海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:セリエA

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/02/23(日) 09:13:48.65
    イタリア当局は22日、同国北部でのコロナウイルスの流行を懸念して、23日に予定されていたサッカー・セリエAの3試合を延期するよう通達を出した。

    タイトルを争うインテルとサンプドリアの一戦や、アタランタ対サッスオーロ戦、エラス・ベローナ対カリアリ戦が、ウイルスの拡散を避けるべく延期となった。

    同国ではこれまでに79人の感染者が確認され、うち2人が亡くなっている。
    2020-02-23_10h24_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00000002-jij_afp-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/27(月) 21:58:01.20
    元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、イタリアラジオ『TMW Radio』のインタビューに応じ、セリエAなどについて語った。

    過去にユヴェントスやインテルなどビッグクラブの指揮官を歴任し、ミランではスクデットを獲得した経験を持つザッケローニ氏。そんなザック氏が今シーズンのセリエAにおける優勝争いについて自身の見解を示した。

    「ユーヴェが本命であることに変わりはない。ナポリが途中で脱落し、インテルもポイントを取りこぼし始めた。ラツィオはコッパ・イタリアから敗退。期待に応えることができなかったが、素晴らしい成績を残す可能性はある。それでもユーヴェが他のどのチームよりも実力がある。ただカルチョには不確定要素がつきまとう。サプライズが起きるかもしれないね。ユーヴェの覇権が終わることで、リーグにより関心が寄せられるようになるだろう」

    「インテルについては現在、中盤の選手の得点が少ないように思う。(アシュリー)ヤングや(ヴィクター)モーゼスを獲得し、両サイドの補強に努めている。(アントニオ)コンテはチェルシー時代にもモーゼスを配下に持ったが、あの時はスペースがなかった。これからモーゼスが貪欲な姿勢で実力を示すことができるか見守りたい。ファンは一定のレベルの選手を待ち望んでいる。素晴らしい貢献ができると良いね。セリエAは再び世界で最難関リーグになったのではないかと思う」

    続いてザッケローニ氏は、低迷していたミランに変革をもたらした新加入のFWズラタン・イブラヒモヴィッチについて言及。38歳のスウェーデン人FWを絶賛した。

    「リーダーシップを発揮し、チームに平静をもたらした。イブラは偉大なプロフェッショナルだ。かつてのような運動量はないが、決定力は健在だ。彼がバロンドールを受賞したことがないなんて恥ずべきこと。行く先々で優勝した選手であり、重要な局面で均衡を動かすことができるという点では、(リオネル)メッシや(クリスティアーノ)ロナウドにも勝る。彼ほど何度も移籍を経験し、様々なリーグで優勝を重ねてきた選手はいない。スペインは最も難しいリーグではない。イタリアには他にはない戦術という要素がある。C・ロナウドはやって来たばかりだが、イブラはここで長年プレーし、優勝してきた」

    1/27(月) 19:42配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00010029-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/07(木) 19:36:29.53
    イタリア・セリエAが5人交代制を導入する可能性があるようだ。イギリス『BBC』が報じている。

    現在、世界各国で90分間に3名の交代枠を使用できるレギュレーションが主流。また、近年では延長戦に限り、さらに1つの交代枠の利用が許可される大会も増えている。そんな中、イタリア・サッカー連盟(FIGC)はセリエAに新たな取り組みを導入しようとしている。

    FIGCは、国際サッカー評議会(IFAB)に交代枠の増加をリクエストしたことを発表。すでに、イタリア下位リーグのセリエCとセリエDでは5人の交代が認められており、仮にこのリクエストが認められれば、欧州主要リーグとしては初めての試みとなる。

    セリエAでは、他の主要リーグとは異なり、12選手のベンチ入りが認められている。そして、指揮官の選択肢を増やすために、現段階で具体的な数字は不明だが、複数のクラブが交代枠の増加を求めており、FIGCのこの動きを支持しているようだ。

    現在、欧州サッカー連盟が主催するチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグでは、延長戦に限り、4人目の交代枠の利用が認められている。また、来夏のEURO2020でも同様に90分を超えた場合にさらに1つの交代枠の利用が可能になる予定だ。

    11/7(木) 16:31配信
    2019-11-06-cristiano-ronaldo_fnram6t66abu10bvoppbaubpb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00010023-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/11(水) 16:25:02.95
    ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの年俸額はセリエAの全選手中で1位であり、2位の選手の約4倍という突出ぶりだという。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が今季の選手年俸についての統計データを10日付で伝えた。

    同紙によれば、C・ロナウドがユーベで受け取る報酬は年間3100万ユーロ(約36億7000万円)。今季アヤックスからユーベに加入してC・ロナウドのチームメートとなったオランダ代表DFマタイス・デリフトがリーグ2位の年俸800万ユーロ(約9億4800万円)とされているが、その差は約4倍となっている。ただし、デリフトの年俸には別途400万ユーロ(約4億9400万円)のボーナスも設定されている。

    両者に次ぐのはインテルのFWロメル・ルカクとユーベのFWゴンサロ・イグアインの年俸750万ユーロ(約8億8900万円)。5位以下にはFWマウロ・ディバラ、MFアーロン・ラムジー、MFアドリアン・ラビオ、MFミラレム・ピアニッチとユーベの所属選手が続き、上位8人中6人がユーベの選手で占められている。

    C・ロナウドが受け取っている3100万ユーロは、パルマの所属選手全員の年俸合計額と同等。SPAL、ウディネーゼ、ブレシア、ヴェローナの各クラブは選手全員を合わせてもC・ロナウドの年俸額を下回っている。

    クラブごとの年俸総額が最も高いのは当然ながらユーベで、合計2億9400万ユーロ(約348億円)。2位インテルの2倍以上となっている。全20クラブの年俸総額は13億6000万ユーロ(約1612億円)となり、昨季の総額に対して約20%増。年々右肩上がりが続いている。

    なお、ボローニャの日本代表DF冨安健洋の年俸額は60万ユーロ(約7110万円)だとされている。チーム内では平均より低い金額となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00337941-footballc-socc
    9/11(水) 13:01配信

    no title

    no title

    続きを読む

    serie-a-logo-2018-19

    1: 風吹けば名無し 2019/09/02(月) 20:54:43.92
    ルカク→インテル
    アレクシス・サンチェス→インテル
    テオ・エルナンデス→ミラン
    スモーリング→ローマ
    ダルミアン→パルマ
    ジョレンテ→ナポリ
    ムヒタリアン→ローマ
    リベリー→フィオレンティーナ

    強ええええええええ!!!!!!

    2: 風吹けば名無し 2019/09/02(月) 20:55:13.45
    レビッチ→ミラン
    ボアテング→フィオレンティーナ
    カリニッチ→ローマ
    デリフト→ユヴェントス
    バロテッリ→ブレシア
    ナインゴラン→カリアリ
    シェーネ→ジェノア
    メデル→ボローニャ
    ゴディン→インテル

    やべええええ!!!!!ミランがクロアチアの英雄を獲得!!!

    続きを読む

    ea2cf69a-s

    1: 風吹けば名無し 2019/04/14(日) 01:21:15.62
    ブンデス
    2017 - 2018 バイエルン・ミュンヘン
    2016 - 2017 バイエルン・ミュンヘン
    2015 - 2016 バイエルン・ミュンヘン
    2014 - 2015 バイエルン・ミュンヘン
    2013 - 2014 バイエルン・ミュンヘン
    2012 - 2013 バイエルン・ミュンヘン
    2011 - 2012 ボルシア・ドルトムント
    2010 - 2011 ボルシア・ドルトムント

    リーガ
    2017 - 2018 FCバルセロナ
    2016 - 2017 レアル・マドリッド
    2015 - 2016 FCバルセロナ
    2014 - 2015 FCバルセロナ
    2013 - 2014 アトレチコ・マドリッド
    2012 - 2013 FCバルセロナ
    2011 - 2012 レアル・マドリッド
    2010 - 2011 FCバルセロナ

    プレミア
    2017 - 2018 マンチェスター・シティ
    2016 - 2017 チェルシー
    2015 - 2016 レスター・シティ
    2014 - 2015 チェルシー
    2013 - 2014 マンチェスター・シティ
    2012 - 2013 マンチェスター・ユナイテッド
    2011 - 2012 マンチェスター・シティ
    2010 - 2011 マンチェスター・ユナイテッド

    セリエA
    2017 - 2018 ユヴェントス
    2016 - 2017 ユヴェントス
    2015 - 2016 ユヴェントス
    2014 - 2015 ユヴェントス
    2013 - 2014 ユヴェントス
    2012 - 2013 ユヴェントス
    2011 - 2012 ユヴェントス

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/25(月) 16:00:48.27
    【AFP=時事】イタリアサッカー連盟(FIGC)は24日、中国政府と提携し、両国のサッカーでのつながりを深める契約に合意した。

    ローマの連盟本部で交わされた基本合意書には多数の項目があるが、中国サッカーの発展や、中国でのイタリアサッカーの人気拡大などが盛り込まれていて、セリエAやイタリア・スーパーカップ(Italian Super Cup)、イタリア杯(Italian Cup)の試合の中国開催が3年以内に実現する可能性もあるという。

    その他には、合意に基づいて両国の文化交流やスポーツ医学での協力、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に主眼を置いた研修、選手と指導者の交流、マーケティングとコミュニケーションが進められる。

    中央広播電視総台(China Media Group)の慎海雄(Shen Haixiong)氏との会合を終えたガブリエレ・グラビーナ(Gabriela Gravina)会長は「歴史的な会合であり、極めて重要だ」とコメント。慎氏は「中国でもイタリアサッカーへの関心は非常に高く、指導者、選手、チームはよく知られている」「われわれはサッカー界の発展を目指している」と話した。

    グラビーナ会長は「この機会を通じて、サッカーが異なる文化の懸け橋となれることをまたしても証明できた」「両国の距離を近づけることに積極的に貢献したい」と話している。

    中国では3月、W杯(World Cup)を制したイタリア代表で主将を務めたファビオ・カンナヴァーロ(Fabio Cannavaro)氏の代表監督への就任が発表され、サッカー強国化という中国の野心的な取り組みの先頭に立つことが決まっている。【翻訳編集】 AFPBB News
    2019-03-25_18h04_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000026-jij_afp-socc

    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/10/04(木) 16:32:31.85 ID:CAP_USER9.net
    10/4(木) 16:11配信 フットボールチャンネル

    現地時間2日と3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でイタリア勢が全勝した。これは2005年以来の出来事だと、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『スカイ』などが伝えている。

    近年低迷が続いていたイタリア勢だが、今節は強さを発揮した。2日、ユベントスがヤング・ボーイズに3-0で勝つと、ローマはビクトリア・プルゼニに5-0と大勝している。3日にはインテルがPSVに2-1で勝利。ナポリは昨季のファイナリストであるリバプールに1-0で勝った。

    CLグループステージで出場した4チーム全てが勝つのは、2005年11月22日と23日の第5節以来のこと。このときはユベントスがクラブ・ブルージュに、ウディネーゼがパナシナイコスに、インテルがアルトメディア(現ペトルジャルカ・アカデミア)に、ミランがフェネルバフチェに、それぞれ勝利していた。

    もちろん全盛期に比べればまだまだのセリエAだが、CLでの成功はUEFAのカントリーランキングにも大きな影響を与えるだけに、良い兆候と言えそうだ。
    20181004_napoli_edi-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181004-00291776-footballc-socc

    UEFAranking 1 Spain 2 Italy 3 England 4 Germany5 France
    https://kassiesa.home.xs4all.nl/bert/uefa/data/method5/crank2019.html

    Italian clubs won all four of their Champions League games this week and have overtaken England to go second in the UEFA rankings.
    https://www.football-italia.net/128863/italy-leapfrog-england-ranking
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/09/15(土) 01:23:10.93 ID:CAP_USER9.net
    個人の走行距離トップはインテルのブロゾビッチ。

    サッカーで勝つためには、走らなければいけない。だが、走っても必ず勝てるというわけではない。

    イタリア紙『Gazzetta dello Sport』が9月13日、レガ・カルチョによるセリエAの現時点での平均走行距離を報じた。

    20チームのトップに立ったのは、1試合あたりの出場選手の総走行距離が115キロを超えたボローニャ。キエーボが114.544キロでこれに続いている。ただこの2チームは、この走りを成績につなげられていない。両チームともまだ1勝も挙げられておらず、ボローニャは18位、キエーボは最下位といずれも降格圏に沈んでいる。

    この2チームに続いたのは、闘将ジェンナーロ・ガットゥーゾが率いるミランで、カリアリ、インテル、ラツィオと続く。唯一の3連勝で首位に立つ王者ユベントスは13番目。2位と躍進中のサッスオーロも、走行距離のランキングでは16番目と下から数えたほうが早い。3位のフィオレンティーナも12番手につけている。
     
    20チームの1試合あたりの総走行距離は以下のとおり。

    1位:⑱ボローニャ(115.143km)
    2位:⑳キエーボ(114.544km)
    3位:⑭ミラン(113.797km)
    4位:⑫カリアリ(113.171km)
    5位:⑦インテル(110.748km)
    6位:⑯ラツィオ(110.355km)
    7位:⑧エンポリ(109.783km)
    8位:⑰パルマ(109.522km)
    9位:⑥アタランタ(109.462km)
    10位:⑲フロジノーネ(108.817km)
    11位:④スパル(108.7km)
    12位:③フィオレンティーナ(108.014km)
    13位:①ユベントス(107.978km)
    14位:⑮ジェノア(107.217km)
    15位:⑩トリノ(107.174km)
    16位:②サッスオーロ(107.126km)
    17位:⑤ナポリ(106.708km)
    18位:⑨ローマ(106.192km)
    19位:⑩ウディネーゼ(105.687km)
    20位:⑬サンプドリア(105.376km)
    ※チーム名の前にある丸数字は3節終了時点の順位。


    一方、各チームの最多走行距離を個人別に見ると、インテルのマルセロ・ブロゾビッチが平均12.289キロでトップ。ロレンツォ・クリセティグ(フロジノーネ)が12.138キロ、フランク・ケシエ(ミラン)が12.115キロでこれに続いている。

    ちなみに、ユベントスでもっとも走っているのは11.446キロを記録しているブレーズ・マテュイディ。『Gazzetta dello Sport』紙によると、クリスチアーノ・ロナウドは10キロにも達しておらず、チーム内で7番目の数字にとどまっている。

    いずれにしても、走行距離の長さが必ずしも成績につながるわけではないようだ。『Gazzetta dello Sport』紙は、これらのデータとともに、イタリアを代表するレジェンド、ロベルト・バッジョの名言を紹介している。

    「いつだってボールを走らせるほうが良い。ボールは汗をかかないから」
    2018-09-15_07h31_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180914-00047258-sdigestw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ