンタルという形で残るかは、この市場が閉まるまでに決定する。

    現在、セビージャのEU圏外枠を占めるのはDFマリアーノ、MFガンソ、そして清武だが、出場機会に恵まれないガンソと清武のどちらかが去り、代わりにモントーヤを加える可能性があるためだ。そしてガンソと清武の内、移籍の可能性が高まっているのは後者の方である。

    現在、日本代表MFの獲得を目的に、複数のクラブがセビージャに接触を図っている。MLS(メジャーリーグサッカー)のシアトル・サンダーズは移籍金600万ユーロのオファーを提示し、またブンデスリーガではマインツが獲得への意欲を示した(彼の古巣ハノーファーが興味を持っているという報道もあったが、こちらでは事実であるという確証を得られなかった)。

    ■清武本人の希望。模範的な姿勢に対するセビージャの敬意
     
    ただしセビージャは、以上のクラブとの交渉を一切進めていない。その理由は、清武が移籍先として希望している国が、母国の日本であるためだ。つまり、もし日本のクラブがセビージャを満足させるようなオファーを提示すれば、清武はスペインを後にすることになる。

    セビージャはハノーファーに移籍金800万ユーロを支払い、清武を獲得。おそらくJリーグのクラブには、同等の額を支払う余裕などないだろう。だがレンタル移籍や移籍金の分割払いなどで、クラブ間交渉が成立する可能性は十分にあるのではないか。というのも、セビージャは清武の振る舞いに感銘を受けており、移籍する場合には穏便に取り計らう考えだからだ。

    清武は出場機会を得られなくとも不満を漏らさず、練習では常に模範的な姿勢を見せてきた。セビージャはそんな日本人MFに敬意を払い、日本のクラブから獲得オファーが届いた場合には、移籍成立を前提として交渉に臨む用意がある。

    清武がセビージャで出場した公式戦試合数は、わずか9。最後に出場したのは、昨年12月21日に行われたコパ・デル・レイ4回戦セカンドレグのフォルメンテーラ戦で、今年に入ってからは一度もピッチに立っていない。

    清武は確かに守備面で脆いプレーを見せたこともあったが、その繊細なボールタッチとテクニックに魅了されるファンも多かった。まだ退団すると決まったわけではないが、もしここを去るならば「もったいない」という感情がファンを襲うことになるだろう。

    いずれしても、この冬の市場が閉鎖するまでの数日間は、清武の将来が決する時間となる。

    (取材・文:ロシオ・ゲバラ【マルカ/セビージャ】)
    20170129_kiyotake_Getty
    フットボールチャンネル 1/29(日) 10:59配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170129-00010009-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/29(日) 10:50:56.14 ID:CAP_USER9.net
    セビージャは、日本代表MF清武弘嗣(27)を600万ユーロ(約7億3000万円)で売却することを見込んでいるようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。セビージャは26日、ロサリオ・セントラルからアルゼンチン人MFワルテル・モントーヤ(23)を獲得した。これを受けて、セビージャはEU圏外枠整理の必要性に迫られている。

    そんな中、EU圏外選手の中で清武の退団を予想する『Fichajes』によれば、すでにメジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブから具体的なオファーが届いているという。渦中の清武は、昨夏にハノーファ―からセビージャに完全移籍。だが、ホルヘ・サンパオリ監督の信頼を勝ち取れず、公式戦9試合1ゴール2アシストにとどまっている。

    なお、その清武に関しては先日、MLSのシアトル・サウンダースからの関心が伝えられていた。

    超ワールドサッカー / 2017年1月29日 9時0分
    http://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_266258/

    写真
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/01/28(土) 18:47:51.54 ID:CAP_USER9.net
    モントーヤ獲得合意でEU外選手の放出に迫られるセビージャ

    セビージャの日本代表MF清武弘嗣が、EU外国人枠の問題で31日までに米メジャーリーグサッカー(MLB)に放出される可能性が高まっている。スペイン地元メディア「エル・デスマルケ」が報じている。

    セビージャは27日に、ロサリオ・セントラルからアルゼンチン人MFワルテル・モントーヤの獲得で合意に達した。すでにEU外選手枠の「3」は埋まっているため、外国籍選手の放出に迫られており、「つまり日本人の清武弘嗣は、今月31日までにチームを去る多くの選択肢を持つ選手となる」と、清武が放出候補の筆頭であると報じられている。

    「清武のセビージャでの日々はすでに限られたものとなっている。モントーヤの加入でEU外パスポート選手の4人目の保有は禁止されることになる。マリアーノ、ガンソ、清武がその条件に抵触している」

    「600万ユーロに近いオファーが…」

    そして同メディアでは、清武の移籍先がアメリカになると報じている。

    「アメリカのMLSは日本人の足跡を追っている。具体的なオファーもテーブルに乗っている。セビージャには、大分出身の選手に対する600万ユーロ(約7億3000万円)に近いオファーが届いている」と、今季開幕前にセビージャがハノーファーに支払った移籍金額を提示しているアメリカのクラブがあると指摘。清武には以前、シアトル・サウンダースが獲得に興味を持っていると報じられていた。日本代表MFのリーガでの挑戦は、残りわずかとなっているのかもしれない。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170128-00010011-soccermzw-socc

    MLS行きの可能性が浮上している清武【写真:Getty Images】
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ